"パッチ管理の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM90928)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"パッチ管理の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The patch management market is expected to grow at a CAGR of 10.7% during the forecast period owing to the increasing vulnerabilities to promote patch management solutions and growing demand for up-to-date Operating Systems (OS)/applications to drive the patch management market during the forecast periodThe global patch management market size is expected to grow from USD 589 million in 2019 to USD 979 million by 2024, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 10.7% during the forecast period. The increasing deployments of third-party applications and favorable government regulations are the major factors driving the growth of the patch management market.

Patch management software segment to hold a higher market share during the forecast period
Patch management software enables business enterprises to review, understand, test, deploy, and reconcile the deployment state for software product updates. It also automates the upgradation process to keep all applications up-to-date with the latest patches. Furthermore, it helps correct problems, close vulnerabilities, and improve product functionalities, which are essential for the stability of IT infrastructure in most environments. Software vendors publish the patches in 4 different approaches, namely, binary executable patch, source code patch, service pack, and firmware patch. The patches for proprietary software can be published as binary executables, as the source codes are withheld by their vendors. These patches modify or replace the specified files of software programs when users execute the patches. Source code patches often come out of open-source projects or shareware, and are published via author websites or open-source directories, such as SourceForge and CodePlex. Service packs are bulky patches that can significantly change programs delivered as new software packages, whereas firmware patches are used to update the internal control over hardware devices.

Cloud deployment to grow at a significant rate during the forecast period
The cloud deployment segment simplifies and strengthens patch management by moving all infrastructure, content, and device management operations to a centralized environment available 24×7 globally. Several business enterprises can connect with mobile devices and bridge the gap of missing/critical patches through automated patch management and cloud services. Furthermore, the cloud deployment offers a unified way in the form of Software-as-a-Service (SaaS) based security services to secure business applications. It is also beneficial for organizations with strict budgets for security investments. It is the most preferred deployment for securing web and mobile applications, and is used by most of the Small and Medium-sized Enterprises (SMEs) as it is easy to maintain and upgrade.

North America to have the largest market size during the forecast period
North America is a frontrunner in technological adoption. The patch management market in North America is very competitive due to the presence of a large number of solution providers. The North American market is highly regulated and controlled by various government standards and regulations. The major economies in this region are the US and Canada. The US and Canada have been expansively implementing patch management applications to avoid ransomware attacks. North America has developed a robust infrastructure for the implementation of cybersecurity solutions. The deep penetration of internet applications and increase in vulnerable devices in North America have given rise to different vulnerabilities causing miscellaneous ransomware attacks. This is evident from the fact that HIMSS Healthcare and Cross-Sector Cybersecurity report published in 2018, identified the flaws with Intel Central Processing Unit (CPU) hardware making it vulnerable to side-channel attacks. And as per the National Vulnerability Database (NVD) maintained by National Institute of Standards and Technology (NIST) and
Common Vulnerability and Exposures (CVE) database maintained by MITRE, over 14,500 new vulnerabilities in 2017 was recorded compared to 2,000 till March 2018.

In the process of determining and verifying the market size of several segments and subsegments gathered through secondary research, extensive primary interviews were conducted with key people. The breakup of the profiles of the primary participants is as follows:
• By Company: Tier 1 – 35%, Tier 2 – 45%, and Tier 3 – 20%
• By Designation: C-level Executives – 35%, Directors – 25%, and Others – 40%
• By Region: North America – 45%, Europe – 20%, APAC – 30%, RoW – 5%
The patch management market includes various major vendors, such as IBM (US), Microsoft (US), Symantec (US), Micro Focus (UK), Qualys (US), SolarWinds (US), Ivanti (US), ManageEngine (US), ConnectWise (US), Avast (Czech Republic), Automox (US), GFI Software (US), Jamf (US), Chef Software (US), and SysAid Technologies (Israel).

Research coverage:
The report includes an in-depth competitive analysis of the key players in the patch management market along with their company profiles, recent developments, and key market strategies. The report segments the patch management market by component (patch management software and services), service (consulting, training and education, and support and integration), deployment (on-premises and cloud), vertical, and region.

Key benefits of buying the report:
The patch management market has been segmented based on component (patch management software and services), service (consulting, training and education, and support and integration), deployment (on-premises and cloud), vertical, and region.
The report will help the market leaders/new entrants in the patch management market in the following ways:
1. The overall patch management market revenue stream has been estimated based on the revenues generated by vendors, offering patch management software and services, wherein services are inclusive of consulting, training and education, and support and integration services. The report provides the closest approximations of the revenue numbers for the overall market and the subsegments. The market numbers are split further into regions, such as North America, Europe, Asia Pacific (APAC), Middle East and Africa (MEA), and Latin America.
2. The report helps the stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on the key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.
3. The report will help the stakeholders understand the competitors and gain more insights to better their market position. The competitive landscape section includes the competitor ecosystem, new product developments, partnerships, and mergers and acquisitions.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"パッチ管理の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 17)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 20)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakup of Primary Profiles
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Top-Down Approach
2.3.2 Bottom-Up Approach
2.4 Market Forecast
2.5 Competitive Leadership Methodology
2.6 Assumptions for the Study
2.7 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 28)
4 Premium Insights (Page No. – 32)
4.1 Attractive Market Opportunities in the Patch Management Market
4.2 Market By Component, 2019
4.3 Market By Service, 2019–2024
4.4 Market Market Share of Top 3 Verticals and Regions, 2019
4.5 Market By Deployment, 2019
4.6 Market Investment Scenario
5 Market Overview (Page No. – 35)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Vulnerabilities to Promote Patch Management Solutions
5.2.1.2 Growing Demand for Up-To-Date Os/Applications
5.2.1.3 Increasing Deployment of Third-Party Applications
5.2.1.4 Favorable Government Regulations
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Low Priority of Vulnerability Remediation
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Cultural Shift From Manual to Automated Patch Management
5.2.3.2 Increasing Market for Mobile and Web Platforms
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Lack of Awareness About Cybersecurity
5.2.4.2 Application Compatibility and Patch Testing Issues
5.3 Use Cases
5.3.1 Micro Focus
5.3.2 Anunta Technologies
5.3.3 Heimdal Security
5.3.4 GFI Software
5.4 Opportunities for Managed Service Providers
5.4.1 Palisade Secure
5.4.2 Anunta Technologies
6 Patch Management Market By Component (Page No. – 41)
6.1 Introduction
6.2 Patch Management Software
6.2.1 Need to Eliminate Vulnerabilities and Improve Product Functionalities to Drive Growth of Patch Management Software Segment
6.3 Services
6.3.1 Growing Need to Safeguard Mobile as Well as Web Applications to Drive Growth of Services Segment
7 Patch Management Market By Service (Page No. – 46)
7.1 Introduction
7.2 Consulting
7.2.1 Need to Prevent Revenue Losses, Minimize Risks, Understand Maturity of Security Solutions, and Enhance Security in Existing It Systems to Fuel Growth of Consulting Segment
7.3 Training and Education
7.3.1 Increasing Demand of Critical Skills for Improving Overall Security of Personal Devices, Laptops, and Other Computing Devices Driving Growth of Training and Education Segment
7.4 Support and Integration
7.4.1 Technology Shift From Traditional to Digital Payments for Improving Customer Experience Driving Growth of Support and Integration Segment
8 Patch Management Market By Feature (Page No. – 52)
8.1 Introduction
8.2 Vulnerability Management
8.2.1 Increasing Demand for Api-Based Integration Services to Fuel the Adoption of Vulnerability Management Applications
8.3 Compliance Management and Reporting
8.3.1 Rising Demand for Reporting Various Vulnerabilities to Fuel the Adoption of Compliance Management and Reporting Applications
9 Patch Management Market By Deployment (Page No. – 54)
9.1 Introduction
9.2 On-Premises
9.2.1 Growing Need to Safeguard Sensitive Data, Financial Records, Accounting Information, and Money Transfers to Fuel the Growth of On-Premises Deployment
9.3 Cloud
9.3.1 Need to Bridge the Gap of Missing/Critical Patches Through Automated Patch Management to Drive the Growth of Cloud Deployment
10 Patch Management Market By Vertical (Page No. – 59)
10.1 Introduction
10.2 Banking, Financial Services, and Insurance
10.2.1 Growing Need to Monitor and Report Missing/Operation Critical Patches to Drive Growth of Market in BFSI Vertical
10.3 Government and Defense
10.3.1 Need for Secured Defense-Based Systems and Applications Driving Growth of Market in Defense Vertical
10.4 Retail
10.4.1 Need to Reduce Cyber Risks and Maintain It Infrastructure Security to Drive the Market Growth in Retail Vertical
10.5 Healthcare
10.5.1 Need to Protect Patient Data and Payment Information to Drive the Market Growth in Healthcare Vertical
10.6 IT and Telecom
10.6.1 Increased Attacks on Critical Infrastructure to Drive the Market Growth in IT and Telecom Vertical
10.7 Education
10.7.1 Need to Avoid Bug-Affected Applications and Systems Driving the Market Growth in Education Vertical
10.8 Others
11 Patch Management Market By Region (Page No. – 68)
11.1 Introduction
11.2 North America
11.2.1 United States
11.2.1.1 Rapid Growth in Technological Innovations and Increased use of Internet to Drive the Growth of the Patch Management Market in the US
11.2.2 Canada
11.2.2.1 Government Initiatives to Secure Network System to Set the Growth of the Market in Canada
11.3 Europe
11.3.1 United Kingdom
11.3.1.1 Government Regulations Working as a Catalyst to Drive the Growth of the Market in the UK
11.3.2 Germany
11.3.2.1 Changing Market Dynamics Due to Business Expansion Strategies By Large Enterprises to Fuel the Growth of the Patch Management Market in Germany
11.3.3 Rest of Europe
11.4 Asia Pacific
11.4.1 China
11.4.1.1 Changing Paradigm of Cybersecurity Industry to Drive the Growth of Patch Management Technology in China
11.4.2 Japan
11.4.2.1 Adoption of Patch Management Solutions for Third-Party Application Providers to Drive the Market in Japan
11.4.3 India
11.4.3.1 Government Initiatives to Fuel the Growth of the Market in India
11.4.4 Australia and New Zealand
11.4.4.1 Adoption of Cybersecurity Regulations to Drive the Growth of the Market in ANZ
11.4.5 Rest of Asia Pacific
11.5 Middle East and Africa
11.5.1 Middle East
11.5.1.1 Adoption of Patch Management Solution By Enterprises to Improve Security to Drive the Growth of the Market in the Middle East
11.5.2 Africa
11.5.2.1 Changing Paradigm of the Cybersecurity Industry to Drive the Growth of Patch Management Technology in Africa
11.6 Latin America
11.6.1 Brazil
11.6.1.1 Growing Adoption of Patch Management Solution By Enterprises to Improve Business Security in Brazil
11.6.2 Mexico
11.6.2.1 Recent Government Initiatives to Drive the Growth of the Market in Mexico
11.6.3 Rest of Latin America
12 Competitive Landscape (Page No. – 90)
12.1 Introduction
12.2 Competitive Leadership Mapping
12.2.1 Visionary Leaders
12.2.2 Dynamic Differentiators
12.2.3 Innovators
12.2.4 Emerging Companies
12.3 Competitive Scenario
12.3.1 New Product Launches and Product Enhancements
12.3.2 Partnerships and Collaborations
12.3.3 Mergers and Acquisitions
13 Company Profiles (Page No. – 96)
13.1 Introduction
13.2 IBM
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)
13.3 Symantec
13.4 Micro Focus
13.5 Qualys
13.6 SolarWinds
13.7 Ivanti
13.8 ManageEngine, a Division of Zoho Corporation
13.9 ConnectWise
13.10 Avast
13.11 Automox
13.12 Microsoft
13.13 GFI Languard Software
13.14 Jamf
13.15 Chef Software
13.16 SysAid Technologies
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
14 Appendix (Page No. – 122)
14.1 Discussion Guide
14.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
14.3 Available Customizations
14.4 Related Reports
14.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】パッチ管理の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年8月20日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM90928
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】IT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
パッチ管理の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 燃料電池の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、燃料電池の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、燃料電池市場規模、用途別(ポータブル型、定置型、輸送型、その他)分析、製品別(低温型燃料電池(LTFC)、高温型燃料電池(HTFC)、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 燃料電池の世界市場:市場動向分析 ・ 燃料電池の世界市場:競争要因分析 ・ 燃料電池の世界市場:用途別(ポータブル型、定置型、輸送型、その他) ・ 燃料電池の世界市場:製品別(低温型燃料電池(LTFC)、高温型燃料電池(HTFC)、その他) ・ 燃料電池の世界市場:主要地域別分析 ・ 燃料電池の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 燃料電池のヨーロッパ市場規模 ・ 燃料電池のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・燃料電池の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • アルコール入り発泡水の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、アルコール入り発泡水の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、アルコール入り発泡水市場規模、販路別(オフプレミス、オンプレミス)分析、製品カテゴリー別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・アルコール入り発泡水の世界市場概要 ・アルコール入り発泡水の世界市場環境 ・アルコール入り発泡水の世界市場動向 ・アルコール入り発泡水の世界市場規模 ・アルコール入り発泡水の世界市場:業界構造分析 ・アルコール入り発泡水の世界市場:販路別(オフプレミス、オンプレミス) ・アルコール入り発泡水の世界市場:製品カテゴリー別 ・アルコール入り発泡水の世界市場:地域別市場規模・分析 ・アルコール入り発泡水の北米市場規模・予測 ・アルコール入り発泡水のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・アルコール入り発泡水のアジア太平洋市場規模・予測 ・アルコール入り発泡水の主要国分析 ・アルコール入り発泡水の世界市場:意思決定フレームワーク ・ア …
  • 掻痒(Pruritus):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における掻痒(Pruritus)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、掻痒(Pruritus)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・掻痒(Pruritus)の概要 ・掻痒(Pruritus)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の掻痒(Pruritus)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・掻痒(Pruritus)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・掻痒(Pruritus)治療薬開発に取り組んでいる企業リスト …
  • 透明バリア性包装フィルムの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、透明バリア性包装フィルムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、透明バリア性包装フィルムの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 多発性硬化症(MS)治療薬の世界市場予測および分析
    当調査レポートでは、多発性硬化症(MS)治療薬の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・多発性硬化症(MS)の概要:病因、病態生理、症状 ・疫学:リスク要因、併存症、グローバル動向、予測方法、疫学的予測結果 ・多発性硬化症(MS)の管理:治療概要、主要国における診断、診療状況 ・多発性硬化症(MS)治療薬の競争状況:製品概要、主要医薬品ブランド分析 ・多発性硬化症(MS)治療薬市場機会及びアンメット・ニーズ分析 ・多発性硬化症(MS)治療薬のパイプライン分析:主要国別治験動向、フェーズ別/進捗状況別治験動向、有望な薬剤 ・製薬企業動向:戦略動向、主要企業情報 ・多発性硬化症(MS)治療薬市場展望:世界市場及び主要国の市場規模予測、成長要因、阻害要因
  • コネクテッドカーの世界市場動向、企業、将来展望
  • AaaS(オートメーションアズアサービス)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、AaaS(オートメーションアズアサービス)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、AaaS(オートメーションアズアサービス)市場規模、コンポーネント別(サービス、ソリューション)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・AaaS(オートメーションアズアサービス)の世界市場概要 ・AaaS(オートメーションアズアサービス)の世界市場環境 ・AaaS(オートメーションアズアサービス)の世界市場動向 ・AaaS(オートメーションアズアサービス)の世界市場規模 ・AaaS(オートメーションアズアサービス)の世界市場:業界構造分析 ・AaaS(オートメーションアズアサービス)の世界市場:コンポーネント別(サービス、ソリューション) ・AaaS(オートメーションアズアサービス)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・AaaS(オートメーションアズアサービス)のアメリカ市場規模・予測 ・AaaS(オートメーションアズアサービス)の …
  • 軍事用装甲車の世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、軍事用装甲車の世界市場について調査・分析し、軍事用装甲車の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・軍事用装甲車の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・軍事用装甲車の世界市場:セグメント別市場分析 ・軍事用装甲車の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 変圧器の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、変圧器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、変圧器市場規模、製品別(計器用変圧器、電源トランス、配電トランス)分析、コア別(シェル型、ベリー型、クローズド)分析、巻線別(オートトランス、二巻線型)分析、電力定格別(10MVA以下、11~60MVA、61~600MVA、600MVA超)分析、タイプ別(スマートトランス、絶縁トランス、電源、配電)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 変圧器の世界市場:市場動向分析 ・ 変圧器の世界市場:競争要因分析 ・ 変圧器の世界市場:製品別(計器用変圧器、電源トランス、配電トランス) ・ 変圧器の世界市場:コア別(シェル型、ベリー型、クローズド) ・ 変圧器の世界市場:巻線別(オートトランス、二巻線型) ・ 変圧器の世界市場:電力定格別(10MVA以下、11~60MVA、61~600MVA、600MVA超) ・ 変圧器の世界市場:タイプ別(スマートトランス、絶縁トランス、電源、配電 …
  • パキスタンのプラスチック製包装製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 自動車用潤滑油の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用潤滑油の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用潤滑油の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 潤滑油とは、自動車部品の摩擦を低減するために使われます。自動車用の潤滑油として、エンジン油、ギヤ油、トランスミッション液、ブレーキ油があります。これら潤滑油は、接触面の摩擦を低減するために使用し、その結果エンジン、ブレーキ、ギアシステム等の自動車部品の性能が向上します。Technavio社は自動車用潤滑油の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.60%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Shell• ExxonMobil• BP• Chevron Corporation等です。
  • グルジアのプラスチック製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 世界のヘルスケアにおけるIoT市場:コンポーネント別(医療機器、システム&ソフトウェア、サービス、接続技術)、用途別(テレメディシン、コネクテッドイメージング、入院患者モニタリング)、エンドユーザー別、地域別
    MarketsandMarkets社は、ヘルスケアにおけるIoTの世界市場規模が2019年555億ドルから2024年1880億ドルまで年平均27.6%成長すると予測しています。当資料では、世界のヘルスケアにおけるIoT市場を統合的に調査・分析し、市場概要、コンポーネント別(医療機器、システム&ソフトウェア、サービス)分析、用途別(遠隔医療、臨床運用およびワークフロー管理、コネクテッドイメージング、入院患者モニタリング、薬物管理、その他)分析、接続技術別(Wi-Fi、Bluetooth低エネルギー、Zigbee、NFC、携帯電話、衛星)分析、エンドユーザー別(病院・外科センター・クリニック、臨床研究機関、政府および防衛機関、研究および診断研究所)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などで構成されております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要&業界トレンド ・世界のヘルスケアにおけるIoT市場:コンポーネント別(医療機器、システム&ソフトウェア、サービス) ・世界のヘルスケアにおけるIoT市場:用途別(遠隔医療、臨床運用およびワ …
  • ライブストリーミングサービスの世界市場
    本資料は、ライブストリーミングサービスの世界市場について調べ、ライブストリーミングサービスの世界規模、市場動向、市場環境、サービス別(Instagramライブ、Youtubeライブ、Facebookライブ、Snapchatライブ、Twitter、YouNow、Periscope、BIGO Live、Inke、その他)分析、プラットフォーム別(ラップトップコンピュータ&デスクトップコンピュータ、スマートフォン&タブレット、スマートTV、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはFlintec Group AB、Futek Advanced Sensor Technology、Honeywell Sensotec -Lebow、Hottinger Baldwin Messtechnik GmbH 、Humanetics Innovative Solutions、Interface Inc.、National Scale Technology 、Novatech Meas …
  • 写真印刷・商品の世界市場:写真のみ、壁装飾、フォトカード、カレンダー、フォトギフト
    当調査レポートでは、写真印刷・商品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、写真印刷・商品市場規模、製品別(写真のみ、壁装飾、フォトカード、カレンダー、フォトギフト)分析、デバイス別(デスクトップ、モバイル)分析、流通経路別(オンライン、小売、キオスク)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、American Greetings, CafePress, Cimpress, Hallmark Licensing, Shutterflyなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・写真印刷・商品の世界市場概要 ・写真印刷・商品の世界市場環境 ・写真印刷・商品の世界市場動向 ・写真印刷・商品の世界市場規模 ・写真印刷・商品の世界市場:業界構造分析 ・写真印刷・商品の世界市場:製品別(写真のみ、壁装飾、フォトカード、カレンダー、フォトギフト) ・写真印刷・商品の世界市場:デバイス別(デスクトップ、モバイル) ・写真印刷・商品の世界市場:流通経路別(オンライン、 …
  • 世界の硫酸カドミウム市場2015
    本調査レポートでは、世界の硫酸カドミウム市場2015について調査・分析し、硫酸カドミウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 研究室用フリーザーラックの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、研究室用フリーザーラックの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、研究室用フリーザーラック市場規模、エンドユーザ―別(製薬・バイオテクノロジー企業、学術機関・調査研究所、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Avantor Performance Materials, Eppendorf, NuAire, Qingdao COMBI Medical and Laboratory Products, Thermo Fisher Scientificなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・研究室用フリーザーラックの世界市場概要 ・研究室用フリーザーラックの世界市場環境 ・研究室用フリーザーラックの世界市場動向 ・研究室用フリーザーラックの世界市場規模 ・研究室用フリーザーラックの世界市場:業界構造分析 ・研究室用フリーザーラックの世界市場:エンドユーザ―別(製薬・バイオテクノロジー企業、学術機関・調査研究所、その他) ・ …
  • 静止形無効電力補償装置(SVC)の世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、静止形無効電力補償装置(SVC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、構成要素別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用水処理装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用水処理装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用水処理装置の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のIOTマイクロコントローラ市場規模・予測2017-2025:商品別(8ビット、16ビット、32ビット)、用途別(スマートホーム、家電、産業用車)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のIOTマイクロコントローラ市場について調査・分析し、世界のIOTマイクロコントローラ市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のIOTマイクロコントローラ関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • サイクロフィリンD阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるサイクロフィリンD阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・サイクロフィリンD阻害剤の概要 ・サイクロフィリンD阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のサイクロフィリンD阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・サイクロフィリンD阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・サイクロフィリンD阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • チリの膝関節再建装置市場見通し
  • 飼料用保存料の世界市場予測:飼料酸味料、カビ防止剤、抗酸化剤、固化防止剤
    当調査レポートでは、飼料用保存料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、保存料種類別分析、家畜種類別分析、飼料種類別分析、地域別分析、飼料用保存料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • VAV (可変風量) ボックスの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、VAV (可変風量) ボックスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(シングルダクトVAV、デュアルダクトVAV、誘導VAV、ファン電源VAV(シリーズ電源、パラレル電源))分析、用途別(住宅、工業ビル、商業ビル)分析、VAV (可変風量) ボックスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、VAV (可変風量) ボックスの世界市場規模が2019年47億万ドルから2024年64億万ドルまで年平均6.3%成長すると予測しています。
  • 世界の気中回路遮断器(ACB)市場:電圧別(低電圧、中電圧)、種類別(気中ブラスト回路遮断器、プレーン気中回路遮断器)、用途別(産業、商業、住宅)、地域別
    MarketsandMarkets社は、気中回路遮断器(ACB)の世界市場規模が2019年30億ドルから2024年39億ドルまで年平均5.2%成長すると予測しています。本書は、世界の気中回路遮断器(ACB)市場について調査・分析し、市場概要、電圧別(低電圧(
  • 非常灯の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、非常灯の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、非常灯の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 心臓モニタリング&心臓律動管理デバイスの世界市場予測:心電図(ECG)デバイス、安静時ECG、負荷心電図、ホルターモニター、心拍出量モニタリング(COM)デバイス、埋込み可能ループレコーダ、イベントモニタ、除細動器、ペースメーカー、CRT-D、CRT-P
    当調査レポートでは、心臓モニタリング&心臓律動管理デバイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、心臓モニタリング別分析、心臓律動管理別分析、地域別分析、心臓モニタリング&心臓律動管理デバイスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • レインスクリーンクラッディングの世界市場:原材料別、用途別(住宅、商業、官庁、施設、産業)、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、レインスクリーンクラッディングの世界市場について調査・分析し、レインスクリーンクラッディングの世界市場動向、レインスクリーンクラッディングの世界市場規模、市場予測、セグメント別レインスクリーンクラッディング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 溶接電源供給の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、溶接電源供給の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、溶接電源供給市場規模、エンドユーザー別(自動車、建設、造船、A&D、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・溶接電源供給の世界市場概要 ・溶接電源供給の世界市場環境 ・溶接電源供給の世界市場動向 ・溶接電源供給の世界市場規模 ・溶接電源供給の世界市場:業界構造分析 ・溶接電源供給の世界市場:エンドユーザー別(自動車、建設、造船、A&D、その他) ・溶接電源供給の世界市場:地域別市場規模・分析 ・溶接電源供給の北米市場規模・予測 ・溶接電源供給のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・溶接電源供給のアジア太平洋市場規模・予測 ・溶接電源供給の主要国分析 ・溶接電源供給の世界市場:意思決定フレームワーク ・溶接電源供給の世界市場:成長要因、課題 ・溶接電源供給の世界市場:競争環境 ・溶接電源供給の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析) 主な分析対象企業は、 …
  • 飲料パッケージングの世界市場
    当調査レポートでは、飲料パッケージングの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・飲料パッケージングの世界市場:材料別分析/市場規模 ・飲料パッケージングの世界市場:製品別分析/市場規模 ・飲料パッケージングの世界市場:用途別分析/市場規模 ・飲料パッケージングの世界市場:地域別分析/市場規模 ・飲料パッケージングのアメリカ市場規模予測 ・飲料パッケージングのヨーロッパ市場規模予測 ・飲料パッケージングのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • N-カドヘリンタンパク質アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるN-カドヘリンタンパク質アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・N-カドヘリンタンパク質アンタゴニストの概要 ・N-カドヘリンタンパク質アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のN-カドヘリンタンパク質アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・N-カドヘリンタンパク質アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・N-カドヘリンタンパク質アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 肥料添加物の世界市場:製品別(尿素、硝酸アンモニウム)、機能別(防塵剤、凝固剤)、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、肥料添加物の世界市場について調査・分析し、肥料添加物の世界市場動向、肥料添加物の世界市場規模、市場予測、セグメント別肥料添加物市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • フライトシミュレーターの世界市場予測(~2021年):軍用フライトシミュレーター、民用フライトシミュレーター
    当調査レポートでは、フライトシミュレーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、用途別分析、航空機種類別分析、構成要素別分析、地域別分析、フライトシミュレーターの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • イギリスの心臓人工弁市場見通し(~2021)
  • 産業用紙切断機の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、産業用紙切断機の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、産業用紙切断機市場規模、技術別(油圧型、デジタル型)分析、製品別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、ITOTEC, M. D. Engineering Works, POLAR-Mohr, Trotec Laser, Yash Industriesなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・産業用紙切断機の世界市場概要 ・産業用紙切断機の世界市場環境 ・産業用紙切断機の世界市場動向 ・産業用紙切断機の世界市場規模 ・産業用紙切断機の世界市場:業界構造分析 ・産業用紙切断機の世界市場:技術別(油圧型、デジタル型) ・産業用紙切断機の世界市場:製品別 ・産業用紙切断機の世界市場:地域別市場規模・分析 ・産業用紙切断機の北米市場規模・予測 ・産業用紙切断機のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・産業用紙切断機のアジア太平洋市場規模・予測 ・産業用紙切断機の主要国分析 ・産 …
  • 家庭用電気機器・民生用機器の世界市場:製品別(家庭用電気機器、民生用機器)、販売チャネル別(電子機器・専門小売店、ハイパーマーケット、オンライン)、地域別予測
    本資料は、家庭用電気機器・民生用機器の世界市場について調べ、家庭用電気機器・民生用機器の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(家庭用電気機器、民生用機器)分析、販売チャネル別(電子機器・専門小売店、ハイパーマーケット、オンライン)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはElectrolux、Haier、LG Electronics、Robert Bosch、Samsung、Whirlpoolなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・家庭用電気機器・民生用機器の世界市場概要 ・家庭用電気機器・民生用機器の世界市場環境 ・家庭用電気機器・民生用機器の世界市場動向 ・家庭用電気機器・民生用機器の世界市場規模 ・家庭用電気機器・民生用機器の世界市場規模:製品別(家庭用電気機器、民生用機器) ・家庭用電気機器・民生用機器の世界市場規模:販売チャネル別(電子機器・専門小売店、ハイパーマーケット、オンライン) ・家庭用電気機器・民生用機器の世界市場:地域別市場規模・ …
  • 鉄道資産管理の世界市場予測(~2024年)
    MarketsandMarkets社は、鉄道資産管理の世界市場規模が2019年90億ドルから2024年123億ドルまで年平均6.4%成長すると予測しています。当調査レポートでは、鉄道資産管理の世界市場について調査・分析し、市場概要&業界動向、提供別(ソリューション、サービス)分析、展開モード別(オンプレミス、クラウド)分析、用途別(車両、インフラ)分析、地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋など)分析、競合環境、企業概要、付録などを含め次の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要&業界動向 ・鉄道資産管理の世界市場:提供別(ソリューション、サービス) ・鉄道資産管理の世界市場:展開モード別(オンプレミス、クラウド) ・鉄道資産管理の世界市場:用途別(車両、インフラ) ・鉄道資産管理の世界市場:地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋など) ・競合環境 ・企業概要 ・付録
  • フルーツパウダー(ソフトドリンク)の世界市場:市場規模、成長、予測分析
  • バケーションレンタル用ソフトウェアの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、バケーションレンタル用ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、バケーションレンタル用ソフトウェアの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別バケーションレンタル用ソフトウェアシェア、市場規模推移、市場規模予測、バケーションレンタル用ソフトウェア種類別分析()、バケーションレンタル用ソフトウェア用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・バケーションレンタル用ソフトウェアの市場概観 ・バケーションレンタル用ソフトウェアのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・バケーションレンタル用ソフトウェアのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・バケーションレンタル用ソフトウェアの世界市場規模 ・バケーションレンタル用ソフトウェアの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・バケーションレンタル用ソフトウェアのアメリカ市場規模推移 ・バケーションレンタル用ソフトウェアのカナダ市場規模推移 ・バケーションレンタル用ソフトウェアのメキシコ市場規模推移 ・バケーションレンタル …
  • Tie-2受容体阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるTie-2受容体阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Tie-2受容体阻害剤の概要 ・Tie-2受容体阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のTie-2受容体阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Tie-2受容体阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Tie-2受容体阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 積層鋼の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、積層鋼の世界市場について調査・分析し、積層鋼の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別積層鋼シェア、市場規模推移、市場規模予測、積層鋼種類別分析()、積層鋼用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・積層鋼の市場概観 ・積層鋼のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・積層鋼のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・積層鋼の世界市場規模 ・積層鋼の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・積層鋼のアメリカ市場規模推移 ・積層鋼のカナダ市場規模推移 ・積層鋼のメキシコ市場規模推移 ・積層鋼のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・積層鋼のドイツ市場規模推移 ・積層鋼のイギリス市場規模推移 ・積層鋼のロシア市場規模推移 ・積層鋼のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・積層鋼の日本市場規模推移 ・積層鋼の中国市場規模推移 ・積層鋼の韓国市場規模推移 ・積層鋼のインド市場規模推移 ・積層鋼の東南アジア市場規模推移 …
  • 砂糖および甘味料の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、砂糖および甘味料の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、砂糖および甘味料市場規模、タイプ別(糖シロップ、天然甘味料、人工甘味料、さとうきび糖、白砂糖、トレハロース、有機砂糖、グルコース、フルクトース、ココナッツシュガー、黒砂糖、ポリオール、ファイバー)分析、用途別(医薬品、パーソナルケア用品、栄養補助食品、飲料、食品)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 砂糖および甘味料の世界市場:市場動向分析 ・ 砂糖および甘味料の世界市場:競争要因分析 ・ 砂糖および甘味料の世界市場:タイプ別(糖シロップ、天然甘味料、人工甘味料、さとうきび糖、白砂糖、トレハロース、有機砂糖、グルコース、フルクトース、ココナッツシュガー、黒砂糖、ポリオール、ファイバー) ・ 砂糖および甘味料の世界市場:用途別(医薬品、パーソナルケア用品、栄養補助食品、飲料、食品) ・ 砂糖および甘味料の世界市場:主要地域別分析 ・ 砂糖および甘味料の北米市場規模 …
  • 冷凍機(チラー)の世界市場:スクリュー冷凍機、スクロール冷凍機、遠心冷凍機、吸収式冷凍機、往復式冷凍機
    当調査レポートでは、冷凍機(チラー)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、需要先(産業)別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ダイヤモンド採掘の世界市場:宝石細工、産業用途
    当調査レポートでは、ダイヤモンド採掘の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、ダイヤモンド採掘の世界市場規模及び予測、用途別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 高電圧蓄電器の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、高電圧蓄電器の世界市場について調査・分析し、高電圧蓄電器の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 高電圧蓄電器の世界市場:市場動向分析 - 高電圧蓄電器の世界市場:競争要因分析 - 高電圧蓄電器の世界市場:用途別 発電 試験 変速機 配給 - 高電圧蓄電器の世界市場:主要地域別分析 - 高電圧蓄電器の北米市場規模(アメリカ市場等) - 高電圧蓄電器のヨーロッパ市場規模 - 高電圧蓄電器のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・高電圧蓄電器の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 血管系パッチの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、血管系パッチの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、材料(生体、合成)別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、血管系パッチの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 血管アクセスデバイスの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、血管アクセスデバイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、血管アクセスデバイスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 食品安全性試験の世界市場見通し2021:PCR、クロマトグラフィー、ELISA(酵素結合免疫吸着測定法)
    当調査レポートは食品安全性試験の世界市場について調査・分析し、食品安全性試験の世界市場規模、食品安全性試験の世界市場動向、関連企業分析などを含め以下の構成でお届けします。1. アナリストの見解 2. 調査方法 3. 市場動向 4. 食品安全性試験の世界市場見通し2021 5. 規制環境 6. 市場制約 7. キープレーヤー
  • 酵母の世界市場
    当調査レポートでは、酵母の世界市場について調査・分析し、酵母の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 酵母の世界市場:市場動向分析 - 酵母の世界市場:競争要因分析 - 酵母の世界市場:種類別 ・パン酵母 ・バイオエタノール酵母 ・飼料酵母 ・醸造酵母 ・ワイン酵母 ・産業用酵母 ・その他 - 酵母の世界市場:用途別 ・食品 ・バイオエタノールの生成 ・動物飼料産業 ・餌 ・その他 - 酵母の世界市場:形状別 ・インスタント酵母 ・生酵母 ・乾燥酵母 ・その他 - 酵母の世界市場:主要地域別分析 - 酵母の北米市場規模(アメリカ市場等) - 酵母のヨーロッパ市場規模 - 酵母のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・酵母の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 自動車用途以外のディーゼルエンジンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用途以外のディーゼルエンジンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用途以外のディーゼルエンジンの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"