"エンタープライズ資産管理の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MAM90952)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"エンタープライズ資産管理の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Growing demand for cloud-based enterprise asset management (EAM) solutions and gaining a 360-degree view of assets are expected to drive the growth of the enterprise asset management market
The global enterprise asset management market size is expected to grow from USD 5.1 billion in 2019 to USD 8.2 billion by 2024, at a CAGR of 10.0% during the forecast period. The growth of the market can be attributed to the increasing demand for cloud-based EAM solutions and gaining a 360-degree view of assets. However, security concerns related to data security can hinder the growth of the market.

The transportation and logistics segment is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period
Enterprise asset management solutions help businesses operating in the transportation and logistics industry minimize the costs of managing and maintaining transportation assets such as bridges, roads, tunnels, and rails. Furthermore, geotechnical monitoring of transportation assets allows organizations to perform maintenance operation whenever and wherever required.
The professional services segment expected to account for a larger share during the forecast period as compared to the managed services segment.
Professional services are services offered through professionals, specialists, or experts, to support the business. These services include planning and consulting, training and education, and support and maintenance. The growing focus of organizations to effectively deploy EAM solutions and streamline their entire service lifecycle is fueling the adoption of professional services.

APAC expected to grow at the highest rate during the forecast period
The EAM market in APAC is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period, due to the penetration of several companies such as Oracle, IBM, and Infor in the region. Additionally, many emerging economies in the APAC region are likely to adopt EAM solutions because of their high demands, specifically in the oil and gas, transportation and logistics, healthcare, and energy and utilities industries.

In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), marketing directors, other innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the enterprise asset management market.
• By Company Type: Tier 1 – 15%, Tier 2 – 43%, and Tier 3 – 42%
• By Designation: C-level – 62%, Director-level – 21%, and Others – 17%
• By Region: North America – 42%, APAC – 30%, Europe – 18%, MEA –5%, and Latin America – 5%
Major vendors offering enterprise asset management solutions and services across the globe include-
IBM (US), Oracle (US), IFS (Sweden), SAP (Germany), Infor (US), ABB (Switzerland), Aptean (US), CGI (Canada), IPS (Germany), Maintenance Connection (US), AVEVA (UK), AssetWorks (US), RFgen (US), eMaint (US), UpKeep (US), and Ultimo Software Solutions (UK).
The study includes an in-depth competitive analysis of these key players in the EAM market, with their company profiles, recent developments, and key market strategies.

Research coverage
The market study covers the enterprise asset management market size across segments. It aims at estimating the market size and the growth potential of this market across different segments, namely, component (solutions and services), deployment mode, organization size, vertical, and region. The study also includes an in-depth competitive analysis of the key players in the market, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key benefits of buying the report
The report will help the market leaders/new entrants in this market with information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall EAM market and the subsegments. This report will help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to position their businesses better and plan suitable go-to-market strategies. The report also helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"エンタープライズ資産管理の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 16)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 19)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakup of Primary Profiles
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Top-Down Approach
2.3.2 Bottom-Up Approach
2.4 Market Forecast
2.5 Assumptions for the Study
2.6 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 26)
4 Premium Insights (Page No. – 29)
4.1 Attractive Market Opportunities in the Enterprise Asset Management Market
4.2 Market in North America, By Vertical and Country
4.3 Market Major Countries
5 Market Overview (Page No. – 32)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Growing Demand for Cloud-Based EAM Solutions
5.2.1.2 Gaining a 360 Degree View of Assets
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Concerns of Organizations Related to Data Security and Confidentiality
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Extending the Asset Lifecycle With the Help of Advanced Technologies
5.2.3.2 Need for Digital Asset Management Strategy
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Selecting the Right Solution That Aligns With the Organization’s Business Needs
5.2.4.2 Integration of EAM With Third-Party Erp Systems
5.3 Industry Trends
5.3.1 Use Case 1: Cern
5.3.2 Use Case 2: Universal Forest Products
5.3.3 Use Case 3: Pratt & Whitney
6 Enterprise Asset Management Market By Component (Page No. – 37)
6.1 Introduction
6.2 Solutions
6.2.1 Asset Lifecycle Management
6.2.1.1 Growing Demand to Streamline Business Processes and Reduced Maintenance Cost Fuel the Demand for Enterprise Asset Management Solutions in the Market
6.2.2 Inventory Management
6.2.2.1 Inventory Management Balances the Risks of Inventory Surfeits and Shortages Across the Different Verticals
6.2.3 Work Order Management
6.2.3.1 Rise in Demand for Organizations to Efficiently Manage Work Orders and Improve Workforce Productivity is Expected to Drive the Growth of Work Order Management Solutions in the Market
6.2.4 Labor Management
6.2.4.1 Growing Need to Manage and Increase Labor Productivity is Increasing the Adoption of Labor-Management Solutions in the Market
6.2.5 Predictive Maintenance
6.2.5.1 Growing Demand for Monitoring and Predicting System Failures in Real-Time is Paving the Way for Predictive Maintenance Solutions in the Market
6.2.6 Facility Management
6.2.6.1 Growing Demand to Transform Data Into Manageable Insights Fuel the Demand for Facility Management Solutions in the Market
6.2.7 Reporting and Analytics
6.2.7.1 Need to Improve Operations With Real-Time Analysis of the Huge Amount of Data is Expected to Drive the Demand for Reporting and Analytics Solutions
6.3 Services
6.3.1 Professional Services
6.3.1.1 Growing Focus of Organizations to Effectively Deploy Enterprise Asset Management Solutions and Streamline Their Entire Service Lifecycle is Fuelling the Adoption of Professional Services
6.3.2 Managed Services
6.3.2.1 Increasing Need to Reduce Data Breaches and Protect Intellectual Property is Fueling the Demand for Managed Services in the Market
7 Enterprise Asset Management Market By Deployment Mode (Page No. – 48)
7.1 Introduction
7.2 On-Premises
7.2.1 Security Concerns Among Large Enterprises to Drive the Adoption of On-Premises Enterprise Asset Management Solution
7.3 Cloud
7.3.1 Scalability and Cost-Effectiveness of Cloud-Based Enterprise Asset Management Solution to Drive Their Adoption During the Forecast Period
8 Enterprise Asset Management Market By Organization Size (Page No. – 52)
8.1 Introduction
8.2 Large Enterprises
8.2.1 Growing Focus of Large Enterprise to Efficiently Manage a Large Amount of Critical Assets to Drive the Adoption of Enterprise Asset Management Solution Among Large Enterprises
8.3 Small and Medium-Sized Enterprises (SMES)
8.3.1 Need for Cost-Effective Solutions to Drive the Demand for Enterprise Asset Management Solutions Among Small and Medium-Sized Enterprises
9 Enterprise Asset Management Market By Vertical (Page No. – 56)
9.1 Introduction
9.2 Energy and Utilities
9.2.1 Focus of Organizations to Take Proactive Measures Against Outages and Reduce Risks in Managing Critical Operations Projected to Drive the Adoption of Enterprise Asset Management Solutions in Energy and Utilities Vertical
9.3 Manufacturing
9.3.1 Rising Need to Streamline Product Manufacturing and Delivery Process is Expected to Drive the Growth of Enterprise Asset Management Solution in Manufacturing Vertical
9.4 Healthcare and Life Sciences
9.4.1 Need to Automate and Improve Complex Healthcare Service Operations Expected to Drive the Demand for Enterprise Asset Management Solutions in Healthcare and Life Sciences Vertical
9.5 Transportation and Logistics
9.5.1 Rising Need to Minimize Cost of Transportation Assets is Expected to Fuel the Demand for Enterprise Asset Management Solutions During the Forecast Period
9.6 IT and Telecom
9.6.1 Demand for Highly Connected Environment to Efficiently Manage Various Assets is Expected to Drive Need for Enterprise Asset Management Solutions in IT and Telecom Vertical
9.7 Government and Defense
9.7.1 Need for Highly Reliable Assets to Handle Crucial Projects is Expected to Drive the Demand for Enterprise Asset Management Solutions in Government and Defense Vertical
9.8 Others
10 Enterprise Asset Management Market By Region (Page No. – 65)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 United States
10.2.1.1 Early Adoption of Technologies and High Focus on Innovations to Boost Market Growth in the United States
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Adoption of Enterprise Asset Management Solutions Across Verticals to Drive the Market Growth in Canada
10.3 Europe
10.3.1 United Kingdom
10.3.1.1 Rise in Demand for Enterprise Asset Management Solutions to Maximize RoA to Drive the Growth of the Market in the United Kingdom
10.3.2 Germany
10.3.2.1 Government Focuses on Innovation and Research to Drive the Enterprise Asset Management Market in Germany
10.3.3 Rest of Europe
10.4 Asia Pacific
10.4.1 China
10.4.1.1 High Investment in Advanced Technologies Solutions to Drive the Market in China
10.4.2 Australia and New Zealand
10.4.2.1 Increasing Adoption of Technologies in Various Industries Boost the Demand for Enterprise Asset Management in Australia and New Zealand
10.4.3 Rest of Asia Pacific
10.5 Middle East and Africa (MEA)
10.5.1 UAE
10.5.1.1 Digitalization in Various Industries Boosts the Adoption of Enterprise Asset Management in the UAE
10.5.2 South Africa
10.5.2.1 Increasing Demand for Enterprise Asset Management Solutions to Enhance the Customer Experience is Driving the Growth in South Africa
10.5.3 Rest of Middle East and Africa
10.6 Latin America
10.6.1 Brazil
10.6.1.1 Rise in Number of Asset-Intensive Companies to Drive the Growth of the EAM Market in Brazil
10.6.2 Mexico
10.6.2.1 Increasing Awareness of Enterprise Asset Management Solution to Drive the EAM Market in Mexico
10.6.3 Rest of Latin America
11 Competitive Landscape (Page No. – 86)
11.1 Competitive Scenario
11.1.1 New Product Launches
11.1.2 Business Expansions
11.1.3 Mergers & Acquisitions
11.1.4 Partnerships, Agreements, and Collaborations
11.2 Competitive Leadership Mapping
11.2.1 Visionary Leaders
11.2.2 Innovators
11.2.3 Dynamic Differentiators
11.2.4 Emerging Companies
12 Company Profiles (Page No. – 95)
12.1 Introduction
(Business Overview, Products, Solutions & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
12.2 Oracle
12.3 IFS
12.4 Infor
12.5 IBM
12.6 SAP
12.7 ABB
12.8 Intelligent Process Solutions (IPS)
12.9 Maintenance Connection
12.10 AVEVA
12.11 Aptean
12.12 eMaint
12.13 CGI
12.14 UpKeep
12.15 RFgen Software
12.16 AssetWorks
12.17 Ultimo Software Solutions
*Details on Business Overview, Solutions, Products & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 127)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】エンタープライズ資産管理の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年8月20日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MAM90952
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】IT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
エンタープライズ資産管理の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 砕石器の世界市場2016-2020:ESWL、体内砕石器
    当調査レポートでは、砕石器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、砕石器の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ヒ化ガリウム(GaAs)部品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ヒ化ガリウム(GaAs)部品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヒ化ガリウム(GaAs)部品の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 乳製品代用食品の世界市場予測(~2022年):大豆、アーモンド、ココナッツ、米、オート麦、タイマ
    当調査レポートでは、乳製品代用食品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、構成別分析、用途別分析、地域別分析、乳製品代用食品の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 工業用パッケージングの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、工業用パッケージングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、工業用パッケージングの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は工業用パッケージングの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.00%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Greif、International Paper、Mondi Group、Nefab Group、Sonoco Products Company等です。
  • アルゼンチンの水力発電市場2016:発電能力、生産、投資動向、制度、企業
  • 血管運動性鼻炎(Vasomotor Rhinitis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における血管運動性鼻炎(Vasomotor Rhinitis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、血管運動性鼻炎(Vasomotor Rhinitis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・血管運動性鼻炎(Vasomotor Rhinitis)の概要 ・血管運動性鼻炎(Vasomotor Rhinitis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の血管運動性鼻炎(Vasomotor Rhinitis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・血管運動性鼻炎(Vasomotor Rhinitis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治 …
  • 頚管内部固定ケージの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、頚管内部固定ケージの世界市場について調査・分析し、頚管内部固定ケージの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別頚管内部固定ケージシェア、市場規模推移、市場規模予測、頚管内部固定ケージ種類別分析(金属型、ポリマー型)、頚管内部固定ケージ用途別分析(脊椎疾患治療、脊柱変形治療、脊髄神経保護、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・頚管内部固定ケージの市場概観 ・頚管内部固定ケージのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・頚管内部固定ケージのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・頚管内部固定ケージの世界市場規模 ・頚管内部固定ケージの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・頚管内部固定ケージのアメリカ市場規模推移 ・頚管内部固定ケージのカナダ市場規模推移 ・頚管内部固定ケージのメキシコ市場規模推移 ・頚管内部固定ケージのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・頚管内部固定ケージのドイツ市場規模推移 ・頚管内部固定ケージのイギリス …
  • 建設用レーザーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、建設用レーザーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、建設用レーザーの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は建設用レーザーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.68%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Fortive• HEXAGON• Robert Bosch• Stanley Black & Decker• Trimble等です。
  • コネクテッドカー用機器の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、コネクテッドカー用機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、通信種類別分析、ネットワーク種類別分析、製品種類別分析、車両種類別分析、コネクテッドカー用機器の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • セラミック装甲の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、セラミック装甲の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、セラミック装甲市場規模、用途別(防衛装甲、防弾衣、その他)分析、材料別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、3M, CeramTec, CoorsTek, Saint-Gobain, II-VI M Cubedなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・セラミック装甲の世界市場概要 ・セラミック装甲の世界市場環境 ・セラミック装甲の世界市場動向 ・セラミック装甲の世界市場規模 ・セラミック装甲の世界市場:業界構造分析 ・セラミック装甲の世界市場:用途別(防衛装甲、防弾衣、その他) ・セラミック装甲の世界市場:材料別 ・セラミック装甲の世界市場:地域別市場規模・分析 ・セラミック装甲の北米市場規模・予測 ・セラミック装甲のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・セラミック装甲のアジア太平洋市場規模・予測 ・セラミック装甲の主要国分析 ・セラミック装甲の世界市場:意思決定フ …
  • 中国のインモールドラベル市場2015
    本調査レポートでは、中国のインモールドラベル市場2015について調査・分析し、インモールドラベルの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • パッケージング用印刷の世界市場:フレキソ印刷、グラビア印刷、デジタル印刷
    当調査レポートでは、パッケージング用印刷の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、パッケージング用印刷の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 韓国の微生物培養市場動向(~2021)
  • フィンランドの関節鏡検査装置市場見通し
  • 世界のワクチンアジュバント市場:用途別、地域別
    本調査レポートはワクチンアジュバントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、用途別(感染症、がん、その他の疾患)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・ワクチンアジュバントの世界市場:用途別(感染症、がん、その他の疾患) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • デジタルツインの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、デジタルツインの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、デジタルツイン市場規模、技術別(DTS-Si、Predix、APDV、その他)分析、用途別(動的最適化、製品設計・開発、予知保全、機械設備の健全性監視、その他)分析、エンドユーザー別(小売・消費財、電化製品・電気製品、エネルギー・ユーティリティー、家庭用・商業用、自動車・輸送、機械製造、農業、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ デジタルツインの世界市場:市場動向分析 ・ デジタルツインの世界市場:競争要因分析 ・ デジタルツインの世界市場:技術別(DTS-Si、Predix、APDV、その他) ・ デジタルツインの世界市場:用途別(動的最適化、製品設計・開発、予知保全、機械設備の健全性監視、その他) ・ デジタルツインの世界市場:エンドユーザー別(小売・消費財、電化製品・電気製品、エネルギー・ユーティリティー、家庭用・商業用、自動車・輸送、機械製造、農業 …
  • 網膜用治療薬の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、網膜用治療薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、網膜用治療薬市場規模、症状別(MD薬、DED薬、その他)分析、薬物クラス別(抗VEGF剤、コルチコステロイド、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・網膜用治療薬の世界市場概要 ・網膜用治療薬の世界市場環境 ・網膜用治療薬の世界市場動向 ・網膜用治療薬の世界市場規模 ・網膜用治療薬の世界市場:業界構造分析 ・網膜用治療薬の世界市場:症状別(MD薬、DED薬、その他) ・網膜用治療薬の世界市場:薬物クラス別(抗VEGF剤、コルチコステロイド、その他) ・網膜用治療薬の世界市場:地域別市場規模・分析 ・網膜用治療薬のアメリカ市場規模・予測 ・網膜用治療薬のヨーロッパ市場規模・予測 ・網膜用治療薬のアジア市場規模・予測 ・網膜用治療薬の主要国分析 ・網膜用治療薬の世界市場:意思決定フレームワーク ・網膜用治療薬の世界市場:成長要因、課題 ・網膜用治療薬の世界 …
  • ウエハ検査装置の世界市場
    当調査レポートでは、ウエハ検査装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ウエハ検査装置の世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ワイヤレス・コネクティビティの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、ワイヤレス・コネクティビティの世界市場について調査・分析し、ワイヤレス・コネクティビティの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・ワイヤレス・コネクティビティの世界市場規模:用途別分析 ・ワイヤレス・コネクティビティの世界市場規模:コネクティビティ技術別分析 ・ワイヤレス・コネクティビティの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 世界の1-ブロモペンタン市場2016
    本調査レポートでは、世界の1-ブロモペンタン市場2016について調査・分析し、1-ブロモペンタンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用エレクトロニクスの世界市場:コンポーネント別(電子制御ユニット、センサー、通電装置)、用途別、販売チャネル別、セグメント予測
    自動車用エレクトロニクスの世界市場は2025年には4,101億3,000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率8.6%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、道路死亡事故を減らすための安全システムの採用拡大や最先端の自動車に対する需要の増大が考えられます。排気ガスに関する厳しい政府規制も市場拡大に拍車をかけそうです。さらに、高度な安全システムへの移行は、今後数年にわたって市場の成長を促進すると期待されています。このような安全システムには、アルコールインターロック装置、緊急通報システム、事故データレコーダーシステムなどがあります。本調査レポートでは、自動車用エレクトロニクスの世界市場について調査・分析し、自動車用エレクトロニクスの世界市場動向、自動車用エレクトロニクスの世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車用エレクトロニクス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 食品・飲料倉庫保管の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、食品・飲料倉庫保管の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、食品・飲料倉庫保管の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • グレリン受容体アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるグレリン受容体アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・グレリン受容体アンタゴニストの概要 ・グレリン受容体アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のグレリン受容体アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・グレリン受容体アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・グレリン受容体アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 点滴製品包装の世界市場:点滴バック包装、カニューレ包装
    当調査レポートでは、点滴製品包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、点滴製品包装の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の尿素市場2015
    本調査レポートでは、世界の尿素市場2015について調査・分析し、尿素の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 掘削廃棄物管理の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、掘削廃棄物管理の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、掘削廃棄物管理市場規模、サービス種類別(ソリッドコントロール、処理・リサイクル・回収・廃棄、封じ込め処理・ハンドリング)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Baker Hughes, Halliburton, National Oilwell Varco, Schlumberger, Weatherfordなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・掘削廃棄物管理の世界市場概要 ・掘削廃棄物管理の世界市場環境 ・掘削廃棄物管理の世界市場動向 ・掘削廃棄物管理の世界市場規模 ・掘削廃棄物管理の世界市場:業界構造分析 ・掘削廃棄物管理の世界市場:サービス種類別(ソリッドコントロール、処理・リサイクル・回収・廃棄、封じ込め処理・ハンドリング) ・掘削廃棄物管理の世界市場:地域別市場規模・分析 ・掘削廃棄物管理の北米市場規模・予測 ・掘削廃棄物管理のヨーロッパ・中東・アフリカ市場 …
  • 天然ビタミンEの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、天然ビタミンEの世界市場について調査・分析し、天然ビタミンEの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別天然ビタミンEシェア、市場規模推移、市場規模予測、天然ビタミンE種類別分析(含有量50%未満、50-90%、90%以上)、天然ビタミンE用途別分析(栄養補助食品、飲食料品、化粧品、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・天然ビタミンEの市場概観 ・天然ビタミンEのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・天然ビタミンEのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・天然ビタミンEの世界市場規模 ・天然ビタミンEの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・天然ビタミンEのアメリカ市場規模推移 ・天然ビタミンEのカナダ市場規模推移 ・天然ビタミンEのメキシコ市場規模推移 ・天然ビタミンEのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・天然ビタミンEのドイツ市場規模推移 ・天然ビタミンEのイギリス市場規模推移 ・天然ビタミンEのロシア市場規模推移 …
  • うつ病(Depression):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、うつ病(Depression)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・うつ病(Depression):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・うつ病(Depression)のフェーズ3治験薬の状況 ・うつ病(Depression)治療薬の市場規模(販売予測) ・うつ病(Depression)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・うつ病(Depression)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のうつ病(Depression)治療薬剤
  • 世界のウェアラブル医療機器市場2015
    本調査レポートでは、世界のウェアラブル医療機器市場2015について調査・分析し、ウェアラブル医療機器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 滅菌装置の世界市場予測2021:湿熱滅菌、乾熱滅菌、エチレンオキシド、濾過、Eビーム、ガンマ線滅菌
    当調査レポートでは、滅菌装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、サービス別分析、消耗品別分析、需要先別分析、滅菌装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 軍事用浮き橋の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、軍事用浮き橋の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軍事用浮き橋の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は軍事用浮き橋の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.29%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• AM General• China Harzone Industry• CNIM• General Dynamics• Jiangsu Bailey Steel Bridge• RPC Technologies等です。
  • 尋常性天疱瘡(Pemphigus Vulgaris):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、尋常性天疱瘡(Pemphigus Vulgaris)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・尋常性天疱瘡(Pemphigus Vulgaris):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・尋常性天疱瘡(Pemphigus Vulgaris)のフェーズ3治験薬の状況 ・尋常性天疱瘡(Pemphigus Vulgaris)治療薬の市場規模(販売予測) ・尋常性天疱瘡(Pemphigus Vulgaris)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・尋常性天疱瘡(Pemphigus Vulgaris)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の尋常性天疱瘡(Pemphigus Vulgaris)治療薬剤
  • イオンチャンネル型グルタミン酸塩アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるイオンチャンネル型グルタミン酸塩アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イオンチャンネル型グルタミン酸塩アンタゴニストの概要 ・イオンチャンネル型グルタミン酸塩アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のイオンチャンネル型グルタミン酸塩アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・イオンチャンネル型グルタミン酸塩アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・イオンチャンネル型グルタミン酸塩アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 自動車アフターマーケットの世界市場分析:交換部品別(タイヤ、バッテリー、ブレーキ部品、フィルター、ボディパーツ、照明・電子部品、ホイール、排気部品)、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、自動車アフターマーケットの世界市場について調査・分析し、自動車アフターマーケットの世界市場動向、自動車アフターマーケットの世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車アフターマーケット市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 植物性飲料の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、植物性飲料の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、植物性飲料市場規模、原料別(RTD(Ready-to-Drink)飲料、植物性ジュース、乳製品代替物)分析、機能別(ラクトースフリー、心血管健康、がん予防、骨健康)分析、包装形態別(プラスチック瓶・パウチ、ガラス瓶、カートン包装、缶)分析、販売チャネル別(専門店、オンラインストア、独立系小型食品店、ハイパー/スーパーマーケット、コンビニエンスストア)分析、飲料別(ミルク、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 植物性飲料の世界市場:市場動向分析 ・ 植物性飲料の世界市場:競争要因分析 ・ 植物性飲料の世界市場:原料別(RTD(Ready-to-Drink)飲料、植物性ジュース、乳製品代替物) ・ 植物性飲料の世界市場:機能別(ラクトースフリー、心血管健康、がん予防、骨健康) ・ 植物性飲料の世界市場:包装形態別(プラスチック瓶・パウチ、ガラス瓶、カートン包装、缶 …
  • インドの事務用家具市場
    当調査レポートでは、インドの事務用家具市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インドの事務用家具市場規模及び予測、製品別分析、材料別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の実験室用ガラス器具及ぶプラスチック器具市場2015
    本調査レポートでは、世界の実験室用ガラス器具及ぶプラスチック器具市場2015について調査・分析し、実験室用ガラス器具及ぶプラスチック器具の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 建材一体型太陽光発電(BIPV)天窓の世界市場
    当調査レポートでは、建材一体型太陽光発電(BIPV)天窓の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、建材一体型太陽光発電(BIPV)天窓の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • カルダモンオイルの世界市場動向・予測
  • 自動車用圧力センサの世界市場予測(~2025年):用途、技術、伝達方式、車両、EV、地域別分析
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、自動車用圧力センサの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別分析、技術別分析、伝達方式別分析、車両別分析、自動車用圧力センサの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 慢性皮膚エリテマトーデス/円板状エリテマトーデス(CCLE/DLE)):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における慢性皮膚エリテマトーデス/円板状エリテマトーデス(CCLE/DLE))の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、慢性皮膚エリテマトーデス/円板状エリテマトーデス(CCLE/DLE))治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・慢性皮膚エリテマトーデス/円板状エリテマトーデス(CCLE/DLE))の概要 ・慢性皮膚エリテマトーデス/円板状エリテマトーデス(CCLE/DLE))の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の慢性皮膚エリテマトーデス/円板状エリテマトーデス(CCLE/DLE))治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・慢性皮膚エリテマトーデス/円 …
  • 自動ラストマイルデリバリーの世界市場:用途別(ロジスティクス、ヘルスケア&医薬品、食品&飲料小売、その他)、ソリューション別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、範囲別(短距離(20km))、車両タイプ別(空中配達ドローン、地上配達車両、自動運転トラック&バス)
    本調査レポートでは、自動ラストマイルデリバリーの世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、用途別(ロジスティクス、ヘルスケア&医薬品、食品&飲料小売、その他)分析、ソリューション別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)分析、範囲別(短距離(20km))分析、車両タイプ別(空中配達ドローン、地上配達車両、自動運転トラック&バス)分析、地域別分析、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・自動ラストマイルデリバリーの世界市場:用途別(ロジスティクス、ヘルスケア&医薬品、食品&飲料小売、その他) ・自動ラストマイルデリバリーの世界市場:ソリューション別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス) ・自動ラストマイルデリバリーの世界市場:範囲別(短距離(20km)) ・自動ラストマイルデリバリーの世界市場:車両タイプ別(空中配達ドローン、地上配達車両、自動運転トラック&バス) ・自動ラストマイルデリバリーの世界市場:地域別 ・企業概要
  • セルフケア用医療機器の世界市場:血糖自己測定(SMBG)デバイス、腹膜透析、睡眠時無呼吸、インシュリンポンプ、体温モニタ、吸入器、歩数計、血圧モニタ、ネブライザー、男性用外付けカテーテル、ホルターモニター
    当調査レポートでは、セルフケア用医療機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、セルフケア用医療機器の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のトップ20航空機MRO(修理・整備)企業分析2016
  • クレーンの世界市場予測
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、クレーンの世界市場について調査・分析し、クレーンの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • スクレロチン阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるスクレロチン阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・スクレロチン阻害剤の概要 ・スクレロチン阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のスクレロチン阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・スクレロチン阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・スクレロチン阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 自動車用トランスミッションエレクトロニクスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用トランスミッションエレクトロニクスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用トランスミッションエレクトロニクス市場規模、車両別(乗用車、商用車)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用トランスミッションエレクトロニクスの世界市場概要 ・自動車用トランスミッションエレクトロニクスの世界市場環境 ・自動車用トランスミッションエレクトロニクスの世界市場動向 ・自動車用トランスミッションエレクトロニクスの世界市場規模 ・自動車用トランスミッションエレクトロニクスの世界市場:業界構造分析 ・自動車用トランスミッションエレクトロニクスの世界市場:車両別(乗用車、商用車) ・自動車用トランスミッションエレクトロニクスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用トランスミッションエレクトロニクスの北米市場規模・予測 ・自動車用トランスミッションエレクトロニクスのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・自動 …
  • 世界の分娩後出血(PPH)治療デバイス市場2015
    本調査レポートでは、世界の分娩後出血(PPH)治療デバイス市場2015について調査・分析し、分娩後出血(PPH)治療デバイスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • イギリスの心臓補助装置市場(~2021)
  • 外科用開創器の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、外科用開創器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、外科用開創器市場規模、製品別(ハンドヘルド型、留置型)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・外科用開創器の世界市場概要 ・外科用開創器の世界市場環境 ・外科用開創器の世界市場動向 ・外科用開創器の世界市場規模 ・外科用開創器の世界市場:業界構造分析 ・外科用開創器の世界市場:製品別(ハンドヘルド型、留置型) ・外科用開創器の世界市場:地域別市場規模・分析 ・外科用開創器の北米市場規模・予測 ・外科用開創器のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・外科用開創器のアジア太平洋市場規模・予測 ・外科用開創器の主要国分析 ・外科用開創器の世界市場:意思決定フレームワーク ・外科用開創器の世界市場:成長要因、課題 ・外科用開創器の世界市場:競争環境 ・外科用開創器の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析) 主な分析対象企業は、B. Braun Melsungen、BD、 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"