"陸電の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM90902)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"陸電の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The global shore power market is projected to grow at a CAGR of 13.3% from 2019 to 2024” The global shore power market is projected to reach USD 2.7 billion by 2024 from an estimated USD 1.4 billion in 2019, at a CAGR of 13.3% during the forecast period. Reduction of low-frequency noise and emissions at ports, a growing number of cruise liners in the shipping industry, and installation of retrofit shore power systems have increased the demand for a shore power system. However, huge installation & maintenance costs and high initial investment for shore power component manufacturers are hindering the growth of the shore power market.

“The frequency converter segment is expected to be the fastest-growing market from 2019 to 2024.”
The frequency converter segment is expected to hold the largest market share and is the fastest-growing segment during the forecast period. Shore power frequency converter allows a ship to be powered by the port’s electrical grid, even though the vessel may have a different operating voltage. Shore power frequency converters save money by reducing the consumption of diesel fuel. It also reduces air pollution caused by running the engine unnecessarily while at the port. Another benefit of using shore power frequency converters is noise reduction, whereas idling and diesel generators are much noisier.

“The new installation segment, by connection, is expected to be the largest market from 2019 to 2024”
The report segments the shore power market, by connection, into the new installation, and retrofit. The new installation segment is expected to hold the largest market share by 2024. For shore power to be implemented, ships need to be equipped to receive power from an outside source or local grid. Existing ships usually need to be retrofitted with specific electrical equipment such as wiring, connectors, transformers, and switchgear, while many new ships are being built with this equipment as part of their ship’s electrical system design. Retrofitting of shore power in existing vessels are way expensive when compared to a new installation, sometimes costing up to twice as much as incremental new-build investments. Therefore, the new installation segment is driving the market during the forecast period.

“Asia Pacific: The fastest-growing shore power market”
In this report, the shore power market has been analyzed with respect to five regions, namely, North America, South America, Europe, Asia Pacific, and the Middle East & Africa. Asia Pacific is estimated to dominate the global shore power market during the forecast period. Asia Pacific ports are focusing more on sustainability due to the increase in the maritime industry, stringent emission regulations, and mounting concerns over local air pollution. Thus, a major scope of growth and development in the shore power market exists in these regions.

Breakdown of Primaries:
In-depth interviews have been conducted with various key industry participants, subject-matter experts, C-level executives of key market players, and industry consultants among other experts to obtain and verify critical qualitative and quantitative information as well as to assess future market prospects. The distribution of primary interviews is as follows:
By Company Type: Tier 1 – 60%, Tier 2 – 27%, and Tier 3 – 13%
By Designation: C-Level – 35%, Director Level – 25%, and Others – 40%
By Region: North America – 20%, Europe – 18%, Asia Pacific – 40%, South America- 6% and the Middle East & Africa – 16%,
Note: Others includes sales managers, marketing managers, product managers, and product engineers.
The tier of the companies is defined based on their total revenue as of 2018. Tier 1: USD 1 billion, Tier 2: From USD 500 million to USD 1 billion, and Tier 3:

The global shore power market is dominated by a few major players that have an extensive regional presence. The leading players in the shore power market are Siemens (Germany), Wärtsilä (Finland), ABB (Switzerland), Schneider Electric (France), and Cavotec (Switzerland).

Research Coverage:
The report defines, describes, and forecasts the global shore power market by installation, connection, component, and region. It also offers a detailed qualitative and quantitative analysis of the market. The report provides a comprehensive review of the major market drivers, restraints, opportunities, and challenges. It also covers various important aspects of the market. These include the analysis of the competitive landscape, market dynamics, market estimates, in terms of value, and future trends in the shore power market.

Why Buy this Report?
1. The report identifies and addresses the key markets for shore power, which would help various stakeholders such as utilities, analytics companies, and shore power system providers to review the growth in demand.
2. The report helps system providers understand the pulse of the market and provides insights into drivers, restraints, opportunities, and challenges.
3. The report will help key players understand the strategies of their competitors better and help them in making effective strategic decisions.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"陸電の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 15)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regional Scope
1.3.3 Years Considered For the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 19)
2.1 Scope
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Demand-Side Analysis
2.2.1.1 Calculation
2.2.1.2 Assumptions
2.2.2 Supply-Side Analysis
2.2.2.1 Assumptions
2.2.2.2 Calculation
2.2.3 Forecast
2.3 Some of the Insights of Industry Experts
3 Executive Summary (Page No. – 23)
4 Premium Insights (Page No. – 28)
4.1 Attractive Opportunities in the Shore Power Market
4.2 Shore Power, By Installation
4.3 Shore Power, By Connection
4.4 Asia Pacific Shore Power, By Component & Country
4.5 Shore Power, By Region
5 Market Overview (Page No. – 32)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Implementation of Shore Power Reduces Low-Frequency Noise and Emissions at Ports
5.2.1.2 Increasing Number of Cruise Liners in the Shipping Industry
5.2.1.3 Installation of Retrofit Shore Power Systems
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Installation and Maintenance Costs
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Government Initiatives to Reduce Greenhouse Gas Emissions From Ports
5.2.3.2 Increasing Lng Hybrid Power Barge Solution
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Complexity in the Integration of Different Systems
5.2.4.2 The High Initial Investment For Shore Power Component Manufacturers
6 Shore Power Market, By Installation (Page No. – 38)
6.1 Introduction
6.2 Shoreside
6.2.1 Ship Emissions During A Port’s Laytime Can Be Sustainably Reduced By Shoreside Electricity Which is Expected to Drive the Segment During the Forecast Period
6.3 Shipside
6.3.1 Heavy Environmental Impact of Maritime Shipping is Expected to Drive the Shipside Segment During the Forecast Period
6.3.1.1 Passenger Vessel
6.3.1.2 Merchant Vessel
6.3.1.3 Offshore Support Vessel
6.3.1.4 Specialized Vessel
7 Shore Power Market, By Connection (Page No. – 43)
7.1 Introduction
7.2 New Installation
7.2.1 Low Cost of New Installation Compared With Retrofit is Expected to Drive the Segment During the Forecast Period
7.3 Retrofit
7.3.1 Increasing Number of Large-Scale Ships is Expected to Drive the Retrofit Segment During the Forecast Period
8 Shore Power Market, By Component (Page No. – 48)
8.1 Introduction
8.2 Transformer
8.2.1 Growing Need For Transformers For the Proper Distribution of Electricity to Vessels is Expected to Drive the Transformer Segment During the Forecast Period
8.3 Switchgear
8.3.1 Switchgear Helps in Switching, Controlling, and Protecting Other Shore Power Components
8.4 Frequency Converter
8.4.1 Frequency Converters are Used to Supply Power to Different Vessels and their Increasing Demand is Expected to Drive the Market During the Forecast Period
8.5 Cables & Accessories
8.5.1 Ships Participating in A Shore Power Electrification Program Would Require Installation of Shore Power Cable Receptacles and an Associated Electrical Management System
8.6 Others
8.6.1 Any Marine Plug, Connector, Receptacle, Or Inlet Needs to Be Able to Keep Its Users Safe
9 Shore Power Market, By Region (Page No. – 54)
9.1 Introduction
9.2 Asia Pacific
9.2.1 By Installation
9.2.2 By Connection
9.2.3 By Component
9.2.4 By Country
9.2.4.1 China
9.2.4.1.1 Strong Economic Growth and Supportive Government Policies For the Shipbuilding Industry is Expected to Drive the Chinese Shore Power
9.2.4.2 Japan
9.2.4.2.1 Japan Has A History of Shipbuilding and is the Largest Shipbuilding Country in the World
9.2.4.3 South Korea
9.2.4.3.1 South Korea Aims to Build 200 New Containers and Dry Cargo Ships By 2020 Which Would Contribute to the Overall Marine Trade
9.2.4.4 India
9.2.4.4.1 Economic Growth, Favorable Government Policies and Incentive Framework, A Long Coastline, and an Increase in Marine Freight Traffic Offer Lucrative Opportunities For the Growth of the Maritime Industry in India
9.2.4.5 Singapore
9.2.4.5.1 Singapore Maritime Industry Plays A Vital Role in the Country’s Economy and Acts as A Boost For International Trade
9.2.4.6 Oceania
9.2.4.6.1 Australia is One of the Major Economically Developed Countries in Oceania For the Market
9.2.4.7 Rest of Asia Pacific
9.2.4.7.1 The Philippines is One Among the Major Countries Contributing to the Maritime Industry in the Rest of Asia Pacific Region
9.3 Europe
9.3.1 By Installation
9.3.2 By Connection
9.3.3 By Component
9.3.4 By Country
9.3.4.1 Sweden
9.3.4.1.1 Sweden is A Leading Country to Implement Decarbonization Into the Maritime Industry
9.3.4.2 Germany
9.3.4.2.1 Germany’s Maritime Industry is Characterized By Its High-Tech Shipbuilding and Modern Technology, thereby Leading to an Incease in the Shore Power Market
9.3.4.3 UK
9.3.4.3.1 The UK Stands as the Fourth Largest Shipbuilder and the Third Largest Boatbuilder Across Europe
9.3.4.4 Russia
9.3.4.4.1 Russia’s Large and Strategic Sea Transportation Presence Would Help the Country to Enhance Its Maritime Business and Marine Transportation at A Global Level
9.3.4.5 The Netherlands Shipping, Inland Shipping, Shipbuilding, Dredging, Navy, Ports, Fishing, Maritime Services, Marine Equipment Supply, And Yacht Building/Watersport Industry
9.3.4.5.1 The Maritime Cluster of the Netherlands Consists of Shipping, Inland Shipping, Shipbuilding, Dredging, Navy, Ports, Fishing, Maritime Services, Marine Equipment Supply, and Yacht Building/Watersport Industry
9.3.4.6 Rest of Europe
9.3.4.6.1 Norway is the 19th Largest Shipbuilding Economy in the World
9.4 North America
9.4.1 By Installation
9.4.2 By Connection
9.4.3 By Component
9.4.4 By Country
9.4.4.1 US
9.4.4.1.1 Growth in the US Shipbuilding Industry Would Prove to Be Among the Most Important Factors Which Would Drive the Demand For Shore Power in the Country
9.4.4.2 Canada
9.4.4.2.1 The Ship Building Industry in Canada Plays A Vital Role in the Economic Development of the Country
9.5 Middle East & Africa
9.5.1 By Installation
9.5.2 By Connection
9.5.3 By Component
9.5.4 By Country
9.5.4.1 UAE
9.5.4.1.1 The Increase in Maritime Activities in the UAE is One of the Most Significant Factors Contributing to the Growth of the Market in This Country
9.5.4.2 Saudi Arabia
9.5.4.2.1 Growing Investments in Shore Power Would Experience A Boom in the Coming Years in the Country
9.5.4.3 Egypt
9.5.4.3.1 Egypt’s Damietta Port Plays A Crucial Role in Increasing the Shore Power Market in the Country
9.5.4.4 South Africa
9.5.4.4.1 South Africa is the Most Advanced Economy in the Middle East & Africa
9.5.4.5 Rest of the Middle East & Africa
9.5.4.5.1 China is Expected to Invest in African Ports and Help in the Development of African Ports
9.6 South America
9.6.1 By Installation
9.6.2 By Connection
9.6.3 By Component
9.6.4 By Country
9.6.4.1 Brazil
9.6.4.1.1 Brazil is the Leading Economy in South America and One of the Largest Contributors to the World Trade
9.6.4.2 Argentina
9.6.4.2.1 Argentina Government is Investing in the Merchant and Shipbuilding Industry and is Adopting Shore Power Systems at A Rapid Rate
9.6.4.3 Rest of South America
9.6.4.3.1 Investments in Panama and Chile Would Increase the Demand For Shore Power During the Forecast Period
10 Competitive Landscape (Page No. – 91)
10.1 Overview
10.2 Competitive Leadership Mapping (Overall Market)
10.2.1 Visionary Leaders
10.2.2 Innovators
10.2.3 Dynamic
10.2.4 Emerging
10.3 Market Share, 2018
10.4 Competitive Scenario
10.4.1 Contracts & Agreements
10.4.2 New Product Launches
10.4.3 Mergers & Acquisitions
10.4.4 Expansions & Investments
10.4.5 Partnerships & Collaborations
11 Company Profiles (Page No. – 97)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View)*
11.1 ABB
11.2 Siemens
11.3 Schneider Electric
11.4 Wärtsilä
11.5 Cavotec
11.6 ESL Power Systems
11.7 IGUS
11.8 Smartplug
11.9 Blueday Technology
11.10 Cochran Marine
11.11 Vinci Energies
11.12 Preen
11.13 GE
11.14 Danfoss
*Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 121)
12.1 Insights of Industry Experts
12.2 Discussion Guide
12.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.4 Available Customizations
12.5 Related Reports
12.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】陸電の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年8月16日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM90902
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】エネルギー
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
陸電の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 真菌症(Mycoses):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、真菌症(Mycoses)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・真菌症(Mycoses):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・真菌症(Mycoses)のフェーズ3治験薬の状況 ・真菌症(Mycoses)治療薬の市場規模(販売予測) ・真菌症(Mycoses)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・真菌症(Mycoses)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の真菌症(Mycoses)治療薬剤
  • 渡航者ワクチンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、渡航者ワクチンの世界市場について調査・分析し、渡航者ワクチンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別渡航者ワクチンシェア、市場規模推移、市場規模予測、渡航者ワクチン種類別分析()、渡航者ワクチン用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・渡航者ワクチンの市場概観 ・渡航者ワクチンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・渡航者ワクチンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・渡航者ワクチンの世界市場規模 ・渡航者ワクチンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・渡航者ワクチンのアメリカ市場規模推移 ・渡航者ワクチンのカナダ市場規模推移 ・渡航者ワクチンのメキシコ市場規模推移 ・渡航者ワクチンのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・渡航者ワクチンのドイツ市場規模推移 ・渡航者ワクチンのイギリス市場規模推移 ・渡航者ワクチンのロシア市場規模推移 ・渡航者ワクチンのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ …
  • コンクリート結合剤の世界市場予測:セメント混合ラテックス系、エポキシ系
    当調査レポートでは、コンクリート結合剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、結合剤種類別分析、用途別分析、地域別分析、コンクリート結合剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • エポキシ樹脂用活性強化剤の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、エポキシ樹脂用活性強化剤の世界市場について調査・分析し、エポキシ樹脂用活性強化剤の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別エポキシ樹脂用活性強化剤シェア、市場規模推移、市場規模予測、エポキシ樹脂用活性強化剤種類別分析(ゴム状エラストマー強化剤、熱可塑性樹脂強化剤、ハイパーブランチポリマー、コア-シェルラテックスポリマー、その他)、エポキシ樹脂用活性強化剤用途別分析(コーティング、接着剤、電子部品、複合材料、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エポキシ樹脂用活性強化剤の市場概観 ・エポキシ樹脂用活性強化剤のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・エポキシ樹脂用活性強化剤のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・エポキシ樹脂用活性強化剤の世界市場規模 ・エポキシ樹脂用活性強化剤の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・エポキシ樹脂用活性強化剤のアメリカ市場規模推移 ・エポキシ樹脂用活性強化剤のカナダ市場規模推移 ・エポキシ樹脂用活性強化剤のメキシコ市場規模 …
  • 世界のヒト凝固因子Ⅷ市場2016
    本調査レポートでは、世界のヒト凝固因子Ⅷ市場2016について調査・分析し、ヒト凝固因子Ⅷの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ペット用服飾品の世界市場2019-2023
    ペット用服飾品は、犬や猫といったさまざまなペットの機能的要件に従って製造されています。ペット用服飾品の世界市場は、2019~2023年の間、年平均成長率6.72%で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、Ancol Pet Products、Ferplast、Rolf C. Hagen、Rosewood Pet Products、Spectrum Brands、Unicharmなどです。 当調査レポートでは、ペット用服飾品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ペット用服飾品市場規模、販売チャネル別(オフライン、オンライン)分析、用途別(犬、猫、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ペット用服飾品の世界市場概要 ・ペット用服飾品の世界市場環境 ・ペット用服飾品の世界市場動向 ・ペット用服飾品の世界市場規模 ・ペット用服飾品の世界市場:業界構造分析 ・ペット用服飾品の世界市場:販売チャネル別(オフライン、オンライン) …
  • 臨床化学分析装置の世界市場分析:製品別(分析装置、試薬)、試験別(BMP、電解質パネル、肝臓パネル、脂質プロファイル、腎プロファイル、甲状腺機能プロファイル、特殊化学検査)、エンドユーザー別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、臨床化学分析装置の世界市場について調査・分析し、臨床化学分析装置の世界市場動向、臨床化学分析装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別臨床化学分析装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • チリの膝関節再建装置市場見通し
  • 醸造用酵素の世界市場予測(~2023年):アミラーゼ、β-グルカナーゼ、プロテアーゼ、キシラナーゼ、ALDC、ペクチナーゼ
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、醸造用酵素の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(アミラーゼ、β-グルカナーゼ、プロテアーゼ、キシラナーゼ、ALDC、ペクチナーゼ)分析、用途別(ビール、ワイン)分析、ソース別(微生物、植物)分析、形態別(液体、粉体)分析、醸造用酵素の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 生産水処理の世界市場分析:生産由来別(原油、天然ガス)、技術別(一次分離、二次分離、三次分離)、用途別(オンショア、オフショア)、セグメント予測
    本調査レポートでは、生産水処理の世界市場について調査・分析し、生産水処理の世界市場動向、生産水処理の世界市場規模、市場予測、セグメント別生産水処理市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 亜鉛めっき管継手の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、亜鉛めっき管継手の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、亜鉛めっき管継手の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・エンドユーザー別市場分類 ・地域別分析 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・主要企業分析 ・付録
  • インドネシアの電気コンデンサ市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 抗血栓薬の世界市場
    当調査レポートでは、抗血栓薬の世界市場について調査・分析し、抗血栓薬の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 抗血栓薬の世界市場:市場動向分析 - 抗血栓薬の世界市場:競争要因分析 - 抗血栓薬の世界市場:薬の種類別 ・抗凝血剤 ・血栓溶解薬 ・抗血小板物質 - 抗血栓薬の世界市場:薬の分類別 ・エドキサバン ・フォンダパリヌクス ・ヘパリン ・アピキサバン ・ダビガトラン ・リバーロキサバン - 抗血栓薬の世界市場:症状別 ・心筋梗塞(MI) ・静脈血栓塞栓症(VTE) ・脳卒中 ・急性冠症候群(ACS) ・末梢動脈閉塞(PAO) ・その他 - 抗血栓薬の世界市場:投与経路別 ・経口経路 ・非経口経路 - 抗血栓薬の世界市場:用途別 ・血餅予防 ・高脂血症治療 ・予防的治療 ・血栓塞栓症治療 ・その他 - 抗血栓薬の世界市場:流通経路別 ・院内薬局 ・オンライン小売業者 ・一般の薬局 ・ドラッグストア - 抗血栓薬の世界市場:主要地域別分析 - 抗血栓薬の北米市場規模(アメリカ市場等) - 抗血栓薬のヨ …
  • American Municipal Power, Inc.:発電所および企業SWOT分析2015
  • 世界のアクロレインジエチルアセタール市場2016
    本調査レポートでは、世界のアクロレインジエチルアセタール市場2016について調査・分析し、アクロレインジエチルアセタールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 半導体ウェーハ研磨および研削装置の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、半導体ウェーハ研磨および研削装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、半導体ウェーハ研磨および研削装置市場規模、装置種類別(沈着、エッチング・クリーニング、イオン注入、リソグラフィ、その他)分析、種類別(半導体ウェーハ研削装置、半導体ウェーハ研磨装置)分析、用途別(150mm、200mm、300mm)分析、エンドユーザー別(メモリメーカー、層間誘電体材料(IDM)、ファウンドリ、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 半導体ウェーハ研磨および研削装置の世界市場:市場動向分析 ・ 半導体ウェーハ研磨および研削装置の世界市場:競争要因分析 ・ 半導体ウェーハ研磨および研削装置の世界市場:装置種類別(沈着、エッチング・クリーニング、イオン注入、リソグラフィ、その他) ・ 半導体ウェーハ研磨および研削装置の世界市場:種類別(半導体ウェーハ研削装置、半導体ウェーハ研磨装置) ・ 半導体ウェーハ研磨および研削装置の世界市 …
  • アルメニアの一次電池市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 油田用特殊化学薬品の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、油田用特殊化学薬品の世界市場について調査・分析し、油田用特殊化学薬品の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 油田用特殊化学薬品の世界市場:市場動向分析 - 油田用特殊化学薬品の世界市場:競争要因分析 - 油田用特殊化学薬品の世界市場:用途別 ・ボーリング泥水 ・製造用化学薬品 ・接合 ・原油増進回収 ・改修・完成 ・坑井刺激 ・その他 - 油田用特殊化学薬品の世界市場:製品別 ・さび・スケール防止 ・不凍剤 ・抗乳化剤 ・殺生物剤 ・泡制御剤 ・界面活性剤 ・流動点降下剤 ・ゲル化剤・増粘剤 ・レオロジー改質剤 ・摩擦低減剤 ・天然ポリマー ・人造ポリマー - 油田用特殊化学薬品の世界市場:主要地域別分析 - 油田用特殊化学薬品の北米市場規模(アメリカ市場等) - 油田用特殊化学薬品のヨーロッパ市場規模 - 油田用特殊化学薬品のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・油田用特殊化学薬品の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • スカイダイビング用品の世界市場
    当調査レポートでは、スカイダイビング用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スカイダイビング用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • PMMAの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、PMMAの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、PMMAの世界市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 台湾の心臓血管手術装置市場見通し
  • ポリマー充填剤の世界市場:酸化物、水酸化物、塩類、ケイ酸塩、金属
    当調査レポートでは、ポリマー充填剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 抗菌包装の世界市場:プラスチック、バイオポリマー、板紙、有機酸、バクテリオシン、酵素、エッセンシャルオイル、金属イオン、酸化剤
    当調査レポートでは、抗菌包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、包装材料別分析、抗菌成分別分析、技術別分析、用途別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 発作性夜間ヘモグロビン尿症(Paroxysmal Nocturnal Hemoglobinuria):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における発作性夜間ヘモグロビン尿症(Paroxysmal Nocturnal Hemoglobinuria)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、発作性夜間ヘモグロビン尿症(Paroxysmal Nocturnal Hemoglobinuria)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・発作性夜間ヘモグロビン尿症(Paroxysmal Nocturnal Hemoglobinuria)の概要 ・発作性夜間ヘモグロビン尿症(Paroxysmal Nocturnal Hemoglobinuria)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の発作性夜間ヘモグロビン尿症(Paroxysmal Nocturnal Hemoglobinuria)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験 …
  • 掘削機用ブレーカーの世界市場:種類別(全油圧式、空圧と油圧式、窒素膨張式)、用途別(鉱業、建設、道路工事、船舶メンテナンス、その他)、地域別予測
    本資料は、掘削機用ブレーカーの世界市場について調べ、掘削機用ブレーカーの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(全油圧式、空圧と油圧式、窒素膨張式)分析、用途別(鉱業、建設、道路工事、船舶メンテナンス、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはIndeco、Atlas Copco、Furukawa、Sandvik、Rammer、Caterpillar、NPKなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・掘削機用ブレーカーの世界市場概要 ・掘削機用ブレーカーの世界市場環境 ・掘削機用ブレーカーの世界市場動向 ・掘削機用ブレーカーの世界市場規模 ・掘削機用ブレーカーの世界市場規模:種類別(全油圧式、空圧と油圧式、窒素膨張式) ・掘削機用ブレーカーの世界市場規模:用途別(鉱業、建設、道路工事、船舶メンテナンス、その他) ・掘削機用ブレーカーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・掘削機用ブレーカーの北米市場規模・予測 ・掘削機用ブレーカーのアメリカ市場規模・予測 …
  • 中小企業向けNAS(ネットワークアタッチトストレージ)の世界市場
    当調査レポートでは、中小企業向けNAS(ネットワークアタッチトストレージ)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、中小企業向けNAS(ネットワークアタッチトストレージ)の世界市場規模及び予測、種類別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • レーザー育毛治療の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、レーザー育毛治療の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、レーザー育毛治療市場規模、最終用途別(男性向け、女性向け)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・レーザー育毛治療の世界市場概要 ・レーザー育毛治療の世界市場環境 ・レーザー育毛治療の世界市場動向 ・レーザー育毛治療の世界市場規模 ・レーザー育毛治療の世界市場:業界構造分析 ・レーザー育毛治療の世界市場:最終用途別(男性向け、女性向け) ・レーザー育毛治療の世界市場:地域別市場規模・分析 ・レーザー育毛治療のアメリカ市場規模・予測 ・レーザー育毛治療のヨーロッパ市場規模・予測 ・レーザー育毛治療のアジア市場規模・予測 ・レーザー育毛治療の主要国分析 ・レーザー育毛治療の世界市場:意思決定フレームワーク ・レーザー育毛治療の世界市場:成長要因、課題 ・レーザー育毛治療の世界市場:競争環境 ・レーザー育毛治療の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • ビジネスインテリジェンス(BI)の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、ビジネスインテリジェンス(BI)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、データタイプ別分析、アプリケーション別分析、産業別分析、ビジネスインテリジェンス(BI)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ホブ盤の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ホブ盤の世界市場について調査・分析し、ホブ盤の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ホブ盤シェア、市場規模推移、市場規模予測、ホブ盤種類別分析()、ホブ盤用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ホブ盤の市場概観 ・ホブ盤のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ホブ盤のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ホブ盤の世界市場規模 ・ホブ盤の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ホブ盤のアメリカ市場規模推移 ・ホブ盤のカナダ市場規模推移 ・ホブ盤のメキシコ市場規模推移 ・ホブ盤のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ホブ盤のドイツ市場規模推移 ・ホブ盤のイギリス市場規模推移 ・ホブ盤のロシア市場規模推移 ・ホブ盤のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ホブ盤の日本市場規模推移 ・ホブ盤の中国市場規模推移 ・ホブ盤の韓国市場規模推移 ・ホブ盤のインド市場規模推移 ・ホブ盤の東南アジア市場規模推移 …
  • 配向性ストランドボード(OSB)の世界市場分析:用途別(建設、包装)、セグメント予測
    本調査レポートでは、配向性ストランドボード(OSB)の世界市場について調査・分析し、配向性ストランドボード(OSB)の世界市場動向、配向性ストランドボード(OSB)の世界市場規模、市場予測、セグメント別配向性ストランドボード(OSB)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • イギリスの装具市場動向(~2021)
  • 世界のテニスラケット市場2016
    本調査レポートでは、世界のテニスラケット市場2016について調査・分析し、テニスラケットの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ハイブリッド商用車の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ハイブリッド商用車の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ハイブリッド商用車の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • テロメラーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるテロメラーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・テロメラーゼ阻害剤の概要 ・テロメラーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のテロメラーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・テロメラーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・テロメラーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 企業用ビジネスプロセス管理用ソフトウェアの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、企業用ビジネスプロセス管理用ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、企業用ビジネスプロセス管理用ソフトウェアの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別企業用ビジネスプロセス管理用ソフトウェアシェア、市場規模推移、市場規模予測、企業用ビジネスプロセス管理用ソフトウェア種類別分析(PCインストール型、携帯端末インストール型、クラウドベース)、企業用ビジネスプロセス管理用ソフトウェア用途別分析(中小企業、大企業)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・企業用ビジネスプロセス管理用ソフトウェアの市場概観 ・企業用ビジネスプロセス管理用ソフトウェアのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・企業用ビジネスプロセス管理用ソフトウェアのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・企業用ビジネスプロセス管理用ソフトウェアの世界市場規模 ・企業用ビジネスプロセス管理用ソフトウェアの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・企業用ビジネスプロセス管理用ソフトウェアのアメリカ市場規模推移 …
  • スマートコネクテッドウォレットの世界市場2017-2021:オフライン・オンライン
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、スマートコネクテッドウォレットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートコネクテッドウォレットの世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はスマートコネクテッドウォレットの世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.72%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はEkster Wallets、NXT-ID、Revol、Walli Wearables、WOOLET.CO等です。
  • 世界のホウ酸カルシウム市場2016
    本調査レポートでは、世界のホウ酸カルシウム市場2016について調査・分析し、ホウ酸カルシウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 無人貨物輸送機(UCA)システムの世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、無人貨物輸送機(UCA)システムの世界市場について調査・分析し、無人貨物輸送機(UCA)システムの世界市場規模、市場動向、市場予測、市場環境分析、専門家の見解、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. 要約 2. 無人貨物輸送機市場の概要 3. 無人貨物輸送機の世界市場2016-2026 4. 世界の無人貨物輸送機2次市場予測2016-2026 5. 主要地域の無人貨物輸送機市場予測2016-2026 6. 無人貨物輸送機市場のSWOT分析2016-2026 7. 専門家の意見 8. 無人貨物輸送機主要20社 9. 結論および提言 10. 用語集
  • 世界のバックホウローダ市場2015
    本調査レポートでは、世界のバックホウローダ市場2015について調査・分析し、バックホウローダの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 地下ガス貯蔵の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、地下ガス貯蔵の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、地下ガス貯蔵市場規模、種類別(枯渇油田、帯水層、空洞貯蔵)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・地下ガス貯蔵の世界市場概要 ・地下ガス貯蔵の世界市場環境 ・地下ガス貯蔵の世界市場動向 ・地下ガス貯蔵の世界市場規模 ・地下ガス貯蔵の世界市場:業界構造分析 ・地下ガス貯蔵の世界市場:種類別(枯渇油田、帯水層、空洞貯蔵) ・地下ガス貯蔵の世界市場:地域別市場規模・分析 ・地下ガス貯蔵の北米市場規模・予測 ・地下ガス貯蔵のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・地下ガス貯蔵のアジア太平洋市場規模・予測 ・地下ガス貯蔵の主要国分析 ・地下ガス貯蔵の世界市場:意思決定フレームワーク ・地下ガス貯蔵の世界市場:成長要因、課題 ・地下ガス貯蔵の世界市場:競争環境 ・地下ガス貯蔵の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析) 主な分析対象企業は、Costain Group、ENGI …
  • 金属マトリックス複合材(MMC)の世界市場分析:製品別(アルミニウム、ニッケル、耐火物)、エンドユーザー別(地上輸送、電子/熱管理、航空宇宙)、セグメント予測
    本調査レポートでは、金属マトリックス複合材(MMC)の世界市場について調査・分析し、金属マトリックス複合材(MMC)の世界市場動向、金属マトリックス複合材(MMC)の世界市場規模、市場予測、セグメント別金属マトリックス複合材(MMC)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 多機能ディスプレイの世界市場:プラットフォーム別(陸上、空中、海上)、システム別(電子フライトディスプレイ、ヘッドアップディスプレイ、ヘルメットマウントディスプレイ、ポータブル多機能ディスプレイ)、技術別(LED、LCD・AMLCD、TFT、OLED、シンセティックビジョン(合成の視覚))、サイズ別(5インチ未満、5~10インチ、10~15インチ)、地域別予測
    本資料は、多機能ディスプレイの世界市場について調べ、多機能ディスプレイの世界規模、市場動向、市場環境、プラットフォーム別(陸上、空中、海上)分析、システム別(電子フライトディスプレイ、ヘッドアップディスプレイ、ヘルメットマウントディスプレイ、ポータブル多機能ディスプレイ)分析、技術別(LED、LCD・AMLCD、TFT、OLED、シンセティックビジョン(合成の視覚))分析、サイズ別(5インチ未満、5~10インチ、10~15インチ)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・多機能ディスプレイの世界市場概要 ・多機能ディスプレイの世界市場環境 ・多機能ディスプレイの世界市場動向 ・多機能ディスプレイの世界市場規模 ・多機能ディスプレイの世界市場規模:プラットフォーム別(陸上、空中、海上) ・多機能ディスプレイの世界市場規模:システム別(電子フライトディスプレイ、ヘッドアップディスプレイ、ヘルメットマウントディスプレイ、ポータブル多機能ディスプレイ) …
  • イギリスの脊椎手術処置動向(~2021)
  • サウジアラビアの電気生理装置市場見通し
  • 無菌包装の世界市場予測2017-2027
    当調査レポートでは、無菌包装の世界市場について調査・分析し、無菌包装の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・無菌包装の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・無菌包装の世界市場:セグメント別市場分析 ・無菌包装の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 工業用無停電電源装置の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、工業用無停電電源装置の世界市場について調査・分析し、工業用無停電電源装置の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・工業用無停電電源装置の世界市場規模:電力定格別分析 ・工業用無停電電源装置の世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・工業用無停電電源装置の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • イギリスの手術室用装置市場見通し(~2021)
  • スマートグリッド・マネージドサービスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、スマートグリッド・マネージドサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートグリッド・マネージドサービスの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ブライダルウェアの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ブライダルウェアの世界市場について調べ、ブライダルウェアの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ブライダルウェアの市場規模をセグメンテーション別(流通チャンネル別(オフライン、オンライン)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はブライダルウェアの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ブライダルウェアの市場状況 ・ブライダルウェアの市場規模 ・ブライダルウェアの市場予測 ・ブライダルウェアの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:流通チャンネル別(オフライン、オンライン) ・ブライダルウェアの顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • ユーティリティロケーターの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ユーティリティロケーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、技術別分析、提供方式(装置、サービス)別分析、ターゲット(金属、非銀属)別分析、産業別分析、ユーティリティロケーターの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"