"空中給油の世界市場予測(~2025年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM90914)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"空中給油の世界市場予測(~2025年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Need for air-to-air refueling to support overseas deployments is expected to drive market growthThe air-to-air refueling market size is expected to grow from USD 537 million in 2019 to USD 692 million by 2025, at a CAGR of 4.3% during the forecast period. There has been an increase of sorties flown for longer distances away from carriers or ground bases, which has made refueling a necessary mission element. Air-to-air refueling is one of the trends that is certain to continue in the coming future as there is a need to support overseas deployment.

Boom refueling system is projected to lead the market during the forecast period
Most of the tanker aircraft use boom refueling systems. This system comprises a rigid tube which helps an operator in the tanker aircraft to extend and insert it into the aircraft being refueled. The boom refueling system method was developed early during the Cold War in 2000 for the bomber aircraft which needed refueling.

Fighter aircraft in the fixed wing segment is projected to lead the air-to-air refueling market during the forecast period
Based on aircraft type, the fighter aircraft is projected to be the leading fixed wing segment during the forecast period. A fighter aircraft is designed primarily for air-to-air combat. The main purpose of a fighter aircraft is to establish air superiority over a battlefield. The rising need to gain airborne dominance across the globe is expected to drive the fighter aircraft segment during the forecast period.

The Asia Pacific air-to-air refueling market is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period
The air-to-air refueling market in the Asia Pacific region is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period. The military aviation industry in this region is focusing on the localization of aircraft manufacture and on providing alternatives to existing aircraft models. Aircraft, such as Comac military transport aircraft, fighter jets, and Sukhoi Su-35, Sukhoi T-50, in the military transport aircraft segment have the potential to drive demand for air-to-air refueling in the near future.

In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), marketing directors, other innovation & technology directors, and executives from various key organizations operating in the air-to-air refueling marketplace.
By Company Type: Tier 1: 35%, Tier 2: 45%, and Tier 3: 20%
By Designation: C-level Executives: 35%, Directors: 25%, and Others 40%
By Region: North America: 45%, Europe: 20%, Asia Pacific: 30%, and RoW: 5%

The air-to-air refueling market comprises major solution providers, such as Cobham (UK), Eaton Corporation (US), Parker Hannifin Corporation (US), Draken International (US), GE Aviation (US), Safran (France), Marshall Aerospace and Defence Group (UK), Jeppesen, A Boeing Company (US), and Airbus (Netherlands). The study includes an in-depth competitive analysis of these key players in the air-to-air refueling market, with their company profiles, recent developments, and key market strategies.

Research Coverage:
The study covers the air-to-air refueling market and aims at estimating the market size and growth potential across different segments, such as end use, component, system, aircraft type, type, and region. The study also includes an in-depth competitive analysis of the key market players, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report
The report will provide market leaders/new entrants in this market with information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall air-to-air refueling market and its subsegments. This report will help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to position their businesses better and to plan suitable go-to-market strategies. The report will also help stakeholders understand the pulse of the market and provide them with information on key market drivers, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"空中給油の世界市場予測(~2025年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 16)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Regional Scope
1.3.3 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 20)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.3 Market Definition & Scope
2.1.4 Segments and Subsegments
2.1.5 Segment Definitions
2.1.5.1 Air-to-Air Refueling Market, By System
2.1.5.2 By Component
2.1.5.3 By Aircraft Type
2.1.5.4 By Type
2.2 Research Approach & Methodology
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.1.1 Regional Air-to-Air Refueling Market
2.2.1.2 Air-to-Air Refueling Market, By System
2.2.2 Top-Down Approach
2.2.3 Pricing Analysis
2.3 Triangulation & Validation
2.3.1 Triangulation Through Secondary
2.3.2 Triangulation Through Primaries
2.4 Research Assumptions
2.4.1 Market Sizing
2.4.2 Market Forecasting
2.5 Risks
2.6 Others
2.6.1 Limitations/Grey Areas
2.6.1.1 Market Size and CAGR
3 Executive Summary (Page No. – 30)
4 Premium Insights (Page No. – 32)
4.1 Attractive Opportunities in Air-to-Air Refueling Market
4.2 By Component
4.3 By Country
5 Market Overview (Page No. – 34)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Need for Air-to-Air Refueling to Support Overseas Deployments
5.2.1.2 Increasing Defense Expenditure of Countries
5.2.1.3 Development of Next-Generation Aerial Tankers
5.2.1.4 Increase in the Procurement of Combat Aircraft
5.2.2 Opportunities
5.2.2.1 Autonomous Refueling
5.2.3 Challenges
5.2.3.1 High Installation Cost
6 Industry Trends (Page No. – 38)
6.1 Introduction
6.2 Tanker Inventory
6.3 Technological Trends
6.3.1 Autonomous Refueling
6.3.2 Virtual Refueling
6.3.3 Remote Vision System
6.3.4 ISR Capabilities to Tanker Aircraft
6.4 Patent Listings, 2013–2016
7 Air-to-Air Refueling Market, By System (Page No. – 41)
7.1 Introduction
7.2 Probe & Drogue
7.2.1 Multi-Point
7.2.1.1 The Advantage of A Multi-Point Refueling System is Its Capability to Refuel Two Aircraft Simultaneously
7.2.2 Buddy
7.2.2.1 Use of Buddy Refueling for Cockpit Control & Monitoring Systems is Increasing
7.3 Boom Refueling
7.3.1 Boom Refueling Systems Help Reduce the Time Required to Transfer Fuel From One Aircraft to Another
7.4 Autonomous
7.4.1 Increasing Use of Autonomous for Mid-Air Refueling
8 Air-to-Air Refueling Market, By Component (Page No. – 45)
8.1 Introduction
8.2 Pumps
8.2.1 Pumps are Majorly Used in Fuel Systems, Engines, and Hydraulic Systems
8.3 Valves
8.3.1 Improving Operational Efficiency of the Valves is Leading to Higher Reliability and Safety of Operations
8.4 Nozzles
8.4.1 Nozzles Majorly Used to Control Aircraft Engine
8.5 Hoses
8.5.1 Hoses are Used for Probe & Drogue Refueling
8.6 Boom
8.6.1 Boom System is Primarily Used for Rapid Fuel Transfer
8.7 Probes
8.7.1 Probe Systems are Majorly Used for Fighter and Military Helicopters
8.8 Fuel Tank
8.8.1 Use of Fuel Tanks in Environmental Control Systems and Engine Bleed Air Supply Systems is Increasing
8.9 Pods
8.9.1 Wing Pods Enable Multi-Point Air-to-Air Refueling
9 Air-to-Air Refueling Market, By Aircraft Type (Page No. – 49)
9.1 Introduction
9.2 Fixed Wing
9.2.1 Fighter Aircraft
9.2.1.1 Increasing Procurement of Fighter Aircraft Due to Increasing Military Budgets
9.2.2 Tanker Aircraft
9.2.2.1 Tankers Majorly Used to Transfer Aviation Fuel From One Military Aircraft to Another
9.2.3 Military Transport
9.2.3.1 Increasing Use of Transport Aircraft in Military Operations
9.2.4 UAVS
9.2.4.1 Increasing Production of Long-Range UAVS is Expected to Drive the Uav Market
9.3 Rotary Wing
9.3.1 Attack Helicopters
9.3.1.1 Attack Helicopters are Majorly Used for Reconnaissance and Security Operations
9.3.2 Transport Helicopters
9.3.2.1 Military Transport Helicopters are Majorly Used for Airlifting Troops & Weapons
10 Air-to-Air Refueling Market, By Type (Page No. – 54)
10.1 Introduction
10.2 Manned
10.2.1 Pilot-Controlled Aircraft
10.3 Unmanned
10.3.1 Development of UAVS for Air-to-Air Refueling
11 Regional Analysis (Page No. – 57)
11.1 Introduction
11.2 North America
11.2.1 US
11.2.1.1 Increase in Aircraft Deliveries From Boeing is Driving the Growth of the Air-to-Air Refueling Market in US
11.2.2 Canada
11.2.2.1 Increase in Demand for UAVS for Military Applications is Driving the Growth of the Air-to-Air Refueling Market in Canada
11.3 Europe
11.3.1 France
11.3.1.1 Modernization of Aerial Refueling Fleet is Driving the Growth of the Air-to-Air Refueling Market in France
11.3.2 Germany
11.3.2.1 Increase in Defense Spending is Driving the Growth of the Market in Germany
11.3.3 UK
11.3.3.1 Presence of Major Component Manufacturers Such as Cobham and BAE Systems is Driving the Growth of the Market in UK
11.3.4 Rest of Europe
11.4 Asia Pacific
11.4.1 Russia
11.4.1.1 Increase in Defense Spending is Expected to Drive the Growth of the Air-to-Air Refueling Market in Russia
11.4.2 Japan
11.4.2.1 Increasing Demand for Military Transport Aircraft to Drive the Growth of the Air-to-Air Refueling Market in Japan
11.4.3 China
11.4.3.1 Presence of Major Aircraft Manufacturers Such as Comac to Drive the Chinese Air-to-Air Refueling Market
11.4.4 India
11.4.4.1 Development of Light Combat Aircraft to Drive the Indian Air-to-Air Refueling Market
11.4.5 Rest of Asia Pacific
11.5 Rest of the World
11.5.1 Middle East
11.5.1.1 Saudi Arabia
11.5.1.1.1 Increase in Demand for Military Aircraft is Expected to Drive the Saudi Arabia Market
11.5.1.2 Rest of Middle East
11.5.2 Latin America
11.5.2.1 Brazil
11.5.2.1.1 Presence of Major Manufacturer Such as Embraer for Transport and Aerial Refueling Aircrafts is Expected to Drive the Brazil Market
11.5.2.2 Rest of Latin America
11.5.3 Africa
11.5.3.1 Increase in Demand for Combat Aircrafts is Expected to Drive the Africa Market
12 Competitive Landscape (Page No. – 85)
12.1 Introduction
12.2 Competitive Leadership Mapping
12.2.1 Visionary Leaders
12.2.2 Innovators
12.2.3 Dynamic Differentiators
12.2.4 Emerging Companies
12.3 Ranking of Key Players, 2018
12.4 Competitive Scenario
12.4.1 New Product Launches
12.4.2 Contracts
12.4.3 Agreements, Partnerships, Acquisitions
13 Company Profiles (Page No. – 90)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis & MnM View)*
13.1 Cobham PLC
13.2 Eaton Corporation
13.3 Parker Hannifin Corporation
13.4 GE Aviation
13.5 Safran
13.6 Marshall Aerospace and Defence Group
13.7 Israel Aerospace Industries
13.8 BAE Systems
13.9 Draken International
13.10 Airbus
13.11 Lockheed Martin Corporation
13.12 United Technologies Corporation (Collins Aerospace)
13.13 Rafaut Group
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis & MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
14 Appendix (Page No. – 113)
14.1 Discussion Guide
14.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
14.3 Available Customizations
14.4 Related Reports
14.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】空中給油の世界市場予測(~2025年)
【発行日】2019年8月16日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM90914
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】航空宇宙
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
空中給油の世界市場予測(~2025年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界の患者血液管理市場:製品別(機器(遠心分離機、輸液装置、アフェレーシス、PCR、NGS、ストレージデバイス)、アクセサリ(シリンジ、バイアル)、試薬、ソフトウェア)、コンポーネント別、エンドユーザー別(血液銀行、病院)、地域別
    MarketsandMarkets社は、患者血液管理の世界市場規模が2019年107億ドルから2024年153億ドルまで年平均7.4%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の患者血液管理市場を広く調査・分析し、市場概要、製品別(機器、アクセサリー、試薬&キット、ソフトウェア)分析、コンポーネント別(全血&赤血球、プラズマ)分析、エンドユーザー別(血液銀行、病院、診断クリニックおよび病理学研究所)分析、地域別分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の患者血液管理市場:製品別(機器、アクセサリー、試薬&キット、ソフトウェア) ・世界の患者血液管理市場:コンポーネント別(全血&赤血球、プラズマ) ・世界の患者血液管理市場:エンドユーザー別(血液銀行、病院、診断クリニックおよび病理学研究所) ・世界の患者血液管理市場:地域別 ・競合動向 ・企業概要
  • エアレス包装の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、エアレス包装の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、エアレス包装市場規模、エンドユーザー別(パーソナルケア、ヘルスケア、ホームケア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Albéa, AptarGroup, HCP Packaging, Quadpack, Silgan Dispensing Systemsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・エアレス包装の世界市場概要 ・エアレス包装の世界市場環境 ・エアレス包装の世界市場動向 ・エアレス包装の世界市場規模 ・エアレス包装の世界市場:業界構造分析 ・エアレス包装の世界市場:エンドユーザー別(パーソナルケア、ヘルスケア、ホームケア) ・エアレス包装の世界市場:地域別市場規模・分析 ・エアレス包装の北米市場規模・予測 ・エアレス包装のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・エアレス包装のアジア太平洋市場規模・予測 ・エアレス包装の主要国分析 ・エアレス包装の世界市場:意 …
  • 自動車用マイクロコントローラの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、自動車用マイクロコントローラの世界市場について調べ、自動車用マイクロコントローラの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、自動車用マイクロコントローラの市場規模をセグメンテーション別(容量別(32ビットマイクロコントローラ、16ビットマイクロコントローラ、8ビットマイクロコントローラ)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は自動車用マイクロコントローラの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均1%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・自動車用マイクロコントローラの市場状況 ・自動車用マイクロコントローラの市場規模 ・自動車用マイクロコントローラの市場予測 ・自動車用マイクロコントローラの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:容量別(32ビットマイクロコントローラ、16ビットマイクロコントローラ、8ビットマイクロコントローラ) ・自動車用マイクロコントローラの顧客状況 ・ …
  • 1,4-ブタンジカルボン酸の世界市場予測2019-2024
    「1,4-ブタンジカルボン酸の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、シクロヘキサン酸化、シクロヘキセン酸化、フェノール水素化など、用途別には、Nylon 6,6、Polyurethanes、Adipic Esters、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。1,4-ブタンジカルボン酸のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・1,4-ブタンジカルボン酸の世界市場概要(サマリー) ・1,4-ブタンジカルボン酸の企業別販売量・売上 ・1,4-ブタンジカルボン酸の企業別市場シェア ・1,4-ブタンジカルボン酸の世界市場規模:種類別(シクロヘキサン酸化、シクロヘキセン酸化、フェノール水素化) ・1,4-ブタンジカルボン酸の世界市場規模:用途別(Nylon 6,6、Polyurethanes、Adipic Esters、Others) ・1,4-ブタンジカルボン酸の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・1, …
  • トップ10自動車技術の世界市場予測(~2021): リモート診断装置、生体認証車両アクセス、車両セキュリティ、自動車3D印刷、オンボードインターネット、ヘッドアップディスプレイHUD、車両インテリジェンス、ナイトビジョンシステム、BDS、車線逸脱警報装置LDWS、地域別 分析
  • 中国の神経モニター市場2015
    本調査レポートでは、中国の神経モニター市場2015について調査・分析し、神経モニターの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 植物エキスの世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、植物エキスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別(フィトメディシン&ハーブエキス、エッセンシャルオイル、スパイス、フレーバー&フレグランス)分析、用途別(医薬品および栄養補助食品、食品および飲料、化粧品)分析、由来別分析、植物エキスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、植物エキスの世界市場規模が2019年237億ドルから2025年594億ドルまで年平均16.5%成長すると予測しています。
  • ノートの世界市場:流通経路別、地域別
    本レポートは、ノートの市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・ノートの世界市場:流通経路別(オフライン、オンライン) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 世界の溶解パルプ市場2016
    本調査レポートでは、世界の溶解パルプ市場2016について調査・分析し、溶解パルプの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 整形外科用ソフトウェアの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • 止血剤の世界市場:トロンビン、酸化再生セルロース、併用止血剤、ゼラチン、コラーゲン
    当調査レポートでは、止血剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • グラフデータベースの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、グラフデータベースの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、構成要素別分析、地域別分析、グラフデータベースの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • クラウド型マイクログリッドサービス(MaaS)の世界市場予測2022
    当調査レポートでは、クラウド型マイクログリッドサービス(MaaS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、グリッド種類別分析、サービス種類別分析、産業別分析、地域別分析、クラウド型マイクログリッドサービス(MaaS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の導電性インク市場2015
    本調査レポートでは、世界の導電性インク市場2015について調査・分析し、導電性インクの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートシティの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • 法人向け秘書サービスの世界市場:製品別(会社設立、企業コンプライアンスサービス、コーポレートガバナンスサービス)、用途別(上場企業、非上場PLC、チャリティ企業、学術機関)、地域別予測
    本資料は、法人向け秘書サービスの世界市場について調べ、法人向け秘書サービスの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(会社設立、企業コンプライアンスサービス、コーポレートガバナンスサービス)分析、用途別(上場企業、非上場PLC、チャリティ企業、学術機関)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはTMF Group、PwC、Deloitte、Vistra、Mazars Group、KPMG、Ecovisなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・法人向け秘書サービスの世界市場概要 ・法人向け秘書サービスの世界市場環境 ・法人向け秘書サービスの世界市場動向 ・法人向け秘書サービスの世界市場規模 ・法人向け秘書サービスの世界市場規模:製品別(会社設立、企業コンプライアンスサービス、コーポレートガバナンスサービス) ・法人向け秘書サービスの世界市場規模:用途別(上場企業、非上場PLC、チャリティ企業、学術機関) ・法人向け秘書サービスの世界市場:地域別市場規模・分析 …
  • 自己免疫疾患の世界市場:疾患別(限局性、全身性)、診断別(IFA、ELISA、ドットブロット、ラインブロット、凝集反応、二重免疫拡散法、ウエスタンブロッティング、多重イムノアッセイ、その他)、製品別(医薬品、治療・モニター機器、診断機器)、地域別予測
    本資料は、自己免疫疾患の世界市場について調べ、自己免疫疾患の世界規模、市場動向、市場環境、疾患別(限局性、全身性)分析、診断別(IFA、ELISA、ドットブロット、ラインブロット、凝集反応、二重免疫拡散法、ウエスタンブロッティング、多重イムノアッセイ、その他)分析、製品別(医薬品、治療・モニター機器、診断機器)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはAbbott Laboratories、Active Biotech、Eli Lilly、Bristol-Myers Squibb、AstraZeneca plc、Pfizer、Biogen Idec、Lupin Limited、GlaxoSmithKline、Amgen、4SC、F. Hoffmann-La Roche Ltd.、AutoImmune Inc.、Johnson & Johnson、Bayerなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・自己免疫疾患の世界市場概要 ・自己免疫疾患の世界市場環境 …
  • 透明ディスプレイの世界市場予測(~2023年)
    透明ディスプレイの世界市場は、2018年の4億800万米ドルから2023年には25億9,100万米ドルに達し、この期間中44.7%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、LCDベースの透明ディスプレイの需要の増加、HMD・HUD製品への透明ディスプレイの使用の増加などが考えられます。また、透明OLEDディスプレイの増加とデジタルサイネージ製品への透明ディスプレイの高い採用は、市場の成長を後押しする好機となっています。一方で、透明ディスプレイ製品に関連する高コストは市場の成長を抑制します。当調査レポートでは、透明ディスプレイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品(HUD、HMD、デジタルサイネージ、スマートアプライアンス)分析、業種(小売・ホスピタリティ、工業、航空宇宙・防衛、自動車・輸送)分析、ディスプレイサイズ分析、解像度分析、透明ディスプレイの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 弾薬の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、弾薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、弾薬の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 機械式アクチュエータの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、機械式アクチュエータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、機械式アクチュエータの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 アクチュエータは、エネルギー源と制御システムにより、回転運動を直線運動に変換、またはその逆等、エネルギーの形を別のエネルギーの形に変換する機械要素です。Technavio社は機械式アクチュエータの世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.10%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Tolomatic• TiMOTION• Warner Linear• Sonceboz• Aerotech • Thomson• Physik Instrumente (PI)• Venture• Exlar Actuation Solutions• Varedan Technologies• REXA• ENERPAC等です。
  • オクタデカン二酸(ODDA)の世界市場分析:用途別(ポリエステルポリオール、化粧品、粉体塗料、潤滑油)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東、アフリカ)、セグメント予測、2014-2024
    本調査レポートでは、オクタデカン二酸(ODDA)の世界市場について調査・分析し、オクタデカン二酸(ODDA)の世界市場動向、オクタデカン二酸(ODDA)の世界市場規模、市場予測、セグメント別オクタデカン二酸(ODDA)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 臍帯血バンクサービスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、臍帯血バンクサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、臍帯血バンクサービスの世界市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 防火戸の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、防火戸の世界市場について調査・分析し、防火戸の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別防火戸シェア、市場規模推移、市場規模予測、防火戸種類別分析(木製、鋼製、鋼構造付き木製戸、耐火アルミニウム、その他)、防火戸用途別分析(工業用、商業用、家庭用、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・防火戸の市場概観 ・防火戸のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・防火戸のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・防火戸の世界市場規模 ・防火戸の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・防火戸のアメリカ市場規模推移 ・防火戸のカナダ市場規模推移 ・防火戸のメキシコ市場規模推移 ・防火戸のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・防火戸のドイツ市場規模推移 ・防火戸のイギリス市場規模推移 ・防火戸のロシア市場規模推移 ・防火戸のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・防火戸の日本市場規模推移 ・防火戸の中国市場規模推移 ・防火 …
  • 世界のトラディショナル血糖測定器市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、トラディショナル血糖測定器のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・トラディショナル血糖測定器の概要 ・トラディショナル血糖測定器の開発動向:開発段階別分析 ・トラディショナル血糖測定器の開発動向:セグメント別分析 ・トラディショナル血糖測定器の開発動向:領域別分析 ・トラディショナル血糖測定器の開発動向:規制Path別分析 ・トラディショナル血糖測定器の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別トラディショナル血糖測定器の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・トラディショナル血糖測定器の最近動向
  • 研磨剤の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、研磨剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、研磨剤市場規模、製品別(紙やすり、砥石車、その他)分析、種類別(超砥粒、鋼鉄砥粒、遊離砥粒、研磨布紙、固定砥粒)分析、原料別(天然研磨材、人工研磨材)分析、エンドユーザー別(自動車、金属加工、機械、電気製品、建設、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 研磨剤の世界市場:市場動向分析 ・ 研磨剤の世界市場:競争要因分析 ・ 研磨剤の世界市場:製品別(紙やすり、砥石車、その他) ・ 研磨剤の世界市場:種類別(超砥粒、鋼鉄砥粒、遊離砥粒、研磨布紙、固定砥粒) ・ 研磨剤の世界市場:原料別(天然研磨材、人工研磨材) ・ 研磨剤の世界市場:エンドユーザー別(自動車、金属加工、機械、電気製品、建設、その他) ・ 研磨剤の世界市場:主要地域別分析 ・ 研磨剤の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 研磨剤のヨーロッパ市場規模 ・ 研磨剤のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市 …
  • 世界のフォースセンサ市場
  • クラウドセキュリティソリューションの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、クラウドセキュリティソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クラウドセキュリティソリューションの世界市場規模及び予測、需要先別分析、構成要素別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はクラウドセキュリティソリューションの世界市場が2017-2021年期間中に年平均19.83%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Cisco • IBM • McAfee• Symantec• Trend Micro等です。
  • 冷蔵倉庫の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、冷蔵倉庫の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、冷蔵倉庫市場規模、用途別(肉・シーフード、乳製品・冷凍デザート、フルーツ・野菜・飲料、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・冷蔵倉庫の世界市場概要 ・冷蔵倉庫の世界市場環境 ・冷蔵倉庫の世界市場動向 ・冷蔵倉庫の世界市場規模 ・冷蔵倉庫の世界市場:業界構造分析 ・冷蔵倉庫の世界市場:用途別(肉・シーフード、乳製品・冷凍デザート、フルーツ・野菜・飲料、その他) ・冷蔵倉庫の世界市場:地域別市場規模・分析 ・冷蔵倉庫のアメリカ市場規模・予測 ・冷蔵倉庫のヨーロッパ市場規模・予測 ・冷蔵倉庫のアジア市場規模・予測 ・冷蔵倉庫の主要国分析 ・冷蔵倉庫の世界市場:意思決定フレームワーク ・冷蔵倉庫の世界市場:成長要因、課題 ・冷蔵倉庫の世界市場:競争環境 ・冷蔵倉庫の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 固体酸化物形燃料電池(SOFC)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、固体酸化物形燃料電池(SOFC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、固体酸化物形燃料電池(SOFC)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 持続血糖測定装置(CGM)の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • 診断用カテーテルの世界市場2017-2021:血管造影用カテーテル、電気生理学(EP)診断カテーテル、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、診断用カテーテルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、診断用カテーテルの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は診断用カテーテルの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.30%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Abbott、Boston Scientific、Cook Medical、Medtronic等です。
  • 世界の船上対空ミサイル市場2019
    本調査レポートでは、世界の船上対空ミサイル市場2019について調査・分析し、船上対空ミサイルの世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、船上対空ミサイルのアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、船上対空ミサイルメーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・船上対空ミサイルの市場概要 ・船上対空ミサイルの上流・下流市場分析 ・船上対空ミサイルのアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・船上対空ミサイルのアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・船上対空ミサイルのアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・船上対空ミサイルのアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・船上対空ミサイルの北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・船上対空ミサイルの北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・船上対空ミサイルの北米市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業 …
  • 世界のクロスラミネートティンバー市場規模・予測2017-2025:種類別(接着接合型・機械接合型)、地域別(北米、太平洋アジア、ヨーロッパ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のクロスラミネートティンバー市場について調査・分析し、世界のクロスラミネートティンバー市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のクロスラミネートティンバー関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • FMCG(日用品)包装の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、FMCG(日用品)包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、FMCG(日用品)包装の世界市場規模及び予測、需要先別分析、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • エアロゾルバルブの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、エアロゾルバルブの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、エアロゾルバルブ市場規模、種類別(計量、連続的)分析、バルブ種類別(チルトエアロゾルバルブ、垂直エアゾールバルブ)分析、エンドユーザー別(自動車、健康管理、パーソナルケア、ホームケア、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ エアロゾルバルブの世界市場:市場動向分析 ・ エアロゾルバルブの世界市場:競争要因分析 ・ エアロゾルバルブの世界市場:種類別(計量、連続的) ・ エアロゾルバルブの世界市場:バルブ種類別(チルトエアロゾルバルブ、垂直エアゾールバルブ) ・ エアロゾルバルブの世界市場:エンドユーザー別(自動車、健康管理、パーソナルケア、ホームケア、その他) ・ エアロゾルバルブの世界市場:主要地域別分析 ・ エアロゾルバルブの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ エアロゾルバルブのヨーロッパ市場規模 ・ エアロゾルバルブのアジア市場規模(日本市場、中国市 …
  • 悪性神経膠腫(Malignant Glioma):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、悪性神経膠腫(Malignant Glioma)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・悪性神経膠腫(Malignant Glioma):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・悪性神経膠腫(Malignant Glioma)のフェーズ3治験薬の状況 ・悪性神経膠腫(Malignant Glioma)治療薬の市場規模(販売予測) ・悪性神経膠腫(Malignant Glioma)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・悪性神経膠腫(Malignant Glioma)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の悪性神経膠腫(Malignant Glioma)治療薬剤
  • 持続グルコース測定(CGM)システム・装置の世界市場:コンポーネント別(トランスミッター、センサー、インスリンポンプ)、最終用途別(病院、在宅医療)、セグメント予測
    持続グルコース測定(CGM)システム・装置の世界市場は2024年には10億1,000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率13.7%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、糖尿病の拡大や、新しい高度な糖尿病治療装置の導入が考えられます。持続グルコース測定装置は、体内の血糖値レベルをリアルタイムかつ効果的に測定します。記録された測定データは、無線ネットワークを介して受信者に送信されます。これは、指定された期間にわたって血糖値レベルを追跡するのに役立ちます。本調査レポートでは、持続グルコース測定(CGM)システム・装置の世界市場について調査・分析し、持続グルコース測定(CGM)システム・装置の世界市場動向、持続グルコース測定(CGM)システム・装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別持続グルコース測定(CGM)システム・装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 建設機械金融の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、建設機械金融の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、建設機械金融の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 中国の粉体塗料市場2015
    本調査レポートでは、中国の粉体塗料市場2015について調査・分析し、粉体塗料の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ゼオライトの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ゼオライトの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ゼオライト市場規模、製品種類別(合成ゼオライト、天然ゼオライト)分析、用途別(ディタージェントビルダー、触媒、吸着剤、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ゼオライトの世界市場:市場動向分析 ・ ゼオライトの世界市場:競争要因分析 ・ ゼオライトの世界市場:製品種類別(合成ゼオライト、天然ゼオライト) ・ ゼオライトの世界市場:用途別(ディタージェントビルダー、触媒、吸着剤、その他) ・ ゼオライトの世界市場:主要地域別分析 ・ ゼオライトの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ ゼオライトのヨーロッパ市場規模 ・ ゼオライトのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・ゼオライトの世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • ゲル撮影装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ゲル撮影装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ゲル撮影装置の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のモジュラースイッチ市場2015
    本調査レポートでは、世界のモジュラースイッチ市場2015について調査・分析し、モジュラースイッチの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ロシアの脊椎手術市場動向(~2021)
  • 写真プリントキオスクの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、写真プリントキオスクの世界市場について調査・分析し、写真プリントキオスクの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別写真プリントキオスクシェア、市場規模推移、市場規模予測、写真プリントキオスク種類別分析()、写真プリントキオスク用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・写真プリントキオスクの市場概観 ・写真プリントキオスクのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・写真プリントキオスクのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・写真プリントキオスクの世界市場規模 ・写真プリントキオスクの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・写真プリントキオスクのアメリカ市場規模推移 ・写真プリントキオスクのカナダ市場規模推移 ・写真プリントキオスクのメキシコ市場規模推移 ・写真プリントキオスクのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・写真プリントキオスクのドイツ市場規模推移 ・写真プリントキオスクのイギリス市場規模推移 ・写真プリントキオス …
  • IL-18受容体拮抗薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるIL-18受容体拮抗薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・IL-18受容体拮抗薬の概要 ・IL-18受容体拮抗薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のIL-18受容体拮抗薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・IL-18受容体拮抗薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・IL-18受容体拮抗薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • フォームテープの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、フォームテープの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、樹脂(アクリル、ゴム、シリコン)分析、技術(油溶性、水溶性、ホットメルト)分析、タイプ(PE、PU、アクリル)分析、最終用途産業(自動車、建築・建設、電気・電子、製紙・印刷)分析、フォームテープの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ループス治療の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ループス治療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、ループス治療の世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 日本の整形外科用補装具処置動向(~2021)
  • 世界のエレベーターとエスカレーター市場:企業別、地域別、製品種類・用途別分析
  • サーマルプリントの世界市場予測(~2023年):サーマルプリンター、用品
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、サーマルプリントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、提供方式別分析、プリンタ種類別分析、フォーマットタイプ別分析、印刷技術別分析、サーマルプリントの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"