"リスク分析の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM90938)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"リスク分析の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Increasing level of complexity across business processes, and rising digitalization & business process automation is expected to drive the overall growth of risk analytics market”The risk analytics market size is expected to grow from USD 23.0 billion in 2019 to USD 45.9 billion by 2024, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 14.8% during the forecast period. The risk analytics market is driven by various factors, such as increasing complexities across business processes, and rising digitalization & business process automation. However, the integration of data from data silos can hinder the growth of the market.

“Services segment to grow at the highest CAGR during the forecast period”
The risk analytics market is segmented based on component into software and services. The services segment is expected to grow at a rapid pace during the forecast period. The growth of this segment can be attributed to the growing complexities among businesses, and the introduction of new regulatory norms & compliance leads to increasing demand for professional as well as managed services.

“Banking & financial services segment to gain maximum market size during the forecast period”
The risk analytics market, based on vertical, has been segmented into banking & financial services, insurance, manufacturing, transportation & logistics, retail & consumer goods, IT & telecom, government & defense, healthcare & life sciences, energy & utilities, and others (travel & hospitality, academia & research, media & entertainment, agriculture, and real estate). The growth of the BFSI segment is attributed to the rising need to minimize the risk associated with governance & compliance requirements, and growing need to obtain a unified view of risk across the organizations.

“Asia Pacific (APAC) is expected to record the highest growth rate during the forecast period”
APAC is expected to have the highest growth rate during the forecast period, due to faster adoption of digital technologies, and increasing data & security breaches. Various industries in the APAC region are forefront at the adoption of risk analytics solutions to ensure the smooth running of various business operations. APAC also offers lucrative opportunities for the growth of the market. Favorable government policies that support the growth of the market, as well as flexible economic conditions, are likely to support the growth of the market.

In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), marketing directors, other innovation & technology directors, and executives from various key organizations operating in the risk analytics marketplace.
 By Company: Tier I – 27%, Tier II – 48%, and Tier III – 25%
 By Designation: C-Level – 46%, Director Level – 35%, and Others – 19%
 By Region: North America – 30%, APAC – 40%, Europe – 20%, MEA – 5%, and Latin America – 5%
The report includes the study of the key players offering risk analytics solutions and services. The major risk analytics vendors include IBM (US), Oracle (US), SAP (Germany), SAS Institute (US), FIS (US), Moody’s Corporation (US), Verisk Analytics, Inc. (US), AxiomSL, Inc. (US), Gurucul (US), Provenir (US), Risk Edge Solutions (India), BRIDGEi2i Analytics Solutions (India), Recorded Future, Inc. (US), DataFactZ (US), and Digital Fineprint (England). The study includes an in-depth competitive analysis of these key players in the risk analytics market, with their company profiles, recent developments, and key market strategies.

Research Coverage
The market study covers the risk analytics market across segments. It aims at estimating the market size and the growth potential of this market, across different segments, such as component, type, Organization size, deployment mode, vertical, and region. The study also includes an in-depth competitive analysis of the key players in the market, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report
The report will help market leaders/new entrants in this market with information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall risk analytics market and the subsegments. This report will help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to position their businesses better and to plan suitable go-to-market strategies. The report also helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"リスク分析の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 16)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 20)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakup of Primaries
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Top-Down Approach
2.3.2 Bottom-Up Approach
2.4 Market Forecast
2.5 Assumptions for the Study
2.6 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 29)
4 Premium Insights (Page No. – 36)
4.1 Attractive Opportunities in the Risk Analytics Market
4.2 Market Top 3 Verticals
4.3 Market Top 3 Risk Types and Regions
4.4 Market By Vertical
4.5 Market Investment Scenario
5 Market Overview and Industry Trends (Page No. – 39)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Compliance With Stringent Industry Regulations
5.2.1.2 Increasing Complexities Across Business Processes
5.2.1.3 Rising Digitalization and Bpa
5.2.1.4 Growing Data and Security Breaches
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Intricate Nature of Regulatory Compliance
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Adoption of AI and Blockchain Technology in the Market
5.2.3.2 Rising Innovations in the Fintech Industry
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Integration of Data From Data Silos
5.3 Use Cases
5.3.1 Introduction
5.3.1.1 Use Case: Scenario 1
5.3.1.2 Use Case: Scenario 2
5.3.1.3 Use Case: Scenario 3
5.3.1.4 Use Case: Scenario 4
5.3.1.5 Use Case: Scenario 5
5.4 Regulatory Implications
5.4.1 Introduction
5.4.2 ISO 31000 2009: Risk Management Principles and Guidelines
5.4.3 ISO/IEC 31010:2009: Risk Management–Risk Assessment Techniques
5.4.4 GRC Capability Model 3.0 (Red Book)
5.4.5 Committee of Sponsoring Organizations: Enterprise Risk Management Framework
5.4.6 Basel
6 Risk Analytics Market By Component (Page No. – 47)
6.1 Introduction
6.2 Software
6.2.1 ETL Tools
6.2.1.1 Increasing Need for Data Unification From Various Sources/Systems in an Organization to Augment the Adoption of ETL Tools
6.2.2 Risk Calculation Engines
6.2.2.1 Need for Real-Time Risk Calculation to Boost the Adoption of Risk Calculation Engines
6.2.3 Scorecard and Visualization Tools
6.2.3.1 Rising Demand for Effective Internal Risk Rating and Visualization Tools to Enhance the Adoption of Scorecard and Visualization Tools
6.2.4 Dashboard Analytics and Risk Reporting Tools
6.2.4.1 Growing Demand for Real-Time Risk Analysis to Augment the Adoption of Dashboard Analytics and Risk Reporting Tools
6.2.5 GRC Software
6.2.5.1 Growing Organizations’ Focus Toward Effective Management of Risks By Complying With Related Regulations to Boost the Adoption of GRC Software
6.2.6 Others
6.3 Services
6.3.1 Professional Services
6.3.1.1 Need for an Enhanced Strategic Outlook, Improved Performance Efficiencies, and Business Transformation to Drive the Professional Services Segment
6.3.2 Managed Services
6.3.2.1 Rising Difficulties of Managing IT Services to Boost the Adoption of Managed Services
7 Risk Analytics Market By Deployment Mode (Page No. – 55)
7.1 Introduction
7.2 Cloud
7.2.1 Increasing Need to Manage Data Silos With the Help of Cloud-Based Risk Analytics Solutions
7.3 On-Premises
7.3.1 Advantages of Data Privacy and Security to Help Accelerate the Growth of the On-Premises Deployment Mode
8 Risk Analytics Market By Organization Size (Page No. – 58)
8.1 Introduction
8.2 Large Enterprises
8.2.1 Regulations are Key Enablers for Large Enterprises to Adopt Analytical Solutions
8.3 Small and Medium-Sized Enterprises
8.3.1 Cost-Efficient Cloud-Based Solutions to Drive the Adoption of Risk Analytics Solutions in Small and Medium-Sized Enterprises
9 Risk Analytics Market By Risk Type (Page No. – 61)
9.1 Introduction
9.2 Strategic Risk
9.2.1 Rapid Technological Changes to Drive the Adoption of Risk Analytics Solution for Strategic Risk Management
9.3 Operational Risk
9.3.1 Need to Streamline the Process of Operational Risk Management Creating Demand for Risk Analytics Solutions
9.4 Financial Risk
9.4.1 Growing Need to Meet Financial Expectations of Shareholders to Create Demand for Risk Analytics Solutions
9.5 Others
10 Risk Analytics Market By Vertical (Page No. – 65)
10.1 Introduction
10.2 Banking and Financial Services
10.2.1 Complexity of Regulatory Requirements to Drive the Adoption of Risk Analytics for Banking and Financial Services
10.3 Insurance
10.3.1 Insurance Vertical to Deploy Risk Analytics Solutions to Quickly Transform Data Into Actionable Insights
10.4 Manufacturing
10.4.1 Increasing Cyberattacks to Fuel the Adoption of Risk Analytics in the Manufacturing Vertical
10.5 Transportation and Logistics
10.5.1 Transportation and Logistics Adopting Risk Analytics to Tackle Challenges Associated With Managing Claims and Ensuring Fleet Safety
10.6 Retail and Consumer Goods
10.6.1 Retail and Consumer Goods to Adopt Risk Analytics Solutions to Identify Fraud
10.7 IT and Telecom
10.7.1 Growing Need to Analyze Large Volumes of Data Creating the Demand for Risk Analytics Solutions in the IT and Telecom Vertical
10.8 Government and Defense
10.8.1 Risk Analytics to Become Crucial for Proper Resource Allocation in the Government and Defense Vertical
10.9 Healthcare and Life Sciences
10.9.1 Healthcare Vertical to Deploy Risk Analytics Solutions to Deliver Enhanced Experience to Patients While Complying With Regulations
10.10 Energy and Utilities
10.10.1 Changing Political Conditions and Economic Environment to Drive the Adoption of Risk Analytics in the Energy and Utilities Vertical
10.11 Others
11 Risk Analytics Market By Region (Page No. – 72)
11.1 Introduction
11.2 North America
11.2.1 United States
11.2.1.1 Growing Organizations’ Focus Toward Providing Innovative Risk Analytics Solutions to Drive the Market Across the Us
11.2.2 Canada
11.2.2.1 Increasing Adoption By Banking and Financial Services Industry to Drive the Growth of the Market in Canada
11.3 Europe
11.3.1 United Kingdom
11.3.1.1 Growing Complexity of Regulations to Fuel the Adoption of Risk Analytics Solutions in the Uk
11.3.2 Germany
11.3.2.1 Increasing Need to Streamline Business Processes to Drive the Growth of Risk Analytics Solutions in Germany
11.3.3 France
11.3.3.1 Increasing Cyberattacks to Provide an Opportunity to Deploy Risk Analytics Solutions in France
11.3.4 Rest of Europe
11.4 Asia Pacific
11.4.1 China
11.4.1.1 Growing Banking and Financial Industry in China to Provide Opportunities for the Adoption of Risk Analytics Solutions
11.4.2 Japan
11.4.2.1 Growing Focus on Risk Analytics Solution Providers Across Japan to Cater to the Changing Customer Requirements
11.4.3 India
11.4.3.1 Increasing Digitalization Initiatives to Provide Opportunities to Deploy Risk Analytics Solutions in India
11.4.4 Rest of Asia Pacific
11.5 Middle East and Africa
11.5.1 Middle East
11.5.1.1 Regulatory Compliance Backed By the Presence of Risk Analytics Vendors to Boost the Adoption of Risk Analytics Solutions in the Middle East
11.5.2 Africa
11.5.2.1 Growing Digitalization to Offer Opportunities to Deploy Risk Analytics Solutions in Africa
11.6 Latin America
11.6.1 Brazil
11.6.1.1 Growing Focus of Financial Institutions Toward Integration of Risk Analytics Solutions to Drive the Market in Brazil
11.6.2 Mexico
11.6.2.1 Need to Assess Different Types of Risks to Increase the Adoption of Risk Analytics Solutions in Mexico
11.6.3 Rest of Latin America
12 Competitive Landscape (Page No. – 100)
12.1 Competitive Leadership Mapping
12.1.1 Visionaries
12.1.2 Innovators
12.1.3 Dynamic Differentiators
12.1.4 Emerging Companies
12.2 Strength of Product Portfolio
12.3 Business Strategy Excellence
13 Company Profiles (Page No. – 104)
13.1 Introduction
(Business Overview, Platforms & Solutions, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
13.2 IBM
13.3 Oracle
13.4 SAP
13.5 SAS Institute
13.6 FIS
13.7 Moody’s Analytics
13.8 Verisk Analytics
13.9 Axiomsl
13.10 Gurucul
13.11 Provenir
13.12 Risk Edge Solutions
13.13 Bridgei2i
13.14 Datafactz
13.15 Recorded Future
13.16 Digital Fineprint
*Details on Business Overview, Platforms & Solutions, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
14 Appendix (Page No. – 136)
14.1 Industry Excerpts
14.2 Discussion Guide
14.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
14.4 Available Customizations
14.5 Related Reports
14.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】リスク分析の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年8月16日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM90938
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】IT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
リスク分析の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 機内ケータリングサービスの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、機内ケータリングサービスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、機内ケータリングサービス市場規模、サービスタイプ別(エコノミーサービス、プレミアムサービス)分析、提供製品別(朝食、デザート、飲料、スターター・プラッター、ベーカリー製品・菓子、食事)分析、プロバイダー別(食事・機内サプライプロバイダー、コンプリートソリューションプロバイダー)分析、航空会社種類別(ローコストキャリア(LCC)、チャーター/プライベートキャリア、フルサービスキャリア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 機内ケータリングサービスの世界市場:市場動向分析 ・ 機内ケータリングサービスの世界市場:競争要因分析 ・ 機内ケータリングサービスの世界市場:サービスタイプ別(エコノミーサービス、プレミアムサービス) ・ 機内ケータリングサービスの世界市場:提供製品別(朝食、デザート、飲料、スターター・プラッター、ベーカリー製品・菓子、食事) ・ 機内 …
  • 小型自動車用OEホイールの世界市場予測(~2030)
    ※本調査レポートでは、小型自動車用OEホイールの世界市場について調査・分析し、小型自動車用OEホイールの世界市場及び主要地域の市場規模、市場予測、最新技術動向、市場シェア、主要企業(メーカー)の概要(戦略、展望を含む)、業界動向等の情報をお届けしています。
  • 防カビ剤の世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、世界の防カビ剤市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・防カビ剤の世界市場:イントロダクション ・防カビ剤の世界市場:市場概観 ・防カビ剤の世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・防カビ剤の世界市場:セグメント別市場分析 ・防カビ剤の世界市場:主要地域別市場分析 ・防カビ剤の世界市場:関連企業分析
  • ラボオートメーションの世界市場ー産業分析、機会分析
  • 世界のコーディング・マーキング機市場2016
    本調査レポートでは、世界のコーディング・マーキング機市場2016について調査・分析し、コーディング・マーキング機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 軟部肉腫(Soft Tissue Sarcoma):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における軟部肉腫(Soft Tissue Sarcoma)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、軟部肉腫(Soft Tissue Sarcoma)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・軟部肉腫(Soft Tissue Sarcoma)の概要 ・軟部肉腫(Soft Tissue Sarcoma)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の軟部肉腫(Soft Tissue Sarcoma)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・軟部肉腫(Soft Tissue Sarcoma)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与 …
  • 世界及び欧州の放送機器市場-分析及び展望(~2022年)
  • 農業用燻蒸剤の世界市場予測(~2022年):臭化メチル、ホスフィン、クロロピクリン
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、農業用燻蒸剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、製品種類別分析、作物種類別分析、用途別分析、地域別分析、農業用燻蒸剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ロボット掃除機の世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、ロボット掃除機の世界市場について調べ、ロボット掃除機の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ロボット掃除機の市場規模をセグメンテーション別(用途別、エンドユーザー別(住宅部門、商業部門)、充電別)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はロボット掃除機の世界市場規模が2020-2024期間中に年平均18%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ロボット掃除機の市場状況 ・ロボット掃除機の市場規模 ・ロボット掃除機の市場予測 ・ロボット掃除機の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別 ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(住宅部門、商業部門) ・市場セグメンテーション:充電別 ・ロボット掃除機の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • ファルネシルタンパク質トランスフェラーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるファルネシルタンパク質トランスフェラーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ファルネシルタンパク質トランスフェラーゼ阻害剤の概要 ・ファルネシルタンパク質トランスフェラーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のファルネシルタンパク質トランスフェラーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ファルネシルタンパク質トランスフェラーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ファルネシルタンパク質トランスフェラーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • UCaaS(ユニファイド・コミュニケーション・サービス)の世界市場
    当調査レポートでは、UCaaS(ユニファイド・コミュニケーション・サービス)の世界市場について調査・分析し、UCaaS(ユニファイド・コミュニケーション・サービス)の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 香り付きキャンドルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、香り付きキャンドルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、香り付きキャンドルの世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • イタリアの血栓管理装置市場(~2021)
  • B細胞慢性リンパ性白血病(B-Cell Chronic Lymphocytic Leukemia):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、B細胞慢性リンパ性白血病(B-Cell Chronic Lymphocytic Leukemia)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・B細胞慢性リンパ性白血病(B-Cell Chronic Lymphocytic Leukemia):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・B細胞慢性リンパ性白血病(B-Cell Chronic Lymphocytic Leukemia)のフェーズ3治験薬の状況 ・B細胞慢性リンパ性白血病(B-Cell Chronic Lymphocytic Leukemia)治療薬の市場規模(販売予測) ・B細胞慢性リンパ性白血病(B-Cell Chronic Lymphocytic Leukemia)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・B細胞慢性リンパ性白血病(B-Cell Chronic Lymphocytic Leukemia)のフェーズ3治験薬分析 ・ …
  • アルミニウム管充填シーリングマシンの世界市場予測2019-2024
    「アルミニウム管充填シーリングマシンの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、全自動、半自動など、用途別には、Food Industry、Pharma、Cosmetics、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。アルミニウム管充填シーリングマシンのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・アルミニウム管充填シーリングマシンの世界市場概要(サマリー) ・アルミニウム管充填シーリングマシンの企業別販売量・売上 ・アルミニウム管充填シーリングマシンの企業別市場シェア ・アルミニウム管充填シーリングマシンの世界市場規模:種類別(全自動、半自動) ・アルミニウム管充填シーリングマシンの世界市場規模:用途別(Food Industry、Pharma、Cosmetics、Others) ・アルミニウム管充填シーリングマシンの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・アルミニウム管充填シーリングマシンのアジア市場規模( …
  • デジタルポンプコントローラーの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、デジタルポンプコントローラーの世界市場規模が2017年81.9億ドルから2026年158.5億ドルまで年平均7.6%成長すると予測しています。当調査レポートでは、デジタルポンプコントローラーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、デジタルポンプコントローラー市場規模、接触種類別(無線、有線・従来型)分析、流通チャンネル別(小売、オンライン)分析、産業別(農業、公的機関、家庭、製造業、その他の産業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ デジタルポンプコントローラーの世界市場:市場動向分析 ・ デジタルポンプコントローラーの世界市場:競争要因分析 ・ デジタルポンプコントローラーの世界市場:接触種類別(無線、有線・従来型) ・ デジタルポンプコントローラーの世界市場:流通チャンネル別(小売、オンライン) ・ デジタルポンプコントローラーの世界市場:産業別(農業、公的機関、家庭、製造業、その他の産業) ・ …
  • 軍用機用バッテリーの世界市場
    当調査レポートでは、軍用機用バッテリーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軍用機用バッテリーの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 創口閉鎖製品の世界市場
    当調査レポートでは、創口閉鎖製品の世界市場について調査・分析し、創口閉鎖製品の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • コールドチェーン物流の世界市場:エンドユーズ産業別、
    当調査レポートでは、コールドチェーン物流の世界市場について調査・分析し、市場概要、エンドユーズ産業別(果物&野菜、パン&菓子、乳製品&冷凍デザート、肉、魚&シーフード、薬&医薬品、その他)分析、地域別分析、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・コールドチェーン物流の世界市場:エンドユーズ産業別(果物&野菜、パン&菓子、乳製品&冷凍デザート、肉、魚&シーフード、薬&医薬品、その他) ・コールドチェーン物流の世界市場:地域別 ・企業動向
  • 3Dバイオプリンティングの世界市場2015-2022
  • 農業用接種剤の世界市場:植物成長促進微生物、生物防除剤、植物耐性刺激剤
    当調査レポートでは、農業用接種剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、ソース別分析、作物種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アジアの組織検査/細胞検査市場動向(~2021)
  • ペルーの石油/ガス産業における中流部門(Midstream)市場
  • 回路遮断器・リレー・ヒューズの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、回路遮断器・リレー・ヒューズの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、回路遮断器・リレー・ヒューズの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • IoTヘルスケアの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、IoTヘルスケアの世界市場について調査・分析し、IoTヘルスケアの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・IoTヘルスケアの世界市場規模:コンポーネント別分析 ・IoTヘルスケアの世界市場規模:用途別分析 ・IoTヘルスケアの世界市場規模:接続技術別分析 ・IoTヘルスケアの世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・IoTヘルスケアの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 世界の上流石油・ガススタートアップトラッカー市場2019
    本調査レポートでは、世界の上流石油・ガススタートアップトラッカー市場2019について調査・分析し、上流石油・ガススタートアップトラッカーの世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、上流石油・ガススタートアップトラッカーのアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、上流石油・ガススタートアップトラッカーメーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・上流石油・ガススタートアップトラッカーの市場概要 ・上流石油・ガススタートアップトラッカーの上流・下流市場分析 ・上流石油・ガススタートアップトラッカーのアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・上流石油・ガススタートアップトラッカーのアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・上流石油・ガススタートアップトラッカーのアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・上流石油・ガススタートアップトラッカーのアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・上流石油・ガススタートア …
  • 商業用衛星画像の世界市場:用途別、エンドユーザー別
    当調査レポートでは、商業用衛星画像の世界市場について調査・分析し、市場概要、用途別(地理空間データ取得&マッピング、計画&開発、災害管理、エネルギー&天然資源管理、監視&セキュリティ、防衛&インテリジェンス、その他)分析、エンドユーザー別(政府、軍事防衛、林業&農業、エネルギー、土木工学&考古学、輸送&物流、その他)分析、地域別分析、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・商業用衛星画像の世界市場:用途別(地理空間データ取得&マッピング、計画&開発、災害管理、エネルギー&天然資源管理、監視&セキュリティ、防衛&インテリジェンス、その他) ・商業用衛星画像の世界市場:エンドユーザー別(政府、軍事防衛、林業&農業、エネルギー、土木工学&考古学、輸送&物流、その他) ・商業用衛星画像の世界市場:地域別 ・企業動向
  • 医薬品用コールドチェーンロジスティクスの世界市場2020-2024
    「医薬品用コールドチェーンロジスティクスの世界市場2020-2024」は、医薬品用コールドチェーンロジスティクスについて市場概要、市場規模、サービス別(倉庫&VAS、輸送)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・医薬品用コールドチェーンロジスティクスの世界市場:サービス別(倉庫&VAS、輸送) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 世界のL-フェニルアラニン市場2015
    本調査レポートでは、世界のL-フェニルアラニン市場2015について調査・分析し、L-フェニルアラニンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 保証管理システムの世界市場
    当調査レポートでは、保証管理システムの世界市場について調査・分析し、保証管理システムの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界のフォトニック集積回路市場2015
    本調査レポートでは、世界のフォトニック集積回路市場2015について調査・分析し、フォトニック集積回路の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • パルプ・製紙向け特殊化学品の世界市場:製品別(基礎化学品、機能性化学品、漂白剤)、用途別(包装、ラベリング、印刷)、セグメント予測
    パルプ・製紙向け特殊化学品の世界市場は2025年には262億3000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率3.0%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、これらの化学品が備える優れた光学特性および印刷適性が考えられます。本調査レポートでは、パルプ・製紙向け特殊化学品の世界市場について調査・分析し、パルプ・製紙向け特殊化学品の世界市場動向、パルプ・製紙向け特殊化学品の世界市場規模、市場予測、セグメント別パルプ・製紙向け特殊化学品市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • カナダの患者診察機器市場見通し(~2021)
  • 雑種種子の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、雑種種子の世界市場について調査・分析し、雑種種子の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 雑種種子の世界市場:市場動向分析 - 雑種種子の世界市場:競争要因分析 - 雑種種子の世界市場:種子処理別 処理済み 未処理 - 雑種種子の世界市場:栽培地別 室内栽培 屋外 - 雑種種子の世界市場:栽培面積別 果物及び野菜 畑作作物 - 雑種種子の世界市場:期間別 長期間 中間期間 短期間 - 雑種種子の世界市場:作物別 果物及び野菜 雑穀及び穀物 油性種子 その他の穀物 - 雑種種子の世界市場:主要地域別分析 - 雑種種子の北米市場規模(アメリカ市場等) - 雑種種子のヨーロッパ市場規模 - 雑種種子のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・雑種種子の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 乳製品成分の世界市場予測:粉乳、乳清成分、MPC(乳タンパク質濃縮物)、MPI(乳タンパク質分離物)、乳糖&誘導体、カゼイン&誘導体、乳タンパク質加水分解物
    当調査レポートでは、乳製品成分の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、原料別分析、用途別分析、地域別分析、乳製品成分の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートスタジアムの世界市場予測(~2021):ソフトウェア、サービス、プラットフォーム
    当調査レポートでは、スマートスタジアムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、ソフトウェア別分析、サービス別分析、プラットフォーム別分析、導入モデル別分析、スマートスタジアムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の切換スイッチ市場2015
    本調査レポートでは、世界の切換スイッチ市場2015について調査・分析し、切換スイッチの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ギフト、ノベルティーおよび記念品の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ギフト、ノベルティーおよび記念品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ギフト、ノベルティーおよび記念品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ポルトガルの血栓管理装置市場見通し
  • IPIN(屋内ポジショニング・屋内ナビゲーション)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、IPIN(屋内ポジショニング・屋内ナビゲーション)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、IPIN(屋内ポジショニング・屋内ナビゲーション)の世界市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用トランスミッション液の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用トランスミッション液の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用トランスミッション液市場規模、用途別(乗用車、商用車)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用トランスミッション液の世界市場概要 ・自動車用トランスミッション液の世界市場環境 ・自動車用トランスミッション液の世界市場動向 ・自動車用トランスミッション液の世界市場規模 ・自動車用トランスミッション液の世界市場:業界構造分析 ・自動車用トランスミッション液の世界市場:用途別(乗用車、商用車) ・自動車用トランスミッション液の世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用トランスミッション液のアメリカ市場規模・予測 ・自動車用トランスミッション液のヨーロッパ市場規模・予測 ・自動車用トランスミッション液のアジア市場規模・予測 ・自動車用トランスミッション液の主要国分析 ・自動車用トランスミッション液の世界市場:意思決定フレームワーク ・自 …
  • 世界のスケール防止剤市場2015
    本調査レポートでは、世界のスケール防止剤市場2015について調査・分析し、スケール防止剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリ塩化ビニル(uPVC)窓・ドアの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ポリ塩化ビニル(uPVC)窓・ドアの世界市場について調査・分析し、ポリ塩化ビニル(uPVC)窓・ドアの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ポリ塩化ビニル(uPVC)窓・ドアシェア、市場規模推移、市場規模予測、ポリ塩化ビニル(uPVC)窓・ドア種類別分析(ドア、窓)、ポリ塩化ビニル(uPVC)窓・ドア用途別分析(住居用、商業用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ポリ塩化ビニル(uPVC)窓・ドアの市場概観 ・ポリ塩化ビニル(uPVC)窓・ドアのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ポリ塩化ビニル(uPVC)窓・ドアのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ポリ塩化ビニル(uPVC)窓・ドアの世界市場規模 ・ポリ塩化ビニル(uPVC)窓・ドアの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ポリ塩化ビニル(uPVC)窓・ドアのアメリカ市場規模推移 ・ポリ塩化ビニル(uPVC)窓・ドアのカナダ市場規模推移 ・ポリ塩化ビニル(uPVC)窓・ドアのメキシコ市場規模推移 …
  • プラスチック加工機械の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、プラスチック加工機械の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プラスチック加工機械の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 血液透析用カテーテルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、血液透析用カテーテルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、血液透析用カテーテルの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は血液透析用カテーテルの世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.11%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• AngioDynamics,• C.R. Bard, • Fresenius Medical Care,• Medical Components, • Medtronic等です。
  • 移動変電所の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、移動変電所の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、移動変電所市場規模、電圧別(中電圧(MV)、高電圧(HV))分析、コンポーネント別(避雷器、変圧器、トレーラー、開閉装置、その他)分析、移動変電所別(配電変圧器、電力変圧器)分析、電力定格(10MVA以下、11MVA-28MVA、28MVA-100MVA、100MVA超)分析、用途別(工業用、ユーティリティー、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 移動変電所の世界市場:市場動向分析 ・ 移動変電所の世界市場:競争要因分析 ・ 移動変電所の世界市場:電圧別(中電圧(MV)、高電圧(HV)) ・ 移動変電所の世界市場:コンポーネント別(避雷器、変圧器、トレーラー、開閉装置、その他) ・ 移動変電所の世界市場:移動変電所別(配電変圧器、電力変圧器) ・ 移動変電所の世界市場:電力定格(10MVA以下、11MVA-28MVA、28MVA-100MVA、100MVA超) …
  • 慣性航法装置(INS)の世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、慣性航法装置(INS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、製品等級別分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アルミ合金オートホイールの世界市場予測2019-2024
    「アルミ合金オートホイールの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、 鋳造、鍛造、その他など、用途別には、Passenger Vehicle、Commercial Vehicleなどに区分してまとめた調査レポートです。アルミ合金オートホイールのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・アルミ合金オートホイールの世界市場概要(サマリー) ・アルミ合金オートホイールの企業別販売量・売上 ・アルミ合金オートホイールの企業別市場シェア ・アルミ合金オートホイールの世界市場規模:種類別( 鋳造、鍛造、その他) ・アルミ合金オートホイールの世界市場規模:用途別(Passenger Vehicle、Commercial Vehicle) ・アルミ合金オートホイールの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・アルミ合金オートホイールのアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・アルミ合金オートホイールの欧州市場規 …
  • インドのアクリル酸市場(~2019)
  • バルク食品成分の世界市場動向・予測(~2021)
    当調査レポートでは、バルク食品成分の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、飲料別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"