"熱収縮チューブの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM90917)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"熱収縮チューブの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The global heat-shrink tubing market is projected to grow at a CAGR of 5.3% from 2019 to 2024” The global heat-shrink tubing market is projected to reach USD 2.3 billion by 2024 from an estimated USD 1.8 billion in 2019, at a CAGR of 5.3% during the forecast period. This growth can be attributed to factors such as government initiatives to expand and upgrade T&D systems and increasing power generation capacities.

“The polyolefin segment is expected to be the largest heat-shrink tubing market, by material, during the forecast period”
The polyolefin segment is expected to be the largest heat-shrink tubing market, by material, during the forecast period. Polyolefin is the most used material for heat-shrinkable tubes. It forms a dense network of high molecular weight, which improves impact strength, Environmental Stress Crack Resistance (ESCR), and creep and abrasion resistance without influencing the tensile strength and density. It finds a wide application in packaging and electrical insulation industries for mechanical and environmental protection. The major end-users of polyolefin heat-shrink tubing are aerospace, military, and telecommunications.

“The low voltage segment is expected to be the fastest growing heat-shrink tubing market, by voltage, during the forecast period”
The low voltage segment is estimated to be the fastest growing heat-shrink tubing market, by voltage, during the forecast period. Massive T&D network expansions and increasing urbanization and industrialization projects in China and India are the main reasons for the growth of the low voltage heat-shrink tubing market.

“Asia Pacific: The largest heat-shrink tubing market”
Asia Pacific is projected to be the largest heat-shrink tubing market by 2024. China, India, and Japan, among the major countries, are the leading users of heat-shrink tubing. Over the past few years, the Asia Pacific region has witnessed rapid economic development. The growing demand for electricity is expected to lead to the need to replace the aging power transmission infrastructure and an increase in the demand for equipment such as low, medium, and high-power cables, thus driving the demand for heat-shrink tubing. The governments of Asia Pacific countries are planning to develop more electrical grid and power generation capacities, which would further boost the demand for heat-shrink tubing in the region.

Breakdown of Primaries:
In-depth interviews have been conducted with various key industry participants, subject-matter experts, C-level executives of key market players, and industry consultants among other experts, to obtain and verify critical qualitative and quantitative information, as well as to assess future market prospects. The distribution of primary interviews is as follows:
By Company Type: Tier I–60%, Tier II–20%, and Tier III–20%
By Designation: C-Level–55%, Director Level–30%, and Others–15%
By Region: North America–16%, Europe–21%, Asia Pacific–26%, South America–11%, and the Middle East & Africa–26%
Note: Others includes sales managers, marketing managers, product managers, and product engineers.
The tier of the companies is defined on the basis of their total revenue as of 2017; Tier 1: USD 1 billion, Tier 2: USD 500 million–1 billion, and Tier 3:

The global heat-shrink tubing market is dominated by a few major players that have a wide regional presence. The leading players in the heat-shrink tubing market are TE Connectivity (Switzerland), 3M (US), Sumitomo Electric (Japan), ABB (Switzerland), HellermannTyton (West Sussex), Alpha Wire (US), Woer (China), Qualtek (US), Panduit (US), Zeus (US), Guanghai Materials (China), Thermosleeve (US), Insultab (US), Dasheng Heat Shrinkable Material (China), and Changchun Heat Shrinkable Materials (China).

Research Coverage:
The report defines, describes, and forecasts the global heat-shrink tubing market by voltage, material, end-user, and region. It also offers a detailed qualitative and quantitative analysis of the market. The report provides a comprehensive review of the major market drivers, restraints, opportunities, and challenges. It also covers various important aspects of the market. These include the analysis of the competitive landscape, market dynamics, market estimates, in terms of value, and future trends in the heat-shrink tubing market.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"熱収縮チューブの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 15)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regional Scope
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency
1.6 Limitations
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 18)
2.1 Scope
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Demand-Side Analysis
2.2.1.1 Assumptions
2.2.2 Supply-Side Analysis
2.2.2.1 Calculation
2.2.3 Forecast
2.3 Some of the Insights of Industry Experts
3 Executive Summary (Page No. – 22)
4 Premium Insights (Page No. – 26)
4.1 Attractive Opportunities in the Heat-Shrink Tubing Market
4.2 Market, By Voltage
4.3 Market, By Material
4.4 Market, By End-User
4.5 Market, By Region
5 Market Overview (Page No. – 29)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Government Initiatives to Expand and Upgrade T&D Systems
5.2.1.2 Continuous Increase in the Global Power Generation Capacity
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Government Regulations on the Emission of Toxic Gases
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Growing Usage of Heat-Shrink Tubes in the Automotive Industry
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Availability of Low-Quality and Inexpensive Products in the Gray Market
5.2.4.2 Improper Installation of Heat-Shrink Tubes
6 Market, By Voltage (Page No. – 34)
6.1 Introduction
6.2 Low Voltage
6.2.1 Growing Usage of Heat-Shrinkable Tubes for Insulation and Sealing Cables is Expected to Foster Their Demand
6.3 Medium Voltage
6.3.1 Use of Heat-Shrink Tubes for Insulation Purposes in Terminations and Joints is Likely to Fuel the Market
6.4 High Voltage
6.4.1 High Demand for Heat-Shrinkable Tubes for Improving Long-Distance T&D Infrastructure is Likely to Boost the Heat-Shrink Tubing Market
7 Market, By Material (Page No. – 39)
7.1 Introduction
7.2 Polyolefin
7.2.1 Flame-Retardant Property of Polyolefin Heat-Shrink Tubing are Expected to Foster Its Demand
7.3 Polytetrafluoroethylene (PTFE)
7.3.1 Growing Usage of PTFE Heat-Shrinkable Tube in Medical Equipment is Likely to Foster the Market
7.4 Fluorinated Ethylene Propylene (FEP)
7.4.1 High Demand for FEP Heat-Shrinkable Tube in Food & Beverage Industry is Likely to Foster the Market
7.5 Perfluoroalkoxy Alkane (PFA)
7.5.1 High-Temperature Resistant Property of PFA is Likely to Foster Its Demand in the Market
7.6 Ethylene Tetrafluoroethylene (ETFE)
7.6.1 Abrasion and Crush-Resistance Property of ETFE and Its Low Cost are Likely to Boost Its Demand
7.7 Others
8 Market, By End-User (Page No. – 46)
8.1 Introduction
8.2 Utilities
8.2.1 Protection for Wires & Cables Against Harmful Environmental Elements and Investments in the T&D Infrastructure are Expected to Drive the Heat-Shrink Tubing Market
8.3 Automotive
8.3.1 Government Regulations Mandating the Use of Biodegradable Automotive Components and Increasing Investments in the Automotive Sector are Likely to Drive the Market
8.4 Food & Beverage
8.4.1 Usage of Heat-Shrinkable Tubes for Fungus, Moisture, and Uv Resistance to Maintain High-Quality Materials is Likely to Foster the Market
8.5 Chemical
8.5.1 Increasing Demand for Thin, Highly Abrasive, and Chemically Resilient Tubings in the Chemical Industry is Likely to Boost the Market
8.6 Others
9 Market, By Region (Page No. – 52)
9.1 Introduction
9.2 Asia Pacific
9.2.1 By Voltage
9.2.2 By Material
9.2.3 By End-User
9.2.4 By Country
9.2.4.1 China
9.2.4.1.1 Investments in the Modernization of the Aging Electrical Grid and Government Initiatives to Reduce T&D Losses are Expected to Drive the Heat-Shrink Tubing Market
9.2.4.2 India
9.2.4.2.1 Rising Investments in the T&D Infrastructure Development are Expected to Dominate the Indian Market
9.2.4.3 Japan
9.2.4.3.1 Rising Investments in Electric Vehicles are Expected to Drive the Market
9.2.4.4 South Korea
9.2.4.4.1 Increasing Focus on Renewable Energy Generation and Carbon Footprint Reduction is A Major Driver for the Market
9.2.4.5 Australia
9.2.4.5.1 Increasing Investments in Renewables, Distribution Infrastructure, and Connectivity are Expected to Drive the Market
9.2.4.6 Rest of Asia Pacific
9.3 North America
9.3.1 By Voltage
9.3.2 By Material
9.3.3 By End-User
9.3.4 By Country
9.3.4.1 US
9.3.4.1.1 Investments in Grid Modernization of Aging Infrastructure are Expected to Increase the Demand for the US Market
9.3.4.2 Canada
9.3.4.2.1 Energy-Efficiency and Optimization Services are Expected to Dominate the Market
9.3.4.3 Mexico
9.3.4.3.1 Increasing Investments to Support Energy Infrastructure Growth and Rising Demand for Renewables are Likely to Drive the Heat-Shrink Tubing Market
9.4 Europe
9.4.1 By Voltage
9.4.2 By Material
9.4.3 By End-User
9.4.4 By Country
9.4.4.1 Germany
9.4.4.1.1 Need to Integrate Renewable Energy Sources and Government Initiatives to Support Feed-In Tariff Incentives are Driving the Market
9.4.4.2 Russia
9.4.4.2.1 Strong Investments in the T&D Infrastructure are Expected to Drive the Market
9.4.4.3 UK
9.4.4.3.1 Increasing Investments in the Power Infrastructure Sector and Renewable Energy Projects are Likely to Drive the Market
9.4.4.4 France
9.4.4.4.1 Utilities Segment is Expected to Dominate the French Market
9.4.4.5 Italy
9.4.4.5.1 Development of the Sustainable Energy Sector and Need to Reduce Energy Costs are Driving the Market
9.4.4.6 Rest of Europe
9.5 South America
9.5.1 By Voltage
9.5.2 By Material
9.5.3 By End-User
9.5.4 By Country
9.5.4.1 Brazil
9.5.4.1.1 Government Initiatives to Invest in Utility Projects are Driving the Market
9.5.4.2 Argentina
9.5.4.2.1 Utilities Segment is Expected to Dominate the Market
9.5.4.3 Venezuela
9.5.4.3.1 Rising Investments in Power Generation are Expected to Boost the Demand for the Market
9.5.4.4 Rest of South America
9.6 Middle East & Africa
9.6.1 By Voltage
9.6.2 By Material
9.6.3 By End-User
9.6.4 By Country
9.6.4.1 South Africa
9.6.4.1.1 Rapidly Growing Manufacturing and Transportation Industries are Expected to Drive the Market
9.6.4.2 Saudi Arabia
9.6.4.2.1 Increasing Investments in the T&D Infrastructure are Expected to Drive the Market in the Country
9.6.4.3 UAE
9.6.4.3.1 Growing Investments in Renewables are Likely to Increase the Demand for the UAE Market
9.6.4.4 Rest of Middle East & Africa
10 Competitive Landscape (Page No. – 88)
10.1 Introduction
10.2 Market Share Analysis
10.3 Competitive Scenario
10.3.1 New Product Launches
10.3.2 Contracts & Agreements
10.3.3 Investments & Expansions
10.4 Competitive Leadership Mapping
10.4.1 Visionary Leaders
10.4.2 Innovators
10.4.3 Dynamic Differentiators
10.4.4 Emerging Companies
11 Company Profile (Page No. – 94)
11.1 ABB
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View)*
11.2 3M
11.3 TE Connectivity
11.4 Sumitomo Electric
11.5 Hellermanntyton
11.6 Alpha Wire
11.7 Qualtek
11.8 Insultab
11.9 Woer
11.10 Guanghai Materials
11.11 Changchun Heat Shrinkable Materials
11.12 Dasheng Heat Shrinkable Material
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 120)
12.1 Insights of Industry Experts
12.2 Discussion Guide
12.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.4 Available Customizations
12.5 Related Reports
12.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】熱収縮チューブの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年8月18日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM90917
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】エネルギー
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
熱収縮チューブの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 移植診断の世界市場:技術、製品・サービス(装置、試薬、ソフトウェア)、用途、エンドユーザー
    当調査レポートでは、移植診断の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、製品別分析、用途別分析、エンドユーザー別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 業務用フロアコーティング剤の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、業務用フロアコーティング剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、業務用フロアコーティング剤市場規模、最終用途産業別(食品加工、製造、航空・輸送、倉庫)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・業務用フロアコーティング剤の世界市場概要 ・業務用フロアコーティング剤の世界市場環境 ・業務用フロアコーティング剤の世界市場動向 ・業務用フロアコーティング剤の世界市場規模 ・業務用フロアコーティング剤の世界市場:業界構造分析 ・業務用フロアコーティング剤の世界市場:最終用途産業別(食品加工、製造、航空・輸送、倉庫) ・業務用フロアコーティング剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・業務用フロアコーティング剤のアメリカ市場規模・予測 ・業務用フロアコーティング剤のヨーロッパ市場規模・予測 ・業務用フロアコーティング剤のアジア市場規模・予測 ・業務用フロアコーティング剤の主要国分析 ・業務用フロアコーティング剤の世界市場:意思 …
  • 海事情報の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、海事情報の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、海事情報市場規模、用途別(MIA、MIP、VT、AIS)分析、最終用途別(商業用、政府機関)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・海事情報の世界市場概要 ・海事情報の世界市場環境 ・海事情報の世界市場動向 ・海事情報の世界市場規模 ・海事情報の世界市場:業界構造分析 ・海事情報の世界市場:用途別(MIA、MIP、VT、AIS) ・海事情報の世界市場:最終用途別(商業用、政府機関) ・海事情報の世界市場:地域別市場規模・分析 ・海事情報のアメリカ市場規模・予測 ・海事情報のヨーロッパ市場規模・予測 ・海事情報のアジア市場規模・予測 ・海事情報の主要国分析 ・海事情報の世界市場:意思決定フレームワーク ・海事情報の世界市場:成長要因、課題 ・海事情報の世界市場:競争環境 ・海事情報の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • スーパーフードベースパッケージスナック菓子の世界市場2020-2024
    「スーパーフードベースパッケージスナック菓子の世界市場2020-2024」は、スーパーフードベースパッケージスナック菓子について市場概要、市場規模、製品別(ナッツ&種、食用海藻、スーパーフルーツ、その他)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・スーパーフードベースパッケージスナック菓子の世界市場:製品別(ナッツ&種、食用海藻、スーパーフルーツ、その他) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • イギリスの血栓管理装置市場(~2021)
  • 通年性アレルギー性鼻炎(Perennial Allergic Rhinitis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における通年性アレルギー性鼻炎(Perennial Allergic Rhinitis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、通年性アレルギー性鼻炎(Perennial Allergic Rhinitis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・通年性アレルギー性鼻炎(Perennial Allergic Rhinitis)の概要 ・通年性アレルギー性鼻炎(Perennial Allergic Rhinitis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の通年性アレルギー性鼻炎(Perennial Allergic Rhinitis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤 …
  • 生体検知装置および付属品の世界市場
    当調査レポートでは、生体検知装置および付属品の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・生体検知装置および付属品の世界市場:用途別分析/市場規模 ・生体検知装置および付属品の世界市場:製品別分析/市場規模 ・生体検知装置および付属品の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・生体検知装置および付属品の世界市場:地域別分析/市場規模 ・生体検知装置および付属品のアメリカ市場規模予測 ・生体検知装置および付属品のヨーロッパ市場規模予測 ・生体検知装置および付属品のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • スウェーデンの整形外科装置市場見通し
  • 航空監視の世界市場予測(~2023年):LiDAR、レーダー、画像システム
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、航空監視の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、製品別分析、用途別分析、地域別分析、航空監視の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 低温クーラーの世界市場:ギフォード・マクマホン冷凍機、パルス管冷凍機、スターリング冷凍機、ジュール・トムソン冷凍機、ブレイトン冷凍機
    当調査レポートでは、低温クーラーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、サービス別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のクリスタルフィルタ市場2016
    本調査レポートでは、世界のクリスタルフィルタ市場2016について調査・分析し、クリスタルフィルタの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アルミニウム鋳造の世界市場予測(~2022年):ダイカスト、永久鋳型鋳造、砂型鋳造
    当調査レポートでは、アルミニウム鋳造の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、プロセス別分析、需要先別分析、地域別分析、アルミニウム鋳造の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 油圧式ドージングポンプの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、油圧式ドージングポンプの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、油圧式ドージングポンプ市場規模、種類別(プログラマブルASIC、フルカスタムASIC、セミカスタム設計)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 油圧式ドージングポンプの世界市場:市場動向分析 ・ 油圧式ドージングポンプの世界市場:競争要因分析 ・ 油圧式ドージングポンプの世界市場:種類別(プログラマブルASIC、フルカスタムASIC、セミカスタム設計) ・ 油圧式ドージングポンプの世界市場:主要地域別分析 ・ 油圧式ドージングポンプの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 油圧式ドージングポンプのヨーロッパ市場規模 ・ 油圧式ドージングポンプのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・油圧式ドージングポンプの世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • 航空・防衛(A&D)遠隔測定法の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、航空・防衛(A&D)遠隔測定法の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空・防衛(A&D)遠隔測定法の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • 世界のレフルノミド市場2016
    本調査レポートでは、世界のレフルノミド市場2016について調査・分析し、レフルノミドの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のPPUS市場2015
    本調査レポートでは、世界のPPUS市場2015について調査・分析し、PPUSの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 末消動脈疾患(PAD)治療薬の世界市場予測および分析
    当調査レポートでは、末消動脈疾患(PAD)治療薬の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・末消動脈疾患(PAD)の概要:病因、病態生理、症状 ・疫学:リスク要因、併存症、グローバル動向、予測方法、疫学的予測結果 ・末消動脈疾患(PAD)の管理:治療概要、主要国における診断、診療状況 ・末消動脈疾患(PAD)治療薬の競争状況:製品概要、主要医薬品ブランド分析 ・末消動脈疾患(PAD)治療薬市場機会及びアンメット・ニーズ分析 ・末消動脈疾患(PAD)治療薬のパイプライン分析:主要国別治験動向、フェーズ別/進捗状況別治験動向、有望な薬剤 ・製薬企業動向:戦略動向、主要企業情報 ・末消動脈疾患(PAD)治療薬市場展望:世界市場及び主要国の市場規模予測、成長要因、阻害要因
  • クラウドモバイル音楽サービスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、クラウドモバイル音楽サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クラウドモバイル音楽サービスの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 静電容量式タッチパネルの世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、静電容量式タッチパネルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、静電容量式タッチパネルの世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用プロペラシャフトの世界市場
    当調査レポートでは、自動車用プロペラシャフトの世界市場について調査・分析し、自動車用プロペラシャフトの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 自動車用プロペラシャフトの世界市場:市場動向分析 - 自動車用プロペラシャフトの世界市場:競争要因分析 - 自動車用プロペラシャフトの世界市場:シャフトの位置別 ・車軸間 ・リア ・フロント - 自動車用プロペラシャフトの世界市場:素材の種類別 ・アルミ ・炭素繊維 ・スチール - 自動車用プロペラシャフトの世界市場:製品別 ・伸縮式のシャフト ・一体成型 ・複数のパーツから成るもの - 自動車用プロペラシャフトの世界市場:販路別 ・アフターマーケット ・OEM - 自動車用プロペラシャフトの世界市場:車両の種類別 ・大型商用車 ・乗用車 ・小型商用車 - 自動車用プロペラシャフトの世界市場:カテゴリー別 ・中空軸 ・剛性軸 - 自動車用プロペラシャフトの世界市場:用途別 ・トラック ・車 ・その他 - 自動車用プロペラシャフトの世界市場:主要地域別分析 - 自動車 …
  • 商業用車タイヤ の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、商業用車タイヤ の世界市場について調査・分析し、商業用車タイヤ の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 商業用車タイヤ の世界市場:市場動向分析 - 商業用車タイヤ の世界市場:競争要因分析 - 商業用車タイヤ の世界市場:車種別 中型及び大型商業用自動車 (M&HCVs) 商用軽自動車 (LCVs) - 商業用車タイヤ の世界市場:主要地域別分析 - 商業用車タイヤ の北米市場規模(アメリカ市場等) - 商業用車タイヤ のヨーロッパ市場規模 - 商業用車タイヤ のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・商業用車タイヤ の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 世界の板紙パッケージ市場2015
    本調査レポートでは、世界の板紙パッケージ市場2015について調査・分析し、板紙パッケージの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • リチウムイオン電池の世界市場2017-2027
    当調査レポートでは、リチウムイオン電池の世界市場について調査・分析し、リチウムイオン電池の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・リチウムイオン電池の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・リチウムイオン電池の世界市場:セグメント別市場分析 ・リチウムイオン電池の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 農業用フィルムの世界市場予測(~2022年):ハウス用フィルム、サイレージフィルム、マルチフィルム
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、農業用フィルムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、フィルム材料別分析、用途別分析、ファイルム種類別分析、地域別分析、農業用フィルムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用レーザーの世界市場2017-2021:ファイバーレーザー、CO₂レーザー、固体レーザー
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、産業用レーザーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用レーザーの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は産業用レーザーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均10.24%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Coherent、IPG Photonics、ROFIN-SINAR Technologies、TRUMPF等です。
  • 産業用ホットメルト装置の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、産業用ホットメルト装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用ホットメルト装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は産業用ホットメルト装置の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.84%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Henkel、Glue Machinery、Nordson、Valco Melton、Power Adhesives等です。
  • 血液透析・腹膜透析の世界市場予測(~2021年):機械、透析器、動静脈瘻、AVグラフト、ブラッドライン、カテーテル、転送セット、 CAPD、APD
    当調査レポートでは、血液透析・腹膜透析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品別分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、血液透析・腹膜透析の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 身体装着用カメラの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、身体装着用カメラの世界市場について調査・分析し、身体装着用カメラの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別身体装着用カメラシェア、市場規模推移、市場規模予測、身体装着用カメラ種類別分析(記録用タイプ、記録・ライブストリーミングタイプ)、身体装着用カメラ用途別分析(地域警察、法執行機関、一般利用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・身体装着用カメラの市場概観 ・身体装着用カメラのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・身体装着用カメラのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・身体装着用カメラの世界市場規模 ・身体装着用カメラの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・身体装着用カメラのアメリカ市場規模推移 ・身体装着用カメラのカナダ市場規模推移 ・身体装着用カメラのメキシコ市場規模推移 ・身体装着用カメラのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・身体装着用カメラのドイツ市場規模推移 ・身体装着用カメラのイギリス市場規模推移 ・身体装 …
  • ベータセクレターゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるベータセクレターゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ベータセクレターゼ阻害剤の概要 ・ベータセクレターゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のベータセクレターゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ベータセクレターゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ベータセクレターゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • プローブカードの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、プローブカードの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、プローブカード市場規模、エンドユーザー別(ファウンドリー・ロジック、メモリデバイス)分析、製品別(先進型、標準型)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、FormFactor, JAPAN ELECTRONIC MATERIALS, MICRONICS JAPAN, MPI, Technoprobeなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・プローブカードの世界市場概要 ・プローブカードの世界市場環境 ・プローブカードの世界市場動向 ・プローブカードの世界市場規模 ・プローブカードの世界市場:業界構造分析 ・プローブカードの世界市場:エンドユーザー別(ファウンドリー・ロジック、メモリデバイス) ・プローブカードの世界市場:製品別(先進型、標準型) ・プローブカードの世界市場:地域別市場規模・分析 ・プローブカードの北米市場規模・予測 ・プローブカードのヨーロッパ・中東・アフリ …
  • ネパールのプラスチック製家庭用品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 油圧式ステアリング装置の世界市場
    当調査レポートでは、油圧式ステアリング装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、油圧式ステアリング装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • オーストラリアの整形外科用骨セメントおよび鋳造材料市場動向(~2021)
  • 建物・建設産業向けナノコーティング剤の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、建物・建設産業向けナノコーティング剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、建物・建設産業向けナノコーティング剤の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 海賊対策システムの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、海賊対策システムの世界市場について調査・分析し、海賊対策システムの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 海賊対策システムの世界市場:市場動向分析 - 海賊対策システムの世界市場:競争要因分析 - 海賊対策システムの世界市場:製品別 ・非致死性兵器 ・殺傷兵器 - 海賊対策システムの世界市場:主要地域別分析 - 海賊対策システムの北米市場規模(アメリカ市場等) - 海賊対策システムのヨーロッパ市場規模 - 海賊対策システムのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・海賊対策システムの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • EEG機器の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、EEG機器の世界市場について調査・分析し、EEG機器の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別EEG機器シェア、市場規模推移、市場規模予測、EEG機器種類別分析(従来型、動画型、ダイナミック型)、EEG機器用途別分析(病院、診断センター)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・EEG機器の市場概観 ・EEG機器のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・EEG機器のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・EEG機器の世界市場規模 ・EEG機器の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・EEG機器のアメリカ市場規模推移 ・EEG機器のカナダ市場規模推移 ・EEG機器のメキシコ市場規模推移 ・EEG機器のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・EEG機器のドイツ市場規模推移 ・EEG機器のイギリス市場規模推移 ・EEG機器のロシア市場規模推移 ・EEG機器のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・EEG機器の日本市場規模 …
  • 歯科ホワイトニングの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、歯科ホワイトニングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、歯科ホワイトニング市場規模、製品別(ホワイトライト装置、ホワイトニング歯磨き粉、ホワイトニングゲル・ストライプ、その他)分析、エンドユーザー別(オンライン販売店、オフライン販売店)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 歯科ホワイトニングの世界市場:市場動向分析 ・ 歯科ホワイトニングの世界市場:競争要因分析 ・ 歯科ホワイトニングの世界市場:製品別(ホワイトライト装置、ホワイトニング歯磨き粉、ホワイトニングゲル・ストライプ、その他) ・ 歯科ホワイトニングの世界市場:エンドユーザー別(オンライン販売店、オフライン販売店) ・ 歯科ホワイトニングの世界市場:主要地域別分析 ・ 歯科ホワイトニングの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 歯科ホワイトニングのヨーロッパ市場規模 ・ 歯科ホワイトニングのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・歯科ホワイトニ …
  • 自動車用アダプティブクルーズコントロール(ACC)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、自動車用アダプティブクルーズコントロール(ACC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用アダプティブクルーズコントロール(ACC)の世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は自動車用アダプティブクルーズコントロール(ACC)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均17.92%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Bosch、Continental、Delphi、ZF Friedrichshafen等です。
  • 世界のオゾケライト・ワックス市場2015
    本調査レポートでは、世界のオゾケライト・ワックス市場2015について調査・分析し、オゾケライト・ワックスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 家庭用クリーニング製品の世界市場2020-2024
    「家庭用クリーニング製品の世界市場2020-2024」は、家庭用クリーニング製品について市場概要、市場規模、製品別(表面洗浄剤、食器洗浄剤、トイレ洗浄剤、その他の洗浄剤(漂白剤))分析、流通チャンネル別(オフライン、オンライン)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・家庭用クリーニング製品の世界市場:製品別(表面洗浄剤、食器洗浄剤、トイレ洗浄剤、その他の洗浄剤(漂白剤)) ・家庭用クリーニング製品の世界市場:流通チャンネル別(オフライン、オンライン) ・顧客状況 ・地域状況 ・市場の要因・課題・トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 食品用脱気装置の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、食品用脱気装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、食品用脱気装置市場規模、機能別(芳香・風味維持、給湯、酸素除去、その他)分析、種類別(真空式脱気器、スプレー式脱気器、スプレートレイ式脱気器)分析、用途別(食品、飲料)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 食品用脱気装置の世界市場:市場動向分析 ・ 食品用脱気装置の世界市場:競争要因分析 ・ 食品用脱気装置の世界市場:機能別(芳香・風味維持、給湯、酸素除去、その他) ・ 食品用脱気装置の世界市場:種類別(真空式脱気器、スプレー式脱気器、スプレートレイ式脱気器) ・ 食品用脱気装置の世界市場:用途別(食品、飲料) ・ 食品用脱気装置の世界市場:主要地域別分析 ・ 食品用脱気装置の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 食品用脱気装置のヨーロッパ市場規模 ・ 食品用脱気装置のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・食品用脱気装置の世界市場:主な市場開拓 ・ …
  • 世界の聴覚補助装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、聴覚補助装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・聴覚補助装置の概要 ・聴覚補助装置の開発動向:開発段階別分析 ・聴覚補助装置の開発動向:セグメント別分析 ・聴覚補助装置の開発動向:領域別分析 ・聴覚補助装置の開発動向:規制Path別分析 ・聴覚補助装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別聴覚補助装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・聴覚補助装置の最近動向
  • 世界のポリ塩化ビニリデン(PVDC)市場2016
    本調査レポートでは、世界のポリ塩化ビニリデン(PVDC)市場2016について調査・分析し、ポリ塩化ビニリデン(PVDC)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリイソブチレンの世界市場予測(~2022年):C-PIB、HR-PIB
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ポリイソブチレンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、製品別分析、分子量別分析、用途別分析、需要先(産業)別分析、ポリイソブチレンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 軽度認知障害(Mild Cognitive Impairment):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における軽度認知障害(Mild Cognitive Impairment)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、軽度認知障害(Mild Cognitive Impairment)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・軽度認知障害(Mild Cognitive Impairment)の概要 ・軽度認知障害(Mild Cognitive Impairment)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の軽度認知障害(Mild Cognitive Impairment)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・軽度認知障害(Mild Cognitive Im …
  • デジタル・サイネージ(電子看板)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、デジタル・サイネージ(電子看板)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、デジタル・サイネージ(電子看板)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界及び米国のポマード市場2017-2022
  • テラゾーフローリングの世界市場
    本資料は、テラゾーフローリングの世界市場について調べ、テラゾーフローリングの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(無機テラゾー、エポキシテラゾー)分析、用途別(教育用、商業用、ヘルスケア&製薬、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはFLUKE 、HT、FLIR SYSTEMS、AMETEK Land、JENOPTIK I Defense & Civil Systems、Optris、Infrared Cameras Inc.、FluxData Inc.、Infra Tec GmbH、Testo、Keysight Technologies、CorDEX、IRCameras、などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・テラゾーフローリングの世界市場概要 ・テラゾーフローリングの世界市場環境 ・テラゾーフローリングの世界市場動向 ・テラゾーフローリングの世界市場規模 ・テラゾーフローリングの世界市場規模:種類別(無機テラゾー、エポキシテラゾー) ・テ …
  • 半導体レーザーの世界市場分:タイプ別(光ファイバーレーザー、面発光レーザー、コンパクトディスクレーザー、ハイパワーダイオードレーザー、赤色レーザー、バイオレットレーザー、グリーンレーザー、青色レーザー)、用途別(光ストレージ、リソグラフィ、ヘルスケア、研究開発および防衛、センサー、ディスプレイ、印刷、通信、工業用)、セグメント予測
    本調査レポートでは、半導体レーザーの世界市場について調査・分析し、半導体レーザーの世界市場動向、半導体レーザーの世界市場規模、市場予測、セグメント別半導体レーザー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 工業用チョコレートの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、工業用チョコレートの世界市場について調べ、工業用チョコレートの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、工業用チョコレートの市場規模をセグメンテーション別(用途別、エンティティ別(統合型工業用チョコレート、オープン型工業用チョコレート)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は工業用チョコレートの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・工業用チョコレートの市場状況 ・工業用チョコレートの市場規模 ・工業用チョコレートの市場予測 ・工業用チョコレートの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別 ・市場セグメンテーション:エンティティ別(統合型工業用チョコレート、オープン型工業用チョコレート) ・工業用チョコレートの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"