"自己輸血装置の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM90935)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"自己輸血装置の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The autotransfusion systems market is projected to grow at a CAGR of 5.0%.”The autotransfusion systems market is projected to reach USD 505 million by 2024 from USD 395 million in 2019, at a CAGR of 5.0%. The growth of this market is driven by the increasing number of surgical procedures, rising number of transplant procedures, advantages of autotransfusion, and scarcity of donated blood/allogenic blood.

“The autotransfusion products segment is expected to witness the highest growth in the autotransfusion systems market during the forecast period.”
On the basis of type, the autotransfusion systems market is segmented into autotransfusion products & autotransfusion accessories. The autotransfusion products segment is estimated to grow at the highest CAGR during the forecast period owing to a number of advantages, which is expected to boost its adoption in the coming years. These components prevent the transmission of transfusion-related blood-borne diseases in patients, and they also provide more compatible blood than in the case of autologous blood transfusions. These advantages are likely to increase the demand for autotransfusion products.

“The cardiac surgeries segment, by application, is expected to witness the highest growth during the forecast period.”
On the basis of application, the autotransfusion systems market is segmented into Cardiac Surgeries, Orthopedic Surgeries, Organ Transplantation, Trauma Procedures, and Other Procedures. The Cardiac Surgeries segment is estimated to grow at the highest rate during the forecast period due to the high prevalence of cardiac diseases and recommendations for autologous transfusion (by entities such as the WHO) during cardiac surgeries.

“Asia Pacific is expected to grow at the highest CAGR in the market, by region, during the forecast period.”
Growth in this market segment is primarily due to the presence of a large target patient population in countries such as China and India, improving healthcare infrastructure, rising healthcare spending, increasing per capita income, and rising focus of key market players in strengthening their presence in several Asia Pacific countries.

Breakdown of supply-side primary interviews:
• By Company Type: Tier 1 (25%), Tier 2 (30%), and Tier 3 (45%)
• By Designation: C-level (26%), Director-level (30%), and Others (44%)
• By Region: North America (34%), Europe (26%), APAC (23%), and RoW (17%)

The major players operating in the global autotransfusion systems market are
Medtronic Plc (Ireland), Becton, Dickinson and Company (US), Zimmer Biomet Holdings, Inc (US), Teleflex Incorporated (US), LivaNova (UK), Fresenius (Germany), Atrium Medical Corporation (Sweden), Haemonetics Corporation (US), SARSTEDT (Germany), Braile Biomédica (Brazil), Redax (Italy), Beijing ZKSK Technology Co (China), and Gen World Medical Devices (India) are some of the leading players.

Research Coverage
This report studies the autotransfusion systems market by type, application, and region. It also covers factors affecting market growth, analyzes various opportunities and challenges in the market, and provides details of the competitive landscape for market leaders. Furthermore, the study analyzes micromarkets with respect to their individual growth trends and forecasts the size of market segments with respect to key regions—North America, Europe, Asia Pacific, and the Rest of the World.

Reasons to Buy the Report:
From an insights perspective, this research report focuses on various levels of analysis—market ranking the analysis of the top players and their company profiles, which together comprise and discuss basic views on the competitive landscape; emerging segments of the autotransfusion systems market and high-growth regions and their drivers, restraints, challenges, and opportunities. The report will enrich both established firms as well as new entrants/smaller firms to gauge the pulse of the market, which, in turn, will help firms garner greater market shares.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"自己輸血装置の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 14)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency Used for the Study
1.5 Market Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 17)
2.1 Research Approach
2.1.1 Secondary Sources
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Sources
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Product-Based Market Estimation
2.2.2 Primary Research Validation
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Assumptions for the Study
3 Executive Summary (Page No. – 26)
4 Premium Insights (Page No. – 29)
4.1 Autotransfusion Systems: Market Overview
4.2 Market Share, By Type
4.3 Market, By Application, 2019 vs 2024 (USD Million)
4.4 Market, By Region
5 Market Overview (Page No. – 32)
5.1 Market Dynamics
5.1.1 Drivers
5.1.1.1 Increasing Number of Surgical Procedures
5.1.1.2 Rising Number of Transplant Procedures
5.1.1.3 Advantages of Autotransfusion
5.1.1.4 Scarcity of Donated Blood/Allogenic Blood
5.1.2 Restraints
5.1.2.1 High Costs Associated With Autotransfusion Systems
5.1.2.2 Risks Associated With Autotransfusion
5.1.2.3 Government Initiatives to Streamline the Allogenic/Donated Blood Supply
5.1.3 Opportunities
5.1.3.1 Emerging Economies Offer High Growth Potential
5.1.4 Challenges
5.1.4.1 Scarcity of Resources Such as Well-Trained Perfusionists and Surgical Technicians in Developing Countries
5.1.5 Market Trends
5.1.5.1 Development of Low-Cost Autotransfusion Devices
6 Autotransfusion Systems Market, By Type (Page No. – 38)
6.1 Introduction
6.2 Autotransfusion Products
6.2.1 Autotransfusion Products Market Split, By Application, 2017–2024 (USD Million)
6.2.2 Intraoperative Autotransfusion Systems
6.2.2.1 Advantages of Intraoperative Blood Autotransfusion to Drive the Growth of This Segment
6.2.2.2 Intraoperative Autotransfusion Systems Market Split, By Application, 2017–2024 (USD Million)
6.2.3 Postoperative Autotransfusion Systems
6.2.3.1 Postoperative Autotransfusion Systems have Wide Usage in Trauma Procedures
6.2.3.2 Postoperative Autotransfusion Systems Market Split, By Application, 2017–2024 (USD Million)
6.2.4 Dual-Mode Autotransfusion Systems
6.2.4.1 Dual-Mode Autotransfusion Systems have Major Applications in Treatment Procedures for Massive Trauma and Malignant Surgeries
6.2.4.2 Dual-Mode Autotransfusion Systems Market Split, By Application, 2017–2024 (USD Million)
6.3 Autotransfusion Accessories
6.3.1 Autotransfusion Accessories Market Split, By Application, 2017–2024 (USD Million)
7 Autotransfusion Systems Market, By Application (Page No. – 47)
7.1 Introduction
7.2 Cardiac Surgeries
7.2.1 Cardiac Surgeries Form the Largest Application Segment in the Market
7.3 Orthopedic Surgeries
7.3.1 Rising Number of Orthopedic Procedures Will Support Market Growth
7.4 Organ Transplantation
7.4.1 Rising Disease Prevalence and Need for Organ Donations Will Drive Demand for Autotransfusion Systems
7.5 Trauma Procedures
7.5.1 High Levels of Blood Loss in Trauma Procedures Will Support Use of Autotransfusion Systems
7.6 Other Procedures
8 Autotransfusion Systems Market, By Region (Page No. – 54)
8.1 Introduction
8.2 North America
8.2.1 US
8.2.1.1 Rising Number of Transplant Procedures in the US to Drive Market Growth
8.2.2 Canada
8.2.2.1 Rising Concerns Over the Risks Associated With Homologous Blood Transfusion to Support Market Growth in Canada
8.3 Europe
8.3.1 Germany
8.3.1.1 Significant Healthcare Spending in the Country to Support Market Growth
8.3.2 France
8.3.2.1 Growing Awareness and Support for Organ Donation to Propel the Growth of the Autotransfusion Systems Market in France
8.3.3 UK
8.3.3.1 Increasing Number of Transplantation Procedures in the UK to Drive Market Growth
8.3.4 Rest of Europe
8.4 Asia Pacific
8.4.1 Japan
8.4.1.1 Rising Geriatric Population and Universal Healthcare Coverage—Major Factors Driving Market Growth in Japan
8.4.2 China
8.4.2.1 Scarcity of Donated Blood to Drive the Adoption of Autologous Blood Transfusion in China
8.4.3 India
8.4.3.1 Presence of A Large Patient Population and Growing Access to Healthcare Driving Market Growth in India
8.4.4 Rest of Asia Pacific
8.5 Rest of the World
8.5.1 Latin America
8.5.2 Middle East
8.5.3 Africa
9 Competitive Landscape (Page No. – 85)
9.1 Introduction
9.2 Market Ranking Analysis
9.3 Competitive Scenario
9.3.1 Acquisitions
9.3.2 Agreements
9.4 Competitive Leadership Mapping
9.4.1 Competitive Leadership Mapping: Major Market Players (2017)
9.4.1.1 Visionary Leaders
9.4.1.2 Innovators
9.4.1.3 Dynamic Players
9.4.1.4 Emerging Companies
10 Company Profiles (Page No. – 89)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments & MnM View)*
10.1 Atrium Medical Corporation (A Part of Getinge Group)
10.2 Becton, Dickinson and Company
10.3 Beijing ZKSK Technology Co., Ltd.
10.4 Braile Biomédica
10.5 Fresenius Medical Care AG & Co. KGaA
10.6 Gen World Medical Devices
10.7 Haemonetics Corporation
10.8 Livanova PLC
10.9 Medtronic PLC
10.10 Redax
10.11 SARSTEDT AG & Co. Kg
10.12 Teleflex Incorporated
10.13 Zimmer Biomet Holdings Inc.
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments & MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
11 Appendix (Page No. – 109)
11.1 Discussion Guide
11.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
11.3 Available Customizations
11.4 Related Reports
11.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】自己輸血装置の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年8月20日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM90935
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
自己輸血装置の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界の走査型プローブ顕微鏡(SPM)市場2015
    本調査レポートでは、世界の走査型プローブ顕微鏡(SPM)市場2015について調査・分析し、走査型プローブ顕微鏡(SPM)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • サプライチェーン分析の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、サプライチェーン分析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、サプライチェーン分析の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。Technavio社はサプライチェーン分析の世界市場が2017-2021年期間中に年平均13.68%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• IBM• Oracle • SAP等です。
  • システムインテグレーターの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、システムインテグレーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、サービス別分析、技術別分析、産業別分析、地域別分析、システムインテグレーターの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 分散型エネルギーリソース管理システムの世界市場予測(~2022年):太陽光発電、風力発電、エネルギー貯蔵、CHP
    当調査レポートでは、分散型エネルギーリソース管理システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、技術別分析、ソフトウェア別分析、需要先別分析、分散型エネルギーリソース管理システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国のマイニングトラック市場2015
    本調査レポートでは、中国のマイニングトラック市場2015について調査・分析し、マイニングトラックの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療品質管理の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、医療品質管理の世界市場について調査・分析し、医療品質管理の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 医療品質管理の世界市場:市場動向分析 - 医療品質管理の世界市場:競争要因分析 - 医療品質管理の世界市場:デリバリー形態別 ・ウェブ&クラウドベースソリューション ・オンプレミスソリューション - 医療品質管理の世界市場:種類別 ・PQRS (PHYSICIAN QUALITY REPORTING SOLUTIONS) ・ビジネスインテリジェンス・分析 ・プロバイダーパフォーマンス改善ソリューション ・臨床リスクマネジメントソリューション - 医療品質管理の世界市場:用途別 ・リスク管理 ・データ管理 - 医療品質管理の世界市場:エンドユーザー別 ・病院 ・外来治療センター ・保険者 ・ACO (Accountable Care Organization) ・その他 - 医療品質管理の世界市場:主要地域別分析 - 医療品質管理の北米市場規模(アメリカ市場等) - 医療品質管理のヨーロッパ …
  • 集束イオンビームの世界市場
    当調査レポートでは、集束イオンビームの世界市場について調査・分析し、集束イオンビームの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • スマート農業の世界市場予測(~2022):精密農業、家畜モニタリング、栽培漁業、スマートハウス
    当調査レポートでは、スマート農業の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、農業種類別分析、装置別分析、用途別分析、地域別分析、スマート農業の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ウイルス不活化の世界市場:方法別(溶媒・活性剤処理、殺菌処理)、製品別(キット・試薬、サービス、ウイルス不活化システム・アクセサリ)、用途別(血液・血液製剤、細胞療法・遺伝子療法製品、幹細胞製品、細胞組織・細胞組織製品、ワクチン・治療薬)、エンドユーザー別(製薬・バイオテクノロジー企業、CRO (医薬品開発業務受託機関) 、学術研究機関)、地域別予測
    本資料は、ウイルス不活化の世界市場について調べ、ウイルス不活化の世界規模、市場動向、市場環境、方法別(溶媒・活性剤処理、殺菌処理)分析、製品別(キット・試薬、サービス、ウイルス不活化システム・アクセサリ)分析、用途別(血液・血液製剤、細胞療法・遺伝子療法製品、幹細胞製品、細胞組織・細胞組織製品、ワクチン・治療薬)分析、エンドユーザー別(製薬・バイオテクノロジー企業、CRO (医薬品開発業務受託機関) 、学術研究機関)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ウイルス不活化の世界市場概要 ・ウイルス不活化の世界市場環境 ・ウイルス不活化の世界市場動向 ・ウイルス不活化の世界市場規模 ・ウイルス不活化の世界市場規模:方法別(溶媒・活性剤処理、殺菌処理) ・ウイルス不活化の世界市場規模:製品別(キット・試薬、サービス、ウイルス不活化システム・アクセサリ) ・ウイルス不活化の世界市場規模:用途別(血液・血液製剤、細胞療法・遺伝子療法製品、幹細胞製品、細胞 …
  • カーペット&ラグの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、カーペット&ラグの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、材料別分析、需要先別分析、地域別分析、カーペット&ラグの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • キサンタンガムの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、キサンタンガムの世界市場について調査・分析し、キサンタンガムの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - キサンタンガムの世界市場:市場動向分析 - キサンタンガムの世界市場:競争要因分析 - キサンタンガムの世界市場:仕様別 液体状 乾燥状 - キサンタンガムの世界市場:機能別 コート剤 脂質代用品 ゲル化剤 安定剤 濃厚剤 その他の機能 - キサンタンガムの世界市場:用途別 製薬化学 農薬 個人医療 石油及びガス 実験研究 プリンターインク ペンキ 食品及び飲料品 その他の用途 - キサンタンガムの世界市場:主要地域別分析 - キサンタンガムの北米市場規模(アメリカ市場等) - キサンタンガムのヨーロッパ市場規模 - キサンタンガムのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・キサンタンガムの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • クリーンルーム及び医療用カートの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、クリーンルーム及び医療用カートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クリーンルーム及び医療用カートの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はクリーンルーム及び医療用カートの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.15%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Medline, • Terra Universal,• Advantech, • Ergotron.等です。
  • 世界及び欧州の湿潤剤市場-分析及び展望(~2022年)
  • ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、プロセス別分析、運用別分析、種類別分析、産業別分析、ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アメリカの太陽熱発電市場2015
  • クラフトスピリッツの世界市場2017-2021:クラフトジン、クラフトウィスキー、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、クラフトスピリッツの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クラフトスピリッツの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はクラフトスピリッツの世界市場が2017-2021年期間中に年平均26.91%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はBacardi、Beam Suntory、Constellation Brands、Distell、Pernod Ricard等です。
  • 道路用ソーラー製品の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、道路用ソーラー製品の世界市場について調査・分析し、道路用ソーラー製品の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 道路用ソーラー製品の世界市場:市場動向分析 - 道路用ソーラー製品の世界市場:競争要因分析 - 道路用ソーラー製品の世界市場:製品別 ・ソーラー信号 ・ソーラー道路鋲 ・ソーラー街路灯 - 道路用ソーラー製品の世界市場:主要地域別分析 - 道路用ソーラー製品の北米市場規模(アメリカ市場等) - 道路用ソーラー製品のヨーロッパ市場規模 - 道路用ソーラー製品のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・道路用ソーラー製品の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 幹細胞の世界市場分析:成体幹細胞、hESC、iPS細胞
    本調査レポートでは、幹細胞の世界市場について調査・分析し、幹細胞の世界市場動向、幹細胞の世界市場規模、市場予測、セグメント別幹細胞市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 神経内分泌腫瘍(Neuroendocrine Tumors):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、神経内分泌腫瘍(Neuroendocrine Tumors)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・神経内分泌腫瘍(Neuroendocrine Tumors):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・神経内分泌腫瘍(Neuroendocrine Tumors)のフェーズ3治験薬の状況 ・神経内分泌腫瘍(Neuroendocrine Tumors)治療薬の市場規模(販売予測) ・神経内分泌腫瘍(Neuroendocrine Tumors)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・神経内分泌腫瘍(Neuroendocrine Tumors)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の神経内分泌腫瘍(Neuroendocrine Tumors)治療薬剤
  • 皮膚潰瘍(Skin Ulcers):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における皮膚潰瘍(Skin Ulcers)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、皮膚潰瘍(Skin Ulcers)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・皮膚潰瘍(Skin Ulcers)の概要 ・皮膚潰瘍(Skin Ulcers)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の皮膚潰瘍(Skin Ulcers)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・皮膚潰瘍(Skin Ulcers)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・皮 …
  • タービンの世界市場
    当調査レポートでは、タービンの世界市場について調査・分析し、タービンの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • アルファ-2Cアンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるアルファ-2Cアンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アルファ-2Cアンタゴニストの概要 ・アルファ-2Cアンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のアルファ-2Cアンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・アルファ-2Cアンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・アルファ-2Cアンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 放射線治療の世界市場:製品別(EBRT、近接照射療法、SBRT)、用途別、技術別、セグメント予測
    放射線治療の世界市場は2025年には101億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率6.5%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、がんの罹患率の上昇が考えられます。本調査レポートでは、放射線治療の世界市場について調査・分析し、放射線治療の世界市場動向、放射線治療の世界市場規模、市場予測、セグメント別放射線治療市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 損害保険の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、損害保険の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、損害保険の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • バーチャルプライベートサーバー(VPN:仮想専用サーバー)の世界市場
    Transparency Market Researchが調査・発行した当レポートは、バーチャルプライベートサーバー(VPN:仮想専用サーバー)の世界市場について調べ、バーチャルプライベートサーバー(VPN:仮想専用サーバー)の世界規模、市場動向、市場環境、OS別(Linux、Windows)分析、企業規模別(中小企業、大企業)分析、最終用途産業別(IT・テレコム、BFSI、小売、医療、ヘルスケア、製造、政府)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、バリューチェーン分析、関連企業情報などをまとめました。 ・序文・調査範囲・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・バーチャルプライベートサーバー(VPN:仮想専用サーバー)の世界市場動向 ・バーチャルプライベートサーバー(VPN:仮想専用サーバー)の世界市場環境 ・バーチャルプライベートサーバー(VPN:仮想専用サーバー)のバリューチェーン分析 ・バーチャルプライベートサーバー(VPN:仮想専用サーバー)の世界市場規模 ・バーチャルプライベートサーバー(VPN:仮想専用サーバー)の世界市場規模: …
  • 戦術用コンピュータの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、戦術用コンピュータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、戦術用コンピュータの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のモバイル広告市場2019
    本調査レポートでは、世界のモバイル広告市場2019について調査・分析し、モバイル広告の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、モバイル広告のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、モバイル広告メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・モバイル広告の市場概要 ・モバイル広告の上流・下流市場分析 ・モバイル広告のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・モバイル広告のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・モバイル広告のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・モバイル広告のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・モバイル広告の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・モバイル広告の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・モバイル広告の北米市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・モバイル広告の北米市場:市場予測(生産 …
  • 世界のセミトレーラー市場2015
    本調査レポートでは、世界のセミトレーラー市場2015について調査・分析し、セミトレーラーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 災害復旧ソリューションの世界市場:タイプ別(バックアップ・リカバリ、データセキュリティ、複製)、導入別、最終用途別、企業サイズ別、セグメント予測
    災害復旧ソリューションの世界市場は2025年には262億3000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率36.5%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、インフラの障害、サイバー攻撃、自然災害、およびその他内外の脅威といった事象の増加が考えられます。このような予期しない出来事は、業務運用の混乱の原因となり、組織に大きな損失をもたらします。本調査レポートでは、災害復旧ソリューションの世界市場について調査・分析し、災害復旧ソリューションの世界市場動向、災害復旧ソリューションの世界市場規模、市場予測、セグメント別災害復旧ソリューション市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • CMOSカメラモジュールの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、CMOSカメラモジュールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、CMOSカメラモジュールの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • アルコール飲料用包装(パッケージング)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、アルコール飲料用包装(パッケージング)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、アルコール飲料用包装(パッケージング)市場規模、原材料別(ガラス、金属、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・アルコール飲料用包装(パッケージング)の世界市場概要 ・アルコール飲料用包装(パッケージング)の世界市場環境 ・アルコール飲料用包装(パッケージング)の世界市場動向 ・アルコール飲料用包装(パッケージング)の世界市場規模 ・アルコール飲料用包装(パッケージング)の世界市場:業界構造分析 ・アルコール飲料用包装(パッケージング)の世界市場:原材料別(ガラス、金属、その他) ・アルコール飲料用包装(パッケージング)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・アルコール飲料用包装(パッケージング)のアメリカ市場規模・予測 ・アルコール飲料用包装(パッケージング)のヨーロッパ市場規模・予測 ・アルコール飲料用包装(パッケージング)の …
  • リップケア製品の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、リップケア製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、リップケア製品の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のサリチル酸リチウム市場2015
    本調査レポートでは、世界のサリチル酸リチウム市場2015について調査・分析し、サリチル酸リチウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 生分解性マルチフィルムの世界市場:TPS(熱可塑性デンプン)、AAC(脂肪族・芳香族コポリエステル)、制御分解性マスターバッチ
    当調査レポートでは、生分解性マルチフィルムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、プラスチック別分析、種類別分析、作物別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • セルロースアセテートブチレートの世界市場2017-2021:塗料・コーティング、ラッカー、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、セルロースアセテートブチレートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、セルロースアセテートブチレートの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はセルロースアセテートブチレートの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.28%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Eastman Chemical、Hangzhou Dayangchem、HAIHANG INDUSTRY、Rotuba、Merck等です。
  • 白内障(Cataract):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における白内障(Cataract)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、白内障(Cataract)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・白内障(Cataract)の概要 ・白内障(Cataract)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の白内障(Cataract)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・白内障(Cataract)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・白内障(Cataract)治療薬開発に取り組んでい …
  • 世界のデジタル風力計市場2016
    本調査レポートでは、世界のデジタル風力計市場2016について調査・分析し、デジタル風力計の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ドーパミンベータヒドロキシラーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるドーパミンベータヒドロキシラーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ドーパミンベータヒドロキシラーゼ阻害剤の概要 ・ドーパミンベータヒドロキシラーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のドーパミンベータヒドロキシラーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ドーパミンベータヒドロキシラーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ドーパミンベータヒドロキシラーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 学生用顕微鏡の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、学生用顕微鏡の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、学生用顕微鏡の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 人工知能(AI)の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、人工知能(AI)の世界市場について調査・分析し、人工知能(AI)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 人工知能(AI)の世界市場:市場動向分析 - 人工知能(AI)の世界市場:競争要因分析 - 人工知能の世界市場:システム別 ・エキスパートシステム(ES) ・意思決定支援システム(DSS) ・ファジーシステム ・マルチエージェントシステム ・知的システム ・ハイブリッドシステム ・その他 - 人工知能の世界市場:産業別 ・農業 ・自動車・輸送 ・BFSI ・教育 ・娯楽 ・医療 ・製造 ・メディア・広告 ・石油・ガス ・小売 ・ロボット工学 ・科学 ・宇宙技術 ・その他 - 人工知能の世界市場:種類別 ・強いAI ・弱いAI ・その他 - 人工知能の世界市場:技術別 ・コグニティブ・コンピューティング ・コンテキスト・アウェア・ コンピューティング ・ディープラーニング ・携帯情報端末 ・画像認識 ・機械学習 ・自然言語処理 ・予測機能API ・照会方法 ・ロボット工学 ・音声認識 …
  • 自己導尿カテーテルの世界市場:断続的カテーテル、外部カテーテル
    当調査レポートでは、自己導尿カテーテルの世界市場について調査・分析し、市場概要、製品種類別(断続的カテーテルおよび外部カテーテル)分析、種類別(男性型カテーテルおよび女性型カテーテル)分析、用途別(良性前立腺過形成、尿失禁、脊髄損傷、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・自己導尿カテーテルの世界市場:製品種類別(断続的カテーテルおよび外部カテーテル) ・自己導尿カテーテルの世界市場:種類別(男性型カテーテルおよび女性型カテーテル) ・自己導尿カテーテルの世界市場:用途別(良性前立腺過形成、尿失禁、脊髄損傷、その他) ・自己導尿カテーテルの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業動向
  • 血友病A(Hemophilia A):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における血友病A(Hemophilia A)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、血友病A(Hemophilia A)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・血友病A(Hemophilia A)の概要 ・血友病A(Hemophilia A)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の血友病A(Hemophilia A)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・血友病A(Hemophilia A)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤 …
  • モバイルデバイス管理(MDM)の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、モバイルデバイス管理(MDM)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、モバイルデバイス管理(MDM)市場規模、組織規模別(中小企業、大企業)分析、サービス別(管理サービス、専門サービス)分析、展開方法別(クラウド、オンプレミス)分析、ソリューション別(デバイス管理、アプリケーション管理、セキュリティ管理、その他)分析、エンドユーザー別(政府・公共部門、輸送・物流、小売・消費財、銀行・金融サービス・保険(BFSI)、IT・通信、医療、教育、製造・自動車、エネルギー・ユーティリティー、学術・研究機関、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ モバイルデバイス管理(MDM)の世界市場:市場動向分析 ・ モバイルデバイス管理(MDM)の世界市場:競争要因分析 ・ モバイルデバイス管理(MDM)の世界市場:組織規模別(中小企業、大企業) ・ モバイルデバイス管理(MDM)の世界市場:サービス別(管理サービス、専門サービス) …
  • 乳製品代替の世界市場分析:製品別(大豆、アーモンドミルク、ライスミルク)、剤形別(プレーン、味付)、用途別(食品、飲料)、セグメント予測
    本調査レポートでは、乳製品代替の世界市場について調査・分析し、乳製品代替の世界市場動向、乳製品代替の世界市場規模、市場予測、セグメント別乳製品代替市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ビジュアルコンテンツの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ビジュアルコンテンツの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ビジュアルコンテンツの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 消火用湿式スプリンクラーシステムの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、消火用湿式スプリンクラーシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、消火用湿式スプリンクラーシステムの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 車体制御モジュールの世界市場予測(~2027年)
    当調査レポートでは、車体制御モジュールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、機能別(ハイエンドおよびローエンド)分析、コンポーネント別(ハードウェア&ソフトウェア)分析、MCUビットサイズ別(8ビット、16ビット、32ビット)分析、通信プロトコル別分析、車体制御モジュールの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、車体制御モジュールの世界市場規模が2019年292億ドルから2027年357億ドルまで年平均2.6%成長すると予測しています。
  • スマートリテールの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、スマートリテールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別(ビジュアルマーケティング、スマートラベル、スマートペイメントシステム、インテリジェントシステム、ロボティクス、アナリティクス)分析、スマートリテールの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 電子部品用接着剤の世界市場2017-2027:導電性接着剤、熱伝導性接着剤、紫外線硬化接着剤
    当調査レポートでは、電子部品用接着剤の世界市場について調査・分析し、電子部品用接着剤の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・電子部品用接着剤の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・電子部品用接着剤の世界市場:セグメント別市場分析 ・電子部品用接着剤の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 世界の流動パラフィン市場2015
    本調査レポートでは、世界の流動パラフィン市場2015について調査・分析し、流動パラフィンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産・供給・販売動向、地域別生産規模分析、地域別販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"