"塞栓療法の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM90919)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"塞栓療法の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The embolotherapy market is projected to grow at a CAGR of 8.1% during the forecast period”The embolotherapy market is projected to reach USD 4.9 billion by 2024 from USD 3.3 billion in 2019, at a CAGR of 8.1% from 2019 to 2024. The growth of this market is primarily driven by the rising burden of target diseases and increasing investments, funds, and grants for the development of novel products. Moreover, increasing demand for minimally invasive procedures, favorable reimbursement scenario, and new product launches in the market are further supporting the growth of the market over the forecast period. However, stringent regulatory frameworks for product commercialization and the strong market positioning of alternative treatments are expected to limit the optimal adoption of embolotherapy devices during the forecast period.

“The cancer segment, by disease indication, accounted for the largest share of the embolotherapy market in 2018”
In terms of disease indication, embolotherapy market is classified into cancer, peripheral vascular diseases, neurological diseases, urological & nephrological disorders, and gastrointestinal disorders. The high success rate and less post-operative complication rate associated with embolotherapy procedures coupled with the rising incidences of liver cancer and hepatocellular cancer are the key factors fueling the demand for embolotherapy devices for cancer disease indication. For instance, liver cancer is the fifth most common cancer in men and the ninth most common in women.

“The embolic agents segment, by product, is to register a significant growth rate owing to new product approvals”
Based on product, the embolotherapy market is broadly segmented into embolic agents and support devices. The embolic agents segment is further subsegmented into embolic coils, embolic plug systems, liquid embolic agents, microspheres, and detachable balloons. Whereas, the support devices segment includes microcatheters and guidewires. The embolic agents segment is anticipated to register the highest growth over the forecast period owing to new product approvals and launches in the segment. For instance, in 2019, Terumo received the FDA Premarket Approval (PMA) for the ‘WEB Aneurysm Embolization System.’ Moreover, in 2018, Medtronic launched OptiSphere embolization spheres in the US as well as the Concerto 3D detachable coil system in Ireland.

“The US market, by region, commanded the largest market share in 2018”
On the basis of region, the embolotherapy market is segmented into North America, Europe, Asia Pacific, Latin America, and the Middle East & Africa. The US held the major share of the global embolotherapy market in 2018. Factors such as the favorable reimbursement scenario in the US, growing target patient population (CVDs, neurovascular diseases, cancer, and uterine fibroids), increasing preference for minimally invasive procedures, new product launches and technological advancements in embolotherapy devices, and the presence of key players in the region are driving the growth of the embolotherapy market in the US.

Breakdown of supply-side primary interviews:
• By Company Type: Tier 1 – 25%, Tier 2 – 30%, and Tier 3 – 45%
• By Designation: C-level – 26%, Director-level – 30%, and Others – 44%
• By Country: North America- 34%, Europe – 26%, APAC – 23%, and RoW – 17%

The major players in the market include Boston Scientific Corporation (US), Merit Medical Systems (US), Terumo Corporation (Japan), Medtronic plc (Ireland), Johnson & Johnson (US), Stryker Corporation (US), BTG plc (UK), Penumbra, Inc. (US), Cook Medical (US), Abbott Laboratories (US), Acandis GmbH (Germany), BALT Extrusion (France), Sirtex Medical Limited (Australia), Kaneka Corporation (Japan), and Meril Life Sciences Pvt. Ltd. (India) among others.

Research Coverage
This report studies the embolotherapy market based on product, disease indication, procedure, end user, and region. The report also studies factors such as drivers, restraints, opportunities, and challenges affecting market growth. It also provides details of the competitive landscape for market leaders. Furthermore, the report analyzes micromarkets with respect to individual growth trends, and it also forecasts the revenue of the market segments with respect to four main countries.

Key Benefits of Buying the Report
This report focuses on various levels of analysis—industry trends, market shares of top players, and company profiles, which together form basic views. It also analyzes the competitive landscape; and high-growth countries along with their respective drivers, restraints, challenges, and opportunities. The report will help both established firms as well as new entrants/smaller firms to gauge the pulse of the market and garner greater market shares.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"塞栓療法の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 20)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 24)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Product-Based Market Estimation
2.2.2 Primary Research Validation
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
2.5 Research Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 35)
4 Premium Insights (Page No. – 39)
4.1 Embolotherapy: Market Overview
4.2 Embolotherapy Market, By Product
4.3 Market, By Procedure and Region
4.4 Market, By Disease Indication
4.5 Asia Pacific Market, By End User aand Country
4.6 Geographic Snapshot of the Market
5 Market Overview (Page No. – 45)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Growing Target Patient Population
5.2.1.2 Rising Patient Preference for Minimally Invasive Procedures
5.2.1.3 Funding & Investments By Government and Private Organizations
5.2.1.4 Technological Advancements in Embolotherapy Devices
5.2.1.5 Favorable Reimbursement Scenario for Minimally Invasive Surgeries
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Lack of Sufficient Evidence & Unfavorable Regulatory Scenario
5.2.2.2 Strong Market Positioning of Alternative Therapies
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Growth Opportunities Offered By Emerging Markets
5.2.3.2 Expanding Applications of Embolization Devices
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Dearth of Skilled Surgeons
5.2.4.2 High Costs and Resulting Difficulties in Accessing Embolization in Developing Countries
6 Embolotherapy Market, By Product (Page No. – 54)
6.1 Introduction
6.2 Embolic Agents
6.2.1 Microspheres
6.2.1.1 Preference for Alternative Procedures Limits the Growth of This Market Segment
6.2.2 Embolic Coils
6.2.2.1 Detachable Coils
6.2.2.1.1 Detachable Coils Can Be Retracted and Redeployed A Number of Times Until Satisfactory Placement is Reached, Which is A Key Advantage of This Product Segment
6.2.2.2 Pushable Coils
6.2.2.2.1 Use of Pushable Coils Increases the Risk of Non-Target Vascular Blockages, Thereby Hampering Their Use in Various Applications
6.2.3 Liquid Embolic Agents
6.2.3.1 Significant Adoption of Embolic Coils Due to Their Procedural Benefits Over Liquid Embolic Agents is Expected to Restrict Market Growth
6.2.4 Embolic Plug Systems
6.2.4.1 Procedural Advantages Delivered By Vascular Plugs Such as A Significantly Shorter Occlusion Time and Recanalization Rate are the Key Factors Leading to Their Increased Adoption
6.2.5 Detachable Balloons
6.2.5.1 Adverse Events Associated With the Use of Detachable Balloons Such as Balloon Rupture, Failure, Or Shrinkage May Limit the Utilization of This Embolic Device
6.3 Support Devices
6.3.1 Microcatheters
6.3.1.1 Advancements and Regulatory Approvals in Microcatheter Technologies are Expected to Result in Their Wider Adoption
6.3.2 Guidewires
6.3.2.1 Rising Adoption of Guidewires Among Medical Professionals Owing to Their Procedural Benefits is Expected to Drive Market Growth
7 Embolotherapy Market, By Disease Indication (Page No. – 70)
7.1 Introduction
7.2 Cancer
7.2.1 Liver Cancer
7.2.1.1 Rising Prevalence of Liver Cancer is Projected to Fuel Segment Growth
7.2.2 Kidney Cancer
7.2.2.1 The Wide Adoption of Preoperative Kidney Tumor Embolization in the Treatment of Kidney Cancer is Driving Market Growth
7.2.3 Other Cancers
7.2.3.1 Increasing Clinical Research to Check the Effectiveness of Embolization for Cancer Treatment to Drive Market Growth
7.3 Peripheral Vascular Disease
7.3.1 Rising Adoption of Vascular Plugs is A Key Driving Factor for the Market
7.4 Neurological Diseases
7.4.1 Cerebral Aneurysm
7.4.1.1 Limited Availability of Reimbursements Across Major Markets May Hinder Market Growth
7.4.2 Arteriovenous Malformation and Fistulas
7.4.2.1 Side Effects Associated With AVM Embolization Procedures May Restrict Market Growth to A Certain Extent
7.5 Urological & Nephrological Disorders
7.5.1 Embolic Agents are Used to Treat Uterine Fibroids, Autosomal Dominant Polycystic Kidney Disease, and Benign Prostatic Hyperplasia
7.6 Gastrointestinal Disorders
7.6.1 Embolization is A Widely Adopted Procedure Used to Treat LGIB and LGIB
8 Embolotherapy Market, By Procedure (Page No. – 83)
8.1 Introduction
8.2 Transcatheter Arterial Embolization (TAE)
8.2.1 Transcatheter Arterial Embolization Dominates the Market Due to the Increasing Incidence of Uterine Fibroids & Vascular Lesions
8.3 Transcatheter Arterial Radioembolization (TARE)/Selective Internal Radiation Therapy (SIRT)
8.3.1 Better Clinical Outcomes & Increased Cancer Survival Rate are Supporting the Growth of This Segment
8.4 Transarterial Chemoembolization (TACE)
8.4.1 TACE Can Be Used to Treat Tumors That are Relatively Larger in Size, Which Cannot Be Easily Treated By Tumor Ablation
9 Embolotherapy Market, By End User (Page No. – 89)
9.1 Introduction
9.2 Hospitals and Clinics
9.3 Ambulatory Surgery Centers
9.4 Other End Users
10 Embolotherapy Market, By Region (Page No. – 94)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 US
10.2.1.1 The US Dominates the Global Market in 2018 Due to the Large R&D Investments in the Country
10.2.2 Canada
10.2.2.1 High Burden of Cancer to Support Market Growth
10.3 Europe
10.3.1 Germany
10.3.1.1 Germany is the Fastest-Growing Market in Europe
10.3.2 UK
10.3.2.1 Increasing Incidence of Target Health Conditions Coupled With the Rising Geriatric Population to Drive Market Growth
10.3.3 France
10.3.3.1 Government Initiatives to Raise Awareness About Embolotherapy Will Increase the Adoption of Embolization Procedures in the Country
10.3.4 Rest of Europe
10.4 Asia Pacific
10.4.1 Japan
10.4.1.1 Growing Geriatric Population and the Increasing R&D Investments in the Country are the Major Factors Driving Market Growth
10.4.2 China
10.4.2.1 China to Register the Highest Growth in the APAC Embolotherapy Market Due to the Growing Target Patient Population
10.4.3 India
10.4.3.1 Ongoing Modernization and Expansion of Healthcare Infrastructure and Growing Medical Tourism to Support Market Growth
10.4.4 Rest of Asia Pacific
10.5 Latin America
10.5.1 Brazil
10.5.1.1 Increasing Incidence of Hepatocellular Carcinoma and Cerebral Aneurysm to Drive the Adoption of Embolization Products
10.5.2 Rest of Latin America
10.6 Middle East & Africa
11 Competitive Landscape (Page No. – 173)
11.1 Introduction
11.2 Market Share Analysis
11.2.1 Market Share Analysis for Microspheres (2018)
11.2.2 Market Share Analysis for Embolization Coils (2018)
11.3 Competitive Situation and Trends
11.4 Competitive Leadership Mapping
11.5 Vendor Inclusion Criteria
11.6 Vendor Dive
11.6.1 Visionary Leaders
11.6.2 Innovators
11.6.3 Dynamic Differentiators
11.6.4 Emerging Players
12 Company Profiles (Page No. – 180)
12.1 Abbott Laboratories
12.2 Acandis GmbH
12.3 Balt Extrusion
12.4 Boston Scientific Corporation
12.5 BTG PLC
12.6 Cook Medical
12.7 Johnson & Johnson
12.8 Kaneka Corporation
12.9 Medtronic PLC
12.10 Meril Life Sciences Pvt., Ltd.
12.11 Merit Medical Systems
12.12 Penumbra, Inc.
12.13 Sirtex Medical Limited
12.14 Stryker Corporation
12.15 Terumo Corporation
13 Appendix (Page No. – 210)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】塞栓療法の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年8月18日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM90919
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
塞栓療法の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • プロバイオティクス飲料の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、プロバイオティクス飲料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プロバイオティクス飲料の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 特発性血小板減少性紫斑病(ITP):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における特発性血小板減少性紫斑病(ITP)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、特発性血小板減少性紫斑病(ITP)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・特発性血小板減少性紫斑病(ITP)の概要 ・特発性血小板減少性紫斑病(ITP)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の特発性血小板減少性紫斑病(ITP)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・特発性血小板減少性紫斑病(ITP)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・特 …
  • 世界のガススプリング市場2016
    本調査レポートでは、世界のガススプリング市場2016について調査・分析し、ガススプリングの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アメリカの疼痛管理デバイス市場動向(~2021)
  • 液体包装用板紙の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、液体包装用板紙の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、液体包装用板紙の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の機械翻訳市場:用途別、地域別
    本調査レポートは機械翻訳の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、用途別(防衛、IT 、自動車、ヘルスケア)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・オンライン・ホームデコールの世界市場:用途別(防衛、IT 、自動車、ヘルスケア) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • バイオマス加熱プラントの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、バイオマス加熱プラントの世界市場について調査・分析し、バイオマス加熱プラントの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別バイオマス加熱プラントシェア、市場規模推移、市場規模予測、バイオマス加熱プラント種類別分析(<5 MW、10-20 MW、その他)、バイオマス加熱プラント用途別分析(発電、熱分配)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・バイオマス加熱プラントの市場概観 ・バイオマス加熱プラントのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・バイオマス加熱プラントのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・バイオマス加熱プラントの世界市場規模 ・バイオマス加熱プラントの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・バイオマス加熱プラントのアメリカ市場規模推移 ・バイオマス加熱プラントのカナダ市場規模推移 ・バイオマス加熱プラントのメキシコ市場規模推移 ・バイオマス加熱プラントのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・バイオマス加熱プラントのドイツ市 …
  • 世界のデジタルサイネージ市場規模・予測2017-2025:用途別(教育、銀行、ヘルスケア、輸送機器、小売、企業)、構成要素別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、種類別(キオスク、デジタルポスター、ビデオスクリーン、透明スクリーン)、技術別(LCD、LED、プロジェクション)、地域別、
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のデジタルサイネージ市場について調査・分析し、世界のデジタルサイネージ市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のデジタルサイネージ関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • グリセリンの世界市場
    当調査レポートでは、グリセリンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、グリセリンの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 胃バンド装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、胃バンド装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、胃バンド装置の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 胃バンド装置市場は、肥満治療の認識の向上、そしてMIプロシージャ―の効果や技術の向上のため、緩やかなペースで成長することが予想されています。肥満治療手術は腹腔鏡を使用して行われ、胃バンドが胃の上部に入れられます。この胃バンドの挿入により、空腹感が減り、結果的に体重が減少するのを助けます。Technavio社は胃バンド装置の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.74%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Apollo Endosurgery • COUSIN BIOTECH.等です。
  • 世界の硫酸アルミニウム市場2015
    本調査レポートでは、世界の硫酸アルミニウム市場2015について調査・分析し、硫酸アルミニウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 建築用光源装置の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、建築用光源装置の世界市場について調査・分析し、建築用光源装置の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別建築用光源装置シェア、市場規模推移、市場規模予測、建築用光源装置種類別分析(石切断工具、床切断工具、タイル切断工具)、建築用光源装置用途別分析(建物、橋、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・建築用光源装置の市場概観 ・建築用光源装置のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・建築用光源装置のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・建築用光源装置の世界市場規模 ・建築用光源装置の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・建築用光源装置のアメリカ市場規模推移 ・建築用光源装置のカナダ市場規模推移 ・建築用光源装置のメキシコ市場規模推移 ・建築用光源装置のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・建築用光源装置のドイツ市場規模推移 ・建築用光源装置のイギリス市場規模推移 ・建築用光源装置のロシア市場規模推移 ・建築用光源装置のアジア …
  • 企業向けeラーニングの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、企業向けeラーニングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、企業向けeラーニング市場規模、導入別(オンプレミス、クラウドベース)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、CommLab India, Designing Digitally, EI Design, G-Cube, Skillsoftなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・企業向けeラーニングの世界市場概要 ・企業向けeラーニングの世界市場環境 ・企業向けeラーニングの世界市場動向 ・企業向けeラーニングの世界市場規模 ・企業向けeラーニングの世界市場:業界構造分析 ・企業向けeラーニングの世界市場:導入別(オンプレミス、クラウドベース) ・企業向けeラーニングの世界市場:地域別市場規模・分析 ・企業向けeラーニングの北米市場規模・予測 ・企業向けeラーニングのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・企業向けeラーニングのアジア太平洋市場規模・予測 ・企業向け …
  • 世界のノートパソコン市場2015
    本調査レポートでは、世界のノートパソコン市場2015について調査・分析し、ノートパソコンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 工業用ポンプ制御パネルの世界市場2017-2021:単相式、三相式
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、工業用ポンプ制御パネルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、工業用ポンプ制御パネルの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は工業用ポンプ制御パネルの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.91%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はGrundfos、See Water、Siemens、Rockwell Automation、Xylem等です。
  • メキシコの麻酔器市場動向(~2021)
  • 環境制御システムの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、環境制御システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、需要先別分析、システム別分析、構成要素別分析、地域別分析、環境制御システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アルメニアのプラスチック製モノフィラメントおよび棒市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 転倒検知システムの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、転倒検知システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、構成品別分析、アルゴリズム別分析、システム別分析、需要先別分析、転倒検知システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 無線周波数フィルターの世界市場2020-2024
    「無線周波数フィルターの世界市場2020-2024」は、無線周波数フィルターについて市場概要、市場規模、用途別(携帯機器、GPS機器、タブレット、その他)分析、技術別(SAWフィルター、BAWフィルター)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・無線周波数フィルターの世界市場:用途別(携帯機器、GPS機器、タブレット、その他) ・無線周波数フィルターの世界市場:技術別(SAWフィルター、BAWフィルター) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • LiDARの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、LiDARの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、種類別分析、設置別分析、用途別分析、地域別分析、LiDARの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 商用ドローンサービスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、商用ドローンサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、商用ドローンサービスの世界市場規模及び予測、用途別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 軍用陸上車向け電子機器(ベトロニクス)の世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、軍用陸上車向け電子機器(ベトロニクス)の世界市場について調査・分析し、軍用陸上車向け電子機器(ベトロニクス)の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 軍用車向け電子機器市場の概要 3. 軍用車向け電子機器の世界市場 2016-2026 4. 世界の軍用車向け電子機器2次市場予測 2016-2026 5. 主要国の軍用車向け電子機器市場予測 2016-2026 6. 軍用車向け電子機器市場のSWOT分析 2016-2026 7. 軍用車向け電子機器市場のPEST分析 2016-2026 8. 軍用車向け電子機器企業主要14社 9. 結論および推奨事項 10. 用語集
  • 女性衛生用ワイプの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、女性衛生用ワイプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、女性衛生用ワイプの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用48Vシステムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用48Vシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用48Vシステム市場規模、用途別(マイルドHEV、低電力BEV、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用48Vシステムの世界市場概要 ・自動車用48Vシステムの世界市場環境 ・自動車用48Vシステムの世界市場動向 ・自動車用48Vシステムの世界市場規模 ・自動車用48Vシステムの世界市場:業界構造分析 ・自動車用48Vシステムの世界市場:用途別(マイルドHEV、低電力BEV、その他) ・自動車用48Vシステムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用48Vシステムの北米市場規模・予測 ・自動車用48Vシステムのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・自動車用48Vシステムのアジア太平洋市場規模・予測 ・自動車用48Vシステムの主要国分析 ・自動車用48Vシステムの世界市場:意思決定フレームワーク ・自動車用48Vシステムの世界 …
  • オーガニックタンポンの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、オーガニックタンポンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、オーガニックタンポン市場規模、流通経路別(オンラインストア、小売店)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・オーガニックタンポンの世界市場概要 ・オーガニックタンポンの世界市場環境 ・オーガニックタンポンの世界市場動向 ・オーガニックタンポンの世界市場規模 ・オーガニックタンポンの世界市場:業界構造分析 ・オーガニックタンポンの世界市場:流通経路別(オンラインストア、小売店) ・オーガニックタンポンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・オーガニックタンポンのアメリカ市場規模・予測 ・オーガニックタンポンのヨーロッパ市場規模・予測 ・オーガニックタンポンのアジア市場規模・予測 ・オーガニックタンポンの主要国分析 ・オーガニックタンポンの世界市場:意思決定フレームワーク ・オーガニックタンポンの世界市場:成長要因、課題 ・オーガニックタンポンの世界市場:競争 …
  • ホワイトボックスサーバーの世界市場:販売動向2018
    本調査レポートでは、ホワイトボックスサーバーの世界市場について調査・分析し、ホワイトボックスサーバーのメーカー別販売量、市場シェア分析、種類別販売分析(ラック取り付けサーバー、ブレードサーバー、ホールキャビネットサーバー)、用途別販売分析(データセンター、企業顧客)、地域別販売分析(米国、中国、欧州、日本、東南アジア、インド)、価格動向、企業動向、ホワイトボックスサーバー産業チェーン分析、世界市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・ホワイトボックスサーバー市場概要 ・ホワイトボックスサーバーのメーカー別販売量・メーカー別シェア ・ホワイトボックスサーバーの世界市場:種類別販売量(ラック取り付けサーバー、ブレードサーバー、ホールキャビネットサーバー) ・ホワイトボックスサーバーの世界市場:用途別販売量(データセンター、企業顧客) ・ホワイトボックスサーバーの世界市場:地域別販売量・市場シェア ・ホワイトボックスサーバーの米国市場規模 ・ホワイトボックスサーバーの中国市場規模 ・ホワイトボックスサーバーの欧州市場規模 ・ホワイトボックスサーバーの日本市場規模 ・ホワイトボ …
  • 世界のレドーム市場2015
    本調査レポートでは、世界のレドーム市場2015について調査・分析し、レドームの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ハイコンテントスクリーニング(HCS)ソフトウェアとサービスの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、ハイコンテントスクリーニング(HCS)ソフトウェアとサービスの世界市場について調査・分析し、ハイコンテントスクリーニング(HCS)ソフトウェアとサービスの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・ハイコンテントスクリーニング(HCS)ソフトウェアとサービスの世界市場規模:用途別分析 ・ハイコンテントスクリーニング(HCS)ソフトウェアとサービスの世界市場規模:製品別分析 ・ハイコンテントスクリーニング(HCS)ソフトウェアとサービスの世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・ハイコンテントスクリーニング(HCS)ソフトウェアとサービスの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 産業用安全の世界市場予測(~2024年)
    産業用安全の世界市場は、2019年の33億米ドルから2024年には54億米ドルに達し、この期間中8.6%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、安全規制に対する要求、石油・ガス産業における安全システムに対する需要の高まり、人員・資産保護のための信頼性の高い安全システムに対するニーズの高まり、インダストリー4.0、危険な産業地域におけるオートメーションの拡大などが考えられます。一方で、危険な環境おける機器の自動化や保守には多額の投資が必要なことから、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、産業用安全の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、製品の種類(ESD、HIPPS、TMC、BMS、F&GM)分析、コンポーネント(安全センサー、安全スイッチ、プログラム可能な安全システム、安全弁、非常停止装置)分析、産業分析、産業用安全の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • シンガポールのプラスチック製包装製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • グアーガムの世界市場分析:製品別(粉、角形、細片)、用途別(製菓、パン・パイ製造、小売、肉、微生物学・分子生物学)、地域別、セグメント予測 2014-2025
    本調査レポートでは、グアーガムの世界市場について調査・分析し、グアーガムの世界市場動向、グアーガムの世界市場規模、市場予測、セグメント別グアーガム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 家庭用クリーニング製品の世界市場:表面洗浄剤、食器洗剤、トイレクリーナー、その他
    当調査レポートでは、家庭用クリーニング製品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、家庭用クリーニング製品市場規模、製品別(表面洗浄剤、食器洗剤、トイレクリーナー、その他)分析、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Comparative analysis of key vendors, Colgate-Palmolive, Henkel, Procter & Gamble, Reckitt Benckiser Group, S. C. JOHNSON & SON, The Clorox Company, Unileverなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・家庭用クリーニング製品の世界市場概要 ・家庭用クリーニング製品の世界市場環境 ・家庭用クリーニング製品の世界市場動向 ・家庭用クリーニング製品の世界市場規模 ・家庭用クリーニング製品の世界市場:業界構造分析 ・家庭用クリーニング製品の世界市場:製品別( …
  • 船舶用補助エンジンの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、船舶用補助エンジンの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、船舶用補助エンジン市場規模、エンジン種類別(ディーゼルエンジン、ガスエンジン)分析、エンジン容量別(500~1,500kW、1,501kW以上、500kW未満)分析、船舶タイプ別(タンカー、コンテナ船、ばら積み貨物船、一般貨物船、旅客クルーズ船、自動車運搬船、RO-RO船)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・船舶用補助エンジンの世界市場概要 ・船舶用補助エンジンの世界市場環境 ・船舶用補助エンジンの世界市場動向 ・船舶用補助エンジンの世界市場規模 ・船舶用補助エンジンの世界市場:業界構造分析 ・船舶用補助エンジンの世界市場:エンジン種類別(ディーゼルエンジン、ガスエンジン) ・船舶用補助エンジンの世界市場:エンジン容量別(500~1,500kW、1,501kW以上、500kW未満) ・船舶用補助エンジンの世界市場:船舶タイプ別(タンカー、コンテナ船、 …
  • 顕微鏡用付属品の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、顕微鏡用付属品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、顕微鏡用付属品の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の噴霧乾燥器市場規模・予測2017-2025:ノズルアトマイザ、ロータリーアトマイザ、流動化
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の噴霧乾燥器市場について調査・分析し、世界の噴霧乾燥器市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の噴霧乾燥器関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • クリアブライン液の世界市場
    当調査レポートでは、クリアブライン液の世界市場について調査・分析し、クリアブライン液の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 呼吸器疾患の検査/診断の世界市場分析:製品別(画像検査、呼吸計、血液ガス試験)、エンドユーザー別(病院、医師クリニック、臨床検査室、外来サービス)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、呼吸器疾患の検査/診断の世界市場について調査・分析し、呼吸器疾患の検査/診断の世界市場動向、呼吸器疾患の検査/診断の世界市場規模、市場予測、セグメント別呼吸器疾患の検査/診断市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 米国のスマートホームM2M通信市場2016-2020
    当調査レポートでは、米国のスマートホームM2M通信市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、米国のスマートホームM2M通信市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 計器着陸装置および視覚支援装置の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、計器着陸装置および視覚支援装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、計器着陸装置および視覚支援装置市場規模、照明種類別(誘導路灯、進入灯、滑走路灯)分析、種類別(計器着陸装置CatI、計器着陸装置CatII、計器着陸装置CatIII)分析、技術別(LED、白熱灯)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 計器着陸装置および視覚支援装置の世界市場:市場動向分析 ・ 計器着陸装置および視覚支援装置の世界市場:競争要因分析 ・ 計器着陸装置および視覚支援装置の世界市場:照明種類別(誘導路灯、進入灯、滑走路灯) ・ 計器着陸装置および視覚支援装置の世界市場:種類別(計器着陸装置CatI、計器着陸装置CatII、計器着陸装置CatIII) ・ 計器着陸装置および視覚支援装置の世界市場:技術別(LED、白熱灯) ・ 計器着陸装置および視覚支援装置の世界市場:主要地域別分析 ・ 計器着陸装置および視覚支援装置の北米市場規模(アメリカ …
  • 高性能電動オートバイの世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、高性能電動オートバイの世界市場について調べ、高性能電動オートバイの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、高性能電動オートバイの市場規模をセグメンテーション別(種類別(ストリート、オフロード)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は高性能電動オートバイの世界市場規模が2020-2024期間中に年平均35%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・高性能電動オートバイの市場状況 ・高性能電動オートバイの市場規模 ・高性能電動オートバイの市場予測 ・高性能電動オートバイの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(ストリート、オフロード) ・高性能電動オートバイの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • スマートセキュリティの世界市場:監視システム、アクセス制御システム、侵入者警報装置
    当調査レポートでは、スマートセキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートセキュリティの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の芝生用スプリンクラー装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の芝生用スプリンクラー装置市場2015について調査・分析し、芝生用スプリンクラー装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 芝及び庭用電力設備の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、芝及び庭用電力設備の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、芝及び庭用電力設備市場規模、設備種類別(除雪機、芝刈り機、芝生の刈り込み機・縁刈り機、送風機・掃除機、回転式耕運機、その他)分析、用途別(商業用、住宅用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 芝及び庭用電力設備の世界市場:市場動向分析 ・ 芝及び庭用電力設備の世界市場:競争要因分析 ・ 芝及び庭用電力設備の世界市場:設備種類別(除雪機、芝刈り機、芝生の刈り込み機・縁刈り機、送風機・掃除機、回転式耕運機、その他) ・ 芝及び庭用電力設備の世界市場:用途別(商業用、住宅用) ・ 芝及び庭用電力設備の世界市場:主要地域別分析 ・ 芝及び庭用電力設備の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 芝及び庭用電力設備のヨーロッパ市場規模 ・ 芝及び庭用電力設備のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・芝及び庭用電力設備の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • 測量装置の世界市場:土地測量、水路測量、スキャナー、レーザー、ポジショニングシステム、音響システム、トータルステーション
    当調査レポートでは、測量装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、エンドユーザー別分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 貯蔵分析の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、貯蔵分析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、サービス別分析、用途別分析、貯蔵種類別分析、地域別分析、貯蔵分析の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • デオキシグアノシンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、デオキシグアノシンの世界市場について調査・分析し、デオキシグアノシンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別デオキシグアノシンシェア、市場規模推移、市場規模予測、デオキシグアノシン種類別分析(デオキシグアノシン無水物、デオキシグアノシン水和物)、デオキシグアノシン用途別分析(中間体、研究開発、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・デオキシグアノシンの市場概観 ・デオキシグアノシンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・デオキシグアノシンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・デオキシグアノシンの世界市場規模 ・デオキシグアノシンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・デオキシグアノシンのアメリカ市場規模推移 ・デオキシグアノシンのカナダ市場規模推移 ・デオキシグアノシンのメキシコ市場規模推移 ・デオキシグアノシンのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・デオキシグアノシンのドイツ市場規模推移 ・デオキシグアノシンの …
  • スウェーデンの心臓血管補綴装置市場見通し
  • クローラーショベルの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、クローラーショベルの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、クローラーショベル市場規模、用途別(建設、鉱業、農業、林業、その他)分析、製品別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・クローラーショベルの世界市場概要 ・クローラーショベルの世界市場環境 ・クローラーショベルの世界市場動向 ・クローラーショベルの世界市場規模 ・クローラーショベルの世界市場:業界構造分析 ・クローラーショベルの世界市場:用途別(建設、鉱業、農業、林業、その他) ・クローラーショベルの世界市場:製品別 ・クローラーショベルの世界市場:地域別市場規模・分析 ・クローラーショベルの北米市場規模・予測 ・クローラーショベルのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・クローラーショベルのアジア太平洋市場規模・予測 ・クローラーショベルの主要国分析 ・クローラーショベルの世界市場:意思決定フレームワーク ・クローラーショベルの世界市場:成長要因、課題 …
  • 世界のテトラフルオロホウ酸亜鉛市場2015
    本調査レポートでは、世界のテトラフルオロホウ酸亜鉛市場2015について調査・分析し、テトラフルオロホウ酸亜鉛の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"