"電力取引の世界市場2019-2023"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR31856)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"電力取引の世界市場2019-2023"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Global Electricity Trading Market: About this market
Technavio’s electricity trading market analysis considers sales from both day-ahead trading and intraday trading. Our analysis also considers the sales of electricity trading in America, APAC, and EMEA. In 2018, the day-ahead trading segment had a significant market share, and this trend is expected to continue over the forecast period. Factors such as enhanced market efficiency and better risk management will play a significant role in the day-ahead trading segment to maintain its market position. Also, our global electricity trading market report looks at factors such as rise in vendor collaborations, increase in cross-border power trading, and growth in the adoption of energy storage systems. However, uncertainties in the self-generation of electricity and growth in adoption of microgrids, increase in the number of PPAs, and challenges associated with forward markets may hamper the growth of the electricity trading industry over the forecast period.

Global Electricity Trading Market: Overview

Growth in adoption of energy storage systems
Energy storage systems are used to smoothen the intermittent supply of energy from renewable energy sources and allow the production of high-quality electricity from renewable energy sources. The demand for energy storage systems will also grow with the increasing share of renewable energy in the energy mix. Rise in the adoption of renewable energy for power generation along with an increase in the demand for energy storage systems will lead to the expansion of the global electricity trading market at a CAGR of almost 10% during the forecast period.

Use of blockchain for P2P energy trading
Peer-to-peer (P2P) energy trading is a new exchange system which allows individuals to share their surplus renewable energy with the local community at a given price. P2P energy trading is cost-effective for the peers involved in it as they become prosumers (they produce and consume the energy), and there is no middleman intermediary involved, which leads to higher flexibility and lower costs. The energy is tokenized, and each block on the blockchain reserves the contract between the power buyer and producer of the energy traded. Hence in the long term, consumers may not need to depend on major energy providers for electricity. This development is expected to have a positive impact on the overall market growth.
For the detailed list of factors that will drive the global electricity trading market during the forecast period 2019-2023, click here.

Competitive Landscape
With the presence of several major players, the global electricity trading market is fragmented. Technavio’s robust vendor analysis is designed to help clients improve their market position, and in line with this, this report provides a detailed analysis of several leading electricity trading manufacturers, that include ASX Ltd., European Energy Exchange AG, Indian Energy Exchange Ltd., Japan Electric Power Exchange, Next Kraftwerke GmbH.

Also, the electricity trading market analysis report includes information on upcoming trends and challenges that will influence market growth. This is to help companies strategize and leverage on all forthcoming growth opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"電力取引の世界市場2019-2023"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
• 2.1 Preface
• 2.2 Preface
• 2.3 Currency conversion rates for US$
PART 03: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Market segmentation analysis
PART 04: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2018
• Market size and forecast 2018-2023
PART 05: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 06: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 07: GEOGRAPHIC LANDSCAPE
• Geographic segmentation
• Geographic comparison
• EMEA – Market size and forecast 2018-2023
• APAC – Market size and forecast 2018-2023
• Americas – Market size and forecast 2018-2023
• Key leading countries
• Market opportunity
PART 08: MARKET SEGMENTATION BY TYPE
• Market segmentation by type
• Comparison by type
• Day-ahead trading – Market size and forecast 2018-2023
• Intraday trading – Market size and forecast 2018-2023
• Market opportunity by type
PART 09: DECISION FRAMEWORK
PART 10: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 11: MARKET TRENDS
• Rise in entry of new players
• Using blockchain for P2P energy trading
• Energy saving certificates trading in energy exchanges
PART 12: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
• Competitive scenario
PART 13: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• ASX Ltd.
• European Energy Exchange AG
• Indian Energy Exchange Ltd.
• Japan Electric Power Exchange
• Next Kraftwerke GmbH
PART 14: APPENDIX
• Research methodology
• List of abbreviations
• Definition of market positioning of vendors
PART 15: EXPLORE TECHNAVIO

Exhibit 01: Product overview
Exhibit 02: Global utilities market
Exhibit 03: Segments of global utilities market
Exhibit 04: Market characteristics
Exhibit 05: Market segments
Exhibit 06: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 07: Market size 2018
Exhibit 08: Global market: Size and forecast 2018-2023 ($ billions)
Exhibit 09: Global market: Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 10: Five forces analysis 2018
Exhibit 11: Five forces analysis 2023
Exhibit 12: Bargaining power of buyers
Exhibit 13: Bargaining power of suppliers
Exhibit 14: Threat of new entrants
Exhibit 15: Threat of substitutes
Exhibit 16: Threat of rivalry
Exhibit 17: Market condition – Five forces 2018
Exhibit 18: Customer landscape
Exhibit 19: Market share by geography 2018-2023 (%)
Exhibit 20: Geographic comparison
Exhibit 21: EMEA – Market size and forecast 2018-2023 ($ billions)
Exhibit 22: EMEA – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 23: APAC – Market size and forecast 2018-2023 ($ billions)
Exhibit 24: APAC – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 25: Americas – Market size and forecast 2018-2023 ($ billions)
Exhibit 26: Americas – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 27: Key leading countries
Exhibit 28: Market opportunity
Exhibit 29: Type – Market share 2018-2023 (%)
Exhibit 30: Comparison by type
Exhibit 31: Day-ahead trading – Market size and forecast 2018-2023 ($ billions)
Exhibit 32: Day-ahead trading – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 33: Intraday trading – Market size and forecast 2018-2023 ($ billions)
Exhibit 34: Intraday trading – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 35: Market opportunity by type
Exhibit 36: Impact of drivers and challenges
Exhibit 37: Vendor landscape
Exhibit 38: Landscape disruption
Exhibit 39: Vendors covered
Exhibit 40: Vendor classification
Exhibit 41: Market positioning of vendors
Exhibit 42: ASX Ltd. – Vendor overview
Exhibit 43: ASX Ltd. – Business segments
Exhibit 44: ASX Ltd. – Organizational developments
Exhibit 45: ASX Ltd. – Segment focus
Exhibit 46: ASX Ltd. – Key offerings
Exhibit 47: European Energy Exchange AG – Vendor overview
Exhibit 48: European Energy Exchange AG – Business segments
Exhibit 49: European Energy Exchange AG – Organizational developments
Exhibit 50: European Energy Exchange AG – Segment focus
Exhibit 51: European Energy Exchange AG – Key offerings
Exhibit 52: Indian Energy Exchange Ltd. – Vendor overview
Exhibit 53: Indian Energy Exchange Ltd. – Organizational developments
Exhibit 54: Indian Energy Exchange Ltd. – Key offerings
Exhibit 55: Japan Electric Power Exchange – Vendor overview
Exhibit 56: Japan Electric Power Exchange – Organizational developments
Exhibit 57: Japan Electric Power Exchange – Key offerings
Exhibit 58: Next Kraftwerke GmbH – Vendor overview
Exhibit 59: Next Kraftwerke GmbH – Organizational developments
Exhibit 60: Next Kraftwerke GmbH – Key offerings
Exhibit 61: Validation techniques employed for market sizing
Exhibit 62: Definition of market positioning of vendors

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】電力取引の世界市場2019-2023
【発行日】2019年8月28日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR31856
【対象地域】グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ・中東・アフリカ(EMEA)
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】電力
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
電力取引の世界市場2019-2023についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 納豆の世界市場2019-2023
    納豆は、枯草菌で発酵させた大豆から作られた伝統的な日本食です。大抵は朝食時に提供され、醤油、カラシ、ねぎが添えられています。納豆の世界市場は、2019~2023年の間、年平均成長率6.78%で成長すると予測されています。 主な分析対象企業は、Captek Softgel International、AzumaShokuhin、CP Kelco、ASAICHIBAN、MegumiNATT?、Mizkan Holdings、Takanofoodsなどです。 当調査レポートでは、納豆の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、納豆市場規模、用途別(食べ物、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・納豆の世界市場概要 ・納豆の世界市場環境 ・納豆の世界市場動向 ・納豆の世界市場規模 ・納豆の世界市場:業界構造分析 ・納豆の世界市場:用途別(食べ物、その他) ・納豆の世界市場:地域別市場規模・分析 ・納豆の北米市場規模・予測 ・納豆のヨーロッ …
  • 3Dプリンターの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、3Dプリンターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、3Dプリンターの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • シグマ1受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるシグマ1受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・シグマ1受容体アゴニストの概要 ・シグマ1受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のシグマ1受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・シグマ1受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・シグマ1受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界のMOCVD装置市場2015
    本調査レポートでは、世界のMOCVD装置市場2015について調査・分析し、MOCVD装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ケモカイン受容体アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるケモカイン受容体アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ケモカイン受容体アンタゴニストの概要 ・ケモカイン受容体アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のケモカイン受容体アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ケモカイン受容体アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ケモカイン受容体アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界の移動補助・搬送装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、移動補助・搬送装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・移動補助・搬送装置の概要 ・移動補助・搬送装置の開発動向:開発段階別分析 ・移動補助・搬送装置の開発動向:セグメント別分析 ・移動補助・搬送装置の開発動向:領域別分析 ・移動補助・搬送装置の開発動向:規制Path別分析 ・移動補助・搬送装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別移動補助・搬送装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・移動補助・搬送装置の最近動向
  • エンドウでん粉の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、エンドウでん粉の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別(食品・飲料、飼料、ペットフード、工業用)分析、機能別(結合・増粘、ゲル化、テクスチャライジング、膜形成)分析、グレード別分析、エンドウでん粉の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 不揮発性デュアルインラインメモリモジュール (NVDIMM) の世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、不揮発性デュアルインラインメモリモジュール (NVDIMM) の世界市場について調査・分析し、不揮発性デュアルインラインメモリモジュール (NVDIMM) の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 不揮発性デュアルインラインメモリモジュール (NVDIMM) の世界市場:市場動向分析 - 不揮発性デュアルインラインメモリモジュール (NVDIMM) の世界市場:競争要因分析 - 不揮発性デュアルインラインメモリモジュール (NVDIMM) の世界市場:用途別 ・ハイエンドワークステーション ・企業用ストレージ・サーバー ・その他 - 不揮発性デュアルインラインメモリモジュール (NVDIMM) の世界市場:種類別 ・Nvdimm-N ・Nvdimm-F - 不揮発性デュアルインラインメモリモジュール (NVDIMM) の世界市場:主要地域別分析 - 不揮発性デュアルインラインメモリモジュール (NVDIMM) の北米市場規模(アメリカ市場等) - 不揮発性デュアルインラインメモリモジュ …
  • 集光型太陽熱発電(CSP)の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、集光型太陽熱発電(CSP)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、技術別分析、構成要素別分析、需要先別分析、地域別分析、集光型太陽熱発電(CSP)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の電気自動車(EV)充電インフラ市場規模・予測2017-2025:充電器種類別(低速充電器、急速充電器)、地域別(北米、欧州、アジア太平洋、中南米、その他)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の電気自動車(EV)充電インフラ市場について調査・分析し、世界の電気自動車(EV)充電インフラ市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の電気自動車(EV)充電インフラ関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • LEDライティングコントローラの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、LEDライティングコントローラの世界市場について調査・分析し、LEDライティングコントローラの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別LEDライティングコントローラシェア、市場規模推移、市場規模予測、LEDライティングコントローラ種類別分析()、LEDライティングコントローラ用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・LEDライティングコントローラの市場概観 ・LEDライティングコントローラのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・LEDライティングコントローラのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・LEDライティングコントローラの世界市場規模 ・LEDライティングコントローラの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・LEDライティングコントローラのアメリカ市場規模推移 ・LEDライティングコントローラのカナダ市場規模推移 ・LEDライティングコントローラのメキシコ市場規模推移 ・LEDライティングコントローラのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロ …
  • ヨーロッパのパレット市場2016-2020
    当調査レポートでは、ヨーロッパのパレット市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヨーロッパのパレット市場規模及び予測、材料別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 肥料添加物の世界市場分析:機能別(腐食防止剤、疎水剤、防塵剤、固結防止剤)、最終製品別(尿素、硝酸アンモニウム、リン酸アンモニウム、硫酸アンモニウム)、セグメント予測
    本調査レポートでは、肥料添加物の世界市場について調査・分析し、肥料添加物の世界市場動向、肥料添加物の世界市場規模、市場予測、セグメント別肥料添加物市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 電動芝刈機の世界市場
    当調査レポートでは、電動芝刈機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電動芝刈機の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • X線セキュリティスクリーニングの世界市場分析:エンドユーザー別(交通機関、商業、政府)、用途別(人のスクリーニング、製品スクリーニング)、セグメント予測、-2020
    本調査レポートでは、X線セキュリティスクリーニングの世界市場について調査・分析し、X線セキュリティスクリーニングの世界市場動向、X線セキュリティスクリーニングの世界市場規模、市場予測、セグメント別X線セキュリティスクリーニング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 医療用ロボットの世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、医療用ロボットの世界市場について調査・分析し、医療用ロボットの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・医療用ロボットの世界市場:市場動向分析 ・医療用ロボットの世界市場:競争要因分析 ・医療用ロボットの世界市場:用途別分析/市場規模 ・医療用ロボットの世界市場:製品別分析/市場規模 ・医療用ロボットの世界市場:地域別分析/市場規模 ・医療用ロボットの北米市場規模・分析 ・医療用ロボットの欧州市場・分析 ・医療用ロボットのアジア市場・分析 ・医療用ロボットの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • ジャム/ゼリー/保存食の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ジャム/ゼリー/保存食の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ジャム/ゼリー/保存食の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 業務用トースターの世界市場
    当調査レポートでは、業務用トースターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用トースターの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • フランスのバイオ発電市場2016:発電能力、生産、投資動向、制度、企業
  • BRIC(ブラジル/ロシア/インド/中国)の臨床化学検査市場動向(~2021)
  • 単極誘導心電図用器具の世界市場:最終用途別(病院・診療所、在宅看護、外来外科センター)、表示別(不整脈、卒倒)、セグメント予測
    本調査レポートでは、単極誘導心電図用器具の世界市場について調査・分析し、単極誘導心電図用器具の世界市場動向、単極誘導心電図用器具の世界市場規模、市場予測、セグメント別単極誘導心電図用器具市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のサリシン市場2015
    本調査レポートでは、世界のサリシン市場2015について調査・分析し、サリシンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のビニールシート杭市場2019
    本調査レポートでは、世界のビニールシート杭市場2019について調査・分析し、ビニールシート杭の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、ビニールシート杭のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、ビニールシート杭メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・ビニールシート杭の市場概要 ・ビニールシート杭の上流・下流市場分析 ・ビニールシート杭のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・ビニールシート杭のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・ビニールシート杭のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・ビニールシート杭のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・ビニールシート杭の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・ビニールシート杭の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・ビニールシート杭の北米市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業 …
  • 食肉加工産業用ロボットの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、食肉加工産業用ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、食肉加工産業用ロボットの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 北米の木材・プラスチック複合材 (WPC)市場2017-2023
    本調査レポートでは、北米の木材・プラスチック複合材 (WPC)市場について調査・分析し、北米の木材・プラスチック複合材 (WPC)市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 水質浄化剤の世界市場予測(~2022年):凝集剤、有機凝固剤、無機凝固剤、pH調整剤
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、水質浄化剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類(凝集剤、有機凝固剤、無機凝固剤、pH調整剤)別分析、需要先(産業)別分析、地域別分析、水質浄化剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 小型自動車用OEガラスの世界市場予測(~2030)
    ※本調査レポートでは、小型自動車用OEガラスの世界市場について調査・分析し、小型自動車用OEガラスの世界市場及び主要地域の市場規模、市場予測、最新技術動向、市場シェア、主要企業(メーカー)の概要(戦略、展望を含む)、業界動向、外部環境分析(Pester)等の情報をお届けしています。
  • 生物テロ防御のアメリカ市場見通し2022
  • 世界のモロコシ属カテゴリー:購買市場インテリジェンス
    当調査レポートでは、モロコシ属の購買市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、モロコシ属市場インサイト(支出動向など)、価格動向、コスト削減機会、事例分析、エコシステム、戦略、モロコシ属のサプライヤー情報、サプライヤー選定など、購買意思決定に必要な情報をお届けいたします。
  • 群発頭痛症候群(Cluster Headache Syndrome):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における群発頭痛症候群(Cluster Headache Syndrome)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、群発頭痛症候群(Cluster Headache Syndrome)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・群発頭痛症候群(Cluster Headache Syndrome)の概要 ・群発頭痛症候群(Cluster Headache Syndrome)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の群発頭痛症候群(Cluster Headache Syndrome)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・群発頭痛症候群(Cluster Hea …
  • 直接給与生菌(DFM)の世界市場予測(~2022):種類別(乳酸菌類&バシラス属菌)、家畜別、形態別、地域別
    当調査レポートでは、直接給与生菌(DFM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、種類別分析、家畜別分析、形態別分析、地域別分析、直接給与生菌(DFM)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 液化天然ガス(LNG)運搬船の世界市場2019-2023
    LNG(液化天然ガス)運搬船は、LNG輸送のために設計された特殊タンカーです。Technavioのアナリストは、LNG運搬船の世界市場が2019年から2023年の間に 4.74%のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、AECOM、Babcock International Group、Bechtel、Holtec International、Oranoなどです。 当調査レポートでは、液化天然ガス(LNG)運搬船の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、液化天然ガス(LNG)運搬船市場規模、コンテナタイプ別(メンブレン型、モス型)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・液化天然ガス(LNG)運搬船の世界市場概要 ・液化天然ガス(LNG)運搬船の世界市場環境 ・液化天然ガス(LNG)運搬船の世界市場動向 ・液化天然ガス(LNG)運搬船の世界市場規模 ・液化天然ガス(LNG)運搬船の世界市場:業界構造分析 ・液化天然ガス( …
  • グルテンフリー製品の世界市場分析:製品別(製パン、乳製品代替品、デザート・アイスクリーム、調理済み食品、パスタ・ライス)、流通別(食料品店、量販店、クラブストア)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、グルテンフリー製品の世界市場について調査・分析し、グルテンフリー製品の世界市場動向、グルテンフリー製品の世界市場規模、市場予測、セグメント別グルテンフリー製品市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • パン用強力粉の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、パン用強力粉の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、パン用強力粉の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 強力粉はタンパク質を多く含み、酵母パンを作るのに非常に適しています。強力粉は、13%-16%のタンパク質を含む硬質小麦から作られ、ベーカリー製品に広く使用されます。健康的な食生活について関心が高まる中、手頃な価格の強力粉は消費者の間で人気が高まってきています。Technavio社はパン用強力粉の世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.95%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Archer Daniels Midland• Associated British Foods• Conagra Brands• General Mills• Goodman Fielder• King Arthur Flour等です。
  • UAEの膝関節再建装置市場見通し
  • 動物遺伝学におけるケーブルの世界市場:最終用途産業別(建築・建設、自動車・運輸、製造、エネルギー)、断熱材別(XPLE、LSZH、PVC、EPR)、地域別予測
    本資料は、動物遺伝学におけるケーブルの世界市場について調べ、動物遺伝学におけるケーブルの世界規模、市場動向、市場環境、最終用途産業別(建築・建設、自動車・運輸、製造、エネルギー)分析、断熱材別(XPLE、LSZH、PVC、EPR)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・動物遺伝学におけるケーブルの世界市場概要 ・動物遺伝学におけるケーブルの世界市場環境 ・動物遺伝学におけるケーブルの世界市場動向 ・動物遺伝学におけるケーブルの世界市場規模 ・動物遺伝学におけるケーブルの世界市場規模:最終用途産業別(建築・建設、自動車・運輸、製造、エネルギー) ・動物遺伝学におけるケーブルの世界市場規模:断熱材別(XPLE、LSZH、PVC、EPR) ・動物遺伝学におけるケーブルの世界市場:地域別市場規模・分析 ・動物遺伝学におけるケーブルの北米市場規模・予測 ・動物遺伝学におけるケーブルのアメリカ市場規模・予測 ・動物遺伝学におけるケーブルのヨーロッパ市場規模 …
  • セメント補助材料の世界市場:フライアッシュ、スラグセメント、シリカフューム
    当調査レポートでは、セメント補助材料の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、セメント補助材料市場規模、種類別(フライアッシュ、スラグセメント、シリカフューム)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、ArcelorMittal, Boral, CEMEX, DowDuPont, Ferroglobe, HEIDELBERGCEMENT, LafargeHolcim, Sikaなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・セメント補助材料の世界市場概要 ・セメント補助材料の世界市場環境 ・セメント補助材料の世界市場動向 ・セメント補助材料の世界市場規模 ・セメント補助材料の世界市場:業界構造分析 ・セメント補助材料の世界市場:種類別(フライアッシュ、スラグセメント、シリカフューム) ・セメント補助材料の世界市場:地域別市場規模・分析 ・セメント補助材料の北米市場規模・予測 ・セメント補助材料のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・セメント補助材料の …
  • 原油脱塩装置の世界市場
    当調査レポートでは、原油脱塩装置の世界市場について調査・分析し、原油脱塩装置の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界の光電気複合ケーブル市場2015
    本調査レポートでは、世界の光電気複合ケーブル市場2015について調査・分析し、光電気複合ケーブルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スポーツ・アナリティクスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、スポーツ・アナリティクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スポーツ・アナリティクスの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。 スポーツアナリティクスとは、チーム管理者が選手やチーム全体の成績に関する情報にアクセスし、練習や本試合などに備えるためのシステムです。また、スポーツアナリティクスを使い、ファンに関してやファンのチームや選手についての感情に関する情報を得ることが出来ます。Technavio社はスポーツ・アナリティクスの世界市場が2017-2021年期間中に年平均56.66%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• IBM• Oracle• SAP• SAS Institute等です。
  • 世界の生体吸収性ステント(BAS)市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、生体吸収性ステント(BAS)のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・生体吸収性ステント(BAS)の概要 ・生体吸収性ステント(BAS)の開発動向:開発段階別分析 ・生体吸収性ステント(BAS)の開発動向:セグメント別分析 ・生体吸収性ステント(BAS)の開発動向:領域別分析 ・生体吸収性ステント(BAS)の開発動向:規制Path別分析 ・生体吸収性ステント(BAS)の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別生体吸収性ステント(BAS)の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・生体吸収性ステント(BAS)の最近動向
  • 自動車用キャビンエアフィルターの世界市場2017-2021:乗用車、商用車
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、自動車用キャビンエアフィルターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用キャビンエアフィルターの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は自動車用キャビンエアフィルターの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.23%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はBosch、DENSO、K&N Engineering、MAHLE、MANN+HUMMEL等です。
  • 伸縮性エレクトロニクスの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、伸縮性エレクトロニクスの世界市場について調査・分析し、伸縮性エレクトロニクスの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 伸縮性エレクトロニクスの世界市場:市場動向分析 - 伸縮性エレクトロニクスの世界市場:競争要因分析 - 伸縮性エレクトロニクスの世界市場:構成要素別 ・伸縮導体 ・伸縮性電池 ・伸縮性太陽電池 ・伸縮性回路 ・電気活性ポリマー ・その他 - 伸縮性エレクトロニクスの世界市場:用途別 ・医療 ・航空宇宙・防衛 ・家電 ・スマートテキスタイル ・カーエレクトロニクス ・電気通信 - 伸縮性エレクトロニクスの世界市場:主要地域別分析 - 伸縮性エレクトロニクスの北米市場規模(アメリカ市場等) - 伸縮性エレクトロニクスのヨーロッパ市場規模 - 伸縮性エレクトロニクスのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・伸縮性エレクトロニクスの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 眼薬の世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、眼薬の世界市場について調査・分析し、眼薬の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・眼薬の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・眼薬の世界市場:セグメント別市場分析 ・眼薬の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 主電力用燃料電池の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、主電力用燃料電池の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、主電力用燃料電池市場規模、製品別(PEMFC(高分子電解質型燃料電池/プロトン交換膜型燃料電池)、PAFC(リン酸型燃料電池)、SOFC(固体酸化物燃料電池)、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・主電力用燃料電池の世界市場概要 ・主電力用燃料電池の世界市場環境 ・主電力用燃料電池の世界市場動向 ・主電力用燃料電池の世界市場規模 ・主電力用燃料電池の世界市場:業界構造分析 ・主電力用燃料電池の世界市場:製品別(PEMFC(高分子電解質型燃料電池/プロトン交換膜型燃料電池)、PAFC(リン酸型燃料電池)、SOFC(固体酸化物燃料電池)、その他) ・主電力用燃料電池の世界市場:地域別市場規模・分析 ・主電力用燃料電池の北米市場規模・予測 ・主電力用燃料電池のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・主電力用燃料電池のアジア太平洋市場規模・予測 ・主電力 …
  • 自動車用ラベルの世界市場:警告ラベル、ドーム型ラベル、資産ラベル
    当調査レポートでは、自動車用ラベルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、技術別分析、材料別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • オゾン発生技術の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、オゾン発生技術の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、オゾン発生技術市場規模、技術別(コロナ放電、コールドプラズマ、電気分解、紫外線)分析、用途別(養殖、研究所装置、医療、飲料水処理、廃水処理、スイミングプール、その他)分析、容量別(>5kg/hr、1kg/hr-5kg/hr、100gm/hr-1kg/hr、5gm/hr-100gm/hr、50mg/hr-5gm/hr)分析、エンドユーザー別(繊維、半導体、医薬品・ヘルスケア、紙・パルプ、食品・飲料、建設、自動車、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ オゾン発生技術の世界市場:市場動向分析 ・ オゾン発生技術の世界市場:競争要因分析 ・ オゾン発生技術の世界市場:技術別(コロナ放電、コールドプラズマ、電気分解、紫外線) ・ オゾン発生技術の世界市場:用途別(養殖、研究所装置、医療、飲料水処理、廃水処理、スイミングプール、その他) ・ オゾン発生技術の世界市場: …
  • 教育用アプリケーションの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、教育用アプリケーションの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、教育用アプリケーション市場規模、最終用途別(高等教育用、プレK-12用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・教育用アプリケーションの世界市場概要 ・教育用アプリケーションの世界市場環境 ・教育用アプリケーションの世界市場動向 ・教育用アプリケーションの世界市場規模 ・教育用アプリケーションの世界市場:業界構造分析 ・教育用アプリケーションの世界市場:最終用途別(高等教育用、プレK-12用) ・教育用アプリケーションの世界市場:地域別市場規模・分析 ・教育用アプリケーションのアメリカ市場規模・予測 ・教育用アプリケーションのヨーロッパ市場規模・予測 ・教育用アプリケーションのアジア市場規模・予測 ・教育用アプリケーションの主要国分析 ・教育用アプリケーションの世界市場:意思決定フレームワーク ・教育用アプリケーションの世界市場:成長要因、課題 ・教 …
  • 熱伝導材料の世界市場:放熱パッド、放熱グリス、相変化物質、填隙剤、金属TIMS
    当調査レポートでは、熱伝導材料の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・熱伝導材料の世界市場:種類別分析/市場規模 ・熱伝導材料の世界市場:製品別分析/市場規模 ・熱伝導材料の世界市場:材料別分析/市場規模 ・熱伝導材料の世界市場:用途別分析/市場規模 ・熱伝導材料の世界市場:地域別分析/市場規模 ・熱伝導材料のアメリカ市場規模予測 ・熱伝導材料のヨーロッパ市場規模予測 ・熱伝導材料のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 道路用ソーラー製品の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、道路用ソーラー製品の世界市場について調査・分析し、道路用ソーラー製品の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 道路用ソーラー製品の世界市場:市場動向分析 - 道路用ソーラー製品の世界市場:競争要因分析 - 道路用ソーラー製品の世界市場:製品別 ・ソーラー信号 ・ソーラー道路鋲 ・ソーラー街路灯 - 道路用ソーラー製品の世界市場:主要地域別分析 - 道路用ソーラー製品の北米市場規模(アメリカ市場等) - 道路用ソーラー製品のヨーロッパ市場規模 - 道路用ソーラー製品のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・道路用ソーラー製品の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"