"スマートウォーターメーターの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM90945)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"スマートウォーターメーターの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The smart water metering market is projected to grow at a CAGR of 10.3% from 2019 to 2024” The smart water metering market is projected to reach USD 9.6 billion by 2024 from an estimated USD 5.9 billion in 2019, at a CAGR of 10.3% during the forecast period. Utilities focusing on reducing nonrevenue water rates is driving the smart water metering market. Further, rising demand for managing water consumption by water-intensive industries is likely to boost the market.

“The meters & accessories segment is expected to be the largest and the fastest growing market from 2019 to 2024”
The smart water metering infrastructure is made of 3 components, which are meter & accessories, IT solutions, and communications. The hardware components in the meters & accessories segment comprise devices such as flow meters, end points, encoders, registers, transmitters, radio modules, and antennas. With the innovation of new technologies in IoT and automation sectors, the ultrasonic meters are preferred as they have inbuilt sensors that provide more accurate data.

“Water utilities, by application, is expected to be the fastest growing market from 2019 to 2024”
The water utilities segment dominated the global smart water metering market in 2018, holding a 70% share of the total market size. The water utilities are a core part of the water metering value chain, and the smart water meters can help with various aspects of their operations. The water grid used for the distribution of water is a key part of water utilities infrastructure. Currently, the water utilities are concerned about leakage detection and prevention, which results in large volumes of water loss. Moreover, the water losses lead to excessive bills for the customers and in some cases, significant damage and cost to repair. Furthermore, the utilities are focusing on investments related to updating aged conventional water networks and developing new smart water metering infrastructure. The water utilities around the globe are trying to expand their smart water metering customer base. This is driving the growth of water utilities as a major application segment of the global smart water metering.

“Middle East & Africa: The second fastest growing region in the smart water metering market.”
The Middle East & Africa is the second fastest growing region in the smart water metering market; it is projected to grow at a CAGR of 10.4% during the forecast period. Since the region faces water scarcity, the governments are focused on reducing water losses and water leakages caused due to poor or faulty water metering infrastructure. Moreover, the Gulf countries are accelerating their smart metering plans to optimize the water consumption, improve water security, and achieve more sustainable management of the available water resources. Such investments are boosting the demand for smart water metering market in the Middle East & Africa.

Breakdown of Primaries:
In-depth interviews have been conducted with various key industry participants, subject-matter experts, C-level executives of key market players, and industry consultants, among other experts, to obtain and verify critical qualitative and quantitative information as well as to assess future market prospects. The distribution of primary interviews is as follows:
By Company Type: Tier 1– 65%, Tier 2–24%, and Tier 3–11%
By Designation: C-Level–30%, Director Level–25%, and Others–45%
By Region: Asia Pacific–30%, Middle East & Africa–24%, Europe–24%, North America–18%, and South America–4%
Note: Others includes sales managers, marketing managers, product managers, and product engineers.
The tier of the companies is defined based on their total revenue as of 2017. Tier 1: USD 1 billion and above, Tier 2: From USD 500 million to USD 1 billion, and Tier 3:

The smart water metering market is dominated by a few major players that have a wide regional presence. The leading players in the smart water metering market are Arad Group (Israel), Badger Meter (US), Diehl (Germany), Kamstrup (Denmark), and Itron (US).

Research Coverage:
The report defines, describes, and forecasts the smart water metering market by meter type, technology, component, application, and region. It also offers a detailed qualitative and quantitative analysis of the market. The report provides a comprehensive review of the major market drivers, restraints, opportunities, and challenges. It also covers various important aspects of the market, which include the analysis of the competitive landscape, market dynamics, market estimates in terms of value, and future trends in the smart water metering market.

Why Buy this Report?
1. The report identifies and addresses the key markets for smart water metering operations and services, which would help equipment manufacturers and service providers review the growth in demand.
2. The report helps system providers understand the pulse of the market and provides insights into drivers, restraints, opportunities, and challenges.
3. The report will help key players understand the strategies of their competitors better and help them in making better strategic decisions.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"スマートウォーターメーターの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 16)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regional Scope
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency
1.6 Limitation
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 20)
2.1 Scope
2.2 Key Influencing Factors/Drivers
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Ideal Demand-Side Analysis
2.3.1.1 Assumptions
2.3.1.2 Calculation
2.3.2 Supply-Side Analysis
2.3.2.1 Assumptions
2.3.2.2 Calculation
2.3.3 Forecast
2.4 Primary Insights
3 Executive Summary (Page No. – 25)
4 Premium Insights (Page No. – 30)
4.1 Attractive Opportunities in the Smart Water Metering Market During the Forecast Period
4.2 Market, By Region
4.3 North American Market, By Technology & Country
4.4 Market, By Meter Type
4.5 Market, By Component
4.6 Market, By Technology
4.7 Market, By Application
5 Market Overview (Page No. – 34)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Utilities’ Focus Toward Reducing Nonrevenue Water
5.2.1.2 Need for Smart Water Metering to Optimize Water Consumption
5.2.1.3 Need for Accuracy in Billing
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Lack of Government Initiatives
5.2.2.2 Lack of Awareness and Acceptance By End-Users
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Replacement of Aging Infrastructure
5.2.3.2 Digitalization of the Water Industry Operations
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 High Initial Investments and Long Payback Period
6 Market, By Meter Type (Page No. – 40)
6.1 Introduction
6.2 Electromagnetic Meter
6.2.1 Capabilities of Measuring Wastewater and Better Operational Efficiency Help in Growth of Electromagnetic Meters
6.3 Ultrasonic Meter
6.3.1 Efficient Detection of Leaks, Bursts, and Reverse Flows Help in Reducing Nonrevenue Water, Which is Likely to Boost the Ultrasonic Meter Market
6.4 Mechanical Meter
6.4.1 Low Costs of Mechanical Meters Create Their Sales Opportunities in Developing Countries
7 Market, By Technology (Page No. – 46)
7.1 Introduction
7.2 AMR
7.2.1 AMR Technology Helps in Reducing Manual Intervention for Data Collection, Which is Driving the Market
7.3 AMI
7.3.1 Digitalization and Demand for Data Management are Driving the Higher Growth Rate of the AMI Segment
8 Market, By Component (Page No. – 51)
8.1 Introduction
8.2 Meters & Accessories
8.2.1 Innovations in Technology and New Sensor Built Hardware Components are Driving the Meters & Accessories Market
8.3 IT Solutions
8.3.1 Rising Demand for Data Management Software is Likely to Drive Market
8.4 Communications
8.4.1 Upgrading of Communication Network to Gap the Bridge Between Hardware Component and Software Platforms is Driving the Communications Segment
9 Market, By Application (Page No. – 58)
9.1 Introduction
9.2 Water Utilities
9.2.1 Huge Investments in Smart Metering Infrastructure are Likely to Drive the Water Utilities-Based Market
9.3 Industries
9.3.1 Rising Concerns on Managing Water Consumption to Reduce Operational Costs are Driving the Market
10 Market, By Region (Page No. – 64)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 US
10.2.1.1 Focus on Reducing Water Losses By Optimizing Infrastructure is Likely to Drive the US Market
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Increased Deployment of Smart Water Infrastructure is Driving the Canadian Market
10.2.3 Mexico
10.2.3.1 New Infrastructural Development and Installation of Smart Water Meters are Boosting the Growth of Smart Water Meters in Mexico
10.3 Europe
10.3.1 Germany
10.3.1.1 Water Utilities are Focused on Reducing NRW By Deploying Smart Water Metering Infrastructure
10.3.2 France
10.3.2.1 Government’s Aim to Replace Old Water Meters With Smart Water Meters is Creating Opportunities for the Market During the Forecast Period
10.3.3 UK
10.3.3.1 The UK’s Water Utilities Plan to Install 100% Smart Water Meters By 2030, Which is Expected to Drive the Market
10.3.4 Netherlands
10.3.4.1 Installation of New Water Meters By Water Utilities is Driving the Market
10.3.5 Denmark
10.3.5.1 Water Utilities are Focusing on Early Leak Detection, Which is Driving the Danish Market
10.3.6 Rest of Europe
10.4 Asia Pacific
10.4.1 China
10.4.1.1 Demand for Robust Water Management Systems for Coping With Rapid Urbanization in China is Driving the Market
10.4.2 Australia
10.4.2.1 Water Scarcity in the Country is Leading to Rapid Installation of Smart Water Meters to Manage Water Consumption
10.4.3 Japan
10.4.3.1 Large Investments for Expanding the Communications Networks are Driving the Japanese Market
10.4.4 Malaysia
10.4.4.1 High Levels of NRW in Malaysia is Creating Opportunities for Smart Water Meters During the Forecast Period
10.4.5 India
10.4.5.1 Municipalities Focused on Managing Water and Wastewater By Installing Smart Water Meters for Handling Water Consumption
10.4.6 Rest of Asia Pacific
10.5 Middle East & Africa
10.5.1 Saudi Arabia
10.5.1.1 Huge Investments in Installing Smart Water Meters are Driving the Saudi Arabian Market
10.5.2 UAE
10.5.2.1 High Replacement Rate of Old Water Infrastructure With Intelligent Systems is Boosting the Growth of Smart Water Meters in the UAE
10.5.3 Israel
10.5.3.1 Increasing Adoption Rate of Automation Technologies and IoT By Water Utilities is Driving the Israeli Market
10.5.4 South Africa
10.5.4.1 Deployment of AMI Technology in Water Metering Infrastructure is Driving the South African Market
10.5.5 Egypt
10.5.5.1 Upcoming Water Metering Infrastructural Projects Along With Supportive Government Initiatives are Driving the Egyptian Market
10.5.6 Rest of Middle East & Africa
10.6 South America
10.6.1 Brazil
10.6.1.1 Increasing Demand for Smart Water Meters for Solving Water Scarcity is Likely to Boost the Brazilian Market
10.6.2 Argentina
10.6.2.1 Smart Water Meters to Solve the Increasing Water Theft Challenges in Argentina
10.6.3 Uruguay
10.6.3.1 Infrastructural Development for Water Metering is Driving the Uruguayan Market
10.6.4 Rest of South America
11 Competitive Landscape (Page No. – 96)
11.1 Overview
11.2 Ranking of Players
11.3 Competitive Scenario
11.3.1 New Product Launches
11.3.2 Expansions & Investments
11.3.3 Contracts & Agreements
11.3.4 Mergers & Acquisitions
11.4 Competitive Leadership Mapping, 2018
11.4.1 Visionary Leaders
11.4.2 Innovators
11.4.3 Dynamic
11.4.4 Emerging
12 Company Profile (Page No. – 104)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View)*
12.1 Badger Meter
12.2 Kamstrup
12.3 Diehl
12.4 Landis+Gyr
12.5 Aclara Technologies
12.6 Sensus
12.7 Itron
12.8 Datamatic
12.9 B Meters
12.10 Elster Group
12.11 Arad Group
12.12 Zenner
12.13 Neptune Technology Group
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 147)
13.1 Insights of Industry Experts
13.2 Discussion Guide
13.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.4 Available Customizations
13.5 Related Reports
13.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】スマートウォーターメーターの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年8月20日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM90945
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】エネルギー
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
スマートウォーターメーターの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • コネクテッドホーム用セキュリティシステムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、コネクテッドホーム用セキュリティシステムの世界市場について調査・分析し、コネクテッドホーム用セキュリティシステムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別コネクテッドホーム用セキュリティシステムシェア、市場規模推移、市場規模予測、コネクテッドホーム用セキュリティシステム種類別分析(監視システム、警報システム)、コネクテッドホーム用セキュリティシステム用途別分析(別荘、マンション、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・コネクテッドホーム用セキュリティシステムの市場概観 ・コネクテッドホーム用セキュリティシステムのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・コネクテッドホーム用セキュリティシステムのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・コネクテッドホーム用セキュリティシステムの世界市場規模 ・コネクテッドホーム用セキュリティシステムの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・コネクテッドホーム用セキュリティシステムのアメリカ市場規模推移 ・コネクテッドホーム用セ …
  • 世界の水性ポリウレタン市場2015
    本調査レポートでは、世界の水性ポリウレタン市場2015について調査・分析し、水性ポリウレタンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 筆記具の世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、筆記具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、筆記具の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 口内炎治療の世界市場:薬剤クラス別(抗菌剤、抗ヒスタミン剤、鎮痛薬、コルチコステロイド)、製剤別(ゲル、トローチ)、セグメント予測
    口内炎治療の世界市場は2026年には13億2,000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率3.8%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、高齢者人口の増加と口腔衛生に対する意識の高まりが考えられます。本調査レポートでは、口内炎治療の世界市場について調査・分析し、口内炎治療の世界市場動向、口内炎治療の世界市場規模、市場予測、セグメント別口内炎治療市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • モンゴルのプラスチック製包装製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 化学・エネルギー用GTLプロセスの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、化学・エネルギー用GTLプロセスの世界市場について調査・分析し、化学・エネルギー用GTLプロセスの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 化学・エネルギー用GTLプロセスの世界市場:市場動向分析 - 化学・エネルギー用GTLプロセスの世界市場:競争要因分析 - 化学・エネルギー用GTLプロセスの世界市場:製造プロセス別 ・メタノール・ガソリン(MTG)プロセス ・ガソリンプラスプロセス ・フィッシャー・トロプシュプロセス - 化学・エネルギー用GTLプロセスの世界市場:規模別 ・小規模 ・大規模 - 化学・エネルギー用GTLプロセスの世界市場:製品別 ・ディーゼル ・エタン ・LPG ・パラフィン ・基油 ・ナフサ - 化学・エネルギー用GTLプロセスの世界市場:主要地域別分析 - 化学・エネルギー用GTLプロセスの北米市場規模(アメリカ市場等) - 化学・エネルギー用GTLプロセスのヨーロッパ市場規模 - 化学・エネルギー用GTLプロセスのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市 …
  • 遺伝子組み換えDNA (rDNA) 技術の世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、遺伝子組み換えDNA (rDNA) 技術の世界市場について調査・分析し、遺伝子組み換えDNA (rDNA) 技術の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 遺伝子組み換えDNA (rDNA) 技術の世界市場:市場動向分析 - 遺伝子組み換えDNA (rDNA) 技術の世界市場:競争要因分析 - 遺伝子組み換えDNA (rDNA) 技術の世界市場:コンポーネント別 ・クローニングベクター ・発現系 - 遺伝子組み換えDNA (rDNA) 技術の世界市場:製品別 ・非医療用 ・医療用 - 遺伝子組み換えDNA (rDNA) 技術の世界市場:用途別 ・医療 ・食品・農業 ・環境 ・その他 - 遺伝子組み換えDNA (rDNA) 技術の世界市場:最終用途別 ・学術研究機関 ・製薬・バイオテクノロジー企業 ・その他 - 遺伝子組み換えDNA (rDNA) 技術の世界市場:主要地域別分析 - 遺伝子組み換えDNA (rDNA) 技術の北米市場規模(アメリカ市場等) - 遺伝子組み換えDNA (rDN …
  • 世界のクロロプレンゴム(CR)市場2016
    本調査レポートでは、世界のクロロプレンゴム(CR)市場2016について調査・分析し、クロロプレンゴム(CR)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ディスパッチコンソールの世界市場
    当調査レポートでは、ディスパッチコンソールの世界市場について調査・分析し、ディスパッチコンソールの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 自動車用ハイパーバイザーの世界市場予測(~2025年)
    自動車用ハイパーバイザーの世界市場は、2018年の9,500万米ドルから2025年には7億7,200万米ドルに達し、この期間中34.90%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、高度なユーザーインターフェイスにおける革新技術の介入とコネクテッドカーの採用の増加が考えられます。また、車載インフォテインメントにおける仮想化ハイパーバイザーレイヤーは、車両の電気関連アーキテクチャの複雑性を軽減します。一方で、車載アプリケーション用のソフトウェアプラットフォームを開発するための標準プロトコルの欠如は、市場の成長にとって大きな制約となります。当調査レポートでは、自動車用ハイパーバイザーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類(タイプ1、タイプ2)分析、車両の種類(PC、LCV、HCV)分析、エンドユーザー(低価格帯、中価格帯、高価格帯)分析、自動運転レベル(自動、半自動)分析、自動車用ハイパーバイザーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 農業経営管理ソフトウェアの世界市場予測(~2022)
    当調査レポートでは、農業経営管理ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、サービス別分析、アプリケーション別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の陽電子放射形コンピューター断層撮影法(PET)装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、陽電子放射形コンピューター断層撮影法(PET)装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・陽電子放射形コンピューター断層撮影法(PET)装置の概要 ・陽電子放射形コンピューター断層撮影法(PET)装置の開発動向:開発段階別分析 ・陽電子放射形コンピューター断層撮影法(PET)装置の開発動向:セグメント別分析 ・陽電子放射形コンピューター断層撮影法(PET)装置の開発動向:領域別分析 ・陽電子放射形コンピューター断層撮影法(PET)装置の開発動向:規制Path別分析 ・陽電子放射形コンピューター断層撮影法(PET)装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別陽電子放射形コンピューター断層撮影法(PET)装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・陽電子放射形コンピューター断層撮影法(PET)装置の最近動向
  • 人造ダイヤモンドの世界市場
    当調査レポートでは、人造ダイヤモンドの世界市場について調査・分析し、人造ダイヤモンドの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • ジヒドロオロテイトデヒドロゲナーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるジヒドロオロテイトデヒドロゲナーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ジヒドロオロテイトデヒドロゲナーゼ阻害剤の概要 ・ジヒドロオロテイトデヒドロゲナーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のジヒドロオロテイトデヒドロゲナーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ジヒドロオロテイトデヒドロゲナーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ジヒドロオロテイトデヒドロゲナーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • SOI(シリコンオンインシュレーター)の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、SOI(シリコンオンインシュレーター)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、SOI(シリコンオンインシュレーター)市場規模、製品別(RF-SOI、FD-SOI、PD-SOI、その他)分析、用途別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・SOI(シリコンオンインシュレーター)の世界市場概要 ・SOI(シリコンオンインシュレーター)の世界市場環境 ・SOI(シリコンオンインシュレーター)の世界市場動向 ・SOI(シリコンオンインシュレーター)の世界市場規模 ・SOI(シリコンオンインシュレーター)の世界市場:業界構造分析 ・SOI(シリコンオンインシュレーター)の世界市場:製品別(RF-SOI、FD-SOI、PD-SOI、その他) ・SOI(シリコンオンインシュレーター)の世界市場:用途別 ・SOI(シリコンオンインシュレーター)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・SOI(シリコンオンインシュレーター)の北米市場規模・ …
  • 世界の電子セキュリティシステム市場規模・予測2017-2025:ソリューション別(センサー・感知器、コントロールプレーン、火災報知システム、ビデオ監視、アクセスコントロール、インターコムシステム)、サービス別(設置サービス、マネージドサービス、コンサルティング)地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の電子セキュリティシステム市場について調査・分析し、世界の電子セキュリティシステム市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の電子セキュリティシステム関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 椎弓根スクリューシステムの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、椎弓根スクリューシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品タイプ別(単軸タイプ、多軸タイプ)分析、手術別(直視下手術、低侵襲手術)分析、適応症別(脊椎変形、脊椎外傷)分析、用途別(胸腰椎固定、頸椎固定)分析、椎弓根スクリューシステムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • GigEカメラの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、GigEカメラの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、GigEカメラ市場規模、スペクトル別(カラーカメラ、モノクロカメラ、紫外線(UV)カメラ、近赤外線(NIR)カメラ)分析、種類別(ラインスキャンカメラ、エリアスキャンカメラ、交通監視カメラ、サーマルカメラ、その他のカメラ)分析、解像度別(1.0未満、1.0~1.9、2.0~3.5、3.51~6.0、6.0超)分析、技術別(CMOSカメラ、CCDカメラ、非冷却酸化バナジウム(VOX)型マイクロボロメーター)分析、用途別(製造業、非製造業、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ GigEカメラの世界市場:市場動向分析 ・ GigEカメラの世界市場:競争要因分析 ・ GigEカメラの世界市場:スペクトル別(カラーカメラ、モノクロカメラ、紫外線(UV)カメラ、近赤外線(NIR)カメラ) ・ GigEカメラの世界市場:種類別(ラインスキャンカメラ、エリアスキャンカメラ …
  • 自動車バイオセンサーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車バイオセンサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車バイオセンサーの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ワークプレイス変革の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、ワークプレイス変革の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、サービス別分析、企業規模別分析、産業別分析、地域別分析、ワークプレイス変革の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートスピーカーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、スマートスピーカーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートスピーカーの世界市場規模及び予測、用途別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はスマートスピーカーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均24.02%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Amazon.com• Apple• Google• Harman International• Sony等です。
  • 免疫タンパク質診断検査の世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、免疫タンパク質診断検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、免疫タンパク質診断検査の世界市場規模及び予測、用途別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 電気殺虫器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、電気殺虫器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電気殺虫器の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 4G機器の世界市場:コンポーネント別、技術別
    当調査レポートでは、4G機器の世界市場について調査・分析し、市場概要、コンポーネント別(インフラ機器および試験機器)分析、技術別(LTEおよびWi-Max)分析、地域別分析など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・4G機器の世界市場:コンポーネント別(インフラ機器および試験機器) ・4G機器の世界市場:技術別(LTEおよびWi-Max) ・4G機器の世界市場:地域別
  • 世界の産業用水性塗料市場2015
    本調査レポートでは、世界の産業用水性塗料市場2015について調査・分析し、産業用水性塗料の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • オイルフィルターの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、オイルフィルターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オイルフィルターの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 眼科用レンズの世界市場:種類別(ADCレンズ、PCレンズ、PUレンズ、アクリルレンズ、エポキシレンズ、その他)、用途別(視力矯正レンズ、サングラスレンズ、白内障向け眼内レンズ、その他)、地域別予測
    本資料は、眼科用レンズの世界市場について調べ、眼科用レンズの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(ADCレンズ、PCレンズ、PUレンズ、アクリルレンズ、エポキシレンズ、その他)分析、用途別(視力矯正レンズ、サングラスレンズ、白内障向け眼内レンズ、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはEssilor International 、Zeiss、CooperVision、GKB Ophthalmic、Hoya Corporation、Novartis AG (Alcon)、Shimizu、Rodenstock GmbH、Seiko Optical Products、Nikon、Johnson and Johnson、Valeant Pharmaceuticals、MingYue、Conant 、Wanxin などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・眼科用レンズの世界市場概要 ・眼科用レンズの世界市場環境 ・眼科用レンズの世界市場動向 ・眼科用レン …
  • アルコール飲料用包装(パッケージング)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、アルコール飲料用包装(パッケージング)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、アルコール飲料用包装(パッケージング)市場規模、原材料別(ガラス、金属、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・アルコール飲料用包装(パッケージング)の世界市場概要 ・アルコール飲料用包装(パッケージング)の世界市場環境 ・アルコール飲料用包装(パッケージング)の世界市場動向 ・アルコール飲料用包装(パッケージング)の世界市場規模 ・アルコール飲料用包装(パッケージング)の世界市場:業界構造分析 ・アルコール飲料用包装(パッケージング)の世界市場:原材料別(ガラス、金属、その他) ・アルコール飲料用包装(パッケージング)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・アルコール飲料用包装(パッケージング)のアメリカ市場規模・予測 ・アルコール飲料用包装(パッケージング)のヨーロッパ市場規模・予測 ・アルコール飲料用包装(パッケージング)の …
  • アプリケーションテストサービスの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、アプリケーションテストサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、サービス種類別分析、テスト種類別分析、提供方式別分析、企業規模別分析、アプリケーションテストサービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 経皮吸収型ドラッグデリバリーの世界市場:医療機器パイプライン分析2016
  • 世界の鼻カニューレ市場2015
    本調査レポートでは、世界の鼻カニューレ市場2015について調査・分析し、鼻カニューレの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車電装品の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車電装品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車電装品の世界市場規模及び予測、車両種類別分析、構成要素別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のアウトドア(キャンプ、ハイキング)用調理器具市場2015
    本調査レポートでは、世界のアウトドア(キャンプ、ハイキング)用調理器具市場2015について調査・分析し、アウトドア(キャンプ、ハイキング)用調理器具の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • フィリピンの建築用プラスチック製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 小型タービンの世界市場:定格電力別、用途別、最終用途別、地域別予測
    本資料は、小型タービンの世界市場について調べ、小型タービンの世界規模、市場動向、市場環境、定格電力別分析、用途別分析、最終用途別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、企業別市場シェア(入手可能な場合)、バリューチェーン分析、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・小型タービンの世界市場概要 ・小型タービンの世界市場環境 ・小型タービンの世界市場動向 ・小型タービンの世界市場規模 ・小型タービンの世界市場:企業別市場シェア(入手可能な場合) ・小型タービンの世界市場規模:定格電力別 ・小型タービンの世界市場規模:用途別 ・小型タービンの世界市場規模:最終用途別 ・小型タービンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・小型タービンの北米市場規模・予測 ・小型タービンのアメリカ市場規模・予測 ・小型タービンのヨーロッパ市場規模・予測 ・小型タービンのアジア市場規模・予測 ・小型タービンの日本市場規模・予測 ・小型タービンの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • タイのプラスチック製家庭用品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 世界のネイルガン市場2016
    本調査レポートでは、世界のネイルガン市場2016について調査・分析し、ネイルガンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ビジュアルアナリティクスの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ビジュアルアナリティクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、構成要素別分析、業務機能別分析、導入方式別分析、地域別分析、ビジュアルアナリティクスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • オレキシン受容体タイプ2アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるオレキシン受容体タイプ2アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・オレキシン受容体タイプ2アンタゴニストの概要 ・オレキシン受容体タイプ2アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のオレキシン受容体タイプ2アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・オレキシン受容体タイプ2アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・オレキシン受容体タイプ2アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 中国の感染症治療市場:抗ウイルス薬、抗真菌薬、抗寄生虫薬
    当調査レポートでは、中国の感染症治療市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、中国の感染症治療市場規模及び予測、用途別分析、薬剤種類別分析、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 繊維芽細胞増殖因子受容体3(FGFR3)阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における繊維芽細胞増殖因子受容体3(FGFR3)阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・繊維芽細胞増殖因子受容体3(FGFR3)阻害剤の概要 ・繊維芽細胞増殖因子受容体3(FGFR3)阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の繊維芽細胞増殖因子受容体3(FGFR3)阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・繊維芽細胞増殖因子受容体3(FGFR3)阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・繊維芽細胞増殖因子受容体3(FGFR3)阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界のセラミック塗料市場規模・予測2017-2025:種類別(酸化塗料、炭化塗料、窒化塗料)、技術別(サーマルスプレー、PVD、CVD)、用途別(輸送機器・自動車、電力、航空宇宙・防衛、産業用品、ヘルスケア)地域別、
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のセラミック塗料市場について調査・分析し、世界のセラミック塗料市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のセラミック塗料関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 甘味料の世界市場:天然甘味料、人工甘味料
    当調査レポートでは、甘味料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、甘味料の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 胃食道(GE)接合部癌種:治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における胃食道(GE)接合部癌種の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、胃食道(GE)接合部癌種治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・胃食道(GE)接合部癌種の概要 ・胃食道(GE)接合部癌種の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の胃食道(GE)接合部癌種治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・胃食道(GE)接合部癌種治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・胃食道(GE)接合部癌種治療薬開発に取り組んでいる企業リスト …
  • メタロセンポリエチレン(mPE)の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、メタロセンポリエチレン(mPE)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、メタロセンポリエチレン(mPE)市場規模、種類別(メタロセン高密度ポリエチレン(mHDPE)、メタロセン線状低密度ポリエチレン(mLLDPE)、その他)分析、用途別(押し出しコーティング、シート、射出成形、フィルム、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ メタロセンポリエチレン(mPE)の世界市場:市場動向分析 ・ メタロセンポリエチレン(mPE)の世界市場:競争要因分析 ・ メタロセンポリエチレン(mPE)の世界市場:種類別(メタロセン高密度ポリエチレン(mHDPE)、メタロセン線状低密度ポリエチレン(mLLDPE)、その他) ・ メタロセンポリエチレン(mPE)の世界市場:用途別(押し出しコーティング、シート、射出成形、フィルム、その他) ・ メタロセンポリエチレン(mPE)の世界市場:主要地域別分析 ・ メタロセンポリエチレン(mPE …
  • 油田用特殊化学薬品の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、油田用特殊化学薬品の世界市場について調査・分析し、油田用特殊化学薬品の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 油田用特殊化学薬品の世界市場:市場動向分析 - 油田用特殊化学薬品の世界市場:競争要因分析 - 油田用特殊化学薬品の世界市場:用途別 ・ボーリング泥水 ・製造用化学薬品 ・接合 ・原油増進回収 ・改修・完成 ・坑井刺激 ・その他 - 油田用特殊化学薬品の世界市場:製品別 ・さび・スケール防止 ・不凍剤 ・抗乳化剤 ・殺生物剤 ・泡制御剤 ・界面活性剤 ・流動点降下剤 ・ゲル化剤・増粘剤 ・レオロジー改質剤 ・摩擦低減剤 ・天然ポリマー ・人造ポリマー - 油田用特殊化学薬品の世界市場:主要地域別分析 - 油田用特殊化学薬品の北米市場規模(アメリカ市場等) - 油田用特殊化学薬品のヨーロッパ市場規模 - 油田用特殊化学薬品のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・油田用特殊化学薬品の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 肺線維症(Pulmonary Fibrosis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、肺線維症(Pulmonary Fibrosis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・肺線維症(Pulmonary Fibrosis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・肺線維症(Pulmonary Fibrosis)のフェーズ3治験薬の状況 ・肺線維症(Pulmonary Fibrosis)治療薬の市場規模(販売予測) ・肺線維症(Pulmonary Fibrosis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・肺線維症(Pulmonary Fibrosis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の肺線維症(Pulmonary Fibrosis)治療薬剤
  • 石油・ガス産業向けバックアップ電源システムの世界市場2017-2021:発電機、バッテリー
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、石油・ガス産業向けバックアップ電源システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、石油・ガス産業向けバックアップ電源システムの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は石油・ガス産業向けバックアップ電源システムの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.27%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAggreko、Caterpillar、Cummins、Saft、Trojan Battery等です。
  • SOI (シリコンオンインシュレーター) の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、 SOI (シリコンオンインシュレーター) の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、ウェハサイズ別(200 mm以下、200 mm以下、300 mm)分析、ウェーハ種類別(RF-SOI、FD-SOI)分析、技術別(スマートカット、レイヤートランスファー)分析、製品別(RF FEM、MEMS)分析、 SOI (シリコンオンインシュレーター) の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、 SOI (シリコンオンインシュレーター) の世界市場規模が2019年894百万ドルから2024年2186百万ドルまで年平均19.6%成長すると予測しています。
  • フルフラール溶剤の世界市場
    当調査レポートでは、フルフラール溶剤の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・フルフラール溶剤の世界市場:用途別分析/市場規模 ・フルフラール溶剤の世界市場:地域別分析/市場規模 ・フルフラール溶剤のアメリカ市場規模予測 ・フルフラール溶剤のヨーロッパ市場規模予測 ・フルフラール溶剤のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"