"植物ゲノムの世界市場予測(~2025年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM90925)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"植物ゲノムの世界市場予測(~2025年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The plant genomics market is projected to grow at a CAGR of 8.3% from 2019 to 2025. The global plant genomics market is estimated to be valued at USD 7.3 billion in 2019 and is projected to reach USD 11.7 billion by 2025, recording a CAGR of 8.3%. Factors such as the rise in demand for improved crop varieties, the cost-effectiveness of genomics, and the rise in plant genome funding are factors that are projected to drive the growth of this market.

The herbicide tolerance segment, by trait, is projected to be the largest segment in the plant genomics market during the forecast period.
Herbicide-tolerant crops have unique traits, which makes them resistant to the effects of herbicides, which, in turn, makes the application of herbicides easier. In crop management, as weeds are the main cause for economic losses, herbicides are extensively applied to control the same; however, excessive use of herbicide during the agricultural practices is detrimental. The usage of herbicide-tolerant seeds offers farmers a more flexible and simple weed control system.

Marker-assisted selection segment to witness the fastest growth during the forecast period.
By objective, the plant genomics market is segmented into DNA extraction & purification, DNA/RNA sequencing, genotyping, gene expression profiling, marker-assisted selection, GMO-trait purity testing, and other objectives segments. Genetic linkage maps provide a framework for the detection of marker-trait associations, and thus, choose the appropriate markers to use in marker-assisted breeding in plants.
The North American plant genomics market is projected to account for the largest market share due to the rapid adoption of advanced technologies for better yielding of crops in the region.

North America is the largest market for plant genomics services across the globe. This is attributed to the high number of key technology providers, streamlined governments, and effective research processes. The cultivation of industrial crops is gaining pace in North American countries, wherein more land area is being cultivated with high-value crops. End-use farmers in these countries are adopting readily available advanced agricultural practices to obtain optimum yield without compromising on environmental factors.
Break-up of Primaries
 By Company Type: Tier 1 – 60%, Tier 2 – 30%, and Tier 3 – 10%
 By Designation: C-level – 80%, D-level – 10%, and Others* – 10%
 By Region: Asia Pacific – 50%, Europe – 20%, North America – 15%, Rest of the World (RoW)** – 15%
*Others include sales managers, marketing managers, and product managers.
**RoW includes South Africa, Saudi Arabia, Israel, and others in RoW.

Leading players profiled in this report:
• Eurofins Scientific (Luxembourg)
• Illumina, Inc. (US)
• NRGene (Israel)
• Neogen Corporation (US)
• Qiagen (Germany)
• Agilent Technologies (US)
• KeyGene (Netherlands)
• LC Sciences (US)
• Traitgenetics GmbH (Germany)
• Novogene Corporation (China)
• Oxford Nanopore Technologies (UK)
• Genewiz (US)
• BGI Genomics (China)
• Genotypic Technologies (India)
• Floragenex (US)

Research Coverage
This report segments the plant genomics market based on type, objective, trait, application, and region. In terms of insights, this research report focuses on various levels of analyses—competitive landscape, end-use analysis, and company profiles—which together comprise and discuss the basic views on the emerging & high-growth segments of the plant genomic market, the high-growth regions, countries, government initiatives, market disruption, drivers, restraints, opportunities, and challenges.

Reasons to buy this report
• To get a comprehensive overview of the plant genomics market
• To gain wide-ranging information about the top players in this industry, their product portfolios, and the key strategies adopted by them
• To gain insights about the major countries/regions in which the plant genomics market is flourishing


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"植物ゲノムの世界市場予測(~2025年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 18)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.4 Periodization Considered
1.5 Currency Considered
1.6 Stakeholders
1.7 Associations & Industry Bodies
2 Research Methodology (Page No. – 29)
2.1 Research Data
2.1.2 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.3 Data Triangulation
2.4 Assumptions for the Study
2.5 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 39)
4 Premium Insights (Page No. – 48)
4.1 Opportunities in the Plant Genomics Market
4.2 North America: Plant Genomics Market, By Application & Country
4.3 Market, By Objective, 2019 vs 2025 (USD Billion)
4.4 Market, By Trait, 2019 vs 2025 (USD Billion)
4.5 Market, By Key Country
5 Market Overview (Page No. – 53)
5.1 Overview
5.2 Market Dynamics
5.3 Drivers
5.3.1 Technological Advancements Ensuring Strong Market Growth
5.3.2 Rise in Demand for Improved Crop Varieties
5.3.3 Cost-Effectiveness of Genomics
5.3.4 Rise in Plant Genome Funding Fueling the Adoption of Innovative Technologies
5.4 Restraints
5.4.1 Less Usage of Automated Instruments Due to High Cost
5.4.2 High Cost of Infrastructure
5.5 Opportunities
5.5.1 Growth in Emerging Economies Providing Huge Scope for Market Development
5.5.2 Rising Opportunities for Using Novel Dna Sequencing Technologies
5.6 Challenges
5.6.1 Lack of Awareness in Handling Modern Plant Genomic Technologies, in Developing Economies
5.6.2 Hazardous Effects of GMO’s Limiting Research Practices in Plant Genomics
6 Regulations (Page No. – 60)
6.1 Introduction
6.1.1 North America
6.1.1.1 US
6.1.1.2 Canada
6.1.1.3 Mexico
6.1.2 Europe
6.1.2.1 Germany
6.1.3 Asia Pacific
6.1.3.1 China
6.1.3.2 India
6.1.3.3 Australia
6.1.3.4 Japan
6.1.4 South Africa
7 Plant Genomics Market, By Objective (Page No. – 65)
7.1 Introduction
7.1.1 Dna/Rna Sequencing
7.1.1.1 The Dna/Rna Sequencing Segment Accounted for the Largest Share in the Plant Genomics Market
7.1.2 Genotyping
7.1.2.1 The Genotyping Segment Accounted for the Largest Share in North America Due to Its High Accuracy and Efficiency in the Plant Genomics Market
7.1.3 Marker-Assisted Selection (MAS)
7.1.3.1 The Use of MAS in Plant Genomics is Increasing Due to the Involvement of Marker Allele, Which Identifies Disease Resistance Traits Among Plants
7.1.4 Gene Expression Profiling
7.1.4.1 Next-Generation Technology Provides A Better Approach Toward Gene Expression Profiling, as It Helps in Identifying Various Biological Findings
7.1.5 GMO-Trait Purity Testing
7.1.5.1 Advancements in GMO Purity Testing Technology have Encouraged the Development of Enhanced Purification Kits for Plant Genomes in Various Developing Countries
7.1.6 Dna Extraction & Purification
7.1.6.1 Increase in the Production of Various Types of Dna Purification Kits is Projected to Drive the Plant Genomics Market in Developing Countries of Asia Pacific
7.1.7 Others
8 Plant Genomics Market, By Type (Page No. – 78)
8.1 Introduction
8.1.1 Molecular Engineering
8.1.1.1 Unregulated Environment for Molecular Engineering Techniques Positively Impacting Its Adoption Rate, Globally
8.1.2 Genetic Engineering
8.1.2.1 Rise in the Use of Innovative Techniques Fueling the Adoption of Genetic Engineering Methods in Developed Regions
8.1.3 Others
9 Plant Genomics Market, By Trait (Page No. – 87)
9.1 Introduction
9.1.1 Herbicide Tolerance
9.1.1.1 Herbicide-Tolerant Traits Dominated the Plant Genomics Market
9.1.2 Disease Resistance
9.1.2.1 Increase in Commercial Demand for High-Quality Field Crops has Heightened the Adoption of Molecular Techniques
9.1.3 Yield Improvement
9.1.3.1 Increase in Concerns Regarding Food Security has Triggered the Demand for High-Yielding Crop Lines
9.1.4 Others
10 Plant Genomics Market, By Application (Page No. – 98)
10.1 Introduction
10.1.1 Cereals & Grains
10.1.1.1 Growth in Importance of Corn as an Industrial Crop in Developed Economies is the Major Factor Driving the Cereals & Grains Segment
10.1.2 Oilseeds & Pulses
10.1.2.1 Increase in Usage of Various Molecular Engineering Techniques in Oilseeds is Fueling the Growth of the Market in Developing Economies
10.1.3 Fruits & Vegetables
10.1.3.1 Adoption of Molecular Engineering Techniques Would Be Rising in Fruit & Vegetable Cultivation Due to the Decreasing Costs of These Techniques
10.1.4 Other Crops
11 By Region (Page No. – 108)
11.1 Introduction
11.2 North America
11.2.1 US
11.2.1.1 Increasing R&D Investments By Key Players to Drive the Growth of the Plant Genomics Market in the Country
11.2.2 Canada
11.2.2.1 Increasing Government Funding for Advanced Plant Genomic Techniques to Drive the Growth of the Plant Genomics Market in the Country
11.2.3 Mexico
11.2.3.1 Untapped Opportunities in Advanced Biotechnological Plant Genomic Technologies
11.3 Europe
11.3.1 Germany
11.3.1.1 Increasing Investments By Domestic Seed Manufacturers for Plant Genomic Techniques Driving Market Growth
11.3.2 France
11.3.2.1 Increasing Support By the Government Sector for Plant Genomic Activities in France Leading to the Development of Better-Quality Crop Varieties
11.3.3 UK
11.3.3.1 Seed Companies in the UK are Adopting Advanced Plant Genomic Techniques, Such as MAS and Genotyping, for Better Crop Efficiency
11.3.4 The Netherlands
11.3.4.1 Rise in the Number of Agreements Between the Key Players for Providing Various Advanced Plant Genomic Techniques Expected to Fuel the Market in the Country
11.3.5 Spain
11.3.5.1 Huge Potential for Biotechnological Plant Genomic Techniques Expected to Fuel the Market in the Country
11.3.6 Italy
11.3.6.1 Rise in the Production of Cereals & Grains Due to the Use of Various Plant Genomic Techniques Projected to Fuel the Plant Genomics Market in the Country
11.3.7 Rest of Europe
11.4 Asia Pacific
11.4.1 China
11.4.1.1 The Rising Government Support and Funding Drive the Chinese Plant Genomics Market
11.4.2 Japan
11.4.2.1 Increasing Collaborative Activities in Plant Genomics Enhancing the Growth of the Market in Japan
11.4.3 India
11.4.3.1 Indian Plant Genomics Market Projected to Witness the Fastest Growth in the Coming Years
11.4.4 South Korea
11.4.4.1 New Product Developments in Plant Genomics Driving the Market in the Country
11.4.5 Australia & New Zealand
11.4.5.1 Australian Plant Genomic Companies Adopting Advanced Technological Methods for Plant Conservation
11.4.6 Rest of Asia Pacific
11.5 South America
11.5.1 Brazil
11.5.1.1 Brazil is Witnessing High Yield in Agricultural Production and is the Second-Largest Producer of Biotech Crops
11.5.2 Argentina
11.5.2.1 Argentina to Be One of the Largest Exporters of Genetically Engineered (Ge) Commodities
11.5.3 Rest of South America
11.6 Rest of the World
11.6.1 South Africa
11.6.1.1 Favorable Regulations in the Country to Drive the Growth of the Plant Genomic Market
11.6.2 Saudi Arabia
11.6.2.1 Rich Variety of Diverse Plant Genetic Resources Drives the Growth of the Plant Genomics Market in the Country
11.6.3 Israel
11.6.3.1 Untapped Opportunities in Biotechnological Plant Genomic Breeding Technologies
11.6.4 Others in RoW
12 Competitive Landscape (Page No. – 201)
12.1 Overview
12.2 Competitive Leadership Mapping
12.2.1 Visionary Leaders
12.2.2 Dynamic Differentiators
12.2.3 Emerging Companies
12.2.4 Innovators
12.3 Plant Genomics Market Ranking, By Key Player, 2018
12.4 Competitive Scenario
12.4.1 Acquisitions & Mergers
12.4.2 Expansions & Investments
12.4.3 New Product Launches
12.4.4 Agreements, Collaborations, Partnerships, and Joint Ventures
13 Company Profiles (Page No. – 216)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis and MnM View; Please Note In-Depth Coverage in Various Sections is Subjected to Data Availability).
The Companies are Listed in No Particular Order, But as A Representation of the Market’s Ecosystem.
13.1 Eurofins Scientific
13.1.1 Business Overview
13.1.2 Products Offered
13.1.3 Recent Developments
13.1.4 SWOT Analysis
13.1.4.1 MnM View
13.2 Illumina, Inc.
13.2.1 Business Overview
13.2.2 Services Offered
13.2.3 Products Offered
13.2.4 Recent Developments
13.2.5 SWOT Analysis
13.2.5.1 MnM View
13.3 Agilent Technologies
13.3.1 Business Overview
13.3.2 Products Offered
13.3.3 SWOT Analysis
13.3.3.1 MnM View
13.4 Qiagen
13.4.1 Business Overview
13.4.2 Products Offered
13.4.3 Recent Developments
13.4.4 SWOT Analysis
13.4.4.1 MnM View
13.5 Nrgene
13.5.1 Business Overview
13.5.2 Products Offered
13.5.3 Recent Developments
13.5.4 SWOT Analysis
13.5.4.1 MnM View
13.6 Neogen Corporation
13.6.1 Business Overview
13.6.2 Products Offered
13.6.2.1 MnM View
13.7 Keygene
13.7.1 Business Overview
13.7.2 Products Offered
13.7.3 Recent Developments
13.7.3.1 MnM View
13.8 LC Sciences
13.8.1 Business Overview
13.8.2 Products Offered
13.8.2.1 MnM View
13.9 Traitgenetics GmbH
13.9.1 Business Overview
13.9.2 Products Offered
13.9.2.1 MnM View
13.10 Novogene Corporation
13.10.1 Business Overview
13.10.2 Technology Offered
13.10.3 Recent Developments
13.10.3.1 MnM View
13.11 Oxford Nanopore Technologies
13.11.1 Business Overview
13.11.2 Products Offered
13.11.2.1 MnM View
13.12 Genewiz
13.12.1 Business Overview
13.12.2 Products Offered
13.12.2.1 MnM View
13.13 BGI Genomics
13.13.1 Business Overview
13.13.2 Products Offered
13.13.3 Recent Developments
13.13.3.1 MnM View
13.14 Floragenex
13.14.1 Business Overview
13.14.2 Products Offered
13.14.3 Recent Developments
13.14.3.1 MnM View
13.15 Genotypic Technology Pvt. Ltd.
13.15.1 Business Overview
13.15.2 Services Offered
13.15.3 Products Offered
13.15.3.1 MnM View
14 Appendix (Page No. – 259)
14.1 Discussion Guide
14.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
14.3 Available Customizations
14.4 Related Reports

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】植物ゲノムの世界市場予測(~2025年)
【発行日】2019年8月20日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM90925
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】農林水産
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
植物ゲノムの世界市場予測(~2025年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • マトリックス・メタルプロテイナーゼ9阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるマトリックス・メタルプロテイナーゼ9阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・マトリックス・メタルプロテイナーゼ9阻害剤の概要 ・マトリックス・メタルプロテイナーゼ9阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のマトリックス・メタルプロテイナーゼ9阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・マトリックス・メタルプロテイナーゼ9阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・マトリックス・メタルプロテイナーゼ9阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界の関節内補充療法市場規模・予測2017-2025商品別(3回投与、1回投与、5回投与)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の関節内補充療法市場について調査・分析し、世界の関節内補充療法市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の関節内補充療法関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • デジタルバッジの世界市場:提供別(プラットフォーム、サービス)、エンドユーザー別(学術機関、企業)、地域別予測
    本資料は、デジタルバッジの世界市場について調べ、デジタルバッジの世界規模、市場動向、市場環境、提供別(プラットフォーム、サービス)分析、エンドユーザー別(学術機関、企業)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・デジタルバッジの世界市場概要 ・デジタルバッジの世界市場環境 ・デジタルバッジの世界市場動向 ・デジタルバッジの世界市場規模 ・デジタルバッジの世界市場規模:提供別(プラットフォーム、サービス) ・デジタルバッジの世界市場規模:エンドユーザー別(学術機関、企業) ・デジタルバッジの世界市場:地域別市場規模・分析 ・デジタルバッジの北米市場規模・予測 ・デジタルバッジのアメリカ市場規模・予測 ・デジタルバッジのヨーロッパ市場規模・予測 ・デジタルバッジのアジア市場規模・予測 ・デジタルバッジの日本市場規模・予測 ・デジタルバッジの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 高毒性ガス検知器の世界市場
    当調査レポートでは、高毒性ガス検知器の世界市場について調査・分析し、高毒性ガス検知器の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 高毒性ガス検知器の世界市場:市場動向分析 - 高毒性ガス検知器の世界市場:競争要因分析 - 高毒性ガス検知器の世界市場:技術別 ・触媒 ・電気化学 ・赤外線吸収 ・ナノテクノロジー金属酸化膜半導体(NTMOS) - 高毒性ガス検知器の世界市場:用途別 ・化学工場 ・個人モニタリング ・精製所/石油化学製品 ・半導体工場 ・公益事業 ・廃水処理 - 高毒性ガス検知器の世界市場:主要地域別分析 - 高毒性ガス検知器の北米市場規模(アメリカ市場等) - 高毒性ガス検知器のヨーロッパ市場規模 - 高毒性ガス検知器のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・高毒性ガス検知器の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • Brexit(ブリグジット、英国のEU離脱)&航空産業、英国&広域欧州経済領域への影響2016-2026
    当調査レポート以下の構成でお届けいたします。 1. 要約 2. 概要 3. 欧州航空産業のシナリオ2016-2026 4. SWOT分析 5. 結論および提言 6. 用語集
  • 動物診断の世界市場予測(~2022年):診断装置、消耗品、動物検査技術
    当調査レポートでは、動物診断の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品種類別分析、技術別分析、動物種類別分析、需要先別分析、動物診断の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • オフィス文具及び備品B2Bの世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、オフィス文具及び備品B2Bの世界市場について調べ、オフィス文具及び備品B2Bの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、オフィス文具及び備品B2Bの市場規模をセグメンテーション別(流通チャンネル別(オフライン、オンライン)、製品別(紙製品、机用品、文具/郵送用品、コンピューター/プリンター用品、ファイリング用品、製本用品、時間追跡用品、吊り下げ用品、識別用品)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はオフィス文具及び備品B2Bの世界市場規模が2020-2024期間中に年平均3%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・オフィス文具及び備品B2Bの市場状況 ・オフィス文具及び備品B2Bの市場規模 ・オフィス文具及び備品B2Bの市場予測 ・オフィス文具及び備品B2Bの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:流通チャンネル別(オフライン、オンライン) ・市場セグメンテーション:製品別(紙製品、机用品、文具/郵送用品、コンピューター/ …
  • 世界のエチレン・酢酸ビニル共重合体(EVA)エマルション市場2015
    本調査レポートでは、世界のエチレン・酢酸ビニル共重合体(EVA)エマルション市場2015について調査・分析し、エチレン・酢酸ビニル共重合体(EVA)エマルションの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 防弾保護設備の世界市場分析:材質別(アラミド、複合材、UHMWPE、スチール)、製品別(頭部保護、ソフトアーマー、ハードアーマー)、エンドユーザー別(防衛、商業、法執行・安全)セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、防弾保護設備の世界市場について調査・分析し、防弾保護設備の世界市場動向、防弾保護設備の世界市場規模、市場予測、セグメント別防弾保護設備市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • バイオ炭のアジア太平洋市場
  • 日本の肩関節置換処置動向(~2021)
  • 旅行保険の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、旅行保険の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、旅行保険の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • インドのプラスチックシート/プレート/フィルム市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • ウェルケーシング (井戸ケーシング) ・ セメンチングの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、ウェルケーシング (井戸ケーシング) ・ セメンチングの世界市場規模が2017年78.6億ドルから2026年138.6億ドルまで年平均6.5%成長すると予測しています。当調査レポートでは、ウェルケーシング (井戸ケーシング) ・ セメンチングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ウェルケーシング (井戸ケーシング) ・ セメンチング市場規模、装置・サービス種類別(セメント装置・サービス、ケーシング装置・サービス)分析、種類別(ケージング、セメンチング)分析、ウェル種類別(垂直式ウェル、水平式ウェル)分析、作動タイプ別(修復セメント、一次セメント、他の作動タイプ)分析、用途別(オフショア、オンショア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ウェルケーシング (井戸ケーシング) ・ セメンチングの世界市場:市場動向分析 ・ ウェルケーシング (井戸ケーシング) ・ セメンチングの世界市場:競争要因分析 ・ …
  • ヒトパピローマウイルス及びサイトメガロウイルス治療薬の世界市場
    当調査レポートでは、ヒトパピローマウイルス及びサイトメガロウイルス治療薬の世界市場について調査・分析し、ヒトパピローマウイルス及びサイトメガロウイルス治療薬の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • オートバイ用チェーンの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、オートバイ用チェーンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、オートバイ用チェーンの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はオートバイ用チェーンの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.62%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、DAIDO KOGYO (D.I.D)、Renthal、RK JAPAN、TSUBAKIMOTO CHAIN、Sunstar-mc等です。
  • オフロード車両用シートの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、オフロード車両用シートの世界市場について調べ、オフロード車両用シートの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、オフロード車両用シートの市場規模をセグメンテーション別(用途別(サイドバイサイド、ATV、オフロードバイク)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はオフロード車両用シートの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・オフロード車両用シートの市場状況 ・オフロード車両用シートの市場規模 ・オフロード車両用シートの市場予測 ・オフロード車両用シートの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(サイドバイサイド、ATV、オフロードバイク) ・オフロード車両用シートの顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析 …
  • セラミック系接着剤の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、セラミック系接着剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、セラミック系接着剤市場規模、製品別(PEB、HRSS)分析、エンドユーザー別(工業用、商業用、家庭用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・セラミック系接着剤の世界市場概要 ・セラミック系接着剤の世界市場環境 ・セラミック系接着剤の世界市場動向 ・セラミック系接着剤の世界市場規模 ・セラミック系接着剤の世界市場:業界構造分析 ・セラミック系接着剤の世界市場:製品別(PEB、HRSS) ・セラミック系接着剤の世界市場:エンドユーザー別(工業用、商業用、家庭用) ・セラミック系接着剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・セラミック系接着剤の北米市場規模・予測 ・セラミック系接着剤のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・セラミック系接着剤のアジア太平洋市場規模・予測 ・セラミック系接着剤の主要国分析 ・セラミック系接着剤の世界市場:意思決定フレームワーク ・ …
  • サーキットトレーサーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、サーキットトレーサーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、サーキットトレーサー市場規模、エンドユーザ別(サービスプロバイダ、工業ユーザ、商業ユーザ) 分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・サーキットトレーサーの世界市場概要 ・サーキットトレーサーの世界市場環境 ・サーキットトレーサーの世界市場動向 ・サーキットトレーサーの世界市場規模 ・サーキットトレーサーの世界市場:業界構造分析 ・サーキットトレーサーの世界市場:エンドユーザ別(サービスプロバイダ、工業ユーザ、商業ユーザ) ・サーキットトレーサーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・サーキットトレーサーの北米市場規模・予測 ・サーキットトレーサーのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・サーキットトレーサーのアジア太平洋市場規模・予測 ・サーキットトレーサーの主要国分析 ・サーキットトレーサーの世界市場:意思決定フレームワーク ・サーキットトレーサーの世界 …
  • ファイバーコンバーターの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ファイバーコンバーターの世界市場について調査・分析し、ファイバーコンバーターの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ファイバーコンバーターシェア、市場規模推移、市場規模予測、ファイバーコンバーター種類別分析(10/100Mbps型、1000Mbps型、その他)、ファイバーコンバーター用途別分析(IPセキュリティ、工場自動化、輸送システム、電気事業、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ファイバーコンバーターの市場概観 ・ファイバーコンバーターのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ファイバーコンバーターのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ファイバーコンバーターの世界市場規模 ・ファイバーコンバーターの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ファイバーコンバーターのアメリカ市場規模推移 ・ファイバーコンバーターのカナダ市場規模推移 ・ファイバーコンバーターのメキシコ市場規模推移 ・ファイバーコンバーターのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシ …
  • 特殊紙の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、特殊紙の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、特殊紙市場規模、種類別(装飾紙、印刷用紙、感圧複写紙、ラベル用紙、剥離ライナー紙、包装用紙、製薬リーフレットペーパー、クラフト紙、感熱紙、その他)分析、原材料別(添加剤、コーティング剤、パルプ、フィラー・バインダー、その他)分析、用途別(包装・ラベリング、産業、印刷・筆記、建築・建設、食品サービス、医薬品、電気、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 特殊紙の世界市場:市場動向分析 ・ 特殊紙の世界市場:競争要因分析 ・ 特殊紙の世界市場:種類別(装飾紙、印刷用紙、感圧複写紙、ラベル用紙、剥離ライナー紙、包装用紙、製薬リーフレットペーパー、クラフト紙、感熱紙、その他) ・ 特殊紙の世界市場:原材料別(添加剤、コーティング剤、パルプ、フィラー・バインダー、その他) ・ 特殊紙の世界市場:用途別(包装・ラベリング、産業、印刷・筆記、建築・建設、食品サービス、医薬品、電気 …
  • 世界の旅客搭乗橋市場2015
    本調査レポートでは、世界の旅客搭乗橋市場2015について調査・分析し、旅客搭乗橋の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療情報交換(HIE)の世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、医療情報交換(HIE)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、導入方式別分析、アプリケーション別分析、ソリューション別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 民間航空機フライトシミュレーションおよびシミュレーション訓練の世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、民間航空機フライトシミュレーションおよびシミュレーション訓練の世界市場について調査・分析し、民間航空機フライトシミュレーションおよびシミュレーション訓練の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 民間航空機フライトシミュレーションおよびシミュレーション訓練市場の概要 3. 民間航空機フライトシミュレーションおよびシミュレーション訓練の世界市場 2016-2026 4. 世界の民間航空機フライトシミュレーションおよびシミュレーション訓練2次市場予測 2016-2026 5. 主要地域の民間航空機フライトシミュレーションおよびシミュレーション訓練市場予測 2016-2026 6. 民間航空機フライトシミュレーションおよびシミュレーション訓練市場のSWOT分析 2016-2026 7. 民間航空機フライトシミュレーションおよびシミュレーション訓練企業主要15社 8. 結論および推奨事項 9. 用語集
  • m-Education(モバイル教育)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、m-Education(モバイル教育)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、m-Education(モバイル教育)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 非致死性兵器の世界市場:直接接触式兵器、指向性エネルギー兵器
    当調査レポートでは、非致死性兵器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、需要先別分析、製品種類別分析、技術別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • NOR型フラッシュメモリの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、NOR型フラッシュメモリの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、NOR型フラッシュメモリの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 超高速整流器の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、超高速整流器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、超高速整流器市場規模、用途別(商業、工業、消費財、自動車、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Diodes, Infineon Technologies, ON Semiconductor, STMicroelectronics, Vishay Intertechnologyなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・超高速整流器の世界市場概要 ・超高速整流器の世界市場環境 ・超高速整流器の世界市場動向 ・超高速整流器の世界市場規模 ・超高速整流器の世界市場:業界構造分析 ・超高速整流器の世界市場:用途別(商業、工業、消費財、自動車、その他) ・超高速整流器の世界市場:地域別市場規模・分析 ・超高速整流器の北米市場規模・予測 ・超高速整流器のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・超高速整流器のアジア太平洋市場規模・予測 ・超高速整流器の主要国分析 ・超高速整流 …
  • PPSUの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、PPSUの世界市場について調査・分析し、PPSUの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別PPSUシェア、市場規模推移、市場規模予測、PPSU種類別分析()、PPSU用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・PPSUの市場概観 ・PPSUのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・PPSUのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・PPSUの世界市場規模 ・PPSUの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・PPSUのアメリカ市場規模推移 ・PPSUのカナダ市場規模推移 ・PPSUのメキシコ市場規模推移 ・PPSUのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・PPSUのドイツ市場規模推移 ・PPSUのイギリス市場規模推移 ・PPSUのロシア市場規模推移 ・PPSUのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・PPSUの日本市場規模推移 ・PPSUの中国市場規模推移 ・PPSUの韓国市場規模推移 ・PPSUのインド市 …
  • チョコレート包装の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、チョコレート包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、チョコレート包装の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 先進的視覚化の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、先進的視覚化の世界市場について調査・分析し、先進的視覚化の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 先進的視覚化の世界市場:市場動向分析 - 先進的視覚化の世界市場:競争要因分析 - 先進的視覚化の世界市場:解決方法別 個々の仕事場単位における解決法 企業全体における独特の依頼者に対する解決法 - 先進的視覚化の世界市場:臨床的用途別 腫瘍学 心臓学 神経学 放射線化学/治療的放射線医学 血管学 整形外科学 その他の臨床的用途 - 先進的視覚化の世界市場:エンドユーザー別 大学及び研究所 病院及び外科的処理センター 画像検査センター その他のエンドユーザー - 先進的視覚化の世界市場:画像機器別 超音波 核磁気共鳴断層撮影(MRI) コンピューター断層撮影(CT) 放射線治療(RT) 陽電子放射断層撮影(PET) その他の画像機器 - 先進的視覚化の世界市場:製品及びサービス別 ハードウェア及びソフトウェア サービス - 先進的視覚化の世界市場:主要地域別分析 - 先進的視覚化の北米市場 …
  • 農業用微量栄養素の世界市場:亜鉛、ホウ素、銅、マンガン、モリブデン、鉄
    当調査レポートでは、農業用微量栄養素の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、形状別分析、作物別分析、地域別分析、農業用微量栄養素の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ラボオートメーションの世界市場ー産業分析、機会分析
  • 1,3プロパンジオール(PDO)の世界市場分析:用途別(ポリトリメチレンテレフタレート(PTT)、ポリウレタン、パーソナルケア・洗剤)、セグメント予測
    本調査レポートでは、1,3プロパンジオール(PDO)の世界市場について調査・分析し、1,3プロパンジオール(PDO)の世界市場動向、1,3プロパンジオール(PDO)の世界市場規模、市場予測、セグメント別1,3プロパンジオール(PDO)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 温室栽培の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、温室栽培の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、温室栽培の世界市場規模及び予測、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • オートバイe-Callの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、オートバイe-Callの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、オートバイe-Callの世界市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • インターロイキン阻害剤の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、インターロイキン阻害剤の世界市場について調べ、インターロイキン阻害剤の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、インターロイキン阻害剤の市場規模をセグメンテーション別(製品別(インターロイキン-23阻害剤、インターロイキン-17阻害剤、インターロイキン-6阻害剤、その他のインターロイキン阻害剤)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社はインターロイキン阻害剤の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均13%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・インターロイキン阻害剤の市場状況 ・インターロイキン阻害剤の市場規模 ・インターロイキン阻害剤の市場予測 ・インターロイキン阻害剤の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(インターロイキン-23阻害剤、インターロイキン-17阻害剤、インターロイキン-6阻害剤、その他のインターロイキン阻害剤) ・インターロイキン阻害剤の顧客状況 ・主 …
  • カット・スタックラベルの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、カット・スタックラベルの世界市場について調査・分析し、カット・スタックラベルの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別カット・スタックラベルシェア、市場規模推移、市場規模予測、カット・スタックラベル種類別分析(紙ラベル、フィルム/プラスチックラベル、その他 )、カット・スタックラベル用途別分析(食品、飲料、家庭用品・パーソナルケア用品、医薬品、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・カット・スタックラベルの市場概観 ・カット・スタックラベルのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・カット・スタックラベルのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・カット・スタックラベルの世界市場規模 ・カット・スタックラベルの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・カット・スタックラベルのアメリカ市場規模推移 ・カット・スタックラベルのカナダ市場規模推移 ・カット・スタックラベルのメキシコ市場規模推移 ・カット・スタックラベルのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フ …
  • 世界の安息香酸ナトリウム市場2016
    本調査レポートでは、世界の安息香酸ナトリウム市場2016について調査・分析し、安息香酸ナトリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • PACS(医用画像情報システム)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、PACS(医用画像情報システム)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、PACS(医用画像情報システム)の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 教育分野におけるAR(拡張現実)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、教育分野におけるAR(拡張現実)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、教育分野におけるAR(拡張現実)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 南アフリカのボトルドウォーター市場2016-2020
    当調査レポートでは、南アフリカのボトルドウォーター市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、南アフリカのボトルドウォーター市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 民間航空機用酸素系統の世界市場:乗客用酸素系統、乗員用酸素系統、酸素貯蔵装置、酸素供給装置、酸素マスク
    当調査レポートでは、民間航空機用酸素系統の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、システム別分析、構成要素別分析、種類別分析、技術別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 飼料用酵素の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、飼料用酵素の世界市場について調査・分析し、飼料用酵素の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別飼料用酵素シェア、市場規模推移、市場規模予測、飼料用酵素種類別分析(フィターゼ、カルボヒドラーゼ、プロテアーゼ、その他)、飼料用酵素用途別分析(家禽、豚、反芻動物、水産養殖、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・飼料用酵素の市場概観 ・飼料用酵素のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・飼料用酵素のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・飼料用酵素の世界市場規模 ・飼料用酵素の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・飼料用酵素のアメリカ市場規模推移 ・飼料用酵素のカナダ市場規模推移 ・飼料用酵素のメキシコ市場規模推移 ・飼料用酵素のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・飼料用酵素のドイツ市場規模推移 ・飼料用酵素のイギリス市場規模推移 ・飼料用酵素のロシア市場規模推移 ・飼料用酵素のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南 …
  • ビジネスインテリジェンス(BI)の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、ビジネスインテリジェンス(BI)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、データタイプ別分析、アプリケーション別分析、産業別分析、ビジネスインテリジェンス(BI)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 先進複合材料の世界市場予測(~2022年):炭素、Sクラス、アラミド、熱硬化性樹脂、熱可塑性樹脂
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、先進複合材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、繊維タイプ別分析、樹脂タイプ別分析、製造プロセス別分析、産業別分析、先進複合材料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリオ(Polio):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるポリオ(Polio)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、ポリオ(Polio)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・ポリオ(Polio)の概要 ・ポリオ(Polio)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のポリオ(Polio)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ポリオ(Polio)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ポリオ(Polio)治療薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • プロテアーゼの世界市場:微生物由来、動物由来、植物由来、レニン、パパイン、アルカリ性、酸性、中性プロテアーゼ
    当調査レポートでは、プロテアーゼの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、原材料別分析、形態別分析、製品別分析、用途別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • テキスト読み上げ(TTS)教育技術の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、テキスト読み上げ(TTS)教育技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、テキスト読み上げ(TTS)教育技術の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国のポータブル発電機市場2015
    本調査レポートでは、中国のポータブル発電機市場2015について調査・分析し、ポータブル発電機の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"