"温度管理の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM90939)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"温度管理の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Increase in the incidence of chronic conditions and the resultant increase in the number of surgical procedures to drive market growth”The temperature management market is projected to reach USD 3.0 billion by 2024 from 2.6 billion in 2019, at a CAGR of 3.2% during the forecast period. The growth of this market is driven by the increasing prevalence of chronic diseases and the subsequent increase in the number of surgical procedures. The growing number of contracts and agreements between market players is also expected to offer growth opportunities for market players during the forecast period. However, the high cost of intravascular temperature management systems is restraining the growth of this market.

“Patient cooling systems to register the highest CAGR during the forecast period”
Patient cooling systems are expected to witness the highest growth in the temperature management market, by product, during the forecast period. Patient cooling systems are used to cool a patient‘s body in emergency situations, such as cardiac arrests, strokes, and myocardial infarction. Factors such as the increasing adoption of intravascular cooling and the high demand for patient cooling systems in emergency medical conditions, such as traumatic brain injury (TBI), strokes, and cardiac arrests are supporting the growth of the patient cooling systems segment.

“Acute care is the fastest-growing application segment of the temperature management market during the forecast period”
The acute care segment is expected to register the highest growth in the temperature management market during the forecast period. Acute care encompasses specialized care and the support given to patients during emergencies or after undergoing surgeries in hospitals. The increasing number of surgical procedures performed, growth in the geriatric population, and the increasing number of product launches are supporting the growth of this application segment.

“Orthopedic surgery segment to grow at the highest CAGR during the forecast period”
The orthopedic surgery segment is expected to register the highest CAGR of 4.8% during the forecast period. The growing number of knee and hip replacement procedures, rising prevalence of arthritis, and the increasing prevalence of musculoskeletal disorders are the key factors responsible for the growth of the orthopedic surgery segment in the temperature management market.

“Asia Pacific to grow at the highest CAGR during the forecast period.”
North America accounted for the largest share of this market, followed by Europe. The large share of this regional segment is mainly due to the large volume of surgical procedures performed in North American countries. The Asia Pacific market, on the other hand, is estimated to grow at the highest CAGR during the forecast period. A number of factors, such as the developing healthcare infrastructure, growing medical tourism, and government initiatives to increase the affordability of healthcare services are supporting the growth of the temperature management market in the Asia Pacific.

In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), marketing directors, other innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the temperature management market.
By Company Type: Tier 1: 40%, Tier 2: 30%, and Tier 3: 30%
By Designation: C-level Executives: 27%, Directors: 18%, and Others: 55%
By Region: North America: 50%, Europe: 20%, APAC: 15%, and the RoW: 15%

The temperature management market comprises major players such as 3M Company (US), Medtronic (Ireland), Smiths Medical (US), Stryker (US), and ZOLL Medical (Japan). The study includes an in-depth competitive analysis of these key players in the temperature management market, along with their company profiles, recent developments, and key market strategies.

Research Coverage:
The market study covers the temperature management market across various segments. It aims at estimating the market size and the growth potential of this market across different segments, based on product, application, medical specialty, and region. The study also includes an in-depth competitive analysis of the key players in the market, along with their company profiles, key observations related to their product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report:
The report will help market leaders/new entrants in this market and provide information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall temperature management market and its subsegments. This report will help the stakeholders to understand the competitive landscape, to gain more insights to better position their businesses and to plan suitable go-to-market strategies. The report will also help stakeholders to understand the pulse of the market and provide information on key market drivers, restraints, opportunities, and challenges.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"温度管理の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 20)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Covered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 23)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Sources
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Sources
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Size Estimation
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
3 Executive Summary (Page No. – 31)
4 Premium Insights (Page No. – 34)
4.1 Temperature Management Market Overview
4.2 Market, By Product
4.3 North America: Market, By Country & Product (2018)
4.4 Market, By Country
5 Market Overview (Page No. – 37)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increase in the Incidence of Chronic Conditions
5.2.1.2 Increasing Number of Surgical Procedures
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Cost of Intravascular Temperature Management Systems
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Growing Number of Contracts and Agreements Between Market Players
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Sustainability of Players in the Highly Competitive Market
6 Temperature Management Market, By Product (Page No. – 41)
6.1 Introduction
6.2 Patient Warming Systems
6.2.1 Surface Warming Systems
6.2.1.1 Convective Warming Systems
6.2.1.1.1 Rising Adoption of Convective Warming Systems Among Hospitals to Drive Market Growth
6.2.1.2 Conductive Warming Systems
6.2.1.2.1 Conductive Warming is A Safe, Inexpensive, and Effective Method for Warming Patients During Perioperative Procedures
6.2.2 Intravascular Warming Systems
6.2.2.1 Technological Advancements are Driving the Growth of the Intravascular Warming Devices Market
6.2.3 Warming Accessories
6.3 Patient Cooling Systems
6.3.1 Surface Cooling Systems
6.3.1.1 Risk of Overshoot and Skin Lesion & Burns are Limiting the Use of These Systems
6.3.2 Intravascular Cooling Systems
6.3.2.1 Increased Precision of Operating in Smaller Temperature Range is Driving the Adoption of These Systems
6.3.3 Cooling Accessories
7 Temperature Management Market, By Application (Page No. – 63)
7.1 Introduction
7.2 Perioperative Care
7.2.1 Operating Rooms
7.2.1.1 Operating Rooms Dominate the Market for Perioperative Care
7.2.2 Postoperative Care Units
7.2.2.1 Need to Monitor Hypothermia in Surgical Patients Drives Demand for Temperature Management in Postoperative Care
7.2.3 Preoperative Care Units
7.3 Acute Care
7.3.1 Intensive Care Units
7.3.1.1 Increasing Admissions and Growing Prevalence of Life-Threatening Diseases are Driving Market Growth
7.3.2 Emergency Rooms
7.3.2.1 Rising Number of ER Visits is Driving the Growth of This Segment
7.3.3 Coronary Care Units
7.3.3.1 Risks Associated With the Use of Intravascular Temperature Management have Affected Its Adoption in Coronary Care
7.3.4 Burn Centers
7.3.4.1 Severe Effects of Hypothermia on Burn Victims Necessitate Temperature Management Measures
7.3.5 Neurological Care Units
7.3.5.1 Growing Prevalence of Alzheimer’s, Stroke, and Other Neurological Diseases has Supported Market Growth
7.3.6 Cath Labs
7.3.6.1 High Incidence of Cardiac Arrests Supports Demand for Temperature Management in Cath Labs
7.4 Newborn Care
7.4.1 Delivery Suites
7.4.1.1 High Birth Rate in Developing Regions is A Key Growth Driver in This Segment
7.4.2 Neonatal Intensive Care Units
7.4.2.1 High Neonatal Death Rate has Bolstered Demand for Temperature Management
7.4.3 Postnatal Wards
7.4.3.1 Recommendations for Postnatal Care have Contributed to Market Growth
7.5 Other Applications
8 Temperature Management Market, By Medical Specialty (Page No. – 92)
8.1 Introduction
8.2 General Surgery
8.2.1 Increasing Incidence of Breast, Lung, and Colorectal Cancers and the Large Number of General Surgeries Performed to Drive Market Growth
8.3 Cardiology
8.3.1 High Incidence of Cardiac Arrests is A Major Factor Driving Market Growth
8.4 Neurology
8.4.1 Increasing Incidence of Traumatic Brain Injuries, Stroke, and Tumors to Support Market Growth
8.5 Pediatrics
8.5.1 Increasing Focus on Reducing Infant Mortality is Supporting the Growth of This Market Segment
8.6 Thoracic Surgery
8.6.1 Increasing Prevalence of Lung Diseases to Drive the Adoption of Temperature Management Systems
8.7 Orthopedic Surgery
8.7.1 Orthopedic Surgery Segment to Register the Highest Growth During the Forecast Period
8.8 Other Medical Specialties
9 Temperature Management Market, By Region (Page No. – 106)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 US Dominates the North American Market
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Increasing Incidence of Various Chronic Diseases Will Drive Market Growth in Canada
9.3 Europe
9.3.1 UK
9.3.1.1 Large Number of Inpatient Surgical Procedures in the UK Driving the Market Growth
9.3.2 Germany
9.3.2.1 Demand for Patient Warming Devices is Increasing in Perioperative Care in Germany
9.3.3 France
9.3.3.1 Strong Healthcare System in France Will Create Growth Opportunities
9.3.4 Rest of Europe
9.4 Asia Pacific
9.4.1 Growing Medical Tourism and Availability of Low-Cost Treatment has Contributed to Market Growth in APAC
9.5 Rest of the World
10 Competitive Landscape (Page No. – 153)
10.1 Overview
10.2 Market Share Analysis
10.3 Competitive Leadership Mapping (2018)
10.3.1 Visionary Leaders
10.3.2 Innovators
10.3.3 Dynamic Differentiators
10.3.4 Emerging Companies
10.4 Competitive Situation and Trends
10.4.1 Product Launches
10.4.2 Agreements and Partnerships
10.4.3 Acquisitions
10.4.4 Other Developments
11 Company Profiles (Page No. – 158)
(Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View)*
11.1 3M Company
11.2 Becton, Dickinson and Company
11.3 Drägerwerk AG & Co. KGaA
11.4 Ecolab
11.5 GE Healthcare
11.6 Gentherm Incorporated
11.7 Geratherm Medical AG
11.8 Inspiration Healthcare Group PLC
11.9 Medtronic PLC
11.10 Smiths Medical
11.11 Stryker Corporation
11.12 The 37company (The Surgical Company)
11.13 Zoll Medical Corporation (A Subsidiary of Asahi Kasei Corporation)
*Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 184)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】温度管理の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年8月18日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM90939
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
温度管理の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界の歯ブラシ市場2015
    本調査レポートでは、世界の歯ブラシ市場2015について調査・分析し、歯ブラシの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 生体吸収性ステントの世界市場:材料(ポリマー、金属)、処置、吸収速度、薬品、用途、需要先、地域別分析
    当調査レポートでは、生体吸収性ステントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、材料別分析、処置別分析、吸収速度別分析、用途別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 腎石/腎結石(Renal Stones/Calculi):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における腎石/腎結石(Renal Stones/Calculi)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、腎石/腎結石(Renal Stones/Calculi)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・腎石/腎結石(Renal Stones/Calculi)の概要 ・腎石/腎結石(Renal Stones/Calculi)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の腎石/腎結石(Renal Stones/Calculi)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・腎石/腎結石(Renal Stones/Calculi)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   …
  • スタンドパウチの世界市場
    当調査レポートでは、スタンドパウチの世界市場について調査・分析し、スタンドパウチの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - スタンドパウチの世界市場:市場動向分析 - スタンドパウチの世界市場:競争要因分析 - スタンドパウチの世界市場:製品別 ・標準的なスタンドパウチ ・レトルト用スタンドパウチ ・無菌スタンドパウチ - スタンドパウチの世界市場:用途別 ・非食品 ・食品&飲料 - スタンドパウチの世界市場:形状別 ・K-Style ・底面が平らなスタンドパウチ ・底面が鋤のような形のもの ・底面が丸いもの ・その他 - スタンドパウチの世界市場:主要地域別分析 - スタンドパウチの北米市場規模(アメリカ市場等) - スタンドパウチのヨーロッパ市場規模 - スタンドパウチのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・スタンドパウチの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 世界主要国における歯科用ウォーターピック市場2018-2023
    本調査レポートでは、歯科用ウォーターピックの世界市場について調査・分析し、歯科用ウォーターピックの世界市場概要、企業別市場シェア、地域別市場規模、種類別市場規模(カウンタートップ型、コードレス型)、用途別市場規模(家庭用、歯科用、旅行用、その他)、主要企業分析、北米市場規模、米国市場規模、南米市場規模、欧州市場規模、アジア市場規模、日本国内市場規模、中国市場規模、中東・アフリカ市場規模、コスト(原価)分析、産業構造・戦略・マーケティング・流通業者分析、市場環境分析、歯科用ウォーターピックの世界市場予測、地域別市場予測、種類別市場予測、用途別市場予測などの情報をお届け致します。 ・歯科用ウォーターピックの世界市場概要 ・歯科用ウォーターピックの企業別市場シェア ・歯科用ウォーターピックの地域別市場規模 ・歯科用ウォーターピックの種類別市場規模(カウンタートップ型、コードレス型) ・歯科用ウォーターピックの用途別市場規模(家庭用、歯科用、旅行用、その他) ・歯科用ウォーターピックの主要企業分析 ・歯科用ウォーターピックの北米市場規模 ・歯科用ウォーターピックの米国市場規模 ・歯科用ウォータ …
  • 航空機用電気システムの世界市場予測(~2025年)
    航空機の電気・電子機器技術における最近の進歩は、部品メーカーに大きなチャンスをもたらしています。 航空機メーカーは、バリューチェーンのさまざまなレベルで新しい発電・配電技術の採用を検討しています。また、限られた航空機のスペースは今後、複雑な組み込みデジタルシステム、分散型アーキテクチャ、および主機関のスターター・発電システムにおけるパワーエレクトロニクスといった技術に占められると考えられています。当調査レポートでは、航空機用電気システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、システム別(発電、変換、配電、エネルギー貯蔵)分析、コンポーネント別分析、プラットフォーム別(民間航空、軍用航空、ビジネス・一般航空)分析、エンドユーザー別分析、航空機用電気システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の眼科用診断装置開発動向:医療機器パイプライン分析2015
    当調査レポートでは、眼科用診断装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・眼科用診断装置の概要 ・眼科用診断装置の開発動向:開発段階別分析 ・眼科用診断装置の開発動向:セグメント別分析 ・眼科用診断装置の開発動向:領域別分析 ・眼科用診断装置の開発動向:規制Path別分析 ・眼科用診断装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別眼科用診断装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・眼科用診断装置の最近動向
  • 授乳用品の米国市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、授乳用品の米国市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、授乳用品の米国市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、販売チャネル別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。Technavio社は授乳用品の米国市場が2017-2021年期間中に年平均6.06%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Ameda、Lansinoh、Medela、Philips AVENT、Pigeon Corporation等です。
  • スマートウェルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、スマートウェルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートウェルの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スクレロチン阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるスクレロチン阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・スクレロチン阻害剤の概要 ・スクレロチン阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のスクレロチン阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・スクレロチン阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・スクレロチン阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 不妊治療の世界市場予測(~2023年)
    不妊治療の世界市場は、2018年の15億米ドルから2023年には22億米ドルに達し、8.0%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、出生率の低下、不妊治療の選択肢に関する一般の認識の高まりなどが考えれられます。一方で、治療費が高いことと、支援に消極的な政府の規制により、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、不妊治療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品(機器、メディア、関連機器)分析、処置(ART、受精、腹腔鏡検査、卵管結紮)分析、患者のタイプ(女性、男性)分析、エンドユーザー(不妊治療クリニック、病院、精子バンク)分析、不妊治療の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ステントの世界市場:薬剤溶出ステント、生体吸収性ステント、金属ステント、プラスチック製ステント、自己拡張型ステント
    当調査レポートでは、ステントの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・ステントの世界市場:デバイス別分析/市場規模 ・ステントの世界市場:用途別分析/市場規模 ・ステントの世界市場:材料別分析/市場規模 ・ステントの世界市場:コーティング別分析/市場規模 ・ステントの世界市場:地域別分析/市場規模 ・ステントのアメリカ市場規模予測 ・ステントのヨーロッパ市場規模予測 ・ステントのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 可とう性基板の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、可とう性基板の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、可とう性基板市場規模、用途別(家電、太陽エネルギー、医療・ヘルスケア、航空宇宙・防衛)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、3M, Corning, Nippon Electric Glass, SCHOTT, TEIJINなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・可とう性基板の世界市場概要 ・可とう性基板の世界市場環境 ・可とう性基板の世界市場動向 ・可とう性基板の世界市場規模 ・可とう性基板の世界市場:業界構造分析 ・可とう性基板の世界市場:用途別(家電、太陽エネルギー、医療・ヘルスケア、航空宇宙・防衛) ・可とう性基板の世界市場:地域別市場規模・分析 ・可とう性基板の北米市場規模・予測 ・可とう性基板のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・可とう性基板のアジア太平洋市場規模・予測 ・可とう性基板の主要国分析 ・可とう性基板の世界市場:意思決定フレームワーク ・可 …
  • 光ファイバーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、光ファイバーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、光ファイバーの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • Chubu Electric Power Co., Inc.:発電所および企業SWOT分析2015
  • 膠腫(Glioma):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、膠腫(Glioma)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・膠腫(Glioma):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・膠腫(Glioma)のフェーズ3治験薬の状況 ・膠腫(Glioma)治療薬の市場規模(販売予測) ・膠腫(Glioma)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・膠腫(Glioma)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の膠腫(Glioma)治療薬剤
  • 商業用HVACの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、商業用HVACの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、商業用HVAC市場規模、用途別(機器、サービス)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、DAIKIN INDUSTRIES, Ingersoll-Rand, Johnson Controls, Lennox International, LG Electronics, United Technologies (Carrier)などです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・商業用HVACの世界市場概要 ・商業用HVACの世界市場環境 ・商業用HVACの世界市場動向 ・商業用HVACの世界市場規模 ・商業用HVACの世界市場:業界構造分析 ・商業用HVACの世界市場:用途別(機器、サービス) ・商業用HVACの世界市場:地域別市場規模・分析 ・商業用HVACの北米市場規模・予測 ・商業用HVACのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・商業用HVACのアジア太平洋市場規模・予測 …
  • 帯電防止剤の世界市場2017-2021:電子、工業用包装、塗料、自動車、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、帯電防止剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、帯電防止剤の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は帯電防止剤の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.48%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は3M、Akzo Nobel、BASF、The Dow Chemical Company、Evonik Industries等です。
  • ヘッドマウントディスプレイ(HMD)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • バンカーオイルの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、バンカーオイルの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、バンカーオイル市場規模、製品別(残存燃料、留出燃料)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・バンカーオイルの世界市場概要 ・バンカーオイルの世界市場環境 ・バンカーオイルの世界市場動向 ・バンカーオイルの世界市場規模 ・バンカーオイルの世界市場:業界構造分析 ・バンカーオイルの世界市場:製品別(残存燃料、留出燃料) ・バンカーオイルの世界市場:地域別市場規模・分析 ・バンカーオイルのアメリカ市場規模・予測 ・バンカーオイルのヨーロッパ市場規模・予測 ・バンカーオイルのアジア市場規模・予測 ・バンカーオイルの主要国分析 ・バンカーオイルの世界市場:意思決定フレームワーク ・バンカーオイルの世界市場:成長要因、課題 ・バンカーオイルの世界市場:競争環境 ・バンカーオイルの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • ブラジルのオーソバイオロジクス市場動向(~2021)
  • 手工具の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、手工具の世界市場について調査・分析し、手工具の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 手工具の世界市場:市場動向分析 - 手工具の世界市場:競争要因分析 - 手工具の世界市場:製品別 金属カッター用具 テープ及びペイント 配置及び測定用具 一般用具 - 手工具の世界市場:販売経路別 販売代理店販売 ネット販売 小売販売 - 手工具の世界市場:用途別 家庭用とDIY(日曜大工) 産業用 - 手工具の世界市場:主要地域別分析 - 手工具の北米市場規模(アメリカ市場等) - 手工具のヨーロッパ市場規模 - 手工具のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・手工具の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 合成ラテックスポリマーの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、合成ラテックスポリマーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、合成ラテックスポリマー市場規模、種類別(スチレンブタジエン、エチレン酢酸ビニル、アクリルスチレン、アクリル、ポリ酢酸ビニル、酢酸ビニル共重合体、その他)分析、用途別(接着剤・シーラント、紙・板紙、塗料、カーペット、不織布、織物、浸漬グローブ、建設、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 合成ラテックスポリマーの世界市場:市場動向分析 ・ 合成ラテックスポリマーの世界市場:競争要因分析 ・ 合成ラテックスポリマーの世界市場:種類別(スチレンブタジエン、エチレン酢酸ビニル、アクリルスチレン、アクリル、ポリ酢酸ビニル、酢酸ビニル共重合体、その他) ・ 合成ラテックスポリマーの世界市場:用途別(接着剤・シーラント、紙・板紙、塗料、カーペット、不織布、織物、浸漬グローブ、建設、その他) ・ 合成ラテックスポリマーの世界市場:主要地域別分析 ・ 合成ラテックスポ …
  • ケーブルモデム終端システム(CMTS)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ケーブルモデム終端システム(CMTS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ケーブルモデム終端システム(CMTS)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はケーブルモデム終端システム(CMTS)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.08%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• ARRIS International• Cisco Systems• Huawei Technologies等です。
  • 温風暖房機の世界市場2016-2020:住宅用温風暖房器、非住宅用温風暖房器
    当調査レポートでは、温風暖房機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、温風暖房機の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 可変周波数ドライブの世界市場2017-2021:1000kw未満、1000kw以上
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、可変周波数ドライブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、可変周波数ドライブの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は可変周波数ドライブの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.23%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はABB、Danfoos、Rockwell Automation、Siemens、Schneider Electric等です。
  • 階段昇降機の世界市場:用途別(住宅、医療施設、公共の場所)、製品別(直線階段、曲線階段)、地域別予測
    本資料は、階段昇降機の世界市場について調べ、階段昇降機の世界規模、市場動向、市場環境、用途別(住宅、医療施設、公共の場所)分析、製品別(直線階段、曲線階段)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはTABLE 1. LIST OF SECONDARY SOURCES, USED IN THE STUDY OF STAIR LIFT、TABLE 2. LIST OF PRIMARY SOURCES, USED IN THE STUDY OF STAIR LIFT、TABLE 3. STAIR LIFT, REPORT SCOPE、TABLE 4. YEARS CONSIDERED FOR THE STUDY、TABLE 5. EXCHANGE RATES CONSIDERED、TABLE 6. STAIR LIFT ESTIMATES & FORECASTS BY REGION 2015-2025 (USD BILLION)、TABLE 7. STAIR LIFT ESTIM …
  • 内視鏡:現在および将来プレイヤー
  • 機上射撃制御レーダーの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、機上射撃制御レーダーの世界市場について調査・分析し、機上射撃制御レーダーの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 機上射撃制御レーダーの世界市場:市場動向分析 - 機上射撃制御レーダーの世界市場:競争要因分析 - 機上射撃制御レーダーの世界市場:周波数帯域別 S−バンド X−バンド Ku/K/Ka バンド - 機上射撃制御レーダーの世界市場:主要地域別分析 - 機上射撃制御レーダーの北米市場規模(アメリカ市場等) - 機上射撃制御レーダーのヨーロッパ市場規模 - 機上射撃制御レーダーのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・機上射撃制御レーダーの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 自動鉱山スキャニング機械の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動鉱山スキャニング機械の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動鉱山スキャニング機械の世界市場規模及び予測、用途別分析、ソリューション別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は自動鉱山スキャニング機械の世界市場が2017-2021年期間中に年平均14.65%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• 3D-Laser Mapping • Airware • Clearpath Robotics • Clickmox • SuperDroid Robots等です。
  • 経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)・留置術(TAVI)の世界市場:処置別(経大腿動脈、経心尖、経大動脈)、地域別予測
    本資料は、経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)・留置術(TAVI)の世界市場について調べ、経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)・留置術(TAVI)の世界規模、市場動向、市場環境、処置別(経大腿動脈、経心尖、経大動脈)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)・留置術(TAVI)の世界市場概要 ・経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)・留置術(TAVI)の世界市場環境 ・経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)・留置術(TAVI)の世界市場動向 ・経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)・留置術(TAVI)の世界市場規模 ・経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)・留置術(TAVI)の世界市場規模:処置別(経大腿動脈、経心尖、経大動脈) ・経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)・留置術(TAVI)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)・留置術(TAVI)の北米市場規模・予測 ・ …
  • フランスの整形外科用骨セメントおよび鋳造材料市場動向(~2021)
  • 患者エンゲージメントソリューションの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、患者エンゲージメントソリューションの世界市場について調査・分析し、患者エンゲージメントソリューションの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別患者エンゲージメントソリューションシェア、市場規模推移、市場規模予測、患者エンゲージメントソリューション種類別分析()、患者エンゲージメントソリューション用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・患者エンゲージメントソリューションの市場概観 ・患者エンゲージメントソリューションのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・患者エンゲージメントソリューションのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・患者エンゲージメントソリューションの世界市場規模 ・患者エンゲージメントソリューションの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・患者エンゲージメントソリューションのアメリカ市場規模推移 ・患者エンゲージメントソリューションのカナダ市場規模推移 ・患者エンゲージメントソリューションのメキシコ市場規模推移 ・患者エンゲージメント …
  • スマートライティング&コントロールの世界市場予測:LED、蛍光灯、コンパクト蛍光ランプ、高輝度放電(HID)ランプ
  • 教育用ロボットの世界市場:製品別(事前構成済み、再構成可能、ヒューマノイド、その他)、用途別(初等教育、中等教育、その他)、地域別予測
    本資料は、教育用ロボットの世界市場について調べ、教育用ロボットの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(事前構成済み、再構成可能、ヒューマノイド、その他)分析、用途別(初等教育、中等教育、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはCochlear、MED-EL、Advanced Bionics、Oticon、Hangzhou Nurotron、Listent Medicalなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・教育用ロボットの世界市場概要 ・教育用ロボットの世界市場環境 ・教育用ロボットの世界市場動向 ・教育用ロボットの世界市場規模 ・教育用ロボットの世界市場規模:製品別(事前構成済み、再構成可能、ヒューマノイド、その他) ・教育用ロボットの世界市場規模:用途別(初等教育、中等教育、その他) ・教育用ロボットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・教育用ロボットの北米市場規模・予測 ・教育用ロボットのアメリカ市場規模・予測 ・教育用ロボットのヨーロ …
  • 世界のクロマトグラフィー樹脂市場:種類別(天然、合成、無機メディア)、技術別(イオン交換、親和性、疎水性相互作用、サイズ排除、マルチモーダル)、用途別(医薬品&バイオテクノロジー、食品&飲料)、地域別
    MarketsandMarkets社は、クロマトグラフィー樹脂の世界市場規模が2019年21億ドルから2024年30億ドルまで年平均7.2%成長すると予測しています。本書は、世界のクロマトグラフィー樹脂市場について調査・分析し、市場概要、種類別(天然高分子、合成高分子、無機メディア)分析、技術別(イオン交換(IEX)クロマトグラフィー、アフィニティークロマトグラフィー、疎水性相互作用クロマトグラフィー(HIC)、サイズ排除クロマトグラフィー(SEC)、マルチモーダルクロマトグラフィー、その他)分析、用途別(医薬品・バイオテクノロジー、食品・飲料、水・環境分析、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界のクロマトグラフィー樹脂市場:種類別(天然高分子、合成高分子、無機メディア) ・世界のクロマトグラフィー樹脂市場:技術別(イオン交換(IEX)クロマトグラフィー、アフィニティークロマトグラフィー、疎水性相互作用クロマトグラフィー(HIC)、サイズ排除クロマトグラ …
  • 世界のバニリン市場2015
    本調査レポートでは、世界のバニリン市場2015について調査・分析し、バニリンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の生命科学産業におけるナノ粒子装置市場:ナノ粒子顕微鏡、ナノ粒子フローサイトメトリー装置、ナノ粒子超遠心機
    当調査レポートでは、世界の生命科学産業におけるナノ粒子装置市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、世界の生命科学産業におけるナノ粒子装置市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 在宅医療の世界市場:製品、サービス、ソリューション
    当調査レポートでは、在宅医療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、在宅医療の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ベーカリー&シリアルの中南米市場
  • ペノキススラムの世界市場
    当調査レポートでは、ペノキススラムの世界市場について調査・分析し、ペノキススラムの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界のゴミ圧縮機市場2015
    本調査レポートでは、世界のゴミ圧縮機市場2015について調査・分析し、ゴミ圧縮機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • チェリーシードオイルの世界市場2020-2024
    「チェリーシードオイルの世界市場2020-2024」は、チェリーシードオイルについて市場概要、市場規模、製品別(従来型チェリーシードオイル、有機チェリーシードオイル)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・チェリーシードオイルの世界市場:製品別(従来型チェリーシードオイル、有機チェリーシードオイル) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • M2M通信の世界市場予測(~2023年)
    当調査レポートでは、M2M通信の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、技術別分析、産業別分析、地域別分析、M2M通信の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車部品アルミニウム・マグネシウムダイカストの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、自動車部品アルミニウム・マグネシウムダイカストの世界市場について調査・分析し、自動車部品アルミニウム・マグネシウムダイカストの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 自動車部品アルミニウム・マグネシウムダイカストの世界市場:市場動向分析 - 自動車部品アルミニウム・マグネシウムダイカストの世界市場:競争要因分析 - 自動車部品アルミニウム・マグネシウムダイカストの世界市場:製品別 ・加圧ダイカスト ・セミソリッドダイカスト ・スクイズ併用ダイカスト ・真空ダイカスト - 自動車部品アルミニウム・マグネシウムダイカストの世界市場:用途別 ・ボディアッセンブリー ・エンジン部品 ・トランスミッション用部品 ・その他 - 自動車部品アルミニウム・マグネシウムダイカストの世界市場:主要地域別分析 - 自動車部品アルミニウム・マグネシウムダイカストの北米市場規模(アメリカ市場等) - 自動車部品アルミニウム・マグネシウムダイカストのヨーロッパ市場規模 - 自動車部品アルミニウム・マグネシウムダイ …
  • FCC触媒の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、FCC触媒の世界市場について調査・分析し、FCC触媒の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別FCC触媒シェア、市場規模推移、市場規模予測、FCC触媒種類別分析(ガソリンの硫黄低減、最大軽質オレフィン、最大中間油留分、最大ボトム転化、その他)、FCC触媒用途別分析(減圧軽油、残留物、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・FCC触媒の市場概観 ・FCC触媒のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・FCC触媒のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・FCC触媒の世界市場規模 ・FCC触媒の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・FCC触媒のアメリカ市場規模推移 ・FCC触媒のカナダ市場規模推移 ・FCC触媒のメキシコ市場規模推移 ・FCC触媒のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・FCC触媒のドイツ市場規模推移 ・FCC触媒のイギリス市場規模推移 ・FCC触媒のロシア市場規模推移 ・FCC触媒のアジア市場分析(日本、中国、韓 …
  • ラグジュアリートラベルの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ラグジュアリートラベルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ラグジュアリートラベルの世界市場規模及び予測、種類別分析、カテゴリー別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はラグジュアリートラベルの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.83%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Abercrombie & Kent USA、Absolute Travel、Inspiring Travel Company、TCS World Travel、TÜ ELITE等です。
  • 世界の呼吸測定装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、呼吸測定装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・呼吸測定装置の概要 ・呼吸測定装置の開発動向:開発段階別分析 ・呼吸測定装置の開発動向:セグメント別分析 ・呼吸測定装置の開発動向:領域別分析 ・呼吸測定装置の開発動向:規制Path別分析 ・呼吸測定装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別呼吸測定装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・呼吸測定装置の最近動向
  • タイミングコントローラ(Tcon)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、タイミングコントローラ(Tcon)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、タイミングコントローラ(Tcon)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 解剖病理学におけるトラックおよびトレースソリューションの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、解剖病理学におけるトラックおよびトレースソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品別(ソフトウェア、ハードウェア、消耗品)分析、技術別(バーコード、RFID)分析、用途別(組織カセット、スライドトラッキング)分析、エンドユーザー別(病院ラボ)分析、解剖病理学におけるトラックおよびトレースソリューションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"