"局所薬物デリバリーの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM90943)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"局所薬物デリバリーの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The topical drug delivery market is projected to grow at a CAGR of 5.7% during the forecast period (2019–2024).”The topical drug delivery market is projected to reach USD 123.2 billion by 2024 from USD 93.2 billion in 2019, at a CAGR of 5.7%. The growth of the topical drug delivery market is driven mainly by the high prevalence of skin disease, rising incidences of eye diseases, high incidence of burn injuries, and the growing prevalence of diabetes. Additionally, emerging markets such as China and India are expected to offer potential growth opportunities to market players in the coming years. However, preference for alternative modes of drug delivery such as oral, injectables, pulmonary, among others could restrict the growth of this market.

“By product, the semi-solid formulations segment is expected to account for the largest share of the topical drug delivery market”
Based on product, the topical drug delivery market is segmented into semi-solid formulations (creams, gels, ointments, pastes, and lotions), solid formulations (suppositories and powders), liquid formulations (solutions and suspensions), and transdermal products (transdermal patches and transdermal semi-solids). The semi-solid formulations segment is expected to account the largest market share of the topical drug delivery market in 2019. This is mainly due to their easy application and ability to topically deliver a wide variety of drug molecules compared to other formulations.

“By route of administration, dermal drug delivery segment to dominate the topical drug delivery market during the forecast period”
The dermal drug delivery segment accounted for the largest share of the market in 2018. This is mainly due to the high prevalence of skin diseases across the globe. For instance, According to the WHO, between 2 and 3 million cases of non-melanoma skin cancer and 132,000 cases of melanoma skin cancer are diagnosed annually across the globe.

“By facility of use, homecare settings segment to dominate the topical drug delivery market during the forecast period”
The homecare settings segment accounted for the largest share of the market in 2018. This is mainly due to the ease of use of topical products at home, better affordability, and advantages of topical and transdermal patches for patients who require a constant drug level as well as those suffering from chronic diseases at homecare settings.

“North America is expected to witness the highest growth during the forecast period.”
North America is expected to account for the largest share of the global topical drug delivery market in 2019, followed by Europe. However, Japan is expected to witness the highest CAGR during the forecast period. This can primarily be attributed to the rising geriatric population, increasing the inflow of generic drugs, a growing number of product approvals and launches, and the increasing focus of local players on the R&D of topical formulations in the country. For instance, in November 2018, Santen Pharmaceutical Co., Ltd. (Japan) and Ube Industries (Japan) launched the topical EYBELIS Ophthalmic Solution 0.002% in Japan. Similarly, in September 2018, Santen Pharmaceutical Co., Ltd. (Japan) signed a development and drug discovery agreement with PeptiDerm Inc. (Japan) for developing topical ophthalmic products. Furthermore, in June 2017, LEO Pharma (Denmark) partnered with Kyowa Hakko Kirin Co., Ltd. (Japan) for the development of a topical gel formulation for the treatment of psoriasis.

A breakdown of the primary participants referred to for this report is provided below:
• By Company Type: Tier 1–55%, Tier 2–25%, and Tier 3–20%
• By Designation: C-level–43%, Director-level–32%, and Others–25%
• By Region: North America–38%, Europe–29%, Asia Pacific–23%, Rest of World–10%

The prominent players in the topical drug delivery market are Nestle SA (Switzerland), Johnson & Johnson (US), Bausch Health Companies (Canada), Novartis AG (Switzerland), GlaxoSmithKline (UK), Bayer AG (Germany), Hisamitsu Pharmaceutical (Japan), Mylan (US) Glenmark Pharmaceuticals (India), Cipla Ltd (India), Crescita Therapeutics Inc. (Canada), and Merck & Co (US).

Research Coverage:
The report analyzes the topical drug delivery market and aims at estimating the market size and future growth potential of the topical drug delivery market and the different segments such as dermal, ophthalmic, rectal, vaginal, and nasal drug delivery. The report also includes an in-depth competitive analysis of the key players in this market along with their company profiles, product & service offerings, and recent developments.

Reasons to Buy the Report
The report will enrich established firms as well as new entrants/smaller firms to gauge the pulse of the market, which, in turn, would help them to garner a greater share. Firms purchasing the report could use one, or a combination of the below mentioned five strategies for strengthening their market presence.

This report provides insights on the following pointers:
• Market Penetration: Comprehensive information on the product portfolios offered by the top players in the topical drug delivery market.
• Product & Service Development/Innovation: Detailed insights on the upcoming trends, R&D activities, and product or service launch in the topical drug delivery market.
• Market Development: Comprehensive information on lucrative emerging regions.
• Market Diversification: Exhaustive information about new products and services, growing geographies, and recent developments in the global topical drug delivery market.
• Competitive Assessment: In-depth assessment of market shares, growth strategies, revenue analysis, and products & services of the leading players in the topical drug delivery market.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"局所薬物デリバリーの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 20)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 23)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.2.3 Growth Forecast
2.3 Market Data Validation and Triangulation
2.4 Assumptions for the Study
3 Executive Summary (Page No. – 32)
4 Premium Insights (Page No. – 35)
4.1 Market Overview
4.2 North America: Market, By Product, 2018
4.3 Europe: Market, By Facility of Use, 2018
4.4 Market: Geographic Snapshot
5 Market Overview (Page No. – 39)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 High Prevalence of Skin Diseases
5.2.1.2 Rising Prevalence of Eye Diseases
5.2.1.3 High Incidence of Burn Injuries
5.2.1.4 Growing Prevalence of Diabetes
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Preference for Alternative Modes of Drug Delivery
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Delivery of Biologics Through the Transdermal Route
5.2.3.2 Self-Administration and Home Care
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Technical Barriers Related to Skin Irritation and Permeability
5.2.4.2 Drug Failures and Product Recalls
6 Topical Drug Delivery Market, By Product (Page No. – 44)
6.1 Introduction
6.2 Semi-Solid Formulations
6.2.1 Creams
6.2.1.1 Ease of Spreadability and Washability to Drive This Market Segment
6.2.2 Ointments
6.2.2.1 Ointments are Widely Used in Analgesic Indications
6.2.3 Lotions
6.2.3.1 Easy Administration of Lotions to Drive Their Demand Among End Users
6.2.4 Gels
6.2.4.1 Faster Drug Release and Greater Patient Acceptability to Drive the Market for Topical Gels
6.2.5 Pastes
6.2.5.1 Topical Pastes are Widely Used for the Treatment and Prevention of Skin Irritation
6.3 Liquid Formulations
6.3.1 Suspensions
6.3.1.1 Higher Rate of Bioavailability and Controlled Onset of Action to Support the Growth of the Topical Suspensions Market
6.3.2 Solutions
6.3.2.1 Topical Solutions Comprise Soluble Chemicals That are Dissolved in Various Solvents
6.4 Solid Formulations
6.4.1 Powders
6.4.1.1 Powders have A Very Fine Particle Size That Covers A Large Surface Area Per Unit Weight
6.4.2 Suppositories
6.4.2.1 Suppositories Require A Suitable Base That Ensures the Compatibility and Stability of the Drug
6.5 Transdermal Products
6.5.1 Transdermal Patches
6.5.1.1 Transdermal Patches to Account for the Largest Share of the Transdermal Drug Delivery Market in 2019
6.5.2 Transdermal Semi-Solids
6.5.2.1 Transdermal Semi-Solids Segment to Witness Negative Growth During the Forecast Period
7 Topical Drug Delivery Market, By Route of Administration (Page No. – 65)
7.1 Introduction
7.2 Dermal Drug Delivery
7.2.1 Dermal Drug Delivery is the Largest Segment in This Market Due to Advantages Such as Ease of Use and Increased Patient Compliance
7.3 Ophthalmic Drug Delivery
7.3.1 Increasing Use of Mobile Devices is Likely to Impact Vision, Which is A Key Factor Supporting Market Growth
7.4 Rectal Drug Delivery
7.4.1 Poor Absorption of Drugs Through the Rectal Route—A Key Disadvantage Associated With This Market Segment
7.5 Vaginal Drug Delivery
7.5.1 High Permeability of Vaginal Tissues, the Scope of Self-Administration, and Ease of Manufacturing are Expected to Boost the Growth of the Vaginal Drug Delivery Market Segment
7.6 Nasal Drug Delivery
7.6.1 Absence of Drug Degradation, High Efficacy of Nasally Administered Drugs, and Growing Preference for Self-Administration to Drive Market Growth
8 Topical Drug Delivery Market, By Facility of Use (Page No. – 72)
8.1 Introduction
8.2 Home Care Settings
8.2.1 Home Care Settings Accounted for the Largest Share in 2018
8.3 Hospitals and Clinics
8.3.1 Rising Incidence of Surgical Site Infections to Drive This Segment
8.4 Burn Centers
8.4.1 High Incidence of Burn Injuries Across the Globe to Support the Market Growth
8.5 Other Facilities
9 Topical Drug Delivery Market, By Region (Page No. – 78)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 Rising Prevalence of Skin Diseases and the Approval and Launch of Innovative Topical Formulations—Key Factors Driving Market Growth
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Rising Prevalence of Skin Diseases and Funding for the Development of Topical Drugs to Drive Market Growth
9.3 Europe
9.3.1 Germany
9.3.1.1 Growing Focus of Pharmaceutical Companies on the Development of Topical Products to Drive Market Growth
9.3.2 UK
9.3.2.1 Rising Prevalence of Skin Diseases & Chronic Conditions to Drive Market Growth
9.3.3 France
9.3.3.1 Rising Prevalence of Skin Diseases and Development of Topical Drugs By Local Players to Support Market Growth
9.3.4 Rest of Europe
9.4 Asia Pacific
9.4.1 Japan
9.4.1.1 Increasing Number of Product Approvals and Growing Focus of Local Players on the R&D of Topical Formulations to Support Market Growth
9.4.2 China
9.4.2.1 Growing Focus of Major Players in China on the Development of Topical Drugs to Drive Market Growth
9.4.3 India
9.4.3.1 Rising Awareness Among Healthcare Providers & Patients and Increasing Focus on Noninvasive Methods of Drug Delivery to Drive Market Growth
9.4.4 Rest of Asia Pacific
9.5 Rest of the World
10 Competitive Landscape (Page No. – 145)
10.1 Overview
10.2 Market Share Analysis
10.2.1 Johnson & Johnson
10.2.2 Nestlé Sa (Galderma)
10.2.3 Novartis
10.3 Competitive Scenario
10.3.1 Product Launches
10.3.2 Expansions
10.3.3 Agreements and Collaborations
10.3.4 Acquisitions
10.4 Competitive Leadership Mapping (Overall Market) (2018)
10.4.1 Visionary Leaders
10.4.2 Innovators
10.4.3 Dynamic Differentiators
10.4.4 Emerging Companies
11 Company Profiles (Page No. – 150)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View
11.1 Glaxosmithkline
11.2 Janssen Global Services (A Subsidiary of Johnson & Johnson)
11.3 Bausch Health Companies
11.4 Merck & Co.
11.5 Bayer AG
11.6 Hisamitsu Pharmaceutical
11.7 Nestlé Sa
11.8 Novartis AG
11.9 Glenmark Pharmaceuticals
11.10 Cipla
11.11 Crescita Therapeutics Inc.
11.12 Mylan N.V.
*Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 182)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Related Reports
12.4 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】局所薬物デリバリーの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年8月20日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM90943
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
局所薬物デリバリーの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界のコンクリート流動化剤市場: 種類別(PC、SNF、SMF、MLF)、用途別(生コンクリート、プレキャストコンクリート、高性能コンクリート)、地域別(北米、APAC、ヨーロッパ、南アメリカ、中東、アフリカ)
    MarketsandMarkets社は、コンクリート流動化剤の世界市場規模が2019年51億ドルから2024年73億ドルまで年平均7.4%成長すると予測しています。本書は、世界のコンクリート流動化剤市場について調査・分析し、市場概要、種類別(スルホン化ナフタレンホルムアルデヒド(SNF)、スルホン化メラミンホルムアルデヒド(SMF)、変性リグノスルホン酸塩(MLS)、ポリカルボン酸誘導体(PC)、その他)分析、フォーム別(液体、粉末)分析、用途別(レディーミックスコンクリート、プレキャストコンクリート、高性能コンクリート、ショットクリート、自己圧縮コンクリート、フライアッシュコンクリート、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などを掲載しております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界のコンクリート流動化剤市場:種類別(スルホン化ナフタレンホルムアルデヒド(SNF)、スルホン化メラミンホルムアルデヒド(SMF)、変性リグノスルホン酸塩(MLS)、ポリカルボン酸誘導体(PC)、その他) ・世界のコンクリート流動化剤 …
  • バンカーオイルの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、バンカーオイルの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、バンカーオイル市場規模、製品別(残存燃料、留出燃料)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・バンカーオイルの世界市場概要 ・バンカーオイルの世界市場環境 ・バンカーオイルの世界市場動向 ・バンカーオイルの世界市場規模 ・バンカーオイルの世界市場:業界構造分析 ・バンカーオイルの世界市場:製品別(残存燃料、留出燃料) ・バンカーオイルの世界市場:地域別市場規模・分析 ・バンカーオイルのアメリカ市場規模・予測 ・バンカーオイルのヨーロッパ市場規模・予測 ・バンカーオイルのアジア市場規模・予測 ・バンカーオイルの主要国分析 ・バンカーオイルの世界市場:意思決定フレームワーク ・バンカーオイルの世界市場:成長要因、課題 ・バンカーオイルの世界市場:競争環境 ・バンカーオイルの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 特権ID管理の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、特権ID管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、ソリューション別分析、サービス別分析、設置タイプ別分析、地域別分析、特権ID管理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 親水性皮膜の世界市場分析:基盤別(ポリマー、ガラス、金属、ナノ粒子)、用途別(航空宇宙、自動車、海洋、医療機器、光学機器)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、APAC、その他の世界)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、親水性皮膜の世界市場について調査・分析し、親水性皮膜の世界市場動向、親水性皮膜の世界市場規模、市場予測、セグメント別親水性皮膜市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 原子炉建設の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、原子炉建設の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、原子炉建設の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 頭部固定・安定化装置の世界市場:製品別(固定装置、安定化装置)、最終用途別(病院、ASC)、セグメント予測
    頭部固定・安定化装置の世界市場は2025年には26億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率5.6%で成長すると予測されています。神経障害や交通事故の増加により、予測期間中の頭蓋底手術および固定・安定化装置に対する需要増加が見込まれます。本調査レポートでは、頭部固定・安定化装置の世界市場について調査・分析し、頭部固定・安定化装置の世界市場動向、頭部固定・安定化装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別頭部固定・安定化装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の自動車ドライブシャフトモータ市場2016
    本調査レポートでは、世界の自動車ドライブシャフトモータ市場2016について調査・分析し、自動車ドライブシャフトモータの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アプリケーションリリース自動化の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、アプリケーションリリース自動化の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、コンポーネント別(ツール、サービス)分析、導入タイプ別(オンプレミス、クラウド)分析、組織規模別分析、垂直産業別(BFSI、ITE・テレコム、製造)分析、アプリケーションリリース自動化の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のチオ硫酸ナトリウム市場2016
    本調査レポートでは、世界のチオ硫酸ナトリウム市場2016について調査・分析し、チオ硫酸ナトリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • イラクの火力発電市場2016
  • 量子暗号の世界市場予測(~2022年):ハードウェア、ソフトウェア
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、量子暗号の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、構成要素別分析、アプリケーション別分析、企業規模別分析、産業別分析、量子暗号の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の動物医療市場2016-2020:動向、予測、企業戦略
  • 真空断熱パネル(VIP)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、真空断熱パネル(VIP)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、真空断熱パネル(VIP)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • パレットのインド市場予測・分析2020-2024
  • スマートホームM2Mの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、スマートホームM2Mの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートホームM2Mの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ハイダイナミックレンジ(HDR)の世界市場:スマートフォン、カメラ、テレビ、ブルーレイプレーヤー、セットトップボックス、プロジェクター、ノートPC、タブレット
    当調査レポートでは、ハイダイナミックレンジ(HDR)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、製品別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 業務用電気フライヤーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、業務用電気フライヤーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用電気フライヤーの世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 北米の使い捨て病院用品市場見通し(~2021)
  • 発作性上室性頻拍(Paroxysmal Ventricular Tachycardia):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、発作性上室性頻拍(Paroxysmal Ventricular Tachycardia)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・発作性上室性頻拍(Paroxysmal Ventricular Tachycardia):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・発作性上室性頻拍(Paroxysmal Ventricular Tachycardia)のフェーズ3治験薬の状況 ・発作性上室性頻拍(Paroxysmal Ventricular Tachycardia)治療薬の市場規模(販売予測) ・発作性上室性頻拍(Paroxysmal Ventricular Tachycardia)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・発作性上室性頻拍(Paroxysmal Ventricular Tachycardia)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の発作性上室性頻拍(Paroxysmal Vent …
  • ミルクパウダーの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ミルクパウダーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ミルクパウダーの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はミルクパウダーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.73%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Danone、Fonterra Co-operative Group、FrieslandCampina、Lactalis、Nestlé等です。
  • ジカンバ除草剤の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、ジカンバ除草剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、作物種類別分析、形状別分析、用途別分析、地域別分析、ジカンバ除草剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 商業用高圧便器の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、商業用高圧便器の世界市場について調査・分析し、商業用高圧便器の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別商業用高圧便器シェア、市場規模推移、市場規模予測、商業用高圧便器種類別分析()、商業用高圧便器用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・商業用高圧便器の市場概観 ・商業用高圧便器のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・商業用高圧便器のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・商業用高圧便器の世界市場規模 ・商業用高圧便器の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・商業用高圧便器のアメリカ市場規模推移 ・商業用高圧便器のカナダ市場規模推移 ・商業用高圧便器のメキシコ市場規模推移 ・商業用高圧便器のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・商業用高圧便器のドイツ市場規模推移 ・商業用高圧便器のイギリス市場規模推移 ・商業用高圧便器のロシア市場規模推移 ・商業用高圧便器のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ …
  • ビル用ケーブル管理システムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ビル用ケーブル管理システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、ビル用ケーブル管理システムの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • WebRTC(ウェブリアルタイムコミュニケーション)の世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、WebRTC(ウェブリアルタイムコミュニケーション)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、製品種類別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のGaN基板市場2015
    本調査レポートでは、世界のGaN基板市場2015について調査・分析し、GaN基板の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 炭素繊維(CF)および炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の世界市場動向・予測(~2020)
    当調査レポートでは、炭素繊維(CF)および炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、原料別分析、樹脂種類別分析、製造方式別分析、用途別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のアリルアルコール市場2016
    本調査レポートでは、世界のアリルアルコール市場2016について調査・分析し、アリルアルコールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • クライオポンプの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、クライオポンプの世界市場について調査・分析し、クライオポンプの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別クライオポンプシェア、市場規模推移、市場規模予測、クライオポンプ種類別分析( <1000std.リットル、1000-2000std.リットル、2000-4000std.リットル、>4000std.リットル)、クライオポンプ用途別分析(半導体製造、真空コーティング、粒子加速器、スパッタ堆積システム、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・クライオポンプの市場概観 ・クライオポンプのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・クライオポンプのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・クライオポンプの世界市場規模 ・クライオポンプの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・クライオポンプのアメリカ市場規模推移 ・クライオポンプのカナダ市場規模推移 ・クライオポンプのメキシコ市場規模推移 ・クライオポンプのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等 …
  • 海洋掘削の世界市場予測:請負掘削、傾斜掘り、掘削中検層(LWD)
  • データベースセキュリティの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、データベースセキュリティの世界市場について調査・分析し、データベースセキュリティの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・データベースセキュリティの世界市場規模:コンポーネント別分析 ・データベースセキュリティの世界市場規模:展開モデル別分析 ・データベースセキュリティの世界市場規模:組織サイズ別分析 ・データベースセキュリティの世界市場規模:ビジネス機能別分析 ・データベースセキュリティの世界市場規模:垂直別分析 ・データベースセキュリティの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 超音波式ガス漏れ検知器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、超音波式ガス漏れ検知器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、超音波式ガス漏れ検知器の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 安全システムの一部であるガスディテクターは、範囲内のガス検出のために用いられます。超音波式ガスリークディテクターは、ガスディテクターの一種であり、漏れを探知するために音響技術を使用しています。超音波式ガスリークディテクターは、人間の耳には聞こえない25kHz~100kHzの範囲の超音波を検知することができます。Technavio社は超音波式ガス漏れ検知器の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.78%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Bacharach• Detector Electronics• Spectris• SONOTEC• Emerson • MSA等です。
  • 体外受精(IVF)の世界市場分析:手順別(細胞内精子注入(ICSI)、凍結胚交換(FER)、着床前遺伝診断(PGD))、サイクルタイプ別(フレッシュ・ドナー、フローズン・ドナー、フレッシュ・ノン・ドナー、フローズン・ノン・ドナー)、機器別(IVDディスポーザブルデバイス、培養培地、資本設備)、セグメント予測
    本調査レポートでは、体外受精(IVF)の世界市場について調査・分析し、体外受精(IVF)の世界市場動向、体外受精(IVF)の世界市場規模、市場予測、セグメント別体外受精(IVF)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の点滴装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の点滴装置市場2015について調査・分析し、点滴装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • イタリアの心臓血管補綴装置市場(~2021)
  • 溶存酸素計の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、溶存酸素計の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、溶存酸素計の世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • CO2インキュベーターの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、CO2インキュベーターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、CO2インキュベーター市場規模、最終用途別(バイオテクノロジー企業・医薬品企業、研究室・臨床検査室)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・CO2インキュベーターの世界市場概要 ・CO2インキュベーターの世界市場環境 ・CO2インキュベーターの世界市場動向 ・CO2インキュベーターの世界市場規模 ・CO2インキュベーターの世界市場:業界構造分析 ・CO2インキュベーターの世界市場:最終用途別(バイオテクノロジー企業・医薬品企業、研究室・臨床検査室) ・CO2インキュベーターの世界市場:地域別市場規模・分析 ・CO2インキュベーターのアメリカ市場規模・予測 ・CO2インキュベーターのヨーロッパ市場規模・予測 ・CO2インキュベーターのアジア市場規模・予測 ・CO2インキュベーターの主要国分析 ・CO2インキュベーターの世界市場:意思決定フレームワーク …
  • フォームテープの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、フォームテープの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、樹脂(アクリル、ゴム、シリコン)分析、技術(油溶性、水溶性、ホットメルト)分析、タイプ(PE、PU、アクリル)分析、最終用途産業(自動車、建築・建設、電気・電子、製紙・印刷)分析、フォームテープの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 北米のPMR(プライベートモバイル無線)市場2016-2020
    当調査レポートでは、北米のPMR(プライベートモバイル無線)市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、北米のPMR(プライベートモバイル無線)市場規模及び予測、技術別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • アフターマーケット用鉛蓄電池の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、アフターマーケット用鉛蓄電池の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、アフターマーケット用鉛蓄電池の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用プラスチックの世界市場:製品別(ポリプロピレン、ポリウレタン、ポリ塩化ビニル、ABS樹脂、ポリアミド、高密度ポリエチレン、ポリカーボネート、ポリブチレンテレフタレート、その他)、用途別(内装、外装、エンジンルーム)、地域別予測
    本資料は、自動車用プラスチックの世界市場について調べ、自動車用プラスチックの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(ポリプロピレン、ポリウレタン、ポリ塩化ビニル、ABS樹脂、ポリアミド、高密度ポリエチレン、ポリカーボネート、ポリブチレンテレフタレート、その他)分析、用途別(内装、外装、エンジンルーム)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはMagna International Inc.、Lear Corporation、Adient PLC、BASF SE、Compagnie Plastic Omnium、Borealis AG などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・自動車用プラスチックの世界市場概要 ・自動車用プラスチックの世界市場環境 ・自動車用プラスチックの世界市場動向 ・自動車用プラスチックの世界市場規模 ・自動車用プラスチックの世界市場規模:製品別(ポリプロピレン、ポリウレタン、ポリ塩化ビニル、ABS樹脂、ポリアミド、高密度ポリエチレン、 …
  • ハイブリッド接着剤およびハイブリッドシーラント剤の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、ハイブリッド接着剤およびハイブリッドシーラント剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、樹脂種類別分析、用途別分析、地域別分析、ハイブリッド接着剤およびハイブリッドシーラント剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 回路遮断器(ブレーカー)およびヒューズの世界市場:電圧別(高電圧、中電圧、低電圧)、タイプ別(気中、真空、油入り、SF6)、用途別(建設、輸送、産業、発電)、地域別予測
    本資料は、回路遮断器(ブレーカー)およびヒューズの世界市場について調べ、回路遮断器(ブレーカー)およびヒューズの世界規模、市場動向、市場環境、電圧別(高電圧、中電圧、低電圧)分析、タイプ別(気中、真空、油入り、SF6)分析、用途別(建設、輸送、産業、発電)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・回路遮断器(ブレーカー)およびヒューズの世界市場概要 ・回路遮断器(ブレーカー)およびヒューズの世界市場環境 ・回路遮断器(ブレーカー)およびヒューズの世界市場動向 ・回路遮断器(ブレーカー)およびヒューズの世界市場規模 ・回路遮断器(ブレーカー)およびヒューズの世界市場規模:電圧別(高電圧、中電圧、低電圧) ・回路遮断器(ブレーカー)およびヒューズの世界市場規模:タイプ別(気中、真空、油入り、SF6) ・回路遮断器(ブレーカー)およびヒューズの世界市場規模:用途別(建設、輸送、産業、発電) ・回路遮断器(ブレーカー)およびヒューズの世界市場:地域別市場 …
  • PT. Indonesia Power:発電所および企業SWOT分析2015
  • 咽頭癌治療法の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、咽頭癌治療法の世界市場について調べ、咽頭癌治療法の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、咽頭癌治療法の市場規模をセグメンテーション別(製品別(標的療法、化学療法)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は咽頭癌治療法の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・咽頭癌治療法の市場状況 ・咽頭癌治療法の市場規模 ・咽頭癌治療法の市場予測 ・咽頭癌治療法の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(標的療法、化学療法) ・咽頭癌治療法の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • バス・シャワー用品の世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、バス・シャワー用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バス・シャワー用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 心臓移植治療薬の世界市場:製品別、地域別
    本レポートは、心臓移植治療薬の市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、製品別(免疫抑制剤、補助薬)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・心臓移植治療薬の世界市場:製品別(免疫抑制剤、補助薬) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • イスラエルの関節鏡検査装置市場見通し
  • スピリッツ系RTDミックスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、スピリッツ系RTDミックスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スピリッツ系RTDミックスの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • オランダの電気生理装置市場見通し
  • スマート教育およびスマート学習の世界市場:年齢別、コンポーネント別(サービス、ハードウェア、ソフトウェア)、学習モード別、エンドユーザー別(法人、学術機関)、セグメント予測
    スマート教育およびスマート学習の世界市場は2025年には4,232億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率15.2%で成長すると予測されています。スマート教育の需要は、教育の質の向上や教育コンテンツへのアクセスのしやすさなどの利点により、多くの人の間でますます高まっています。スマートフォン、電子ブックリーダー、ラップトップ、eラーニングアプリといった家電製品の採用が増えたことで、従来の学習方法が変わり、学習方法の効率が高まりました。さらに、インターネットのアクセシビリティが向上したことも、この市場の成長に一役買っています。本調査レポートでは、スマート教育およびスマート学習の世界市場について調査・分析し、スマート教育およびスマート学習の世界市場動向、スマート教育およびスマート学習の世界市場規模、市場予測、セグメント別スマート教育およびスマート学習市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"