"食品廃棄物管理の世界市場2019-2023"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:IRTNTR31947)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"食品廃棄物管理の世界市場2019-2023"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Global Food Waste Management Market: About this market
Technavio’s food waste management market analysis considers sales from landfill, recycling, and incineration disposal method. Our analysis also considers the sales of food waste management in APAC, Europe, North America, South America, and MEA. In 2018, the landfill segment had a significant market share, and this trend is expected to continue over the forecast period. Factors such as low costs of landfilling will play a significant role in the landfill segment to maintain its market position. Also, our global food waste management market report looks at factors such as growing concern about carbon emissions, conversion of food waste into bio-based products and organic fertilizers, and increasing implementation of regulations and favorable policies. However, increasing risks of fire accidents, high operating and maintenance costs, and the adverse impact of incineration on environment may hamper the growth of the food waste management industry over the forecast period.

Global Food Waste Management Market: Overview

Conversion of food waste into bio-based products and organic fertilizers
The production of bio-based products and organic fertilizers from food waste are feasible solutions for food waste management. Biofuel reduces GHG emissions by replacing fossil fuels for energy generation. Many companies produce bio-based products by utilizing food waste to reduce the adverse impact of GHG emission. .
Further, food-waste also contains high amounts of organic materials and is suitable for making organic fertilizer. Turning food waste into organic fertilizer can minimize waste disposal and helps regain the value of wasted food. This obtained fertilizer can be used efficiently for agricultural process. This will lead to the expansion of the global food waste management market at a CAGR of around 4% during the forecast period.

Increasing integration of GIS in food waste management
The geographic information system (GIS) is increasingly being used for site selection across the world. GIS is used to analyze various factors such as topography, land use, transportation facilities, and the degree of urbanization, which are compiled to identify landfill sites and potential environmental impacts. Hence, the use of GIS helps in selecting appropriate landfill sites, managing food waste efficiently, without causing environmental damage. This development is expected to have a positive impact on the overall market growth.
For the detailed list of factors that will drive the global food waste management market during the forecast period 2019-2023, click here.

Competitive Landscape
With the presence of several major players, the global food waste management market is highly fragmented. Technavio’s robust vendor analysis is designed to help clients improve their market position, and in line with this, this report provides a detailed analysis of several leading food waste management manufacturers, that include China Everbright International Ltd., Republic Services , Inc., SUEZ SA, Veolia Environnement SA, Waste management , Inc.

Also, the food waste management market analysis report includes information on upcoming trends and challenges that will influence market growth. This is to help companies strategize and leverage on all forthcoming growth opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社Technavioが"食品廃棄物管理の世界市場2019-2023"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

PART 01: EXECUTIVE SUMMARY
PART 02: SCOPE OF THE REPORT
• 2.1 Preface
• 2.2 Preface
• 2.3 Currency conversion rates for US$
PART 03: MARKET LANDSCAPE
• Market ecosystem
• Market characteristics
• Market segmentation analysis
PART 04: MARKET SIZING
• Market definition
• Market sizing 2018
• Market size and forecast 2018-2023
PART 05: FIVE FORCES ANALYSIS
• Bargaining power of buyers
• Bargaining power of suppliers
• Threat of new entrants
• Threat of substitutes
• Threat of rivalry
• Market condition
PART 06: CUSTOMER LANDSCAPE
PART 07: GEOGRAPHIC LANDSCAPE
• Geographic segmentation
• Geographic comparison
• APAC – Market size and forecast 2018-2023
• MEA – Market size and forecast 2018-2023
• Europe – Market size and forecast 2018-2023
• North America – Market size and forecast 2018-2023
• South America – Market size and forecast 2018-2023
• Key leading countries
• Market opportunity
PART 08: MARKET SEGMENTATION BY DISPOSAL METHOD
• Market segmentation by disposal method
• Comparison by disposal method
• Landfill – Market size and forecast 2018-2023
• Recycling – Market size and forecast 2018-2023
• Incineration – Market size and forecast 2018-2023
• Market opportunity by disposal method
PART 09: DECISION FRAMEWORK
PART 10: DRIVERS AND CHALLENGES
• Market drivers
• Market challenges
PART 11: MARKET TRENDS
• Rising number of startups
• Increasing popularity of IWMS
• Increasing integration of GIS in food waste management
PART 12: VENDOR LANDSCAPE
• Overview
• Landscape disruption
• Competitive scenario
PART 13: VENDOR ANALYSIS
• Vendors covered
• Vendor classification
• Market positioning of vendors
• China Everbright International Ltd.
• Republic Services , Inc.
• SUEZ SA
• Veolia Environnement SA
• Waste management , Inc.
PART 14: APPENDIX
• Research methodology
• List of abbreviations
• Definition of market positioning of vendors
PART 15: EXPLORE TECHNAVIO


Exhibit 01: Vendor: Key offerings
Exhibit 02: Global environmental technologies market
Exhibit 03: Segments of global environmental technologies market
Exhibit 04: Market characteristics
Exhibit 05: Market segments
Exhibit 06: Market definition – Inclusions and exclusions checklist
Exhibit 07: Market size 2018
Exhibit 08: Global market: Size and forecast 2018-2023 ($ billions)
Exhibit 09: Global market: Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 10: Five forces analysis 2018
Exhibit 11: Five forces analysis 2023
Exhibit 12: Bargaining power of buyers
Exhibit 13: Bargaining power of suppliers
Exhibit 14: Threat of new entrants
Exhibit 15: Threat of substitutes
Exhibit 16: Threat of rivalry
Exhibit 17: Market condition – Five forces 2018
Exhibit 18: Customer landscape
Exhibit 19: Market share by geography 2018-2023 (%)
Exhibit 20: Geographic comparison
Exhibit 21: APAC – Market size and forecast 2018-2023 ($ billions)
Exhibit 22: APAC – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 23: MEA – Market size and forecast 2018-2023 ($ billions)
Exhibit 24: MEA – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 25: Europe – Market size and forecast 2018-2023 ($ billions)
Exhibit 26: Europe – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 27: North America – Market size and forecast 2018-2023 ($ billions)
Exhibit 28: North America – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 29: South America – Market size and forecast 2018-2023 ($ billions)
Exhibit 30: South America – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 31: Key leading countries
Exhibit 32: Market opportunity
Exhibit 33: Disposal method – Market share 2018-2023 (%)
Exhibit 34: Comparison by disposal method
Exhibit 35: Landfill – Market size and forecast 2018-2023 ($ billions)
Exhibit 36: Landfill – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 37: Recycling – Market size and forecast 2018-2023 ($ billions)
Exhibit 38: Recycling – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 39: Incineration – Market size and forecast 2018-2023 ($ billions)
Exhibit 40: Incineration – Year-over-year growth 2019-2023 (%)
Exhibit 41: Market opportunity by disposal method
Exhibit 42: Impact of drivers and challenges
Exhibit 43: Vendor landscape
Exhibit 44: Landscape disruption
Exhibit 45: Vendors covered `
Exhibit 46: Vendor classification `
Exhibit 47: Market positioning of vendors `
Exhibit 48: China Everbright International Ltd. – Vendor overview `
Exhibit 49: China Everbright International Ltd. – Business segments `
Exhibit 50: China Everbright International Ltd. – Organizational developments `
Exhibit 51: China Everbright International Ltd. – Geographic focus `
Exhibit 52: China Everbright International Ltd. – Segment focus `
Exhibit 53: China Everbright International Ltd. – Key offerings `
Exhibit 54: Republic Services, Inc. – Vendor overview `
Exhibit 55: Republic Services , Inc. – Business segments `
Exhibit 56: Republic Services , Inc. – Organizational developments `
Exhibit 57: Republic Services , Inc. – Segment focus `
Exhibit 58: Republic Services , Inc. – Key offerings `
Exhibit 59: SUEZ SA – Vendor overview `
Exhibit 60: SUEZ SA – Business segments `
Exhibit 61: SUEZ SA – Organizational developments `
Exhibit 62: SUEZ SA – Geographic focus `
Exhibit 63: SUEZ SA – Segment focus `
Exhibit 64: SUEZ SA – Key offerings `
Exhibit 65: Veolia Environnement SA – Vendor overview `
Exhibit 66: Veolia Environnement SA – Business segments `
Exhibit 67: Veolia Environnement SA – Organizational developments `
Exhibit 68: Veolia Environnement SA – Geographic focus `
Exhibit 69: Veolia Environnement SA – Segment focus `
Exhibit 70: Veolia Environnement SA – Key offerings `
Exhibit 71: Waste management , Inc. – Vendor overview `
Exhibit 72: Waste management , Inc. – Business segments `
Exhibit 73: Waste management , Inc. – Organizational developments `
Exhibit 74: Waste management ., Inc. – Geographic focus `
Exhibit 75: Waste management , Inc. – Segment focus `
Exhibit 76: Waste management , Inc. – Key offerings `
Exhibit 77: Validation techniques employed for market sizing `
Exhibit 78: Definition of market positioning of vendors `

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】食品廃棄物管理の世界市場2019-2023
【発行日】2019年8月28日
【調査会社】Technavio
【コード】IRTNTR31947
【対象地域】グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】産業機械
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
食品廃棄物管理の世界市場2019-2023についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 保育用ソフトウェアの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、保育用ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、保育用ソフトウェアの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別保育用ソフトウェアシェア、市場規模推移、市場規模予測、保育用ソフトウェア種類別分析(クラウドベース、パソコンインストール、携帯機器インストール)、保育用ソフトウェア用途別分析(保育園、家庭用、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・保育用ソフトウェアの市場概観 ・保育用ソフトウェアのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・保育用ソフトウェアのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・保育用ソフトウェアの世界市場規模 ・保育用ソフトウェアの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・保育用ソフトウェアのアメリカ市場規模推移 ・保育用ソフトウェアのカナダ市場規模推移 ・保育用ソフトウェアのメキシコ市場規模推移 ・保育用ソフトウェアのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・保育用ソフトウェアのドイツ市場規模推移 ・保育用ソフトウ …
  • 高周波(RF)フィルターの世界市場2017-2021:携帯電話向け、GPS装置向け、タブレット向け、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、高周波(RF)フィルターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、高周波(RF)フィルターの世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は高周波(RF)フィルターの世界市場が2017-2021年期間中に年平均16.73%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はBroadcom、Qorvo、Murata Manufacturing、TDK等です。
  • 超コンデンサの世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、超コンデンサの世界市場について調査・分析し、超コンデンサの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・超コンデンサの世界市場:市場動向分析 ・超コンデンサの世界市場:競争要因分析 ・超コンデンサの世界市場:用途別分析/市場規模 ・超コンデンサの世界市場:技術別分析/市場規模 ・超コンデンサの世界市場:材料別分析/市場規模 ・超コンデンサの世界市場:地域別分析/市場規模 ・超コンデンサの北米市場規模 ・超コンデンサの欧州市場規模 ・超コンデンサのアジア市場規模 ・超コンデンサの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • ファルネシルピロリンサ酸塩阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるファルネシルピロリンサ酸塩阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ファルネシルピロリンサ酸塩阻害剤の概要 ・ファルネシルピロリンサ酸塩阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のファルネシルピロリンサ酸塩阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ファルネシルピロリンサ酸塩阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ファルネシルピロリンサ酸塩阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界のタブレット用スタイラスペン市場2015
    本調査レポートでは、世界のタブレット用スタイラスペン市場2015について調査・分析し、タブレット用スタイラスペンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産・供給・販売動向、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アルゼンチンの肩関節および小関節再建装置市場見通し
  • 研究用抗体の世界市場:製品別、種類別(単クローン、多クローン)、技術別、ソース別、用途別(腫瘍学、神経生物学)、最終用途別、セグメント予測
    本調査レポートでは、研究用抗体の世界市場について調査・分析し、研究用抗体の世界市場動向、研究用抗体の世界市場規模、市場予測、セグメント別研究用抗体市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 血液ガス・電解質分析器の世界市場分析:製品別(卓上、携帯式)、用途別(血液ガス分析装置、電解質分析装置、複合分析装置)、エンドユーザー別(臨床試験所、ポイントオブケア)、セグメント予測、– 2022
    本調査レポートでは、血液ガス・電解質分析器の世界市場について調査・分析し、血液ガス・電解質分析器の世界市場動向、血液ガス・電解質分析器の世界市場規模、市場予測、セグメント別血液ガス・電解質分析器市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 断熱ガラス(複層ガラス)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、断熱ガラス(複層ガラス)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、断熱ガラス(複層ガラス)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は断熱ガラス(複層ガラス)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.02%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Cardinal Glass Industrie、Guardian Glass、Nippon Sheet Glass、Saint-Gobain、Viracon等です。
  • イスラエルの血栓管理装置市場見通し
  • ペクチンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ペクチンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ペクチンの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • 世界の種子コーティング剤市場2016
    本調査レポートでは、世界の種子コーティング剤市場2016について調査・分析し、種子コーティング剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 新型出生前診断(NIPT)の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、新型出生前診断(NIPT)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、NIPT装置別分析、消耗品別分析、用途別分析、需要先別分析、新型出生前診断(NIPT)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の額温度計市場2015
    本調査レポートでは、世界の額温度計市場2015について調査・分析し、額温度計の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • デジタル捺染の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、デジタル捺染の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、デジタル捺染の世界市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はデジタル捺染の世界市場が2017-2021年期間中に年平均18.29%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、DuPont、Huntsman International、JK Group、Kornit Digital、Kiri Industries等です。
  • 自動式自己注射器の世界市場予測2019-2024
    「自動式自己注射器の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、再利用可能、使い捨てなど、用途別には、Hospitals and Clinics、Home Care Settingsなどに区分してまとめた調査レポートです。自動式自己注射器のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・自動式自己注射器の世界市場概要(サマリー) ・自動式自己注射器の企業別販売量・売上 ・自動式自己注射器の企業別市場シェア ・自動式自己注射器の世界市場規模:種類別(再利用可能、使い捨て) ・自動式自己注射器の世界市場規模:用途別(Hospitals and Clinics、Home Care Settings) ・自動式自己注射器の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・自動式自己注射器のアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・自動式自己注射器の欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど) ・自動式 …
  • 無人機(UAV)の世界市場
    当調査レポートでは、無人機(UAV)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、無人機(UAV)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • エンタープライズビデオの世界市場予測(~2023年)
    エンタープライズビデオの世界市場は、2018年の135億米ドルから2023年には198億米ドルに達し、この期間中7.9%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、インターネットの普及と動画ストリーミングに対する需要の高まり、運用コストの削減に対する企業ニーズの高まりなどが考えれられます。一方で、ネットワーク接続の問題やそれをサポートするインフラの欠如により、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、エンタープライズビデオの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、コンポーネント(ソリューション、サービス)分析、ソリューション(ウェブキャスティング、動画コンテンツ管理、ビデオ会議)分析、用途(コーポレートコミュニケーション、トレーニング・開発)分析、産業分析、エンタープライズビデオの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 仮想現実(VR)グローブの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、仮想現実(VR)グローブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、仮想現実(VR)グローブの世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 南アフリカの心臓血管補綴装置市場見通し
  • 医薬品物流の世界市場
    当調査レポートでは、医薬品物流の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、医薬品物流の世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 実験室用ロボットの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、実験室用ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、実験室用ロボットの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • タンパク質加水分解物の世界市場予測(~2022年):乳タンパク質加水分解物、植物性タンパク質加水分解物、動物性タンパク質加水分解物
    当調査レポートでは、タンパク質加水分解物の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、用途別分析、プロセス別分析、形状別分析、タンパク質加水分解物の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • Anti-CD28抗体のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるAnti-CD28抗体のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Anti-CD28抗体の概要 ・Anti-CD28抗体のパイプライン概要 ・企業別開発中のAnti-CD28抗体 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Anti-CD28抗体の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Anti-CD28抗体開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • バイオリキッド熱電併給の世界市場予測(~2022年):熱生産、電気発電、バイオエタノール、バイオディーゼル
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、バイオリキッド熱電併給の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別分析、種類別分析、地域別分析、バイオリキッド熱電併給の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のCMOSイメージセンサー市場2016
    本調査レポートでは、世界のCMOSイメージセンサー市場2016について調査・分析し、CMOSイメージセンサーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ノルウェーの体外式除細動器市場見通し
  • 摩擦攪拌溶接装置の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、摩擦攪拌溶接装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、摩擦攪拌溶接装置市場規模、エンドユーザー別(自動車、航空宇宙、鉄道、造船、その他)分析、製品(固定型、可搬型)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Colfax, Hitachi High-Technologies, KUKA , Norsk Hydro, Schlumberger などです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・摩擦攪拌溶接装置の世界市場概要 ・摩擦攪拌溶接装置の世界市場環境 ・摩擦攪拌溶接装置の世界市場動向 ・摩擦攪拌溶接装置の世界市場規模 ・摩擦攪拌溶接装置の世界市場:業界構造分析 ・摩擦攪拌溶接装置の世界市場:エンドユーザー別(自動車、航空宇宙、鉄道、造船、その他) ・摩擦攪拌溶接装置の世界市場:製品(固定型、可搬型) ・摩擦攪拌溶接装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・摩擦攪拌溶接装置の北米市場規模・予測 ・摩擦攪拌溶接装置のヨーロッパ・中東・アフ …
  • インドの股関節再建市場動向(~2021)
  • ムコ多糖症(Mucopolysaccharidosis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるムコ多糖症(Mucopolysaccharidosis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、ムコ多糖症(Mucopolysaccharidosis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・ムコ多糖症(Mucopolysaccharidosis)の概要 ・ムコ多糖症(Mucopolysaccharidosis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のムコ多糖症(Mucopolysaccharidosis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ムコ多糖症(Mucopolysaccharidosis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   …
  • 超音波診断装置の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、超音波診断装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、超音波診断装置市場規模、エンドユーザー別(石油・ガス、発電、航空宇宙・防衛、自動車、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・超音波診断装置の世界市場概要 ・超音波診断装置の世界市場環境 ・超音波診断装置の世界市場動向 ・超音波診断装置の世界市場規模 ・超音波診断装置の世界市場:業界構造分析 ・超音波診断装置の世界市場:エンドユーザー別(石油・ガス、発電、航空宇宙・防衛、自動車、その他) ・超音波診断装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・超音波診断装置の北米市場規模・予測 ・超音波診断装置のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・超音波診断装置のアジア太平洋市場規模・予測 ・超音波診断装置の主要国分析 ・超音波診断装置の世界市場:意思決定フレームワーク ・超音波診断装置の世界市場:成長要因、課題 ・超音波診断装置の世界市場:競争環境 ・超音波診断装置 …
  • NS5Bポリメラーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるNS5Bポリメラーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・NS5Bポリメラーゼ阻害剤の概要 ・NS5Bポリメラーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のNS5Bポリメラーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・NS5Bポリメラーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・NS5Bポリメラーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 高コレステロール血症治療薬の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、高コレステロール血症治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、高コレステロール血症治療薬の世界市場規模及び予測、種類別分析、薬剤種類別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 無人水上艦(USV)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、無人水上艦(USV)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、無人水上艦(USV)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • フォン・ウィルブランド病治療の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、フォン・ウィルブランド病治療の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、フォン・ウィルブランド病治療市場規模、製品別(デスモプレシン、補充療法、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・フォン・ウィルブランド病治療の世界市場概要 ・フォン・ウィルブランド病治療の世界市場環境 ・フォン・ウィルブランド病治療の世界市場動向 ・フォン・ウィルブランド病治療の世界市場規模 ・フォン・ウィルブランド病治療の世界市場:業界構造分析 ・フォン・ウィルブランド病治療の世界市場:製品別(デスモプレシン、補充療法、その他) ・フォン・ウィルブランド病治療の世界市場:地域別市場規模・分析 ・フォン・ウィルブランド病治療の北米市場規模・予測 ・フォン・ウィルブランド病治療のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・フォン・ウィルブランド病治療のアジア太平洋市場規模・予測 ・フォン・ウィルブランド病治療の主要国分析 ・フォン・ウィルブラ …
  • 大豆デザートの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、大豆デザートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、大豆デザートの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 蛍光 in situ ハイブリダイゼーション(FISH)映像システムの世界市場2014-2025:製品別(機器、顕微鏡、自動細胞分析装置、サービス、ソフトウェア)、用途別、最終用途別
    本調査レポートでは、蛍光 in situ ハイブリダイゼーション(FISH)映像システムの世界市場について調査・分析し、蛍光 in situ ハイブリダイゼーション(FISH)映像システムの世界市場動向、蛍光 in situ ハイブリダイゼーション(FISH)映像システムの世界市場規模、市場予測、セグメント別蛍光 in situ ハイブリダイゼーション(FISH)映像システム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • コンベヤーモニタリングの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、コンベヤーモニタリングの世界市場規模が2017年1931.6億ドルから2026年3127.5億ドルまで年平均5.5%成長すると予測しています。当調査レポートでは、コンベヤーモニタリングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、コンベヤーモニタリング市場規模、種類別(コンベアベルト監視、コンベアモーター監視)分析、用途別(石油・ガス、発電、鉱業、その他の用途)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ コンベヤーモニタリングの世界市場:市場動向分析 ・ コンベヤーモニタリングの世界市場:競争要因分析 ・ コンベヤーモニタリングの世界市場:種類別(コンベアベルト監視、コンベアモーター監視) ・ コンベヤーモニタリングの世界市場:用途別(石油・ガス、発電、鉱業、その他の用途) ・ コンベヤーモニタリングの世界市場:主要地域別分析 ・ コンベヤーモニタリングの北米市場規模(アメリカ市場等) ・ コンベヤーモニタリング …
  • ドイツの脊椎手術処置動向(~2021)
  • セクシャルウェルネス(性的健康増強)の世界市場:アダルトグッズ、避妊具、潤滑剤、ランジェリー、妊娠テスト
    当調査レポートでは、セクシャルウェルネス(性的健康増強)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、セクシャルウェルネス(性的健康増強)の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 3Dディスプレイの世界市場-2022:製品別(立体ディスプレイ、立体視、HMD)、技術別(DLP RPTV、PDP、OLED、LED)、アクセス方法別(スクリーンベースディスプレイ、マイクロディスプレイ)、用途別(テレビ、スマートフォン、モニター、モバイルコンピューティングデバイス、プロジェクター、HMD)
    本調査レポートでは、3Dディスプレイの世界市場について調査・分析し、3Dディスプレイの世界市場動向、3Dディスプレイの世界市場規模、市場予測、セグメント別3Dディスプレイ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のBOPPラミネートフィルム市場2016
    本調査レポートでは、世界のBOPPラミネートフィルム市場2016について調査・分析し、BOPPラミネートフィルムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 微生物検査/臨床微生物学の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、微生物検査/臨床微生物学の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、用途(製薬、臨床、製造、環境)別分析、疾患(呼吸器疾患、STD、UTI)別分析、製品(機器、分析装置、試薬)別分析、エンドユーザー(病院、診断ラボ、学術機関)別分析、微生物検査/臨床微生物学の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 車内エンターテインメントの世界市場
    当調査レポートでは、車内エンターテインメントの世界市場について調査・分析し、車内エンターテインメントの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 車内エンターテインメントの世界市場:市場動向分析 - 車内エンターテインメントの世界市場:競争要因分析 - 車内エンターテインメントの世界市場:技術別 ・ソフトウェア ・ヒューマン・マシン・インターフェース(HMI) - 車内エンターテインメントの世界市場:流通ルートの種類別 ・アフターマーケット ・相手先商標製造会社(OEM) - 車内エンターテインメントの世界市場:製品別 ・オーディオプレーヤー ・ナビゲーション装置 ・付属品 ・後部座席用エンターテイメント ・スピーカー ・ビデオ表示画面 ・USB ・その他 - 車内エンターテインメントの世界市場:接続別 ・Wi-Fi ・Bluetooth ・近距離無線通信 ・4G ・3G ・2G - 車内エンターテインメントの世界市場:サービス別 ・無線 ・インターネット ・ナビゲーション - 車内エンターテインメントの世界 …
  • ベトナムのプラスチックパイプ/チューブ/ホース市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 月経カップの世界市場予測
    Market Research Futureが出版した本調査レポートでは、月経カップの世界市場について調査・分析し、月経カップの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 屋根用化学品の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • リチウムイオン電池のアノードグレード材料の世界市場予測2019-2024
    「リチウムイオン電池のアノードグレード材料の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、天然グラファイト、合成グラファイト、その他など、用途別には、Power Battery、Energy Storage Battery、Digital Battery、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。リチウムイオン電池のアノードグレード材料のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・リチウムイオン電池のアノードグレード材料の世界市場概要(サマリー) ・リチウムイオン電池のアノードグレード材料の企業別販売量・売上 ・リチウムイオン電池のアノードグレード材料の企業別市場シェア ・リチウムイオン電池のアノードグレード材料の世界市場規模:種類別(天然グラファイト、合成グラファイト、その他) ・リチウムイオン電池のアノードグレード材料の世界市場規模:用途別(Power Battery、Energy Storage Battery、D …
  • 光インターコネクトの世界市場見通し2016-2022:光学エンジン、シリコンフォトニクス、光トランシーバ、コネクタ、ケーブルアセンブリ、PICベースインターコネクト、自由空間光通信・ファイバ・導波路
    当調査レポートでは、光インターコネクトの世界市場について調査・分析し、光インターコネクトの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・光インターコネクトの世界市場:市場動向分析 ・光インターコネクトの世界市場:競争要因分析 ・光インターコネクトの世界市場:用途別分析/市場規模 ・光インターコネクトの世界市場:ファイバーモード別分析/市場規模 ・光インターコネクトの世界市場:インタコネクトレベル別分析/市場規模 ・光インターコネクトの世界市場:製品別分析/市場規模 ・光インターコネクトの世界市場:地域別分析/市場規模 ・光インターコネクトの北米市場規模 ・光インターコネクトの欧州市場規模 ・光インターコネクトのアジア市場規模 ・光インターコネクトの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • アイルランドの頭蓋顎顔面固定(CMF)装置市場見通し
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"