"鋼線ロープ&プラスチックロープの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM90916)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"鋼線ロープ&プラスチックロープの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The steel wire rope & plastic rope market is projected to register a CAGR of 5.0% during the forecast period.”The steel wire rope & plastic rope market is expected to grow from USD 11.3 billion in 2019 to USD 14.5 billion by 2024, at a CAGR of 5.0% during the forecast period. New product launches leading to an increased application scope of steel wire rope & plastic rope as well as the growing usage of these products across various end-use industries, including industrial & crane, marine & fishing, construction, and mining are expected to augment the market growth. However, the lack of awareness among the end-use industries about the use of steel wire ropes & plastic ropes is the primary factor restraining the growth of the market.

“Crane is the fastest-growing end-use industry of plastic rope, in terms of value.”
Steel wire rope & plastic rope is gaining importance in the automotive end-use industry. Cranes are relatively an unexplored segment for the market and are projected to register a high CAGR. In the case of cranes, the weight of the rope can form a large part of the whole machine. Therefore, reduction in the weight of rope provides massive benefits, in terms of stability and significant savings in reducing axle loads.
The plastic ropes used in cranes can withstand tough environment during the handling, installation, and maintenance operations. The plastic ropes for mobile cranes are replacing the steel ropes at a rapid pace, as they increase the lifting efficiency, provide extended rope life, and lower the maintenance cost.

“The polypropylene segment accounted for a major share of the plastic rope market, in terms of value, during the forecast period”
The global plastic rope market is projected to be dominated by the polypropylene segment, in terms of both value and volume during the forecast period. Polypropylene is used on a large scale in manufacturing ropes for marine & fishing industry due to its high strength properties. As it is light in weight, it floats in water. It is found in multifilament fiber form, similar to but slightly thicker than polyester and nylon. It is sometimes found as thicker monofilament resembling straw or bristles, typically 0.1 mm to 0.15 mm diameter. Polypropylene is reasonably economical as compared to HMPE or polyester. It has excellent chemical resistance and is preferred in water-related applications as these float in water.

“APAC is the largest and the fastest-growing steel wire rope & plastic rope market.”
The European region is projected to be the fastest-growing steel wire rope & plastic rope market. This is attributed to the increase in demand for steel wire rope & plastic ropes from marine & fishing, construction, mining, and other industries. Asia-Pacific is one of the key markets for steel wire ropes with large scope for growth in construction, fishing, and mining sectors. The offshore mooring industry in Australia, Malaysia, and China is expected to drive the steel wire rope & plastic ropes market growth during the forecast period.

This study has been validated through primaries conducted with various industry experts, globally. These primary sources have been divided into the following three categories:
• By Company Type- Tier 1- 35%, Tier 2- 25%, and Tier 3- 40%
• By Designation- C Level- 35%, Director Level- 30%, and Others- 35%
• By Region- APAC- 30%, Europe- 30%, North America- 25%, MEA-10%, Latin America-5%

The report provides a comprehensive analysis of company profiles listed below:
• WireCo WorldGroup Inc. (US)
• Bekaert SA (Belgium)
• Tuefelberger Holding AG (Austria)
• Cortland Limited (US)
• DSR (South Korea)
• Samson Rope (US)
• Usha Martin (India)
• Samson Ropes Technologies Inc. (US)
• Jiangsu Langshan (China)
• Marlow Ropes Ltd. (UK)

Research Coverage
This report covers the global steel wire rope & plastic rope market and forecasts the market size until 2029. The report includes the market segmentation – By Type of Lay (Regular Lay, Lang Lay), Material Type (Polypropylene, Polyester, Nylon, HMPE, Specialty Fibers), and Application (Marine & Fishing, Sports & Leisure, Oil & Gas, Industrial & Crane, Mining, Construction), and region (Europe, North America, APAC, Latin America, and MEA). Porter’s Five Forces analysis, along with the drivers, restraints, opportunities, and challenges are discussed in the report. It also provides company profiles and competitive strategies adopted by the major players in the global steel wire rope & plastic rope market.

Key benefits of buying the report:
The report will help market leaders/new entrants in this market in the following ways:
1. This report segments the global steel wire rope & plastic rope market comprehensively and provides the closest approximations of the revenues for the overall market and the sub-segments across different verticals and regions.
2. The report helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.
3. This report will help stakeholders to understand competitors better and gain more insights to better their position in their businesses. The competitive landscape section includes the competitor ecosystem, new product launches, agreements, contracts, joint ventures, partnerships, expansions, and mergers & acquisitions.

Reasons to buy the report:
The report will help market leaders/new entrants in this market by providing them with the closest approximations of the revenues for the overall steel wire rope & plastic rope market and the sub-segments. This report will help stakeholders to understand the competitive landscape and gain more insights and position their businesses and market strategies in a better way. The report will also help stakeholders understand the pulse of the market and provide them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"鋼線ロープ&プラスチックロープの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 17)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Steel Wire Ropes & Plastic Ropes Market Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.3.3 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Unit Considered
1.6 Stakeholders
1.7 Limitations
2 Research Methodology (Page No. – 20)
2.1 Research Data
2.2 Secondary Data
2.2.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.2.2 Primary Data
2.2.2.1 Key Data From Primary Sources
2.2.2.2 Key Industry Insights
2.2.2.3 Breakdown of Primary Interviews
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Bottom-Up Approach
2.3.2 Top-Down Approach
2.4 Data Triangulation
2.5 Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 27)
4 Premium Insights (Page No. – 31)
4.1 Attractive Opportunities in the Steel Wire Ropes & Plastic Ropes Market
4.2 Steel Wire Ropes Market, By Type of Lay
4.3 Plastic Ropes Market, By Material Type
4.4 Steel Wire Ropes & Plastic Ropes Market, By Region and Application
4.5 Global Plastic Ropes Market, By Country
5 Market Overview (Page No. – 34)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 High Strength and Low Weight of Plastic Ropes
5.2.1.2 Safety Aspects of Plastic Ropes
5.2.1.3 Infrastructural Development, Increased Industrial Activity, and Growth in the Mining Industry
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Cost of Raw Materials and Frequent Preventive Maintenance of Plastic Ropes
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Plastic Ropes as A Better Alternative to Steel Wire Ropes
5.2.3.2 Growing Fishing and Mining Sectors in APAC
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Lack of Awareness About the Advantages of the Use of Plastic Ropes
5.2.4.2 Corrosion of Steel Wire Ropes
5.3 Porter’s Five Forces Analysis
5.3.1 Threat of New Entrants
5.3.2 Threat of Substitutes
5.3.3 Bargaining Power of Suppliers
5.3.4 Bargaining Power of Buyers
5.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
6 Steel Wire Ropes & Plastic Ropes Market, By Type (Page No. – 40)
6.1 Introduction
6.2 Steel Wire Ropes Market, By Type of Lay
6.2.1 Introduction
6.2.2 Regular Lay
6.2.2.1 Regular Lay Ropes are Used in A Wide Range of Applications, Starting From Industrial to Fishing & Marine
6.2.3 Lang Lay
6.2.3.1 Lang Lay Ropes Have Higher Flexibility and Abrasion Resistance Than Regular Lay Ropes
6.3 Plastic Ropes Market, By Material Type
6.3.1 Introduction
6.3.2 Polypropylene
6.3.2.1 Polypropylene Ropes, Slightly Thicker Than Polyester and Nylon Ones, Have Good Chemical Resistance
6.3.3 Polyester
6.3.3.1 Polyester Ropes, Unlike Nylon Ropes, Retain their Strength When Exposed to Moisture
6.3.4 Nylon
6.3.4.1 Nylon Ropes are Widely Used as Towing Lines as they Have Good Elastic Properties
6.3.5 HMPE
6.3.5.1 HMPE Ropes are Suitable for Use in Marine & Fishing Application as they Float in Water
6.3.6 Specialty Fibers
6.3.6.1 Specialty Fiber Ropes are Finding Application in Various End-Use Industries
7 Steel Wire Ropes & Plastic Ropes Market, By Application (Page No. – 53)
7.1 Introduction
7.2 Steel Wire Ropes Market, By Application
7.2.1 Introduction
7.2.2 Industrial & Crane
7.2.2.1 Steel Wire Ropes are Used in the Industrial & Crane Application as they Provide Resistance to Rotation, Abrasion, and Corrosion
7.2.3 Mining
7.2.3.1 Steel Wire Ropes are Used in This Application Due to their High Tensile Strength and Breaking Load
7.2.4 Oil & Gas
7.2.4.1 High Strength Steel Wire Ropes are Used for Oil & Gas Applications to Comply With the Safety Standards
7.2.5 Construction
7.2.5.1 The Growth in Construction Activities in APAC is Increasing the Demand for Steel Wire Ropes in This Application
7.2.6 Marine & Fishing
7.2.6.1 Steel Wire Ropes Ensure High Breaking Strength in Marine & Fishing Applications
7.2.7 Others
7.3 Plastic Ropes Market, By Application
7.3.1 Introduction
7.3.2 Marine & Fishing
7.3.2.1 Low Weight, High Strength, and Abrasion Resistance Properties of Plastic Ropes are Helpful in Marine & Fishing Applications
7.3.3 Oil & Gas
7.3.3.1 Polyester and HMPE Ropes are Used Widely in Oil & Gas Applications
7.3.4 Sports & Leisure
7.3.4.1 Fitness Ropes, Parachute Cords, and Camping Ropes are Among the Different Types of Plastic Ropes Used in the Sports & Leisure Application
7.3.5 Crane
7.3.5.1 Plastic Ropes are Able to Withstand Extreme Environmental Conditions, Which is Why they are Used in Crane Applications
7.3.6 Others
8 Steel Wire Ropes & Plastic Ropes Market, By Region (Page No. – 73)
8.1 Introduction
8.2 APAC: Steel Wire Ropes Market
8.2.1 China
8.2.1.1 Increase in Urban Population is Expected to Influence the Market Indirectly
8.2.2 Japan
8.2.2.1 Investment in the Transportation Sector is Likely to Propel the Demand for Steel Wire Ropes
8.2.3 South Korea
8.2.3.1 Government Efforts to Boost the Manufacturing Sector is A Major Driver for the Market During the Forecast Period
8.2.4 India
8.2.4.1 Improved Infrastructure and Increased Manufacturing Activities are Influencing the Market Positively
8.2.5 Rest of APAC
8.3 APAC: Plastic Ropes Market
8.3.1 China
8.3.1.1 New Offshore Oil & Gas Discoveries are Likely to Help the Market Grow in the Near Future
8.3.2 Japan
8.3.2.1 as an Important Part of the Country’s Economy, the Marine & Fishing Sector is Impacting the Market Positively
8.3.3 South Korea
8.3.3.1 The Construction Sector Generates High Demand for Plastic Ropes in the Country
8.3.4 India
8.3.4.1 Growth in Aquaculture is Promising for the Plastic Ropes Market in the Country
8.3.5 Rest of APAC
8.4 North America: Steel Wire Ropes Market
8.4.1 US
8.4.1.1 The Presence of A Prominent Oil & Gas Industry is A Major Driver for the Market
8.4.2 Canada
8.4.2.1 The Consumption of Steel Wire Ropes in the Country is High Due to Large-Scale Mining Activities
8.5 North America: Plastic Ropes Market
8.5.1 US
8.5.1.1 Fishing, Crane, and Construction are the Applications That are Expected to Drive the Market in the Country
8.5.2 Canada
8.5.2.1 Collaboration Between Government and the Marine Sector Associations has Led to the Growth of the Marine Sector in the Country, thereby Driving the Market
8.6 Europe: Steel Wire Ropes Market
8.6.1 Germany
8.6.1.1 The Presence of Well-Known Crane and Elevator Brands is Supporting Market Development in the Country
8.6.2 France
8.6.2.1 The Market for Steel Wire Ropes is Likely to Be Driven By the Demand for Superyachts
8.6.3 UK
8.6.3.1 Large Base of Construction and Oil & Gas Industries is Fueling the Market in the UK
8.6.4 Italy
8.6.4.1 Growth of Oil & Gas and Mining Sectors are Expected to Boost the Market
8.6.5 Spain
8.6.5.1 High Consumption of Gasoline is Affecting the Steel Wire Ropes Market Positively in the Country
8.6.6 Rest of Europe
8.7 Europe: Plastic Ropes Market
8.7.1 Germany
8.7.1.1 Germany is the Most Significant Market for Plastic Ropes in the Region Due to the Presence of Major Market Players in the Country
8.7.2 UK
8.7.2.1 Strict Regulations in the Country’s Oil & Gas Sector are Contributing to the Demand for Plastic Ropes
8.7.3 Norway
8.7.3.1 as the Most Diversified Maritime Country in the Region, Norway is A Promising Market for Plastic Ropes in the Marine Segment
8.7.4 Italy
8.7.4.1 With Increased Consumer Awareness, the Use of Plastic Ropes is Gaining Momentum in the Country
8.7.5 Rest of Europe
8.8 Middle East & Africa (MEA): Steel Wire Ropes Market
8.8.1 Uae
8.8.1.1 The Country Offers A Favorable Business Environment, Which is Supporting the Steel Wire Ropes Market
8.8.2 South Africa
8.8.2.1 as A Diversified Economy, South Africa Offers Lucrative Opportunities for the Market
8.8.3 Saudi Arabia
8.8.3.1 Saudi Arabia is the Largest Exporter of Petroleum, Which Creates Huge Growth Potential for the Steel Wire Ropes Market
8.8.4 Rest of MEA
8.9 Middle East & Africa (MEA): Plastic Ropes Market
8.9.1 Uae
8.9.1.1 Plastic Ropes are Widely Used in Oil & Gas Applications in the Country
8.9.2 South Africa
8.9.2.1 The Growing Economy of South Africa is Helping in the Growth of the Market
8.9.3 Saudi Arabia
8.9.3.1 The Presence of Oil and Petroleum Reserves is Boosting the Market
8.9.4 Rest of MEA
8.1 Latin America: Steel Wire Ropes Market
8.10.1 Brazil
8.10.1.1 The Healthy Economic Growth of the Country is Promising for the Steel Wire Ropes Market
8.10.2 Mexico
8.10.2.1 The Use of Steel Wire Ropes is Extensive in the Offshore Oil & Gas Facilities in the Gulf of Mexico
8.10.3 Rest of Latin America
8.11 Latin America: Plastic Ropes Market
8.11.1 Brazil
8.11.1.1 The Country’s Mining Sector Provides Growth Opportunities for the Plastic Ropes Market
8.11.2 Mexico
8.11.2.1 Apart From Oil & Gas, the Marine Sector Also Contributes to the Growth of the Market
8.11.3 Rest of Latin America
9 Competitive Landscape (Page No. – 104)
9.1 Overview
9.2 Competitive Leadership Mapping
9.2.1 Dynamic Differentiators
9.2.2 Innovators
9.2.3 Visionary Leaders
9.2.4 Emerging Companies
9.3 Competitive Benchmarking
9.3.1 Strength of Product Portfolio
9.3.2 Business Strategy Excellence
9.4 Market Ranking of Key Players, 2018
9.5 Competitive Situation & Trends
9.5.1 New Product Development
9.5.2 Expansion
9.5.3 Merger & Acquisition
9.5.4 Agreement & Partnership
10 Company Profiles (Page No. – 115)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
10.1 Cortland Limited
10.2 Wireco Worldgroup Inc.
10.3 Samson Rope Technologies, Inc.
10.4 Southern Ropes
10.5 English Braids Ltd.
10.6 Marlow Ropes Ltd.
10.7 Teufelberger Holding AG
10.8 Bekaert SA
10.9 Jiangsu Langshan
10.10 Usha Martin
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
10.11 Other Players
10.11.1 Yale Cordage Inc.
10.11.2 Lanex A.S.
10.11.3 Novatec Braids, Ltd.
10.11.4 Bexco Nv SA
10.11.5 Katradis Marine Ropes Ind. S.A.
10.11.6 DSR
10.11.7 Kiswire
10.11.8 Tokyo Rope
10.11.9 Gustav Wolf
10.11.10 Pfeifer
11 Appendix (Page No. – 153)
11.1 Discussion Guide
11.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets Subscription Portal
11.3 Available Customizations
11.4 Related Reports
11.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】鋼線ロープ&プラスチックロープの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年8月18日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM90916
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】材料
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
鋼線ロープ&プラスチックロープの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 包装済カクタスウォーターの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、包装済カクタスウォーターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、包装済カクタスウォーター市場規模、製品別(プレーン、ミックス)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・包装済カクタスウォーターの世界市場概要 ・包装済カクタスウォーターの世界市場環境 ・包装済カクタスウォーターの世界市場動向 ・包装済カクタスウォーターの世界市場規模 ・包装済カクタスウォーターの世界市場:業界構造分析 ・包装済カクタスウォーターの世界市場:製品別(プレーン、ミックス) ・包装済カクタスウォーターの世界市場:地域別市場規模・分析 ・包装済カクタスウォーターのアメリカ市場規模・予測 ・包装済カクタスウォーターのヨーロッパ市場規模・予測 ・包装済カクタスウォーターのアジア市場規模・予測 ・包装済カクタスウォーターの主要国分析 ・包装済カクタスウォーターの世界市場:意思決定フレームワーク ・包装済カクタスウォーターの世界市場:成長要因、課題 …
  • 真性多血症から移行した骨髄線維症(PPV-MF):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における真性多血症から移行した骨髄線維症(PPV-MF)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、真性多血症から移行した骨髄線維症(PPV-MF)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・真性多血症から移行した骨髄線維症(PPV-MF)の概要 ・真性多血症から移行した骨髄線維症(PPV-MF)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の真性多血症から移行した骨髄線維症(PPV-MF)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・真性多血症から移行した骨髄線維症(PPV-MF)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価 …
  • 世界のマウスウォッシュ市場2015
    本調査レポートでは、世界のマウスウォッシュ市場2015について調査・分析し、マウスウォッシュの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • サイクリン依存性キナーゼ2阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるサイクリン依存性キナーゼ2阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・サイクリン依存性キナーゼ2阻害剤の概要 ・サイクリン依存性キナーゼ2阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のサイクリン依存性キナーゼ2阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・サイクリン依存性キナーゼ2阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・サイクリン依存性キナーゼ2阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界のデジタルホログラフィ市場:提供別(ハードウェアとソフトウェア)、用途別(顕微鏡、ホログラフィックディスプレイ、ホログラフィックテレプレゼンス)、業種別(商業、医療、自動車)、技術別、プロセス別、地域別
    MarketsandMarkets社は、デジタルホログラフィの世界市場規模が2019年22億ドルから2024年54億ドルまで年平均19.8%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界のデジタルホログラフィ市場を広く調査・分析し、市場概要、業界分析、プロセス種類別(軸外ホログラフィ、インライン(ガボール)ホログラフィ、その他)分析、提供別(ハードウェア、ソフトウェア)分析、用途別(デジタルホログラフィック顕微鏡、デジタルホログラフィックディスプレイ、ホログラフィックテレプレゼンス)分析、業種別(医療、商業、航空宇宙、防衛、自動車、消費者、その他)分析、地域分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・業界分析 ・世界のデジタルホログラフィ市場:プロセス種類別(軸外ホログラフィ、インライン(ガボール)ホログラフィ、その他) ・世界のデジタルホログラフィ市場:提供別(ハードウェア、ソフトウェア) ・世界のデジタルホログラフィ市場:用途別(デジタルホログラフィック顕微鏡、デジタルホ …
  • 世界及び米国の低温クーラー市場2017-2022
  • 単細胞ゲノム配列決定の世界市場:製品別、技術別(PCR、NGS、qPCR)、ワークフロー別、用途別、疾患分野別、最終用途別、セグメント予測
    本調査レポートでは、単細胞ゲノム配列決定の世界市場について調査・分析し、単細胞ゲノム配列決定の世界市場動向、単細胞ゲノム配列決定の世界市場規模、市場予測、セグメント別単細胞ゲノム配列決定市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • アポリポタンパク質B阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるアポリポタンパク質B阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アポリポタンパク質B阻害剤の概要 ・アポリポタンパク質B阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のアポリポタンパク質B阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・アポリポタンパク質B阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・アポリポタンパク質B阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 整形外科用バイオマテリアル(生体材料)の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • プロセス自動化およびインストルメンテーションの世界市場予測(~2023年):現場計器、制御弁、分析器
    当調査レポートでは、プロセス自動化およびインストルメンテーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、装置別分析、ソリューション別分析、需要先別分析、地域別分析、プロセス自動化およびインストルメンテーションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のレーザー溶接機械市場2016
    本調査レポートでは、世界のレーザー溶接機械市場2016について調査・分析し、レーザー溶接機械の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 低酸素誘導因子プロリル-4-ヒドラキシラーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における低酸素誘導因子プロリル-4-ヒドラキシラーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・低酸素誘導因子プロリル-4-ヒドラキシラーゼ阻害剤の概要 ・低酸素誘導因子プロリル-4-ヒドラキシラーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の低酸素誘導因子プロリル-4-ヒドラキシラーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・低酸素誘導因子プロリル-4-ヒドラキシラーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・低酸素誘導因子プロリル-4-ヒドラキシラーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 生物製剤CMO・CROの世界市場分析
    Grand View Research(米国)が発行した本調査レポートでは、生物製剤CMO・CROの世界市場について調査・分析し、生物製剤CMO・CROの世界市場動向、生物製剤CMO・CROの世界市場規模、市場予測、セグメント別生物製剤CMO・CRO市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 脊髄性筋萎縮症治療の世界市場2019-2023
    新しく革新的療法の開発の増加に伴い、脊髄性筋萎縮症治療に対する需要が高まっています。市場では、脊髄性筋萎縮症治療に対する新しい革新的療法の開発が増えています。 例えば、1型脊髄性筋萎縮症に対する新しい二つの革新的治療法が、進行中の臨床試験において非常に有効であることが証明されています。 最初の治療では、失われたSMN1遺伝子を新しい遺伝子で置換するためにDNA担持ウイルスを使用しました。 すでにFDAによって承認されている2番目の治療法は、ヌシネルセン(スピンラザ)と呼ばれています。 主な分析対象企業は、Biogenなどです。 当調査レポートでは、脊髄性筋萎縮症治療の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、脊髄性筋萎縮症治療市場規模、種類別(2型、3型、1型、4型)分析、治療型別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・脊髄性筋萎縮症治療の世界市場概要 ・脊髄性筋萎縮症治療の世界市場環境 ・脊髄性筋萎縮症治療の世界市場動向 ・脊髄性筋萎縮 …
  • POC脂質検査の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、POC脂質検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、POC脂質検査の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 韓国の発泡ポリスチレン(EPS)市場(~2019)
  • 運動失調症(Ataxia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における運動失調症(Ataxia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、運動失調症(Ataxia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・運動失調症(Ataxia)の概要 ・運動失調症(Ataxia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の運動失調症(Ataxia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・運動失調症(Ataxia)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・運動失調症(Ataxia)治療薬開発に取り組んでい …
  • 世界の気道装置・麻酔装置開発動向:医療機器パイプライン分析2015
    当調査レポートでは、気道装置・麻酔装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・気道装置・麻酔装置の概要 ・気道装置・麻酔装置の開発動向:開発段階別分析 ・気道装置・麻酔装置の開発動向:セグメント別分析 ・気道装置・麻酔装置の開発動向:領域別分析 ・気道装置・麻酔装置の開発動向:規制Path別分析 ・気道装置・麻酔装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別気道装置・麻酔装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・気道装置・麻酔装置の最近動向
  • 世界及び日本の木材コーティング剤市場2017-2022
  • インターロイキン-12阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるインターロイキン-12阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・インターロイキン-12阻害剤の概要 ・インターロイキン-12阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のインターロイキン-12阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・インターロイキン-12阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・インターロイキン-12阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界のリチウム・空気電池市場2015
    本調査レポートでは、世界のリチウム・空気電池市場2015について調査・分析し、リチウム・空気電池の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のソーラートラッカー市場規模・予測2017-2025:技術別(太陽光発電、集光型太陽熱発電、集光型太陽光発電)、商品別(シングルアクシス、デュアルアクシス)、用途別(ユーティリティ、非-ユーティリティ)、地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のソーラートラッカー市場について調査・分析し、世界のソーラートラッカー市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のソーラートラッカー関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 生体インプラントの世界市場の規模および予測:製品別(自家移植片、同種移植片、異種移植片)、用途別(心血管整形外科、歯科、皮膚インプラント)、投与方法別(注射、手術)、動向の分析 2013-2024
    本調査レポートでは、生体インプラントの世界市場について調査・分析し、生体インプラントの世界市場動向、生体インプラントの世界市場規模、市場予測、セグメント別生体インプラント市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • アナリティクス・オブ・シングスの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、アナリティクス・オブ・シングスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、用途別分析、ソフトウェア別分析、サービス別分析、産業別分析、アナリティクス・オブ・シングスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリビニルアルコール(PVA)の世界市場分析:エンドユーザー別(紙、食品包装、建設、電子)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中南米、MEA)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、ポリビニルアルコール(PVA)の世界市場について調査・分析し、ポリビニルアルコール(PVA)の世界市場動向、ポリビニルアルコール(PVA)の世界市場規模、市場予測、セグメント別ポリビニルアルコール(PVA)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • プレハブ建築の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、プレハブ建築の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、プレハブ建築市場規模、エンドユーザー別(産業部門、商業部門、インフラ部門、住宅部門)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、BlueScope Steel, Nucor, PEB Steel Buildings, Zamil Industrialなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・プレハブ建築の世界市場概要 ・プレハブ建築の世界市場環境 ・プレハブ建築の世界市場動向 ・プレハブ建築の世界市場規模 ・プレハブ建築の世界市場:業界構造分析 ・プレハブ建築の世界市場:エンドユーザー別(産業部門、商業部門、インフラ部門、住宅部門) ・プレハブ建築の世界市場:地域別市場規模・分析 ・プレハブ建築の北米市場規模・予測 ・プレハブ建築のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・プレハブ建築のアジア太平洋市場規模・予測 ・プレハブ建築の主要国分析 ・プレハブ建築の世界市場:意思決定フ …
  • PTFE CCLの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、PTFE CCLの世界市場について調査・分析し、PTFE CCLの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別PTFE CCLシェア、市場規模推移、市場規模予測、PTFE CCL種類別分析()、PTFE CCL用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・PTFE CCLの市場概観 ・PTFE CCLのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・PTFE CCLのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・PTFE CCLの世界市場規模 ・PTFE CCLの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・PTFE CCLのアメリカ市場規模推移 ・PTFE CCLのカナダ市場規模推移 ・PTFE CCLのメキシコ市場規模推移 ・PTFE CCLのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・PTFE CCLのドイツ市場規模推移 ・PTFE CCLのイギリス市場規模推移 ・PTFE CCLのロシア市場規模推移 ・PTFE CCLのアジア市場分析(日本、中 …
  • 局所疼痛緩和のアメリカ市場
  • 世界のタンタル線市場2016
    本調査レポートでは、世界のタンタル線市場2016について調査・分析し、タンタル線の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ビルディングインフォメーションモデリング(BIM)の世界市場
    当調査レポートでは、ビルディング インフォメーション モデリング (BIM) の世界市場について調査・分析し、ビルディング インフォメーション モデリング (BIM) の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • トール様受容体アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるトール様受容体アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・トール様受容体アンタゴニストの概要 ・トール様受容体アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のトール様受容体アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・トール様受容体アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・トール様受容体アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 界面活性剤の世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、世界の界面活性剤市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・界面活性剤の世界市場:イントロダクション ・界面活性剤の世界市場:市場概観 ・界面活性剤の世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・界面活性剤の世界市場:セグメント別市場分析 ・界面活性剤の世界市場:主要地域別市場分析 ・界面活性剤の世界市場:関連企業分析
  • スマート水道メーターの世界市場:AMI、AMR
    Technavio社の本調査レポートでは、スマート水道メーターの世界市場について調べ、スマート水道メーターの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、スマート水道メーターの市場規模をセグメンテーション別(技術別(AMI、AMR)、エンドユーザー別(家庭用、商業用・産業用)、)と地域別(アジア太平洋、EMEA、米州)に分けて算出しました。Technavio社はスマート水道メーターの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均12%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・スマート水道メーターの市場状況 ・スマート水道メーターの市場規模 ・スマート水道メーターの市場予測 ・スマート水道メーターの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:技術別(AMI、AMR) ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(家庭用、商業用・産業用) ・スマート水道メーターの顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、EMEA、米州 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  .. …
  • 世界の水道ユーティリティ市場2019
    本調査レポートでは、世界の水道ユーティリティ市場2019について調査・分析し、水道ユーティリティの世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、水道ユーティリティのアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、水道ユーティリティメーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・水道ユーティリティの市場概要 ・水道ユーティリティの上流・下流市場分析 ・水道ユーティリティのアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・水道ユーティリティのアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・水道ユーティリティのアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・水道ユーティリティのアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・水道ユーティリティの北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・水道ユーティリティの北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・水道ユーティリティの北米市場:主要メーカー分析(製品 …
  • 耐火セラミックの世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、耐火セラミックの世界市場について調査・分析し、耐火セラミックの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・耐火セラミックの世界市場:市場動向分析 ・耐火セラミックの世界市場:競争要因分析 ・耐火セラミックの世界市場:エンドユーザー別分析/市場規模 ・耐火セラミックの世界市場:製品別分析/市場規模 ・耐火セラミックの世界市場:地域別分析/市場規模 ・耐火セラミックの北米市場規模・分析 ・耐火セラミックの欧州市場・分析 ・耐火セラミックのアジア市場・分析 ・耐火セラミックの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 骨髄異形成症候群治療薬の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、骨髄異形成症候群治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、骨髄異形成症候群治療薬市場規模、投与経路別(経口、非経口)分析、MDSサブタイプ別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Celgene, Otsuka, Novartisなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・骨髄異形成症候群治療薬の世界市場概要 ・骨髄異形成症候群治療薬の世界市場環境 ・骨髄異形成症候群治療薬の世界市場動向 ・骨髄異形成症候群治療薬の世界市場規模 ・骨髄異形成症候群治療薬の世界市場:業界構造分析 ・骨髄異形成症候群治療薬の世界市場:投与経路別(経口、非経口) ・骨髄異形成症候群治療薬の世界市場:MDSサブタイプ別 ・骨髄異形成症候群治療薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・骨髄異形成症候群治療薬の北米市場規模・予測 ・骨髄異形成症候群治療薬のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・骨髄異形成症候群治療薬のアジア太平洋市場規模・予測 ・骨髄異 …
  • 治験管理システム(CTMS)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、治験管理システム(CTMS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、治験管理システム(CTMS)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は治験管理システム(CTMS)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均12.98%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Bioclinica、Medidata、Oracle、PAREXEL等です。
  • クラウドバックアップの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、クラウドバックアップの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、構成要素別分析、プロバイダー別分析、導入方式別分析、産業別分析、クラウドバックアップの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 未分化リンパ腫キナーゼ(ALK)阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における未分化リンパ腫キナーゼ(ALK)阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・未分化リンパ腫キナーゼ(ALK)阻害剤の概要 ・未分化リンパ腫キナーゼ(ALK)阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の未分化リンパ腫キナーゼ(ALK)阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・未分化リンパ腫キナーゼ(ALK)阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・未分化リンパ腫キナーゼ(ALK)阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 湿式創傷包帯の世界市場2020-2024:製品別、地域別
    「湿式創傷包帯の世界市場2020-2024」は、湿式創傷包帯について市場概要、市場規模、製品別(フォームドレッシング、ハイドロコロイドドレッシング、アルギン酸塩ドレッシング、フィルムドレッシング、ハイドロゲルドレッシング、その他)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・湿式創傷包帯の世界市場:製品別(フォームドレッシング、ハイドロコロイドドレッシング、アルギン酸塩ドレッシング、フィルムドレッシング、ハイドロゲルドレッシング、その他) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • タワークレーンの世界市場規模・予測2017-2025
    本資料は、タワークレーンの世界市場について調べ、タワークレーンの世界規模、市場動向、市場環境、デザイン別分析、製品別分析、吊上げ能力別分析、用途別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、企業別市場シェア(入手可能な場合)、バリューチェーン分析、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・タワークレーンの世界市場概要 ・タワークレーンの世界市場環境 ・タワークレーンの世界市場動向 ・タワークレーンの世界市場規模 ・タワークレーンの世界市場:企業別市場シェア(入手可能な場合) ・タワークレーンの世界市場規模:デザイン別 ・タワークレーンの世界市場規模:製品別 ・タワークレーンの世界市場規模:吊上げ能力別 ・タワークレーンの世界市場規模:用途別 ・タワークレーンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・タワークレーンの北米市場規模・予測 ・タワークレーンのアメリカ市場規模・予測 ・タワークレーンのヨーロッパ市場規模・予測 ・タワークレーンのアジア市場規模・予測 ・タワークレーンの日本市場規模・予測 …
  • インドの整形外科用電動器具市場動向(~2021)
  • クリルオイルの世界市場2017-2021:タブレット、リキッド
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、クリルオイルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クリルオイルの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はクリルオイルの世界市場が2017-2021年期間中に年平均12.65%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAker BioMarine、Enzymotec、Omega Protein、Reckitt Benckiser、RIMFROST等です。
  • 硬質バルク包装の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、硬質バルク包装の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、硬質バルク包装市場規模、タイプ別(プラスチックトート、プラスチッククレート)分析、材料別(プラスチック、金属、木材・パネル、ペーパーボード、その他)分析、製品別(バルクボックス、ペール、硬質中型容器(RIBC)、ドラム、マテリアルハンドリングコンテナ、産業用バルクコンテナ、その他)分析、エンドユーザー別(食品、洗剤・洗浄剤、工業、農業、塗料・コーティング、飲料、医薬品・化学品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 硬質バルク包装の世界市場:市場動向分析 ・ 硬質バルク包装の世界市場:競争要因分析 ・ 硬質バルク包装の世界市場:タイプ別(プラスチックトート、プラスチッククレート) ・ 硬質バルク包装の世界市場:材料別(プラスチック、金属、木材・パネル、ペーパーボード、その他) ・ 硬質バルク包装の世界市場:製品別(バルクボックス、ペール、硬質中型容器(RIB …
  • 世界のスマートウォッチ用ディスプレイ市場2015
    本調査レポートでは、世界のスマートウォッチ用ディスプレイ市場2015について調査・分析し、スマートウォッチ用ディスプレイの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 直腸腫瘍(Rectal Tumor):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における直腸腫瘍(Rectal Tumor)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、直腸腫瘍(Rectal Tumor)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・直腸腫瘍(Rectal Tumor)の概要 ・直腸腫瘍(Rectal Tumor)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の直腸腫瘍(Rectal Tumor)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・直腸腫瘍(Rectal Tumor)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤 …
  • データセントリックセキュリティの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、データセントリックセキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、構成要素別分析、サービス別分析、企業規模別分析、産業別分析、データセントリックセキュリティの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のLTE基地局装置市場2015
    本調査レポートでは、世界のLTE基地局装置市場2015について調査・分析し、LTE基地局装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 家庭用Wi-Fiルーターの世界市場:デバイス別(Wi-Fiルーター、中継器)、ルーター別(アップリンクポート、標準ポート)、地域別予測
    本資料は、家庭用Wi-Fiルーターの世界市場について調べ、家庭用Wi-Fiルーターの世界規模、市場動向、市場環境、デバイス別(Wi-Fiルーター、中継器)分析、ルーター別(アップリンクポート、標準ポート)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・家庭用Wi-Fiルーターの世界市場概要 ・家庭用Wi-Fiルーターの世界市場環境 ・家庭用Wi-Fiルーターの世界市場動向 ・家庭用Wi-Fiルーターの世界市場規模 ・家庭用Wi-Fiルーターの世界市場規模:デバイス別(Wi-Fiルーター、中継器) ・家庭用Wi-Fiルーターの世界市場規模:ルーター別(アップリンクポート、標準ポート) ・家庭用Wi-Fiルーターの世界市場:地域別市場規模・分析 ・家庭用Wi-Fiルーターの北米市場規模・予測 ・家庭用Wi-Fiルーターのアメリカ市場規模・予測 ・家庭用Wi-Fiルーターのヨーロッパ市場規模・予測 ・家庭用Wi-Fiルーターのアジア市場規模・予測 ・家庭用W …
  • 自動車用軽量素材の世界市場:金属、プラスチック、複合材
    当調査レポートでは、自動車用軽量素材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用軽量素材の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"