"自動化式侵害及び攻撃シミュレーションの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM90932)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"自動化式侵害及び攻撃シミュレーションの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Increase in the use of data quality tools for data management to drive the overall growth of the Automated Breach and Attack Simulation (ABAS) market.The ABAS market is projected to grow from USD 134 million in 2019 to USD 724 million by 2024, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 40.2% from 2019 to 2024. The market growth is driven by various factors, such as the increasing regulations and compliances, growing requirement to prioritize security investments, and complexity of managing regulations and compliances have contributed considerable share in the ABAS ecosystem.

By services, the training segment is estimated to hold a larger market size in 2019
Cybersecurity training services is a critical requirement for enterprises that face an increasing volume of constantly evolving threats. The Information Technology (IT) security recruits need to be skilled in the advanced techniques and procedures required for effective threat management and mitigation strategies. Training of security personnel with up-to-date knowledge, practices, and procedures help defend the enterprises against most cyberattacks.

By application type, other threat intelligence to register a higher growth rate during the forecast period
Threat intelligence solutions collect and analyze information about the existing and evolving threat vectors from multiple sources to provide actionable threat intelligence feeds and reports, which can be effectively utilized by various security control solutions. Such solutions keep organizations informed of the risks of Advanced Persistent Threat (APTs), zero-day attacks, and threats, and help them protect themselves against the possibilities of data breach occurrences. With the increasing dependence of organizations on information and communication technologies to ease various business processes, these organizations have become exposed to a variety of cybercrimes and security vulnerabilities. In such cases, threat intelligence solutions offer the required assistance. They provide an effective and reliable threat detection to alleviate cyber threats based on security events and security intelligence feeds, manage business risks, reduce potential damage, and improve organizations’ entire security infrastructure.

Asia Pacific (APAC) to register highest growth rate during the forecast period
APAC is making great strides toward the adoption of various technologies. The region is leading the charge in adoption of many technologies such as Smart Cities. While all the happenings have opened up a greater corridor for growth and developments, it also made the region more vulnerable, giving more opportunities for threats to get through. Gradually, attackers are developing better, sophisticated, and cutting-edge techniques to breach organizations. APAC is an ideal environment for cybercriminals to thrive in, owing to high digital connectivity, contrasted with the low cybersecurity awareness, growing cross-border data transfers, and weak regulations. Although the organizations in this region considers cybersecurity a high priority but only a handful of companies employ cybersecurity professionals. Countries such as India and Japan are witnessing a significant increase in cyber-attacks. The traditional methods are no longer adequate to manage and mitigate the advanced bot attacks. These challenges are going to eventual push the automated attack simulation and remediation market in APAC region.
• By Company Type: Tier 1 – 25%, Tier 2 – 55%, and Tier 3 – 20%
• By Designation: C-level – 50%, D-level – 30%, and Others – 20%
• By Region: North America – 55%, Europe – 25%, APAC – 15%, RoW – 5%
Major vendors offering ABAS solutions include Qualys (US), Rapid7 (US), DXC Technology (US), AttackIQ (US), Cymulate (Israel), XM Cyber (Israel), Skybox Security (US), SafeBreach (US), Firemon (US), Verdoin (FireEye) (US), NopSec (US), Threatcare (US), Mazebolt (US), Scythe (US), and Cronus-Cyber Technologies (Israel). The study includes an in-depth competitive analysis of these key market players along with their profiles, recent developments, and key market strategies.

Research Coverage
The market study covers the ABAS market size across segments. It aims at estimating the market size and the growth potential of this market across different segments by offering, application, end user, and region. The study also includes an in-depth competitive analysis of the key market players, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

The report will help the market leaders/new entrants with information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall ABAS market and its subsegments. This report will help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to better position their businesses and to plan suitable go-to-market strategies. The report will also help stakeholders understand the pulse of the market and provide them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"自動化式侵害及び攻撃シミュレーションの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 13)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regional Scope
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 16)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakup of Primaries
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Top-Down Approach
2.3.2 Bottom-Up Approach
2.4 Market Forecast
2.5 Assumptions for the Study
2.6 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 23)
4 Premium Insights (Page No. – 26)
4.1 Attractive Opportunities in the Automated Breach and Attack Simulation Market
4.2 Market By Offering, 2019–2024
4.3 Market By Service, 2019–2024
4.4 Market By Application, 2019–2024
4.5 Market By Region, 2019–2024
5 Market Overview and Industry Trends (Page No. – 29)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Complexity in Managing Vulnerabilities From Various Sources
5.2.1.2 Demand for Prioritizing Security Investments
5.2.1.3 Need to Manage Regulations and Compliances
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Highly Crowded Security Industry
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Growing Business Sizes Making Manual Testing Complex
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Dearth of Cybersecurity Professionals
5.2.4.2 Low Awareness About Cybersecurity
5.3 Use Cases
6 Automated Breach and Attack Simulation Market By Offering (Page No. – 34)
6.1 Introduction
6.2 Platforms/Tools
6.2.1 Need for Continuous Assessment of Security Hygiene to Drive the Demand for ABAS Platforms/Tools
6.3 Services
6.3.1 Training
6.3.1.1 Need for Continuous Skill Assessment and Training to Understand the Complexities of Rapidly Evolving Security Posture to Drive the ABAS Market
6.3.2 On-Demand Analyst
6.3.2.1 Inadequate In-House Skills to Map or Prioritize Threat Vectors to Accelerate
7 Automated Breach and Attack Simulation Market By Application (Page No. – 41)
7.1 Introduction
7.2 Configuration Management
7.2.1 Growing Demand for the Ability to Visualize the Threats and Vulnerabilities During Configuration
7.3 Patch Management
7.3.1 Need to Comply With Regulatory Frameworks and Focus on It Governance Policies Driving the Demand for Patch Management Application
7.4 Threat Intelligence
7.4.1 High Demand for Threat Intelligence and Mitigation Solutions to Create Remediation Strategy
7.5 Others
8 Market By End User (Page No. – 47)
8.1 Overview
8.2 Enterprise and Datacenters
8.3 Managed Service Providers
9 Automated Breach and Attack Simulation Market By Region (Page No. – 51)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 United States
9.2.2 Canada
9.3 Europe
9.3.1 United Kingdom
9.3.2 Germany
9.3.3 France
9.3.4 Rest of Europe
9.4 Asia Pacific
9.4.1 China
9.4.2 Japan
9.4.3 India
9.4.4 Australia and New Zealand
9.4.5 Rest of Asia Pacific
9.5 Rest of the World
9.5.1 Middle East
9.5.2 Latin America
10 Competitive Landscape (Page No. – 65)
10.1 Competitive Leadership Mapping
10.1.1 Visionary Leaders
10.1.2 Innovators
10.1.3 Dynamic Differentiators
10.1.4 Emerging Companies
10.2 Strength of Product Portfolio (20 Players)
10.3 Business Strategy Excellence (20 Players)
10.4 Ranking of Key Players for the Automated Breach and Attack Simulation Market, 2019
11 Company Profiles (Page No. – 70)
11.1 Introduction
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, and MnM View)*
11.2 Qualys
11.3 Rapid7
11.4 DXC Technology
11.5 AttackIQ
11.6 Cymulate
11.7 XM Cyber
11.8 Skybox Security
11.9 SafeBreach
11.10 Firemon
11.11 Verodin (FireEye)
11.12 NopSec
11.13 Threatcare
11.14 Mazebolt
11.15 Scythe
11.16 Cronus Cyber Technologies
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, and MnM View Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 94)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customization
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】自動化式侵害及び攻撃シミュレーションの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年8月20日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM90932
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】IT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
自動化式侵害及び攻撃シミュレーションの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • モーターソフトスターターの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、モーターソフトスターターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、電圧別(低および中)分析、定格電力別(最大750 W、751 W〜75 kW、75 kW以上)分析、用途別(ポンプ、ファン、コンプレッサー)分析、産業別(石油&ガス、上下水道、発電、鉱業)分析、モーターソフトスターターの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、モーターソフトスターターの世界市場規模が2019年17億ドルから2024年23億ドルまで年平均6.0%成長すると予測しています。
  • MOCVDの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、MOCVDの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、MOCVDの世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 航空宇宙用フロアパネルの世界市場2014–2025:原料別(ノーメックスハニカム・アルミニウムハニカム)、航空機タイプ別(ナローボディ機、ワイドボディ機、超大型航空機)、エンドユーズ別、地域別
    本調査レポートでは、航空宇宙用フロアパネルの世界市場について調査・分析し、航空宇宙用フロアパネルの世界市場動向、航空宇宙用フロアパネルの世界市場規模、市場予測、セグメント別航空宇宙用フロアパネル市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • EラーニングITインフラの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、EラーニングITインフラの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、EラーニングITインフラの世界市場規模及び予測、カテゴリー別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のホルムアルデヒド検知器市場2016
    本調査レポートでは、世界のホルムアルデヒド検知器市場2016について調査・分析し、ホルムアルデヒド検知器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 細胞増殖の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、細胞増殖の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、細胞増殖市場規模、製品別(消耗品、器具)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Corning, Eppendorf, GENERAL ELECTRIC, Merck KGaA, Thermo Fisher Scientificなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・細胞増殖の世界市場概要 ・細胞増殖の世界市場環境 ・細胞増殖の世界市場動向 ・細胞増殖の世界市場規模 ・細胞増殖の世界市場:業界構造分析 ・細胞増殖の世界市場:製品別(消耗品、器具) ・細胞増殖の世界市場:地域別市場規模・分析 ・細胞増殖の北米市場規模・予測 ・細胞増殖のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・細胞増殖のアジア太平洋市場規模・予測 ・細胞増殖の主要国分析 ・細胞増殖の世界市場:意思決定フレームワーク ・細胞増殖の世界市場:成長要因、課題 ・細胞増殖の世界市場:競争環境 ・細胞増殖の世界市場:関連 …
  • 世界のトルエンスルホン酸ナトリウム市場2016
    本調査レポートでは、世界のトルエンスルホン酸ナトリウム市場2016について調査・分析し、トルエンスルホン酸ナトリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スペアパーツ(予備部品)物流の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、スペアパーツ(予備部品)物流の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スペアパーツ(予備部品)物流の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のゴム粘着防止剤市場2015
    本調査レポートでは、世界のゴム粘着防止剤市場2015について調査・分析し、ゴム粘着防止剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 非常電源システムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、非常電源システムの世界市場について調査・分析し、非常電源システムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別非常電源システムシェア、市場規模推移、市場規模予測、非常電源システム種類別分析(USP型、発電機型、その他)、非常電源システム用途別分析(産業用、データセンタ-・防衛用、商業用建物建設、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・非常電源システムの市場概観 ・非常電源システムのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・非常電源システムのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・非常電源システムの世界市場規模 ・非常電源システムの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・非常電源システムのアメリカ市場規模推移 ・非常電源システムのカナダ市場規模推移 ・非常電源システムのメキシコ市場規模推移 ・非常電源システムのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・非常電源システムのドイツ市場規模推移 ・非常電源システムのイギリス市場規模推移 ・非 …
  • 液体用板紙の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、液体用板紙の世界市場について調べ、液体用板紙の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、液体用板紙の市場規模をセグメンテーション別(用途別(乳製品、ジュース製品、その他の飲料)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は液体用板紙の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・液体用板紙の市場状況 ・液体用板紙の市場規模 ・液体用板紙の市場予測 ・液体用板紙の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(乳製品、ジュース製品、その他の飲料) ・液体用板紙の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 農業用ドローンの世界市場:構成要素別(装置、ソフトウェア、サービス)、種類別、用途別、地域別予測
    本資料は、農業用ドローンの世界市場について調べ、農業用ドローンの世界規模、市場動向、市場環境、構成要素別(装置、ソフトウェア、サービス)分析、種類別分析、用途別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、企業別市場シェア(入手可能な場合)、バリューチェーン分析、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・農業用ドローンの世界市場概要 ・農業用ドローンの世界市場環境 ・農業用ドローンの世界市場動向 ・農業用ドローンの世界市場規模 ・農業用ドローンの世界市場:企業別市場シェア(入手可能な場合) ・農業用ドローンの世界市場規模:構成要素別(装置、ソフトウェア、サービス) ・農業用ドローンの世界市場規模:種類別 ・農業用ドローンの世界市場規模:用途別 ・農業用ドローンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・農業用ドローンの北米市場規模・予測 ・農業用ドローンのアメリカ市場規模・予測 ・農業用ドローンのヨーロッパ市場規模・予測 ・農業用ドローンのアジア市場規模・予測 ・農業用ドローンの日本市場規模・予測 …
  • マイクロ流体工学の世界市場分析:用途別(医薬品、ゲノミクス、プロテオミクス、細胞ベースのアッセイおよびその他、インビトロ診断、POC、臨床、環境および産業、医療機器)、材料別(ポリマー、ガラス、シリコン、金属、セラミックス)、セグメント予測
    本調査レポートでは、マイクロ流体工学の世界市場について調査・分析し、マイクロ流体工学の世界市場動向、マイクロ流体工学の世界市場規模、市場予測、セグメント別マイクロ流体工学市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 中国の感染症治療市場:抗ウイルス薬、抗真菌薬、抗寄生虫薬
    当調査レポートでは、中国の感染症治療市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、中国の感染症治療市場規模及び予測、用途別分析、薬剤種類別分析、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 腎臓および泌尿器装置の世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、腎臓および泌尿器装置の世界市場について調査・分析し、腎臓および泌尿器装置の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・腎臓および泌尿器装置の世界市場:市場動向分析 ・腎臓および泌尿器装置の世界市場:競争要因分析 ・腎臓および泌尿器装置の世界市場:製品別分析/市場規模 ・腎臓および泌尿器装置の世界市場:疾病種類別分析/市場規模 ・腎臓および泌尿器装置の世界市場:エンドユーザー別分析/市場規模 ・腎臓および泌尿器装置の世界市場:地域別分析/市場規模 ・腎臓および泌尿器装置の北米市場規模・分析 ・腎臓および泌尿器装置の欧州市場・分析 ・腎臓および泌尿器装置のアジア市場・分析 ・腎臓および泌尿器装置の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 心血管用医療機器の世界市場・予測2016-2026
    当調査レポートでは、心血管用医療機器の世界市場について調査・分析し、心血管用医療機器の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 心血管用医療機器市場2016-2026 3. 心血管用医療機器市場:予測2016-2026 4. 心臓律動管理装置市場2015-2026 5. 心臓プロテーゼ市場2015-2026 6. インターベンショナル心血管装置市場2015-2026 7. 心モニタリング・診断装置市場2016-2026 8. 心血管用装置の主要国市場2016-2026 9. 主要企業および市場開発 10. 心血管用機器市場の定性分析2016-2026 11. 結論
  • 性器疣贅(尖圭コンジローム):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、性器疣贅(尖圭コンジローム)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・性器疣贅(尖圭コンジローム):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・性器疣贅(尖圭コンジローム)のフェーズ3治験薬の状況 ・性器疣贅(尖圭コンジローム)治療薬の市場規模(販売予測) ・性器疣贅(尖圭コンジローム)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・性器疣贅(尖圭コンジローム)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の性器疣贅(尖圭コンジローム)治療薬剤
  • 世界の軟水装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の軟水装置市場2015について調査・分析し、軟水装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界及び欧州のパウダーコーティング市場-分析及び展望(~2022年)
  • ベトナムの電子部品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 精密農業の世界市場分析:装置、ソフトウェア、サービス
    Grand View Research(米国)が発行した本調査レポートでは、精密農業の世界市場について調査・分析し、精密農業の世界市場動向、精密農業の世界市場規模、市場予測、セグメント別精密農業市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 手術用不織布消耗品の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、手術用不織布消耗品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、手術用不織布消耗品の世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は手術用不織布消耗品の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.79%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、3M Company、Cardinal Health、Johnson & Johnson、Medtronic等です。
  • 救急箱の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、救急箱の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、救急箱の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ゲノミクスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ゲノミクスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ゲノミクス市場規模、製品別(製品、サービス)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Agilent Technologies, Bio-Rad Laboratories, Danahar, F. Hoffmann-La Roche, General Electric, Illumina, QIAGEN, and Thermo Fisher Scientificなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ゲノミクスの世界市場概要 ・ゲノミクスの世界市場環境 ・ゲノミクスの世界市場動向 ・ゲノミクスの世界市場規模 ・ゲノミクスの世界市場:業界構造分析 ・ゲノミクスの世界市場:製品別(製品、サービス) ・ゲノミクスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ゲノミクスの北米市場規模・予測 ・ゲノミクスのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・ゲノミクスのアジア太平洋市場規模・予測 ・ゲノミ …
  • マッサージ機の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、マッサージ機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マッサージ機の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • アラミド繊維の世界市場:製品別(パラアラミド、メタアラミド)、用途別(セキュリティ・保護、摩擦材、光ファイバー)、セグメント予測
    アラミド繊維の世界市場は2025年には59億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率8.2%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、建設、製造、石油・ガス、法執行機関、軍事、消防といった最終用途産業における防護服に対する需要の増加が考えられます。本調査レポートでは、アラミド繊維の世界市場について調査・分析し、アラミド繊維の世界市場動向、アラミド繊維の世界市場規模、市場予測、セグメント別アラミド繊維市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • カポジ肉腫(Kaposi’s Sarcoma):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるカポジ肉腫(Kaposi's Sarcoma)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、カポジ肉腫(Kaposi's Sarcoma)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・カポジ肉腫(Kaposi's Sarcoma)の概要 ・カポジ肉腫(Kaposi's Sarcoma)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のカポジ肉腫(Kaposi's Sarcoma)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・カポジ肉腫(Kaposi's Sarcoma)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子 …
  • 殺菌装置の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、殺菌装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品・サービス別分析、需要先(病院、製薬会社)別分析、地域別分析、殺菌装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 椎体形成術用装置の世界市場分析・予測
  • コネクテッド・エンタープライズの世界市場分析:コンポーネント別、ソリューション別(製造実行システム、顧客エクスペリエンス管理、ビジネス分析、リモート監視)、サービス別、プラットフォーム別、用途別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、コネクテッド・エンタープライズの世界市場について調査・分析し、コネクテッド・エンタープライズの世界市場動向、コネクテッド・エンタープライズの世界市場規模、市場予測、セグメント別コネクテッド・エンタープライズ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ギリシャの脊椎手術装置市場見通し
  • メディカルアラートシステムの世界市場:タイプ別(固定電話、携帯電話、スタンドアロン)、最終用途別(家庭ユーザー、養護施設、介護付き施設、病院)、地域別予測
    本資料は、メディカルアラートシステムの世界市場について調べ、メディカルアラートシステムの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(固定電話、携帯電話、スタンドアロン)分析、最終用途別(家庭ユーザー、養護施設、介護付き施設、病院)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・メディカルアラートシステムの世界市場概要 ・メディカルアラートシステムの世界市場環境 ・メディカルアラートシステムの世界市場動向 ・メディカルアラートシステムの世界市場規模 ・メディカルアラートシステムの世界市場規模:タイプ別(固定電話、携帯電話、スタンドアロン) ・メディカルアラートシステムの世界市場規模:最終用途別(家庭ユーザー、養護施設、介護付き施設、病院) ・メディカルアラートシステムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・メディカルアラートシステムの北米市場規模・予測 ・メディカルアラートシステムのアメリカ市場規模・予測 ・メディカルアラートシステムのヨーロッパ市場規模・予測 …
  • 卓球用品の世界市場:ラケット、ボール、卓球台
    当調査レポートでは、卓球用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、卓球用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • スケート靴の世界市場:ローラースケート靴、インラインスケート靴
    当調査レポートでは、スケート靴の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スケート靴の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 石油化学製品の世界市場:容量、投資展望
  • 無人潜水機(UUV)の世界市場:遠隔操作無人探査機(ROV)、自律型無人潜水機(AUV)
    当調査レポートでは、無人潜水機(UUV)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、推進システム別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • リモートセンシングサービスの世界市場予測(~2022年):衛星、無人機、航空機、地上
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、リモートセンシングサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、用途別分析、需要先別分析、解像度別分析、地域別分析、リモートセンシングサービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用衝突衝撃度シミュレーターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用衝突衝撃度シミュレーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用衝突衝撃度シミュレーターの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 自動車衝突試験は、自動車が必要な安全基準を満たしていることを保証する破壊検査の一種で、世界各国の自動車安全検査組織 (NCAP、ANCAP、NHTSA、IIHSなど)により実施されています。毎年、数百万米ドル相当の自動車が衝突試験のため破壊され金属の塊となりましたが、そのおかげで何百万人もの生命が救われてきました。Technavio社は自動車用衝突衝撃度シミュレーターの世界市場が2017-2021年期間中に年平均29.61 %成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Altair Engineering• Livermore Software Technology Corporation (LSTC)• …
  • 合成ラテックスポリマーの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、合成ラテックスポリマーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、合成ラテックスポリマー市場規模、種類別(スチレンブタジエン、エチレン酢酸ビニル、アクリルスチレン、アクリル、ポリ酢酸ビニル、酢酸ビニル共重合体、その他)分析、用途別(接着剤・シーラント、紙・板紙、塗料、カーペット、不織布、織物、浸漬グローブ、建設、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 合成ラテックスポリマーの世界市場:市場動向分析 ・ 合成ラテックスポリマーの世界市場:競争要因分析 ・ 合成ラテックスポリマーの世界市場:種類別(スチレンブタジエン、エチレン酢酸ビニル、アクリルスチレン、アクリル、ポリ酢酸ビニル、酢酸ビニル共重合体、その他) ・ 合成ラテックスポリマーの世界市場:用途別(接着剤・シーラント、紙・板紙、塗料、カーペット、不織布、織物、浸漬グローブ、建設、その他) ・ 合成ラテックスポリマーの世界市場:主要地域別分析 ・ 合成ラテックスポ …
  • ベータセクレターゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるベータセクレターゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ベータセクレターゼ阻害剤の概要 ・ベータセクレターゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のベータセクレターゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ベータセクレターゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ベータセクレターゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • スマートキッチンの世界市場:スマート冷蔵庫、スマート調理機器、スマート食器洗い機
    当調査レポートでは、スマートキッチンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートキッチンの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • フレームアレスターの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、フレームアレスターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(インライン、エンドオブライン)分析、用途別(貯蔵タンク、パイプライン、焼却炉、換気システム)分析、エンドユーザー別(石油・ガス、化学品、医薬品、廃棄物発電プラント)分析、フレームアレスターの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 施肥潅漑および薬品混入灌漑の世界市場動向・予測(~2020)
    当調査レポートでは、施肥潅漑および薬品混入灌漑の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、作物別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • オーファンドラッグ(希少疾病用医薬品)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、オーファンドラッグ(希少疾病用医薬品)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オーファンドラッグ(希少疾病用医薬品)の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • サイクリン依存性キナーゼ2阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるサイクリン依存性キナーゼ2阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・サイクリン依存性キナーゼ2阻害剤の概要 ・サイクリン依存性キナーゼ2阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のサイクリン依存性キナーゼ2阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・サイクリン依存性キナーゼ2阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・サイクリン依存性キナーゼ2阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 鉱業向け機械的駆動装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、鉱業向け機械的駆動装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、鉱業向け機械的駆動装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は鉱業向け機械的駆動装置の世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.99%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• ABB • Nidec• Siemens • SKF等です。
  • 弾薬の世界市場:製品別(弾丸、迫撃砲、ロケット)、最終用途別(民間、防衛)、セグメント予測
    弾薬の世界市場は2024年には160億7000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率3.5%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、テロ活動の増加や新興国における防衛費増加に伴う武器使用の拡大が考えられます。本調査レポートでは、弾薬の世界市場について調査・分析し、弾薬の世界市場動向、弾薬の世界市場規模、市場予測、セグメント別弾薬市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 日用消費財(FMCG)の世界市場2017-2027
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、日用消費財(FMCG)の世界市場について調査・分析し、日用消費財(FMCG)の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・日用消費財(FMCG)の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・日用消費財(FMCG)の世界市場:セグメント別市場分析 ・日用消費財(FMCG)の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • UAEのインターベンショナル心臓装置市場見通し
  • ウォータースポーツ用品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ウォータースポーツ用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ウォータースポーツ用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"