"建設用化学品のアジア・MEA(中東・アフリカ)市場"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AMR9AG067)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"建設用化学品のアジア・MEA(中東・アフリカ)市場"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The Asia and MEA construction chemicals market was valued at $15,907.9 million in 2017 and it is expected to reach $27,740.7 million by 2025, growing at CAGR of 7.12% from 2018 to 2025.
Construction chemicals are chemical formulations, which are majorly used with cement, concrete, or other materials to adhere them during construction activities. Construction chemicals are known to enhance the strength and quality of concrete and offer water resistance & enhanced rigidity. In addition, they protect the concrete structure from atmospheric degradation. Various chemical products, such as concrete admixtures, are used with concrete to minimize the quantities of cement and water. Concrete admixtures are known for modifying properties of hardened concrete to ensure the quality during mixing, curing, and placing.

Construction chemicals are utilized in the construction industry for several applications such as residential, construction, infrastructure repair, commercial & industrial construction, and others. Therefore, significant development in the construction industry boosts the growth of the market. The developments in the construction industry in Asia is driven by increase in urbanization and infrastructural development, which in turn fuels the demand for construction chemicals. Emergence of megacities in both Asia and Middle East & Africa regions further offer scope for usage of construction chemicals. Furthermore, increase in residential housing projects and rise in investment on infrastructure development are considered as key driving factors for this market.

However, change in regulatory environment toward the use of prime construction chemicals and low consumer awareness about high-value products are expected to limit the market development, owing to the price sensitive nature of this market. Moreover, as the price of construction chemicals is relatively higher as compared to their traditional counterparts, their usage is limited in developing countries. On the contrary, increase in awareness pertinent to energy conservation buildings and sustainable infrastructure is anticipated to offer lucrative growth opportunities for market expansion.

The Asia and MEA construction chemicals market is segmented based on type, application, and region. The report focuses on type of construction chemicals such as concrete admixture, waterproofing & roofing, repair, flooring, adhesives & sealants, and others. Market segmentation based on application includes residential, industrial, infrastructure, repair structure, and others.

Region wise, the market is analyzed across Asia and Middle East & Africa. Asia is further segmented into various countries, including China, India, Japan, Indonesia, Thailand, South Korea, Australia, and rest of Asia. On the other hand, MEA is segmented into Saudi Arabia, UAE, Kuwait, Bahrain, Oman, Qatar, Egypt, Africa, and rest of Middle East & Africa. Asia alone has dominated the market in 2017, garnering more than 85% share. This is attributed to heavy investment in infrastructure development in countries such as China and India, increase in urbanization across developing countries, and upsurge in demand for housing projects. In addition, development of the construction industry in the Middle East and growing urban population in the African countries is primarily promoting the growth of the construction chemicals market.

Key players analyzed and profiled in the Asia and MEA construction chemicals market are Arkema SA, Ashland Inc., BASF SE, Fosroc International Inc., MAPEI S.P.A., Pidilite Industries Limited, RPM International Inc., SIKA AG, DowDuPont Inc., W.R. Grace and Co., and Others. Some of the other player includes 3M Chemical Company, Henkel AG, Adrex GmbH, and Evonik Industries.

KEY BENEFITS FOR STAKEHOLDERS
• Porter’s five forces analysis helps to analyze the potential of buyers & suppliers and the competitive scenario of the industry for strategy building.
• The study outlines the current trends and future scenario of the construction chemicals market size from 2018 to 2025 to understand the prevailing opportunities and potential investment pockets.
• Major countries in the region have been mapped according to their individual revenue contribution to the regional market.
• The key drivers, restraints, and opportunities and their detailed impact analyses are elucidated in the study.
• The profiles of key players along with their key strategic developments are enlisted in the report.
KEY MARKET SEGMENTS
• By Type
 Concrete Admixture
 Waterproofing & Roofing
 Flooring
 Repair
 Adhesives & Sealants
 Others
• By Application
 Residential
 Industrial
 Infrastructure
 Repair Structure
 Others
• By Region
 Asia
o China
o India
o Japan
o Indonesia
o Thailand
o South Korea
o Australia
o Rest of Asia
 MEA
o Saudi Arabia
o UAE
o Oman
o Kuwait
o Bahrain
o Qatar
o Egypt
o Africa
 South Africa
 Kenia
 Ethiopia
 Rest of Africa
o Rest of MEA


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Allied Market Researchが"建設用化学品のアジア・MEA(中東・アフリカ)市場"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

CHAPTER 1:INTRODUCTION

1.1.Report description
1.2.Key benefits for stakeholders
1.3.Key market segments
1.4.Research methodology

1.4.1.Secondary research
1.4.2.Primary research
1.4.3.Limitations

1.5.Analyst tools and models

CHAPTER 2:EXECUTIVE SUMMARY

2.1.Key findings of the study
2.2.CXO perspective

CHAPTER 3:MARKET OVERVIEW

3.1.Market definition and scope
3.2.Key findings

3.2.1.Top investment pockets
3.2.2.Top winning strategies

3.3.Porter’s five forces analysis
3.4.Market dynamics

3.4.1.Drivers

3.4.1.1.Development of the construction industry
3.4.1.2.Increase in focus on energy conservative initiatives
3.4.1.3.Rise in urbanization in developing economies

3.4.2.Restraint

3.4.2.1.Lower consumer awareness regrading benefits of construction chemicals

3.4.3.Opportunity

3.4.3.1.Rise in awareness pertinent to energy conservation and sustainable infrastructure

3.5.Top player positioning, 2017
3.6.Market share analysis

CHAPTER 4:CONSTRUCTION CHEMICALS MARKET, BY TYPE

4.1.Overview

4.1.1.Market size and forecast

4.2.Concrete admixture

4.2.1.Key market trends, growth factors, and opportunities
4.2.2.Market size and forecast, by region
4.2.3.Market share analysis, by country

4.3.Waterproofing & roofing

4.3.1.Key market trends, growth factors, and opportunities
4.3.2.Market size and forecast, by region
4.3.3.Market share analysis, by country

4.4.Repair

4.4.1.Key market trends, growth factors, and opportunities
4.4.2.Market size and forecast, by region
4.4.3.Market share analysis, by country

4.5.Flooring

4.5.1.Key market trends, growth factors, and opportunities
4.5.2.Market size and forecast, by region
4.5.3.Market share analysis, by country

4.6.Adhesive & sealant

4.6.1.Key market trends, growth factors, and opportunities
4.6.2.Market size and forecast, by region
4.6.3.Market share analysis, by country

4.7.Others

4.7.1.Key market trends, growth factors, and opportunities
4.7.2.Market size and forecast, by region
4.7.3.Market share analysis, by country

CHAPTER 5:CONSTRUCTION CHEMICALS MARKET, BY APPLICATION

5.1.Overview

5.1.1.Market size and forecast

5.2.Residential

5.2.1.Key market trends, growth factors, and opportunities
5.2.2.Market size and forecast, by region
5.2.3.Market share analysis, by country

5.3.Industrial

5.3.1.Key market trends, growth factors, and opportunities
5.3.2.Market size and forecast, by region
5.3.3.Market share analysis, by country

5.4.Infrastructure

5.4.1.Key market trends, growth factors, and opportunities
5.4.2.Market size and forecast, by region
5.4.3.Market share analysis, by country

5.5.Repair structures

5.5.1.Key market trends, growth factors, and opportunities
5.5.2.Market size and forecast, by region
5.5.3.Market share analysis, by country

5.6.Others

5.6.1.Key market trends, growth factors, and opportunities
5.6.2.Market size and forecast, by region
5.6.3.Market share analysis, by country

CHAPTER 6:GLOBAL CONSTRUCTION CHEMICALS MARKET, BY REGION

6.1.Overview

6.1.1.Market size and forecast

6.2.Asia

6.2.1.Key market trends, growth factors, and opportunities
6.2.2.Market size and forecast, by type
6.2.3.Market size and forecast, by application
6.2.4.Market share analysis, by country
6.2.5.China

6.2.5.1.Market size and forecast, by type
6.2.5.2.Market size and forecast, by application

6.2.6.Japan

6.2.6.1.Market size and forecast, by type
6.2.6.2.Market size and forecast, by application

6.2.7.India

6.2.7.1.Market size and forecast, by type
6.2.7.2.Market size and forecast, by application

6.2.8.Thailand

6.2.8.1.Market size and forecast, by type
6.2.8.2.Market size and forecast, by application

6.2.9.Indonesia

6.2.9.1.Market size and forecast, by type
6.2.9.2.Market size and forecast, by application

6.2.10.South Korea

6.2.10.1.Market size and forecast, by type
6.2.10.2.Market size and forecast, by application

6.2.11.Australia

6.2.11.1.Market size and forecast, by type
6.2.11.2.Market size and forecast, by application

6.2.12.Rest of Asia

6.2.12.1.Market size and forecast, by type
6.2.12.2.Market size and forecast, by application

6.3.MEA

6.3.1.Key market trends, growth factors, and opportunities
6.3.2.Market size and forecast, by type
6.3.3.Market size and forecast, by application
6.3.4.Market share analysis, by country
6.3.5.Saudi Arabia

6.3.5.1.Market size and forecast, by type
6.3.5.2.Market size and forecast, by application5

6.3.6.UAE

6.3.6.1.Market size and forecast, by type
6.3.6.2.Market size and forecast, by application

6.3.7.Kuwait

6.3.7.1.Market size and forecast, by type
6.3.7.2.Market size and forecast, by application

6.3.8.Bahrain

6.3.8.1.Market size and forecast, by type
6.3.8.2.Market size and forecast, by application

6.3.9.Oman

6.3.9.1.Market size and forecast, by type
6.3.9.2.Market size and forecast, by application

6.3.10.Qatar

6.3.10.1.Market size and forecast, by type
6.3.10.2.Market size and forecast, by application

6.3.11.Egypt

6.3.11.1.Market size and forecast, by type
6.3.11.2.Market size and forecast, by application

6.3.12.Africa

6.3.12.1.Market size and forecast, by type
6.3.12.2.Market size and forecast, by application

6.3.12.3.South Africa

6.3.12.3.1.Market size and forecast, by type
6.3.12.3.2.Market size and forecast, by application

6.3.12.4.Ethiopia

6.3.12.4.1.Market size and forecast, by type
6.3.12.4.2.Market size and forecast, by application

6.3.12.5.Kenya

6.3.12.5.1.Market size and forecast, by type
6.3.12.5.2.Market size and forecast, by application

6.3.12.6.Rest of Africa

6.3.12.6.1.Market size and forecast, by type
6.3.12.6.2.Market size and forecast, by application

6.3.13.Rest of MEA

6.3.13.1.Market size and forecast, by type
6.3.13.2.Market size and forecast, by application

CHAPTER 7:COMPANY PROFILES

7.1.ASHLAND INC.

7.1.1.Company overview
7.1.2.Company snapshot
7.1.3.Operating business segments
7.1.4.Product portfolio
7.1.5.Business performance
7.1.6.Key strategic moves and developments

7.2.ARKEMA GROUP

7.2.1.Company overview
7.2.2.Company snapshot
7.2.3.Operating business segments
7.2.4.Product portfolio
7.2.5.Business performance
7.2.6.Key strategic moves and developments

7.3.BASF SE

7.3.1.Company overview
7.3.2.Company snapshot
7.3.3.Operating business segments
7.3.4.Product portfolio
7.3.5.Business performance
7.3.6.Key strategic moves and developments

7.4.DOWDUPONT INC.

7.4.1.Company overview
7.4.2.Company snapshot
7.4.3.Operating business segments
7.4.4.Product portfolio
7.4.5.R&D Expenditure
7.4.6.Business performance

7.5.FOSROC, INC.

7.5.1.Company overview
7.5.2.Company snapshot
7.5.3.Product portfolio
7.5.4.Key strategic moves and developments

7.6.MAPEI S.P.A.

7.6.1.Company overview
7.6.2.Company snapshot
7.6.3.Operating business segments
7.6.4.Product portfolio
7.6.5.Business performance

7.7.PIDILITE INDUSTRIES LIMITED

7.7.1.Company overview
7.7.2.Company snapshot
7.7.3.Operating business segments
7.7.4.Product portfolio
7.7.5.Business performance
7.7.6.Key strategic moves and developments

7.8.RPM INTERNATIONAL INC.

7.8.1.Company overview
7.8.2.Company snapshot
7.8.3.Operating business segments
7.8.4.Product portfolio
7.8.5.Business performance

7.9.SIKA AG

7.9.1.Company overview
7.9.2.Company snapshot
7.9.3.Operating business segments
7.9.4.Product portfolio
7.9.5.Business performance
7.9.6.Key strategic moves and developments

7.10.W. R. GRACE & CO.

7.10.1.Company overview
7.10.2.Company snapshot
7.10.3.Operating business segments
7.10.4.Product portfolio
7.10.5.Business performance

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】建設用化学品のアジア・MEA(中東・アフリカ)市場
【発行日】2019年6月26日
【調査会社】Allied Market Research
【コード】AMR9AG067
【対象地域】アジア、MEA
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】材料・化学品
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
建設用化学品のアジア・MEA(中東・アフリカ)市場についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • リハビリロボットの世界市場:上肢リハビリ支援ロボット、下肢リハビリ支援ロボット、外骨格型リハビリロボット
    当調査レポートでは、リハビリロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、リハビリロボットの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 米タンパク質の世界市場分析:製品別(アイソレート、コンセントレート)、用途別(食品・飲料、医薬品、化粧品)、有機米タンパク質 用途別、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、米タンパク質の世界市場について調査・分析し、米タンパク質の世界市場動向、米タンパク質の世界市場規模、市場予測、セグメント別米タンパク質市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • メキシコの膝関節置換処置動向(~2021)
  • バイオインフォマティクスの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、バイオインフォマティクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品・サービス(ナレッジマネジメントツール、データ分析プラットフォーム、サービス)分析、用途(ゲノミクス、プロテオミクス、メタボロミクス)分析、部門(医療、学術、農業)分析、バイオインフォマティクスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 冷蔵ショーケース(RDC)の世界市場2016-2020:プラグインRDC、リモートRDC
    当調査レポートでは、冷蔵ショーケース(RDC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、冷蔵ショーケース(RDC)の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の無人水中航走体(UUV)市場
  • 全身性強皮症治療薬の世界市場機会分析
    当調査レポートでは、全身性強皮症治療薬の世界市場機会について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・全身性強皮症の概要:病因、病態生理、症状 ・疫学:リスク要因、併存症、グローバル動向、予測方法、疫学的予測結果 ・全身性強皮症治療薬市場の現状:診断、治療概要、臨床診療、主要な医薬品 ・アンメット・ニーズ及び市場機会分析 ・研究開発戦略 ・パイプライン分析 ・パイプラインの価値分析
  • 自己免疫疾患用薬の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自己免疫疾患用薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疾患概要、自己免疫疾患用薬の世界市場規模及び予測、種類別分析、剤形別分析、作用機序別分析、薬剤種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ラボ情報管理システム(LIMS)の世界市場:製品別(ウェブホスティング、クラウドベース、オンプレミス)、コンポーネント別、最終用途別(ライフサイエンス、CRO)、セグメント予測
    ラボ情報管理システム(LIMS)の世界市場は2025年には22億2000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率9.1%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、ラボラトリオートメーションの急増が考えられます。本調査レポートでは、ラボ情報管理システム(LIMS)の世界市場について調査・分析し、ラボ情報管理システム(LIMS)の世界市場動向、ラボ情報管理システム(LIMS)の世界市場規模、市場予測、セグメント別ラボ情報管理システム(LIMS)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 血管閉鎖装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、血管閉鎖装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、血管閉鎖装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ファスナーの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ファスナーの世界市場について調査・分析し、ファスナーの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ファスナーシェア、市場規模推移、市場規模予測、ファスナー種類別分析(鋼、銅、アルミニウム、その他)、ファスナー用途別分析(自動車産業、機械産業、建設産業、MRO、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ファスナーの市場概観 ・ファスナーのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ファスナーのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ファスナーの世界市場規模 ・ファスナーの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ファスナーのアメリカ市場規模推移 ・ファスナーのカナダ市場規模推移 ・ファスナーのメキシコ市場規模推移 ・ファスナーのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ファスナーのドイツ市場規模推移 ・ファスナーのイギリス市場規模推移 ・ファスナーのロシア市場規模推移 ・ファスナーのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) …
  • グリーン・バイオ溶剤の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、グリーン・バイオ溶剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、グリーン・バイオ溶剤の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ラテラルフローアッセイの世界市場:ラテラルフローリーダー、キット、試薬
    当調査レポートでは、ラテラルフローアッセイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、製品別分析、用途別分析、技術別分析、需要先別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のサッカリン市場2015
    本調査レポートでは、世界のサッカリン市場2015について調査・分析し、サッカリンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のポリテトラヒドロフラン(PTMEG)市場2016
    本調査レポートでは、世界のポリテトラヒドロフラン(PTMEG)市場2016について調査・分析し、ポリテトラヒドロフラン(PTMEG)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のシリコン磁気センサー市場2015
    本調査レポートでは、世界のシリコン磁気センサー市場2015について調査・分析し、シリコン磁気センサーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 石油化学製品の世界市場:容量、投資展望
  • 海軍戦闘システムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、海軍戦闘システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、海軍戦闘システムの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 南アフリカの電気生理装置市場見通し
  • 自動車デフォッガー(結露除去装置)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車デフォッガー(結露除去装置)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車デフォッガー(結露除去装置)の世界市場規模及び予測、エンドマーケット別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の吸収性ガラスマット(AGM)バッテリー市場:電圧別(2〜4ボルト、6〜8ボルト、12ボルト以上)、種類別(静止、動機)、エンドユーザー別(OEM、アフターマーケット)、用途別(自動車、UPS、エネルギー貯蔵、産業)、地域別
    MarketsandMarkets社は、吸収性ガラスマット(AGM)バッテリーの世界市場規模が2019年102億ドルから2025年139億ドルまで年平均5.3%成長すると予測しています。当資料では、世界の吸収性ガラスマット(AGM)バッテリー市場を統合的に調査・分析し、市場概要、電圧別(2–4 V、6–8 V、12 V以上)分析、種類別(静止、動機)分析、エンドユーザー別(OEM、アフターマーケット)分析、用途別(自動車、UPS、産業、エネルギー貯蔵、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などで構成されております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の吸収性ガラスマット(AGM)バッテリー市場:電圧別(2–4 V、6–8 V、12 V以上) ・世界の吸収性ガラスマット(AGM)バッテリー市場:種類別(静止、動機) ・世界の吸収性ガラスマット(AGM)バッテリー市場:エンドユーザー別(OEM、アフターマーケット) ・世界の吸収性ガラスマット(AGM)バッテリー市場:用途別(自動車、UPS、産業、エネルギー貯蔵、その …
  • 21700リチウムイオン電池の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、21700リチウムイオン電池の世界市場について調べ、21700リチウムイオン電池の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、21700リチウムイオン電池の市場規模をセグメンテーション別(用途別(自動車、その他)、)と地域別(グローバル、米州、アジア太平洋、中東・アフリカ(MEA))に分けて算出しました。Technavio社は21700リチウムイオン電池の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均19%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・21700リチウムイオン電池の市場状況 ・21700リチウムイオン電池の市場規模 ・21700リチウムイオン電池の市場予測 ・21700リチウムイオン電池の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(自動車、その他) ・21700リチウムイオン電池の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、米州、アジア太平洋、中東・アフリカ(MEA) ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企 …
  • レーザー切断機の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、レーザー切断機の世界市場について調査・分析し、レーザー切断機の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別レーザー切断機シェア、市場規模推移、市場規模予測、レーザー切断機種類別分析()、レーザー切断機用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・レーザー切断機の市場概観 ・レーザー切断機のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・レーザー切断機のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・レーザー切断機の世界市場規模 ・レーザー切断機の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・レーザー切断機のアメリカ市場規模推移 ・レーザー切断機のカナダ市場規模推移 ・レーザー切断機のメキシコ市場規模推移 ・レーザー切断機のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・レーザー切断機のドイツ市場規模推移 ・レーザー切断機のイギリス市場規模推移 ・レーザー切断機のロシア市場規模推移 ・レーザー切断機のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ …
  • ITロボット自動化の北米市場
    本調査レポートでは、ITロボット自動化の北米市場について調査・分析し、ITロボット自動化の北米市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 低侵襲性外科手術機器の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • 下垂体機能低下症(Hypopituitarism):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、下垂体機能低下症(Hypopituitarism)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・下垂体機能低下症(Hypopituitarism):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・下垂体機能低下症(Hypopituitarism)のフェーズ3治験薬の状況 ・下垂体機能低下症(Hypopituitarism)治療薬の市場規模(販売予測) ・下垂体機能低下症(Hypopituitarism)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・下垂体機能低下症(Hypopituitarism)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の下垂体機能低下症(Hypopituitarism)治療薬剤
  • 世界の医療用ビデオレコーダー市場2015
    本調査レポートでは、世界の医療用ビデオレコーダー市場2015について調査・分析し、医療用ビデオレコーダーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 軟性・半硬性尿管鏡検査の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、軟性・半硬性尿管鏡検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品(軟性尿道鏡、半硬性尿道鏡)分析、用途(尿路結石症、尿道狭窄症、腎臓がん)分析、用途(ASCS、病院)分析、軟性・半硬性尿管鏡検査の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車ステアリングシステムの世界市場:電動パワーステアリング、電気油圧式パワーステアリング、油圧式パワーステアリング、手動式パワーステアリング
    当調査レポートでは、自動車ステアリングシステムの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・自動車ステアリングシステムの世界市場:種類別分析/市場規模 ・自動車ステアリングシステムの世界市場:構成品別分析/市場規模 ・自動車ステアリングシステムの世界市場:安全機能別分析/市場規模 ・自動車ステアリングシステムの世界市場:電動パワーステアリング(EPS)種類別分析/市場規模 ・自動車ステアリングシステムの世界市場:地域別分析/市場規模 ・自動車ステアリングシステムのアメリカ市場規模予測 ・自動車ステアリングシステムのヨーロッパ市場規模予測 ・自動車ステアリングシステムのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • フローケミストリーの世界市場分析:用途別(医薬品、化学薬品、学術研究、石油化学製品)、リアクター別(CSTR、プラグフローリアクター、MRT、マイクロ波システム)、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、フローケミストリーの世界市場について調査・分析し、フローケミストリーの世界市場動向、フローケミストリーの世界市場規模、市場予測、セグメント別フローケミストリー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 診断用ウェアラブル医療機器の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、診断用ウェアラブル医療機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、診断用ウェアラブル医療機器の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、デバイス別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アメリカの体外式除細動器市場(~2021)
  • スマートテレビの世界市場
    当調査レポートでは、スマートテレビの世界市場について調査・分析し、スマートテレビの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - スマートテレビの世界市場:市場動向分析 - スマートテレビの世界市場:競争要因分析 - スマートテレビの世界市場:機能別 ・ネットサーフィン ・ライブビデオ ・番組録画 ・テレビ放送 ・ビデオ・オン・デマンド ・ソーシャルネットワーキング ・オンライン映画および音楽 ・その他 - スマートテレビの世界市場:用途別 ・教育 ・娯楽 ・インターネット接続 - スマートテレビの世界市場:主要地域別分析 - スマートテレビの北米市場規模(アメリカ市場等) - スマートテレビのヨーロッパ市場規模 - スマートテレビのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・スマートテレビの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 湿気硬化型接着剤の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、湿気硬化型接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、化学成分別分析、用途別分析、地域別分析、湿気硬化型接着剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 民間航空機用シート電源システムの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、民間航空機用シート電源システムの世界市場について調べ、民間航空機用シート電源システムの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、民間航空機用シート電源システムの市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(エコノミークラス、ビジネスクラス、プレミアムエコノミークラス、ファーストクラス)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は民間航空機用シート電源システムの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均8%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・民間航空機用シート電源システムの市場状況 ・民間航空機用シート電源システムの市場規模 ・民間航空機用シート電源システムの市場予測 ・民間航空機用シート電源システムの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(エコノミークラス、ビジネスクラス、プレミアムエコノミークラス、ファーストクラス) ・民間航空機用シート電源システムの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル …
  • 世界のエア・クーラ(空気冷却器)市場2016
    本調査レポートでは、世界のエア・クーラ(空気冷却器)市場2016について調査・分析し、エア・クーラ(空気冷却器)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国のフレキシブルパッケージ市場
    当調査レポートでは、中国のフレキシブルパッケージ市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、中国のフレキシブルパッケージ市場規模及び予測、需要先別分析、材料別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スピリッツ用包装の世界市場:種類別(ペットボトル、ガラス瓶、スタンドアップパウチ、その他)、用途別(メーカー、その他)、地域別予測
    本資料は、スピリッツ用包装の世界市場について調べ、スピリッツ用包装の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(ペットボトル、ガラス瓶、スタンドアップパウチ、その他)分析、用途別(メーカー、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはSaxon packaging、BIG SKY PACKAGING、LiDestri Spirits、AstraPouch、United Bottles and Packaging、Stranger and Stranger、Hunter Sourcing、Hartness International Inc.、Saxco International LLC、Neenah Paper Inc.などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・スピリッツ用包装の世界市場概要 ・スピリッツ用包装の世界市場環境 ・スピリッツ用包装の世界市場動向 ・スピリッツ用包装の世界市場規模 ・スピリッツ用包装の世界市場規模:種類別(ペットボトル、ガラ …
  • 世界のメタドン市場2016
    本調査レポートでは、世界のメタドン市場2016について調査・分析し、メタドンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 食器洗い機の世界市場
    当調査レポートでは、食器洗い機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、食器洗い機の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 商業用ルータの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、商業用ルータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、商業用ルータの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、企業規模別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 統合ネットワーク管理の世界市場:有線、無線
    当調査レポートでは、統合ネットワーク管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、ソリューション別分析、サービス別分析、導入形態別分析、統合ネットワーク管理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ブチルアセテート(BAC)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ブチルアセテート(BAC)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ブチルアセテート(BAC)市場規模、用途別(塗料・コーティング剤、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、BASF, Celanese Corporation, Eastman Chemical Company, INEOS, Thermo Fisher Scientific, Yip’s Chemical Holdings, List of abbreviationsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ブチルアセテート(BAC)の世界市場概要 ・ブチルアセテート(BAC)の世界市場環境 ・ブチルアセテート(BAC)の世界市場動向 ・ブチルアセテート(BAC)の世界市場規模 ・ブチルアセテート(BAC)の世界市場:業界構造分析 ・ブチルアセテート(BAC)の世界市場:用途別(塗料・コーティング剤、その他) ・ブチルアセテート(BAC)の世界市場:地 …
  • 骨肉腫(Osteosarcoma):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、骨肉腫(Osteosarcoma)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・骨肉腫(Osteosarcoma):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・骨肉腫(Osteosarcoma)のフェーズ3治験薬の状況 ・骨肉腫(Osteosarcoma)治療薬の市場規模(販売予測) ・骨肉腫(Osteosarcoma)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・骨肉腫(Osteosarcoma)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の骨肉腫(Osteosarcoma)治療薬剤
  • 世界の湿度センサー市場2016
    本調査レポートでは、世界の湿度センサー市場2016について調査・分析し、湿度センサーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • モバイルユーザー認証の世界市場
    当調査レポートでは、モバイルユーザー認証の世界市場について調査・分析し、モバイルユーザー認証の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - モバイルユーザー認証の世界市場:市場動向分析 - モバイルユーザー認証の世界市場:競争要因分析 - モバイルユーザー認証の世界市場:認証ソフトウェア別 ・セキュリティー処理 ・データおよびアーキテクチャ ・フレームワークの学習 - モバイルユーザー認証の世界市場:多様な認証因子別 ・バイオメトリクス ・他の装置の使用 ・ユーザーのナレッジ - モバイルユーザー認証の世界市場:ユーザーの種類別 ・大企業 ・中小企業 - モバイルユーザー認証の世界市場:産業別 ・製造 ・政府および防衛 ・消費財および小売 ・商業上のセキュリティー ・銀行取引、金融サービス、保険(BFSI) ・ITおよび電気通信 ・エネルギーおよび電力 ・生命科学およびヘルスケア ・旅行、入国管理、運送 ・学究的環境および教育 ・その他 - モバイルユーザー認証の世界市場:主要地域別分析 - モバイルユーザー認 …
  • 世界のスチレンブロック共重合体(SBC)市場予測2017-2023
    本調査レポートでは、世界のスチレンブロック共重合体(SBC)市場について調査・分析し、世界のスチレンブロック共重合体(SBC)市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 軍人用システムの世界市場予測:ヘルメット、ベスト、機器、外骨格、衣類
    当調査レポートでは、軍人用システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、システム別分析、用途別分析、材料別分析、地域別分析、軍人用システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 融着接続機の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、融着接続機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、提供商品別分析、アラインメントタイプ別分析、用途別分析、地域別分析、融着接続機の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • インドの使い捨て病院用品市場見通し(~2021)
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"