"ネットワークエミュレータの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM90927)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"ネットワークエミュレータの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Global network emulator market to grow at a CAGR of 8.1% during the forecast period The global network emulator market size to grow from USD 146 million in 2019 to USD 217 million by 2024, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 8.1% during 2019–2024. Rise of attacks and security breaches on networks, and the need for reduced downtime in networking are the major factors driving the network emulator market. However, longer timelines and extended Research and Development (R&D) requirements for new networking technologies and price sensitivity of network testing and emulators may limit the market growth.

Internet of Things application type to grow at the highest CAGR during the forecast period
Network emulators mimic a variety of network topologies and scenarios to test IoT projects in a controlled and repeatable manner. Additionally, network emulators emulate networks to stress test IoT platforms in real-time and measure the impact of network bandwidth, latency, and packet loss have on IoT performance, and predict the response of IoT platform on any network (i.e., mobile, Wireless Fidelity (Wi-Fi), Wide Area Network (WAN), or satellite). Network emulators provide a visibility into how different network conditions will impact device performance, which further helps in faster deployment of IoT at a real-world scale.

Asia Pacific to grow at the highest growth rate during the forecast period
APAC has the world’s fastest-growing economies, and the technology penetration in the region is high. APAC is expected to experience extensive growth opportunities in the coming years. The rising demand for network emulators, which are cloud-driven and cloud-supported, has further resulted in the increase in the demand for network emulator solutions in the APAC region, thereby resulting in more investments and technological advancements across verticals.

In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), marketing directors, other innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the network emulator market.

The following list provides the breakup of primary respondents’ profiles:
 By Company Type: Tier 1: 35%, Tier 2: 45%, and Tier 3: 20%
 By Designation: C level Executives: 35%, Director Level: 25%, and Others: 40%
 By Region: North America: 45%, Europe: 20%, APAC: 30%, and RoW: 5%
Major vendors in the global network emulator market include Spirent Communications (US), Keysight Technologies (US), Apposite Technologies (US), Polaris Networks (US), PacketStorm Communications (US), iTrinegy (New England), Aukua (US), Calnex (UK), SolarWinds (US), InterWorking Labs (US), GigaNet Systems (US), SCALABLE Network Technologies (US), Valid8 (US), Tetcos (India), and W2BI (US).

Research coverage:
The report includes an in-depth competitive analysis of the key players in the network emulator market, along with their company profiles, recent developments, and key market strategies. The report segments the global network emulator market by application type, vertical, and region.

Key benefits of buying the report:
The report would provide the market leaders/new entrants in the network emulator market, with information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall network emulator market and subsegments. The report would also help stakeholders understand the competitive landscape and gain deeper insights to better position their businesses and plan suitable go-to-market strategies. It also helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on the key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"ネットワークエミュレータの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 12)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 15)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakup of Primaries
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Top-Down Approach
2.3.2 Bottom-Up Approach
2.4 Market Forecast
2.5 Competitive Leadership Mapping Methodology
2.6 Assumptions for the Study
2.7 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 22)
4 Premium Insights (Page No. – 24)
4.1 Attractive Opportunities in the Network Emulator Market
4.2 Global Market Top 2 Application Types and Verticals
4.3 Market By Region
4.4 Market Global Revenue Shares
5 Market Overview and Industry Trends (Page No. – 26)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Rise of Attacks and Security Breaches on Networks
5.2.1.2 Need for Reduced Downtime in Networking
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Longer Timelines and Extended R&D Requirements for New Networking Technologies
5.2.2.2 Price Sensitivity of Network Testing and Emulators
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Increasing Demand for Software-Defined Networking and Virtualization
5.2.3.2 Multi-Protocol Support and Advanced Functions Provided By Same Hardware Emulator
5.2.3.3 Investments in R&D and Positive Outcomes From the Testing Phase of 5G Networks
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Lack of Skilled Workforce to Comprehend and Report Issues in Networking
5.2.4.2 Fast-Changing Network Requirements a Concern for Emulators
5.3 Use Cases
5.3.1 Use Case: Scenario 1
5.3.2 Use Case: Scenario 2
5.3.3 Use Case: Scenario 3
5.3.4 Use Case: Scenario 4
5.3.5 Use Case: Scenario 5
5.3.6 Use Case: Scenario 6
5.4 Solution Architecture
5.4.1 Introduction
5.4.2 Architecture
6 Network Emulator Market By Application Type (Page No. – 34)
6.1 Introduction
6.2 SD-WAN
6.2.1 Increased Deployment of Applications on Wan Networks to Fuel Market Growth
6.3 Cloud
6.3.1 Simulated Conditions in Cloud to Help Test and Validate Application Performance to Drive the Market Growth
6.4 Internet of Things
6.4.1 Increase in Number of Connected Devices to Accelerate use of Network Emulators
6.5 Others
7 Network Emulator Market By Vertical (Page No. – 40)
7.1 Introduction
7.2 Telecommunication
7.2.1 Network Emulators Help Telecom Network Operators to Emulate the Complex Network Deployments and Create Complex Network Conditions
7.3 Banking, Financial Services, and Insurance
7.3.1 Simulation of a Variety of Networks to Conduct Realistic Pre-Deployment Testing to Drive Growth of Market in BFSI Vertical
7.4 Government and Defense
7.4.1 Increased Expenditure on Defense Projects to Accelerate Market Growth in Government and Defense Vertical
7.5 Others
8 Network Emulator Market By Region (Page No. – 46)
8.1 Introduction
8.2 North America
8.2.1 United States
8.2.1.1 Enterprises and Service Providers in the United States to Implement Network Emulator Solutions on a Large Scale
8.2.2 Canada
8.2.2.1 Need for Network Emulators to Ensure Proper Functioning of Apps or Devices in Cloud, Internet, and Other Network Environments to Drive Market Growth in Canada
8.3 Europe
8.3.1 Germany
8.3.1.1 Increased Spending on Network Infrastructure to Fuel the Growth of the Market in Germany
8.3.2 France
8.3.2.1 Increasing IT Budget in France to Drive the Market Growth in France
8.3.3 Rest of Europe
8.4 Asia Pacific
8.4.1 China
8.4.1.1 Increasing Investments in Network Infrastructure to Fuel the Growth of the Market in China
8.4.2 Japan
8.4.2.1 Japan to Experience Noticeable Increase in Adoption of Network Emulator Solutions
8.4.3 Rest of Asia Pacific
8.5 Middle East and Africa
8.6 Latin America
9 Competitive Landscape (Page No. – 57)
9.1 Overview
9.2 Competitive Leadership Mapping
9.2.1 Visionary Leaders
9.2.2 Dynamic Differentiators
9.2.3 Innovators
9.2.4 Emerging Companies
9.3 Ranking of Key Players
9.4 Competitive Scenario
9.4.1 New Product Launches /Product Enhancements
9.4.2 Partnerships, Collaborations, and Agreements
9.4.3 Mergers and Acquisitions
10 Company Profiles (Page No. – 63)
10.1 Introduction
10.2 Spirent Communications
(Business Overview, Solutions Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
10.3 Keysight Technologies
10.4 Apposite Technologies
10.5 iTrinegy
10.6 Polaris Networks
10.7 PacketStorm
10.8 Aukua
10.9 Calnex
10.10 SolarWinds
10.11 InterWorking Labs
10.12 GigaNet Systems
10.13 SCALABLE Network Technologies
10.14 Valid8
10.15 Tetcos
10.16 W2BI
*Details on Business Overview, Solutions Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
11 Appendix (Page No. – 85)
11.1 Discussion Guide
11.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
11.3 Available Customizations
11.4 Related Reports
11.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】ネットワークエミュレータの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年8月20日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM90927
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】IT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
ネットワークエミュレータの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 獣医用CTスキャナーの世界市場予測(~2022年):多層CTスキャナー、ポータブルCTスキャナー
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、獣医用CTスキャナーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、動物別分析、用途別分析、需要先別分析、獣医用CTスキャナーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 多要素認証の世界市場2018–2025:モデル別、用途別(BFSI、ヘルスケア、政府・防衛、旅行・移住、小売)
    本調査レポートでは、多要素認証の世界市場について調査・分析し、多要素認証の世界市場動向、多要素認証の世界市場規模、市場予測、セグメント別多要素認証市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ポリビニルブチラール(PVB)フィルムとシートの世界市場
    当調査レポートでは、ポリビニルブチラール (PVB) フィルムとシートの世界市場について調査・分析し、ポリビニルブチラール (PVB) フィルムとシートの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 固体照明・省エネルギー照明の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、固体照明・省エネルギー照明の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、設置タイプ別分析、用途別分析、地域別分析、固体照明・省エネルギー照明の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 発泡金属の世界市場2014-2025:材料別(アルミ、ニッケル、マグネシウム、銅)、用途別(熱交換器、減勢装置、サイドインパクトバー)、最終用途別
    本調査レポートでは、発泡金属の世界市場について調査・分析し、発泡金属の世界市場動向、発泡金属の世界市場規模、市場予測、セグメント別発泡金属市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ステアロール14アルファ-デメチラーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるステアロール14アルファ-デメチラーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ステアロール14アルファ-デメチラーゼ阻害剤の概要 ・ステアロール14アルファ-デメチラーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のステアロール14アルファ-デメチラーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ステアロール14アルファ-デメチラーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ステアロール14アルファ-デメチラーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 自動車用先進運転支援システム(ADAS)・自動運転用部品の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、自動車用先進運転支援システム(ADAS)・自動運転用部品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用先進運転支援システム(ADAS)・自動運転用部品市場規模、種類別(レーダーセンサー、イメージセンサー、超音波センサー、赤外線センサー、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用先進運転支援システム(ADAS)・自動運転用部品の世界市場概要 ・自動車用先進運転支援システム(ADAS)・自動運転用部品の世界市場環境 ・自動車用先進運転支援システム(ADAS)・自動運転用部品の世界市場動向 ・自動車用先進運転支援システム(ADAS)・自動運転用部品の世界市場規模 ・自動車用先進運転支援システム(ADAS)・自動運転用部品の世界市場:業界構造分析 ・自動車用先進運転支援システム(ADAS)・自動運転用部品の世界市場:種類別(レーダーセンサー、イメージセンサー、超音波センサー、赤外線センサー、その他) ・自動 …
  • 油漏れ管理の世界市場
    当調査レポートでは、油漏れ管理の世界市場について調査・分析し、油漏れ管理の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • トール様受容体5アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるトール様受容体5アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・トール様受容体5アゴニストの概要 ・トール様受容体5アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のトール様受容体5アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・トール様受容体5アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・トール様受容体5アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界のマイクロ電子音響コンポーネント市場2015
    本調査レポートでは、世界のマイクロ電子音響コンポーネント市場2015について調査・分析し、マイクロ電子音響コンポーネントの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 内分泌科用治療薬の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、内分泌科用治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、内分泌科用治療薬市場規模、治療領域別(糖尿病治療薬、甲状腺ホルモン障害薬、hGH、テストステロン補充療法)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Abbvie, Merck, Novo Nordisk, Pfizerなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・内分泌科用治療薬の世界市場概要 ・内分泌科用治療薬の世界市場環境 ・内分泌科用治療薬の世界市場動向 ・内分泌科用治療薬の世界市場規模 ・内分泌科用治療薬の世界市場:業界構造分析 ・内分泌科用治療薬の世界市場:治療領域別(糖尿病治療薬、甲状腺ホルモン障害薬、hGH、テストステロン補充療法) ・内分泌科用治療薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・内分泌科用治療薬の北米市場規模・予測 ・内分泌科用治療薬のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・内分泌科用治療薬のアジア太平洋市場規模・予測 ・内分泌科用治療薬の主要国分析 …
  • シリコン金属の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、シリコン金属の世界市場について調査・分析し、シリコン金属の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別シリコン金属シェア、市場規模推移、市場規模予測、シリコン金属種類別分析(含有量98.0%-99.0%、含有量99.0%-99.5%、含有量 >99.5%)、シリコン金属用途別分析(アルミニウム産業、シリコン化合物、太陽光電池、半導体、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・シリコン金属の市場概観 ・シリコン金属のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・シリコン金属のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・シリコン金属の世界市場規模 ・シリコン金属の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・シリコン金属のアメリカ市場規模推移 ・シリコン金属のカナダ市場規模推移 ・シリコン金属のメキシコ市場規模推移 ・シリコン金属のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・シリコン金属のドイツ市場規模推移 ・シリコン金属のイギリス市場規模推移 ・シリコ …
  • フィリピンのプラスチック製モノフィラメントおよび棒市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • モバイル端末用センサモジュールの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、モバイル端末用センサモジュールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モバイル端末用センサモジュールの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • バイオ殺線虫剤の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、バイオ殺線虫剤の世界市場について調査・分析し、バイオ殺線虫剤の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・バイオ殺線虫剤の世界市場規模:形状別分析 ・バイオ殺線虫剤の世界市場規模:種類別分析 ・バイオ殺線虫剤の世界市場規模:寄生虫別分析 ・バイオ殺線虫剤の世界市場規模:用途別分析 ・バイオ殺線虫剤の世界市場規模:作物別分析 ・バイオ殺線虫剤の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • バイオ炭のアジア太平洋市場
  • 自動車用バルブの世界市場予測(~2022年):ソレノイドバルブ、EGRバルブ、ブレーキ・コンビネーション・バルブ、AT制御バルブ、エンジンバルブ
    当調査レポートでは、自動車用バルブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品別分析、車両種類別分析、用途別分析、機能別分析、自動車用バルブの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 家庭用空気清浄機の中国市場
    当調査レポートでは、家庭用空気清浄機の中国市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、家庭用空気清浄機の中国市場規模及び予測、技術別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 皮膚潰瘍(Skin Ulcers):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における皮膚潰瘍(Skin Ulcers)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、皮膚潰瘍(Skin Ulcers)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・皮膚潰瘍(Skin Ulcers)の概要 ・皮膚潰瘍(Skin Ulcers)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の皮膚潰瘍(Skin Ulcers)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・皮膚潰瘍(Skin Ulcers)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・皮 …
  • クレンジングローションの世界市場:流通経路別、地域別
    本レポートは、クレンジングローションの市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・クレンジングローションの世界市場:流通経路別(オフライン、オンライン) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 胃腸用ステントの世界市場2016-2020:胆管・膵臓用ステント、食道ステント、十二指腸用ステント、結腸用ステント
    当調査レポートでは、胃腸用ステントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、胃腸用ステントの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • エンタープライズコンテンツコラボレーションの世界市場:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)、導入タイプ別(クラウド、オンプレミス)、垂直産業別(教育、行政、ヘルスケア、IT・テレコム、製造、その他)、地域別予測
    本資料は、エンタープライズコンテンツコラボレーションの世界市場について調べ、エンタープライズコンテンツコラボレーションの世界規模、市場動向、市場環境、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)分析、導入タイプ別(クラウド、オンプレミス)分析、垂直産業別(教育、行政、ヘルスケア、IT・テレコム、製造、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・エンタープライズコンテンツコラボレーションの世界市場概要 ・エンタープライズコンテンツコラボレーションの世界市場環境 ・エンタープライズコンテンツコラボレーションの世界市場動向 ・エンタープライズコンテンツコラボレーションの世界市場規模 ・エンタープライズコンテンツコラボレーションの世界市場規模:コンポーネント別(ソフトウェア、サービス) ・エンタープライズコンテンツコラボレーションの世界市場規模:導入タイプ別(クラウド、オンプレミス) ・エンタープライズコンテンツコラボレーションの世界市場規模:垂直産 …
  • 動物タンパク質加水分解物の世界市場予測2019-2024
    「動物タンパク質加水分解物の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、液状、 粉末状 など、用途別には、Infant Formula、Clinical Nutrition、Sports Nutrition & Dietary Supplementsなどに区分してまとめた調査レポートです。動物タンパク質加水分解物のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・動物タンパク質加水分解物の世界市場概要(サマリー) ・動物タンパク質加水分解物の企業別販売量・売上 ・動物タンパク質加水分解物の企業別市場シェア ・動物タンパク質加水分解物の世界市場規模:種類別(液状、 粉末状 ) ・動物タンパク質加水分解物の世界市場規模:用途別(Infant Formula、Clinical Nutrition、Sports Nutrition & Dietary Supplements) ・動物タンパク質加水分解物の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシ …
  • 中国のモーターコントロールセンター市場2015
    本調査レポートでは、中国のモーターコントロールセンター市場2015について調査・分析し、モーターコントロールセンターの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 統合エンドポイント管理の世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、統合エンドポイント管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、導入形態別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • テラゾフローリングのカナダ市場
  • クリケット用品の世界市場
    当調査レポートでは、クリケット用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クリケット用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • 小売オートメーションの世界市場予測(~2023年):PoS、バーコード、RFID、カメラ、AGV、ASRS、自動コンベア
    当調査レポートでは、小売オートメーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、導入別分析、需要先別分析、地域別分析、小売オートメーションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 遺伝子治療の世界市場:研究開発および売上予測2016-2026
    当調査レポートでは、遺伝子治療の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・遺伝子治療の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・遺伝子治療の世界市場:疾患別市場分析 ・遺伝子治療の研究開発パイプライン分析・予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • アジア太平洋の眼科用レンズ&精密光学製造装置市場
    本調査レポートは眼科用レンズ&精密光学製造装置のアジア太平洋市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、用途別(眼科用レンズ、精密光学系)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・眼科用レンズ&精密光学製造装置のアジア太平洋市場:用途別(眼科用レンズ、精密光学系) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 自動車用ドラムブレーキの世界市場
    当調査レポートでは、自動車用ドラムブレーキの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用ドラムブレーキの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用ステアリングシステムのインド市場:油圧パワーステアリング、電子式パワーステアリング、電気油圧式パワーステアリングシステム
  • 免税店小売の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、免税店小売の世界市場について調査・分析し、免税店小売の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別免税店小売シェア、市場規模推移、市場規模予測、免税店小売種類別分析(香水、化粧品、酒、たばこ、その他)、免税店小売用途別分析(空港、機内、海港、鉄道駅、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・免税店小売の市場概観 ・免税店小売のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・免税店小売のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・免税店小売の世界市場規模 ・免税店小売の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・免税店小売のアメリカ市場規模推移 ・免税店小売のカナダ市場規模推移 ・免税店小売のメキシコ市場規模推移 ・免税店小売のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・免税店小売のドイツ市場規模推移 ・免税店小売のイギリス市場規模推移 ・免税店小売のロシア市場規模推移 ・免税店小売のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・免税店小 …
  • 消費者向けIoTの世界市場予測(~2023年)
    消費者向けIoTの世界市場は、2018年の468億米ドルから2023年には1,044億米ドルに達し、17.39%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、インターネットユーザーの増加とスマートデバイスの採用、発展途上国におけるフィットネスへの意識の高まりと可処分所得の増加、利便性と生活習慣の向上に対する消費者の姿勢、遠隔地のホームモニタリングの重要性の増大、そしてIoTデバイスのセキュリティに関する政府規制などが考えられます。一方で、データセキュリティとデータプライバシーの侵害により、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、消費者向けIoTの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、提供(ノードコンポーネント、ネットワークインフラ、ソリューション、サービス)分析、最終用途(ウェアラブル機器、家電、ヘルスケア、ホームオートメーション、自動車)分析、消費者向けIoTの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車アクティブロールコントロールシステムの世界市場2018-2022
    自動車アクティブロールコントロールシステム市場は、追加機能と信頼性の向上という形の開発を目の当たりにしています。ベンダーは車体ロールコントロールシステムの自社バージョンを開発に積極的に取り組んできました。 現代の自動車業界は、高度な安全性および制御システムの普及が目覚しいものとなり、現在は互いに協調して使用されています。 例えば、Daimler's Mercedes-Benz は、最近、アクティブカーブティルティング(Active Curve Tilting)などのボディロールコントロールシステムのホストを開発しました。アクティブボディコントロールとMAGIC BODY CONTROLは、道路上で車両を安定して安全に保ちます。このように、自動車アクティブロールコントロールシステムの開発は、予測期間中に自動車アクティブロールコントロールシステムの世界市場の成長を促進することが期待されています。 主な分析対象企業は、Continental、Bosch、Schaeffler、WABCO、BWI Group、HYUNDAI MOBISなどです。 当調査レポートでは、自動車アクティブロールコント …
  • 産業向け埋込みシステムの世界市場2016-2020:ハードウェア、ソフトウェア
    当調査レポートでは、産業向け埋込みシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業向け埋込みシステムの世界市場規模及び予測、種類別分析、構成要素別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 人工喉頭装置の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、人工喉頭装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、人工喉頭装置市場規模、製品別(留置型、非留置型)分析、最終用途別(病院、外来外科センター(ASC)、診療所)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・人工喉頭装置の世界市場概要 ・人工喉頭装置の世界市場環境 ・人工喉頭装置の世界市場動向 ・人工喉頭装置の世界市場規模 ・人工喉頭装置の世界市場:業界構造分析 ・人工喉頭装置の世界市場:製品別(留置型、非留置型) ・人工喉頭装置の世界市場:最終用途別(病院、外来外科センター(ASC)、診療所) ・人工喉頭装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・人工喉頭装置のアメリカ市場規模・予測 ・人工喉頭装置のヨーロッパ市場規模・予測 ・人工喉頭装置のアジア市場規模・予測 ・人工喉頭装置の主要国分析 ・人工喉頭装置の世界市場:意思決定フレームワーク ・人工喉頭装置の世界市場:成長要因、課題 ・人工喉頭装置の世界市場:競争環境 ・人 …
  • プログラマブル論理制御装置(PLC)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、プログラマブル論理制御装置(PLC)の世界市場について調査・分析し、プログラマブル論理制御装置(PLC)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別プログラマブル論理制御装置(PLC)シェア、市場規模推移、市場規模予測、プログラマブル論理制御装置(PLC)種類別分析(ナノ、マイクロ、ミディアム、ラージ)、プログラマブル論理制御装置(PLC)用途別分析(鋼産業、石油・ガス産業、電力産業、自動車、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・プログラマブル論理制御装置(PLC)の市場概観 ・プログラマブル論理制御装置(PLC)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・プログラマブル論理制御装置(PLC)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・プログラマブル論理制御装置(PLC)の世界市場規模 ・プログラマブル論理制御装置(PLC)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・プログラマブル論理制御装置(PLC)のアメリカ市場規模推移 ・プログラマブル論理制御装置(PLC …
  • アルファ4ベータ2ニューロンニコチン受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるアルファ4ベータ2ニューロンニコチン受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アルファ4ベータ2ニューロンニコチン受容体アゴニストの概要 ・アルファ4ベータ2ニューロンニコチン受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のアルファ4ベータ2ニューロンニコチン受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・アルファ4ベータ2ニューロンニコチン受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・アルファ4ベータ2ニューロンニコチン受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • インドの膝関節置換処置動向(~2021)
  • シンガポールのプラスチック製包装製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • キャノーラミールの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、キャノーラミールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、キャノーラミールの世界市場規模及び予測、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • PT. Indonesia Power:発電所および企業SWOT分析2015
  • 世界の農業用噴霧器市場規模・予測2017-2025:種類別(携帯、自走、トラクター用、トレイラー用、空中)、動力源別(燃料、電動・電池式、ソーラー、手動)、容量別(超小容量、小容量、大容量)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の農業用噴霧器市場について調査・分析し、世界の農業用噴霧器市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の農業用噴霧器関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 金属不活性化剤の世界市場
    当調査レポートでは、金属不活性化剤の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・金属不活性化剤の世界市場:形態別分析/市場規模 ・金属不活性化剤の世界市場:金属別分析/市場規模 ・金属不活性化剤の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・金属不活性化剤の世界市場:地域別分析/市場規模 ・金属不活性化剤のアメリカ市場規模予測 ・金属不活性化剤のヨーロッパ市場規模予測 ・金属不活性化剤のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 自動車用リレーの世界市場予測(~2022年):PCBリレー、プラグインリレー、高電圧リレー、保護リレー、定時リレー
    当調査レポートでは、自動車用リレーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、自動車用リレーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用オンボード・パワーインバーターの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車用オンボード・パワーインバーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用オンボード・パワーインバーターの世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析・市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • はしか(Measles):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるはしか(Measles)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、はしか(Measles)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・はしか(Measles)の概要 ・はしか(Measles)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のはしか(Measles)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・はしか(Measles)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・はしか(Measles)治療薬開発に取り組んでいる企業リスト …
  • 高耐熱フォームの世界市場:シリコーンフォーム、ポリイミドフォーム、メラミンフォーム、ポリエチレンフォーム
    当調査レポートでは、高耐熱フォームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 洋上風力発電の世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、洋上風力発電の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・洋上風力発電の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・洋上風力発電の世界市場:構成要素別市場分析 ・洋上風力発電の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"