"構造用接着剤の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM90951)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"構造用接着剤の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The structural adhesives market is projected to register a CAGR of 6.8%, in terms of value, between 2019 and 2024The structural adhesives market is expected to grow from USD 14.0 billion in 2019 to USD 19.4 billion by 2024, at a CAGR of 6.9%, between 2019 and 2024. APAC is the largest consumer of structural adhesives. Low-cost of manufacturing in APAC countries and high demand for structural adhesives in the region are driving its market growth.

Cyanoacrylate is the fastest-growing resin type of the structural adhesives market.
Among resins, cyanoacrylate segment is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period. Cyanoacrylate-based structural adhesives offer distinct advantages as these are one-part solvent-free adhesives that cure immediately at room temperature and offer high bonding strength. These, therefore, provide optimized and efficient bonding solutions for various substrates.

Composites are projected to be the fastest-growing substrate bonded with structural adhesives market.
The composites substrate segment is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period, 2019 to 2024. The use of composites in different applications reduce weight and increase efficiency, as composite materials (fiber reinforced plastic and glass fiber reinforced plastic) are lighter than metals, concrete, and brick. These structural adhesives provide strong bonds and high chemical & heat resistance.

APAC is the largest and projected to be the fastest-growing structural adhesives market.
APAC is the largest as well as fastest-growing structural adhesives market. It encompasses a diverse range of economies with different levels of economic development and multiple industries. Growth is attributed mainly to booming economies such as China, India, and Taiwan, among other few smaller countries, such as Indonesia, and Vietnam.

China is the leader in the market for structural adhesives in terms of demand in the Asia Pacific. India is a rapidly emerging nation in the market due to the growth in various applications in the use of structural adhesives. The key market players are expanding their structural adhesives production in APAC, especially in China and India.

In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), marketing directors, other innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in structural adhesives market, and information was gathered from secondary research to determine and verify the market size of several segments and subsegments.

• By Company Type: Tier 1 – 30%, Tier 2 – 30%, and Tier 3 – 40%
• By Designation: C Level – 20%, D Level – 30%, and Others – 50%
• By Region: North America – 20%, APAC – 40%, Europe – 20%, South America- 10%, and Middle East & Africa – 10%

The key companies profiled in this report are the Henkel (Germany), Huntsman (US), 3M (US), H.B. Fuller (US), Sika (Switzerland), Illinois Tool Works (US).

Research Coverage:
This report provides detailed segmentation of the structural adhesives market based on substrate, technology, resin type, application, and region. Based on the substrate, the market has been segmented into metals, plastics, wood, composites, and others. Technology is divided into solvent-based, water-based, and others. With respect to resin type, the structural adhesives market has been segmented into epoxy, polyurethane, acrylic, methyl methacrylate, cyanoacrylate, and others. Based on application, the market has been segmented into building & construction, bus & truck, automotive, wind energy, marine, rail, aerospace, and others. Based on the region, the market has been segmented into the Asia Pacific, Europe, North America, South America, and the Middle East & Africa.

Key Benefits of Buying the Report
From an insight perspective, this research report focuses on various levels of analyses — industry analysis (industry trends), market share analysis of top players, and company profiles, which together comprise and discuss the basic views on the competitive landscape; emerging and high-growth segments of the market; high growth regions; and market drivers, restraints, opportunities, and challenges.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"構造用接着剤の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 21)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Unit Considered
1.6 Limitations
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 25)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Data Triangulation
2.4 Assumptions
2.5 Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 34)
4 Premium Insights (Page No. – 39)
4.1 Attractive Opportunities in the Structural Adhesives Market
4.2 Structural Adhesives Market Growth, By Resin Type
4.3 APAC Structural Adhesives Market Share, By Application and Country
4.4 Structural Adhesives Market, By Major Countries
4.5 Structural Adhesives Market: Developed vs. Developing Countries
4.6 Structural Adhesives Market: Growing Demand From APAC
5 Market Overview (Page No. – 42)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Growing Trend for Lightweight and Low Carbon-Emitting Vehicles
5.2.1.2 Increasing Demand for Structural Adhesives in Aerospace Industry
5.2.1.3 High Demand for Adhesives in Building & Construction and Wind Energy Applications
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Stringent Environmental Regulations in North American and European Countries
5.2.2.2 Different Characteristic Limitations of Various Adhesives
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Increasing Demand for Non-Hazardous, Green, and Sustainable Structural Adhesives
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Limited Market Opportunities in Developed Countries
5.2.4.2 Changing Regulatory Policies and Standards
5.3 Porter’s Five Forces Analysis
5.3.1 Threat of New Entrants
5.3.2 Threat of Substitutes
5.3.3 Bargaining Power of Buyers
5.3.4 Bargaining Power of Suppliers
5.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
5.4 Macroeconomic Indicators
5.4.1 Trends and Forecast of GDP
5.4.2 Trends in Construction Industry
5.4.3 Trends in Automotive Industry
5.4.4 Trends and Forecast in Aerospace Industry
5.4.5 Trends and Forecast in Wind Energy Industry
6 Structural Adhesives Market, By Substrate (Page No. – 55)
6.1 Introduction
6.2 Metals
6.2.1 Metal Bonding Adhesives are Gaining Momentum Due to Uniform Distribution of Adhesives
6.3 Plastics
6.3.1 Plastics Can Be Reliably Fastened to A Wide Variety of Other Substrates Using an Engineered Adhesive Solution
6.4 Wood
6.4.1 Bonding of Woods Evenly Distributes the Weight and Makes the Structure Lighter
6.5 Composites
6.5.1 Composite Bonding Adhesives are in High Demand Due to their Strong Bonding and High Chemical & Heat Resistance
6.6 Others
7 Structural Adhesives Market, By Resin (Page No. – 60)
7.1 Introduction
7.2 Epoxy
7.2.1 Epoxy-Based Structural Adhesives are the Most Commonly Used Adhesives in Industrial, Automotive, Construction, and Aerospace Applications
7.3 Polyurethane (PU)
7.3.1 Pu-Based Structural Adhesives are Used Extensively in Automotive & Transportation Applications Because of their Versatility and High Strength
7.4 Acrylic
7.4.1 Acrylic-Based Structural Adhesives Can Easily Join Or Bond Dissimilar Substrates
7.5 Methyl Methacrylate (MMA)
7.5.1 Mma-Based Structural Adhesives Have the Ability to Bond With A Variety of Dissimilar Substrates By Improving the Functionality of Adhesives
7.6 Cyanoacrylate
7.6.1 Cyanoacrylate-Based Structural Adhesives Offer Excellent Adhesion With Many Substrates
7.7 Others
8 Structural Adhesives Market, By Technology (Page No. – 70)
8.1 Introduction
8.2 Solvent-Based & Reactive
8.2.1 The Solvent-Based & Reactive Technology Accounts for More Than Half of the Total Market Size, in Terms of Both Value and Volume
8.3 Water-Based
8.3.1 Water-Based Adhesives are Completely Solvent-Free and Have Low Vocs
8.4 Others
9 Structural Adhesives Market, By Application (Page No. – 76)
9.1 Introduction
9.2 Building & Construction
9.2.1 Strength, Excellent Quality of Finish, Improved Tensile Strength, Aesthetics, Improved Productivity, and Reduced Manufacturing Costs Offered By Structural Adhesives, Make them Useful in This Application Segment
9.3 Bus & Truck
9.3.1 The Use of Structural Adhesives Render Outstanding Durability, Aesthetic Appeal, and Safety to the Toughest Commercial Bus Designs and Heavy-Duty Trucks
9.4 Automotive
9.4.1 The Use of Structural Adhesives Helps in Lightweighting and Higher Impact Resistance of Vehicles
9.5 Aerospace
9.5.1 Increasing Air Traffic is Leading to the Higher Demand for Structural Adhesives in Aerospace Applications
9.6 Wind Energy
9.6.1 Increasing Focus on Green Energy Sources is Expected to Drive the Demand
9.7 Marine
9.7.1 Increasing Use of Plastic and Composites in Fabricating Boats is Boosting the Demand
9.8 Rail
9.8.1 The Growing Demand for High Speed and Lightweight Structures is Contributing to the Growth of the Market in This Application
9.9 Other Applications
10 Structural Adhesives Market, By Region (Page No. – 90)
10.1 Introduction
10.2 APAC
10.2.1 Structural Adhesives Market, By Technology
10.2.2 Structural Adhesives Market, By Resin
10.2.3 Structural Adhesives Market, By Application
10.2.4 China
10.2.4.1 China Accounted for the Largest Share of the Structural Adhesives Market in APAC
10.2.5 Japan
10.2.5.1 Japan Witnessing A Decline in Growth Due to the Maturity of the Adhesives Market
10.2.6 India
10.2.6.1 India is the Fastest-Growing Structural Adhesives Market in APAC and Globally
10.2.7 South Korea
10.2.7.1 Aerospace Industry is Expected to Lead the Structural Adhesives Market in South Korea
10.2.8 Indonesia
10.2.8.1 Indonesia is Witnessing Steady Growth, Which is Driven By Domestic Consumption and Improved Infrastructural Investments
10.2.9 Taiwan
10.2.9.1 High Investments in the Transportation Will Drive the Structural Adhesives Market in Taiwan
10.2.10 Thailand
10.2.10.1 Rapid Industrialization and Increasing Consumer Spending are Expected to Boost the Demand for Structural Adhesives
10.2.11 Vietnam
10.2.11.1 Increasing Supply for the Parts of Cabins and Storage Cabins Will Boost the Structural Adhesives Market in Vietnam
10.2.12 Rest of APAC
10.3 North America
10.3.1 Structural Adhesives Market, By Resin
10.3.2 Structural Adhesives Market, By Application
10.3.3 US
10.3.3.1 Aerospace Industry Highly Dominates the US Structural Adhesives Market
10.3.4 Canada
10.3.4.1 Bus & Truck is A Major Application of Structural Adhesives
10.3.5 Mexico
10.3.5.1 The Wind Energy Sector is Expected to Be the Fastest-Growing Application Segment of the Structural Adhesives Market
10.4 Europe
10.4.1 Structural Adhesives Market, By Resin
10.4.2 Structural Adhesives Market, By Application
10.4.3 Germany
10.4.3.1 Manufacturing and Construction Industry Will Continue to Drive the Structural Adhesives Market
10.4.4 France
10.4.4.1 The Fast Growth of the Automotive Industry is Expected to Drive the Demand for Structural Adhesives
10.4.5 Italy
10.4.5.1 The Growth in the Wind Energy Sector is Expected to Increase the Demand for Structural Adhesives
10.4.6 UK
10.4.6.1 Aerospace is One of the Major Applications of Structural Adhesives in the UK
10.4.7 Russia
10.4.7.1 Russia Was One of the Fastest-Growing Markets in the Region for Many Years
10.4.8 Turkey
10.4.8.1 Turkey is Rapidly Emerging as One of the Fastest-Growing Markets in Europe, Owing to the Current Economic Situation
10.4.8.2 Rest of Europe
10.5 South America
10.5.1 Structural Adhesives Market, By Resin
10.5.2 Structural Adhesives Market, By Application
10.5.3 Brazil
10.5.3.1 Brazil Accounted for the Largest Share of the South American Structural Adhesives Market
10.5.4 Argentina
10.5.4.1 The High Dependence on Imports is Restraining the Market Growth
10.5.5 Rest of South America
10.6 Middle East & Africa
10.6.1 Structural Adhesives Market, By Resin
10.6.2 Structural Adhesives Market, By Application
10.6.3 Saudi Arabia
10.6.3.1 Automotive Industry to Dominate the Structural Adhesives Market
10.6.4 Africa
10.6.4.1 Limited Applications of Structural Adhesives to Pose A Challenge to the Growth of the Market
10.6.5 Rest of Middle East & Africa
11 Competitive Landscape (Page No. – 135)
11.1 Overview
11.2 Competitive Leadership Mapping, 2018
11.2.1 Visionary Leaders
11.2.2 Innovators
11.2.3 Dynamic Differentiators
11.2.4 Emerging Companies
11.3 Competitive Benchmarking
11.3.1 Strength of Product Portfolio
11.3.2 Business Strategy Excellence
11.4 Market Ranking, 2018
11.5 Competitive Scenario
11.5.1 Investment & Expansion
11.5.2 Merger & Acquisition
11.5.3 New Product Launch
11.5.4 Partnership & Agreement
12 Company Profiles (Page No. – 149)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
12.1 Henkel AG & Co. KGAA
12.2 Sika AG
12.3 3M
12.4 Dupont (Dowdupont)
12.5 Huntsman International LLC.
12.6 Illinois Tool Works Inc.
12.7 Arkema (Bostik)
12.8 H.B. Fuller
12.9 Ashland
12.10 Lord Corporation
12.11 Mapei S.P.A
12.12 Hubei Huitian New Materials Co., Ltd.
12.13 Scott Bader Company Ltd.
12.14 Permabond LLC.
12.15 Scigrip
12.16 L&L Products
12.17 Master Bond Inc.
12.18 Parson Adhesives, Inc.
12.19 Delo Industrie Klebstoffe GmbH & Co. KGAA
12.20 Dymax Corporation
12.21 Hernon Manufacturing Inc.
12.22 Weicon GmbH & Co. Kg
12.23 Panacol-Elosol GmbH
12.24 Uniseal, Inc.
12.25 Riëd B.V.
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 193)
13.1 Key Insights From Industry Experts
13.2 Discussion Guide
13.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.4 Available Customizations
13.5 Related Reports
13.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】構造用接着剤の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年8月20日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM90951
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】材料
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
構造用接着剤の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ポータブル輪荷重測定装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ポータブル輪荷重測定装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、ポータブル輪荷重測定装置の世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 局所麻酔効果(Local Anesthetic Effect):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における局所麻酔効果(Local Anesthetic Effect)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、局所麻酔効果(Local Anesthetic Effect)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・局所麻酔効果(Local Anesthetic Effect)の概要 ・局所麻酔効果(Local Anesthetic Effect)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の局所麻酔効果(Local Anesthetic Effect)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・局所麻酔効果(Local Anesthetic Effect)治療薬 …
  • シリアスゲームの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、シリアスゲームの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、シリアスゲーム市場規模、プラットフォーム別(Webベース、PCベース、モバイルベース、ハンドヘルド型)分析、産業別(小売、メディア・エンターテイメント、ヘルスケア、政府、エネルギー、教育、企業、自動車、航空宇宙・防衛、その他)分析、エンドユーザー別(企業、消費者)分析、用途別(広告・マーケティング、緊急サービス、人事、製品開発、研究・プラニング、営業、シミュレーショントレーニング、サポート、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ シリアスゲームの世界市場:市場動向分析 ・ シリアスゲームの世界市場:競争要因分析 ・ シリアスゲームの世界市場:プラットフォーム別(Webベース、PCベース、モバイルベース、ハンドヘルド型) ・ シリアスゲームの世界市場:産業別(小売、メディア・エンターテイメント、ヘルスケア、政府、エネルギー、教育、企業、自動車、航空宇宙・防衛、 …
  • マイコプラズマ試験の世界市場分析:製品別、技術別(PCR、ELISA、直接アッセイ、微生物培養技術)、用途別(細胞株、ウイルス、生産終了細胞試験)、エンドユーザー別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、マイコプラズマ試験の世界市場について調査・分析し、マイコプラズマ試験の世界市場動向、マイコプラズマ試験の世界市場規模、市場予測、セグメント別マイコプラズマ試験市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 糖尿病性足部潰瘍(Diabetic Foot Ulcers):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における糖尿病性足部潰瘍(Diabetic Foot Ulcers)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、糖尿病性足部潰瘍(Diabetic Foot Ulcers)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・糖尿病性足部潰瘍(Diabetic Foot Ulcers)の概要 ・糖尿病性足部潰瘍(Diabetic Foot Ulcers)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の糖尿病性足部潰瘍(Diabetic Foot Ulcers)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・糖尿病性足部潰瘍(Diabetic Foot Ulcers)治療薬の評価    …
  • アンチセンスおよびRNAi治療薬の世界市場2019-2023
    アンチセンスおよびRNAi治療は、慢性肝臓・心血管疾患、ハンチントン病、更には希少疾患などの疾患を治療できる可能性のある新たな治療の選択肢です。Technavioのアナリストは、2019年から2023年の間に、アンチセンスおよびRNAi治療薬市場が8.67%のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、Alnylam Pharmaceuticals、Bausch Health、Biogen、Sarepta Therapeuticsなどです。 当調査レポートでは、アンチセンスおよびRNAi治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、アンチセンスおよびRNAi治療薬市場規模、種類別(アンチセンス治療法、RNAi治療法)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・アンチセンスおよびRNAi治療薬の世界市場概要 ・アンチセンスおよびRNAi治療薬の世界市場環境 ・アンチセンスおよびRNAi治療薬の世界市場動向 ・アンチセンスおよび …
  • 民間ヘリコプタMRO(メンテナンス、修理、オーバーホール)の世界市場
    当調査レポートでは、民間ヘリコプタMRO(メンテナンス、修理、オーバーホール)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、民間ヘリコプタMRO(メンテナンス、修理、オーバーホール)の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 簡便(on-the-go)包装の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、簡便(on-the-go)包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、簡便(on-the-go)包装の世界市場規模及び予測、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 特殊ポリマーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、特殊ポリマーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、特殊ポリマー市場規模、製品別(ET、HPT、SF)分析、最終用途別(自動車、電子、工業、消費財、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・特殊ポリマーの世界市場概要 ・特殊ポリマーの世界市場環境 ・特殊ポリマーの世界市場動向 ・特殊ポリマーの世界市場規模 ・特殊ポリマーの世界市場:業界構造分析 ・特殊ポリマーの世界市場:製品別(ET、HPT、SF) ・特殊ポリマーの世界市場:最終用途別(自動車、電子、工業、消費財、その他) ・特殊ポリマーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・特殊ポリマーのアメリカ市場規模・予測 ・特殊ポリマーのヨーロッパ市場規模・予測 ・特殊ポリマーのアジア市場規模・予測 ・特殊ポリマーの主要国分析 ・特殊ポリマーの世界市場:意思決定フレームワーク ・特殊ポリマーの世界市場:成長要因、課題 ・特殊ポリマーの世界市場:競争環境 ・特殊ポリマ …
  • 臨床化学分析装置の世界市場分析:製品別(分析装置、試薬)、試験別(BMP、電解質パネル、肝臓パネル、脂質プロファイル、腎プロファイル、甲状腺機能プロファイル、特殊化学検査)、エンドユーザー別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、臨床化学分析装置の世界市場について調査・分析し、臨床化学分析装置の世界市場動向、臨床化学分析装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別臨床化学分析装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 脂質栄養の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、脂質栄養の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、脂質栄養市場規模、製品別(脂肪酸、トリグリセリド)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・脂質栄養の世界市場概要 ・脂質栄養の世界市場環境 ・脂質栄養の世界市場動向 ・脂質栄養の世界市場規模 ・脂質栄養の世界市場:業界構造分析 ・脂質栄養の世界市場:製品別(脂肪酸、トリグリセリド) ・脂質栄養の世界市場:地域別市場規模・分析 ・脂質栄養のアメリカ市場規模・予測 ・脂質栄養のヨーロッパ市場規模・予測 ・脂質栄養のアジア市場規模・予測 ・脂質栄養の主要国分析 ・脂質栄養の世界市場:意思決定フレームワーク ・脂質栄養の世界市場:成長要因、課題 ・脂質栄養の世界市場:競争環境 ・脂質栄養の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 中国の赤外線式ガスセンサ市場2015
    本調査レポートでは、中国の赤外線式ガスセンサ市場2015について調査・分析し、赤外線式ガスセンサの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の水&廃水処理装置市場:用途別、地域別
    本調査レポートは水&廃水処理装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、用途別(都市用、工業用)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・水&廃水処理装置の世界市場:用途別(都市用、工業用) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 食品加工 & ハンドリング装置の世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、食品加工 & ハンドリング装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(食品加工機器、食品包装機器、および外食機器)分析、用途別分析、フォーム別(固体、液体、および半固体)分析、食品加工 & ハンドリング装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、食品加工 & ハンドリング装置の世界市場規模が2019年1372億ドルから2025年1966億ドルまで年平均6.2%成長すると予測しています。
  • LED交通標識及び信号の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、LED交通標識及び信号の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、LED交通標識及び信号の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はLED交通標識及び信号の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.05%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• SWARCO• Federal Signal• Econolite Group等です。
  • セレニウムの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、セレニウムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、セレニウムの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はセレニウムの世界市場が2017-2021年期間中に年平均1.96%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、American Elements、Hindalco Industries、Mitsubishi Materials Corporation、SUMITOMO METAL MINING、Umicore等です。
  • 動物飼料添加剤の世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、動物飼料添加剤の世界市場について調査・分析し、動物飼料添加剤の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・動物飼料添加剤の世界市場:市場動向分析 ・動物飼料添加剤の世界市場:競争要因分析 ・動物飼料添加剤の世界市場:製品別分析/市場規模 ・動物飼料添加剤の世界市場:家畜別分析/市場規模 ・動物飼料添加剤の世界市場:地域別分析/市場規模 ・動物飼料添加剤の北米市場規模 ・動物飼料添加剤の欧州市場規模 ・動物飼料添加剤のアジア市場規模 ・動物飼料添加剤の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 質量分析法(MS)の世界市場予測2017-2027
    当調査レポートでは、質量分析法(MS)の世界市場について調査・分析し、質量分析法(MS)の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・質量分析法(MS)の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・質量分析法(MS)の世界市場:技術別市場分析 ・質量分析法(MS)の世界市場:用途別市場分析 ・質量分析法(MS)の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 上流工程用圧力調節器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、上流工程用圧力調節器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、上流工程用圧力調節器の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • オートバイ用ヘッドライトの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、オートバイ用ヘッドライトの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、オートバイ用ヘッドライト市場規模、技術別(ハロゲン、LED、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・オートバイ用ヘッドライトの世界市場概要 ・オートバイ用ヘッドライトの世界市場環境 ・オートバイ用ヘッドライトの世界市場動向 ・オートバイ用ヘッドライトの世界市場規模 ・オートバイ用ヘッドライトの世界市場:業界構造分析 ・オートバイ用ヘッドライトの世界市場:技術別(ハロゲン、LED、その他) ・オートバイ用ヘッドライトの世界市場:地域別市場規模・分析 ・オートバイ用ヘッドライトのアメリカ市場規模・予測 ・オートバイ用ヘッドライトのヨーロッパ市場規模・予測 ・オートバイ用ヘッドライトのアジア市場規模・予測 ・オートバイ用ヘッドライトの主要国分析 ・オートバイ用ヘッドライトの世界市場:意思決定フレームワーク ・オートバイ用ヘッドライトの世界市場:成 …
  • ロボットオペレーティングシステムの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、ロボットオペレーティングシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、ロボット種類別(多関節、スカラ、平行、デカルト、協調)分析、産業別(自動車、電気および電子、金属および機械、食品および飲料、ヘルスケア)分析、ロボットオペレーティングシステムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ロボットオペレーティングシステムの世界市場規模が2019年312百万ドルから2024年467百万ドルまで年平均8.4%成長すると予測しています。
  • デンマークの膝関節再建装置市場見通し
  • スイスの整形外科補綴市場見通し
  • 世界のホキシム市場2015
    本調査レポートでは、世界のホキシム市場2015について調査・分析し、ホキシムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 食品用乳化剤の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、食品用乳化剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、食品用乳化剤の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。Technavio社は食品用乳化剤の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.12%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Archer Daniels Midland、Cargill、DuPont、Kerry Group、Palsgaard等です。
  • ヒトパピローマウイルス(HPV)関連がん:治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるヒトパピローマウイルス(HPV)関連がんの治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、ヒトパピローマウイルス(HPV)関連がん治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・ヒトパピローマウイルス(HPV)関連がんの概要 ・ヒトパピローマウイルス(HPV)関連がんの治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のヒトパピローマウイルス(HPV)関連がん治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ヒトパピローマウイルス(HPV)関連がん治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リ …
  • ニトリルブタジエンゴム(NBR)粉末の世界市場:製品別(直鎖、架橋)、用途別(PVC改質、自動車、建設)、セグメント予測
    本調査レポートでは、ニトリルブタジエンゴム(NBR)粉末の世界市場について調査・分析し、ニトリルブタジエンゴム(NBR)粉末の世界市場動向、ニトリルブタジエンゴム(NBR)粉末の世界市場規模、市場予測、セグメント別ニトリルブタジエンゴム(NBR)粉末市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • カバノアナタケ製品の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、カバノアナタケ製品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、カバノアナタケ製品市場規模、用途別(飲食料品、パーソナルケア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Four Sigmatic, My Berry Organics, NordicNordic, Nutra Green Biotechnology Co., Nyishar, Sayan Chagaなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・カバノアナタケ製品の世界市場概要 ・カバノアナタケ製品の世界市場環境 ・カバノアナタケ製品の世界市場動向 ・カバノアナタケ製品の世界市場規模 ・カバノアナタケ製品の世界市場:業界構造分析 ・カバノアナタケ製品の世界市場:用途別(飲食料品、パーソナルケア) ・カバノアナタケ製品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・カバノアナタケ製品の北米市場規模・予測 ・カバノアナタケ製品のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・カバノアナタケ製品の …
  • ニュージーランドの風力発電市場2016:発電能力、生産、投資動向、制度、企業
  • DNAおよびジーンチップの世界市場:製品別(消耗品、計器)、用途別(がんの診断・治療、ドラッグデリバリー、ゲノム解析)最終用途別、セグメント予測
    DNAおよびジーンチップの世界市場は2025年には107億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率11.4%で成長すると予測されています。DNAおよびジーンチップは、病気の知識を強化し、それらをターゲットとするために、包括的なゲノム研究に役立つ大量の情報を提供する上で役立っています。この技術は、疾病管理のさまざまな側面にわたって有益かつ有望なソリューションとなっています。これらの要因により、市場の成長が期待されています。本調査レポートでは、DNAおよびジーンチップの世界市場について調査・分析し、DNAおよびジーンチップの世界市場動向、DNAおよびジーンチップの世界市場規模、市場予測、セグメント別DNAおよびジーンチップ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 歯科用診断・手術装置の北米市場
    本調査レポートでは、歯科用診断・手術装置の北米市場について調査・分析し、歯科用診断・手術装置の北米市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 自動売買システム(システムトレード)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動売買システム(システムトレード)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動売買システム(システムトレード)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の紙やすり市場2015
    本調査レポートでは、世界の紙やすり市場2015について調査・分析し、紙やすりの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 酵母の米国・メキシコ市場
  • プレフィルドシリンジの世界市場予測
    当調査レポートでは、プレフィルドシリンジの世界市場について調査・分析し、プレフィルドシリンジの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・プレフィルドシリンジの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・プレフィルドシリンジの世界市場:セグメント別市場分析 ・プレフィルドシリンジの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 世界の産業用ガス市場規模・予測2017-2025:窒素、酸素、アルゴン、水素、二酸化炭素
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の産業用ガス市場について調査・分析し、世界の産業用ガス市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の産業用ガス関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 非晶質ポリオレフィンの世界市場予測2019-2024
    「非晶質ポリオレフィンの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、プロピレンホモポリマー、プロピレン-エチレンコポリマー、プロピレンホモポリマー・エチレンコポリマー、その他など、用途別には、Hot Melt Adhesive、Bitumen Modification、Polymer Modification、Otherなどに区分してまとめた調査レポートです。非晶質ポリオレフィンのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・非晶質ポリオレフィンの世界市場概要(サマリー) ・非晶質ポリオレフィンの企業別販売量・売上 ・非晶質ポリオレフィンの企業別市場シェア ・非晶質ポリオレフィンの世界市場規模:種類別(プロピレンホモポリマー、プロピレン-エチレンコポリマー、プロピレンホモポリマー・エチレンコポリマー、その他) ・非晶質ポリオレフィンの世界市場規模:用途別(Hot Melt Adhesive、Bitumen Modification …
  • パッケージボイラーの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、パッケージボイラーの世界市場について調査・分析し、パッケージボイラーの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - パッケージボイラーの世界市場:市場動向分析 - パッケージボイラーの世界市場:競争要因分析 - パッケージボイラーの世界市場:種類別 ・電子ボイラー ・煙管パッケージボイラー ・水管パッケージボイラー ・その他 - パッケージボイラーの世界市場:デザイン別 ・Aタイプパッケージボイラー ・Dタイプパッケージボイラー ・Oタイプパッケージボイラー - パッケージボイラーの世界市場:燃料別 ・バイオマス ・ガス ・石油 ・その他 - パッケージボイラーの世界市場:業界別 ・化学 ・飲食品 ・石油・ガス ・パルプ・紙 ・その他 - パッケージボイラーの世界市場:主要地域別分析 - パッケージボイラーの北米市場規模(アメリカ市場等) - パッケージボイラーのヨーロッパ市場規模 - パッケージボイラーのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・パッケージボイラーの世界市場:主 …
  • セルロース繊維の世界市場動向・予測
    Market Research Future社が発行した当調査レポートでは、セルロース繊維の世界市場について調査・分析し、セルロース繊維の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • リキッドバイオプシーの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、リキッドバイオプシーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、癌種類別分析、製品種類別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アジア太平洋の電気生理学装置市場(~2021)
  • 世界主要国におけるベビーモニター市場2018-2023
    本調査レポートでは、ベビーモニターの世界市場について調査・分析し、ベビーモニターの世界市場概要、企業別市場シェア、地域別市場規模、種類別市場規模(インターネットモニター、映像モニター、音声モニター)、用途別市場規模(家庭用、商用)、主要企業分析、北米市場規模、米国市場規模、南米市場規模、欧州市場規模、アジア市場規模、日本国内市場規模、中国市場規模、中東・アフリカ市場規模、コスト(原価)分析、産業構造・戦略・マーケティング・流通業者分析、市場環境分析、ベビーモニターの世界市場予測、地域別市場予測、種類別市場予測、用途別市場予測などの情報をお届け致します。 ・ベビーモニターの世界市場概要 ・ベビーモニターの企業別市場シェア ・ベビーモニターの地域別市場規模 ・ベビーモニターの種類別市場規模(インターネットモニター、映像モニター、音声モニター) ・ベビーモニターの用途別市場規模(家庭用、商用) ・ベビーモニターの主要企業分析 ・ベビーモニターの北米市場規模 ・ベビーモニターの米国市場規模 ・ベビーモニターの南米市場規模 ・ベビーモニターの欧州市場規模 ・ベビーモニターのアジア市場規模 ・ベビ …
  • 建設用化学品の世界市場:最終用途別(非住宅・インフラ、住宅)、製品別(コンクリート用接着剤、コンクリート用シーラント)、セグメント予測
    建設用化学品の世界市場は2024年には676億1,000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率6.3%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、さまざまなインフラ整備に伴う都市化の加速化が考えられます。本調査レポートでは、建設用化学品の世界市場について調査・分析し、建設用化学品の世界市場動向、建設用化学品の世界市場規模、市場予測、セグメント別建設用化学品市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 食品保温トレーの世界市場
    当調査レポートでは、食品保温トレーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、食品保温トレーの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空機フライトコントロールシステムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、航空機フライトコントロールシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、航空機フライトコントロールシステム市場規模、用途別(商用機、軍用機、ビジネス機)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・航空機フライトコントロールシステムの世界市場概要 ・航空機フライトコントロールシステムの世界市場環境 ・航空機フライトコントロールシステムの世界市場動向 ・航空機フライトコントロールシステムの世界市場規模 ・航空機フライトコントロールシステムの世界市場:業界構造分析 ・航空機フライトコントロールシステムの世界市場:用途別(商用機、軍用機、ビジネス機) ・航空機フライトコントロールシステムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・航空機フライトコントロールシステムのアメリカ市場規模・予測 ・航空機フライトコントロールシステムのヨーロッパ市場規模・予測 ・航空機フライトコントロールシステムのアジア市場規模・予測 ・航空機フライトコ …
  • アメリカの家庭用家具市場2016-2020
    当調査レポートでは、アメリカの家庭用家具市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカの家庭用家具市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、市場シェア、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 段ボール箱の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、段ボール箱の世界市場について調査・分析し、段ボール箱の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別段ボール箱シェア、市場規模推移、市場規模予測、段ボール箱種類別分析(片面段ボール、両面段ボール、複両面段ボール)、段ボール箱用途別分析(飲食業、電子・家庭電化製品、消費財、製薬産業、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・段ボール箱の市場概観 ・段ボール箱のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・段ボール箱のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・段ボール箱の世界市場規模 ・段ボール箱の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・段ボール箱のアメリカ市場規模推移 ・段ボール箱のカナダ市場規模推移 ・段ボール箱のメキシコ市場規模推移 ・段ボール箱のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・段ボール箱のドイツ市場規模推移 ・段ボール箱のイギリス市場規模推移 ・段ボール箱のロシア市場規模推移 ・段ボール箱のアジア市場分析(日本、中国、韓国、イン …
  • 使い捨て麻酔機器の世界市場:呼吸回路、LMA、蘇生器、顔面マスク
    当調査レポートでは、使い捨て麻酔機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、使い捨て麻酔機器の世界市場規模及び予測、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • CFTRのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるCFTRのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・CFTRの概要 ・CFTRのパイプライン概要 ・企業別開発中のCFTR ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・CFTRの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・CFTR開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • オートバイ用保護具の世界市場2017-2021:ヘルメット、ジャケット、手袋、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、オートバイ用保護具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オートバイ用保護具の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はオートバイ用保護具の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.75%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はAero Design & MFG、Alpinestars、Dainese等です。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"