"ソリッドステートクーリングの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM90910)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"ソリッドステートクーリングの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“OVERALL SOLID-STATE COOLING MARKET TO GROW AT CAGR OF 10.2% FROM 2019 TO 2024”The global solid-state cooling market is estimated to be valued at USD 395 million in 2019 and is projected to reach USD 641 million by 2024, at a CAGR of 10.2%.
Major factors driving the solid-state cooling market growth include growing awareness of green energy and increasing focus on curbing greenhouse gas emissions, simultaneous heating and cooling properties of solid-state cooling systems and rising demand for precise temperature control and below ambient cooling and expanding solid-state cooling applications in industries such as healthcare, automotive, semiconductor and electrononics. However, higher costing than conventional cooling and refrigeration systems is one of the key factors restraining the growth of the market.

“COOLING PRODUCT SYSTEMS ARE TO HOLD LARGEST SHARE OF SOLID-STATE COOLING MARKET BY 2024”.
The cooling systems are used in wide applications; e.g., in various government aerospace agencies, air conditioned cases are used for laser telescope and data tracking equipment protection. The use of such solid-state cooling systems in a wide range of applications such as cooling electronic cabinets, computer enclosures, electrical enclosures, instruments, telecommunication equipment, and many other industrial applications in a variety of environments is a major reason for the largest share in the market. Solid-state air cooling system is further sub divided into 2 types—air conditioners and chillers. Solid-state thermoelectric air conditioners are compact, lightweight units used for cooling electronic cabinets, computer enclosures, electrical enclosures, instruments, telecommunication equipment, and many other industrial applications in a variety of environments. These air conditioners have a simple and efficient solid-state design that uses the Peltier effect to provide reliable performance without the use of harmful chlorofluorocarbons (CFCs). Solid-state thermoelectric chillers also work on the Peltier effect principle. These thermoelectric chillers have multiple arrays of thermoelectric chips or modules that are coupled with liquid heat exchangers, fans, and heat sinks to provide accurate temperature control of products kept inside. The main advantage of using thermoelectric modules or chips is it has the ability to cool and heat. Due to this ability, these solid-state chillers provide extremely fast and accurate temperature control, along with stability, and can reach temperature stability of just a few 0.001°C with a stable heat load.

“SINGLE STAGE TO ACCOUNT FOR LARGEST SHARE OF SOLID-STATE COOLING MARKET, BY TYPE”
Single-stage cooling systems are effective from a few mW to a few hundred watts of cooling power. Single-stage thermoelectric module family is suitable for a wide range of cooling and heating applications with low to high heat pumping capacities (depending on the module model).
Single-stage modules are the most common type of thermoelectric modules globally because they are suitable for a wide range of heating and cooling applications, which require medium or high heat pumping capacity. A standard single-stage thermoelectric cooling module is capable of achieving a maximum no-load temperature differential of approximately 65–70°C. The more heat moved using a thermoelectric module, the less efficient it becomes because the thermoelectric module needs to dissipate both the heat being moved and the heat it generates from its own power consumption. The amount of heat that can be absorbed is proportional to the current and time. Single-stage modules can create systems that are effective from a few mW to a few hundred watts of cooling power. Single-stage thermoelectric module family is suitable for a wide range of cooling and heating applications with low to high heat pumping capacities (depending on the module model). Typical applications for these standard TECs include biomedical instruments, consumer products, industrial equipment, electrical equipment, and laboratory and scientific instruments. A single-stage module consists of one matrix of pellets and a pair of cold and warm sides. These modules are used in thermal reference sources for FLIR camera calibration, temperature stabilization of bolometers and ferroelectric detectors, laser diode arrays in fiber optic systems, and maintaining constant viscosity in ink jet printers. Single-stage thermoelectric modules are suitable for medium to low heat pumping capacity requirements. Moreover, single stage thermoelectric modules are used in consumer electronics, biomedical instruments, electrical equipment and laboratory, industrial equipment, and scientific instruments.

“APAC TO WITNESS SIGNIFICANT CAGR IN SOLID-STATE COOLING MARKET DURING FORECAST PERIOD”
APAC is expected to continue to lead the solid-state cooling market and is also likely to be the fastest-growing region. Increased demand for consumer goods, industrial automation, and healthcare monitoring devices is expected to drive this market. With the use of solid-state cooling systems, higher efficiency levels, and energy harvesting can be achieved in this region. Growing industrialization and infrastructural developments, and stringent government regulations pertaining to energy sustainability are among the major drivers of this market. Therefore, the solid-state cooling market in APAC is likely to grow at the highest CAGR during the forecast period.

Break-up of the profiles of primary participants:
• By Company Type: Tier 1 = 25%, Tier 2 = 50%, and Tier 3 = 25%
• By Designation: C-Level Executives = 25%, Directors = 50%, and Managers = 25%,
• By Region: North America = 10%, Europe = 30%, APAC = 40%, and RoW = 20%
A few solid-state cooling market ecosystem players are as follows: Ferrotec (Japan), Laird Thermal Systems (US), II-VI Marlow (US), TE Technology (US), TEC Microsystems (Germany), Crystal Ltd. (Russia), Kryotherm (Russia), RMT Ltd (Russia), Thermion Company (Ukraine), Thermonamic Electronics (China), Kelk Ltd. (Japan), Z-Max (Japan), and Alphabet Energy (US).

Research Coverage:
This research report segments the global solid-state cooling market by type, product, end-user industry, and geography. The report discusses major drivers, restraints, challenges, and opportunities pertaining to the solid-state cooling market and also includes value chain. The study also includes an in-depth competitive analysis of key players in the market, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report
The report will help market leaders/new entrants in this market with information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall solid-state cooling market and the subsegments. This report will help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to better position their businesses and to plan suitable go-to-market strategies. The report also helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"ソリッドステートクーリングの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 17)
1.1 Study Objectives
1.2 Definition
1.3 Scope of the Study
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 20)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary and Primary Research
2.1.1.1 Key Industry Insights
2.1.2 Secondary Data
2.1.2.1 List of Major Secondary Sources
2.1.2.2 Secondary Sources
2.1.3 Primary Data
2.1.3.1 Breakdown of Primaries
2.1.3.2 Primary Sources
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 29)
4 Premium Insights (Page No. – 33)
4.1 Attractive Opportunities in Solid-State Cooling Market
4.2 Market, By Type
4.3 Market for Refrigeration System, By End-User Industry
4.4 Market in Consumer Industry, By Product
4.5 Market, By End-User Industry and Region
4.6 Market, By Geography
5 Market Overview (Page No. – 36)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Growing Awareness of Green Energy and Increasing Focus on Curbing Greenhouse Gas Emissions
5.2.1.2 Simultaneous Heating and Cooling Properties of Solid-State Cooling Systems
5.2.1.3 Rising Demand for Precise Temperature Control and Below Ambient Cooling
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Solid-State Cooling Systems Costs Higher Than Conventional Cooling and Refrigeration Systems
5.2.2.2 Low Energy Conversion Efficiency Rate of Single-Stage Solid-State Cooling Modules
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Increasing Use of Solid-State Cooling Systems in Various Applications
5.2.3.2 Rising Awareness By Various Governments
5.2.3.3 Growing Internet of Things Consequently Increases Demand for More Data Storage, Resulting in More Cooling Needs
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Standard Solution Would Not Always Meet Customers’ Needs
6 Solid-State Cooling Market, By Product (Page No. – 40)
6.1 Introduction
6.2 Refrigeration System
6.2.1 Refrigerators
6.2.1.1 Energy Efficiency is A Major Factor Driving Solid-State Cooling Market for Refrigerators
6.2.2 Freezers
6.2.2.1 Solid-State Freezers are Compact, Quiet, and More Efficient Solution Traditional Freezers
6.3 Cooling Systems
6.3.1 Air Conditioners
6.3.1.1 Solid-State Based Air Conditioners have A Simple and Efficient Design
6.3.2 Chillers
6.3.2.1 Solid-State Chillers Provide Extremely Fast and Accurate Temperature Control
7 Solid-State Cooling Market, By Type (Page No. – 52)
7.1 Introduction
7.2 Single Stage
7.2.1 Single Stage Cooling Systems are Effective From A Few Mw to A Few Hundred Watts of Cooling Power
7.3 Multi Stage
7.3.1 The Multistage Cooler Line Offers Superior Cooling Capabilities Over Single Stage Coolers
7.4 Thermocycler
7.4.1 Pcr Thermocycler is One of the Most Commonly Used Thermocycler
8 Solid-State Cooling Market, By End-User Industry (Page No. – 57)
8.1 Introduction
8.2 Automotive
8.2.1 Vehicle Cooling Systems, Temperature Controlled Seats, and Electric Vehicle Battery Cooling are Major Applications of Solid-State Cooling in Automotive
8.3 Semiconductor and Electronics
8.3.1 Laser Diode Cooling
8.3.1.1 Solid-State Cooling is Used for Precision Temperature Control to Improve Diode Output Levels and Maintain Wavelength Integrity
8.3.2 Microprocessor Cooling
8.3.2.1 to Curb the Heat Generated By A Powerful Microprocessor, Solid State Cooling is Used in Microprocessor Cooling
8.3.3 Semiconductor Wafer Probes
8.3.3.1 Solid-State Cooling Effect in Semiconductors Cause Carriers to Flow Due to Temperature Gradient and Cause Temperature Gradient When an Electrical Current is Applied.
8.4 Healthcare
8.4.1 The Ability of Precise and Accurate Temperature Control and Reliability Drives the Market for Solid-State Cooling Systems in the Healthcare Industry
8.5 Consumer
8.5.1 Refrigerators and Beverage Coolers are Some of the Major Products Where Solid-State Cooling is Used
8.6 Others
8.6.1 Research
8.6.1.1 Due to the Phenomenon of the Thermoelectric Effect, Thermal Energy is Converted Into Electrical Energy and Vice-Versa Which Can Be Used in A Lot of Scientific Application
8.6.2 Industrial
8.6.2.1 Solid-State Cooling Modules Offer A Variety of Energy and Cost-Efficient Solutions in the Industrial Production and Processes.
8.6.3 Aerospace
8.6.3.1 The Reduction of Weight Associated With the Thermal Management Systems and High Efficiency in Cooling Makes the Solid-State Cooling A Popular Choice in the Aerospace Industry
9 Geographic Analysis (Page No. – 72)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 The US is Estimated to Lead the North American Solid-State Cooling Market.
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Bio-Monitoring and Healthcare-Related Devices are the Major Applications of Solid-State Cooling in This Region
9.2.3 Mexico
9.2.3.1 High Temperature, Contaminant Laden Air, Humid, and Corrosive Atmospheres Need Solid-State Coolers to Keep the Computer Systems in A Better Environment
9.3 Europe
9.3.1 UK
9.3.1.1 Telecom, Medical, Industrial and Consumer are Major Markets of Solid-State Cooling System
9.3.2 Germany
9.3.2.1 Automotive Industry is Expected to Be A Major Driver for Solid-State Cooling Market in Germany
9.3.3 France
9.3.3.1 Various Project of the Government in Terms of Heating and Cooling are Expected to Drive the Market
9.3.4 Rest of Europe
9.3.4.1 Growing Demand for Beverage Coolers, Cabinet Displays, and Freezers is Expected to Drive the Solid-State Cooling Market
9.4 APAC
9.4.1 China
9.4.1.1 Solid-State Cooling Market in China is Estimated to Grow at the Highest CAGR
9.4.2 Japan
9.4.2.1 Industrial and Automotive Sectors are Expected to Drive the Solid-State Cooling Market
9.4.3 South Korea
9.4.3.1 Government Regulation is Expected to Be A Major Driver for the Growth of the Market
9.4.4 Rest of APAC
9.4.4.1 Automotive Industry is Expected to Drive the Solid-State Cooling Market
9.5 RoW
9.5.1 Middle East and Africa
9.5.1.1 Adoption of Solid-State Cooling Devices in Various Applications is Expected to Drive the Market
9.5.2 Africa
9.5.2.1 Government Regulations on Reducing Pollution and Greenhouse Gases is Expected to Drive the Solid-State Cooling Market
10 Competitive Landscape (Page No. – 95)
10.1 Overview
10.2 Market Ranking Analysis
10.3 Competitive Scenario
10.3.1 Product Launches and Developments, and Expansion
10.3.2 Partnerships, Contracts, Acquisitions, and Agreements
10.4 Competitive Leadership Mapping, 2018
10.4.1 Visionary Leaders
10.4.2 Innovators
10.4.3 Dynamic Differentiators
10.4.4 Emerging Companies
11 Company Profile (Page No. – 101)
11.1 Key Players
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
11.1.1 Ferrotec
11.1.2 Laird Thermal Systems
11.1.3 II-VI Marlow
11.1.4 TE Technology
11.1.5 TEC Microsystems
11.1.6 Crystal Ltd.
11.1.7 Kryotherm
11.1.8 RMT Ltd
11.1.9 Thermion Company
11.1.10 Thermonamic Electronics
11.1.11 Kelk Ltd.
* Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
11.2 Start-Up Ecosystem
11.2.1 Z-Max
11.2.2 Alphabet Energy
11.2.3 O-Flexx Technologies
11.2.4 Phononic
11.2.5 P&N Technology
11.3 Other Important Players
11.3.1 Everredtronics
11.3.2 Micropelt
11.3.3 HI-Z Technology
11.3.4 HUI Mao
11.3.5 Hicooltec Electronic
11.3.6 Merit Technology Group
11.3.7 LG Innotek
11.3.8 Align Sourcing
11.3.9 AMS Technologies
11.3.10 Inheco Industrial Heating & Cooling
11.3.11 CUI Inc.
11.3.12 Wellen Technology
11.3.13 Advanced Thermoelectric
11.3.14 Sheetak
12 Appendix (Page No. – 139)
12.1 Insights of Industry Experts
12.2 Discussion Guide
12.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.4 Available Customizations
12.5 Related Reports
12.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】ソリッドステートクーリングの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年8月16日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM90910
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】IT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
ソリッドステートクーリングの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • フォトマスク検査の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、フォトマスク検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フォトマスク検査の世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • マイクロ波送信装置の世界市場予測(~2022):ハイブリッドマイクロ波、パケットマイクロ波、スモールセルバックホール、時分割多重(TDM)
    当調査レポートでは、マイクロ波送信装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、ネットワーク技術別分析、構成要素別分析、周波数帯別分析、設置種類別分析、マイクロ波送信装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のフレーク製氷機市場2016
    本調査レポートでは、世界のフレーク製氷機市場2016について調査・分析し、フレーク製氷機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • フェニルケトン尿症(Phenylketonuria (PKU)):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるフェニルケトン尿症(Phenylketonuria (PKU))の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、フェニルケトン尿症(Phenylketonuria (PKU))治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・フェニルケトン尿症(Phenylketonuria (PKU))の概要 ・フェニルケトン尿症(Phenylketonuria (PKU))の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のフェニルケトン尿症(Phenylketonuria (PKU))治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・フェニルケトン尿症(Phenylketonuria (PK …
  • テレコムアナリティクスの世界市場
    当調査レポートでは、テレコムアナリティクスの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・テレコムアナリティクスの世界市場:装置別分析/市場規模 ・テレコムアナリティクスの世界市場:エンドユーザー別分析/市場規模 ・テレコムアナリティクスの世界市場:サービス別分析/市場規模 ・テレコムアナリティクスの世界市場:ソフトウェア別分析/市場規模 ・テレコムアナリティクスの世界市場:地域別分析/市場規模 ・テレコムアナリティクスのアメリカ市場規模予測 ・テレコムアナリティクスのヨーロッパ市場規模予測 ・テレコムアナリティクスのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 希ガス(貴ガス)の世界市場
    当調査レポートでは、希ガス(貴ガス)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、希ガス(貴ガス)の世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 脳インプラントの世界市場2018–2025:製品別(脳深部刺激装置、迷走神経刺激装置)、用途別(慢性疼痛、パーキンソン病、てんかん、うつ病、アルツハイマー病)
    本調査レポートでは、脳インプラントの世界市場について調査・分析し、脳インプラントの世界市場動向、脳インプラントの世界市場規模、市場予測、セグメント別脳インプラント市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • クール素材布地の世界市場2014-2025:タイプ別(人工、天然)、用途別(スポーツ衣料、保護服、ライフスタイル、その他)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中南米、MEA)
    本調査レポートでは、クール素材布地の世界市場について調査・分析し、クール素材布地の世界市場動向、クール素材布地の世界市場規模、市場予測、セグメント別クール素材布地市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • エレクトロクロミック・ガラス及びフィルムの世界市場2016-2023
  • 世界の歯科用印象トレー市場2015
    本調査レポートでは、世界の歯科用印象トレー市場2015について調査・分析し、歯科用印象トレーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • イラクの発電市場2016
  • 甲状腺機能検査の世界市場2017-2021:TSH検査、FT3検査、FT4検査
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、甲状腺機能検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、甲状腺機能検査の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は甲状腺機能検査の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.60%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAbbott、bioMérieux、Danaher、DiaSorin、Siemens Healthineers等です。
  • 韓国の注射器・注射針市場見通し(~2021)
  • ヘッドマウントディスプレイの世界市場
    当調査レポートでは、ヘッドマウントディスプレイの世界市場について調査・分析し、ヘッドマウントディスプレイの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界の不活性フィラー市場2016
    本調査レポートでは、世界の不活性フィラー市場2016について調査・分析し、不活性フィラーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スマート鉄道システムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、スマート鉄道システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スマート鉄道システム市場規模、製品別(ソリューション、サービス、コンポーネント)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・スマート鉄道システムの世界市場概要 ・スマート鉄道システムの世界市場環境 ・スマート鉄道システムの世界市場動向 ・スマート鉄道システムの世界市場規模 ・スマート鉄道システムの世界市場:業界構造分析 ・スマート鉄道システムの世界市場:製品別(ソリューション、サービス、コンポーネント) ・スマート鉄道システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・スマート鉄道システムのアメリカ市場規模・予測 ・スマート鉄道システムのヨーロッパ市場規模・予測 ・スマート鉄道システムのアジア市場規模・予測 ・スマート鉄道システムの主要国分析 ・スマート鉄道システムの世界市場:意思決定フレームワーク ・スマート鉄道システムの世界市場:成長要因、課題 ・スマート鉄道 …
  • 調味料・ドレッシング・ソースのカナダ市場
  • 防汚コーティングの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、防汚コーティングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、防汚コーティング市場規模、種類別(溶剤型、水性)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・防汚コーティングの世界市場概要 ・防汚コーティングの世界市場環境 ・防汚コーティングの世界市場動向 ・防汚コーティングの世界市場規模 ・防汚コーティングの世界市場:業界構造分析 ・防汚コーティングの世界市場:種類別(溶剤型、水性) ・防汚コーティングの世界市場:地域別市場規模・分析 ・防汚コーティングの北米市場規模・予測 ・防汚コーティングのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・防汚コーティングのアジア太平洋市場規模・予測 ・防汚コーティングの主要国分析 ・防汚コーティングの世界市場:意思決定フレームワーク ・防汚コーティングの世界市場:成長要因、課題 ・防汚コーティングの世界市場:競争環境 ・防汚コーティングの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析) 主な分析対象企業 …
  • 世界のオストミーバッグ市場2015
    本調査レポートでは、世界のオストミーバッグ市場2015について調査・分析し、オストミーバッグの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アダルトグッズストアの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、アダルトグッズストアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アダルトグッズストアの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • モンゴルのプラスチックパイプ/チューブ/ホース市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • ワックス溶融物の世界市場分析:地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中南米、中東、アフリカ)、国別(アメリカ、カナダ、メキシコ、ドイツ、英国、イタリア、フランス、中国、ブラジル)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、ワックス溶融物の世界市場について調査・分析し、ワックス溶融物の世界市場動向、ワックス溶融物の世界市場規模、市場予測、セグメント別ワックス溶融物市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のオンライン・ホームデコール市場:製品別、地域別
    本調査レポートはオンライン・ホームデコールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、製品別(オンラインホームファニチャー、オンラインホームファニッシング、その他のオンラインホームデコレーション製品)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・オンライン・ホームデコールの世界市場:製品別(オンラインホームファニチャー、オンラインホームファニッシング、その他のオンラインホームデコレーション製品) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • ブラジルの整形外科用補装具市場動向(~2021)
  • プロピオン酸カルシウムの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、プロピオン酸カルシウムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別分析、形状(ドライ、液体)別分析、地域別分析、プロピオン酸カルシウムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • カポジ肉腫(Kaposi’s Sarcoma):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、カポジ肉腫(Kaposi's Sarcoma)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・カポジ肉腫(Kaposi's Sarcoma):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・カポジ肉腫(Kaposi's Sarcoma)のフェーズ3治験薬の状況 ・カポジ肉腫(Kaposi's Sarcoma)治療薬の市場規模(販売予測) ・カポジ肉腫(Kaposi's Sarcoma)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・カポジ肉腫(Kaposi's Sarcoma)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のカポジ肉腫(Kaposi's Sarcoma)治療薬剤
  • 網膜静脈閉塞(Retinal Vein Occlusion):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における網膜静脈閉塞(Retinal Vein Occlusion)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、網膜静脈閉塞(Retinal Vein Occlusion)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・網膜静脈閉塞(Retinal Vein Occlusion)の概要 ・網膜静脈閉塞(Retinal Vein Occlusion)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の網膜静脈閉塞(Retinal Vein Occlusion)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・網膜静脈閉塞(Retinal Vein Occlusion)治療薬の評価    …
  • スウェーデンの心臓補助装置市場見通し
  • IT資産処分(ITAD)の世界市場予測:逆製造&リサイクル、リマーケティング&価値回収、データ破壊・データサニタイゼーション、静脈物流&物流管理
    当調査レポートでは、IT資産処分(ITAD)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、サービス別分析、資産種類別分析、企業規模別分析、需要先別分析、IT資産処分(ITAD)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の航空ブロックチェーン市場:最終市場別(空港、航空会社、MRO、製造業者、貸手)、用途別(スマートコントラクト、サプライチェーン管理、航空機メンテナンス、貨物および手荷物追跡)、展開別、機能別、地域別
    MarketsandMarkets社は、航空ブロックチェーンの世界市場規模が2019年421百万ドルから2025年1394百万ドルまで年平均22.1%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の航空ブロックチェーン市場を広く調査・分析し、市場概要、最終市場別(航空会社、Mro、空港、メーカー、講師)分析、用途別(貨物および手荷物追跡、旅客識別管理、フライトおよび乗務員データ管理、フリークエントフライヤープログラム、スマート契約、サプライチェーン管理、航空機整備)分析、展開別(パブリック、プライベート、ハイブリッド)分析、機能別(記録保持、トランザクション)分析、業種別(民生用、商業用)分析、地域分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・業界トレンド ・世界の航空ブロックチェーン市場:最終市場別(航空会社、Mro、空港、メーカー、講師) ・世界の航空ブロックチェーン市場:用途別(貨物および手荷物追跡、旅客識別管理、フライトおよび乗務員データ管理、フリークエントフライヤープ …
  • ジオテキスタイルの世界市場:材質別(PP(ポリプロピレン)、PE(ポリエチレン))、製品別(不織布、織布)、用途別(道路建設、浸食防止)、地域別
    本調査レポートでは、ジオテキスタイルの世界市場について調査・分析し、ジオテキスタイルの世界市場動向、ジオテキスタイルの世界市場規模、市場予測、セグメント別ジオテキスタイル市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 関節鏡検査の世界市場分析:製品別(電動シェーバーシステム、視覚化システム、流体管理システム、アブレーションシステム、関節鏡、関節鏡インプラント、アクセサリー、使い捨て製品)、用途別(臀部、膝、肩、足と足首、手と手首、肘、スポーツ傷害)、セグメント予測
    本調査レポートでは、関節鏡検査の世界市場について調査・分析し、関節鏡検査の世界市場動向、関節鏡検査の世界市場規模、市場予測、セグメント別関節鏡検査市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 医療機器製造アウトソーシングの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、医療機器製造アウトソーシングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、医療機器製造アウトソーシングの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、サービス別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 配電フィーダー自動化の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、配電フィーダー自動化の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、配電フィーダー自動化の世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • マグネチックスターラーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、マグネチックスターラーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マグネチックスターラーの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のクエン酸カリウム市場2015
    本調査レポートでは、世界のクエン酸カリウム市場2015について調査・分析し、クエン酸カリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 韓国のオーソバイオロジクス市場動向(~2021)
  • 旅行ダッフルバッグの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、旅行ダッフルバッグの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、旅行ダッフルバッグの世界市場規模及び予測、販売店種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 床材の世界市場
    当調査レポートでは、床材の世界市場について調査・分析し、床材の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 民間航空機用酸素系統の世界市場:乗客用酸素系統、乗員用酸素系統、酸素貯蔵装置、酸素供給装置、酸素マスク
    当調査レポートでは、民間航空機用酸素系統の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、システム別分析、構成要素別分析、種類別分析、技術別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ポジションセンサーの世界市場:リニアポジションセンサー、ロータリーポジションセンサー、近接センサー
    当調査レポートでは、ポジションセンサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、センサー種類別分析、接触方式別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • LNGタンクコンテナの世界市場2017-2021:海上輸送、陸上輸送
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、LNGタンクコンテナの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、LNGタンクコンテナの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はLNGタンクコンテナの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.83%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はChart、CIMC、Cryeng Group、Furuise Europe、Uralcryomash JSC等です。
  • スキンケア製品の世界市場
    当調査レポートでは、スキンケア製品の世界市場について調査・分析し、スキンケア製品の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 韓国のアクリル酸市場(~2019)
  • ロータリー式掘削装置の世界市場
    当調査レポートでは、ロータリー式掘削装置の世界市場について調査・分析し、ロータリー式掘削装置の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ロータリー式掘削装置の世界市場:市場動向分析 - ロータリー式掘削装置の世界市場:競争要因分析 - ロータリー式掘削装置の世界市場:装置の種類別 ・単管装置 ・二重管装置 ・三重管装置 - ロータリー式掘削装置の世界市場:用途別 ・陸地用ロータリー式掘削装置 ・海上用ロータリー式掘削装置 ・極端に深い水中用の装置 ・深い水中用の装置 ・浅い水中用の装置 - ロータリー式掘削装置の世界市場:主要地域別分析 - ロータリー式掘削装置の北米市場規模(アメリカ市場等) - ロータリー式掘削装置のヨーロッパ市場規模 - ロータリー式掘削装置のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・ロータリー式掘削装置の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • ドイツの股関節再建市場動向(~2021)
  • 自動試験装置の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動試験装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動試験装置市場規模、エンドユーザ―別(家電、通信、航空宇宙・防衛、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、ADVANTEST, Anritsu, National Instruments, ROHDE&SCHWARZ, Teradyneなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動試験装置の世界市場概要 ・自動試験装置の世界市場環境 ・自動試験装置の世界市場動向 ・自動試験装置の世界市場規模 ・自動試験装置の世界市場:業界構造分析 ・自動試験装置の世界市場:エンドユーザ―別(家電、通信、航空宇宙・防衛、その他) ・自動試験装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動試験装置の北米市場規模・予測 ・自動試験装置のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・自動試験装置のアジア太平洋市場規模・予測 ・自動試験装置の主要国分析 ・自動試験装置の世界市場:意思決定フレームワ …
  • 世界の溶存酸素計市場2015
    本調査レポートでは、世界の溶存酸素計市場2015について調査・分析し、溶存酸素計の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 花・植物用物流の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、花・植物用物流の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、花・植物用物流市場規模、製品別(花・植物)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、C.H. Robinson Worldwide, DB Schenker, Deutsche Post, FedEx, KUEHNE + NAGELなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・花・植物用物流の世界市場概要 ・花・植物用物流の世界市場環境 ・花・植物用物流の世界市場動向 ・花・植物用物流の世界市場規模 ・花・植物用物流の世界市場:業界構造分析 ・花・植物用物流の世界市場:製品別(花・植物) ・花・植物用物流の世界市場:地域別市場規模・分析 ・花・植物用物流の北米市場規模・予測 ・花・植物用物流のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・花・植物用物流のアジア太平洋市場規模・予測 ・花・植物用物流の主要国分析 ・花・植物用物流の世界市場:意思決定フレームワーク ・花・植物用物流の世 …
  • 非炭酸飲料の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、非炭酸飲料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、非炭酸飲料の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"