"ロボットオペレーティングシステムの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM90930)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"ロボットオペレーティングシステムの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The rise in Research and Development funds for industry automation and increasing implementation of collaborative modular robots to drive the ROS market
The global Robot Operating System (ROS) market size is expected to grow from USD 312 million in 2019 to USD 467 million by 2024, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 8.4% during the forecast period. The increasing demand for Robotics-as-a-Service (RaaS) model and the rising adoption of low-cost industrial robots are the key factors driving the ROS market. However, the complex design of modular robots and controlling electronics, and high installation cost of low-volume production applications may hamper the growth of ROS market. Companies such as ABB and FANUC Corporation look forward to investing funds toward research and innovation. Strategies such as collaborations and acquisitions assist organizations which offer ROS in expanding their geographic footprints. These business expansions of major players are creating a demand for ROS. The robotic sector, through partnerships, mergers, and acquisitions, is providing companies access to the rapidly growing robotics industry.

Collaborative robots to account for the highest CAGR during the forecast period
The safety features and benefits over other robots to perform certain light-duty tasks, is driving the adoption of collaborative robots across the ROS market. Robots can be integrated with various sensors, vision systems, and passive compliance. It also integrates with overcurrent detection features, which detect any imminent collision with humans and take appropriate action to stop their movement, or deactivate the arm, or move the joint in the opposite direction, to avoid injury.

Automotive industry to dominate the market during the forecast period
The automotive industry is extremely dynamic and requires an exceptional flexibility from automotive manufacturers. The growing global competition demands for smart production systems, combined with flexible logistics systems. Within the manufacturing process, competitiveness, quality, and productivity have been improved owing to a better level of speed, accuracy, precision, flexibility, and agility of robots. Hence, ROS is highly incorporated in robots that are used in the automotive industry. The implementation of robots can help manufacturers to reduce time-to-market, cut product costs, and lower energy consumption. As automotive manufacturers look to remain competitive, they expect robotics to continue playing a pivotal role in the evolution of the automotive industry.

Asia Pacific to grow at the highest CAGR during the forecast period
The ROS market has been witnessing a tremendous growth in regions, such as China, Japan, and South Korea. These countries have a high penetration in the ROS market and provide solutions that resolve the complex queries faced by customers. The high adoption rate of digital technologies and automation, especially in China, Japan, and South Korea, has made APAC a lucrative market. The growing development in these countries is expected to provide several new opportunities for ROS vendors in APAC. The rising aging population is driving the demand for robots in countries, such as China and Japan. The increased application of robots in diverse industries, including education and healthcare, further supplements the growth of the ROS market in APAC.

In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), marketing directors, innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the ROS market.
The breakup of the profiles of the primary participants is given below:
• By Company: Tier 1 – 62%, Tier 2 – 23%, and Tier 3 – 15%
• By Designation: C-Level – 38% and Director Level – 30%, and others – 32%
• By Region: North America – 40%, Europe – 15%, APAC – 35%, MEA – 5%, and Latin America – 5%
The key vendors profiled in the report are as follows:
• ABB Ltd. (Switzerland)
• FANUC (Japan)
• KUKA AG (Germany)
• Yaskawa Electric Corporation (Japan)
• Denso (Japan)
• Microsoft (US)
• Omron Corporation (Japan)
• Universal Robotics (Denmark)
• Clearpath Robots (Canada)
• iRobot Corporation (US)
• Rethink Robotics (Germany)
• Stanley Innovation (US)
• Husarion (Poland)

Research Coverage
The ROS market has been segmented by robot type (articulated robots; Selective Compliance Articulated Robot Arm [SCARA] robots; parallel robots; cartesian robots; and collaborative robots), application (pick and place; plastic injection and blow molding; Printed Circuit Board [PCB] handling and Information and Communications Technology [ICT]; testing and quality inspection; metal stamping and press tending; Computerized Numerical Control [CNC] machine tending; and co-packing and end of line packaging), industry (automotive; electrical and electronics; metals and machinery; plastic, rubber, and chemicals; food and beverages, healthcare; and others), and region. A detailed analysis of the key industry players has been undertaken to provide insights into their business overviews; key strategies; partnerships, agreements, and collaborations; business expansions; and competitive landscape associated with the global ROS market.

Reasons to Buy the Report
The report would help the market leaders/new entrants in the following ways:
• It comprehensively segments the ROS market and provides the closest approximations of the revenue numbers for the overall market and its sub segments across regions.
• It would help stakeholders understand the pulse of the market and provide information about the key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.
• It would help stakeholders understand competitor behavior better and gain more insights to enhance their positions in the market. The competitive landscape section includes the competitor ecosystem, partnerships, and acquisitions.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"ロボットオペレーティングシステムの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 14)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 18)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakup of Primaries
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Top-Down Approach
2.3.2 Bottom-Up Approach
2.4 Market Forecast
2.5 Assumptions for the Study
2.6 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 24)
4 Premium Insights (Page No. – 28)
4.1 Attractive Opportunities in the Robot Operating System Market
4.2 Market in North America, By Robot Type and Country
4.3 Market Major Countries
5 Market Overview and Industry Trends (Page No. – 30)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Rising R&D Funds for Industry Automation
5.2.1.2 Increasing Implementation of Collaborative Modular Robots
5.2.1.3 Growing Participation of SMES in Developing Countries
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Complex Design of Modular Robots and Controlling Electronics
5.2.2.2 High Installation Cost of Low-Volume Production Applications
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Increasing Demand for Robotics-as-a-Service Model
5.2.3.2 Rising Adoption of Low-Cost Industrial Robots
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Requirement of Advanced Robotics Applications to Meet Consumer Expectations
5.2.4.2 Need to Safely Handle Industrial-Grade Operations
5.3 use Cases
5.3.1 Introduction
5.3.1.1 Use Case: Scenario 1
5.3.1.2 Use Case: Scenario 2
5.3.1.3 Use Case: Scenario 3
5.3.1.4 Use Case: Scenario 4
5.4 Integration With Other Operating Systems
5.4.1 Introduction
5.4.2 Gazebo
5.4.3 Opencv
5.4.4 Point Cloud Library
5.4.5 Moveit
5.4.6 ROS Industrial
6 Robot Operating System Market By Robot Type (Page No. – 39)
6.1 Introduction
6.2 Articulated Robots
6.2.1 Increasing Demand for Articulated Robots to Pave the Way for the Robot Operating System Market in Different Verticals
6.3 SCARA Robots
6.3.1 Best Time-To-Performance Ratio Offered By SCARA Robots for Speed Application to Enhance the Market Growth
6.4 Parallel Robots
6.4.1 Increasing Demand for Pick and Place Application to Drive the Market for Parallel Robots
6.5 Cartesian Robots
6.5.1 High Degree of Mechanical Rigidity, Accuracy, and Repeatability to Drive the Growth of Cartesian Robots
6.6 Collaborative Robots
6.6.1 Safety Features of Collaborative Robots to Drive the Growth of the Market
7 Robot Operating System Market By Industry (Page No. – 46)
7.1 Introduction
7.2 Automotive
7.2.1 The Demand for Smart Production in the Automotive Industry to Drive the Growth of the Market
7.3 Electrical and Electronics
7.3.1 Increasing Demand for Miniaturization of Electrical and Electronic Equipment to Boost the Market
7.4 Metal and Machinery
7.4.1 Machine Tending and Welding Applications to Drive the Market for Metal and Machinery Industry
7.5 Plastics, Rubber, and Chemicals
7.5.1 Capability to Handle Hazardous Explosive Substances to Boost the Adoption of ROS in Plastics, Rubber, and Chemicals Industry
7.6 Food and Beverages
7.6.1 The Demand for Palletizing and Pick-And-Place Applications in Food and Beverages Industry to Enhance the Growth of the Market
7.7 Healthcare
7.7.1 Need for Handling Hazardous Biologicals and Radioactive Substances to Boost the Market Growth in Healthcare Industry
7.8 Others
8 Robot Operating System Market By Application (Page No. – 56)
8.1 Introduction
8.2 Pick and Place
8.2.1 Increasing Need of Automation Driving the ROS Adoption Across Repetitive Pick and Place Tasks
8.3 Plastic Injection and Blow Molding
8.3.1 ROS Offers Cost-Effective, High-Performance Factory Automation Tool for Injection Molders
8.4 Printed Circuit Board Handling and Information Communication and Technology
8.4.1 Complicated Tasks Included in PCB Handling to Drive the Growth of ROS-Implemented Robots in the Market
8.5 Testing and Quality Inspection
8.5.1 ROS to Increase Consistency and Maintain High Levels of Product Quality
8.6 Metal Stamping and Press Trending
8.6.1 ROS-Based Robots to Help Manufacturers in Terms of Utilization, Secondary Processes, Labor Resources, and Productivity
8.7 Computer Numerical Control Machine Tending
8.7.1 ROS to Support Robots to Tend Machines and Relieve Employees From Repetitive Work
8.8 Co-Packing and End of Line Packaging
8.8.1 ROS to Ensure the Deliveries Counted Correctly and Packed
9 Robot Operating System Market By Region (Page No. – 60)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 United States
9.2.1.1 Increasing Demand for Automating Production to Drive Market Growth in the US
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Growing Need for Flexible Automation to Boost the Market Growth in Canada
9.3 Europe
9.3.1 United Kingdom
9.3.1.1 Increasing Manufacturing Competitiveness to Drive Market Growth in the UK
9.3.2 Germany
9.3.2.1 Increase in the Number of Automotive Original Equipment Manufacturers to Boost Market Growth in Germany
9.3.3 Rest of Europe
9.4 Asia Pacific
9.4.1 China
9.4.1.1 Electrical and Electronics Industry to Drive the Market Growth in China
9.4.2 Japan
9.4.2.1 Shortage of Skilled Labor to Drive the Growth of ROS Market in Japan
9.4.3 South Korea
9.4.3.1 Rapid Technological Adoption to Drive the Market Growth in South Korea
9.4.4 Rest of Asia Pacific
9.5 Rest of the World
10 Competitive Landscape (Page No. – 73)
10.1 Introduction
10.2 Competitive Situation and Trends
10.2.1 New Product/Service Launches
10.2.2 Agreements, Collaborations, and Partnerships
10.2.3 Mergers and Acquisitions
10.2.4 Business Expansions
10.3 Key Players in the Robot Operating System Market
11 Company Profiles (Page No. – 79)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
11.1 ABB
11.2 FANUC
11.3 KUKA AG
11.4 Yaskawa Electric Corporation
11.5 Denso
11.6 Microsoft
11.7 Omron
11.8 Universal Robots
11.9 Clearpath Robotics
11.10 iRobot Corporation
* Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
11.11 Rethink Robotics GmbH
11.12 Stanley Innovation
11.13 Husarion
12 Appendix (Page No. – 103)
12.1 Industry Excerpts
12.2 Discussion Guide
12.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.4 Available Customizations
12.5 Related Reports
12.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】ロボットオペレーティングシステムの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年8月20日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM90930
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】IT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
ロボットオペレーティングシステムの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界のクラウドサービスブローカー市場規模・予測2017-2025:プラットフォーム別(内部ブローカー、外部ブローカー)、サービスの種類別(オペレーション管理、カタログ管理、業務量管理)、展開モデル別(パブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウド)、組織規模別(中小企業、大企業)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のクラウドサービスブローカー市場について調査・分析し、世界のクラウドサービスブローカー市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のクラウドサービスブローカー関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ベーカリー&シリアルのノルウェー市場
  • 中国のコンベヤベルト市場2016-2020
    当調査レポートでは、中国のコンベヤベルト市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、中国のコンベヤベルト市場規模及び予測、種類別分析、材料別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の航空・防衛産業におけるサイバーセキュリティ市場
    当調査レポートでは、世界の航空・防衛産業におけるサイバーセキュリティ市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、構成要素別分析、導入形態別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の点滴装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の点滴装置市場2015について調査・分析し、点滴装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ベビームーブメントモニターの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ベビームーブメントモニターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ベビームーブメントモニター市場規模、製品別(マットレス下、おむつ装着、スマートウェアラブル、その他)分析、販売経路別(子供用品専門店、オンライン小売店、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ベビームーブメントモニターの世界市場概要 ・ベビームーブメントモニターの世界市場環境 ・ベビームーブメントモニターの世界市場動向 ・ベビームーブメントモニターの世界市場規模 ・ベビームーブメントモニターの世界市場:業界構造分析 ・ベビームーブメントモニターの世界市場:製品別(マットレス下、おむつ装着、スマートウェアラブル、その他) ・ベビームーブメントモニターの世界市場:販売経路別(子供用品専門店、オンライン小売店、その他) ・ベビームーブメントモニターの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ベビームーブメントモニターのアメリカ市場規模・予測 ・ベビーム …
  • キシロオリゴ糖(XOS)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、キシロオリゴ糖(XOS)の世界市場について調査・分析し、キシロオリゴ糖(XOS)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別キシロオリゴ糖(XOS)シェア、市場規模推移、市場規模予測、キシロオリゴ糖(XOS)種類別分析(XOS-95P、XOS-70P、XOS-70L、XOS-35P、XOS-20P)、キシロオリゴ糖(XOS)用途別分析(医療・健康用製品、飲食料品、飼料、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・キシロオリゴ糖(XOS)の市場概観 ・キシロオリゴ糖(XOS)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・キシロオリゴ糖(XOS)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・キシロオリゴ糖(XOS)の世界市場規模 ・キシロオリゴ糖(XOS)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・キシロオリゴ糖(XOS)のアメリカ市場規模推移 ・キシロオリゴ糖(XOS)のカナダ市場規模推移 ・キシロオリゴ糖(XOS)のメキシコ市場規模推移 ・キシロオリゴ糖(XOS)のヨーロ …
  • ヘア美容液の世界市場:ヘアースタイリング美容液、ヘアトリートメント美容液
    当調査レポートでは、ヘア美容液の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヘア美容液の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 家庭用AVケーブルの世界市場:HDMI、RCA、DVI、VGA
    当調査レポートでは、家庭用AVケーブルの世界市場について調査・分析し、市場概要、種類別(HDMI、RCA、DVI、VGA、その他)分析、コンポーネント別(コネクタ、アダプタ)分析、ケーブルカテゴリ別(銅ケーブル、光ファイバー、同軸ケーブル)分析、地域別分析、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・家庭用AVケーブルの世界市場:種類別(HDMI、RCA、DVI、VGA、その他) ・家庭用AVケーブルの世界市場:コンポーネント別(コネクタ、アダプタ) ・家庭用AVケーブルの世界市場:ケーブルカテゴリ別(銅ケーブル、光ファイバー、同軸ケーブル) ・家庭用AVケーブルの世界市場:地域別 ・企業動向
  • 子供用屋外ブランコの世界市場
    当調査レポートでは、子供用屋外ブランコの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、子供用屋外ブランコの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • ヘリコプタブレードの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ヘリコプタブレードの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヘリコプタブレードの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 細胞障害性薬物の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、細胞障害性薬物の世界市場について調査・分析し、細胞障害性薬物の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別細胞障害性薬物シェア、市場規模推移、市場規模予測、細胞障害性薬物種類別分析(注射、固形経口薬、その他)、細胞障害性薬物用途別分析(乳がん、血液がん、前立腺癌、呼吸器/肺がん、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・細胞障害性薬物の市場概観 ・細胞障害性薬物のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・細胞障害性薬物のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・細胞障害性薬物の世界市場規模 ・細胞障害性薬物の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・細胞障害性薬物のアメリカ市場規模推移 ・細胞障害性薬物のカナダ市場規模推移 ・細胞障害性薬物のメキシコ市場規模推移 ・細胞障害性薬物のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・細胞障害性薬物のドイツ市場規模推移 ・細胞障害性薬物のイギリス市場規模推移 ・細胞障害性薬物のロシア市場規模推移 ・細 …
  • メタロセンポリエチレンの世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、メタロセンポリエチレンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 建設用複合材料の世界市場2014-2025:繊維別(炭素繊維、ガラス繊維、その他)、レジン別(熱可塑性、熱硬化性)、用途別、地域別
    本調査レポートでは、建設用複合材料の世界市場について調査・分析し、建設用複合材料の世界市場動向、建設用複合材料の世界市場規模、市場予測、セグメント別建設用複合材料市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 機械的血栓除去術デバイスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、機械的血栓除去術デバイスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、機械的血栓除去術デバイスの世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 注型用樹脂の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、注型用樹脂の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、注型用樹脂市場規模、種類別(ポリウレタン、エポキシ、不飽和ポリエステル)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・注型用樹脂の世界市場概要 ・注型用樹脂の世界市場環境 ・注型用樹脂の世界市場動向 ・注型用樹脂の世界市場規模 ・注型用樹脂の世界市場:業界構造分析 ・注型用樹脂の世界市場:種類別(ポリウレタン、エポキシ、不飽和ポリエステル) ・注型用樹脂の世界市場:地域別市場規模・分析 ・注型用樹脂の北米市場規模・予測 ・注型用樹脂のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・注型用樹脂のアジア太平洋市場規模・予測 ・注型用樹脂の主要国分析 ・注型用樹脂の世界市場:意思決定フレームワーク ・注型用樹脂の世界市場:成長要因、課題 ・注型用樹脂の世界市場:競争環境 ・注型用樹脂の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析) 主な分析対象企業は、Covestro、Hexion、Hun …
  • 自動車用NFC(近距離無線通信)システムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用NFC(近距離無線通信)システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用NFC(近距離無線通信)システムの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アルゼンチンのPET(ポリエチレンテレフタラート)市場(~2019)
  • ドーパミンベータヒドロキシラーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるドーパミンベータヒドロキシラーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ドーパミンベータヒドロキシラーゼ阻害剤の概要 ・ドーパミンベータヒドロキシラーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のドーパミンベータヒドロキシラーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ドーパミンベータヒドロキシラーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ドーパミンベータヒドロキシラーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • モバイルセキュリティソフトウェアの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、モバイルセキュリティソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モバイルセキュリティソフトウェアの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 胃部・胃食道接合部腺癌:世界の薬剤市場予測・分析
  • エネルギー管理の世界市場
    当調査レポートでは、エネルギー管理の世界市場について調査・分析し、エネルギー管理の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - エネルギー管理の世界市場:市場動向分析 - エネルギー管理の世界市場:競争要因分析 - エネルギー管理の世界市場:ソリューション別 ・公共料金の請求および顧客情報システム ・炭素管理システム ・需要反応管理 - エネルギー管理の世界市場:ソフトウェア別 ・住宅用エネルギー管理システム ・公益事業用エネルギー管理システム ・企業用炭素およびエネルギー管理 ・産業用エネルギー管理システム ・その他 - エネルギー管理の世界市場:部品別 ・センサー ・高性能なサーモスタット ・負荷制御スイッチ(LCS) ・自宅用モニター ・高性能なプラグ ・コントローラー ・ハードウェア・コンポーネント ・制御システム ・通信ネットワーク ・その他 - エネルギー管理の世界市場:産業別 ・電気通信&IT ・電力およびエネルギー(P&E) ・オフィスおよび商業ビル ・製造 ・地方自治体、大学、学校、病院のシス …
  • 紙加工機の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、紙加工機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、紙加工機の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • クーリングファブリックの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、クーリングファブリックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、種類別(合成、ナチュラル)分析、テキスタイル種類別(織布、不織布、ニット)分析、用途別(スポーツアパレル、ライフスタイル、保護服、その他)分析、クーリングファブリックの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、クーリングファブリックの世界市場規模が2019年24億万ドルから2024年37億万ドルまで年平均9.1%成長すると予測しています。
  • 膣鏡の世界市場:種類別(プラスチック、ステンレス)、用途別(手術用、試験用)、地域別予測
    本資料は、膣鏡の世界市場について調べ、膣鏡の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(プラスチック、ステンレス)分析、用途別(手術用、試験用)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはSyniverse Technologies LLC、Kraft、Dairy Farmers of America、Land O Lakes、Crystal Farms、Follow Your Heart、Daiya、Tofutti 、Heidi Ho、Kite Hill、Dr. Cow Tree Nut Cheese、Uhrenholt A/S、Miyoko’s Kitchen、Vtopian Artisan Cheeses、Punk Rawk Labs、Violife、Parmela Creamery、Treeline Treenut Cheeseなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・膣鏡の世界市場概要 ・膣鏡の世界市場環境 ・膣鏡の世界市場動向 ・膣鏡の世界市場規模 …
  • 医療用複合材料の世界市場:繊維複合材、高分子・金属複合材、高分子・セラミック複合材
    当調査レポートでは、医療用複合材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、医療用複合材料の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • シアン酸エステル樹脂の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、シアン酸エステル樹脂の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、需要先(産業)別分析、用途(複合材料、接着剤)別分析、地域別分析、シアン酸エステル樹脂の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 軽航空機システムの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、軽航空機システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、軽航空機システム市場規模、種類別(気球、飛行船、ハイブリッド飛行船)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・軽航空機システムの世界市場概要 ・軽航空機システムの世界市場環境 ・軽航空機システムの世界市場動向 ・軽航空機システムの世界市場規模 ・軽航空機システムの世界市場:業界構造分析 ・軽航空機システムの世界市場:種類別(気球、飛行船、ハイブリッド飛行船) ・軽航空機システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・軽航空機システムの北米市場規模・予測 ・軽航空機システムのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・軽航空機システムのアジア太平洋市場規模・予測 ・軽航空機システムの主要国分析 ・軽航空機システムの世界市場:成長要因、課題 ・軽航空機システムの世界市場:競争環境 ・軽航空機システムの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 実験ろ過の世界市場分析:製品別(フィルター濾紙、石英濾紙、セルロース濾紙、ガラスマイクロファイバー濾紙、シリンジフィルタ、ろ過アクセサリー、フィルターホルダー、フィルターディスペンサーフィルターフラスコ、カートリッジフィルター、フィルター漏斗、フィルターハウジング、密閉真空ポンプ)、技術別(マイクロフィルトレーション、ナノろ過、真空ろ過、限外ろ過、逆浸透)、セグメント予測
    本調査レポートでは、実験ろ過の世界市場について調査・分析し、実験ろ過の世界市場動向、実験ろ過の世界市場規模、市場予測、セグメント別実験ろ過市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • パレットのインド市場予測・分析2020-2024
  • 発電用地熱掘削の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、発電用地熱掘削の世界市場について調べ、発電用地熱掘削の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、発電用地熱掘削の市場規模をセグメンテーション別(用途別(バイナリプラント、スチームプラント)、)と地域別(アメリカ大陸、アジア太平洋、EMEA(ヨーロッパ、中東・アフリカ))に分けて算出しました。Technavio社は発電用地熱掘削の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均9%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・発電用地熱掘削の市場状況 ・発電用地熱掘削の市場規模 ・発電用地熱掘削の市場予測 ・発電用地熱掘削の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(バイナリプラント、スチームプラント) ・発電用地熱掘削の顧客状況 ・主要地域別市場規模:アメリカ大陸、アジア太平洋、EMEA(ヨーロッパ、中東・アフリカ) ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • コンテンツレコメンドエンジンの世界市場:コンポーネント別(ソリューション、サービス)、フィルタリング法別(コラボレーティブ、コンテンツベース、ハイブリッド)、垂直産業別(電子商取引、ホスピタリティ、IT・テレコム、教育・トレーニング、ヘルスケア・製薬、その他)、地域別予測
    本資料は、コンテンツレコメンドエンジンの世界市場について調べ、コンテンツレコメンドエンジンの世界規模、市場動向、市場環境、コンポーネント別(ソリューション、サービス)分析、フィルタリング法別(コラボレーティブ、コンテンツベース、ハイブリッド)分析、垂直産業別(電子商取引、ホスピタリティ、IT・テレコム、教育・トレーニング、ヘルスケア・製薬、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・コンテンツレコメンドエンジンの世界市場概要 ・コンテンツレコメンドエンジンの世界市場環境 ・コンテンツレコメンドエンジンの世界市場動向 ・コンテンツレコメンドエンジンの世界市場規模 ・コンテンツレコメンドエンジンの世界市場規模:コンポーネント別(ソリューション、サービス) ・コンテンツレコメンドエンジンの世界市場規模:フィルタリング法別(コラボレーティブ、コンテンツベース、ハイブリッド) ・コンテンツレコメンドエンジンの世界市場規模:垂直産業別(電子商取引、ホス …
  • アメリカのビタミンD検査市場
    当調査レポートでは、アメリカのビタミンD検査市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカのビタミンD検査市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • セルロース系エタノールの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、セルロース系エタノールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、セルロース系エタノールの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 電気絶縁コーティングの世界市場分析:製品別(液体、粉体)、原材料別(エポキシ、ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)、セラミック)、セグメント予測
    本調査レポートでは、電気絶縁コーティングの世界市場について調査・分析し、電気絶縁コーティングの世界市場動向、電気絶縁コーティングの世界市場規模、市場予測、セグメント別電気絶縁コーティング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 3Dバイオプリンティングの世界市場:技術別(磁気浮上式、インクジェット式、シリンジ式、レーザー式)、用途別、セグメント予測
    本調査レポートでは、3Dバイオプリンティングの世界市場について調査・分析し、3Dバイオプリンティングの世界市場動向、3Dバイオプリンティングの世界市場規模、市場予測、セグメント別3Dバイオプリンティング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • フォトレジストの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、フォトレジストの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、フォトレジストの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 単方向テープ(UDテープ)の世界市場:ファイバー別(カーボン、ガラス、その他)、樹脂別(熱硬化性、熱可塑性、その他)、最終用途別(自動車、航空宇宙・防衛、スポーツ・レジャー、その他)、地域別予測
    本資料は、単方向テープ(UDテープ)の世界市場について調べ、単方向テープ(UDテープ)の世界規模、市場動向、市場環境、ファイバー別(カーボン、ガラス、その他)分析、樹脂別(熱硬化性、熱可塑性、その他)分析、最終用途別(自動車、航空宇宙・防衛、スポーツ・レジャー、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・単方向テープ(UDテープ)の世界市場概要 ・単方向テープ(UDテープ)の世界市場環境 ・単方向テープ(UDテープ)の世界市場動向 ・単方向テープ(UDテープ)の世界市場規模 ・単方向テープ(UDテープ)の世界市場規模:ファイバー別(カーボン、ガラス、その他) ・単方向テープ(UDテープ)の世界市場規模:樹脂別(熱硬化性、熱可塑性、その他) ・単方向テープ(UDテープ)の世界市場規模:最終用途別(自動車、航空宇宙・防衛、スポーツ・レジャー、その他) ・単方向テープ(UDテープ)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・単方向テープ(UDテープ)の北 …
  • デジタルストレージデバイスの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、デジタルストレージデバイスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、デジタルストレージデバイス市場規模、製品別(ハードディスクドライブ(HDD)、ソリッドステートドライブ(SSD)、フラッシュストレージ、磁気ディスクドライブ、光学式ディスクドライブ、その他)分析、ストレージ容量別(2TB以上、512GB~2TB、128~512GB、8~128GB、8GB)分析、ストレージ種類別(リモート、ローカル、NAS(ネットワーク接続ストレージ))分析、利用形態別(個人利用、企業利用)分析、用途別(ラップトップPC、デスクトップPC、スマートフォン、ネットワーク機器、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ デジタルストレージデバイスの世界市場:市場動向分析 ・ デジタルストレージデバイスの世界市場:競争要因分析 ・ デジタルストレージデバイスの世界市場:製品別(ハードディスクドライブ(HDD)、ソリッドステートドライブ(SS …
  • 音楽の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、音楽の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、音楽の世界市場規模及び予測、音楽収益源別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用シートの世界市場:トリム材料別(ファブリック、合成皮革、本革)、シートタイプ別(バケットシート・ベンチシート)、車両タイプ別(乗用車、小型商用車、大型商用車)、車両エネルギー源別(ガソリン、ディーゼル、電気、LPG)
    本資料は、自動車用シートの世界市場について調べ、自動車用シートの世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、トリム材料別(ファブリック、合成皮革、本革)分析、車両タイプ別(乗用車、小型商用車、大型商用車)分析、車両エネルギー源別(ガソリン、ディーゼル、電気、LPG)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・自動車用シートの世界市場概要 ・自動車用シートの世界市場環境 ・自動車用シートの世界市場動向 ・自動車用シートの世界市場規模 ・自動車用シートの世界市場:市場シェア ・自動車用シートの世界市場:トリム材料別(ファブリック、合成皮革、本革) ・自動車用シートの世界市場:シートタイプ別(バケットシート・ベンチシート) ・自動車用シートの世界市場:車両タイプ別(乗用車、小型商用車、大型商用車) ・自動車用シートの世界市場:車両エネルギー源別(ガソリン、ディーゼル、電気、LPG) ・自動車用シートの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用シートの北米市 …
  • 臓器移植合併症の治療薬開発パイプライン分析2018
  • 慢性閉塞性肺疾患(COPD)治療薬の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、慢性閉塞性肺疾患(COPD)治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、慢性閉塞性肺疾患(COPD)治療薬の世界市場規模及び予測、技術別分析、製品別分析、薬剤種類別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ディスク型金属酸化物バリスタの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ディスク型金属酸化物バリスタの世界市場について調査・分析し、ディスク型金属酸化物バリスタの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ディスク型金属酸化物バリスタシェア、市場規模推移、市場規模予測、ディスク型金属酸化物バリスタ種類別分析(LV MOV、HV-MVMOV)、ディスク型金属酸化物バリスタ用途別分析(遠距離通信、電力、建物、鉄道、石油化学、新エネルギー、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ディスク型金属酸化物バリスタの市場概観 ・ディスク型金属酸化物バリスタのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ディスク型金属酸化物バリスタのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ディスク型金属酸化物バリスタの世界市場規模 ・ディスク型金属酸化物バリスタの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ディスク型金属酸化物バリスタのアメリカ市場規模推移 ・ディスク型金属酸化物バリスタのカナダ市場規模推移 ・ディスク型金属酸化物バリスタのメキシコ市場規模推移 ・ディスク …
  • 目の病気用手術の世界市場:白内障手術、緑内障手術、糖尿病網膜症
    当調査レポートでは、目の病気用手術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、目の病気用手術の世界市場規模及び予測、手術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 種まき機の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、種まき機の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、種まき機市場規模、技術別分析、製品別(タイン式、ディスク式)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・種まき機の世界市場概要 ・種まき機の世界市場環境 ・種まき機の世界市場動向 ・種まき機の世界市場規模 ・種まき機の世界市場:業界構造分析 ・種まき機の世界市場:技術別 ・種まき機の世界市場:製品別(タイン式、ディスク式) ・種まき機の世界市場:地域別市場規模・分析 ・種まき機の北米市場規模・予測 ・種まき機のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・種まき機のアジア太平洋市場規模・予測 ・種まき機の主要国分析 ・種まき機の世界市場:意思決定フレームワーク ・種まき機の世界市場:成長要因、課題 ・種まき機の世界市場:競争環境 ・種まき機の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 計算流体力学(CFD)の世界市場2020-2024
    「計算流体力学(CFD)の世界市場2020-2024」は、計算流体力学(CFD)について市場概要、市場規模、エンドユーザー別(航空宇宙および防衛、自動車、電気および電子機器、その他)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・計算流体力学(CFD)の世界市場:エンドユーザー別(航空宇宙および防衛、自動車、電気および電子機器、その他) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • LANaaS(クラウド式LANサービス)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、LANaaS(クラウド式LANサービス)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、LANaaS(クラウド式LANサービス)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 艦艇MROの世界市場
    当調査レポートでは、艦艇MROの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、艦艇MROの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • デジタルペイメントの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、デジタルペイメントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、タイプ別(ソリューション、サービス)分析、ソリューションタイプ別(支払処理、ペイメントゲートウェイ、決済ウォレット、POSソリューション、決済セキュリティ、不正行為管理)分析、導入モード別分析、組織サイズ別分析、デジタルペイメントの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"