"アプリケーションゲートウェイの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM90934)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"アプリケーションゲートウェイの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The global application analytics market size to grow at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 10.0% during the forecast periodThe global application analytics market size is expected to grow from USD 1.6 billion in 2019 to USD 2.5 billion by 2024, at a CAGR of 10.0% during the forecast period. Major growth factors for the market include an increasing number of application-layer attacks and increased demand for protected networks to keep data intact.

Consulting services to account for the largest market share during the forecast period
Consulting is one of the major components of the application gateway services segment. Consulting as a service is offered by highly qualified industry experts, domain experts, and security professionals, who help organizations formulate security strategies, prevent revenue loss, minimize risks, understand the maturity of security solutions, and enhance the security in the existing information systems. Consulting services providers guide companies in setting up a new application gateway security infrastructure to address specific security requirements.

The solution segment to have a higher market share during the forecast period
Application gateways help enterprises by providing a number of features, such as hiding the source of Internet Protocol (IP) address, and use of logging and authentication features. These features provide additional protection from hackers on their intent on extracting information from internal systems. Moreover, it also identifies and authorizes external services attempting to enter the internal network. Unwanted and unwelcomed guests can be recognized and kept out. Many application gateways also support emails and other services in addition to Telecommunication Network (Telnet) and File Transfer Protocol (FTP). Since application gateways route several forms of application traffic, they enable security policies that are based on source and destination IP addresses and services. Application gateways can also evaluate the actual data contained in the application packets

Asia Pacific (APAC) to grow at the highest CAGR during the forecast period
APAC is expected to experience extensive growth opportunities in the next 5 years. The existence of a large population, the introduction of emerging technologies, and high growth in countries such as China, India, Australia, Japan, and Singapore are the major factors contributing to the growth of the application gateway market in the region. The organizations in APAC are focusing on customer interests and their preferences. The mobile devices and internet are being widely used for connectivity in the region. The region provides opportunities for small security vendors to introduce their innovative security solutions. All these factors are responsible for the expeditious growth of the application gateway market in APAC.

In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), marketing directors, other innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the application gateway market.
The following list provides the breakup of primary respondents’ profiles:
 By company type: Tier 1: 35%, Tier 2: 45%, and Tier 3: 20%
 By designation: C level Executives: 35%, Director Level: 25%, and Others: 40%
 By region: North America: 45%, Europe: 20%, APAC: 30%, and Rest of the World: 5%
Major vendors in the global application gateway market include Microsoft (US), SAP (Germany), Orange (France), F5 Networks (US), Palo Alto Networks (US), Forcepoint (US), Zscaler (US), Citrix (US), Akamai (US), Aculab (US), Imperva (US), Barracuda Networks (US), Kemp Technologies (US), Snapt(US), and Avi Networks (US).

Research coverage:
The report includes an in-depth competitive analysis of the key players in the application gateway market, along with their company profiles, recent developments, and key market strategies. The report segments the global application gateway market by component, service, organization size, vertical, and region.

Key benefits of buying the report:
The report would provide the market leaders/new entrants in the application gateway market, information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall application gateway market and subsegments. The report would also help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to better position their businesses and plan suitable go-to-market strategies. It also helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on the key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"アプリケーションゲートウェイの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 13)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 17)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakup of Primary Profiles
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Top-Down Approach
2.3.2 Bottom-Up Approach
2.4 Market Forecast
2.5 Competitive Leadership Mapping Research Methodology
2.6 Assumptions for the Study
2.7 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 24)
4 Premium Insights (Page No. – 27)
4.1 Attractive Opportunities in the Application Gateway Market
4.2 Market Top 3 Verticals and Regions
4.3 Market By Region
4.4 Market Investment Scenario
5 Market Overview and Industry Trends (Page No. – 30)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Growth in Number of Different Application Layer Attacks
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Lack of Mandatory Regulations for Information Security
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Rise in Adoption of Internet of Things, Artificial Intelligence, and Software-Defined Network Technologies
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Lack of Technical Expertise
6 Application Gateway Market, By Component (Page No. – 33)
6.1 Introduction
6.2 Solution
6.2.1 Growing Concern of Security Among Enterprises to Drive the Growth of Application Gateway Solution
6.3 Services
6.3.1 Need for Consistent Performance of the Solutions to Increase the Demand for Services in the Market
7 Application Gateway Market, By Service (Page No. – 37)
7.1 Introduction
7.2 Consulting
7.2.1 Need for Awareness About the Application Gateway Solution for Business use to Increase the Demand for Consulting Services
7.3 Integration and Deployment
7.3.1 Integration and Deployment Services to Help Organizations for Seamless use of Application Gateway Solution
7.4 Support and Maintenance
7.4.1 Need for Consistent Performance of the Solution to Increase the Growth of the Support and Maintenance Services
8 Application Gateway Market, By Organization Size (Page No. – 42)
8.1 Introduction
8.2 Large Enterprises
8.2.1 Need for Securing a Large Number of Data to Increase the Demand for the Application Gateway Solution
8.3 Small and Medium-Sized Enterprises
8.3.1 Rising Cyberattacks on Small and Medium-Sized Enterprises to Increase the Demand for Market
9 Application Gateway Market, By Vertical (Page No. – 46)
9.1 Introduction
9.2 Banking, Financial Services and Insurance
9.2.1 Rise in Data Breach Incidents and Data Attacks on Banks and Financial Institutes to Boost the Adoption of Application Gateway Solution
9.3 IT and Telecommunication
9.3.1 Increased Need for Network and Infrastructure Security to Boost the Adoption of Application Gateway Solution
9.4 Manufacturing
9.4.1 Growing Adoption of Security Solutions and Services in the Manufacturing Industry Vertical to Drive the Growth of the Market
9.5 Government and Public Sector
9.5.1 Increasing Number of Cyberattacks on Government Agencies to Raise the Need for Enhanced Security Solutions and Services
9.6 Retail
9.6.1 Rising Demand for Application and Data Security in Online Retailing to Increase the Adoption of Application Gateway Solution
9.7 Healthcare
9.7.1 Rapid Adoption of Latest Technologies in Healthcare to Increase the Vulnerabilities, Resulting in the Rise in the Adoption of Security Solutions
9.8 Others
10 Application Gateway Firewall Market, By Region (Page No. – 55)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 United States
10.2.1.1 Increasing Number of Cyberattacks on Government Agencies and Protection Against Data Breaches to Drive the Growth of the Application Gateway Market in the US
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Government Initiatives to Support the Growth of Application Gateway Solution in Canada
10.3 Europe
10.3.1 United Kingdom
10.3.1.1 Emphasis on Developing Enhanced Protection Against Frauds to Increase the Growth of the Market in the UK
10.3.2 Germany
10.3.2.1 Growing Usage of the Internet to Drive the Need for Data Security Against Data Attacks in Germany
10.3.3 Rest of Europe
10.4 Asia Pacific
10.4.1 China
10.4.1.1 Adoption of New Regulations Related to Network Security to Drive the Market in China
10.4.2 Japan
10.4.2.1 Adoption of Enhanced Security Solutions and Government Policies to Boost the Growth of the Market in Japan
10.4.3 Rest of Asia Pacific
10.5 Middle East and Africa
10.6 Latin America
11 Competitive Landscape (Page No. – 71)
11.1 Introduction
11.2 Competitive Leadership Mapping (Overall Market)
11.2.1 Visionary Leaders
11.2.2 Dynamic Differentiators
11.2.3 Innovators
11.2.4 Emerging Companies
12 Company Profiles (Page No. – 74)
(Business Overview, Products and Services Offered, Recent Developments, MnM View, SWOT Analysis)*
12.1 Microsoft
12.2 SAP
12.3 Orange
12.4 F5 Networks
12.5 Palo Alto Networks
12.6 Forcepoint
12.7 Zscaler
12.8 Citrix
12.9 Akamai
12.10 Aculab
12.11 Imperva
12.12 Barracuda Networks
12.13 Kemp Technologies
12.14 Snapt
12.15 Avi Networks
*Business Overview, Products and Services Offered, Recent Developments, MnM View, SWOT Analysis Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 100)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】アプリケーションゲートウェイの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年8月20日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM90934
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】IT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
アプリケーションゲートウェイの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ギリシャの電気生理装置市場見通し
  • 医療オートメーションの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • 網膜静脈閉塞症治療の世界市場2019-2023
    網膜静脈閉塞症(RVO)は、網膜の静脈に血栓が詰まっている状態です。この血栓により、光が適切に届けられなくなります。網膜静脈閉塞症治療の世界市場は、2019~2023年の間、年平均成長率9.40%で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、Allergan、Bayer、F. Hoffmann-La Roche、Novartis、Regeneron Pharmaceuticalsなどです。 当調査レポートでは、網膜静脈閉塞症治療の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、網膜静脈閉塞症治療市場規模、タイプ別(BRVO、CRVO)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・網膜静脈閉塞症治療の世界市場概要 ・網膜静脈閉塞症治療の世界市場環境 ・網膜静脈閉塞症治療の世界市場動向 ・網膜静脈閉塞症治療の世界市場規模 ・網膜静脈閉塞症治療の世界市場:業界構造分析 ・網膜静脈閉塞症治療の世界市場:タイプ別(BRVO、CRVO) ・網膜静脈閉塞症治 …
  • 超伝導体の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、超伝導体の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、超伝導体市場規模、製品別(磁石、ケーブル、変圧器、エネルギー蓄積装置)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・超伝導体の世界市場概要 ・超伝導体の世界市場環境 ・超伝導体の世界市場動向 ・超伝導体の世界市場規模 ・超伝導体の世界市場:業界構造分析 ・超伝導体の世界市場:製品別(磁石、ケーブル、変圧器、エネルギー蓄積装置) ・超伝導体の世界市場:地域別市場規模・分析 ・超伝導体の北米市場規模・予測 ・超伝導体のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・超伝導体のアジア太平洋市場規模・予測 ・超伝導体の主要国分析 ・超伝導体の世界市場:意思決定フレームワーク ・超伝導体の世界市場:成長要因、課題 ・超伝導体の世界市場:競争環境 ・超伝導体の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 自動車テレマティクスの世界市場見通し2016-2022:自動車運転システム、診断システム、運転支援システム、全地球測位システム(GPS)、ナビゲーション支援システム、テレマティクスコントロールユニット(TCU)、車両追跡システム、車両緊急警報システム、ワイヤレスセーフティコミュニケーション
    当調査レポートでは、自動車テレマティクスの世界市場について調査・分析し、自動車テレマティクスの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・自動車テレマティクスの世界市場:市場動向分析 ・自動車テレマティクスの世界市場:競争要因分析 ・自動車テレマティクスの世界市場:システム別分析/市場規模 ・自動車テレマティクスの世界市場:サービス別分析/市場規模 ・自動車テレマティクスの世界市場:用途別分析/市場規模 ・自動車テレマティクスの世界市場:地域別分析/市場規模 ・自動車テレマティクスの北米市場規模 ・自動車テレマティクスの欧州市場規模 ・自動車テレマティクスのアジア市場規模 ・自動車テレマティクスの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • Eスポーツの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、Eスポーツの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、Eスポーツ市場規模、ジャンル別比較(MOBA、FPS、RTS、その他)分析、収益別(Eスポーツ広告、賞金プール、チケット販売)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Activision Blizzard, Epic Games, Nintendo, Riot Games, Valve, Wargaming.netなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・Eスポーツの世界市場概要 ・Eスポーツの世界市場環境 ・Eスポーツの世界市場動向 ・Eスポーツの世界市場規模 ・Eスポーツの世界市場:業界構造分析 ・Eスポーツの世界市場:ジャンル別比較(MOBA、FPS、RTS、その他) ・Eスポーツの世界市場:収益別(Eスポーツ広告、賞金プール、チケット販売) ・Eスポーツの世界市場:地域別市場規模・分析 ・Eスポーツの北米市場規模・予測 ・Eスポーツのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・ …
  • 創薬アウトソーシングの世界市場予測2016-2026
    当調査レポートでは、創薬アウトソーシングの世界市場について調査・分析し、創薬アウトソーシングの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 創薬アウトソーシングの概要 3. 創薬アウトソーシングの世界市場およびサービス分野2次市場2016-2026 4. 創薬アウトソーシング市場における主要国市場2015-2026 5. 創薬アウトソーシング市場における主要企業 6. 創薬アウトソーシング市場の定性分析2016-2026 7. 専門家の意見 8. 結論
  • 運動障害(Movement Disorders):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における運動障害(Movement Disorders)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、運動障害(Movement Disorders)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・運動障害(Movement Disorders)の概要 ・運動障害(Movement Disorders)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の運動障害(Movement Disorders)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・運動障害(Movement Disorders)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価 …
  • 歯科用接着剤の世界市場
    当調査レポートでは、歯科用接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、歯科用接着剤の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 癌性疼痛(Cancer Pain):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、癌性疼痛(Cancer Pain)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・癌性疼痛(Cancer Pain):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・癌性疼痛(Cancer Pain)のフェーズ3治験薬の状況 ・癌性疼痛(Cancer Pain)治療薬の市場規模(販売予測) ・癌性疼痛(Cancer Pain)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・癌性疼痛(Cancer Pain)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の癌性疼痛(Cancer Pain)治療薬剤
  • 輸送・流通分野におけるRTLSの世界市場2016-2020:RFID、Wi-Fi、バーコード、QRコード
    当調査レポートでは、輸送・流通分野におけるRTLSの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、輸送・流通分野におけるRTLSの世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、ソリューション別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • パワーバンク(モバイルバッテリー)の世界市場2017-2027
    当調査レポートでは、パワーバンク(モバイルバッテリー)の世界市場について調査・分析し、パワーバンク(モバイルバッテリー)の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・パワーバンク(モバイルバッテリー)の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・パワーバンク(モバイルバッテリー)の世界市場:セグメント別市場分析 ・パワーバンク(モバイルバッテリー)の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 自動乳房超音波検査システム(ABUS)の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、自動乳房超音波検査システム(ABUS)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動乳房超音波検査システム(ABUS)市場規模、エンドユーザー別(病院及びクリニック、診断センター)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動乳房超音波検査システム(ABUS)の世界市場概要 ・自動乳房超音波検査システム(ABUS)の世界市場環境 ・自動乳房超音波検査システム(ABUS)の世界市場動向 ・自動乳房超音波検査システム(ABUS)の世界市場規模 ・自動乳房超音波検査システム(ABUS)の世界市場:業界構造分析 ・自動乳房超音波検査システム(ABUS)の世界市場:エンドユーザー別(病院及びクリニック、診断センター) ・自動乳房超音波検査システム(ABUS)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動乳房超音波検査システム(ABUS)の北米市場規模・予測 ・自動乳房超音波検査システム(ABUS)のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・ …
  • 中国のUV光安定剤市場2015
    本調査レポートでは、中国のUV光安定剤市場2015について調査・分析し、UV光安定剤の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の三フッ化ホウ素フェノール市場2016
    本調査レポートでは、世界の三フッ化ホウ素フェノール市場2016について調査・分析し、三フッ化ホウ素フェノールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 腫瘍壊死因子アルファアゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における腫瘍壊死因子アルファアゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・腫瘍壊死因子アルファアゴニストの概要 ・腫瘍壊死因子アルファアゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中の腫瘍壊死因子アルファアゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・腫瘍壊死因子アルファアゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・腫瘍壊死因子アルファアゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界の混合金属安定剤市場2015
    本調査レポートでは、世界の混合金属安定剤市場2015について調査・分析し、混合金属安定剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の避妊(避妊薬・避妊具)市場規模・予測2017-2025:商品別(オーラル避妊、避妊インジェクション、・トピカル避妊パッチ)、デバイス別(男性用避妊デバイス、女性用避妊デバイス)、販路別(病院薬局、独立薬局、オンラインプラットフォーム、クリニック)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の避妊(避妊薬・避妊具)市場について調査・分析し、世界の避妊(避妊薬・避妊具)市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の避妊(避妊薬・避妊具)関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • レーザ材料の世界市場
    当調査レポートでは、レーザ材料の世界市場について調査・分析し、レーザ材料の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 超音波装置の世界市場2016-2020:超音波診断、超音波治療
    当調査レポートでは、超音波装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、超音波装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ドローン識別システムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ドローン識別システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ドローン識別システム市場規模、技術別分析、最終用途別(軍事用、商業用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ドローン識別システムの世界市場概要 ・ドローン識別システムの世界市場環境 ・ドローン識別システムの世界市場動向 ・ドローン識別システムの世界市場規模 ・ドローン識別システムの世界市場:業界構造分析 ・ドローン識別システムの世界市場:技術別 ・ドローン識別システムの世界市場:最終用途別(軍事用、商業用) ・ドローン識別システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ドローン識別システムのアメリカ市場規模・予測 ・ドローン識別システムのヨーロッパ市場規模・予測 ・ドローン識別システムのアジア市場規模・予測 ・ドローン識別システムの主要国分析 ・ドローン識別システムの世界市場:意思決定フレームワーク ・ドローン識別システムの世界市場:成長要因、課題 ・ド …
  • 発酵槽の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、発酵槽の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、用途別(食品、飲料、ヘルスケア、化粧品)分析、微生物別(バクテリア、菌類)分析、プロセス別(バッチ、フェドバッチ、連続)分析、動作モード別(半自動、自動)分析、発酵槽の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • タペットの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、タペットの世界市場について調査・分析し、タペットの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・タペットの世界市場規模:エンジン容量別分析 ・タペットの世界市場規模:種類別分析 ・タペットの世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・タペットの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • Mighty River Power Limited:発電所および企業SWOT分析2015
  • 電力線通信の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、電力線通信の世界市場について調査・分析し、電力線通信の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・電力線通信の世界市場規模:変調方式別分析 ・電力線通信の世界市場規模:コンポーネント別分析 ・電力線通信の世界市場規模:ソリューション別分析 ・電力線通信の世界市場規模:提供別分析 ・電力線通信の世界市場規模:電圧別分析 ・電力線通信の世界市場規模:周波数別分析 ・電力線通信の世界市場規模:垂直別分析 ・電力線通信の世界市場規模:用途別分析 ・電力線通信の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • ダイヤフラムバルブの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、ダイヤフラムバルブの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ダイヤフラムバルブ市場規模、流通経路別(オフラインチャンネル、オンラインチャンネル)分析、素材別(フッ素樹脂タイプ、ゴム裏打ちタイプ)分析、ボディー材料(真鍮、プラスチック、鋼鉄、木材)分析、製品タイプ別(ウェアー式ダイヤフラムバルブ、ストレートダイヤフラムバルブ)分析、エンドユーザー別(食品・飲料、電力、化学、水処理、バイオテクノロジー)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ ダイヤフラムバルブの世界市場:市場動向分析 ・ ダイヤフラムバルブの世界市場:競争要因分析 ・ ダイヤフラムバルブの世界市場:流通経路別(オフラインチャンネル、オンラインチャンネル) ・ ダイヤフラムバルブの世界市場:素材別(フッ素樹脂タイプ、ゴム裏打ちタイプ) ・ ダイヤフラムバルブの世界市場:ボディー材料(真鍮、プラスチック、鋼鉄、木材) ・ ダイヤフラムバルブの世界市場:製品タイプ …
  • ワークフロー管理システムの世界市場予測(~2021):構成要素別(ソフトウェア、サービス)、ソフトウェア別、サービス別、導入種類別、産業別、地域別
    当調査レポートでは、ワークフロー管理システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、構成要素別分析、ソフトウェア別分析、サービス別分析、導入種類別分析、ワークフロー管理システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のビデオ監視ストレージ市場:製品別(SAN、NAS、DAS、ビデオレコーダー)、ストレージメディア別、エンタープライズサイズ別、用途別(商業、都市監視、産業)、展開モード別、業種別(教育、BFSI)、地域別
    MarketsandMarkets社は、ビデオ監視ストレージの世界市場規模が2019年76億ドルから2024年175億ドルまで年平均18.1%成長すると予測しています。当資料では、世界のビデオ監視ストレージ市場を統合的に調査・分析し、市場概要、製品別(ストレージエリアネットワーク、ネットワーク接続ストレージ、直接接続ストレージ、ビデオレコーダー)分析、ストレージ媒体別(ハードディスクドライブ、ソリッドステートドライブ)分析、展開モード別(オンプレミス、クラウド)分析、用途別(商業、防衛/軍事、都市監視、産業)分析、業種別(政府&防衛、教育、BFSI、輸送&物流、ヘルスケア&医薬品、製造、エネルギー、ユーティリティ、メディア&エンターテイメント、小売、その他)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などで構成されております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要&業界トレンド ・世界のビデオ監視ストレージ市場:製品別(ストレージエリアネットワーク、ネットワーク接続ストレージ、直接接続ストレージ、ビデオレコーダー) ・世界のビデオ監視ス …
  • スペインの外傷固定処置動向(~2021)
  • モジュラーデータセンターの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、モジュラーデータセンターの世界市場について調査・分析し、モジュラーデータセンターの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - モジュラーデータセンターの世界市場:市場動向分析 - モジュラーデータセンターの世界市場:競争要因分析 - モジュラーデータセンターの世界市場:用途別 オフィスの遠隔的補助 災害復旧 モーバイルコンピューテイング 高密度ネットワーク その他の用途 - モジュラーデータセンターの世界市場:種類別 段階1データセンター 段階2データセンター 段階3データセンター 段階4データセンター - モジュラーデータセンターの世界市場:機能的モジュール解決法別 個々の機能モdジュール 一括機能モジュール - モジュラーデータセンターの世界市場:産業別 教育 銀行、金融機関、保険機関 燃料、電力 政府機関、防衛 工場 IT 及び 電気通信 小売店 健康管理業 その他の産業 - モジュラーデータセンターの世界市場:データセンター規模別 大企業データセンター 中型データセンター 大型デー …
  • カップリング(軸継手)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、カップリング(軸継手)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、カップリング(軸継手)の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の自動車用エアコン圧縮機市場2016
    本調査レポートでは、世界の自動車用エアコン圧縮機市場2016について調査・分析し、自動車用エアコン圧縮機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の歯科用CAD/CAM市場予測2013-2027
    本調査レポートでは、世界の歯科用CAD/CAM市場について調査・分析し、世界の歯科用CAD/CAM市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 宅配便・速達便・小包(CEP)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、宅配便・速達便・小包(CEP)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、宅配便・速達便・小包(CEP)の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ラボ情報科学の世界市場:CDS、EDC、LES、ECM、ELN、LIMS、SDMS
    当調査レポートでは、ラボ情報科学の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、製品別分析、構成要素別分析、導入方式別分析、産業別分析、ラボ情報科学の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のニ重壁コルゲート管市場2016
    本調査レポートでは、世界のニ重壁コルゲート管市場2016について調査・分析し、ニ重壁コルゲート管の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • EVOHの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、EVOHの世界市場について調査・分析し、EVOHの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別EVOHシェア、市場規模推移、市場規模予測、EVOH種類別分析(エチレン(mol%)<29、29≤エチレン(mol%)<35、35≤エチレン(mol%)<38、38≤エチレン(mol%)<44、エチレン(mol%)≥44)、EVOH用途別分析(食品包装材、家庭用ラッピング材、自動車ガソリンタンク、床暖房システム用パイプ、壁装材、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・EVOHの市場概観 ・EVOHのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・EVOHのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・EVOHの世界市場規模 ・EVOHの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・EVOHのアメリカ市場規模推移 ・EVOHのカナダ市場規模推移 ・EVOHのメキシコ市場規模推移 ・EVOHのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・EVOHのドイツ市場規模推移 …
  • レモネード飲料の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、レモネード飲料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、レモネード飲料の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 レモネード飲料は、主な原材料としてレモンやレモン濃縮物を使って作られた飲料です。レモネード味は、ソフトドリンク、ジュースその他で一般的に使用されています。レモン味以外にも、ラズベリー、イチゴ、その他の味を使ったレモネードもあります。Technavio社はレモネード飲料の世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.43%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Britvic• THE COCA-COLA COMPANY• Dr Pepper Snapple• PepsiCo等です。
  • 熱変色性材料の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、熱変色性材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、材料別(ロイコ染料、液晶、顔料)分析、エンドユーズ産業別(包装、印刷およびコーティング、医療、繊維)分析、熱変色性材料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、熱変色性材料の世界市場規模が2019年13億ドルから2024年21億ドルまで年平均9.5%成長すると予測しています。
  • 世界及び米国の窒素肥料市場2017-2022
  • AWDトラクターの世界市場
    当調査レポートでは、AWDトラクターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、AWDトラクターの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ダーマルフィラー(皮膚充填剤)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ダーマルフィラー(皮膚充填剤)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ダーマルフィラー(皮膚充填剤)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、材料別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ベータグルカンの世界市場2014-2025:由来別(穀類、きのこ、イースト、海藻)、用途別(F&B、パーソナルケア、製薬、動物用飼料)、タイプ別、地域別
    本調査レポートでは、ベータグルカンの世界市場について調査・分析し、ベータグルカンの世界市場動向、ベータグルカンの世界市場規模、市場予測、セグメント別ベータグルカン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 子宮鏡の世界市場2016-2020:ビデオ無し硬性子宮鏡、ビデオ無し軟性子宮鏡、ビデオ軟性子宮鏡
    当調査レポートでは、子宮鏡の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、子宮鏡の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、医療費償還シナリオ、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 膣鏡の世界市場:種類別(プラスチック、ステンレス)、用途別(手術用、試験用)、地域別予測
    本資料は、膣鏡の世界市場について調べ、膣鏡の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(プラスチック、ステンレス)分析、用途別(手術用、試験用)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはSyniverse Technologies LLC、Kraft、Dairy Farmers of America、Land O Lakes、Crystal Farms、Follow Your Heart、Daiya、Tofutti 、Heidi Ho、Kite Hill、Dr. Cow Tree Nut Cheese、Uhrenholt A/S、Miyoko’s Kitchen、Vtopian Artisan Cheeses、Punk Rawk Labs、Violife、Parmela Creamery、Treeline Treenut Cheeseなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・膣鏡の世界市場概要 ・膣鏡の世界市場環境 ・膣鏡の世界市場動向 ・膣鏡の世界市場規模 …
  • 食品・飲料向けフレキシブル包装の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、食品・飲料向けフレキシブル包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、食品・飲料向けフレキシブル包装の世界市場規模及び予測、原料別分析、地域別分析/市場規模、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のジョークラッシャー市場2016
    本調査レポートでは、世界のジョークラッシャー市場2016について調査・分析し、ジョークラッシャーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スキッドステアローダーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、スキッドステアローダーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スキッドステアローダーの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 係留システムの世界市場動向および予測(~2020)
    当調査レポートでは、係留システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、用途別分析、種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 水性エポキシ樹脂の世界市場2017-2021:塗料用途、接着剤用途、複合材料用途
    当調査レポートでは、水性エポキシ樹脂の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、水性エポキシ樹脂の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"