"イェルバマテ茶の世界市場2019-2023"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR31616)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"イェルバマテ茶の世界市場2019-2023"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Global Yerba Mate Market: About this market

Yerba mate refers to a plant species that belongs to the holly genus with the botanical name IIex paraguariensis. Yerba mate-based beverages are growing in popularity as an alternative to other plant-based beverages such as tea and coffee. Technavio’s yerba mate market analysis considers sales from both offline and online. Our analysis also considers the sales of yerba mate in APAC, Europe, MEA, North America, and South America. In 2018, the offline segment had a significant market share, and this trend is expected to continue over the forecast period. Factors such as growing acceptance of yerba mate-based beverages as a healthy alternative to coffee-based and tea-based drinks will play a significant role in the offline segment to maintain its market position. Also, our global yerba mate market report also looks at factors such as growing consumer awareness about health benefits of yerba mate, product launches, rising popularity of yerba mate outside South America. However, impact of overconsumption, growing production and regulatory constraints, threat of alternate beverages may hamper the growth of the yerba mate industry over the forecast period.

Global Yerba Mate Market: Overview

Growing consumer awareness about health benefits of yerba mate

Growing consumer awareness about the several health benefits of yerba mate has aided the rise in demand for yerba mate globally over the last few years. Yerba mate is a rich source of polyphenols, xanthines, and saponins. Moreover, yerba mate is rich in minerals such as zinc, potassium, copper, aluminum, and manganese and contains vitamins 61, 62, and C. Owing to its health benefits, yerba mate is increasingly being perceived by consumers as a viable alternative to tea and coffee. Owing to the rising awareness about the health benefits of yerba mate among consumers is expected to drive the global yerba mate market at a CAGR of almost 4% during the forecast period.

Rising prominence of CBD as an ingredient in yerba mate

CBD, which is the medical component, acts as an excellent nervous system stimulant and is known to be beneficial in treating headaches, fatigue, and depression in patients with ailments, such as Parkinson’s disease and cancer. The infusion of CBD also helps in balancing the effects of mateine, a strong caffeine-like component in yerba mate. Overall, the exploration of CBD as a viable ingredient in yerba mate is expected to aid new product development and boost the growth of the global yerba mate market during the forecast period.

For the detailed list of factors that will drive the global yerba mate market during the forecast period 2019-2023, click here.

Competitive Landscape

With the presence of several major players, the global yerba mate market is fragmented. Technavio’s robust vendor analysis is designed to help clients improve their market position, and in line with this, this report provides a detailed analysis of several leading yerba mate manufacturers, that include ESTABLISHMENT DIEZ HERMANOS HREÑUK SA, Guayaki Sustainable Rainforest Products Inc., Las Marías, Lauro Raatz SA, and Mate Revolution Inc.

Also, the yerba mate market analysis report includes information on upcoming trends and challenges that will influence market growth. This is to help companies strategize and leverage on all forthcoming growth opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"イェルバマテ茶の世界市場2019-2023"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY

PART 02: SCOPE OF THE REPORT

2.1 Preface

2.2 Preface

2.3 Currency conversion rates for US$

PART 03: MARKET LANDSCAPE

Market ecosystem

Market characteristics

Market segmentation analysis

PART 04: MARKET SIZING

Market definition

Market sizing 2018

Market size and forecast 2018-2023

PART 05: FIVE FORCES ANALYSIS

Bargaining power of buyers

Bargaining power of suppliers

Threat of new entrants

Threat of substitutes

Threat of rivalry

Market condition

PART 06: MARKET SEGMENTATION BY DISTRIBUTION CHANNEL

Market segmentation by distribution channel

Comparison by distribution channel

Offline – Market size and forecast 2018-2023

Online – Market size and forecast 2018-2023

Market opportunity by distribution channel

PART 07: CUSTOMER LANDSCAPE

PART 08: GEOGRAPHIC LANDSCAPE

Geographic segmentation

Geographic comparison

South America – Market size and forecast 2018-2023

MEA – Market size and forecast 2018-2023

North America – Market size and forecast 2018-2023

APAC – Market size and forecast 2018-2023

Europe – Market size and forecast 2018-2023

Key leading countries

Market opportunity

PART 09: DECISION FRAMEWORK

PART 10: DRIVERS AND CHALLENGES

Market drivers

Market challenges

PART 11: MARKET TRENDS

Increasing on-premise sales of yerba mate beverages in North America

Growing emphasis on sustainable production practices

Rising prominence of CBD as an ingredient in yerba mate

PART 12: VENDOR LANDSCAPE

Overview

Landscape disruption

Competitive scenario

PART 13: VENDOR ANALYSIS

Vendors covered

Vendor classification

Market positioning of vendors

ESTABLISHMENT DIEZ HERMANOS HREÑUK SA

Guayaki Sustainable Rainforest Products Inc.

Las Marías

Lauro Raatz SA

Mate Revolution Inc.

PART 14: APPENDIX

Research methodology

List of abbreviations

Definition of market positioning of vendors

PART 15: EXPLORE TECHNAVIO

Exhibit 01: Global food and beverages market

Exhibit 02: Segments of global food and beverages market

Exhibit 03: Market characteristics

Exhibit 04: Market segments

Exhibit 05: Market definition – Inclusions and exclusions checklist

Exhibit 06: Market size 2018

Exhibit 07: Global market: Size and forecast 2018-2023 ($ millions)

Exhibit 08: Global market: Year-over-year growth 2019-2023 (%)

Exhibit 09: Five forces analysis 2018

Exhibit 10: Five forces analysis 2023

Exhibit 11: Bargaining power of buyers

Exhibit 12: Bargaining power of suppliers

Exhibit 13: Threat of new entrants

Exhibit 14: Threat of substitutes

Exhibit 15: Threat of rivalry

Exhibit 16: Market condition – Five forces 2018

Exhibit 17: Distribution channel – Market share 2018-2023 (%)

Exhibit 18: Comparison by distribution channel

Exhibit 19: Offline – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)

Exhibit 20: Offline – Year-over-year growth 2019-2023 (%)

Exhibit 21: Online – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)

Exhibit 22: Online – Year-over-year growth 2019-2023 (%)

Exhibit 23: Market opportunity by distribution channel

Exhibit 24: Customer landscape

Exhibit 25: Market share by geography 2018-2023 (%)

Exhibit 26: Geographic comparison

Exhibit 27: South America – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)

Exhibit 28: South America – Year-over-year growth 2019-2023 (%)

Exhibit 29: MEA – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)

Exhibit 30: MEA – Year-over-year growth 2019-2023 (%)

Exhibit 31: North America – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)

Exhibit 32: North America – Year-over-year growth 2019-2023 (%)

Exhibit 33: APAC – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)

Exhibit 34: APAC – Year-over-year growth 2019-2023 (%)

Exhibit 35: Europe – Market size and forecast 2018-2023 ($ millions)

Exhibit 36: Europe – Year-over-year growth 2019-2023 (%)

Exhibit 37: Key leading countries

Exhibit 38: Market opportunity

Exhibit 39: Impact of drivers and challenges

Exhibit 40: Vendor landscape

Exhibit 41: Landscape disruption

Exhibit 42: Vendors covered

Exhibit 43: Vendor classification

Exhibit 44: Market positioning of vendors

Exhibit 45: ESTABLISHMENT DIEZ HERMANOS HREÑUK SA – Vendor overview

Exhibit 46: ESTABLISHMENT DIEZ HERMANOS HREÑUK SA – Product segments

Exhibit 47: ESTABLISHMENT DIEZ HERMANOS HREÑUK SA – Organizational developments

Exhibit 48: ESTABLISHMENT DIEZ HERMANOS HREÑUK SA – Key offerings

Exhibit 49: Guayaki Sustainable Rainforest Products Inc. – Vendor overview

Exhibit 50: Guayaki Sustainable Rainforest Products Inc. – Product segments

Exhibit 51: Guayaki Sustainable Rainforest Products Inc. – Key offerings

Exhibit 52: Las Marías – Vendor overview

Exhibit 53: Las Marías – Product segments

Exhibit 54: Las Marías – Key offerings

Exhibit 55: Lauro Raatz SA – Vendor overview

Exhibit 56: Lauro Raatz SA – Product segments

Exhibit 57: Lauro Raatz SA – Key offerings

Exhibit 58: Mate Revolution Inc. – Vendor overview

Exhibit 59: Mate Revolution Inc. – Product segments

Exhibit 60: Mate Revolution Inc. – Key offerings

Exhibit 61: Validation techniques employed for market sizing

Exhibit 62: Definition of market positioning of vendors

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】イェルバマテ茶の世界市場2019-2023
【発行日】2019年7月31日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR31616
【対象地域】アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】生活必需品
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
イェルバマテ茶の世界市場2019-2023についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • Eノーズの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、Eノーズの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、Eノーズの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 元素分析の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、元素分析の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、元素分析市場規模、エンドユーザ―別(製薬・バイオテクノロジー企業、研究・学術機関、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Agilent Technologies, Danaher, PerkinElmer, Shimadzu, Thermo Fisher Scientificなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・元素分析の世界市場概要 ・元素分析の世界市場環境 ・元素分析の世界市場動向 ・元素分析の世界市場規模 ・元素分析の世界市場:業界構造分析 ・元素分析の世界市場:エンドユーザ―別(製薬・バイオテクノロジー企業、研究・学術機関、その他) ・元素分析の世界市場:地域別市場規模・分析 ・元素分析の北米市場規模・予測 ・元素分析のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・元素分析のアジア太平洋市場規模・予測 ・元素分析の主要国分析 ・元素分析の世界市場:意思決定フレ …
  • アウトドア用バックパックの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、アウトドア用バックパックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アウトドア用バックパックの世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • デンマークの末梢血管用装置市場見通し
  • 婦人科手術用器具の世界市場予測(~2021年):剪刀、鉗子、トロカール、膣鏡(SIMS、CUSCO)、持針器
    当調査レポートでは、婦人科手術用器具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、婦人科手術用器具の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • モバイル決済の北米市場
  • ミックスモードクロマトグラフィー向け樹脂の世界市場:技術別(イオン交換 – 疎水性、ヒドロキシアパタイト)、最終用途別(医薬品・バイオテクノロジー)、セグメント予測
    ミックスモードクロマトグラフィー向け樹脂の世界市場は2025年には1億3030万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率7.1%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、モノクローナル抗体の分離におけるクロマトグラフィー樹脂の使用の増加、医薬品製造受託機関(CMO)と医薬品開発受託機関(CRO)の増加が考えられます。本調査レポートでは、ミックスモードクロマトグラフィー向け樹脂の世界市場について調査・分析し、ミックスモードクロマトグラフィー向け樹脂の世界市場動向、ミックスモードクロマトグラフィー向け樹脂の世界市場規模、市場予測、セグメント別ミックスモードクロマトグラフィー向け樹脂市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の種もみ市場2016
    本調査レポートでは、世界の種もみ市場2016について調査・分析し、種もみの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 農薬の世界市場分析:肥料、作物保護用化学品、植物成長調整剤
    本調査レポートでは、農薬の世界市場について調査・分析し、農薬の世界市場動向、農薬の世界市場規模、市場予測、セグメント別農薬市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ベーキング成分(ベーカリー&シリアル)のアジア市場:市場規模、成長、予測分析
  • 気泡緩衝材の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、気泡緩衝材の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、気泡緩衝材市場規模、エンドユーザ別(E-コマース、電子部品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・気泡緩衝材の世界市場概要 ・気泡緩衝材の世界市場環境 ・気泡緩衝材の世界市場動向 ・気泡緩衝材の世界市場規模 ・気泡緩衝材の世界市場:業界構造分析 ・気泡緩衝材の世界市場:エンドユーザ別(E-コマース、電子部品、その他) ・気泡緩衝材の世界市場:地域別市場規模・分析 ・気泡緩衝材の北米市場規模・予測 ・気泡緩衝材のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・気泡緩衝材のアジア太平洋市場規模・予測 ・気泡緩衝材の主要国分析 ・気泡緩衝材の世界市場:意思決定フレームワーク ・気泡緩衝材の世界市場:成長要因、課題 ・気泡緩衝材の世界市場:競争環境 ・気泡緩衝材の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析) 主な分析対象企業は、NEFAB GROUP、Pregis、Seal …
  • 植物育成灯の世界市場:HIDランプ、FL(蛍光照明)、LED照明
    当調査レポートでは、植物育成灯の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、設置方式別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 感情検知・認識の世界市場予測(~2021):技術別(バイオセンサー、NLP、機械学習)、ソフトウェアツール別(表情、音声認識)、サービス別、用途分野別、需要先別、地域別
    当調査レポートでは、感情検知・認識の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、技術別分析、ソフトウェアツール別分析、サービス別分析、用途分野別分析、感情検知・認識の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 食品安全検査の世界市場
    当調査レポートでは、食品安全検査の世界市場について調査・分析し、食品安全検査の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 食品安全検査の世界市場:市場動向分析 - 食品安全検査の世界市場:競争要因分析 - 食品安全検査の世界市場:食品別 ・乳製品 ・飲料 ・肉(鶏肉を含む) ・インスタント食品 ・果物および野菜 ・加工食品 ・その他 - 食品安全検査の世界市場:汚染物質別 ・病原菌 ・食物アレルゲン ・微生物 ・金属汚染物質 ・農薬および残留物 ・毒素 ・遺伝子組み換え生物(GMOs) ・その他 - 食品安全検査の世界市場:技術別 ・急速な技術 ・伝統的な技術 ・バイオチップ、生物学的センサー ・クロマトグラフィー ・食品照射 ・その他 - 食品安全検査の世界市場:主要地域別分析 - 食品安全検査の北米市場規模(アメリカ市場等) - 食品安全検査のヨーロッパ市場規模 - 食品安全検査のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・食品安全検査の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 世界のバニリン市場2015
    本調査レポートでは、世界のバニリン市場2015について調査・分析し、バニリンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • AT自動車用トルクコンバータの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、AT自動車用トルクコンバータの世界市場について調査・分析し、AT自動車用トルクコンバータの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別AT自動車用トルクコンバータシェア、市場規模推移、市場規模予測、AT自動車用トルクコンバータ種類別分析(単段型、多段型)、AT自動車用トルクコンバータ用途別分析(4AT、6AT、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・AT自動車用トルクコンバータの市場概観 ・AT自動車用トルクコンバータのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・AT自動車用トルクコンバータのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・AT自動車用トルクコンバータの世界市場規模 ・AT自動車用トルクコンバータの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・AT自動車用トルクコンバータのアメリカ市場規模推移 ・AT自動車用トルクコンバータのカナダ市場規模推移 ・AT自動車用トルクコンバータのメキシコ市場規模推移 ・AT自動車用トルクコンバータのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギ …
  • OEMコーティング(塗装)の世界市場予測(~2022年):粉体塗料、水性塗料、溶剤型塗料、放射線硬化塗料
    当調査レポートでは、OEMコーティング(塗装)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、OEMコーティング(塗装)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ハンドヘルド型無散瞳眼底カメラの世界市場:セグメント予測
    ハンドヘルド型無散瞳眼底カメラの世界市場は2025年には1億8,640万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率9.1%で成長すると予測されています。高齢者人口が増加したことにより、加齢性黄斑変性症(AMD)の有病率が上昇しました。さらに、糖尿病網膜症の発生率の上昇により、網膜スクリーニング検査装置の需要が増加しました。こういった背景を受け、ハンドヘルド型無散瞳眼底カメラの需要が増加することが考えられます。本調査レポートでは、ハンドヘルド型無散瞳眼底カメラの世界市場について調査・分析し、ハンドヘルド型無散瞳眼底カメラの世界市場動向、ハンドヘルド型無散瞳眼底カメラの世界市場規模、市場予測、セグメント別ハンドヘルド型無散瞳眼底カメラ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 金属切削工具の世界市場2017-2021:フライス工具、穿孔具、旋削工具、回転具
    当調査レポートでは、金属切削工具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、金属切削工具の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • サウジアラビアの脊椎手術装置市場見通し
  • 乾癬市場:日本の治療薬市場
  • 世界の実験室用ろ過市場:製品別(フィルターアセンブリ、フィルターメディアアクセサリー)、技術別(限外ろ過、精密ろ過、ナノろ過、RO)、エンドユーザー別(医薬品、バイオ医薬品会社、飲食店)、地域別
    MarketsandMarkets社は、実験室用ろ過の世界市場規模が2019年25億ドルから2025年41億ドルまで年平均8.3%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の実験室用ろ過市場を広く調査・分析し、市場概要、業界インサイト、製品別(ろ過媒体、ろ過アセンブリ、ろ過アクセサリー)分析、技術別(精密ろ過、限外ろ過、逆浸透、真空ろ過、ナノろ過)分析、エンドユーザー別(製薬およびバイオ医薬品会社、学術研究機関、食品および飲料会社、病院および診断研究所)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・業界インサイト ・世界の実験室用ろ過市場:製品別(ろ過媒体、ろ過アセンブリ、ろ過アクセサリー) ・世界の実験室用ろ過市場:技術別(精密ろ過、限外ろ過、逆浸透、真空ろ過、ナノろ過) ・世界の実験室用ろ過市場:エンドユーザー別(製薬およびバイオ医薬品会社、学術研究機関、食品および飲料会社、病院および診断研究所) ・世界の実験室用ろ過市場:地域別 ・競合動向 ・企業概要
  • ロケーションインテリジェンスの世界市場:用途別(セールス・マーケティングの最適化、リモート監視)、サービス別、産業別(輸送、小売)、セグメント予測
    ロケーションインテリジェンスの世界市場は2025年には252億5,000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率15.3%で成長すると予測されています。ネットワークインフラとスマートデバイスおよびデジタル化の急速な普及により、消費者、システムパフォーマンス、資産などのさまざまな情報にアクセスできるようになります。これにより、市場の成長が促進されると予想されます。さらに、事業運営を強化し、パーソナル化されたサービスを提供するための位置データの需要が高まっていることも成長を後押しする要因です。本調査レポートでは、ロケーションインテリジェンスの世界市場について調査・分析し、ロケーションインテリジェンスの世界市場動向、ロケーションインテリジェンスの世界市場規模、市場予測、セグメント別ロケーションインテリジェンス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • エンコーダーの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、エンコーダーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(リニア・ロータリー)分析、技術別(光、磁気、その他)分析、エンドユーズ別(自動車、家電、産業、食品・飲料、医療、印刷、その他)分析、エンコーダーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、エンコーダーの世界市場規模が2019年16億ドルから2025年24億ドルまで年平均8.6%成長すると予測しています。
  • バニリンの世界市場分析:エンドユーザー別(食品・飲料、香料、製薬)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中南米、MEA)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、バニリンの世界市場について調査・分析し、バニリンの世界市場動向、バニリンの世界市場規模、市場予測、セグメント別バニリン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 心臓再同期療法ペースメーカ(CRT-P)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、心臓再同期療法ペースメーカ(CRT-P)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、心臓再同期療法ペースメーカ(CRT-P)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、コスト分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 高アンモニア血症(Hyperammonemia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における高アンモニア血症(Hyperammonemia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、高アンモニア血症(Hyperammonemia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・高アンモニア血症(Hyperammonemia)の概要 ・高アンモニア血症(Hyperammonemia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の高アンモニア血症(Hyperammonemia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・高アンモニア血症(Hyperammonemia)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価 …
  • 世界の自動車用センサ市場:圧力センサ、温度センサ、速度センサ、酸素センサ、NOxセンサ、位置センサ
  • 世界のX線チューブ市場規模・予測2017-2025:用途別(デンタルシステム、モバイルCアーム、マンモグラフィーシステム、DR、CT、DSA)、種類別(回転陽極管、マイクロフォーカスX線管)、エンドユーザー別(製造、ヘルスケア、食料、航空宇宙・防衛・その他)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のX線チューブ市場について調査・分析し、世界のX線チューブ市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のX線チューブ関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ITセキュリティテストの世界市場予測(~2021年):ネットワーク、アプリケーション、デバイス
    当調査レポートでは、ITセキュリティテストの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、種類別分析、ツール別分析、導入形態別分析、産業別分析、ITセキュリティテストの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ソーラールーフの世界市場:種類別(オングリッドタイプ、オフグリッドタイプ、ハイブリッド、グリッドインタラクティブ)、用途別(商業、工業、住宅、エネルギー消費者)、地域別予測
    本資料は、ソーラールーフの世界市場について調べ、ソーラールーフの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(オングリッドタイプ、オフグリッドタイプ、ハイブリッド、グリッドインタラクティブ)分析、用途別(商業、工業、住宅、エネルギー消費者)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはTata power solar systems、CleanMax solar、Jaksons engineers 、Thermax、Hero future energies、KEC International、RelyOn Solar、SOLON India、Fourth partner energy、SunTegra Solar Roof Systems、Atlantis energy systemsなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ソーラールーフの世界市場概要 ・ソーラールーフの世界市場環境 ・ソーラールーフの世界市場動向 ・ソーラールーフの世界市場規模 ・ソーラールーフ …
  • 院内感染対策の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、院内感染対策の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、院内感染対策の世界市場規模及び予測、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ゼオライトの世界市場:製品別(天然、人工)、用途別(触媒、洗剤ビルダー)、地域別予測
    本資料は、ゼオライトの世界市場について調べ、ゼオライトの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(天然、人工)分析、用途別(触媒、洗剤ビルダー)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ゼオライトの世界市場概要 ・ゼオライトの世界市場環境 ・ゼオライトの世界市場動向 ・ゼオライトの世界市場規模 ・ゼオライトの世界市場規模:製品別(天然、人工) ・ゼオライトの世界市場規模:用途別(触媒、洗剤ビルダー) ・ゼオライトの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ゼオライトの北米市場規模・予測 ・ゼオライトのアメリカ市場規模・予測 ・ゼオライトのヨーロッパ市場規模・予測 ・ゼオライトのアジア市場規模・予測 ・ゼオライトの日本市場規模・予測 ・ゼオライトの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 工作機械のアメリカ市場2017-2021
    当調査レポートでは、工作機械のアメリカ市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、工作機械のアメリカ市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の自動車ブッシング市場2016
    本調査レポートでは、世界の自動車ブッシング市場2016について調査・分析し、自動車ブッシングの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 軟体動物駆除剤の世界市場予測(~2023年):化学的軟体動物駆除剤、生物的軟体動物駆除剤
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、軟体動物駆除剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、タイプ別(化学的軟体動物駆除剤、生物的軟体動物駆除剤)分析、用途別(農業、非農業)分析、形態別(ペレット、液体・ゲル)分析、軟体動物駆除剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 陰イオン界面活性剤の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、陰イオン界面活性剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、陰イオン界面活性剤市場規模、用途別(洗剤、パーソナルケア製品、業務用洗浄剤、食品加工、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・陰イオン界面活性剤の世界市場概要 ・陰イオン界面活性剤の世界市場環境 ・陰イオン界面活性剤の世界市場動向 ・陰イオン界面活性剤の世界市場規模 ・陰イオン界面活性剤の世界市場:業界構造分析 ・陰イオン界面活性剤の世界市場:用途別(洗剤、パーソナルケア製品、業務用洗浄剤、食品加工、その他) ・陰イオン界面活性剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・陰イオン界面活性剤の北米市場規模・予測 ・陰イオン界面活性剤のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・陰イオン界面活性剤のアジア太平洋市場規模・予測 ・陰イオン界面活性剤の主要国分析 ・陰イオン界面活性剤の世界市場:意思決定フレームワーク ・陰イオン界面活性剤の世界市場:成長要因、課題 …
  • 食品廃棄物処理装置の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、食品廃棄物処理装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、食品廃棄物処理装置市場規模、流通チャネル別(オフライン、オンライン)分析、エンドユーザ―別(商業、住宅)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Anaheim Manufacturing Company, Emerson Electric, Franke Management, Haier, Hobart, Whirlpoolなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・食品廃棄物処理装置の世界市場概要 ・食品廃棄物処理装置の世界市場環境 ・食品廃棄物処理装置の世界市場動向 ・食品廃棄物処理装置の世界市場規模 ・食品廃棄物処理装置の世界市場:業界構造分析 ・食品廃棄物処理装置の世界市場:流通チャネル別(オフライン、オンライン) ・食品廃棄物処理装置の世界市場:エンドユーザ―別(商業、住宅) ・食品廃棄物処理装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・食品廃棄物処理装置の北米市場 …
  • ダンネージエアバッグの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ダンネージエアバッグの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ダンネージエアバッグ市場規模、材料別(紙、PP,ビニール)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Atmet Group, Cordstrap, International Dunnage, Litco International, Shippers Productsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ダンネージエアバッグの世界市場概要 ・ダンネージエアバッグの世界市場環境 ・ダンネージエアバッグの世界市場動向 ・ダンネージエアバッグの世界市場規模 ・ダンネージエアバッグの世界市場:業界構造分析 ・ダンネージエアバッグの世界市場:材料別(紙、PP,ビニール) ・ダンネージエアバッグの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ダンネージエアバッグの北米市場規模・予測 ・ダンネージエアバッグのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ダンネージエアバッグのアジア太平洋市場 …
  • 世界の高純度アルミニウム市場2016
    本調査レポートでは、世界の高純度アルミニウム市場2016について調査・分析し、高純度アルミニウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のヘルニア修復デバイス市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、ヘルニア修復デバイスのグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ヘルニア修復デバイスの概要 ・ヘルニア修復デバイスの開発動向:開発段階別分析 ・ヘルニア修復デバイスの開発動向:セグメント別分析 ・ヘルニア修復デバイスの開発動向:領域別分析 ・ヘルニア修復デバイスの開発動向:規制Path別分析 ・ヘルニア修復デバイスの開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別ヘルニア修復デバイスの開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・ヘルニア修復デバイスの最近動向
  • ホームエネルギー管理システム(HEMS)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ホームエネルギー管理システム(HEMS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ホームエネルギー管理システム(HEMS)の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • シグナルコンディショナ(信号変換器)の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、シグナルコンディショナ(信号変換器)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、形態別分析、入力方式別分析、用途別分析、需要先別分析、シグナルコンディショナ(信号変換器)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ベータグルカンの世界市場2014-2025:由来別(穀類、きのこ、イースト、海藻)、用途別(F&B、パーソナルケア、製薬、動物用飼料)、タイプ別、地域別
    本調査レポートでは、ベータグルカンの世界市場について調査・分析し、ベータグルカンの世界市場動向、ベータグルカンの世界市場規模、市場予測、セグメント別ベータグルカン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 熱可塑性プラスチック管の世界市場:ポリエチレン管、ポリアミド管、ポリプロピレン管、PVDF管、PVC管
    当調査レポートでは、熱可塑性プラスチック管の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・熱可塑性プラスチック管の世界市場:ポリマー種類別分析/市場規模 ・熱可塑性プラスチック管の世界市場:用途別分析/市場規模 ・熱可塑性プラスチック管の世界市場:地域別分析/市場規模 ・熱可塑性プラスチック管のアメリカ市場規模予測 ・熱可塑性プラスチック管のヨーロッパ市場規模予測 ・熱可塑性プラスチック管のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 世界のマルチメディアチップセット市場2015
    本調査レポートでは、世界のマルチメディアチップセット市場2015について調査・分析し、マルチメディアチップセットの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 直接メタノール燃料電池(DMFC)の世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、直接メタノール燃料電池(DMFC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、用途別分析、構成要素別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ポーランドのインターベンショナル心臓装置市場見通し
  • プロバイオティクスの世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、プロバイオティクスの世界市場について調査・分析し、プロバイオティクスの世界市場規模、市場動向、市場予測、市場環境分析、専門家の見解、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. プロバイオティクス世界市場の概要 3. プロバイオティクスの世界市場予測 4. 主要プロバイオティクス2次市場予測 5. 地域別プロバイオティクス市場予測 6. プロバイオティクス市場における主要企業 7. 結論および推奨事項 8. 用語集
  • 嚢胞性線維症(CF)治療の世界市場2016-2026:嚢胞性線維症膜貫通調節因子(CFTR)モジュレータ、タンパク質転写モジュレータ、膵酵素生成物(PEP)
    当調査レポートでは、嚢胞性線維症(CF)治療の世界市場について調査・分析し、嚢胞性線維症(CF)治療の世界市場規模、市場動向、市場予測、市場環境分析、専門家の見解、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"