"バイオプロセス検証の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM90904)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"バイオプロセス検証の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The bioprocess validation market is estimated to grow at a CAGR of 14.6%”The global bioprocess validation market is exceeded USD 180 million in 2019 and is projected to be valued over USD 360 million by 2024, at a CAGR of 14.6% during the forecast period. The growth of the bioprocess validation services market is driven primarily by the stringent safety and quality regulations governing product certification and testing across the biopharmaceutical and pharmaceutical industries. This has also stimulated the demand for the outsourcing of bioprocess validation services. The rising R&D spending in the life science industry has contributed to this demand significantly, while the growing demand for bioprocess validation in emerging countries and patent expiries have ensured steady market growth. However, the issues related to extractable and leachable testing affect market growth to a certain extent during the forecast period.

“Extractables/leachables testing services segment to witness the highest growth during the forecast period”
The combination systems segment is estimated to grow at the highest CAGR during the forecast period. This can primarily be attributed to increasing outsourcing of testing services by biopharmaceutical manufacturers; the presence of regulatory mandates and guidelines regarding the testing of extractables & leachables; and growing product safety, identity, purity, and quality; and the increasing risk of product adulteration related requirement.

“Filter elements segment to grow at the highest CAGR in the bioprocess validation market, by process component”
The major factors driving the demand for filter elements in bioprocess validation are stringent regulations and industry standards for biopharmaceutical products; increasing usage of a variety of filters in bioprocessing; and the high demand for the evaluation of specific filter elements and their impact on the final drug product owing to the factors such as safety and efficacy of biopharmaceutical products.

“APAC market to witness the highest growth during the forecast period”
The Asia Pacific is estimated to be the fastest-growing regional market for bioprocess validation during the forecast period. The growing biopharmaceutical manufacturing capabilities in Asian countries, increasing demand for outsourcing bioprocess validation, growing life science research specific to biologics, increasing investments by pharmaceutical & biotechnology companies, rising awareness about the advantages of biopharmaceutical drugs, increasing number of CROs & CDMOs, and the favorable government initiatives to promote the growth of the pharmaceutical & biotechnology industries in several APAC countries are some of the major factors driving the growth of this market.

A breakdown of the primary participants in this report is provided below:
• By Company Type: Tier 1–46%, Tier 2–33%, and Tier 3–21%
• By Designation: C-level–43%, Director Level–35%, and Others–22%
• By Region: North America–34%, Europe–26%, Asia Pacific–19%, Latin America–11%, and the Middle East & Africa–10%

The prominent players operating in the global bioprocess validation market are Merck KGaA (Germany), SGS S.A. (Switzerland), Eurofins Scientific (Luxembourg), Sartorius Stedim Biotech (France), Pall Corporation (US), Cobetter Filtration Equipments Co., Ltd. (China), Toxikon Corporation (US), DOC S.r.l. (Italy), MEISSNER FILTRATION PRODUCTS, INC. (US), and Thermo Fisher Scientific (US).

Research Coverage:
This report analyzes the market for various bioprocess validation and their adoption patterns. It aims at estimating the size and future growth potential of the global bioprocess validation market as well as its segments (by test type, process component, end-user, and region). The report also includes an in-depth competitive analysis of key market players along with their company profiles, service offerings, and recent developments.

Reasons to Buy the Report
This report will enrich established firms as well as new entrants/smaller firms to gauge the pulse of the market, which, in turn, would help them garner a greater share. Firms purchasing the report could use one, or any combination of the below mentioned five strategies for strengthening their market presence.
• Market Penetration: Comprehensive information on the service portfolios offered by the top players in the global bioprocess validation market
• Service Development/Innovation: Detailed insights on the upcoming trends, R&D activities, and service launches in the global bioprocess validation market
• Market Development: Comprehensive information on the lucrative emerging regions
• Market Diversification: Exhaustive information about new services, growing geographies, and recent developments in the global bioprocess validation market
• Competitive Assessment: In-depth assessment of services offered, market shares, growth strategies, and revenue analysis of leading players in the global bioprocess validation market


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"バイオプロセス検証の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 19)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 23)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Size Estimation
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Assumptions for the Study
3 Executive Summary (Page No. – 33)
4 Premium Insights (Page No. – 38)
4.1 Bioprocess Validation Services: Market Overview
4.2 Asia Pacific: Bioprocess Validation Services Market, By End User (2018)
4.3 Geographical Snapshot of the Market
4.4 Regional Mix: Market
4.5 Bioprocess Validation Market: Developing vs Developed Countries
5 Market Overview (Page No. – 42)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics: Impact Analysis
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Stringent Safety and Quality Regulations
5.2.1.2 Increasing Demand for Biopharmaceuticals
5.2.1.3 Increasing Demand for Outsourcing Bioprocess Validation
5.2.1.4 Rising Life Science R&D Expenditure
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Issues Related to Extractables & Leachables
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Growth Opportunities in Asia Pacific and Latin American Countries
5.2.3.2 Patent Expiry
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Waste Disposal
5.2.4.2 Development of New Validation Methods for Next Generation Bioproducts
6 Industry Insights (Page No. – 48)
6.1 Industry Trends
6.1.1 Automation in Bioprocess Validation Services
6.1.2 Geographic Expansions By Market Players
6.2 Regulatory Guidelines for Bioprocess Validation
7 Bioprocess Validation Market, By Test Type (Page No. – 51)
7.1 Introduction
7.2 Extractables/Leachables Testing Services
7.2.1 Specifications and Guidelines for Extractables/ Leachables Testing have Ensured the Continued Demand for These Services
7.3 Microbiological Testing Services
7.3.1 Large-Scale Eukaryotic Cell Culture Testing Services
7.3.1.1 North America Shows the Highest Demand for Large-Scale Eukaryotic Cell Culture Testing Services
7.3.2 Virus Production & Purification Testing Services
7.3.2.1 Increased Concerns of Viral Contaminant Presence in Raw Materials are Driving the Adoption of Testing Services
7.3.3 Electron Microscopy Testing Services
7.3.3.1 Electron Microscopy Provides High-Resolution Images of Specimens Present in Bioprocesses
7.4 Physiochemical Testing Services
7.4.1 Need for Detection and Characterization of Impurities in the Final Product is Driving Market Growth
7.5 Integrity Testing Services
7.5.1 Integrity Testing is Vital to Detect Wear and Tear and Pressure-Caused Damage
7.6 Compatibility Testing Services
7.6.1 Demand for Evaluating Process Component-Formulation Interaction has Necessitated Compatibility Testing
7.7 Other Testing Services
8 Bioprocess Validation Market, By Process Component (Page No. – 66)
8.1 Introduction
8.2 Filter Elements
8.2.1 Stringent Regulations for Biopharmaceutical Products are Driving the Growth of This Segment
8.3 Media Containers and Bags
8.3.1 Validation and Qualification of Media Containers and Bags is Necessary to Maintain the Safety of the Final Biopharmaceutical Product
8.4 Freezing and Thawing Process Bags
8.4.1 The High Risk of Seal Leaks in the Pre-Freezing and Thawing Stage is Driving Market Growth
8.5 Mixing Systems
8.5.1 Growing Need to Meet FDA and Other Regulatory Guidelines During the Mixing of Ingredients to Maintain Product Quality is A Key Driver
8.6 Bioreactors
8.6.1 Biopharmaceutical Companies are Increasingly Adopting Bioprocess Validation Services for Bioreactors to Lower the Risk of Cross-Contamination
8.7 Transfer Systems
8.7.1 The Necessity to Maintain Sterile Conditions During Transfer is Driving the Market
8.8 Other Process Component
9 Bioprocess Validation Market, By End User (Page No. – 77)
9.1 Introduction
9.2 Pharmaceutical Companies
9.2.1 Increasing Production Volume has Enabled Pharma Companies to Dominate the End-User Market
9.3 Contract Development & Manufacturing Organizations
9.3.1 Emerging Countries have Become Key Hubs for the Outsourcing of Production and Validation Processes
9.4 Biotechnology Companies
9.4.1 Need for Regulatory Compliance has Driven the Demand for Bioprocess Validation in Biotech Companies
9.5 Other End Users
10 Bioprocess Validation Market, By Region (Page No. – 85)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 US
10.2.1.1 US Dominated the North American Bioprocess Validation Market in 2018
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Growing Investments in the Canadian Biopharmaceuticals Sector to Support Market Growth During the Forecast Period
10.3 Europe
10.3.1 Germany
10.3.1.1 Germany Accounted for the Largest Share of the European Bioprocess Validation Market in 2018
10.3.2 France
10.3.2.1 High Demand for Biologics and Implementation of Favorable Government Initiatives to Drive the Demand for Bioprocess Validation Services in France
10.3.3 UK
10.3.3.1 Growing Demand for Outsourcing Compliance-Related Testing Services in Biopharmaceutical Production to Support Market Growth in the UK
10.3.4 Italy
10.3.4.1 Growing Biopharmaceutical Manufacturing to Drive the Adoption of Bioprocess Validation Services in Italy
10.3.5 Spain
10.3.5.1 High Consumption of Biologics to Support the Growth of The Bioprocess Validation Market in Spain
10.3.6 Rest of Europe
10.4 Asia Pacific
10.4.1 China
10.4.1.1 China is One of the Most-Preferred Destinations for Leading Biopharmaceutical Companies for Biologics Production
10.4.2 Japan
10.4.2.1 Japan is One of the Largest and Most Established Markets for Pharmaceutical Products in the Asia Pacific
10.4.3 India
10.4.3.1 Rising Volume of Biopharmaceutical Production to Drive Market Growth in India
10.4.4 Rest of Asia Pacific
10.5 Latin America
10.5.1 Brazil
10.5.1.1 Growing Investments in Biopharmaceutical Research to Drive Market Growth in Brazil
10.5.2 Mexico
10.5.2.1 Strong Presence of Global Pharmaceutical Companies in the Country to Support Market Growth
10.5.3 Rest of Latin America
10.6 Middle East & Africa
11 Competitive Landscape (Page No. – 149)
11.1 Overview
11.2 Market Share Analysis
11.3 Competitive Leadership Mapping, 2018
11.4 Vendor Inclusion Criteria
11.5 Vendor Dive
11.5.1 Visionary Leaders
11.5.2 Innovators
11.5.3 Emerging Companies
11.5.4 Dynamic Differentiators
11.6 Competitive Situations and Trends
11.6.1 Acquisitions
11.6.2 Collaborations, Partnerships, and Agreements
11.6.3 Service Launches
11.7 Service Portfolio Analysis
11.7.1 Service Portfolio Analysis
12 Company Profiles (Page No. – 162)
(Business Overview, Services Offered, Recent Developments, MnM View, SWOT Analysis)*
12.1 Merck KGaA
12.2 Pall Corporation (A Part of Danaher Corporation)
12.3 Sartorius Stedim Biotech S.A.
12.4 SGS S.A.
12.5 Eurofins Scientific
12.6 Cobetter Filtration Equipment Co., Ltd.
12.7 Toxikon Corporation
12.8 Doc S.R.L.
12.9 Meissner Filtration Products, Inc.
12.10 Thermo Fisher Scientific, Inc.
12.11 Additional Company Profiles
12.11.1 Porvair PLC
12.11.2 Biozeen
12.11.3 Tianshan (Ts Filter) Precision Filter Material Co., Ltd.
12.11.4 Hangzhou Anow Microfiltration Co., Ltd.
12.11.5 Almac Group
*Business Overview, Services Offered, Recent Developments, MnM View, SWOT Analysis Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 186)
13.1 Insights of Industry Experts
13.2 Discussion Guide
13.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.4 Available Customizations
13.5 Related Reports
13.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】バイオプロセス検証の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年8月16日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM90904
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】製薬
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
バイオプロセス検証の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界のバイオマス成形燃料市場2016
    本調査レポートでは、世界のバイオマス成形燃料市場2016について調査・分析し、バイオマス成形燃料の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 適応学習用ソフトウェアの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、適応学習用ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、適応学習用ソフトウェアの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のプロピオン酸および誘導体市場2015
    本調査レポートでは、世界のプロピオン酸および誘導体市場2015について調査・分析し、プロピオン酸および誘導体の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 宝くじの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、宝くじの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、宝くじの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • CTスキャナーの世界市場予測(~2022年):据置式、移動式
    当調査レポートでは、CTスキャナーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、技術別分析、用途別分析、需要先別分析、CTスキャナーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 有機ライスタンパク質の世界市場分析:製品別(ライスタンパク質分離物、ライスタンパク質濃縮物)、用途別(スポーツ・エネルギー栄養学、製パン・製菓、肉類代用品・増量剤、乳製品代替品)、セグメント予測
    本調査レポートでは、有機ライスタンパク質の世界市場について調査・分析し、有機ライスタンパク質の世界市場動向、有機ライスタンパク質の世界市場規模、市場予測、セグメント別有機ライスタンパク質市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • EAS(電子式商品監視)アンテナの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、EAS(電子式商品監視)アンテナの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、EAS(電子式商品監視)アンテナの世界市場規模及び予測、需要先別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 5-フルオロウラシルの世界市場予測2019-2024
    「5-フルオロウラシルの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、高純度、低純度など、用途別には、Injection Product、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。5-フルオロウラシルのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・5-フルオロウラシルの世界市場概要(サマリー) ・5-フルオロウラシルの企業別販売量・売上 ・5-フルオロウラシルの企業別市場シェア ・5-フルオロウラシルの世界市場規模:種類別(高純度、低純度) ・5-フルオロウラシルの世界市場規模:用途別(Injection Product、Others) ・5-フルオロウラシルの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・5-フルオロウラシルのアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・5-フルオロウラシルの欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど) ・5-フルオロウラシルの中東・アフリカ市場( …
  • ドローン識別システムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ドローン識別システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ドローン識別システム市場規模、技術別分析、最終用途別(軍事用、商業用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ドローン識別システムの世界市場概要 ・ドローン識別システムの世界市場環境 ・ドローン識別システムの世界市場動向 ・ドローン識別システムの世界市場規模 ・ドローン識別システムの世界市場:業界構造分析 ・ドローン識別システムの世界市場:技術別 ・ドローン識別システムの世界市場:最終用途別(軍事用、商業用) ・ドローン識別システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ドローン識別システムのアメリカ市場規模・予測 ・ドローン識別システムのヨーロッパ市場規模・予測 ・ドローン識別システムのアジア市場規模・予測 ・ドローン識別システムの主要国分析 ・ドローン識別システムの世界市場:意思決定フレームワーク ・ドローン識別システムの世界市場:成長要因、課題 ・ド …
  • オーストラリアの脊椎手術処置動向(~2021)
  • 鼻閉(Nasal Congestion):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、鼻閉(Nasal Congestion)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・鼻閉(Nasal Congestion):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・鼻閉(Nasal Congestion)のフェーズ3治験薬の状況 ・鼻閉(Nasal Congestion)治療薬の市場規模(販売予測) ・鼻閉(Nasal Congestion)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・鼻閉(Nasal Congestion)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の鼻閉(Nasal Congestion)治療薬剤
  • スマートソーラーの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • 組織バンクの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、組織バンクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、組織バンクの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 産業用Vベルトの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用Vベルトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用Vベルトの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 船舶交通サービス(VTS)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、船舶交通サービス(VTS)の世界市場について調査・分析し、船舶交通サービス(VTS)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別船舶交通サービス(VTS)シェア、市場規模推移、市場規模予測、船舶交通サービス(VTS)種類別分析(INS・NAS、TOS、その他)、船舶交通サービス(VTS)用途別分析(港湾サービス、沿岸航行、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・船舶交通サービス(VTS)の市場概観 ・船舶交通サービス(VTS)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・船舶交通サービス(VTS)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・船舶交通サービス(VTS)の世界市場規模 ・船舶交通サービス(VTS)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・船舶交通サービス(VTS)のアメリカ市場規模推移 ・船舶交通サービス(VTS)のカナダ市場規模推移 ・船舶交通サービス(VTS)のメキシコ市場規模推移 ・船舶交通サービス(VTS)のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス …
  • 仮想サーバーの世界市場:種類別(Linux、Windows)、用途別(金融サービス、保険、ヘルスケア、テレコム・IT、政府、その他)、地域別予測
    本資料は、仮想サーバーの世界市場について調べ、仮想サーバーの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(Linux、Windows)分析、用途別(金融サービス、保険、ヘルスケア、テレコム・IT、政府、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはOVH、AWS、United Interne、DreamHost、Kamatera、TekTonic、AD Hosting、Bluehost、Vidahost、Sasahost Limitedなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・仮想サーバーの世界市場概要 ・仮想サーバーの世界市場環境 ・仮想サーバーの世界市場動向 ・仮想サーバーの世界市場規模 ・仮想サーバーの世界市場規模:種類別(Linux、Windows) ・仮想サーバーの世界市場規模:用途別(金融サービス、保険、ヘルスケア、テレコム・IT、政府、その他) ・仮想サーバーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・仮想サーバーの北米市場規模・予測 ・仮想サーバーの …
  • ナノ粒子 – 金属および金属酸化物の世界市場分析:タイプ別(金、銀、酸化鉄、アルミナ、ガドリニウム、セリウム)、用途別(インビボイメージング、標的薬物送達、プロトン療法、インビトロアッセイ)、セグメント予測、2013-2025
    本調査レポートでは、ナノ粒子 - 金属および金属酸化物の世界市場について調査・分析し、ナノ粒子 - 金属および金属酸化物の世界市場動向、ナノ粒子 - 金属および金属酸化物の世界市場規模、市場予測、セグメント別ナノ粒子 - 金属および金属酸化物市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • デジタルアイソレータの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、デジタルアイソレータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、デジタルアイソレータの世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 アイソレーションとは、電力伝達の際に2つの電気システム間で直流(DC)と不必要な交流(AD)が流れることを防止する手段の一つです。アイソレーションにより、ユーザーを過渡電圧から保護し、高価なプロセッサーが受ける損傷を回避し、コミュニケーションネットワーク内でのグラウンドループ形成を破壊し、耐ノイズ性を向上することが出来ます。Technavio社はデジタルアイソレータの世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.33%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Analog Devices• Broadcom• Maxim Integrated• Silicon Laboratories• Texas Instruments等です。
  • フェノキシエタノール保存剤の世界市場
    当調査レポートでは、フェノキシエタノール保存剤の世界市場について調査・分析し、フェノキシエタノール保存剤の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 空調システムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、空調システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、空調システムの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ホッケー用品の世界市場2017-2021:ホッケー用保護具、ホッケー用シューズ、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ホッケー用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ホッケー用品の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。Technavio社はホッケー用品の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.13%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、BAUER Hockey、CanAm Underwater Hockey Gear、Grays of Cambridge、GRYPHON HOCKEY、SHER-WOOD、TK Hockey Equipment等です。
  • スウェーデンの心臓血管疾患用装置市場見通し
  • パルプ・製紙向け特殊化学品の世界市場:製品別(基礎化学品、機能性化学品、漂白剤)、用途別(包装、ラベリング、印刷)、セグメント予測
    パルプ・製紙向け特殊化学品の世界市場は2025年には262億3000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率3.0%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、これらの化学品が備える優れた光学特性および印刷適性が考えられます。本調査レポートでは、パルプ・製紙向け特殊化学品の世界市場について調査・分析し、パルプ・製紙向け特殊化学品の世界市場動向、パルプ・製紙向け特殊化学品の世界市場規模、市場予測、セグメント別パルプ・製紙向け特殊化学品市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 経皮吸収型ドラッグデリバリーの世界市場:医療機器パイプライン分析2016
  • イギリスの関節鏡検査機器市場動向(~2021)
  • 航空宇宙産業向け風洞試験の世界市場2018-2022
    低騒音で排気ガスのない飛行の必要性が高まりを受け、電動航空機推進システムの需要が増えています。そのため、ドライブの最適化、電気回路網の開発、環境制御システム(ECS)、信頼性の高い燃料システム制御、センサー技術、その他のサブシステムやコンポーネントのための仮想システムモデルの使用が増えています。 したがって、電気航空機の開発の増加は、航空宇宙向け風洞試験サービス市場における主な傾向となっています。 Technavioのアナリストは、2022年までに3%を超えるCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、BAE Systems、Boeing、GKN、QinetiQ、RUAG Groupなどです。 当調査レポートでは、航空宇宙産業向け風洞試験の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、航空宇宙産業向け風洞試験市場規模、用途別(商業・民間航空機、軍用機)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・航空宇宙産業向け風洞試験の世界市場概要 …
  • 飛行機用接着剤・密封材の世界市場2014-2025:技術別(溶剤ベース、水ベース)、樹脂別(エポキシ、シリコン、PU)、製品別、地域別
    本調査レポートでは、飛行機用接着剤・密封材の世界市場について調査・分析し、飛行機用接着剤・密封材の世界市場動向、飛行機用接着剤・密封材の世界市場規模、市場予測、セグメント別飛行機用接着剤・密封材市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • エアロゲルの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、エアロゲルの世界市場について調査・分析し、エアロゲルの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - エアロゲルの世界市場:市場動向分析 - エアロゲルの世界市場:競争要因分析 - エアロゲルの世界市場:種類別 ・カーボン ・ポリマー ・シリカ ・アルミナ ・その他 - エアロゲルの世界市場:用途別 ・自動車 ・海洋 ・航空 ・石油・ガス ・建設 ・高性能塗料 ・採光・LVHS ・化学薬品 ・電子製品 ・その他 - エアロゲルの世界市場:処理別 ・未加工エアロゲル ・加工エアロゲル - エアロゲルの世界市場:形状別 ・モノリス ・ブランケット ・粉体・粒体 ・パネル ・ブロック - エアロゲルの世界市場:主要地域別分析 - エアロゲルの北米市場規模(アメリカ市場等) - エアロゲルのヨーロッパ市場規模 - エアロゲルのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・エアロゲルの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 世界のバルサルタン市場2016
    本調査レポートでは、世界のバルサルタン市場2016について調査・分析し、バルサルタンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 低甘味度甘味料の世界市場:キシリトール、タガトース、アルロース、トレハロース、イソマルツロース
    当調査レポートでは、低甘味度甘味料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 第五輪(牽引自動車用連結装置)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、第五輪(牽引自動車用連結装置)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、第五輪(牽引自動車用連結装置)の世界市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の核医学イメージングシステム市場2015
    本調査レポートでは、世界の核医学イメージングシステム市場2015について調査・分析し、核医学イメージングシステムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • フォトニック集積回路(IC)の世界市場見通し2016-2022:モジュール集積、ハイブリッド集積(パッケージング集積)、モノリシック集積
    当調査レポートでは、フォトニック集積回路(IC)の世界市場について調査・分析し、フォトニック集積回路(IC)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・フォトニック集積回路(IC)の世界市場:市場動向分析 ・フォトニック集積回路(IC)の世界市場:競争要因分析 ・フォトニック集積回路(IC)の世界市場:原材料別分析/市場規模 ・フォトニック集積回路(IC)の世界市場:用途別分析/市場規模 ・フォトニック集積回路(IC)の世界市場:集積種類別分析/市場規模 ・フォトニック集積回路(IC)の世界市場:構成要素別分析/市場規模 ・フォトニック集積回路(IC)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・フォトニック集積回路(IC)の北米市場規模 ・フォトニック集積回路(IC)の欧州市場規模 ・フォトニック集積回路(IC)のアジア市場規模 ・フォトニック集積回路(IC)の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 製造業におけるスペアパーツ用静脈物流の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、製造業におけるスペアパーツ用静脈物流の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、製造業におけるスペアパーツ用静脈物流市場規模、最終用途別(自動車製造業、航空宇宙製造業、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・製造業におけるスペアパーツ用静脈物流の世界市場概要 ・製造業におけるスペアパーツ用静脈物流の世界市場環境 ・製造業におけるスペアパーツ用静脈物流の世界市場動向 ・製造業におけるスペアパーツ用静脈物流の世界市場規模 ・製造業におけるスペアパーツ用静脈物流の世界市場:業界構造分析 ・製造業におけるスペアパーツ用静脈物流の世界市場:最終用途別(自動車製造業、航空宇宙製造業、その他) ・製造業におけるスペアパーツ用静脈物流の世界市場:地域別市場規模・分析 ・製造業におけるスペアパーツ用静脈物流のアメリカ市場規模・予測 ・製造業におけるスペアパーツ用静脈物流のヨーロッパ市場規模・予測 ・製造業におけるスペアパーツ …
  • ホームアクセサリーの日本市場:PC、カメラ、ビデオカメラ、ビデオゲーム、レコーダー
  • 高カルシウム血症治療の世界市場ー産業および機会分析ー2016-2026:ビスフォスフォネート、カルシトニン、グルココルチコイド、デノスマブ、カルシウム受容体刺激薬
  • 世界の腸鏡市場2016
    本調査レポートでは、世界の腸鏡市場2016について調査・分析し、腸鏡の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • バッグインボックス型容器の世界市場:材質別(低密度ポリエチレンポリエチレン、エチレン酢酸ビニール、エチレンビニルアルコール)、用途別(家庭用品、産業用液体、食品・飲料)
    本調査レポートでは、バッグインボックス型容器の世界市場について調査・分析し、バッグインボックス型容器の世界市場動向、バッグインボックス型容器の世界市場規模、市場予測、セグメント別バッグインボックス型容器市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 倉庫用はしごの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、倉庫用はしごの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、倉庫用はしごの世界市場規模及び予測、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 化学的種子処理の世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、化学的種子処理の世界市場について調査・分析し、化学的種子処理の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・化学的種子処理の世界市場:市場動向分析 ・化学的種子処理の世界市場:競争要因分析 ・化学的種子処理の世界市場:用途別分析/市場規模 ・化学的種子処理の世界市場:穀物別分析/市場規模 ・化学的種子処理の世界市場:地域別分析/市場規模 ・化学的種子処理の北米市場規模 ・化学的種子処理の欧州市場規模 ・化学的種子処理のアジア市場規模 ・化学的種子処理の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 世界のオストミー廃液バッグ市場2015
    本調査レポートでは、世界のオストミー廃液バッグ市場2015について調査・分析し、オストミー廃液バッグの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • エッジコンピューティングの世界市場:コンポーネント別(サービス・ソリューション)、用途別(コネクテッドカー、スマートグリッド、重要インフラモニタリング、トラフィック管理、環境モニタリング、拡張現実、資産追跡、セキュリティおよび監視、その他)、組織規模別(中小企業、大企業)、業種別(エネルギー・公益事業、政府お・公共部門、医療、製造、メディア・エンターテイメント、輸送、小売、通信・IT、その他)
    本資料は、エッジコンピューティングの世界市場について調べ、エッジコンピューティングの世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、コンポーネント別(サービス・ソリューション)分析、組織規模別(中小企業、大企業)分析、業種別(エネルギー・公益事業、政府お・公共部門、医療、製造、メディア・エンターテイメント、輸送、小売、通信・IT、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・エッジコンピューティングの世界市場概要 ・エッジコンピューティングの世界市場環境 ・エッジコンピューティングの世界市場動向 ・エッジコンピューティングの世界市場規模 ・エッジコンピューティングの世界市場:市場シェア ・エッジコンピューティングの世界市場:コンポーネント別(サービス・ソリューション) ・エッジコンピューティングの世界市場:用途別(コネクテッドカー、スマートグリッド、重要インフラモニタリング、トラフィック管理、環境モニタリング、拡張現実、資産追跡、セキュリティおよび …
  • オートクレーブ養生気泡コンクリートの世界市場:用途別、エンドユーザー別(住宅建物、商業ビル、インフラ)、地域別予測
    本資料は、オートクレーブ養生気泡コンクリートの世界市場について調べ、オートクレーブ養生気泡コンクリートの世界規模、市場動向、市場環境、用途別分析、エンドユーザー別(住宅建物、商業ビル、インフラ)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・オートクレーブ養生気泡コンクリートの世界市場概要 ・オートクレーブ養生気泡コンクリートの世界市場環境 ・オートクレーブ養生気泡コンクリートの世界市場動向 ・オートクレーブ養生気泡コンクリートの世界市場規模 ・オートクレーブ養生気泡コンクリートの世界市場規模:用途別 ・オートクレーブ養生気泡コンクリートの世界市場規模:エンドユーザー別(住宅建物、商業ビル、インフラ) ・オートクレーブ養生気泡コンクリートの世界市場:地域別市場規模・分析 ・オートクレーブ養生気泡コンクリートの北米市場規模・予測 ・オートクレーブ養生気泡コンクリートのアメリカ市場規模・予測 ・オートクレーブ養生気泡コンクリートのヨーロッパ市場規模・予測 …
  • 配向性ストランドボード(OSB)の世界市場分析:用途別(建設、包装)、セグメント予測
    本調査レポートでは、配向性ストランドボード(OSB)の世界市場について調査・分析し、配向性ストランドボード(OSB)の世界市場動向、配向性ストランドボード(OSB)の世界市場規模、市場予測、セグメント別配向性ストランドボード(OSB)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 滅菌装置の世界市場予測2021:湿熱滅菌、乾熱滅菌、エチレンオキシド、濾過、Eビーム、ガンマ線滅菌
    当調査レポートでは、滅菌装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、サービス別分析、消耗品別分析、需要先別分析、滅菌装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 高強度鋼の世界市場
    当調査レポートでは、高強度鋼の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、高強度鋼の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 土壌改良剤の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、土壌改良剤の世界市場について調査・分析し、土壌改良剤の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・土壌改良剤の世界市場規模:可溶性別分析 ・土壌改良剤の世界市場規模:作物別分析 ・土壌改良剤の世界市場規模:種類別分析 ・土壌改良剤の世界市場規模:土壌別分析 ・土壌改良剤の世界市場規模:用途別分析 ・土壌改良剤の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • アジアのオーソバイオロジクス市場動向(~2021)
  • 慢性閉塞性肺疾患(COPD)の世界市場:疫学予測
  • 高トリグリセリド血症(High Triglyceridemia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における高トリグリセリド血症(High Triglyceridemia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、高トリグリセリド血症(High Triglyceridemia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・高トリグリセリド血症(High Triglyceridemia)の概要 ・高トリグリセリド血症(High Triglyceridemia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の高トリグリセリド血症(High Triglyceridemia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・高トリグリセリド血症(High Triglyceridem …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"