"MaaS(サービスとしてのモビリティ)の世界市場予測(~2030年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM90921)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"MaaS(サービスとしてのモビリティ)の世界市場予測(~2030年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The rapid development of public transport infrastructure and the need to manage the rising traffic congestion to drive the Mobility as a Service (MaaS) market”The MaaS market is projected to grow to USD 106.8 billion by 2030 from USD 6.8 billion in 2020, at a CAGR of 31.7% during the forecast period. The increase in traffic congestion has led to the rapid development of public transport infrastructure. MaaS offers efficient solutions to move traffic in more convenient, faster, and less expensive manner.

“By Vehicle type, micro mobility segment is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period”
Micro mobility is projected to be the fastest growing service of the MaaS market by 2030. Micro mobility services provides small vehicles or bicycles at closely spaced intervals or convenient locations throughout a city. The micro mobility vehicles are both regular and electric, scooters, and small electric cars. Most of these vehicles emit very less or, in case of bicycles, zero emissions, and hence contribute toward pollution control as well and less traffic congestion. This would help micro mobility market to grow during the forecast period by providing better and convenient traveller experience with greater ease. Hence, the micro mobility market would have fastest growth in the MaaS market.

“Technology platform is expected to be the largest solution type segment of the MaaS market”
Technology platform is basically an app which is an open platform for integrated mobility. The purpose of this platform is to facilitate the opening up, interoperability, and utilization of existing services by bringing them together and making them accessible to the user. The technology platform segment holds the largest share of the MaaS market. As technology continues to improve there would be further consolidation of integrated services and hence the technology platform providers would earn more market share during the forecast period.

“Europe is expected to be the largest market for MaaS, whereas RoW will be the fastest growing”
Europe is the largest market as it is the early adopter of MaaS. Also, countries such as the UK, Germany, France, and the Netherlands have been investing in smart transportation infrastructure. The planned investments to improve urban transport and traffic infrastructure are expected to drive the European MaaS market.

RoW is the fastest growing geographic segment of the MaaS market. As the number of competitors in the MaaS market will increase, geographic expansion will emerge as the key strategy. RoW region is still very much reliant on traditional forms of public transportation and hence will have less market in 2020. However, larger countries such as Brazil cannot support any more vehicles on the road without an infrastructural renovation. Hence, the region would be see significantly rapid growth in the MaaS market.

The breakup of primary respondents

 By Company Type: Tier I – 55%, Tier II – 30%, and OEMs -15%
 By Designation: C level – 50%, D level – 20%, Others – 30%
 By Region: Europe – 50%, Asia Oceania – 15%, North America – 25%, RoW – 10%

The MaaS market is dominated by global players and comprises several regional players as well. The key players in the MaaS market are Whim (Finland), Citymapper (UK), Moovit (Israel), Mobilleo (England), Skedgo (Australia), Ubigo (Sweden), Smile mobility (Australia), Splyt (UK), Qixxit (Germany), Beeline (Singapore), BridJ (US), Communauto (Canada), Tranzer (Netherlands), Velocia (Canada), and Moovel (Germany). The study includes an in-depth competitive analysis of these key players in the MaaS market with their company profiles, SWOT analysis of the top 5 companies, recent developments, and key market strategies.

Research Coverage
The study segments the MaaS market and forecasts the market size based on service type (ride hailing, car sharing, car rental, micro mobility, bus sharing, train service), solution type (technology platforms, payment engines, navigation solutions, telecom/internet connectivity, ticketing solutions, insurance services), transportation type (public, private), vehicle type (micro mobility, four wheelers, bus, train), application OS (Android, iOS, others), and region (North America, Europe, Asia Oceania, and RoW).

Key Benefits of Buying the Report:
This report provides insights with reference to the following points:
 Country-level MaaS market by service type: The report offers in-depth market sizing and forecasts up to 2030, by service (ride hailing, car sharing, micro mobility, bus sharing, train service). The market sizing for MaaS market is covered at the country and regional levels.
 Market coverage by solution type into technology platforms, payment engines, navigation solutions, telecom/internet connectivity, ticketing solutions, insurance services at the regional level.
 The report provides “Market Ranking” of the leading players in the MaaS market.
 Market Development: The report provides comprehensive information about lucrative emerging markets for MaaS across different regions.
 Product Development/Innovation: The report gives detailed insights into R&D activities, upcoming regulations, and new services in the MaaS market.
 Market Diversification: The report offers detailed information about untapped markets, investments, new products, and recent developments in the MaaS market.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"MaaS(サービスとしてのモビリティ)の世界市場予測(~2030年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction
1.1 Objectives of The Study
1.2 Mobility as a Service Market Definition
1.3 Markets Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered in The Report
1.4 Currency Exchange Rates
1.5 Package Size
1.6 Limitations
1.7 Stakeholders
2 Mobility as a Service Market Research Methodology
2.1 Research Data
2.2 Secondary Data
2.3 Research Design Model
2.4 Breakdown of Primary Interviews
2.5 Market Estimation
2.6 Data Triangulation
2.7 Insights From Primary Interviews
2.8 Assumptions
3 Executive Summary
4 Premium Insights
5 Market Overview
5.1 Drivers
5.2 Restraints
5.3 Opportunities
5.4 Challenges
6 Industry Overview
6.1 User Engagement Type
6.2 Impact Analysis
6.2.1 Impact of Smart Cities on Maas
6.2.2 Impact of Multimodal Transportation on Maas
6.2.3 Impact of Autonomous Vehicles on Maas
6.2.4 First Mile & Last Mile
7 Mobility as a Service Market, By Service Type
Note – The Chapter is Further Segmented at Regional Level and Considered Regions are Asia Oceania, Europe, North America, and RoW
7.1 By Service Type (Ride Hailing, Car Sharing, Micro Mobility, Bus Sharing, Train)
7.2 Mobility as a Service Market Share Analysis: By Service Type
7.3 By Ride Hailing
7.4 By Car Sharing
7.5 By Micro Mobility
7.6 By Bus Sharing
7.7 By Train
8 Mobility as a Service Market, By Solution Type
Note – The Chapter is Further Segmented at Regional Level and Considered Regions are Asia Oceania, Europe, North America, and RoW
8.1 Market, By Solution Type (Technology Platforms, Payment Engines, Navigation Solutions, Telecom Connectivity Providers, Ticketing Solutions, Insurance Services)
8.2 Market Share Analysis: Market, By Solution Type
8.3 By Technology Platforms
8.4 By Payment Engines
8.5 By Navigation Solutions
8.6 By Telecom Connectivity Providers
8.7 By Ticketing Solutions
8.8 By Insurance Services
9 Mobility as a Service Market, By Vehicle Type
Note – The Chapter is Further Segmented at Regional Level and Considered Regions are Asia Oceania, Europe, North America, and RoW
9.1 Market, By Vehicle Type (Bus, Four Wheelers, Micro-Mobility and Train)
9.2 Market Share Analysis: By Vehicle Type
9.3 By Bus
9.4 By Four Wheelers
9.5 By Micro Mobility
9.6 By Train
9.7 By Transportation Type
Note – The Chapter is Further Segmented at Regional Level and Considered Regions are Asia Oceania, Europe, North America, and RoW
10 By Transportation Type
10.1 Mobility as a Service Market, By Transportation Type (Private, Public)
10.2 Market Share Analysis: By Transportation Type
10.3 By Private
10.4 By Public
11 Mobility as a Service Market, By Application OS
Note – The Chapter is Further Segmented at Regional Level and Considered Regions are Asia Oceania, Europe, North America, and RoW
11.1 Market, By Application OS (Android, iOS, Others)
11.2 Market Share Analysis: Market, By Application OS
11.3 By Android
11.4 By iOS
11.5 By Others
12 By Region
Note – The Chapter is Further Segmented By Service Type – Ride Hailing, Car Sharing, Micro Mobility, Bus Sharing, Train
12.1 Regional Landscape
12.2 North America
12.2.1 US
12.2.2 Canada
12.2.3 Mexico
12.3 Asia Oceania
12.3.1 China
12.3.2 Indonesia
12.3.3 Singapore
12.3.4 Japan
12.3.5 India
12.3.6 Australia
12.4 Europe
12.4.1 Finland
12.4.2 France
12.4.3 Italy
12.4.4 Germany
12.4.5 Netherlands
12.4.6 Russia
12.4.7 Spain
12.4.8 Turkey
12.4.9 UK
12.5 RoW
12.5.1 Brazil
12.5.2 South Africa
13 Competitive Landscape
13.1 Strategic Developments
13.2 Company Wise Competitive Landscape
13.3 Competitive Landscape Rating
13.4 Competitive Leadership Mapping
14 Company Profiles
14.1 Whim
14.2 Citymapper
14.3 Skedgo
14.4 Moovit
14.5 Moovel
14.6 Splyt
14.7 Ubigo
14.8 Qixxit
14.9 Smile Mobility
14.1 Communauto
14.11 Beeline Singapore
14.12 Mobilleo
14.13 Velocia
14.14 Tranzer
14.15 Bridj
15 Appendix
14.1 Discussion Guide
14.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
14.3 Marketsandmarkets Knowledge Store: Snapshot
14.4 Available Customizations
14.5 Related Reports
14.6 Authors Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】MaaS(サービスとしてのモビリティ)の世界市場予測(~2030年)
【発行日】2019年8月18日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM90921
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】自動車
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
MaaS(サービスとしてのモビリティ)の世界市場予測(~2030年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 自転車用インフォテインメント(情報通信)システムの世界市場
    当調査レポートでは、自転車用インフォテインメント(情報通信)システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自転車用インフォテインメント(情報通信)システムの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 地理空間分析の世界市場:地表面分析、ネットワーク分析、ジオビジュアライゼーション
    当調査レポートでは、地理空間分析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、技術別分析、用途別分析、産業別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療産業におけるLBS(位置情報サービス)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、医療産業におけるLBS(位置情報サービス)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、医療産業におけるLBS(位置情報サービス)の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、技術別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • プロピレンの世界市場:ポリプロピレン、酸化プロピレン、アクリロニトリル、アクリル酸、クメン
    当調査レポートでは、プロピレンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プロピレンの世界市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • PMMAの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、PMMAの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、PMMAの世界市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 中出力及び高出力レーザー切断機の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、中出力及び高出力レーザー切断機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、中出力及び高出力レーザー切断機の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • CD 30阻害薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるCD 30阻害薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・CD 30阻害薬の概要 ・CD 30阻害薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のCD 30阻害薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・CD 30阻害薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・CD 30阻害薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • LED照明安定器の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、LED照明安定器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、LED照明安定器の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 航空機用防除氷装置の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、航空機用防除氷装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、航空機用防除氷装置市場規模、用途別(商用機、軍用機、ビジネス機)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・航空機用防除氷装置の世界市場概要 ・航空機用防除氷装置の世界市場環境 ・航空機用防除氷装置の世界市場動向 ・航空機用防除氷装置の世界市場規模 ・航空機用防除氷装置の世界市場:業界構造分析 ・航空機用防除氷装置の世界市場:用途別(商用機、軍用機、ビジネス機) ・航空機用防除氷装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・航空機用防除氷装置のアメリカ市場規模・予測 ・航空機用防除氷装置のヨーロッパ市場規模・予測 ・航空機用防除氷装置のアジア市場規模・予測 ・航空機用防除氷装置の主要国分析 ・航空機用防除氷装置の世界市場:意思決定フレームワーク ・航空機用防除氷装置の世界市場:成長要因、課題 ・航空機用防除氷装置の世界市場:競争環境 ・航空機用防除氷装置の世界市場 …
  • BYODおよび企業モビリティの世界市場予測:MDM、モバイルコンテンツ管理、デバイスセキュリティ、ネットワークセキュリティ、IAM
    当調査レポートでは、BYODおよび企業モビリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、ソフトウェア別分析、セキュリティ別分析、サービス別分析、導入形態別分析、BYODおよび企業モビリティの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 冷却塔の世界市場
    当調査レポートでは、冷却塔の世界市場について調査・分析し、冷却塔の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 装置産業におけるI/Oモジュールの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、装置産業におけるI/Oモジュールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、装置産業におけるI/Oモジュールの世界市場規模及び予測、コントローラー種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • FTTxにおけるHDPEパイプの世界市場:製品タイプ別(標準ダクト、マイクロダクト、パスウェイ、その他)、産業別(テレコム、電力、輸送、建物およびインフラストラクチャ、その他)、アプリケーションエリア別(バックボーン、メトロポリタン、モバイルバックホール)
    本市場調査レポートではFTTxにおけるHDPEパイプについて、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、製品タイプ別(標準ダクト、マイクロダクト、パスウェイ、その他)分析、産業別(テレコム、電力、輸送、建物およびインフラストラクチャ、その他)分析、アプリケーションエリア別(バックボーン、メトロポリタン、モバイルバックホール)分析、地域別分析、競争状況、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・FTTxにおけるHDPEパイプの世界市場:製品タイプ別(標準ダクト、マイクロダクト、パスウェイ、その他) ・FTTxにおけるHDPEパイプの世界市場:産業別(テレコム、電力、輸送、建物およびインフラストラクチャ、その他) ・FTTxにおけるHDPEパイプの世界市場:アプリケーションエリア別(バックボーン、メトロポリタン、モバイルバックホール) ・FTTxにおけるHDPEパイプの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • 世界のポリイミドフィルム市場2016
    本調査レポートでは、世界のポリイミドフィルム市場2016について調査・分析し、ポリイミドフィルムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ヘッドセットの世界市場分析:製品別(インイヤー、オーバーイヤー)、価格別(USD50未満、USD50~100、USD100以上)、技術別(ワイヤー式、ワイヤレス)、用途別(個人用、商業用)、セグメント予測
    本調査レポートでは、ヘッドセットの世界市場について調査・分析し、ヘッドセットの世界市場動向、ヘッドセットの世界市場規模、市場予測、セグメント別ヘッドセット市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • アポトーシス阻害剤アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるアポトーシス阻害剤アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アポトーシス阻害剤アンタゴニストの概要 ・アポトーシス阻害剤アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のアポトーシス阻害剤アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・アポトーシス阻害剤アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・アポトーシス阻害剤アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • スマートアンテナの世界市場
    当調査レポートでは、スマートアンテナの世界市場について調査・分析し、スマートアンテナの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • ジオシンセティックスの世界市場
    当調査レポートでは、ジオシンセティックスの世界市場について調査・分析し、ジオシンセティックスの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 高純度アルミナの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、高純度アルミナの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、高純度アルミナの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • オーガニックココナッツシュガーの世界市場:形態別(微粉末、粉末、結晶・顆粒、ブロック状、液体シロップ)、エンドユーザー別(家庭用品、フードサービス、食品・飲料メーカー、パーソナルケア用品・化粧品、その他)、販売チャネル別(直接販売、小売販売)、地域別予測
    本資料は、オーガニックココナッツシュガーの世界市場について調べ、オーガニックココナッツシュガーの世界規模、市場動向、市場環境、形態別(微粉末、粉末、結晶・顆粒、ブロック状、液体シロップ)分析、エンドユーザー別(家庭用品、フードサービス、食品・飲料メーカー、パーソナルケア用品・化粧品、その他)分析、販売チャネル別(直接販売、小売販売)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはCoco Sugar Indonesia、IMC Organic Food Co.、Connecticut Coconut Company、Celebs Coconut Corporation、CV. India Sourcing、Holos Integra、Tree Life、PT Mega Inovasi Organikなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・オーガニックココナッツシュガーの世界市場概要 ・オーガニックココナッツシュガーの世界市場環境 ・オーガニックココナッツシュ …
  • ウェアラブルペイメントの世界市場2016-2020:スマートウォッチペイメント、フィットネスバンドペイメント
    当調査レポートでは、ウェアラブルペイメントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ウェアラブルペイメントの世界市場規模及び予測、デバイス別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 精密収穫の世界市場予測(~2023年)
    精密収穫の世界市場は、2018年の104億米ドルから2023年には175億米ドルに達し、この期間中10.94%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、アジア太平洋およびアフリカの発展途上国における農業機械化の増加、収穫ロボットおよび自律型コンバインの採用の増加、および熟練労働力の不足による人件費の高騰が考えられます。さらに、世界的な食料需要の増加、収益性と収穫高の拡大、収穫時の作物の無駄が最小限になることも、市場の成長を後押しする要因となっています。当調査レポートでは、精密収穫の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、製品(コンバイン、収穫ロボット、飼料収穫機)分析、用途(作物、園芸、温室)分析、提供(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)分析、精密収穫の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 紅茶エキスの世界市場2014-2025:形状別(粉、液体、カプセル)、製品別(熱水可溶分、冷水可溶分)、用途別、地域別
    本調査レポートでは、紅茶エキスの世界市場について調査・分析し、紅茶エキスの世界市場動向、紅茶エキスの世界市場規模、市場予測、セグメント別紅茶エキス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • アクセス制御・認証の世界市場
    当調査レポートでは、アクセス制御・認証の世界市場について調査・分析し、アクセス制御・認証の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • ポーランドの膝関節再建装置市場見通し
  • 世界の定量吸入器開発動向:医療機器パイプライン分析2015
    当調査レポートでは、定量吸入器のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・定量吸入器の概要 ・定量吸入器の開発動向:開発段階別分析 ・定量吸入器の開発動向:セグメント別分析 ・定量吸入器の開発動向:領域別分析 ・定量吸入器の開発動向:規制Path別分析 ・定量吸入器の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別定量吸入器の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・定量吸入器の最近動向
  • 世界の病院用ベビーラック市場2015
    本調査レポートでは、世界の病院用ベビーラック市場2015について調査・分析し、病院用ベビーラックの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のスチレン系ブロック共重合体(SBC)市場2015
    本調査レポートでは、世界のスチレン系ブロック共重合体(SBC)市場2015について調査・分析し、スチレン系ブロック共重合体(SBC)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国の酸化亜鉛ナノ粒子市場2015
    本調査レポートでは、中国の酸化亜鉛ナノ粒子市場2015について調査・分析し、酸化亜鉛ナノ粒子の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 光線治療用装置の世界市場予測:ロングランプ、CFL、LED、光ファイバー
    当調査レポートでは、光線治療用装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、光線治療用装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の堅牢型タブレット市場2015
    本調査レポートでは、世界の堅牢型タブレット市場2015について調査・分析し、堅牢型タブレットの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の携帯用パワーバンク市場2015
    本調査レポートでは、世界の携帯用パワーバンク市場2015について調査・分析し、携帯用パワーバンクの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ガレージ装置の世界市場予測(~2027年)
    当調査レポートでは、ガレージ装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(OEM、独立)分析、用途別(ボディショップ、診断及びテスト、排出、リフティング、ホイール&タイヤ、洗浄)分析、設置別(モバイル、固定)分析、機能別(機械、電子)分析、ガレージ装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ガレージ装置の世界市場規模が2019年61億万ドルから2027年107億万ドルまで年平均7.4%成長すると予測しています。
  • ファイバーオプティックスの世界市場予測(~2021):光ケーブル、光ファイバー
    当調査レポートでは、ファイバーオプティックスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、ケーブ種類別分析、光ファイバー種類別分析、用途別分析、地域別分析、ファイバーオプティックスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のスマートコンテナ市場:提供別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、技術別(GPS、セルラー、BLE、LoRa WAN)、業種別(食品&飲料、医薬品、化学薬品、石油&ガス)、地域別
    MarketsandMarkets社は、スマートコンテナの世界市場規模が2019年26億ドルから2024年57億ドルまで年平均16.9%成長すると予測しています。本書は、世界のスマートコンテナ市場について調査・分析し、市場概要、提供別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)分析、技術別(全地球測位システム(GPS)、セルラー、Lora Wan(長距離広域ネットワーク)、Bluetooth Low Energy(BLE)、その他)分析、業種別(食品・飲料、医薬品、石油・ガス、化学薬品、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界のスマートコンテナ市場:提供別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス) ・世界のスマートコンテナ市場:技術別(全地球測位システム(GPS)、セルラー、Lora Wan(長距離広域ネットワーク)、Bluetooth Low Energy(BLE)、その他) ・世界のスマートコンテナ市場:業種別(食品・飲料、医薬品、石油・ガス、化学薬品、その …
  • 世界のダイヤモンド採掘市場2020
  • ウイルスベクターおよびプラスミドDNA製造の世界市場:製品別(プラスミドDNA、ウイルスベクター、非ウイルスベクター)、用途別(遺伝性疾患、がん、ウィルス感染症、その他)、地域別予測
    本資料は、ウイルスベクターおよびプラスミドDNA製造の世界市場について調べ、ウイルスベクターおよびプラスミドDNA製造の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(プラスミドDNA、ウイルスベクター、非ウイルスベクター)分析、用途別(遺伝性疾患、がん、ウィルス感染症、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはBrammer Bio, LLC、Cobra Biologiscs Limited、Finvector Vision Therapies Limited、Fujifilm Holdings Corporation、General Electric Compnay、Kaneka Corporation、Lonza Group、Novasep、Sigma-Aldrich Co. LLC、Sirion Biotech GmbH、VGXI Inc.、Virovekなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ウイルスベクターおよびプラスミドDNA製造の世界市場 …
  • アメリカのオンライン賭博市場2016-2020
    当調査レポートでは、アメリカのオンライン賭博市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカのオンライン賭博市場規模及び予測、種類別分析、デバイス別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • UAEの末梢血管用装置市場見通し
  • エラストマー塗料の世界市場:アクリル系エラストマー塗料、ポリウレタン系エラストマー塗料、シリコーン系エラストマー塗料、ブチル系エラストマー塗料
    当調査レポートでは、エラストマー塗料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、エラストマー塗料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の米ぬか油市場2015
    本調査レポートでは、世界の米ぬか油市場2015について調査・分析し、米ぬか油の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • PTFEフィルムの世界市場予測(~2022年):技術、用途、地域別分析
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、PTFEフィルムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、PTFEフィルムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のスケール防止剤市場2015
    本調査レポートでは、世界のスケール防止剤市場2015について調査・分析し、スケール防止剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • トランスグルタミナーゼ2阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるトランスグルタミナーゼ2阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・トランスグルタミナーゼ2阻害剤の概要 ・トランスグルタミナーゼ2阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のトランスグルタミナーゼ2阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・トランスグルタミナーゼ2阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・トランスグルタミナーゼ2阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • B細胞慢性リンパ性白血病(B-Cell Chronic Lymphocytic Leukemia):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、B細胞慢性リンパ性白血病(B-Cell Chronic Lymphocytic Leukemia)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・B細胞慢性リンパ性白血病(B-Cell Chronic Lymphocytic Leukemia):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・B細胞慢性リンパ性白血病(B-Cell Chronic Lymphocytic Leukemia)のフェーズ3治験薬の状況 ・B細胞慢性リンパ性白血病(B-Cell Chronic Lymphocytic Leukemia)治療薬の市場規模(販売予測) ・B細胞慢性リンパ性白血病(B-Cell Chronic Lymphocytic Leukemia)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・B細胞慢性リンパ性白血病(B-Cell Chronic Lymphocytic Leukemia)のフェーズ3治験薬分析 ・ …
  • 自動ラストマイルデリバリーの世界市場:用途別(ロジスティクス、ヘルスケア&医薬品、食品&飲料小売、その他)、ソリューション別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、範囲別(短距離(20km))、車両タイプ別(空中配達ドローン、地上配達車両、自動運転トラック&バス)
    本調査レポートでは、自動ラストマイルデリバリーの世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、用途別(ロジスティクス、ヘルスケア&医薬品、食品&飲料小売、その他)分析、ソリューション別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)分析、範囲別(短距離(20km))分析、車両タイプ別(空中配達ドローン、地上配達車両、自動運転トラック&バス)分析、地域別分析、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・自動ラストマイルデリバリーの世界市場:用途別(ロジスティクス、ヘルスケア&医薬品、食品&飲料小売、その他) ・自動ラストマイルデリバリーの世界市場:ソリューション別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス) ・自動ラストマイルデリバリーの世界市場:範囲別(短距離(20km)) ・自動ラストマイルデリバリーの世界市場:車両タイプ別(空中配達ドローン、地上配達車両、自動運転トラック&バス) ・自動ラストマイルデリバリーの世界市場:地域別 ・企業概要
  • アジアの定置用燃料電池市場2015
    本調査レポートでは、アジアの定置用燃料電池市場2015について調査・分析し、定置用燃料電池のアジア市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 液体細胞診の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、液体細胞診の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、液体細胞診市場規模、技術別(CTC・ctDNA、エキソソーム・RNA)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、BIOCEPT, Exosome Diagnostics, F. Hoffmann-La Roche, GUARDANT HEALTH, Myriad Genetics, QIAGENなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・液体細胞診の世界市場概要 ・液体細胞診の世界市場環境 ・液体細胞診の世界市場動向 ・液体細胞診の世界市場規模 ・液体細胞診の世界市場:業界構造分析 ・液体細胞診の世界市場:技術別(CTC・ctDNA、エキソソーム・RNA) ・液体細胞診の世界市場:地域別市場規模・分析 ・液体細胞診の北米市場規模・予測 ・液体細胞診のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・液体細胞診のアジア太平洋市場規模・予測 ・液体細胞診の主要国分析 ・液体細胞診の世界市場: …
  • 真性多血症から移行した骨髄線維症:治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、真性多血症から移行した骨髄線維症治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・真性多血症から移行した骨髄線維症:適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・真性多血症から移行した骨髄線維症のフェーズ3治験薬の状況 ・真性多血症から移行した骨髄線維症治療薬の市場規模(販売予測) ・真性多血症から移行した骨髄線維症の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・真性多血症から移行した骨髄線維症のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の真性多血症から移行した骨髄線維症治療薬剤
  • 世界のトップ20航空機MRO(修理・整備)企業分析2016
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"