"気道管理デバイスの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM90946)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"気道管理デバイスの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The airway management devices market is projected to grow at a CAGR of 5.1% during the forecast period (2019–2024).”The airway management devices market is projected to reach USD 2.0 billion by 2024 from USD 1.6 billion in 2019, at a CAGR of 5.1%. The growth of the airway management devices market is driven mainly by the rising prevalence of chronic respiratory diseases; increasing demand for emergency care; high incidence of preterm births; growth in investments, funds, and grants by government bodies for improving emergency care infrastructure. Also, emerging economies (such as China, India, Brazil, and Mexico) are expected to offer lucrative growth opportunities for market players in the airway management devices market. However, factors such as the harmful effects of certain devices on neonates, the dearth of skilled professionals, and increasing pricing pressure on market players are adversely impacting the growth of the market.

“By type, the endotracheal tubes segment accounted for the largest share of the infraglottic airway management devices market ”
Based on type, infraglottic airway management devices are further segmented into endotracheal tubes and tracheostomy tubes. In 2018, the endotracheal tubes segment accounted for the largest share of the infraglottic devices market. The large share of this segment is attributed to factors such as the high incidence of respiratory diseases and high preference for endotracheal tubes by medical professionals.

“By type, the laryngeal mask airways segment accounted for the largest share of the supraglottic airway management devices market”
Based on type, the supraglottic airway management devices market is segmented into laryngeal mask airways, oropharyngeal airways, nasopharyngeal airways, and other supraglottic devices. In 2018, the laryngeal mask airways segment accounted for the largest share of the global supraglottic airway management devices market. The rising incidence of road accidents, preterm births, and chronic diseases, along with the availability of variants in LMA devices, is likely to increase the demand for LMAs in the coming years.

“By type, the conventional laryngoscopes segment accounted for the largest share of the laryngoscopes market ”
Based on type, the laryngoscopes market is segmented into conventional laryngoscopes and video laryngoscopes. In 2018, the conventional laryngoscopes segment accounted for the largest share of the global laryngoscopes market. This can be attributed to the rising need for intubation and the growing burden of respiratory complications due to rising pollution and chronic respiratory disease prevalence and lower cost of conventional laryngoscopes.

“Asia Pacific is expected to witness the highest growth during the forecast period.”
North America is expected to account for the largest share of the global airway management devices market in 2019, followed by Europe. However, the Asia Pacific is expected to witness the highest CAGR during the forecast period. This can be attributed to the presence of high-growth markets such as Japan, China, India, South Korea, Taiwan, Australia, and Singapore; rapid growth in the geriatric population; increasing demand for critical care units; supportive reimbursement policies in Japan; the implementation of favorable government initiatives; growing per capita income; increasing investments in the healthcare industry by key market players; rising demand for cutting-edge technologies; and the expansion of private-sector hospitals to rural areas.

A breakdown of the primary participants referred to for this report is provided below:
• By Company Type: Tier 1–55%, Tier 2–25%, and Tier 3–20%
• By Designation: C-level–43%, Director-level–32%, and Others–25%
• By Region: North America–38%, Europe–29%, Asia Pacific–23%, Rest of World–10%

The prominent players in the airway management devices market are Medtronic (Ireland), Smiths Medical (US), Teleflex (US), Ambu (Denmark), KARL STORZ (Germany), Flexicare (US), Verathon (US), Intersurgical (UK), SunMed (US), Vyaire Medical (US), VBM Medizintechnik (Germany), SourceMark (US), and Salter Labs (US).

Research Coverage:
The report analyzes the airway management devices market and aims at estimating the market size and future growth potential of the airway management devices market and the different segments such as supraglottic airway management devices, infraglottic airway management devices, laryngoscopes, resuscitators, and other airway management devices. The report also includes an in-depth competitive analysis of the key players in this market, along with their company profiles, product offerings, and recent developments.

Reasons to Buy the Report
The report will enrich established firms as well as new entrants/smaller firms to gauge the pulse of the market, which, in turn, would help them to garner a greater share. Firms purchasing the report could use one, or a combination of the below mentioned five strategies for strengthening their market presence.

This report provides insights on the following pointers:
• Market Penetration: Comprehensive information on the product portfolios offered by the top players in the airway management devices market.
• Product Development/Innovation: Detailed insights on the upcoming trends, R&D activities, and product launches in the airway management devices market.
• Market Development: Comprehensive information on lucrative emerging regions.
• Market Diversification: Exhaustive information about new products, growing geographies, and recent developments in the global airway management devices market.
• Competitive Assessment: In-depth assessment of market shares, growth strategies, revenue analysis, and products of the leading players in the airway management devices market.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"気道管理デバイスの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 17)
1.1 Objectives of Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 21)
2.1 Research Data
2.2 Research Approach
2.2.1 Secondary Data
2.2.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.2.2 Primary Data
2.2.2.1 Key Data From Primary Sources
2.2.2.2 Key Industry Insights
2.3 Market Size Estimation
2.4 Market Breakdown and Data Triangulation
2.5 Assumptions for the Study
3 Executive Summary (Page No. – 29)
4 Premium Insights (Page No. – 34)
4.1 Airway Management Devices: Market Overview
4.2 North America: Market, By Type, 2018
4.3 Europe: Market, By End User, 2018
4.4 Geographical Snapshot of the Market
5 Market Overview (Page No. – 38)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Rising Prevalence of Chronic Respiratory Diseases
5.2.1.2 Increasing Demand for Emergency Care
5.2.1.3 High Incidence of Preterm Births
5.2.1.4 Growth in Investments, Funds, and Grants By Government Bodies for Improving Emergency Care Infrastructure
5.2.2 Opportunities
5.2.2.1 Growth Potential in Emerging Countries
5.2.3 Challenges
5.2.3.1 Harmful Effects of Certain Devices on Neonates
5.2.3.2 Dearth of Skilled Professionals
5.2.3.3 Increasing Pricing Pressure on Market Players
6 Airway Management Devices Market, By Type (Page No. – 44)
6.1 Introduction
6.2 Infraglottic Airway Management Devices
6.2.1 Endotracheal Tubes
6.2.1.1 Growing Number of Surgical Procedures is Expected to Drive the Market
6.2.2 Tracheostomy Tubes
6.2.2.1 Introduction of Advanced and Ergonomic Products Will Drive Market Growth
6.3 Supraglottic Airway Management Devices
6.3.1 Laryngeal Mask Airways
6.3.1.1 Increasing Usage of LMAS Outside Operating Room Setting – Key Factor to Boost the Market
6.3.2 Oropharyngeal Airways
6.3.2.1 Risks Associated With OPAS Restrain Market Growth
6.3.3 Nasopharyngeal Airways
6.3.3.1 Possibility of Complications has Reduced the Overall Use of Nasopharyngeal Airways
6.3.4 Other Supraglottic Airway Devices
6.4 Resuscitators
6.4.1 Resuscitators are Used to Provide Temporary Oxygenation and Ventilation
6.5 Laryngoscopes
6.5.1 Conventional Laryngoscopes
6.5.1.1 Conventional Laryngoscopes Help Ensure Convenient, Cost-Effective, and Reliable Access to Patient Airways
6.5.2 Video Laryngoscopes
6.5.2.1 High Cost Limits the Adoption of Video Laryngoscopes in Developing Economies
6.6 Other Airway Management Devices
7 Market, By End User (Page No. – 66)
7.1 Introduction
7.2 Operating Rooms
7.2.1 Growing Number of Surgical Procedures has Driven Market Growth in This Segment
7.3 Emergency Care Departments
7.3.1 Rising Number of Emergency Visits Will Drive Demand for Airway Management Devices
7.4 Intensive Care Units
7.4.1 Increasing Complications Related to Airway Management in ICU Patients is Driving Market Growth
7.5 Other End Users
8 Market, By Patient Age (Page No. – 73)
8.1 Introduction
8.2 Adult Patients
8.2.1 High Prevalence of Chronic Diseases Among Adult Patients to Support Market Growth
8.3 Pediatric Patients/Neonates
8.3.1 Pediatric Patients Segment to Register the Highest Growth During the Forecast Period
9 Airway Management Devices Market, By Region (Page No. – 77)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 The US Dominates the North American Market
9.2.2 Canada
9.2.2.1 The Increasing Incidence of COPD is Driving the Adoption of Airway Management Devices in Canada
9.3 Europe
9.3.1 EU5
9.3.1.1 Roust Healthcare System and Increasing Incidence of Preterm Births are Driving the Adoption of Airway Management Devices in the EU5
9.3.2 Rest of Europe
9.4 Asia Pacific
9.4.1 China and India are the Fastest-Growing Markets in the APAC
9.5 Rest of the World
10 Competitive Landscape (Page No. – 108)
10.1 Introduction
10.2 Market Share Analysis (2018)
10.3 Competitive Leadership Mapping
10.3.1 Visionary Leaders
10.3.2 Innovators
10.3.3 Dynamic Differentiators
10.3.4 Emerging Companies
10.4 Competitive Scenario
11 Company Profiles (Page No. – 116)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, and MnM View)*
11.1 Medtronic
11.2 Smiths Medical (A Division of Smiths Group PLC)
11.3 Teleflex
11.4 AMBU
11.5 Karl Storz
11.6 Flexicare
11.7 Intersurgical
11.8 Sunmed
11.9 Vyaire Medical
11.10 Vbm Medizintechnik
11.11 Verathon (A Part of Roper Technologies)
11.12 Sourcemark
11.13 Salter Labs
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 147)
12.1 Discussion Guide: Market
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】気道管理デバイスの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年8月20日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM90946
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
気道管理デバイスの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界の超音波装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、超音波装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・超音波装置の概要 ・超音波装置の開発動向:開発段階別分析 ・超音波装置の開発動向:セグメント別分析 ・超音波装置の開発動向:領域別分析 ・超音波装置の開発動向:規制Path別分析 ・超音波装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別超音波装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・超音波装置の最近動向
  • 産業用ガスセンサーの世界市場 2017-2021
    当調査レポートでは、産業用ガスセンサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用ガスセンサーの世界市場規模及び予測、種類別分析、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 産業用ガスセンサーは、有害な毒ガスの漏出検知のため使用されます。産業用ガスセンサーは、 タイプ別に、酸素、二酸化炭素、一酸化炭素、その他に分類されます。技術別には、電気化学、半導体、赤外線、PID、その他に分類されます。 Technavio社は産業用ガスセンサーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.80%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Aeroqual• Dynament• Euro-Gas• Figaro等です。
  • 段ボールの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、段ボールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、段ボールの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は段ボールの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.16%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はInternational Paper、KapStone、Mondi、Packaging Corporation of America、WestRock等です。
  • スウェーデンの頭蓋顎顔面固定(CMF)装置市場見通し
  • 推進装置の世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、推進装置の世界市場規模が2017年2610.0億ドルから2026年5438.0億ドルまで年平均8.5%成長すると予測しています。当調査レポートでは、推進装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、推進装置市場規模、種類別(経カテーテル心臓弁、組織心臓弁、戦術的無人航空機、ミニ・マイクロ無人航空機、中高度長耐久無人機)分析、用途別(無人航空機、宇宙船、ミサイル、航空機、鉄道)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 推進装置の世界市場:市場動向分析 ・ 推進装置の世界市場:競争要因分析 ・ 推進装置の世界市場:種類別(経カテーテル心臓弁、組織心臓弁、戦術的無人航空機、ミニ・マイクロ無人航空機、中高度長耐久無人機) ・ 推進装置の世界市場:用途別(無人航空機、宇宙船、ミサイル、航空機、鉄道) ・ 推進装置の世界市場:主要地域別分析 ・ 推進装置の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 推進装置のヨーロッパ市場規模 …
  • 変性ポリマーセメント混合塗料の世界市場予測(~2022年):アクリルポリマー、SBRラテックス
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、変性ポリマーセメント混合塗料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、ポリマー種類別分析、用途別分析、地域別分析、変性ポリマーセメント混合塗料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 全身型若年性特発性関節炎(SJIA):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における全身型若年性特発性関節炎(SJIA)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、全身型若年性特発性関節炎(SJIA)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・全身型若年性特発性関節炎(SJIA)の概要 ・全身型若年性特発性関節炎(SJIA)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の全身型若年性特発性関節炎(SJIA)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・全身型若年性特発性関節炎(SJIA)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤 …
  • シャワーヘッドの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、シャワーヘッドの世界市場について調査・分析し、シャワーヘッドの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別シャワーヘッドシェア、市場規模推移、市場規模予測、シャワーヘッド種類別分析()、シャワーヘッド用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・シャワーヘッドの市場概観 ・シャワーヘッドのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・シャワーヘッドのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・シャワーヘッドの世界市場規模 ・シャワーヘッドの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・シャワーヘッドのアメリカ市場規模推移 ・シャワーヘッドのカナダ市場規模推移 ・シャワーヘッドのメキシコ市場規模推移 ・シャワーヘッドのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・シャワーヘッドのドイツ市場規模推移 ・シャワーヘッドのイギリス市場規模推移 ・シャワーヘッドのロシア市場規模推移 ・シャワーヘッドのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ …
  • スイスの股関節再建装置市場見通し
  • マネジード産業用イーサネットスイッチの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、マネジード産業用イーサネットスイッチの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マネジード産業用イーサネットスイッチの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 短腸症候群(Short Bowel Syndrome):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、短腸症候群(Short Bowel Syndrome)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・短腸症候群(Short Bowel Syndrome):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・短腸症候群(Short Bowel Syndrome)のフェーズ3治験薬の状況 ・短腸症候群(Short Bowel Syndrome)治療薬の市場規模(販売予測) ・短腸症候群(Short Bowel Syndrome)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・短腸症候群(Short Bowel Syndrome)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の短腸症候群(Short Bowel Syndrome)治療薬剤
  • 集光型太陽光発電(CSP)の世界市場2017-2027
    当調査レポートでは、集光型太陽光発電(CSP)の世界市場について調査・分析し、集光型太陽光発電(CSP)の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・集光型太陽光発電(CSP)の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・集光型太陽光発電(CSP)の世界市場:セグメント別市場分析 ・集光型太陽光発電(CSP)の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • バンジージャンプ用品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、バンジージャンプ用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バンジージャンプ用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。 バンジージャンプは、エクストリームアドベンチャースポーツの一種です。バンジージャンプでは、ジャンパーは、ハーネスやゴムひも(バンジーひも)を身体に装着し、崖、橋、クレーン、静止している熱気球やヘリコプターなどの高所からの落下を楽しみます。Technavio社はバンジージャンプ用品の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.09%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Adrenalin Dreams• Cobra Rope• Lexco Cable• VER Sales等です。
  • インターベンショナルラジオロジー製品の世界市場予測(~2021):種類別(ステント、カテーテル、IVCフィルター、アクセサリ)、手術種類別、用途別
    当調査レポートでは、インターベンショナルラジオロジー製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、手術種類別分析、用途別分析、地域別分析、インターベンショナルラジオロジー製品の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • カートニング装置(カートナー)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、カートニング装置(カートナー)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、カートニング装置(カートナー)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 カートニング装置 (カートナー) は包装機械の一種で、紙箱の折り曲げ・組み立て・封入・サイドシーミング作業を行います。Technavio社はカートニング装置(カートナー)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.32%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Bosch• ECONOCORP• RAMA• LoeschPack等です。
  • 世界の水酸化マグネシウム難燃剤市場2015
    本調査レポートでは、世界の水酸化マグネシウム難燃剤市場2015について調査・分析し、水酸化マグネシウム難燃剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 電気式 ホットプレートの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、電気式 ホットプレートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電気式 ホットプレートの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 乳腺画像撮影の世界市場:技術別(電離式、非電離式)、セグメント予測
    本調査レポートでは、乳腺画像撮影の世界市場について調査・分析し、乳腺画像撮影の世界市場動向、乳腺画像撮影の世界市場規模、市場予測、セグメント別乳腺画像撮影市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • フルサービス航空会社の世界市場(~2019)
  • シクロペンタンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、シクロペンタンの世界市場について調査・分析し、シクロペンタンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別シクロペンタンシェア、市場規模推移、市場規模予測、シクロペンタン種類別分析(含有率 98%)、シクロペンタン用途別分析(冷蔵庫、ヒーター、化学溶剤、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・シクロペンタンの市場概観 ・シクロペンタンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・シクロペンタンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・シクロペンタンの世界市場規模 ・シクロペンタンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・シクロペンタンのアメリカ市場規模推移 ・シクロペンタンのカナダ市場規模推移 ・シクロペンタンのメキシコ市場規模推移 ・シクロペンタンのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・シクロペンタンのドイツ市場規模推移 ・シクロペンタンのイギリス市場規模推移 ・シクロペンタンのロシア市場規模推移 ・シクロペンタンのアジア市場分 …
  • 飲料缶の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、飲料缶の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、飲料缶市場規模、材料別(アルミニウム、鋼、錫)分析、用途別(アルコール飲料、炭酸清涼飲料、フルーツジュース・野菜ジュース、ノンアルコール飲料、その他)分析、タイプ別(スリーピース缶、ツーピース缶)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 飲料缶の世界市場:市場動向分析 ・ 飲料缶の世界市場:競争要因分析 ・ 飲料缶の世界市場:材料別(アルミニウム、鋼、錫) ・ 飲料缶の世界市場:用途別(アルコール飲料、炭酸清涼飲料、フルーツジュース・野菜ジュース、ノンアルコール飲料、その他) ・ 飲料缶の世界市場:タイプ別(スリーピース缶、ツーピース缶) ・ 飲料缶の世界市場:主要地域別分析 ・ 飲料缶の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 飲料缶のヨーロッパ市場規模 ・ 飲料缶のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・飲料缶の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • 油井管の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、油井管の世界市場について調査・分析し、油井管の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・油井管の世界市場規模:製造プロセス別分析 ・油井管の世界市場規模:グレード別分析 ・油井管の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • ペット用家具の世界市場:ペットベッド・ソファ、ペットハウス、ペットツリー・タワー、その他
    当調査レポートでは、ペット用家具の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ペット用家具市場規模、製品別(ペットベッド・ソファ、ペットハウス、ペットツリー・タワー、その他)分析、エンドユーザー別(犬、猫、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Go Pet Club, MidWest Homes for Pets, North American Pet Products, PetPals Group, Ware Pet Productsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ペット用家具の世界市場概要 ・ペット用家具の世界市場環境 ・ペット用家具の世界市場動向 ・ペット用家具の世界市場規模 ・ペット用家具の世界市場:業界構造分析 ・ペット用家具の世界市場:製品別(ペットベッド・ソファ、ペットハウス、ペットツリー・タワー、その他) ・ペット用家具の世界市場:エンドユーザー別(犬、猫、その他) ・ペット用家具の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ …
  • ブラジルの整形外科用電動器具市場動向(~2021)
  • 農業用フィルムの世界市場
    当調査レポートでは、農業用フィルムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、農業用フィルムの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 熱形成プラスチックの世界市場:製品別(PP、PMMA)、プレセス別(薄型ゲージ熱成形、プラグアシスト成形)、用途別(食品包装、自動車)
    本調査レポートでは、熱形成プラスチックの世界市場について調査・分析し、熱形成プラスチックの世界市場動向、熱形成プラスチックの世界市場規模、市場予測、セグメント別熱形成プラスチック市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • エポキシコーティングの世界市場分析:製品別(溶剤系、水系、粉末)、用途別(建設、産業、輸送)、セグメント予測
    本調査レポートでは、エポキシコーティングの世界市場について調査・分析し、エポキシコーティングの世界市場動向、エポキシコーティングの世界市場規模、市場予測、セグメント別エポキシコーティング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のスマート変圧器市場2015
    本調査レポートでは、世界のスマート変圧器市場2015について調査・分析し、スマート変圧器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 流量計の世界市場:差圧式流量計、容積式流量計、超音波流量計、コリオリ流量計、タービン流量計、渦流量計、磁気式流量計
    当調査レポートでは、流量計の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、用途別分析、地域別分析、流量計の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • オーストラリアの電気アキュムレータ(蓄圧器)市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • ベータ選択的甲状腺ホルモン受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるベータ選択的甲状腺ホルモン受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ベータ選択的甲状腺ホルモン受容体アゴニストの概要 ・ベータ選択的甲状腺ホルモン受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のベータ選択的甲状腺ホルモン受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ベータ選択的甲状腺ホルモン受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ベータ選択的甲状腺ホルモン受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 眼内レンズ(IOL)の世界市場2014-2025:製品別(単焦点レンズ、多焦点レンズ、トーリックレンズ、調節可能レンズ)、エンドユーザー別、地域別
    本調査レポートでは、眼内レンズ(IOL)の世界市場について調査・分析し、眼内レンズ(IOL)の世界市場動向、眼内レンズ(IOL)の世界市場規模、市場予測、セグメント別眼内レンズ(IOL)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の経皮的血管形成術用バルーン市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、経皮的血管形成術用バルーンのグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・経皮的血管形成術用バルーンの概要 ・経皮的血管形成術用バルーンの開発動向:開発段階別分析 ・経皮的血管形成術用バルーンの開発動向:セグメント別分析 ・経皮的血管形成術用バルーンの開発動向:領域別分析 ・経皮的血管形成術用バルーンの開発動向:規制Path別分析 ・経皮的血管形成術用バルーンの開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別経皮的血管形成術用バルーンの開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・経皮的血管形成術用バルーンの最近動向
  • 世界の特殊目的UAV市場2015
    本調査レポートでは、世界の特殊目的UAV市場2015について調査・分析し、特殊目的UAVの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • グラム陽性菌感染症(Gram-Positive Bacterial Infections):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるグラム陽性菌感染症(Gram-Positive Bacterial Infections)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、グラム陽性菌感染症(Gram-Positive Bacterial Infections)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・グラム陽性菌感染症(Gram-Positive Bacterial Infections)の概要 ・グラム陽性菌感染症(Gram-Positive Bacterial Infections)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のグラム陽性菌感染症(Gram-Positive Bacterial Infections)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed …
  • セントラルタイヤインフレーションシステム(CTIS)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、セントラルタイヤインフレーションシステム(CTIS)の世界市場について調査・分析し、セントラルタイヤインフレーションシステム(CTIS)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別セントラルタイヤインフレーションシステム(CTIS)シェア、市場規模推移、市場規模予測、セントラルタイヤインフレーションシステム(CTIS)種類別分析(マニュアル、オートマチック)、セントラルタイヤインフレーションシステム(CTIS)用途別分析(軍事車両、民間車両)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・セントラルタイヤインフレーションシステム(CTIS)の市場概観 ・セントラルタイヤインフレーションシステム(CTIS)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・セントラルタイヤインフレーションシステム(CTIS)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・セントラルタイヤインフレーションシステム(CTIS)の世界市場規模 ・セントラルタイヤインフレーションシステム(CTIS)の北米市場分析(アメリカ …
  • イタリアの小関節処置動向(~2021)
  • 工業用乾燥機の世界市場予測(~2026):製品別(直接式、間接式、特殊式)、種類別(回転式、流動層式、噴霧式)、用途別、地域別
    当調査レポートでは、工業用乾燥機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、製品別分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、工業用乾燥機の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ナチュラルキラー細胞治療法の世界市場:NK細胞療法、NK細胞向け抗体
    当調査レポートでは、ナチュラルキラー細胞治療法の世界市場について調査・分析し、市場概要、治療法別(NK細胞療法およびNK細胞指向性抗体)分析、用途別(がん、消化器疾患、免疫増殖性疾患、その他)分析、エンドユーザー別(研究センター&研究所、病院、その他)分析、地域別分析、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・ナチュラルキラー細胞治療法の世界市場:治療法別(NK細胞療法およびNK細胞指向性抗体) ・ナチュラルキラー細胞治療法の世界市場:用途別(がん、消化器疾患、免疫増殖性疾患、その他) ・ナチュラルキラー細胞治療法の世界市場:エンドユーザー別(研究センター&研究所、病院、その他) ・ナチュラルキラー細胞治療法の世界市場:地域別 ・企業動向
  • セルフタンニング製品の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、セルフタンニング製品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、セルフタンニング製品市場規模、製品別(ローション、ジェル、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・セルフタンニング製品の世界市場概要 ・セルフタンニング製品の世界市場環境 ・セルフタンニング製品の世界市場動向 ・セルフタンニング製品の世界市場規模 ・セルフタンニング製品の世界市場:業界構造分析 ・セルフタンニング製品の世界市場:製品別(ローション、ジェル、その他) ・セルフタンニング製品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・セルフタンニング製品の北米市場規模・予測 ・セルフタンニング製品のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・セルフタンニング製品のアジア太平洋市場規模・予測 ・セルフタンニング製品の主要国分析 ・セルフタンニング製品の世界市場:意思決定フレームワーク ・セルフタンニング製品の世界市場:成長要因、課題 ・セルフタンニング製品の世界 …
  • 液化天然ガス(LNG)の世界市場:用途別(輸送用燃料、発電、鉱業・工業)、地域別予測
    本資料は、液化天然ガス(LNG)の世界市場について調べ、液化天然ガス(LNG)の世界規模、市場動向、市場環境、用途別(輸送用燃料、発電、鉱業・工業)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはChevron Corporation、Exxon Mobil Corporation、Royal Dutch Shell、Total SA、Petro China、Gazpromなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・液化天然ガス(LNG)の世界市場概要 ・液化天然ガス(LNG)の世界市場環境 ・液化天然ガス(LNG)の世界市場動向 ・液化天然ガス(LNG)の世界市場規模 ・液化天然ガス(LNG)の世界市場規模:用途別(輸送用燃料、発電、鉱業・工業) ・液化天然ガス(LNG)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・液化天然ガス(LNG)の北米市場規模・予測 ・液化天然ガス(LNG)のアメリカ市場規模・予測 ・液化天然ガス(LNG)のヨーロッパ市場規模・予測 ・液化天然 …
  • 自動車アクスル(車軸)・プロペラシャフトの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、自動車アクスル(車軸)・プロペラシャフトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、位置別分析、アクスル種類別分析、プロペラシャフト種類別分析、材料別分析、自動車アクスル(車軸)・プロペラシャフトの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 遺伝子組み換えDNA (rDNA) 技術の世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、遺伝子組み換えDNA (rDNA) 技術の世界市場について調査・分析し、遺伝子組み換えDNA (rDNA) 技術の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 遺伝子組み換えDNA (rDNA) 技術の世界市場:市場動向分析 - 遺伝子組み換えDNA (rDNA) 技術の世界市場:競争要因分析 - 遺伝子組み換えDNA (rDNA) 技術の世界市場:コンポーネント別 ・クローニングベクター ・発現系 - 遺伝子組み換えDNA (rDNA) 技術の世界市場:製品別 ・非医療用 ・医療用 - 遺伝子組み換えDNA (rDNA) 技術の世界市場:用途別 ・医療 ・食品・農業 ・環境 ・その他 - 遺伝子組み換えDNA (rDNA) 技術の世界市場:最終用途別 ・学術研究機関 ・製薬・バイオテクノロジー企業 ・その他 - 遺伝子組み換えDNA (rDNA) 技術の世界市場:主要地域別分析 - 遺伝子組み換えDNA (rDNA) 技術の北米市場規模(アメリカ市場等) - 遺伝子組み換えDNA (rDN …
  • 熱処理の世界市場2014–2025:材料別(スチール、鋳鉄)、プロセス別、機器別、用途別(自動車、航空宇宙)
    本調査レポートでは、熱処理の世界市場について調査・分析し、熱処理の世界市場動向、熱処理の世界市場規模、市場予測、セグメント別熱処理市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • オーストラリアのプラスチック製モノフィラメントおよび棒市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 動力工具の世界市場
    当調査レポートでは、動力工具の世界市場について調査・分析し、動力工具の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 屋根ふき用化学製品の世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、世界の屋根ふき用化学製品市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・屋根ふき用化学製品の世界市場:イントロダクション ・屋根ふき用化学製品の世界市場:市場概観 ・屋根ふき用化学製品の世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・屋根ふき用化学製品の世界市場:セグメント別市場分析 ・屋根ふき用化学製品の世界市場:主要地域別市場分析 ・屋根ふき用化学製品の世界市場:関連企業分析
  • ダンプ車傾斜装置の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、ダンプ車傾斜装置の世界市場について調査・分析し、ダンプ車傾斜装置の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ダンプ車傾斜装置の世界市場:市場動向分析 - ダンプ車傾斜装置の世界市場:競争要因分析 - ダンプ車傾斜装置の世界市場:耐荷重能力別 30トン以上 15−30トン 15トン未満 - ダンプ車傾斜装置の世界市場:フレーム金属別 アルミニウム 鋼鉄 - ダンプ車傾斜装置の世界市場:傾斜装置種別 三種傾斜体 ロールオフ傾斜体 後部傾斜体 - ダンプ車傾斜装置の世界市場:エンドユーザー別 廃棄物管理 採鉱 海洋サービス 建設 その他のエンドユーザー - ダンプ車傾斜装置の世界市場: 機構別 水力/油圧工学 空力 - ダンプ車傾斜装置の世界市場:主要地域別分析 - ダンプ車傾斜装置の北米市場規模(アメリカ市場等) - ダンプ車傾斜装置のヨーロッパ市場規模 - ダンプ車傾斜装置のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・ダンプ車傾斜装置の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 過活動膀胱(OAB)治療の世界市場予測(~2022年):抗コリン・ソリフェナシン、オキシブチニン、フェソテロジン、ダリフェナシン、ミラベグロン、ボトックス、神経刺激
    当調査レポートでは、過活動膀胱(OAB)治療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、薬物療法タイプ別分析、疾患タイプ別分析、地域別分析、過活動膀胱(OAB)治療の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動芝刈り機の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動芝刈り機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動芝刈り機の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"