"NPK肥料(飼料用及び食品用)の世界市場予測(~2023年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM90913)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"NPK肥料(飼料用及び食品用)の世界市場予測(~2023年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The NPK fertilizers (food-grade) market is projected to grow at a CAGR of 4.0%.”The NPK fertilizers (food-grade) market is estimated to be valued at USD 2.4 billion in 2018 and is projected to reach USD 2.9 billion by 2023, at a CAGR of 4.0% from 2018 to 2023. The market is driven by a rise in consumption of meat & dairy products and increasing awareness about the quality of food products. Skepticism associated with the use of NPK fertilizers (food-grade) is the major challenge for the growth of this market.

“Phosphorus segment estimated to lead the market with the largest share from 2018.”
The NPK fertilizers (food-grade) market, in terms of type, is estimated to be led by the phosphorus segment in 2018. The segment is also projected to grow at the highest CAGR between 2018 and 2023. Increasing demand for dairy and meat & meat products, along with growing consumer awareness regarding the benefits of food-grade phosphate are some of the major factors driving the market.

“The powder segment is projected to be the fastest-growing form of NPK fertilizers (food-grade) from 2018 to 2023.”
The NPK fertilizers (food-grade) market, by form, is estimated to be dominated by the powder segment in 2018. The powder segment is driven mainly by its ease of use, uniform consistency, and ability to not alter the desired texture of the food product. Such types of food-grade fertilizers are preferred especially for processing powdered products such as spray-dried cheese or milk powders and aid in the protection of milk proteins from heat dehydration.

“Asia Pacific set to lead the NPK fertilizers (feed-grade and food-grade) market with the largest share in 2018.”
The Asia Pacific NPK fertilizers (feed-grade and food-grade)market is estimated to be the largest in 2018. The market is driven by the changing food consumption patterns in the region owing to rising incomes and urbanization, especially in South Asian countries.
The penetration of commercial feed and high-protein food is increasing in most countries in this region. The region has also witnessed promising growth in the production of processed feed in the last few years, owing to increasing awareness about the benefits of commercial feed. As a result, the demand for NPK fertilizers (feed-grade) is projected to grow in the region.

The breakdown of the primaries based on company type, designation, and region, conducted during the research study, is as follows:
 By Company Type: Tier I: 28%, Tier II: 33%, and Tier III: 39%
 By Designation: C Level: 49%, D Level: 21%, Others: 30%
 By Region: North America: 25%, Europe: 30%, Asia Pacific: 40%, and RoW: 5%
The NPK fertilizers (feed-grade and food-grade)market comprises of major players such as Borealis AG (Austria), AkzoNobel (Netherlands), Yara International ASA (Norway), Petróleo Brasileiro S.A. (Brazil), Agrium Inc. (Canada), The Mosaic Company (US), Israel Chemicals Ltd. (Israel), EuroChem (Switzerland), PotashCorp (Canada), K+S AKTIENGESELLSCHAFT (Germany), Alltech (US), PhosAgro (Russia), Haifa Chemicals (Israel), Aditya Birla Chemicals (India), SKW Stickstoffwerke Piesteritz (Germany). The study includes an in-depth competitive analysis of these players in the NPK fertilizers (feed-grade and food-grade) market, with their company profiles, recent developments, and the key market strategies.

Research Coverage
The report analyzes the NPK fertilizers (food-grade) market along with NPK fertilizers (feed-grade) market across different types and regions. It aims at estimating the market size and future growth potential of this market across different segments such as type (food-grade), form (feed- and food-grade), application (food-grade), livestock (feed-grade), and region (feed- and food-grade). The report also includes an in-depth competitive analysis of the key players in the market, along with their company profiles, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report
The report will help market leaders/new entrants in this market with information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall NPK fertilizers (feed-grade and food-grade) market and subsegments. This report will help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to position their businesses better and to plan suitable go-to-market strategies. The report will also help the stakeholders to understand the pulse of the market and will provide them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"NPK肥料(飼料用及び食品用)の世界市場予測(~2023年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 18)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Study Scope
1.4 Periodization Considered
1.5 Currency
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 23)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Breakdown of Primaries
2.2 Market Size Estimation
2.3 Data Triangulation
2.4 Research Assumptions and Limitations
2.4.1 Research Assumptions
2.4.2 Research Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 32)
4 Premium Insights (Page No. – 39)
4.1 Attractive Opportunities in the NPK Fertilizers (Feed-Grade and Food-Grade) Market
4.2 Asia Pacific: NPK Fertilizers (Feed-Grade) Market, By Type & Key Country
4.3 NPK Fertilizers (Food-Grade) Market, By Form & Region
4.4 NPK Fertilizers (Feed-Grade) Market, By Livestock & Region
5 Market Overview (Page No. – 43)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Rise in Consumption of Meat and Dairy Products
5.2.1.2 High Threat of Diseases in Livestock
5.2.1.3 Increasing Awareness About the Quality of Feed and Food Products
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Toxicity of Feed-Grade Fertilizers in Ruminants
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Emerging Markets With Growth Opportunities
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Skepticism Associated With the Use of NPK Fertilizers (Feed-Grade and Food-Grade)
5.3 Value Chain Analysis
5.3.1 Regulatory Landscape
5.3.1.1 US
5.3.1.2 Canada
5.3.1.3 Europe
5.3.1.4 China
5.3.1.5 Japan
5.3.1.6 India
6 NPK Fertilizers (Food-Grade) Market, By Type (Page No. – 57)
6.1 Introduction
6.2 Phosphorus
6.3 Nitrogen
6.4 Potassium
6.5 Others
7 NPK Fertilizers (Food-Grade) Market, By Application (Page No. – 65)
7.1 Introduction
7.2 Meat & Meat Products
7.3 Bakery Products
7.4 Dairy Products
7.5 Beverages
8 NPK Fertilizers (Food-Grade) Market, By Form (Page No. – 73)
8.1 Introduction
8.2 Powder
8.3 Liquid
8.4 Others
9 NPK Fertilizers (Feed-Grade) Market, By Livestock (Page No. – 79)
9.1 Introduction
9.2 Ruminants
9.3 Poultry
9.4 Swine
9.5 Others
10 NPK Fertilizers (Feed-Grade) Market, By Type (Page No. – 88)
10.1 Introduction
10.2 Nitrogen
10.3 Phosphorus
10.4 Potassium
10.5 Others
11 NPK Fertilizers (Feed-Grade and Food-Grade) Market, By Region (Page No. – 96)
11.1 Introduction
11.2 North America
11.2.1 US
11.2.2 Canada
11.2.3 Mexico
11.3 Europe
11.3.1 Germany
11.3.2 France
11.3.3 UK
11.3.4 Spain
11.3.5 Italy
11.3.6 Rest of Europe
11.4 Asia Pacific
11.4.1 China
11.4.2 India
11.4.3 Japan
11.4.4 Australia
11.4.5 Rest of Asia Pacific
11.5 South America
11.5.1 Brazil
11.5.2 Argentina
11.5.3 Rest of South America
11.6 Rest of the World (RoW)
11.6.1 Africa
11.6.2 Middle East
12 Competitive Landscape (Page No. – 153)
12.1 Overview
12.2 Competitive Scenario
12.3 Market Ranking Analysis
12.4 Acquisitions
12.5 Expansions
12.5.1 New Product Launches/Developments/Registrations
13 Company Profiles (Page No. – 161)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
13.1 Borealis Ag
13.2 Akzonobel
13.3 Yara International ASA
13.4 Petróleo Brasileiro S.A.
13.5 Agrium Inc.
13.6 The Mosaic Company
13.7 Israel Chemicals Ltd.
13.8 Eurochem
13.9 The Potash Corporation of Saskatchewan Inc.
13.10 K+S Aktiengesellschaft
13.11 Alltech
13.12 Phosagro
13.13 Haifa Chemicals Ltd.
13.14 Aditya Birla Chemicals
13.15 Skw Stickstoffwerke Piesteritz Gmbh
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
14 Appendix (Page No. – 200)
14.1 Discussion Guide
14.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
14.3 Available Customizations
14.4 Related Reports
14.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】NPK肥料(飼料用及び食品用)の世界市場予測(~2023年)
【発行日】2019年8月16日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM90913
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】農林水産
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
NPK肥料(飼料用及び食品用)の世界市場予測(~2023年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界の自動保存・検索システム市場
  • カナダの注射器・注射針市場見通し(~2021)
  • 歯科用X線装置の世界市場分析:製品別(口腔内 – 咬合、顎周囲、咬合; 外用 – パノラマ、コーンビームコンピュータ断層撮影)、用途別(医療、化粧品、法医学)、セグメント予測、2013 – 2024
    本調査レポートでは、歯科用X線装置の世界市場について調査・分析し、歯科用X線装置の世界市場動向、歯科用X線装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別歯科用X線装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • モデルマウスの世界市場:近交系マウス、ノックアウト・マウス、ハイブリッド・マウス、非近交系マウス、自然発生突然変異マウス
  • ビッグデータ&ビジネス分析の世界市場:構成要素別(ソフトウェア&サービス)、展開モデル別(オンプレミス&クラウド)、分析ツール別(ダッシュボード&データ可視化、セルフサービスツール、データマイニング&ウェアハウジング、レポート、その他)、用途別(顧客分析、サプライチェーン分析、マーケティング分析、価格分析、空間分析、労働力分析、リスク&信用分析、輸送分析)、産業別(製造、BFSI、ヘルスケア、政府、エネルギー&ユーティリティ、輸送、小売&消費財、IT&通信、教育、その他)
    本調査レポートでは、ビッグデータ&ビジネス分析の世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、構成要素別(ソフトウェア&サービス)分析、展開モデル別(オンプレミス&クラウド)分析、分析ツール別(ダッシュボード&データ可視化、セルフサービスツール、データマイニング&ウェアハウジング、レポート、その他)分析、用途別(顧客分析、サプライチェーン分析、マーケティング分析、価格分析、空間分析、労働力分析、リスク&信用分析、輸送分析)分析、産業別(製造、BFSI、ヘルスケア、政府、エネルギー&ユーティリティ、輸送、小売&消費財、IT&通信、教育、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・ビッグデータ&ビジネス分析の世界市場:構成要素別(ソフトウェア&サービス) ・ビッグデータ&ビジネス分析の世界市場:展開モデル別(オンプレミス&クラウド) ・ビッグデータ&ビジネス分析の世界市場:分析ツール別(ダッシュボード&データ可視化、セルフサービスツール、データマイニング&ウ …
  • 無機シンチレータの世界市場予測
    本調査レポートでは、無機シンチレータの世界市場について調査・分析し、無機シンチレータの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 歯周病(Periodontal Disease):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、歯周病(Periodontal Disease)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・歯周病(Periodontal Disease):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・歯周病(Periodontal Disease)のフェーズ3治験薬の状況 ・歯周病(Periodontal Disease)治療薬の市場規模(販売予測) ・歯周病(Periodontal Disease)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・歯周病(Periodontal Disease)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の歯周病(Periodontal Disease)治療薬剤
  • 肥料添加物の世界市場分析:機能別(腐食防止剤、疎水剤、防塵剤、固結防止剤)、最終製品別(尿素、硝酸アンモニウム、リン酸アンモニウム、硫酸アンモニウム)、セグメント予測
    本調査レポートでは、肥料添加物の世界市場について調査・分析し、肥料添加物の世界市場動向、肥料添加物の世界市場規模、市場予測、セグメント別肥料添加物市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 耳洗浄器の世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、耳洗浄器の世界市場について調べ、耳洗浄器の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、耳洗浄器の市場規模をセグメンテーション別(種類別(電球型イヤーシリンジ、管状型イヤーシリンジ)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は耳洗浄器の世界市場規模が2020-2024期間中に年平均4%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・耳洗浄器の市場状況 ・耳洗浄器の市場規模 ・耳洗浄器の市場予測 ・耳洗浄器の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(電球型イヤーシリンジ、管状型イヤーシリンジ) ・耳洗浄器の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • アメリカの膝関節再建市場動向(~2021)
  • 血栓除去機器の世界市場
    当調査レポートでは、血栓除去機器の世界市場について調査・分析し、血栓除去機器の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 血栓除去機器の世界市場:市場動向分析 - 血栓除去機器の世界市場:競争要因分析 - 血栓除去機器の世界市場:用途別 ・末梢血管用 ・神経血管用 ・心臓血管用 - 血栓除去機器の世界市場:製品別 ・超音波血栓除去機器 ・流体力学的血栓除去機器 ・機械的/破砕的血栓除去機器 ・吸引型血栓除去機器 - 血栓除去機器の世界市場:エンドユーザー別 ・外来外科センター ・病院および外科センター ・研究所および学術機関 ・その他 - 血栓除去機器の世界市場:主要地域別分析 - 血栓除去機器の北米市場規模(アメリカ市場等) - 血栓除去機器のヨーロッパ市場規模 - 血栓除去機器のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・血栓除去機器の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 肺癌手術の世界市場予測(~2021):処方術別(胸腔切開術(肺摘除術、肺切除術、セグメンテーション切除術)、最小侵襲性)、機器別(外科手術(クランプ、鉗子、リトラクタ、ステープラ)、監視方法別(カメラ、トロカール)、内視鏡装置)
    当調査レポートでは、肺癌手術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、処方術別分析、機器別分析、地域別分析、肺癌手術の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 液化天然ガス(LNG)の世界市場:用途別(輸送用燃料、発電、鉱業・工業)、地域別予測
    本資料は、液化天然ガス(LNG)の世界市場について調べ、液化天然ガス(LNG)の世界規模、市場動向、市場環境、用途別(輸送用燃料、発電、鉱業・工業)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはChevron Corporation、Exxon Mobil Corporation、Royal Dutch Shell、Total SA、Petro China、Gazpromなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・液化天然ガス(LNG)の世界市場概要 ・液化天然ガス(LNG)の世界市場環境 ・液化天然ガス(LNG)の世界市場動向 ・液化天然ガス(LNG)の世界市場規模 ・液化天然ガス(LNG)の世界市場規模:用途別(輸送用燃料、発電、鉱業・工業) ・液化天然ガス(LNG)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・液化天然ガス(LNG)の北米市場規模・予測 ・液化天然ガス(LNG)のアメリカ市場規模・予測 ・液化天然ガス(LNG)のヨーロッパ市場規模・予測 ・液化天然 …
  • 自動車用軽量素材の世界市場:金属、プラスチック、複合材
    当調査レポートでは、自動車用軽量素材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用軽量素材の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 非破壊検査(NDT)の世界市場予測(~2022):構成要素別、手法別(超音波、X線撮影、浸透探傷、磁気)、需要先別、技術別、用途別、地域別
    当調査レポートでは、非破壊検査(NDT)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、構成要素別分析、手法別分析、需要先別分析、技術別分析、非破壊検査(NDT)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 1型糖尿病(若年性糖尿病)(Type 1 Diabetes (Juvenile Diabetes)):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、1型糖尿病(若年性糖尿病)(Type 1 Diabetes (Juvenile Diabetes))治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・1型糖尿病(若年性糖尿病)(Type 1 Diabetes (Juvenile Diabetes)):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・1型糖尿病(若年性糖尿病)(Type 1 Diabetes (Juvenile Diabetes))のフェーズ3治験薬の状況 ・1型糖尿病(若年性糖尿病)(Type 1 Diabetes (Juvenile Diabetes))治療薬の市場規模(販売予測) ・1型糖尿病(若年性糖尿病)(Type 1 Diabetes (Juvenile Diabetes))の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・1型糖尿病(若年性糖尿病)(Type 1 Diabetes (Juvenile Diabetes))のフェーズ3治 …
  • プラスチックコンパウンの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、プラスチックコンパウンの世界市場について調べ、プラスチックコンパウンの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、プラスチックコンパウンの市場規模をセグメンテーション別(用途別(パッケージング、建設、自動車、電気および電子機器、その他)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はプラスチックコンパウンの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・プラスチックコンパウンの市場状況 ・プラスチックコンパウンの市場規模 ・プラスチックコンパウンの市場予測 ・プラスチックコンパウンの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(パッケージング、建設、自動車、電気および電子機器、その他) ・プラスチックコンパウンの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • アレルゲン免疫療法の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、アレルゲン免疫療法の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、アレルゲン免疫療法市場規模、製品別(SCIT、SLIT)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・アレルゲン免疫療法の世界市場概要 ・アレルゲン免疫療法の世界市場環境 ・アレルゲン免疫療法の世界市場動向 ・アレルゲン免疫療法の世界市場規模 ・アレルゲン免疫療法の世界市場:業界構造分析 ・アレルゲン免疫療法の世界市場:製品別(SCIT、SLIT) ・アレルゲン免疫療法の世界市場:地域別市場規模・分析 ・アレルゲン免疫療法の北米市場規模・予測 ・アレルゲン免疫療法のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・アレルゲン免疫療法のアジア太平洋市場規模・予測 ・アレルゲン免疫療法の主要国分析 ・アレルゲン免疫療法の世界市場:意思決定フレームワーク ・アレルゲン免疫療法の世界市場:成長要因、課題 ・アレルゲン免疫療法の世界市場:競争環境 ・アレルゲン免疫療法の世界市場: …
  • 半導体資本設備の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、半導体資本設備の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、半導体資本設備市場規模、種類別(ウエハーレベル製造装置、パッケージング・アセンブリ―装置、自動試験装置)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・半導体資本設備の世界市場概要 ・半導体資本設備の世界市場環境 ・半導体資本設備の世界市場動向 ・半導体資本設備の世界市場規模 ・半導体資本設備の世界市場:業界構造分析 ・半導体資本設備の世界市場:種類別(ウエハーレベル製造装置、パッケージング・アセンブリ―装置、自動試験装置) ・半導体資本設備の世界市場:地域別市場規模・分析 ・半導体資本設備の北米市場規模・予測 ・半導体資本設備のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・半導体資本設備のアジア太平洋市場規模・予測 ・半導体資本設備の主要国分析 ・半導体資本設備の世界市場:意思決定フレームワーク ・半導体資本設備の世界市場:成長要因、課題 ・半導体資本設備の世界市場:競 …
  • アクリル樹脂の世界市場2017-2021:塗料・コーティング剤、建築、テキスタイル・織物、プラスチック、接着剤
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、アクリル樹脂の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アクリル樹脂の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はアクリル樹脂の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.41%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はArkema、BASF、Evonik Industries、Mitsui Chemicals、The Dow Chemical Company等です。
  • レールマウントガントリー(RMG)クレーンの世界市場分析:持ち上げ容量別(0-40トン、40.1トン以上)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、MEA)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、レールマウントガントリー(RMG)クレーンの世界市場について調査・分析し、レールマウントガントリー(RMG)クレーンの世界市場動向、レールマウントガントリー(RMG)クレーンの世界市場規模、市場予測、セグメント別レールマウントガントリー(RMG)クレーン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ライナーハンガーシステムの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、ライナーハンガーシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ライナーハンガーシステム市場規模、用途別(オンショア、オフショア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ライナーハンガーシステムの世界市場概要 ・ライナーハンガーシステムの世界市場環境 ・ライナーハンガーシステムの世界市場動向 ・ライナーハンガーシステムの世界市場規模 ・ライナーハンガーシステムの世界市場:業界構造分析 ・ライナーハンガーシステムの世界市場:用途別(オンショア、オフショア) ・ライナーハンガーシステムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ライナーハンガーシステムの北米市場規模・予測 ・ライナーハンガーシステムのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ライナーハンガーシステムのアジア太平洋市場規模・予測 ・ライナーハンガーシステムの主要国分析 ・ライナーハンガーシステムの世界市場:意思決定フレームワーク ・ライナーハンガーシステムの世 …
  • フローズンヨーグルトの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、フローズンヨーグルトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フローズンヨーグルトの世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・流通経路別市場分類 ・地域別分析 ・主要国 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・付録
  • 誘電体エッチング装置の世界市場
    当調査レポートでは、誘電体エッチング装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、誘電体エッチング装置の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 液化天然ガス(LNG)インフラの世界市場におけるトップ15企業分析2016
    当調査レポートでは、液化天然ガス(LNG)インフラの世界市場におけるトップ15社について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 大規模陸上液化インフラ市場の概要 3. 重要問題 4. LNG市場における競合企業のポジショニング 5. LNG市場における主要企業 6. 大規模陸上LNGインフラ市場のPEST分析 7. 専門家の意見 8. 結論 9. 用語集
  • 世界のスマートウィンドウ市場
  • 皮膚および皮膚組織感染症(SSSI):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における皮膚および皮膚組織感染症(SSSI)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、皮膚および皮膚組織感染症(SSSI)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・皮膚および皮膚組織感染症(SSSI)の概要 ・皮膚および皮膚組織感染症(SSSI)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の皮膚および皮膚組織感染症(SSSI)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・皮膚および皮膚組織感染症(SSSI)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤 …
  • 網膜用治療薬の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、網膜用治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、網膜用治療薬市場規模、症状別(MD薬、DED薬、その他)分析、薬物クラス別(抗VEGF剤、コルチコステロイド、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・網膜用治療薬の世界市場概要 ・網膜用治療薬の世界市場環境 ・網膜用治療薬の世界市場動向 ・網膜用治療薬の世界市場規模 ・網膜用治療薬の世界市場:業界構造分析 ・網膜用治療薬の世界市場:症状別(MD薬、DED薬、その他) ・網膜用治療薬の世界市場:薬物クラス別(抗VEGF剤、コルチコステロイド、その他) ・網膜用治療薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・網膜用治療薬のアメリカ市場規模・予測 ・網膜用治療薬のヨーロッパ市場規模・予測 ・網膜用治療薬のアジア市場規模・予測 ・網膜用治療薬の主要国分析 ・網膜用治療薬の世界市場:意思決定フレームワーク ・網膜用治療薬の世界市場:成長要因、課題 ・網膜用治療薬の世界 …
  • ポルトガルの脊椎手術装置市場見通し
  • ポリエチレンテレフタレート(PET)包装の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ポリエチレンテレフタレート(PET)包装の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ポリエチレンテレフタレート(PET)包装市場規模、包装形態別(フレキシブル包装(軟質包装)、リジッド包装(硬質包装)、その他)分析、形状別(PET(結晶性ポリエチレンテレフタレート)、PET(非結晶ポリエチレンテレフタレート))分析、製品別(リッド/キャップ、クロージャー、トレイ、バッグ・パウチ、ボトル・ジャー、その他(クラムシェル、カップ))分析、充填技術別(無菌充填、低温充填(コールドフィル)、高温充填(ホットフィル)、その他)分析、エンドユーザー別(医薬品、家庭用品、パーソナルケア用品・化粧品、工業製品、飲料)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ポリエチレンテレフタレート(PET)包装の世界市場:市場動向分析 ・ ポリエチレンテレフタレート(PET)包装の世界市場:競争要因分析 ・ ポリエチレンテレフタレート(PET)包装の世界市 …
  • 先進認証技術の世界市場:バイオメトリクス(生体認証)、多要素認証
    当調査レポートでは、先進認証技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、先進認証技術の世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 血管移植片の世界市場:血管内移植片、バイパスグラフト、血液透析グラフト、末梢移植片
    Technavioが発行した当調査レポートでは、血管移植片の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、血管移植片の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は血管移植片の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.53%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、B. Braun Melsungen、C.R. Bard、Cook Medical、Medtronic、Terumo等です。
  • 掻痒症治療薬の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、掻痒症治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、掻痒症治療薬の世界市場規模及び予測、投与経路(ROA)別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は掻痒症治療薬の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.95%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Allergan• GlaxoSmithKline• Pfizer• Sanofi等です。
  • ゲーム機用周辺機器の世界市場:コントローラー、ヘッドセット、キーボード、マウス、マウスパッド
    当調査レポートでは、ゲーム機用周辺機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ゲーム機用周辺機器の世界市場規模及び予測、種類別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ガスタービンの世界市場予測および動向(~2020)
    当調査レポートでは、ガスタービンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別分析、容量別分析、用途別分析、技術別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • オーロラAキナーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるオーロラAキナーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・オーロラAキナーゼ阻害剤の概要 ・オーロラAキナーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のオーロラAキナーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・オーロラAキナーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・オーロラAキナーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 冷凍空気乾燥機の世界市場分析:製品別(サイクル式、非サイクル式)、用途別(化学、製紙、食品・飲料、医薬品、ヘルスケア)、セグメント予測
    本調査レポートでは、冷凍空気乾燥機の世界市場について調査・分析し、冷凍空気乾燥機の世界市場動向、冷凍空気乾燥機の世界市場規模、市場予測、セグメント別冷凍空気乾燥機市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • データ作成ツールの世界市場:プラットフォーム別(クラウド、オンプレミス)、業種別(IT・通信、小売・電子商取引、BFSI)、機能別、セグメント予測
    本調査レポートでは、データ作成ツールの世界市場について調査・分析し、データ作成ツールの世界市場動向、データ作成ツールの世界市場規模、市場予測、セグメント別データ作成ツール市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 非構造タンパク質5A阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における非構造タンパク質5A阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・非構造タンパク質5A阻害剤の概要 ・非構造タンパク質5A阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の非構造タンパク質5A阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・非構造タンパク質5A阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・非構造タンパク質5A阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • アメリカのオンラインファッション小売市場2016-2020
    当調査レポートでは、アメリカのオンラインファッション小売市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカのオンラインファッション小売市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 血管閉鎖装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、血管閉鎖装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、血管閉鎖装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • イギリスの整形外科用医療機器市場(~2021)
  • ワイヤレスインフラの世界市場:技術別(マクロセルRAN、スモールセル、RRH、DAS、クラウドRAN、キャリアWi-Fi、モバイルコア、バックホール)、地域別予測
    本資料は、ワイヤレスインフラの世界市場について調べ、ワイヤレスインフラの世界規模、市場動向、市場環境、技術別(マクロセルRAN、スモールセル、RRH、DAS、クラウドRAN、キャリアWi-Fi、モバイルコア、バックホール)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ワイヤレスインフラの世界市場概要 ・ワイヤレスインフラの世界市場環境 ・ワイヤレスインフラの世界市場動向 ・ワイヤレスインフラの世界市場規模 ・ワイヤレスインフラの世界市場規模:技術別(マクロセルRAN、スモールセル、RRH、DAS、クラウドRAN、キャリアWi-Fi、モバイルコア、バックホール) ・ワイヤレスインフラの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ワイヤレスインフラの北米市場規模・予測 ・ワイヤレスインフラのアメリカ市場規模・予測 ・ワイヤレスインフラのヨーロッパ市場規模・予測 ・ワイヤレスインフラのアジア市場規模・予測 ・ワイヤレスインフラの日本市場規模・予測 ・ワイヤレスインフ …
  • シトクロムP450上科阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるシトクロムP450上科阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・シトクロムP450上科阻害剤の概要 ・シトクロムP450上科阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のシトクロムP450上科阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・シトクロムP450上科阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・シトクロムP450上科阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ゾルゲル塗料の世界市場2017-2021
    Technavioが発行した当調査レポートでは、ゾルゲル塗料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ゾルゲル塗料の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はゾルゲル塗料の世界市場が2017-2021年期間中に年平均11.09%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、3M、Akzo Nobel、PPG Industries、SCHOTT、SOCOMORE等です。
  • 実験室用滅菌器の世界市場:加熱滅菌、低温滅菌、電離放射線滅菌、濾過滅菌
    当調査レポートでは、実験室用滅菌器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、実験室用滅菌器の世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ロボティックプロセスオートメーション(RPA)の世界市場:タイプ別(ソフトウェア、サービス)、用途別(BFSI、小売)、組織別、サービス別、セグメント予測
    ロボティックプロセスオートメーション(RPA)の世界市場は2025年には31億1,000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率31.1%で成長すると予測されています。技術的シフトと消費者の好みの変化により、多岐にわたる分野のさまざまな組織がこの市場への参入を目指しています。本調査レポートでは、ロボティックプロセスオートメーション(RPA)の世界市場について調査・分析し、ロボティックプロセスオートメーション(RPA)の世界市場動向、ロボティックプロセスオートメーション(RPA)の世界市場規模、市場予測、セグメント別ロボティックプロセスオートメーション(RPA)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 架空ケーブルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、架空ケーブルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、架空ケーブルの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の紫外線(UV)硬化樹脂市場規模・予測2017-2025:構成要素別(モノマー、オリゴマー、光重合開始剤)、用途別(グラフィックアート、産業用、自動車、木材塗料)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の紫外線(UV)硬化樹脂市場について調査・分析し、世界の紫外線(UV)硬化樹脂市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の紫外線(UV)硬化樹脂関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 中古・改修済ロボットの南北アメリカ市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、中古・改修済ロボットの南北アメリカ市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、中古・改修済ロボットの南北アメリカ市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は中古・改修済ロボットの南北アメリカ市場が2017-2021年期間中に年平均7.22%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAlliance Robotics、Antenen Robotics、MASTER Robotics、Northline Robot World、The Robot Company等です。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"