"買掛金自動化の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM90908)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"買掛金自動化の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The Accounts Payable (AP) automation market is expected to grow at a CAGR of 11.0% during the forecast period owing to the need to optimize operational efficiency and gain better control on payment processes to drive the accounts payable automation market during the forecast periodThe global AP automation market size is expected to grow from USD 1.9 billion in 2019 to USD 3.1 billion by 2024, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 11.0% during the forecast period. The increasing demand to reduce the number of delayed payments and improve the compliance rate with controlled user access and credentials leading to reduced fraudulent transactions are the major factors driving the growth of the AP automation market.

AP automation solution segment to hold a higher market share during the forecast period
Manual procedures for AP processes are expensive, error-prone, and highly inefficient. The AP solution automates payment processes and enables enterprises to maintain a vendor-supplier relationship. The AP automation solution offers a visibility of the entire AP processes from invoicing to receipt generation, ensuring proper approval, correct allocation, and timely payment and spend management. Moreover, it can be easily integrated with Enterprise Resource Planning (ERP), thereby providing an enhanced ability to adopt changes and increase the efficiency of payment processes. AP automation provides dashboards, account selections, compliance policies, routing rules, and approvals to deliver seamless proficiencies for an organization’s operation. The AP automation solution offers 24/7 accessibility and real-time view of the invoice status and on-demand reporting capabilities enable businesses to make data-driven decisions for the growth of a business. Moreover, the solution empowers various stakeholders in an organization, including Chief Financial Officers (CFOs), managers, accountants, and the AP staff to carry out their tasks effectively, thereby reducing user-related error in payments.

Cloud-based deployment to grow at a significant rate during the forecast period
Several vendors in the market are providing payment solutions through the public and private cloud. Cloud-based solutions are available in various subscriptions and pay-per-use models. Organizations are looking forward to having their solutions deployed on the cloud, as it offers various advantages, such as scalability, flexibility in capacity, enhanced collaboration, and cost-efficiency. The implementation of the cloud-based AP automation solutions facilitates enterprises to focus on their core competencies, rather than Information Technology (IT) processes. Cloud-based AP automation solutions are significantly gaining traction owing to their unprecedented deployment flexibility benefits and global availability.

North America to have the largest market size during the forecast period
AP automation is a steady growing market in North America, including countries, such as the US and Canada. The presence of a large number of solution and services providers in the region makes the AP automation market competitive. The well-developed digital economy in North America and the expansion of the mobile commerce industry are key factors contributing to the major market share of the region in the global AP automation market. The enterprises operating in the region are increasing their IT spending to automate financial processes. Enterprises with a large volume of data and transactions have realized the need for AP automation solutions to carry out error free on-time transactions. Metro cities, such as New York, San Francisco, and Washington, have a large pool of skilled AP automation professionals who use the AP automation solution to get on-time payments for achieving business growth. Factors such as the use of AP automation solutions empower enterprises to have extra visibility and control into business operations; allowing AP departments to focus on more strategic tasks like identifying more cost savings opportunities, and helping their organization achieve greater competitive advantage is contributing in the growth of AP automation in the North American region.

In the process of determining and verifying the market size of several segments and subsegments gathered through secondary research, extensive primary interviews were conducted with key people. The breakup of the profiles of the primary participants is as follows:
• By Company: Tier 1 – 35%, Tier 2 – 47%, and Tier 3 – 18%
• By Designation: C-level Executives – 35%, Directors – 44%, and Others – 21%
• By Region: North America – 42%, Europe – 32%, APAC – 16%, RoW – 10%
The AP automation market includes various major vendors, such as SAP Ariba (US), Sage Software(UK), Tipalti (US), FreshBooks (Canada), Zycus (US), FIS (US), Bottomline Technologies (US), Coupa Software (US), Comarch (Poland), FinancialForce (US), AvidXchange (US), Vanguard Systems (US), Bill.Com (US), Procurify (Canada), and Nvoicepay (US).

Research Coverage:
The report includes an in-depth competitive analysis of the key players in the AP automation market along with their company profiles, recent developments, and key market strategies. The report segments the AP automation market by component (solution and services), organization size (large enterprises, and Small and Medium-sized Enterprises [SMEs]), deployment type (on-premises and cloud), verticals, and region.

Key Benefits of Buying the Report:
The report will help the market leaders/new entrants in the AP automation market in the following ways:
1. The overall AP automation market revenue stream has been estimated based on the revenues generated by vendors, offering AP automation solutions and services. Wherein services are inclusive of professional and managed services. The report provides the closest approximations of the revenue numbers for the overall market and the subsegments. The market numbers are split further into regions, namely, North America, Europe, (APAC), Middle East and Africa (MEA), and Latin America.
2. The report helps the stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on the key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.
3. The report will help the stakeholders understand the competitors and gain more insights to better their market position. The competitive landscape section includes the competitor ecosystem, new product developments, partnerships, and mergers and acquisitions.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"買掛金自動化の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 15)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 19)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakup of Primaries
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Top-Down Approach
2.3.2 Bottom-Up Approach
2.4 Market Forecast
2.5 Assumptions for the Study
2.6 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 25)
4 Premium Insights (Page No. – 28)
4.1 Attractive Opportunities in the Accounts Payable Automation Market
4.2 Market in North America, By Vertical and Country
4.3 Market Major Countries
5 Market Overview and Industry Trends (Page No. – 30)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Growing Need to Accelerate Payment Process and Reduce Invoice Processing Time
5.2.1.2 Increasing Demand to Reduce the Number of Delayed Payments and Improve the Compliance Rate
5.2.1.3 to Control User Access and Credentials Leading to Reduced Fraudulent Transactions
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Insufficient Data Encryption and Security
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Emergence of ML and RPA Technology to Handle Repetitive and Labor-Intensive Task
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Lack of Technical Skills and Digital Literacy in Emerging Countries
5.2.4.2 Complicated Billing Approval Process
5.3 Use Cases
5.3.1 Use Case: Scenario 1
5.3.2 Use Case: Scenario 2
5.3.3 Use Case: Scenario 3
5.3.4 Use Case: Scenario 4
6 Accounts Payable Automation Market By Component (Page No. – 36)
6.1 Introduction
6.2 Solution
6.2.1 Growing Focus of Organizations to Improve and Automate Payable Processes to Drive the Demand for Accounts Payable Automation Solution
6.3 Services
6.3.1 Professional Services
6.3.1.1 Technicalities Involved in Implementing the Accounts Payable Automation Solution to Boost Professional Services
6.3.2 Implementation and Integration
6.3.2.1 Growing Demand for Integrating the Accounts Payable Automation Solution With Other Software to Drive the Growth of Implementation and Integration Services
6.3.3 Advisory
6.3.3.1 Increasing Shift Toward the Digital Payment System to Drive the Demand for Advisory Services in the Accounts Payable Automation Market
6.3.4 Support and Maintenance
6.3.4.1 Growing Demand for On-Time Assistance for Payment Issues to Spur the Demand for Support and Maintenance Services
6.3.5 Managed Services
6.3.5.1 Increasing Deployment of the Accounts Payable Management Solution to Create the Need for Managed Services to Handle Complex Payable Processes
7 Accounts Payable Automation Market By Organization Size (Page No. – 44)
7.1 Introduction
7.2 Large Enterprises
7.2.1 Customization of the Payable Workflow as Per Business Requirements Increases the Demand for Automated Solutions Driving the Adoption of the Accounts Payable Automation Solution Among Large Enterprises
7.3 Small and Medium-Sized Enterprises
7.3.1 Need for Cost-Effective Solutions to Drive the Growth of the Accounts Payable Automation Solution Across Small and Medium-Sized Enterprises
8 Accounts Payable Automation Market By Deployment Type (Page No. – 48)
8.1 Introduction
8.2 On-Premises
8.2.1 Data Sensitive Organizations Opt for the On-Premises Accounts Payable Automation Solution
8.3 Cloud
8.3.1 Scalability and Ease of Deployment to Boost the Adoption of the Cloud Accounts Payable Automation Solution
9 Accounts Payable Automation Market By Vertical (Page No. – 52)
9.1 Introduction
9.2 Consumer Goods and Retail
9.2.1 Growing Adoption of Accounts Payable Automation to Help Reduce Costs and Optimize Efficiency and Streamline Back-Office Functions in Consumer Goods and Retail Vertical
9.3 Banking, Financial Services, and Insurance
9.3.1 Focus on Automated Accounts Payable Software to Maximize Staff Productivity and Save the Time of Personnel in the BFSI Vertical
9.4 IT and Telecom
9.4.1 Streamlining of Business Processes By Automated Accounts Payable Platforms to Be Crucial for IT and Telecom Companies
9.5 Manufacturing
9.5.1 Automating the Accounts Payable Process to Help in Saving Time and Maintaining Data Accuracy While Digitalizing the Invoice Workflow
9.6 Healthcare
9.6.1 Need to Maintain Consistency in Bill Generation and Payment Process to Boost the Growth of the Accounts Payable Automation Market in the Healthcare Vertical
9.7 Energy and Utilities
9.7.1 Growing Demand for Accounts Payable Automation Solution to Track Work Order and Manage Payroll in the Energy and Utilities Vertical
9.8 Others
10 Accounts Payable Automation Market By Region (Page No. – 61)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 Increasing eCommerce Trend and Automated Invoicing Systems to Fuel the Growth of AP Automation in North America
10.3 Europe
10.3.1 Transformation of Traditional Paper Based Invoicing to Electronic Invoicing to Drive the Growth of AP Automation Market in Europe
10.4 Asia Pacific
10.4.1 Enterprises Operating in APAC Region are Deploying AP Automation Solution to Speed Up Payable Process
10.5 Middle East and Africa
10.5.1 Government Regulation to Support Innovation in the Finance Space is Contributing to the Adoption of AP Automation Solution in the Region
10.6 Latin America
10.6.1 Tremendous Increase in Number of Fintech Startups is Expected to Boost the Growth of AP Automation Market in the Region
11 Competitive Landscape (Page No. – 80)
11.1 Introduction
11.2 Competitive Leadership Mapping
11.2.1 Visionary Leaders
11.2.2 Innovators
11.2.3 Dynamic Differentiators
11.2.4 Emerging Companies
11.3 Competitive Scenario
11.3.1 Product/Solution Launches and Enhancements
11.3.2 Business Expansions
11.3.3 Partnerships, Agreements, and Collaborations
12 Company Profiles (Page No. – 86)
12.1 Introduction
(Business Overview, Products, Solutions & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
12.2 SAP Ariba
12.3 Sage
12.4 Tipalti
12.5 Freshbooks
12.6 FIS
12.7 Zycus
12.8 Bottomline Technologies
12.9 Coupa Software
12.10 Comarch
12.11 Financialforce
12.12 Avidxchange
12.13 Vanguard Systems
12.14 Bill.Com
12.15 Procurify
12.16 Nvoicepay
*Details on Business Overview, Products, Solutions & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 114)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】買掛金自動化の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年8月16日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM90908
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】IT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
買掛金自動化の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • コレステリレスタートランスファータンパク質阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるコレステリレスタートランスファータンパク質阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・コレステリレスタートランスファータンパク質阻害剤の概要 ・コレステリレスタートランスファータンパク質阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のコレステリレスタートランスファータンパク質阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・コレステリレスタートランスファータンパク質阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・コレステリレスタートランスファータンパク質阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • レーザー干渉計の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、レーザー干渉計の世界市場について調査・分析し、レーザー干渉計の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別レーザー干渉計シェア、市場規模推移、市場規模予測、レーザー干渉計種類別分析()、レーザー干渉計用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・レーザー干渉計の市場概観 ・レーザー干渉計のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・レーザー干渉計のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・レーザー干渉計の世界市場規模 ・レーザー干渉計の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・レーザー干渉計のアメリカ市場規模推移 ・レーザー干渉計のカナダ市場規模推移 ・レーザー干渉計のメキシコ市場規模推移 ・レーザー干渉計のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・レーザー干渉計のドイツ市場規模推移 ・レーザー干渉計のイギリス市場規模推移 ・レーザー干渉計のロシア市場規模推移 ・レーザー干渉計のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ …
  • 世界のエアフローメータ市場2015
    本調査レポートでは、世界のエアフローメータ市場2015について調査・分析し、エアフローメータの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の炭化ケイ素セラミックス(SiSiC/SSiC)市場2015
    本調査レポートでは、世界の炭化ケイ素セラミックス(SiSiC/SSiC)市場2015について調査・分析し、炭化ケイ素セラミックス(SiSiC/SSiC)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の水検査市場:TOC、PH、伝導率、溶存酸素、濁り
  • 粒度分布測定装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、粒度分布測定装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、粒度分布測定装置の世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 酵母の世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、酵母の世界市場について調査・分析し、酵母の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 自動車用トルクベクタリングの世界市場予測(~2025年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、自動車用トルクベクタリングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、車両タイプ別(PC、LCV)分析、技術別(ATVS、PTVS)分析、推進力別(AWD・4WD、FWD、RWD)分析、クラッチアクチュエーション別(油圧式、電子式)分析、自動車用トルクベクタリングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ハラール認証化粧品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ハラール認証化粧品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ハラール認証化粧品の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • デング熱(Dengue):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるデング熱(Dengue)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、デング熱(Dengue)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・デング熱(Dengue)の概要 ・デング熱(Dengue)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のデング熱(Dengue)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・デング熱(Dengue)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・デング熱(Dengue)治療薬開発に取り組んでいる企業リスト …
  • 世界のサーボモーター市場2015
    本調査レポートでは、世界のサーボモーター市場2015について調査・分析し、サーボモーターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • IoTセンサの世界市場:圧力、温度、磁気計、加速度計、回転儀、慣性センサ、画像センサ
    当調査レポートでは、IoTセンサの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、ネットワーク技術別分析、地域別分析、IoTセンサの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 結晶セルロース(MCC)の世界市場
    当調査レポートでは、結晶セルロース (MCC) の世界市場について調査・分析し、結晶セルロース (MCC) の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 深海の炭化水素探査の世界市場:リグタイプ別(移動式深海掘削リグ、固定式・浮動式プラットフォーム)、深度別(深海、超深海)、地域別予測
    本資料は、深海の炭化水素探査の世界市場について調べ、深海の炭化水素探査の世界規模、市場動向、市場環境、リグタイプ別(移動式深海掘削リグ、固定式・浮動式プラットフォーム)分析、深度別(深海、超深海)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・深海の炭化水素探査の世界市場概要 ・深海の炭化水素探査の世界市場環境 ・深海の炭化水素探査の世界市場動向 ・深海の炭化水素探査の世界市場規模 ・深海の炭化水素探査の世界市場規模:リグタイプ別(移動式深海掘削リグ、固定式・浮動式プラットフォーム) ・深海の炭化水素探査の世界市場規模:深度別(深海、超深海) ・深海の炭化水素探査の世界市場:地域別市場規模・分析 ・深海の炭化水素探査の北米市場規模・予測 ・深海の炭化水素探査のアメリカ市場規模・予測 ・深海の炭化水素探査のヨーロッパ市場規模・予測 ・深海の炭化水素探査のアジア市場規模・予測 ・深海の炭化水素探査の日本市場規模・予測 ・深海の炭化水素探査の中国市場規模・予 …
  • ガス圧入式石油増進回収の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ガス圧入式石油増進回収の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ガス圧入式石油増進回収市場規模、用途別(オンショア、オフショア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ガス圧入式石油増進回収の世界市場概要 ・ガス圧入式石油増進回収の世界市場環境 ・ガス圧入式石油増進回収の世界市場動向 ・ガス圧入式石油増進回収の世界市場規模 ・ガス圧入式石油増進回収の世界市場:業界構造分析 ・ガス圧入式石油増進回収の世界市場:用途別(オンショア、オフショア) ・ガス圧入式石油増進回収の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ガス圧入式石油増進回収のアメリカ市場規模・予測 ・ガス圧入式石油増進回収のヨーロッパ市場規模・予測 ・ガス圧入式石油増進回収のアジア市場規模・予測 ・ガス圧入式石油増進回収の主要国分析 ・ガス圧入式石油増進回収の世界市場:意思決定フレームワーク ・ガス圧入式石油増進回収の世界市場:成長要因、課題 ・ガス圧入式石油増進 …
  • フォームフィルシール(FFS)充填機の世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、フォームフィルシール(FFS)充填機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、製品別分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 術中神経生理学的モニタリング(IONM)の世界市場動向および予測:脳波検査、筋電図検査、誘発電位
  • 熱管理の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、熱管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、材料別(接着剤、非接着剤)分析、デバイス別(伝導、対流、高度、およびハイブリッド)分析、熱管理サービス別(設置・キャリブレーションおよび最適化・販売後サポート)分析、エンドユーズ産業別分析、熱管理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、熱管理の世界市場規模が2019年111億ドルから2024年162億ドルまで年平均8.0%成長すると予測しています。
  • 含浸用樹脂の世界市場予測(~2023年)
    含浸用樹脂の世界市場は、2018年の15億米ドルから2023年には20億米ドルに達し、この期間中6.4%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、自動車産業の技術的進歩、ならびに送配電網の強化および近代化が考えれられます。一方で、原材料価格の変動や溶剤系樹脂の効率低下などにより、市場の成長は抑制されています。含浸樹脂の製造に使用される原料のほとんどは石油製品です。これらの原材料の価格は、最近5年ぶりの安値を記録し、結果として市場の成長に影響を与えました。当調査レポートでは、含浸用樹脂の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、タイプ(無溶剤系、溶剤系)分析、用途(モーター・発電機、家電製品、トランス、自動車部品)分析、含浸用樹脂の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • セリの世界市場2018-2022
    セリは、地上近くをはって伸びるほふく茎と長い糸のような白い根を持つ多年草です。セリの世界市場は、2018~2022年の間、年平均成長率2.99%で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、Emorsgate Seeds、Magic Garden Seeds、Kitazawa Seed Company、Mr. Fothergill's Seeds、Water Gardening Directなどです。 当調査レポートでは、セリの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、セリ市場規模、製品別(苗、種子)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・セリの世界市場概要 ・セリの世界市場環境 ・セリの世界市場動向 ・セリの世界市場規模 ・セリの世界市場:業界構造分析 ・セリの世界市場:製品別(苗、種子) ・セリの世界市場:地域別市場規模・分析 ・セリの北米市場規模・予測 ・セリのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・セリのアジア太平洋市場 …
  • アンチマネーロンダリング(AML)ソフトウェアの世界市場
    当調査レポートでは、アンチマネーロンダリング(AML)ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アンチマネーロンダリング(AML)ソフトウェアの世界市場規模及び予測、導入方式別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スピルパレットの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、スピルパレットの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スピルパレット市場規模、製品別(PSP、SSP)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Brady Corporation, DENIOS, New Pig, Nilkamal, UltraTech Internationalなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・スピルパレットの世界市場概要 ・スピルパレットの世界市場環境 ・スピルパレットの世界市場動向 ・スピルパレットの世界市場規模 ・スピルパレットの世界市場:業界構造分析 ・スピルパレットの世界市場:製品別(PSP、SSP) ・スピルパレットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・スピルパレットの北米市場規模・予測 ・スピルパレットのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・スピルパレットのアジア太平洋市場規模・予測 ・スピルパレットの主要国分析 ・スピルパレットの世界市場:意思決定フレームワーク ・スピルパレットの …
  • アルコール依存症(Alcohol Addiction):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるアルコール依存症(Alcohol Addiction)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、アルコール依存症(Alcohol Addiction)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・アルコール依存症(Alcohol Addiction)の概要 ・アルコール依存症(Alcohol Addiction)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のアルコール依存症(Alcohol Addiction)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・アルコール依存症(Alcohol Addiction)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治 …
  • レスベラトロールの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、レスベラトロールの世界市場について調査・分析し、レスベラトロールの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別レスベラトロールシェア、市場規模推移、市場規模予測、レスベラトロール種類別分析()、レスベラトロール用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・レスベラトロールの市場概観 ・レスベラトロールのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・レスベラトロールのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・レスベラトロールの世界市場規模 ・レスベラトロールの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・レスベラトロールのアメリカ市場規模推移 ・レスベラトロールのカナダ市場規模推移 ・レスベラトロールのメキシコ市場規模推移 ・レスベラトロールのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・レスベラトロールのドイツ市場規模推移 ・レスベラトロールのイギリス市場規模推移 ・レスベラトロールのロシア市場規模推移 ・レスベラトロールのアジア市場分析(日本、中 …
  • ビルエネルギー管理サービスの中東市場2016-2020
    当調査レポートでは、ビルエネルギー管理サービスの中東市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ビルエネルギー管理サービスの中東市場規模及び予測、サービス別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • HVAC(空調)装置用バルブの世界市場:ボール弁、グローブ弁、バタフライ弁
    当調査レポートでは、HVAC(空調)装置用バルブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、HVAC(空調)装置用バルブの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • フラットブレッドの世界市場:製品タイプ別(トルティーヤ、ナン、ピタ、フォカッチャ、フライパン、その他)、流通経路別(B2B、B2C)
    本調査レポートでは、フラットブレッドの世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、製品タイプ別(トルティーヤ、ナン、ピタ、フォカッチャ、フライパン、その他)分析、流通経路別(B2B、B2C)分析、地域別分析、競争状況、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・フラットブレッドの世界市場:製品タイプ別(トルティーヤ、ナン、ピタ、フォカッチャ、フライパン、その他) ・フラットブレッドの世界市場:流通経路別(B2B、B2C) ・フラットブレッドの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • 世界の小麦蛋白質(小麦グルテン)市場2015
    本調査レポートでは、世界の小麦蛋白質(小麦グルテン)市場2015について調査・分析し、小麦蛋白質(小麦グルテン)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産・供給・販売動向、地域別生産規模分析、地域別販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のスクアレン市場2015
    本調査レポートでは、世界のスクアレン市場2015について調査・分析し、スクアレンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 化学指示インクの世界市場:タイプ別([CBC、HGB / HCT、BMP、BUNクレアチニン、電解質試験、HbA1c試験、包括的代謝パネル、肝臓パネル、腎パネル、脂質パネル)エンドユーザー別、セグメント予測、2013 – 2024
    本調査レポートでは、化学指示インクの世界市場について調査・分析し、化学指示インクの世界市場動向、化学指示インクの世界市場規模、市場予測、セグメント別化学指示インク市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • フェノール樹脂の世界市場
    当調査レポートでは、フェノール樹脂の世界市場について調査・分析し、フェノール樹脂の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - フェノール樹脂の世界市場:市場動向分析 - フェノール樹脂の世界市場:競争要因分析 - フェノール樹脂の世界市場:種類別 ・固形レゾール樹脂 ・液体レゾール樹脂 ・その他 - フェノール樹脂の世界市場:エンドユーザー別 ・電気&電子 ・建築&建設 ・家具 ・自動車 ・その他 - フェノール樹脂の世界市場:用途別 ・絶縁 ・鋳造 ・木工用接着剤 ・ラミネート加工 ・成形 ・その他 - フェノール樹脂の世界市場:主要地域別分析 - フェノール樹脂の北米市場規模(アメリカ市場等) - フェノール樹脂のヨーロッパ市場規模 - フェノール樹脂のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・フェノール樹脂の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 世界のインパクトプリンター市場2015
    本調査レポートでは、世界のインパクトプリンター市場2015について調査・分析し、インパクトプリンターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 一般消費者向け高圧洗浄機の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、一般消費者向け高圧洗浄機の世界市場について調査・分析し、一般消費者向け高圧洗浄機の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別一般消費者向け高圧洗浄機シェア、市場規模推移、市場規模予測、一般消費者向け高圧洗浄機種類別分析(電動モータ、ガソリンエンジン、ディーゼルエンジン)、一般消費者向け高圧洗浄機用途別分析(住宅用、商業用、工業用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・一般消費者向け高圧洗浄機の市場概観 ・一般消費者向け高圧洗浄機のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・一般消費者向け高圧洗浄機のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・一般消費者向け高圧洗浄機の世界市場規模 ・一般消費者向け高圧洗浄機の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・一般消費者向け高圧洗浄機のアメリカ市場規模推移 ・一般消費者向け高圧洗浄機のカナダ市場規模推移 ・一般消費者向け高圧洗浄機のメキシコ市場規模推移 ・一般消費者向け高圧洗浄機のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス …
  • スクリュー圧縮機の世界市場予測(~2021):種類別(オイルフリー、油冷式)、段別、技術別、需要先別、地域別
    当調査レポートでは、スクリュー圧縮機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、段別分析、技術別分析、需要先別分析、スクリュー圧縮機の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • フィットネス器具の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、フィットネス器具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フィットネス器具の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 鉄道車両の世界市場予測(~2025年):機関車、高速鉄道、貨車、客車
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、鉄道車両の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品タイプ別(機関車、高速鉄道、貨車、客車)分析、機関車の技術別(ディーゼル、電気)分析、用途別(乗客輸送、貨物輸送)分析、コンポーネント別分析、鉄道車両の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ITアウトソーシングの世界市場
    当調査レポートでは、ITアウトソーシングの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・ITアウトソーシングの世界市場:サービス種類別分析/市場規模 ・ITアウトソーシングの世界市場:エンドユーザー別分析/市場規模 ・ITアウトソーシングの世界市場:アプリケーション別分析/市場規模 ・ITアウトソーシングの世界市場:地域別分析/市場規模 ・ITアウトソーシングのアメリカ市場規模予測 ・ITアウトソーシングのヨーロッパ市場規模予測 ・ITアウトソーシングのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 心血管修復術及び再建術装置の世界市場:製品別(心臓弁修復、移植組織、パッチ)、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、心血管修復術及び再建術装置の世界市場について調査・分析し、心血管修復術及び再建術装置の世界市場動向、心血管修復術及び再建術装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別心血管修復術及び再建術装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • BRIC(ブラジル/ロシア/インド/中国)のオーソバイオロジクス市場動向(~2021)
  • 濃縮ジュースの世界市場:果物ジュース、野菜ジュース
    当調査レポートでは、濃縮ジュースの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、成分別分析、ブランド別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 不織布ガラス繊維プリプレグの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、不織布ガラス繊維プリプレグの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • コンテナボードの世界市場2020-2024
    「コンテナボードの世界市場2020-2024」は、コンテナボードについて市場概要、市場規模、製品別(リサイクル、バージン)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・コンテナボードの世界市場:製品別(リサイクル、バージン) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 製造業における人工知能(AI)の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、製造業における人工知能(AI)の世界市場について調べ、製造業における人工知能(AI)の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、製造業における人工知能(AI)の市場規模をセグメンテーション別(用途別(予知保全及び機械検査、生産計画、品質管理、その他)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は製造業における人工知能(AI)の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均31%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・製造業における人工知能(AI)の市場状況 ・製造業における人工知能(AI)の市場規模 ・製造業における人工知能(AI)の市場予測 ・製造業における人工知能(AI)の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(予知保全及び機械検査、生産計画、品質管理、その他) ・製造業における人工知能(AI)の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 石油貯蔵の世界市場展望(~2020):石油貯蔵ターミナル容量および投資予測
  • 加工肉の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、加工肉の世界市場について調査・分析し、加工肉の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 加工肉の世界市場:市場動向分析 - 加工肉の世界市場:競争要因分析 - 加工肉の世界市場:種類別 ・羊肉 ・鶏肉 ・豚肉 ・牛肉 ・その他 - 加工肉の世界市場:機能別 ・乾燥肉 ・調理済み肉 ・新鮮加工肉 ・生発酵ソーセージ ・半生調理肉 ・その他 - 加工肉の世界市場:製品別 ・未加工肉 ・加工肉 - 加工肉の世界市場:主要地域別分析 - 加工肉の北米市場規模(アメリカ市場等) - 加工肉のヨーロッパ市場規模 - 加工肉のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・加工肉の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 世界の3Dプリント薬剤市場規模・予測2017-2025
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の3Dプリント薬剤市場について調査・分析し、世界の3Dプリント薬剤市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の3Dプリント薬剤関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 半導体フォトリソグラフィ用装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、半導体フォトリソグラフィ用装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、半導体フォトリソグラフィ用装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 特発性血小板減少性紫斑病(ITP):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における特発性血小板減少性紫斑病(ITP)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、特発性血小板減少性紫斑病(ITP)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・特発性血小板減少性紫斑病(ITP)の概要 ・特発性血小板減少性紫斑病(ITP)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の特発性血小板減少性紫斑病(ITP)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・特発性血小板減少性紫斑病(ITP)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・特 …
  • 農業用ドローン及びロボットの世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、農業用ドローン及びロボットの世界市場について調査・分析し、農業用ドローン及びロボットの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・農業用ドローン及びロボットの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・農業用ドローン及びロボットの世界市場:セグメント別市場分析 ・農業用ドローン及びロボットの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 韓国の脊椎手術市場動向(~2021)
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"