"抗菌繊維の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM90940)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"抗菌繊維の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Prevention of Hospital Acquired Infections through antimicrobial textile will drive the market”The global antimicrobial textile market is estimated to grow USD 9.5 billion in 2019 to USD 12.3 billion in 2024, at a CAGR of 5.4% during the forecast period. The use of antimicrobial textiles in the health care industry for the prevention of Hospital Acquired infections (HAIs) that not only cost lives but also result in enormous losses for the healthcare industry. Also, the adoption of best practices by healthcare staff has resulted in increased demand for safer and preventive materials to be used in the healthcare centers is expected to drive the antimicrobial market growth during the forecast period.

“Medical textile applications expected to register the highest CAGR in the global antimicrobial textiles market during the forecast period.”
Due to the high risk of infection in healthcare facilities, various agencies such as Center for Disease Control (CDC) and hospital management strife to control this epidemic and as a result have started encouraging the use of antimicrobial fabric in medical-related textiles. The medical textile application includes the usage of medical textile in the manufacture of attire, sheets & blankets, surgical supplies & wipes. Attire used by doctors during surgery needs to be completely microbe-free as they have to work in a highly sensitive environment. These attires are required to be antimicrobial in nature. The use of antimicrobial textiles for the combating infections and usage in attire is expected to drive the antimicrobial textile market.

“The synthetic organic compounds active agent is expected to drive the antimicrobial textile market.”
Synthetic organic compounds are the cheapest available active agents as compared to metal& metallic salts and bio-based active agents. Synthetic organic compounds include quaternary ammonium compounds, triclosan, polyhexamethylene biguanides (PHMB). They are also effective against a broad spectrum of microbes, bacterium, and fungi. These factors will drive the demand for synthetic organic compounds during the forecast period.

“Cotton is projected to record the highest growth rate during the forecast period.”
Cotton is a major fabric used in various applications including medical textile, apparels, commercial textiles, automotive, home textiles, and other such application as cotton is a naturally occurring fabric and therefore more susceptible to microbial attack. This will drive the demand for antimicrobial cotton textiles during the forecast period.

“APAC is projected to record the highest growth rate during the forecast period.”
APAC is projected to be the fastest-growing region in the antimicrobial textile market In the region. India, China, and South Korea are major key players. China holds the largest share in the market, while India is the fastest-growing market in the region. Growing per capita income, rising population, and increased awareness regarding health and hygiene will lead the antimicrobial textile market.

The breakup of primary interviews is given below.
• By Company Type – Tier 1 – 40%, Tier 2 – 50%, and Tier 3 –10%
• By Designation – C level – 40%, Director level – 30%, and Others – 30%
• By Region – Europe – 40%, APAC – 40%, North America – 10%, South America-10%
The leading antimicrobial textile manufacturers are Milliken & Co.(US), Unitika Ltd. (Japan), Trevira GmbH (Germany), Thai Acrylic Fibre Co. Ltd. (Thailand), PurThreads Technologies Inc.(US), Vestagen Protective Technologies Inc (US), LifeThreads LLC (US), Herculite Inc(US), Smith & Nephew PLC (UK), and Sinterama (Italy).

Research Coverage:
This research report categorizes the global antimicrobial textile market based on active agents, application, fabrics, and region. The report includes detailed information regarding the major factors influencing the growth of the market, such as drivers, restraints, opportunities, and challenges. Detailed analysis of the key market players provides insights into business overviews, services, key strategies, and recent developments associated with the market.

Reasons to Buy the Report
The report will help the leaders/new entrants in this market in the following ways:
1. This report segments the global antimicrobial textiles market comprehensively and provides the closest approximations of market sizes for the overall market and subsegments across verticals and regions.
2. The report will help stakeholders understand the pulse of the market and provide them with information on the key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.
3. This report will help stakeholders understand the major competitors and gain insights to enhance their position in the business. The competitive landscape section includes new product developments, partnerships, and merger & acquisition.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"抗菌繊維の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 17)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Regions Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 21)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.3 Data Triangulation
2.3.1 Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 27)
4 Premium Insights (Page No. – 30)
4.1 Attractive Opportunities in the Antimicrobial Textiles Market
4.2 Antimicrobial Textiles Market in APAC, By Active Agent and Country, 2018
4.3 Antimicrobial Textiles Market, By Key Countries
5 Antimicrobial Textiles Market, By Active Agent (Page No. – 32)
5.1 Introduction
5.2 Synthetic Organic Compounds
5.2.1 Quaternary Ammonium Compounds (QACS)
5.2.1.1 The Demand for QACS is High Than Other Synthetic Organic Compounds Due to their Antimicrobial Activity Against A Wide Range of Organisms
5.2.2 Triclosan
5.2.2.1 The Demand for Triclosan is Likely to Decrease as It is Banned in Developed Countries
5.2.3 Polyhexamethylene Biguanides (PHMB)
5.2.3.1 High Demand for PHMB is Witnessed in Apparel and Home Textiles
5.2.4 Zinc Pyrithione
5.2.4.1 The Demand for Zinc Pyrithione is High in Attire and Bedding Applications
5.2.5 Others
5.3 Metal & Metallic Salts
5.3.1 Silver
5.3.1.1 The Demand for Silver is Increasing in Textile Applications as It Possesses the Ability to Denature Key Enzyme Systems of Microbes
5.3.2 Copper
5.3.2.1 Copper is Used Extensively in Home Textile and Apparels
5.3.3 Zinc
5.3.3.1 Antibacterial Activity of Zinc Against A Wide Range of Bacteria is Increasing their Demand in the Market
5.3.4 Others
5.4 Bio-Based Agents
5.4.1 Chitosan
5.4.1.1 Increased Demand for Environmentally Safe is Driving the Use of Chitosan in the Market
5.4.2 Others
6 Antimicrobial Textiles Market, By Fabric (Page No. – 43)
6.1 Introduction
6.2 Cotton
6.2.1 Increased Susceptibility to Antimicrobial Attack Drives the Use of Cotton for Antimicrobial Coating
6.3 Polyester
6.3.1 Antimicrobial Polyester is High in Demand in Textile Applications as It is Less Susceptible to Microbial Attack
6.4 Polyamide
6.4.1 Silver Or Copper Particles are Used to Impart Antimicrobial Activity on Polyamide Fabrics
6.5 Others
7 Antimicrobial Textiles Market, By Finishing Techniques (Page No. – 45)
7.1 Introduction
7.1.1 Exhaust
7.1.2 Pad-Dry-Cure
7.1.3 Spraying
7.1.4 Foam Finishing Method
8 Antimicrobial Textiles Market, By Application (Page No. – 47)
8.1 Introduction
8.2 Medical Textiles
8.2.1 Attire
8.2.1.1 Attire to Be the Largest Application in Medical Textiles Segment
8.2.2 Sheets & Blankets
8.2.2.1 Use of Antimicrobial Textiles in Sheets and Blankets Can Prevent the Spread of Infectious Diseases
8.2.3 Surgical Supplies & Wipes
8.2.3.1 The Demand for Antimicrobial Textiles in Surgical Supplies & Wipes is Increasing Due to Hais
8.2.4 Others
8.3 Commercial Textiles
8.3.1 Protective Wear
8.3.1.1 The Demand for Antimicrobial Textiles in Protective Wear is High Due to Reduced Bacterial Growth and Increased Durability of Textiles
8.3.2 Others
8.4 Apparel
8.4.1 Sportswear
8.4.2 Intimates
8.4.2.1 Intimates Wear Experienced A High Demand for Antimicrobial Textiles Due to Growing Consumer Awareness for Hygiene
8.4.3 Outdoor Clothing
8.4.3.1 Use of Antimicrobial Textiles in Outdoor Clothing is Increasing as they Extend the Life of Clothing
8.5 Home Textiles
8.5.1 Carpets
8.5.1.1 Protection From the Spread of Infections in Infants is Driving the Use of Antimicrobial Textiles in Carpets
8.5.2 Bedding
8.5.2.1 Use of Antibacterial Textiles in Bedding Segment to Experience the Highest Demand in Home Textiles
8.5.3 Curtains & Drapes
8.5.3.1 Demand of Antimicrobial Textiles in Curtains & Drapes Driven By Increased Awareness About Transmission of Microbes
8.5.4 Others
8.6 Industrial Textile
8.6.1 Hvac System
8.6.1.1 Increasing Demand for Antimicrobial Textile in Hvac Systems in Public Places is Driving the Market
8.6.2 Filters
8.6.2.1 Stringent Regulations Limited Atmospheric Microbe Counts in Industries are Driving the Use of Antimicrobial Textiles in Filters
8.7 Others
9 Antimicrobial Textiles Market, By Region (Page No. – 58)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 US is the Largest Consumer of Antimicrobial Textiles in the Medical Textiles Application
9.2.2 Canada
9.2.2.1 The Demand for Medical Textiles is High in the Country
9.2.3 Mexico
9.2.3.1 Various Trade Agreements are Driving the Demand for Antimicrobial Textiles in the Country
9.3 APAC
9.3.1 China
9.3.1.1 Demand of Antimicrobial Textiles in Medical Textiles Drives the Market
9.3.2 Japan
9.3.2.1 The Rising Awareness Regarding Safety Against Microbes has Led to the Rise in Demand for Antimicrobial Textiles
9.3.3 South Korea
9.3.3.1 Rise in Demand for Antimicrobial Textiles in Apparel Application to Drive the Market
9.3.4 India
9.3.4.1 Increasing Use of Antimicrobial Textiles in Medical Textiles to Drive the Market
9.3.5 Indonesia
9.3.5.1 Rise in the Export of Textile to Drive the Market in Indonesia
9.3.6 Rest of APAC
9.4 Europe
9.4.1 Germany
9.4.1.1 The Demand for Antimicrobial Textiles in Germany is Likely to Increase Due to Growing Transportation and Medical Industries
9.4.2 France
9.4.2.1 Increasing Use of Antimicrobial Textiles in Medical Applications is Expected to Boost the Market Growth
9.4.3 UK
9.4.3.1 High Demand From Healthcare Industry is Estimated to Drive the Antimicrobial Textiles Market
9.4.4 Italy
9.4.4.1 There is High Consumption of Antimicrobial Textiles in Medical,Apparel, and Home Textiles in the Country
9.4.5 Turkey
9.4.5.1 Growing Consumer Awareness and Expanding Textile Industry is Expected to Influence the Market Positively
9.4.6 Spain
9.4.6.1 Growing Demand for Antimicrobial Textiles in Various Applications is Expected to Drive the Market
9.4.7 Russia
9.4.7.1 Governmental Initiatives to Improve the Demand for Antimicrobial Textiles in the Country
9.4.8 Rest of Europe
9.5 Middle East & Africa
9.5.1 UAE
9.5.1.1 High Demand for Antimicrobial Textiles in Healthcare Industry is Expected to Drive the Market in the UAE
9.5.2 South Africa
9.5.2.1 Public Awareness and Governmental Programmes are Expected Drive the Market in South Africa
9.5.3 Saudi Arabia
9.5.3.1 Increasing Healthcare Facilities in Saudi Arabia are Driving the Use of Antimicrobial Textiles
9.5.4 Rest of the Middle East & Africa
9.6 South America
9.6.1 Brazil
9.6.1.1 Improving Textile Industry and Growing Awareness of Hygiene are Spurring the Demand for Antimicrobial Textiles
9.6.2 Argentina
9.6.2.1 Argentina’s Improving Healthcare Industry is Driving the Use of Antimicrobial Textiles
9.6.3 Rest of South America
10 Competitive Landscape (Page No. – 93)
10.1 Overview
10.2 Market Ranking
10.3 Competitive Scenario
10.3.1 New Product Development
10.3.2 Partnership/Collaboration/Agreement
10.3.3 Merger & Acquisition
11 Company Profiles (Page No. – 97)
11.1 Milliken & Company
11.1.1 Business Overview
11.1.2 Products Offered
11.1.3 Recent Developments
11.1.4 SWOT Analysis
11.1.5 MnM View
11.2 Unitika Ltd.
11.2.1 Business Overview
11.2.2 Products Offered
11.2.3 SWOT Analysis
11.2.4 MnM View
11.3 Trevira GmbH
11.3.1 Business Overview
11.3.2 Products Offered
11.3.3 Recent Developments
11.3.4 SWOT Analysis
11.3.5 MnM View
11.4 Thai Acrylic Fibre Co., Ltd.
11.4.1 Business Overview
11.4.2 Products Offered
11.4.3 Recent Developments
11.4.4 SWOT Analysis
11.4.5 MnM View
11.5 Purthread Technologies Inc.
11.5.1 Business Overview
11.5.2 Products Offered
11.5.3 Recent Developments
11.5.4 SWOT Analysis
11.5.5 MnM View
11.6 Vestagen Protective Technologies Inc.
11.6.1 Business Overview
11.6.2 Products Offered
11.6.3 Recent Developments
11.6.4 MnM View
11.7 Lifethreads LLC
11.7.1 Business Overview
11.7.2 Products Offered
11.7.3 Recent Developments
11.7.4 MnM View
11.8 Herculite Inc.
11.8.1 Business Overview
11.8.2 Products Offered
11.8.3 MnM View
11.9 Smith & Nephew PLC
11.9.1 Business Overview
11.9.2 Products Offered
11.9.3 MnM View
11.1 Sinterama
11.10.1 Business Overview
11.10.2 Products Offered
11.10.3 Recent Developments
11.10.4 MnM View
11.11 Other Key Players
11.11.1 Swicofil AG
11.11.2 Smartfiber AG
11.11.3 Toyobo Co. Ltd.
11.11.4 Medtronic
11.11.5 Surgicotfab Textiles Private Limited
11.11.6 Meditex Technology
11.11.7 Balvigna Weaving Mills Pvt Ltd.
11.11.8 Innova Tex
11.11.9 Sun Dream Enterprise Co.Ltd.
11.11.10 Maine-Lee Technology Group, LLC
11.11.11 Stafford Textile Ltd
11.11.12 A World of Wipes
11.11.13 Barjan Manufacturing Ltd.
11.11.14 Suzhou Chunshen Environment Protection Fiber Co.Ltd
12 Appendix (Page No. – 117)
12.1 Discussion Guide
12.2 Introducing Rt: Real-Time Market Intelligence
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】抗菌繊維の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年8月20日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM90940
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】材料
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
抗菌繊維の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • CD4+T細胞活性因子のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるCD4+T細胞活性因子のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・CD4+T細胞活性因子の概要 ・CD4+T細胞活性因子のパイプライン概要 ・企業別開発中のCD4+T細胞活性因子 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・CD4+T細胞活性因子の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・CD4+T細胞活性因子開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 自動車用ワイヤーハーネスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用ワイヤーハーネスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用ワイヤーハーネス市場規模、車両種類別(乗用車、小型商用車、大型商用車)分析、用途別(シャーシ、HVAC、センサー)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用ワイヤーハーネスの世界市場概要 ・自動車用ワイヤーハーネスの世界市場環境 ・自動車用ワイヤーハーネスの世界市場動向 ・自動車用ワイヤーハーネスの世界市場規模 ・自動車用ワイヤーハーネスの世界市場:業界構造分析 ・自動車用ワイヤーハーネスの世界市場:車両種類別(乗用車、小型商用車、大型商用車) ・自動車用ワイヤーハーネスの世界市場:用途別(シャーシ、HVAC、センサー) ・自動車用ワイヤーハーネスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用ワイヤーハーネスのアメリカ市場規模・予測 ・自動車用ワイヤーハーネスのヨーロッパ市場規模・予測 ・自動車用ワイヤーハーネスのアジア市場規模・予測 …
  • データサイエンスオンライントレーニングプログラムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、データサイエンスオンライントレーニングプログラムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、データサイエンスオンライントレーニングプログラム市場規模、コース種類別(専門職学位コース、認定コース)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・データサイエンスオンライントレーニングプログラムの世界市場概要 ・データサイエンスオンライントレーニングプログラムの世界市場環境 ・データサイエンスオンライントレーニングプログラムの世界市場動向 ・データサイエンスオンライントレーニングプログラムの世界市場規模 ・データサイエンスオンライントレーニングプログラムの世界市場:業界構造分析 ・データサイエンスオンライントレーニングプログラムの世界市場:コース種類別(専門職学位コース、認定コース) ・データサイエンスオンライントレーニングプログラムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・データサイエンスオンライントレーニングプログラムのアメリカ市 …
  • 創傷ケア製品の世界市場:先進創傷ケア(フォームドレッシング、アルギン酸、NPWT、アクティブ)、手術式創傷ケア、従来式創傷ケア
    当調査レポートでは、創傷ケア製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、創傷種類別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • データセンター用ラックの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、データセンター用ラックの世界市場について調査・分析し、データセンター用ラックの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別データセンター用ラックシェア、市場規模推移、市場規模予測、データセンター用ラック種類別分析(オープンフレームラック、ラックエンクロージャー、ウォールマウント型ラック)、データセンター用ラック用途別分析(ネットワークデータセンター、サーバーデータセンター、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・データセンター用ラックの市場概観 ・データセンター用ラックのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・データセンター用ラックのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・データセンター用ラックの世界市場規模 ・データセンター用ラックの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・データセンター用ラックのアメリカ市場規模推移 ・データセンター用ラックのカナダ市場規模推移 ・データセンター用ラックのメキシコ市場規模推移 ・データセンター用ラックのヨーロッパ市場分析(ド …
  • バイオプシー(生検)デバイスの世界市場予測
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、バイオプシー(生検)デバイスの世界市場について調査・分析し、バイオプシー(生検)デバイスの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 石油・ガス部門におけるビッグデータの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、石油・ガス部門におけるビッグデータの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、石油・ガス部門におけるビッグデータ市場規模、製品別(ソフトウェア、サービス)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・石油・ガス部門におけるビッグデータの世界市場概要 ・石油・ガス部門におけるビッグデータの世界市場環境 ・石油・ガス部門におけるビッグデータの世界市場動向 ・石油・ガス部門におけるビッグデータの世界市場規模 ・石油・ガス部門におけるビッグデータの世界市場:業界構造分析 ・石油・ガス部門におけるビッグデータの世界市場:製品別(ソフトウェア、サービス) ・石油・ガス部門におけるビッグデータの世界市場:地域別市場規模・分析 ・石油・ガス部門におけるビッグデータのアメリカ市場規模・予測 ・石油・ガス部門におけるビッグデータのヨーロッパ市場規模・予測 ・石油・ガス部門におけるビッグデータのアジア市場規模・予測 ・石油・ガス部門におけるビ …
  • アジア太平洋の電動スリーホイーラー(三輪車)市場2016-2020
    当調査レポートでは、アジア太平洋の電動スリーホイーラー(三輪車)市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アジア太平洋の電動スリーホイーラー(三輪車)市場規模及び予測、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スリランカの電子部品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 世界の燃料噴射システム市場
  • 開腹術用スポンジの世界市場2018–2025:技術別(X線不透過性、RFID、伝統の)、エンドユーズ別(病院、手術センター)、地域別、競争状況
    本調査レポートでは、開腹術用スポンジの世界市場について調査・分析し、開腹術用スポンジの世界市場動向、開腹術用スポンジの世界市場規模、市場予測、セグメント別開腹術用スポンジ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 安全プレフィルド注射器の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、安全プレフィルド注射器の世界市場について調査・分析し、安全プレフィルド注射器の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別安全プレフィルド注射器シェア、市場規模推移、市場規模予測、安全プレフィルド注射器種類別分析(ガラス製、プラスチック製)、安全プレフィルド注射器用途別分析(皮下(Sub-Q)、筋肉内(IM)、静脈内 (IV))、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・安全プレフィルド注射器の市場概観 ・安全プレフィルド注射器のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・安全プレフィルド注射器のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・安全プレフィルド注射器の世界市場規模 ・安全プレフィルド注射器の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・安全プレフィルド注射器のアメリカ市場規模推移 ・安全プレフィルド注射器のカナダ市場規模推移 ・安全プレフィルド注射器のメキシコ市場規模推移 ・安全プレフィルド注射器のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・安全 …
  • 関節内補充療法の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • ワイヤーライン・サービスの世界市場
    当調査レポートでは、ワイヤーライン・サービスの世界市場について調査・分析し、ワイヤーライン・サービスの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 水溶性肥料の世界市場2015-2022
  • 3Dプリンティングの世界市場分析
    Grand View Research(米国)が発行した本調査レポートでは、3Dプリンティングの世界市場について調査・分析し、3Dプリンティングの世界市場動向、3Dプリンティングの世界市場規模、市場予測、セグメント別3Dプリンティング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 希土類金属(レアメタル)の世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、希土類金属(レアメタル)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、希土類金属(レアメタル)の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • オメガ3原料の世界市場
    当調査レポートでは、オメガ3原料の世界市場について調査・分析し、オメガ3原料の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 超伝導線材の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、超伝導線材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、用途別分析、地域別分析、超伝導線材の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車エンジンカプセル化の世界市場予測(~2025年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、自動車エンジンカプセル化の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品種類別分析、材料別分析、車両クラス別分析、燃料タイプ別分析、自動車エンジンカプセル化の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • セラミックファイバーの北米市場
  • ギリシャの関節鏡検査装置市場見通し
  • デンマークの肩関節および小関節再建装置市場見通し
  • 大豆食品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、大豆食品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、大豆食品の世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • スペインの電気生理学装置市場(~2021)
  • 世界の人工膵臓市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、人工膵臓のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・人工膵臓の概要 ・人工膵臓の開発動向:開発段階別分析 ・人工膵臓の開発動向:セグメント別分析 ・人工膵臓の開発動向:領域別分析 ・人工膵臓の開発動向:規制Path別分析 ・人工膵臓の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別人工膵臓の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・人工膵臓の最近動向
  • 世界のL-イソロイシン市場2015
    本調査レポートでは、世界のL-イソロイシン市場2015について調査・分析し、L-イソロイシンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の段ボール市場2016
    本調査レポートでは、世界の段ボール市場2016について調査・分析し、段ボールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のテレビン油市場2015
    本調査レポートでは、世界のテレビン油市場2015について調査・分析し、テレビン油の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 骨延長装置の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、骨延長装置の世界市場について調べ、骨延長装置の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、骨延長装置の市場規模をセグメンテーション別(製品別(下顎伸延器、口蓋伸延器、小骨伸延器、肺胞伸延器、その他)、配置種類別(内部伸延器、外部伸延器)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社は骨延長装置の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・骨延長装置の市場状況 ・骨延長装置の市場規模 ・骨延長装置の市場予測 ・骨延長装置の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(下顎伸延器、口蓋伸延器、小骨伸延器、肺胞伸延器、その他) ・市場セグメンテーション:配置種類別(内部伸延器、外部伸延器) ・骨延長装置の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状 …
  • 世界の真空遮断器市場2015
    本調査レポートでは、世界の真空遮断器市場2015について調査・分析し、真空遮断器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車ワイパーシステムの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車ワイパーシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車ワイパーシステムの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • マイクログリッドの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、マイクログリッドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マイクログリッドの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の熱可塑性エラストマー(TPE)市場2015
    本調査レポートでは、世界の熱可塑性エラストマー(TPE)市場2015について調査・分析し、熱可塑性エラストマー(TPE)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のジャガイモ粉市場2016
    本調査レポートでは、世界のジャガイモ粉市場2016について調査・分析し、ジャガイモ粉の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 地上から空へのオンボードコネクティビティの世界市場:コンポーネント別(ハードウェア、サービス)、技術別(衛星、空対地)用途別(エンターテイメント、通信)、最終用途別(海上、鉄道、航空、路上輸送)
    当調査レポートでは、地上から空へのオンボードコネクティビティの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場概要、コンポーネント別分析、用途別分析、最終用途別分析、地域別分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・地上から空へのオンボードコネクティビティの世界市場:コンポーネント別(ハードウェア、サービス) ・地上から空へのオンボードコネクティビティの世界市場:用途別(エンターテイメント、通信) ・地上から空へのオンボードコネクティビティの世界市場:最終用途別(海上、鉄道、航空、路上輸送) ・地上から空へのオンボードコネクティビティの世界市場:地域別 ・企業概要
  • マスターバッチの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、マスターバッチの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、マスターバッチの世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • インフルエンザワクチンの世界市場見通し2017-2027
    当調査レポートでは、インフルエンザワクチンの世界市場について調査・分析し、インフルエンザワクチンの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・インフルエンザワクチンの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・インフルエンザワクチンの世界市場:セグメント別市場分析 ・インフルエンザワクチンの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 免疫療法治療薬の世界市場予測(~2021):薬種類別(成人用ワクチン、チェックポイント阻害剤、インターフェロンアルファ)、治療分野別、需要先別、地域別
    当調査レポートでは、免疫療法治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、薬種類別分析、治療分野別分析、需要先別分析、地域別分析、免疫療法治療薬の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 非構造タンパク質4A阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における非構造タンパク質4A阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・非構造タンパク質4A阻害剤の概要 ・非構造タンパク質4A阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の非構造タンパク質4A阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・非構造タンパク質4A阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・非構造タンパク質4A阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 自動車用スウェイバー(スタビライザー)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、自動車用スウェイバー(スタビライザー)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用スウェイバー(スタビライザー)の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は自動車用スウェイバー(スタビライザー)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.31%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、CARROSSER、ZF Group等です。
  • 食品安全検査の世界市場
    当調査レポートでは、食品安全検査の世界市場について調査・分析し、食品安全検査の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 食品安全検査の世界市場:市場動向分析 - 食品安全検査の世界市場:競争要因分析 - 食品安全検査の世界市場:食品別 ・乳製品 ・飲料 ・肉(鶏肉を含む) ・インスタント食品 ・果物および野菜 ・加工食品 ・その他 - 食品安全検査の世界市場:汚染物質別 ・病原菌 ・食物アレルゲン ・微生物 ・金属汚染物質 ・農薬および残留物 ・毒素 ・遺伝子組み換え生物(GMOs) ・その他 - 食品安全検査の世界市場:技術別 ・急速な技術 ・伝統的な技術 ・バイオチップ、生物学的センサー ・クロマトグラフィー ・食品照射 ・その他 - 食品安全検査の世界市場:主要地域別分析 - 食品安全検査の北米市場規模(アメリカ市場等) - 食品安全検査のヨーロッパ市場規模 - 食品安全検査のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・食品安全検査の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 近視(Myopia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における近視(Myopia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、近視(Myopia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・近視(Myopia)の概要 ・近視(Myopia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の近視(Myopia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・近視(Myopia)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・近視(Myopia)治療薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界の塩化アンモニウム市場2016
    本調査レポートでは、世界の塩化アンモニウム市場2016について調査・分析し、塩化アンモニウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • UAEの外傷固定装置市場見通し
  • ボディーアーマーの世界市場
    当調査レポートでは、ボディーアーマーの世界市場について調査・分析し、ボディーアーマーの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 結核(Tuberculosis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、結核(Tuberculosis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・結核(Tuberculosis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・結核(Tuberculosis)のフェーズ3治験薬の状況 ・結核(Tuberculosis)治療薬の市場規模(販売予測) ・結核(Tuberculosis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・結核(Tuberculosis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の結核(Tuberculosis)治療薬剤
  • 世界のステンレス鋼中空バー市場2019
    本調査レポートでは、世界のステンレス鋼中空バー市場2019について調査・分析し、ステンレス鋼中空バーの世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、ステンレス鋼中空バーのアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、ステンレス鋼中空バーメーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・ステンレス鋼中空バーの市場概要 ・ステンレス鋼中空バーの上流・下流市場分析 ・ステンレス鋼中空バーのアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・ステンレス鋼中空バーのアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・ステンレス鋼中空バーのアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・ステンレス鋼中空バーのアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・ステンレス鋼中空バーの北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・ステンレス鋼中空バーの北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・ステンレス鋼中空バーの北米市 …
  • 世界の二重巻トランス(変圧器)市場:詳細分析レポート2017-2022
  • 世界のG7主要国における膵臓癌治療用スニチニブリンゴ酸塩市場予測
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"