"航空における5Gの世界市場予測(~2026年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM90911)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"航空における5Gの世界市場予測(~2026年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Increasing demand for predictive and condition-based maintenance through data shared by connected aircraft across the globe is driving the market growth 5G market in aviation is projected to grow from USD 0.5 billion in 2021 to USD 3.9 billion by 2026, at a CAGR of 52.7% during the forecast period. The market is driven by factors such as an increase in the demand for predictive, prescriptive, and condition-based maintenance through data shared by connected aircraft, growing demand for a better flight experience and the need for fast internet connectivity in aircraft & airports. However, huge investments involved in the development of 5G infrastructure is limiting the overall growth of the market.

Based on end-use, 5G infrastructure for airport segment is estimated to account for the largest share of the market in 2021
Based on end-use, 5G infrastructure for airport is estimated to account for the largest share of the overall market in 2021. The 5G infrastructure for aircraft segment is projected to grow at a higher CAGR during the forecast period, owing to the various applications of 5G in flight as well as passenger drone operations, such as real-time monitoring and in-flight entertainment.

Based on technology, the enhanced mobile broadband segment estimated to account for the major market share in 2021
eMBB is an evolution to the existing 4G network and can also be termed as the initial phase of 5G services. Prominent applications involved with eMBB include in-flight entertainment, real-time air traffic alerts, real-time video streaming, games with 3D and 4K resolutions, and high-speed internet access for latent-free cloud access. There is a growing demand for better flight experience, which, in turn, is fueling the demand for eMBB technology in the 5G market in aviation.

North America is estimated to account for the largest share of the 5G market in aviation in 2021 North America has a high demand for air travel, and there is tremendous growth in air passenger traffic. The rise in passenger traffic is leading to an increase in demand for good internet connectivity in airports as well as aircraft. In addition, the rise of connected aircraft and smart airports in this region is boosting the growth of the regional market.

The break-up of profiles of primary participants in the 5G market in aviation: By Company Type: Tier 1 – 35%, Tier 2 – 45%, and Tier 3 – 20% By Designation: C-Level Executives – 35%, Directors – 25%, and Others – 40% By Region: North America – 45%, Europe – 20%, Asia Pacific – 30%, Rest of the World – 5%

Key players in the 5G market in aviation are Ericsson (Sweden), Nokia (Finland), Cisco Systems (US), Panasonic Avionics Corporation (US), Huawei Technologies Co. Ltd. (China), Gogo LLC (US), Global Eagle Entertainment (US), ONEWEB (US), Aeromobile Communications (UK), Smartsky Networks (US), Inseego Corp (US) and Intelsat (US). These are some of the players providing 5G infrastructure as well as services in various countries across the world. Research Coverage: The market study covers the 5G market in aviation across segments. It aims at estimating the market size and the growth potential of this market across different segments, such as end-use, communication infrastructure, technology, application, and region. The study also includes an in-depth competitive analysis of the key players in the market, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and key market strategies. Reasons to buy this report:

This report will help the market leaders/new entrants in this market with information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall 5G market in aviation and its subsegments. The report covers the entire ecosystem of the 5G market in the aviation industry and will help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to better position their businesses and plan suitable go-to-market strategies. The report will also help stakeholders understand the pulse of the market and provide them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"航空における5Gの世界市場予測(~2026年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 17)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Regional Scope
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 21)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.3 Market Definition & Scope
2.2 Research Approach & Methodology
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 5G Infrastructure for Airport Market Approach
2.2.3 5G Infrastructure for Aircraft Market Approach
2.2.3.1 5G Services Market Approach
2.2.3.1.1 5G Services Market for Aircraft Operations Approach
2.2.3.1.2 5G Services Market for Airport Operations Approach
2.2.4 Bottom-Up Approach
2.2.5 Top-Down Approach
2.3 Triangulation & Validation
2.3.1 Triangulation Through Secondary Research
2.3.2 Triangulation Through Primaries
2.4 Research Assumptions
2.4.1 Market Sizing and Market Forecasting
2.5 Risk Analysis
3 Executive Summary (Page No. – 31)
4 Premium Insights (Page No. – 34)
4.1 Attractive Opportunities in 5G Market in Aviation From 2021 to 2026
4.2 5G Market in Aviation, By End Use
4.3 5G Market in Aviation, By Technology
4.4 5G Market in Aviation, By Region
5 Market Overview (Page No. – 36)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Growing Demand for A Better Flight Experience
5.2.1.2 Need for Fast Internet Connectivity
5.2.1.3 Use of 5G in IoT
5.2.2 Opportunities
5.2.2.1 Deployment of Flying Taxis and Delivery Drones
5.2.2.2 Increasing Focus on Smart Cabins
5.2.3 Challenges
5.2.3.1 Technology Limitations to Support Consistent High-Speed Connections
5.2.3.2 Difficulty in Sharing Spectrum Bands
5.2.3.3 Huge Investment Involved in Developing 5G Infrastructure
6 Industry Trends (Page No. – 40)
6.1 Introduction
6.2 Adoption of 5G Technology, By Country
6.3 5G in Aviation Use Cases
6.3.1 5G for Air Taxis
6.3.2 5G in Airlines: Gogo 5G
6.3.3 5G in Aerospace Production
6.3.4 5G at Airports
6.3.5 5G Service Robots: Tellu
6.3.6 5G Drones
6.4 5G Direct Air-To-Ground Communications Requirements for Airlines
6.5 Prospective Airlines to Offer 5G In-Flight Network, By Region
7 5G Market in Aviation, By End Use (Page No. – 44)
7.1 Introduction
7.2 5G Infrastructure for Airport
7.2.1 Passenger, Cargo & Baggage
7.2.1.1 Need for Fast Internet-Connected Ground Operators to Send Across Real-Time Data About Baggage and Gates is Expected to Fuel the Growth of 5G Infrastructure for Airport
7.2.2 Air Traffic Control/Air Traffic Management
7.2.2.1 Introduction of Nextgen Air Traffic System is Anticipated to Grow the Demand for 5G Infrastructure for Airport
7.2.3 Communication & Security
7.2.3.1 Rising Demand for Good Voice Communication and High-Speed Internet Connection By Passengers at Airports Will Fuel the Growth of 5G Infrastructure for Airport
7.2.4 Demand for 5G Infrastructure for Airport
7.2.4.1 Rise in Development of Smart Connected Airports is Anticipated to Boost Growth of New Airports Demand for 5G
7.3 5G Infrastructure for Aircraft
7.3.1 Flight Operations
7.3.1.1 Applications of 5G, Such as Fast Data Streaming and Real-Time Health Monitoring, are Expected to Fuel the Growth of 5G Infrastructure for Aircraft
7.3.2 Drone Operations
7.3.2.1 5G is Anticipated to Speed the Acquisition of Real-Time Data of Passenger Drones/Evtol Aircraft/Air Taxis for Ground Station Operators
7.3.3 Demand for 5G Infrastructure for Aircraft
7.3.3.1 Rise in Development of Connected Aircrafts is Expected to Fuel Growth of New Aircrafts Demand for 5G
8 5G Market in Aviation, By Communication Infrastructure (Page No. – 49)
8.1 Introduction
8.2 Small Cells
8.2.1 Improved Capacity and Increased Coverage of 5G Services Through Small Cells are Anticipated to Drive Small Cells Segment
8.3 Distributed Antenna Systems (DAS)
8.3.1 Growing Demand for Continuous On-Connectivity is Expected to Fuel the DAS Segment’s Growth
9 5G Market in Aviation, By Technology (Page No. – 53)
9.1 Introduction
9.2 Massive Machine Type Communications (MMTC) and Ultra-Reliable Low-Latency Communications (URLLC)
9.2.1 Need for A Latent Free 5G Connection is Anticipated to Fuel the Growth of URLLC/MMTC
9.3 Enhanced Mobile Broadband (EMBB)
9.3.1 Demand for In-Flight Entertainment & Real-Time Air Traffic Alerts is Expected to Drive the Growth of EMBB
9.4 Fixed Wireless Access (FWA)
9.4.1 Need to Reduce Last Mile Connectivity Expenditure is Anticipated to Boos the Growth of FWA
10 5G Services Market in Aviation, By Application (Page No. – 56)
10.1 Introduction
10.2 Airport Operations
10.2.1 Need for High-Speed Connectivity By Passengers Waiting in Airports is Anticipated to Fuel the Growth of 5G Services Market in Airport Operations
10.3 Aircraft Operations
10.3.1 Rise in Demand for Better Flight Experience and Fast Internet Connection Throughout Flight Journey Will Fuel Growth of 5G Services Market in Aircraft Operations
11 5G Market in Aviation, By Region (Page No. – 59)
11.1 Introduction
11.2 North America
11.2.1 US
11.2.1.1 Increasing Investment for 5G in Aviation By Key Players in US Such as At&T, T-Mobile, Sprint, Verizon, and Charter
11.2.2 Canada
11.2.2.1 Rise in Testing of 5G Technology By Canadian Telecom Operators
11.3 Europe
11.3.1 UK
11.3.1.1 UK is Ahead in Implementation of 5G Infrastructure at Airports
11.3.2 Germany
11.3.2.1 German Telecom Company Deutsche Telekom (Dt) is Conducting Extensive R&D Activity in the Field of 5G Technology
11.3.3 Spain
11.3.3.1 Orange Sa A French Multinational Telecommunications Corporation, is Expected to Help Spain Deploy 5G Network at Airports and Smart Cities
11.3.4 France
11.3.4.1 France is Focusing on Collaborations With Nokia to Develop 5G Network for Industries Such as Aviation
11.3.5 Turkey
11.3.5.1 Turkey’s Largest Telecom Carrier Turkcell Declared Its Intention to Join Hands With Huawei to Build A 5G-Oriented All-Cloud Core Network.
11.3.6 Rest of Europe
11.3.6.1 Increasing Developments of 5G Infrastructure in Rest of European Countries Will Drive the 5G Market
11.4 APAC
11.4.1 China
11.4.1.1 China is Leader in Providing 5G Technologies Due to Presence of 5G Technology Providers Huawei and China Mobile
11.4.2 Japan
11.4.2.1 Rising Focus of Government in Development of 5G Infrastructure at Airports
11.4.3 South Korea
11.4.3.1 Faster Adoption of Technology and Implementation of 5G Enabled Network
11.4.4 India
11.4.4.1 Reliance, Airtel, Bsnl, Samsung and Nokia are Adopting Organic Strategies to Build 5G Network Infrastructure for India
11.4.5 Australia
11.4.5.1 Telstra Australia’s Largest Telecommunications Company, Indicated Its Plan to have 200 5G-Ready Sites By 2019 in Australia
11.4.6 Rest of APAC
11.4.6.1 Countries Such as Singapore and Thailand are Closer to the Launch of 5G Network Because of the Active Participation of Government Bodies.
11.5 Middle East
11.5.1 UAE
11.5.1.1 Etisalat Plans to Introduce 5G Network Services in the New Midfield Terminal Building (MTB) of the Abu Dhabi International Airport
11.5.2 Saudi Arabia
11.5.2.1 Saudi Arabia’s Cross-Border City Neom Implemented 5G Network at Its Airport
11.5.3 Rest of Middle East
11.5.3.1 Rising Demand for Good Flight Experience and Faster In-Flight Connectivity in International and Domestic Airlines
11.6 Rest of the World
11.6.1 Latin America
11.6.1.1 The Telecommunication Industry in Latin America Offers 4G Services and has Started Initial Discussions on 5G Technology
11.6.2 Africa
11.6.2.1 Mtn and Vodacom Already Planning to Bring 5G By Partnering With Ericsson and Zte in Africa
12 Competitive Landscape (Page No. – 94)
12.1 Introduction
12.2 Competitive Leadership Mapping
12.2.1 Visionary Leaders
12.2.2 Innovators
12.2.3 Dynamic Differentiators
12.2.4 Emerging Companies
12.3 Ranking of Key Players, 2020
12.4 Competitive Scenario
12.4.1 New Product Launches
12.4.2 Contracts
12.4.3 Other Strategies
13 Company Profiles (Page No. – 100)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
13.1 Huawei
13.2 Ericsson
13.3 Nokia Corporation
13.4 Cisco Systems
13.5 Panasonic Avionics Corporation
13.6 Gogo
13.7 Global Eagle Entertainment
13.8 ONEWEB
13.9 Aeromobile Communications
13.10 Smartsky Networks
13.11 Inseego Corp.
13.12 Intelsat
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
14 Appendix (Page No. – 125)
14.1 Discussion Guide
14.1 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
14.2 Available Customizations
14.3 Related Reports
14.4 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】航空における5Gの世界市場予測(~2026年)
【発行日】2019年8月16日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM90911
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】航空宇宙
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
航空における5Gの世界市場予測(~2026年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ヒストンデアセチラーゼ6(HDAC6)阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるヒストンデアセチラーゼ6(HDAC6)阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ヒストンデアセチラーゼ6(HDAC6)阻害剤の概要 ・ヒストンデアセチラーゼ6(HDAC6)阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のヒストンデアセチラーゼ6(HDAC6)阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ヒストンデアセチラーゼ6(HDAC6)阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ヒストンデアセチラーゼ6(HDAC6)阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界のスーツケース市場2015
    本調査レポートでは、世界のスーツケース市場2015について調査・分析し、スーツケースの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • PV太陽エネルギー充電コントローラーの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、PV太陽エネルギー充電コントローラーの世界市場について調査・分析し、PV太陽エネルギー充電コントローラーの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別PV太陽エネルギー充電コントローラーシェア、市場規模推移、市場規模予測、PV太陽エネルギー充電コントローラー種類別分析(PWM、MPPT)、PV太陽エネルギー充電コントローラー用途別分析(工業用・商業用、家庭用・地方電化)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・PV太陽エネルギー充電コントローラーの市場概観 ・PV太陽エネルギー充電コントローラーのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・PV太陽エネルギー充電コントローラーのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・PV太陽エネルギー充電コントローラーの世界市場規模 ・PV太陽エネルギー充電コントローラーの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・PV太陽エネルギー充電コントローラーのアメリカ市場規模推移 ・PV太陽エネルギー充電コントローラーのカナダ市場規模推移 ・PV太陽 …
  • セラミックタイルの世界市場予測
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、セラミックタイルの世界市場について調査・分析し、セラミックタイルの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 外部装甲の世界市場分析:タイプ別(可動式、設置式)、技術別(駆動系[空気圧アクチュエータ、油圧アクチュエータ、電動サーボ、電動アクチュエータ、フルメカニカル、形状記憶合金アクチュエータ、燃料電池])、用途別(ヘルスケア、軍事、産業)、セグメント予測
    本調査レポートでは、外部装甲の世界市場について調査・分析し、外部装甲の世界市場動向、外部装甲の世界市場規模、市場予測、セグメント別外部装甲市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の補助人工心臓(VAD)市場2015
    本調査レポートでは、世界の補助人工心臓(VAD)市場2015について調査・分析し、補助人工心臓(VAD)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 眼科粘弾性装置(OVD)の世界市場:製品種類別(粘着性眼科用粘弾性、分散性眼科用粘弾性)、用途別(白内障手術、緑内障手術、角膜移植および硝子体網膜手術)、エンドユーザー別(病院、眼科クリニック、その他)
    本資料は、眼科粘弾性装置(OVD)の世界市場について調べ、眼科粘弾性装置(OVD)の世界規模、市場動向、市場環境、製品種類別(粘着性眼科用粘弾性、分散性眼科用粘弾性)分析、エンドユーザー別(病院、眼科クリニック、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・眼科粘弾性装置(OVD)の世界市場概要 ・眼科粘弾性装置(OVD)の世界市場環境 ・眼科粘弾性装置(OVD)の世界市場動向 ・眼科粘弾性装置(OVD)の世界市場規模 ・眼科粘弾性装置(OVD)の世界市場:製品種類別(粘着性眼科用粘弾性、分散性眼科用粘弾性) ・眼科粘弾性装置(OVD)の世界市場:用途別(白内障手術、緑内障手術、角膜移植および硝子体網膜手術) ・眼科粘弾性装置(OVD)の世界市場:エンドユーザー別(病院、眼科クリニック、その他) ・眼科粘弾性装置(OVD)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・眼科粘弾性装置(OVD)の北米市場規模・予測 ・眼科粘弾性装置(OVD)のアメリカ市場 …
  • プラスチック加工機械の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、プラスチック加工機械の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プラスチック加工機械の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用牽引バーの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、自動車用牽引バーの世界市場について調べ、自動車用牽引バーの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、自動車用牽引バーの市場規模をセグメンテーション別(種類別(引き込み不可、引き込み可能)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は自動車用牽引バーの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均4%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・自動車用牽引バーの市場状況 ・自動車用牽引バーの市場規模 ・自動車用牽引バーの市場予測 ・自動車用牽引バーの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(引き込み不可、引き込み可能) ・自動車用牽引バーの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 食品・飲料産業における人工知能(AI)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、食品・飲料産業における人工知能(AI)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、食品・飲料産業における人工知能(AI)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は食品・飲料産業における人工知能(AI)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均42.18%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Aboard Software、Ailyti、Analytical Flavor Systems、Deepnify、ImpactVision等です。
  • ダンプ車傾斜装置の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、ダンプ車傾斜装置の世界市場について調査・分析し、ダンプ車傾斜装置の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ダンプ車傾斜装置の世界市場:市場動向分析 - ダンプ車傾斜装置の世界市場:競争要因分析 - ダンプ車傾斜装置の世界市場:耐荷重能力別 30トン以上 15−30トン 15トン未満 - ダンプ車傾斜装置の世界市場:フレーム金属別 アルミニウム 鋼鉄 - ダンプ車傾斜装置の世界市場:傾斜装置種別 三種傾斜体 ロールオフ傾斜体 後部傾斜体 - ダンプ車傾斜装置の世界市場:エンドユーザー別 廃棄物管理 採鉱 海洋サービス 建設 その他のエンドユーザー - ダンプ車傾斜装置の世界市場: 機構別 水力/油圧工学 空力 - ダンプ車傾斜装置の世界市場:主要地域別分析 - ダンプ車傾斜装置の北米市場規模(アメリカ市場等) - ダンプ車傾斜装置のヨーロッパ市場規模 - ダンプ車傾斜装置のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・ダンプ車傾斜装置の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • ユーイング肉腫(Ewing Sarcoma):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、ユーイング肉腫(Ewing Sarcoma)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ユーイング肉腫(Ewing Sarcoma):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・ユーイング肉腫(Ewing Sarcoma)のフェーズ3治験薬の状況 ・ユーイング肉腫(Ewing Sarcoma)治療薬の市場規模(販売予測) ・ユーイング肉腫(Ewing Sarcoma)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・ユーイング肉腫(Ewing Sarcoma)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のユーイング肉腫(Ewing Sarcoma)治療薬剤
  • イオン交換樹脂の世界市場予測(~2026):種類別(カチオン樹脂、アニオン樹脂)、需要先別、地域別
    当調査レポートでは、イオン交換樹脂の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、イオン交換樹脂の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 空中給油の世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、空中給油の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、システム別(プローブ及びドローグ、ブーム給油、自律)分析、コンポーネント別(ポンプ、バルブ、ノズル、ホース、ブーム、プローブ、燃料タンク、ポッド)分析、航空機種類別(固定および回転)分析、種類別(有人、無人)分析、空中給油の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、空中給油の世界市場規模が2019年537百万ドルから2025年692百万ドルまで年平均4.3%成長すると予測しています。
  • 電解質コルチコイド受容体アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における電解質コルチコイド受容体アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・電解質コルチコイド受容体アンタゴニストの概要 ・電解質コルチコイド受容体アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中の電解質コルチコイド受容体アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・電解質コルチコイド受容体アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・電解質コルチコイド受容体アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • PBP1A阻害薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるPBP1A阻害薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・PBP1A阻害薬の概要 ・PBP1A阻害薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のPBP1A阻害薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・PBP1A阻害薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・PBP1A阻害薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界のペンタデカン二酸市場2016
    本調査レポートでは、世界のペンタデカン二酸市場2016について調査・分析し、ペンタデカン二酸の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 脂漏症(Seborrhea):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、脂漏症(Seborrhea)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・脂漏症(Seborrhea):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・脂漏症(Seborrhea)のフェーズ3治験薬の状況 ・脂漏症(Seborrhea)治療薬の市場規模(販売予測) ・脂漏症(Seborrhea)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・脂漏症(Seborrhea)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の脂漏症(Seborrhea)治療薬剤
  • 医療M2Mの世界市場
    当調査レポートでは、医療M2Mの世界市場について調査・分析し、医療M2Mの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 真珠光沢顔料の世界市場分析:製品別(天然パールエッセンス、二酸化チタン、酸化第二鉄、コンビネーションマイカ)、用途別(塗料・コーティング、プラスチック、印刷インキ、化粧品)、セグメント予測
    本調査レポートでは、真珠光沢顔料の世界市場について調査・分析し、真珠光沢顔料の世界市場動向、真珠光沢顔料の世界市場規模、市場予測、セグメント別真珠光沢顔料市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の真空包装材料市場2015
    本調査レポートでは、世界の真空包装材料市場2015について調査・分析し、真空包装材料の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • インドの関節鏡検査機器市場動向(~2021)
  • アイスクリームの世界市場2014–2025:製品種類別(インパルス、アルティザン、テイクアウト)、地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、MEA)
    本調査レポートでは、アイスクリームの世界市場について調査・分析し、アイスクリームの世界市場動向、アイスクリームの世界市場規模、市場予測、セグメント別アイスクリーム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ヘルスケアCRO(医薬品開発受託機関)の世界市場:タイプ別(創薬、前臨床、臨床)、サービス別(プロジェクト管理、データ管理、メディカルライティング、技術)、地域別予測
    本資料は、ヘルスケアCRO(医薬品開発受託機関)の世界市場について調べ、ヘルスケアCRO(医薬品開発受託機関)の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(創薬、前臨床、臨床)分析、サービス別(プロジェクト管理、データ管理、メディカルライティング、技術)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ヘルスケアCRO(医薬品開発受託機関)の世界市場概要 ・ヘルスケアCRO(医薬品開発受託機関)の世界市場環境 ・ヘルスケアCRO(医薬品開発受託機関)の世界市場動向 ・ヘルスケアCRO(医薬品開発受託機関)の世界市場規模 ・ヘルスケアCRO(医薬品開発受託機関)の世界市場規模:タイプ別(創薬、前臨床、臨床) ・ヘルスケアCRO(医薬品開発受託機関)の世界市場規模:サービス別(プロジェクト管理、データ管理、メディカルライティング、技術) ・ヘルスケアCRO(医薬品開発受託機関)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ヘルスケアCRO(医薬品開発受託機関)の北米市場規 …
  • 自動車サンルーフの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車サンルーフの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車サンルーフの世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • NS3/4Aプロテアーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるNS3/4Aプロテアーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・NS3/4Aプロテアーゼ阻害剤の概要 ・NS3/4Aプロテアーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のNS3/4Aプロテアーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・NS3/4Aプロテアーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・NS3/4Aプロテアーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界の光受信機市場2015
    本調査レポートでは、世界の光受信機市場2015について調査・分析し、光受信機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 頭蓋内圧(ICP)モニタリング装置の世界市場分析:方法別(侵襲的、非侵襲的)、用途別(外傷性脳傷害、脳内出血、髄膜炎、くも膜下出血、その他)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、頭蓋内圧(ICP)モニタリング装置の世界市場について調査・分析し、頭蓋内圧(ICP)モニタリング装置の世界市場動向、頭蓋内圧(ICP)モニタリング装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別頭蓋内圧(ICP)モニタリング装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 細胞培養の世界市場:装置(バイオリアクター、培養容器)、消耗品(FBS、ABS、培地、試薬)
    当調査レポートでは、細胞培養の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、装置別分析、消耗品別分析、用途別分析、需要先別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の太陽電池用接続箱市場2015
    本調査レポートでは、世界の太陽電池用接続箱市場2015について調査・分析し、太陽電池用接続箱の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 建設用リフトの世界市場
    当調査レポートでは、建設用リフトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、建設用リフトの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 高リン血症治療薬の世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、世界の高リン血症治療薬市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・高リン血症治療薬の世界市場:イントロダクション ・高リン血症治療薬の世界市場:市場概観 ・高リン血症治療薬の世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・高リン血症治療薬の世界市場:セグメント別市場分析 ・高リン血症治療薬の世界市場:主要地域別市場分析 ・高リン血症治療薬の世界市場:関連企業分析
  • 急性骨髄性白血病(AML)治療薬の世界市場機会分析
    当調査レポートでは、急性骨髄性白血病(AML)治療薬の世界市場機会について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・急性骨髄性白血病(AML)の概要:病因、病態生理、症状 ・疫学:リスク要因、併存症、グローバル動向、予測方法、疫学的予測結果 ・急性骨髄性白血病(AML)治療薬市場の現状:診断、治療概要、臨床診療、主要な医薬品 ・アンメット・ニーズ及び市場機会分析 ・研究開発戦略 ・パイプライン分析 ・パイプラインの価値分析
  • キャリアイーサネットアクセスデバイスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、キャリアイーサネットアクセスデバイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、キャリアイーサネットアクセスデバイスの世界市場規模及び予測、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 キャリアイーサネットとは、通信事業者にイーサネットサービスを提供するサービスです。このサービスにはE-Line、E-LAN、E-Treeがあります。Technavio社はキャリアイーサネットアクセスデバイスの世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.10%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Alcatel-Lucent Enterprise • Arista Networks• Brocade Communications Systems• Cisco Systems• Dell• HPE• Juniper Networks等です。
  • ヨーグルトドリンクの世界市場2014–2025:種類別(普通、無脂肪、フレーバー)、販路別(ハイパー・スーパーマーケット、コンビニエンスストア、専門店)、パッケージ別(プラスチックボトル、テトラパック)、地域別
    本調査レポートでは、ヨーグルトドリンクの世界市場について調査・分析し、ヨーグルトドリンクの世界市場動向、ヨーグルトドリンクの世界市場規模、市場予測、セグメント別ヨーグルトドリンク市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • バイオメトリクス(生体認証)の世界市場予測
    本調査レポートでは、バイオメトリクス(生体認証)の世界市場について調査・分析し、バイオメトリクス(生体認証)の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 凍結治療の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、凍結治療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品別(凍結手術装置、局所凍結療法装置、凍結サウナ)分析、用途別(外科的アプリケーション、痛み管理、健康・美容)分析、エンドユーザー別(病院&専門クリニック、スパ)分析、凍結治療の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、凍結治療の世界市場規模が2019年206百万ドルから2024年319百万ドルまで年平均9.1%成長すると予測しています。
  • 電子顕微鏡の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、電子顕微鏡の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電子顕微鏡の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • アルミ複合板の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、アルミ複合板の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アルミ複合板の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スパークリングジュースの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、スパークリングジュースの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スパークリングジュースの世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はスパークリングジュースの世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.18%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• AriZona Beverages• Coca-Cola• Knudsen & Sons• Ocean Spray• PepsiCo• S. Martinelli & Company等です。
  • アルギニン減少剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるアルギニン減少剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アルギニン減少剤の概要 ・アルギニン減少剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のアルギニン減少剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・アルギニン減少剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・アルギニン減少剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • アジア太平洋のGIS(地理情報システム)市場2016-2020
    当調査レポートでは、アジア太平洋のGIS(地理情報システム)市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アジア太平洋のGIS(地理情報システム)市場規模及び予測、需要先(産業)別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ネオプレンの世界市場2019-2023
    ネオプレンは、クロロプレンを重合させることで製造される合成ゴムです。ネオプレンの世界市場は、2019~2023年の間、年平均成長率5.55%で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、Denka、LANXESS、SHOW A DENKO、Tosoh、ZENITH RUBBERなどです。 当調査レポートでは、ネオプレンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ネオプレン市場規模、用途別(技術ゴム、接着剤、ラテックス)分析、エンドユーザー別(自動車、製造、消費財、医療)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ネオプレンの世界市場概要 ・ネオプレンの世界市場環境 ・ネオプレンの世界市場動向 ・ネオプレンの世界市場規模 ・ネオプレンの世界市場:業界構造分析 ・ネオプレンの世界市場:用途別(技術ゴム、接着剤、ラテックス) ・ネオプレンの世界市場:エンドユーザー別(自動車、製造、消費財、医療) ・ネオプレンの世界市場:地域別市場規模・分析 …
  • 光ファイバおよびプラスチックコンジットの世界市場:モード別(シングルモード、マルチモード)、製品タイプ別(ガラス光ファイバー、プラスチック光ファイバー)、接続性別(FTTH、FTTB)、業種別(テレコムおよびIT、公共部門、ヘルスケア、エネルギーおよびユーティリティ、航空宇宙、防衛 、製造業、その他)
    当調査レポートでは、光ファイバおよびプラスチックコンジットの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場概要、モード別分析、製品タイプ別分析、接続性別分析、業種別分析、地域別分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・光ファイバおよびプラスチックコンジットの世界市場:モード別(シングルモード、マルチモード) ・光ファイバおよびプラスチックコンジットの世界市場:製品タイプ別(ガラス光ファイバー、プラスチック光ファイバー) ・光ファイバおよびプラスチックコンジットの世界市場:接続性別(FTTH、FTTB) ・光ファイバおよびプラスチックコンジットの世界市場:業種別(テレコムおよびIT、公共部門、ヘルスケア、エネルギーおよびユーティリティ、航空宇宙、防衛 、製造業、その他) ・光ファイバおよびプラスチックコンジットの世界市場:地域別 ・企業概要
  • LEDドライバとチップセットの世界市場
    当調査レポートでは、LEDドライバとチップセットの世界市場について調査・分析し、LEDドライバとチップセットの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 商用航空機MRO(保守・修理・点検)の世界市場2019-2023
    IoT対応ジェットエンジンの出現は、市場の成長を牽引する可能性があります。 IoTは、使用パターンや作業環境に関するデータを収集して共有し、それによって、生き生きとしていないオブジェクトとそのユーザーとの間にネットワークを形成することを容易にする新しい概念です。 Technavioのアナリストは、民間航空機のMRO市場は2023年までに4%以上のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、AAR、Hong Kong Aircraft Engineering Company、Lufthansa Technik、MTU AERO ENGINES、Singapore Technologies Engineeringなどです。 当調査レポートでは、商用航空機MRO(保守・修理・点検)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、商用航空機MRO(保守・修理・点検)市場規模、種類別(エンジン、コンポーネント、機体、ライン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー …
  • 世界の断熱発泡ポリスチレン市場2015
    本調査レポートでは、世界の断熱発泡ポリスチレン市場2015について調査・分析し、断熱発泡ポリスチレンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スウェーデンの風力発電市場2016:発電能力、生産、均等化発電原価(LCOE)、投資動向、規制、企業分析
  • 不妊治療サービスの世界市場:手順別(ICSIを伴うIVF、IUI、ICSIを伴わないIVF、代理出産、その他)、サービス別(新鮮な非ドナー、冷凍の非ドナー、卵および胚銀行、新鮮なドナー、および冷凍のドナー)
    当調査レポートでは、不妊治療サービスの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場概要、手順別分析、サービス別分析、エンドユーザー別分析、地域別分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・不妊治療サービスの世界市場:手順別(ICSIを伴うIVF、IUI、ICSIを伴わないIVF、代理出産、その他) ・不妊治療サービスの世界市場:サービス別(新鮮な非ドナー、冷凍の非ドナー、卵および胚銀行、新鮮なドナー、および冷凍のドナー) ・不妊治療サービスの世界市場:エンドユーザー別(不妊治療クリニック、病院、手術センター、臨床研究所) ・不妊治療サービスの世界市場:地域別 ・企業概要
  • チョコレート包装の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、チョコレート包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、チョコレート包装の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"