"支援ロボットの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE 7298)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"支援ロボットの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Assistive robotics market expected to grow at a CAGR of 22.3% during 2019–2024” The assistive robotics market is expected to grow from USD 4.1 billion in 2019 to USD 11.2 billion by 2024, at a CAGR of 22.3% during the forecast period. One of the major driving factors for the assistive robotics market is the rising insurance coverage for medical exoskeletons and robotic surgeries. Also, the worldwide increase in the number of people suffering from strokes and spinal cord injuries has resulted in an increasing demand for assistive robots such as exoskeletons. Hence, increasing prevalence of strokes and spinal cord injuries is another key factor driving the growth of the assistive robotics market. However, the necessity to abide by various standards and certifications, especially in the medical industry acts as a key restraining factor for the market growth.

“Assistive robotics market for mobile robots to grow at higher CAGR during forecast period”
Mobile assistive robots are usually controlled by software and use sensors to identify their surroundings. A few of these systems are embedded with artificial intelligence technology, which allows them to navigate their surroundings. These systems are mainly used in applications such as elderly assistance, companionship, and public relations. As the geriatric population is on the rise worldwide, the demand for elderly assistance and companionship robots is likely to increase. Also, companies are now increasingly employing public relation robots in office spaces. These factors are expected to drive the market for mobile assistive robots in the coming years.

“Market for physically assistive robots to grow at highest CAGR from 2019 to 2024”
The market for physically assistive robots is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period. Physically assistive robots are used to improve the independence and quality of life of individuals with disabilities. These assistive systems are also used for rehabilitation purposes in clinics and defense applications in the form of exoskeletons. The increasing cases of spinal cord injuries and various governments’ focus on using exoskeleton technology in the defense application is expected to drive the market for physically assistive robots in the coming years.

“Market in APAC to grow at a significant CAGR during forecast period”
The market in APAC is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period. APAC, being a major market, contains a diverse range of economies with varying levels of development and the presence of various manufacturers. This region has become a global fulcrum for large investments and business expansion opportunities, owing to the fast-growing adoption of assistive robots for elderly assistance and public relations applications. Also, the shortage of care attendants, coupled with the rising geriatric population, is expected to propel the demand for assistive robots in APAC.

In the process of determining and verifying the market size for several segments and subsegments gathered through secondary research, extensive primary interviews have been conducted with key industry experts in the assistive robotics market space. The break-up of primary participants for the report has been shown below:
• By Company Type: Tier 1 – 40%, Tier 2 – 40%, and Tier 3 – 20%
• By Designation: C-level Executives – 35%, Directors – 25%, and Others – 40%
• By Region: North America – 50%, Europe – 30%, APAC – 15%, and RoW – 5%
The report profiles key players in the assistive robotics market with their respective market ranking analysis. Prominent players profiled in this report are Kinova Robotics (Canada), Focal Meditech (Netherlands), Cyberdyne (Japan), Intuitive Surgical (US), ReWalk Robotics (Israel), SoftBank Robotics (Japan), Ekso Bionics (US), Ubtech Robotics (China), Barrett Technology (US), Hyundai (South Korea), Stryker (US), Hocoma (Switzerland), Blue Frog Robotics (France), DreamFace Technologies (US), Double Robotics (US), Fourier Intelligence (China), CT Asia Robotics (Thailand), Intuition Robotics (Israel), Mojin Robotics (Germany), F&P Robotics (Switzerland), Axosuits (Romania), Japet Medical Devices (France), Hanson Robotics (Hong Kong), Motorika (US), and Rex Bionics (New Zealand).

Research Coverage:
This research report categorizes the global assistive robotics market on the basis of mobility, type, application, and geography. The report describes the major drivers, restraints, challenges, and opportunities pertaining to the assistive robotics market and forecasts the same till 2024. Apart from these, the report also consists of information about the various standards and certifications required to comply with in the assistive robotics market. Further, the report consists of our proprietary platform called Micro-Quadrant wherein we have analysed top 25 companies in the assistive robotics market, based on their business strategies and product offerings and have placed them into four different quadrants, namely, visionary leaders, innovators, dynamic differentiators, and emerging companies.

Key Benefits of Buying the Report
The report would help leaders/new entrants in this market in the following ways:
1. This report segments the assistive robotics market comprehensively and provides the closest market size projection for all subsegments across different regions.
2. The report helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on key drivers, restraints, challenges, and opportunities for market growth.
3. This report would help stakeholders understand their competitors better and gain more insights to improve their position in the business. The competitive landscape section includes competitor ecosystem, product developments and launches, partnerships, and mergers and acquisitions.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"支援ロボットの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 16)
1.1 Study Objectives
1.2 Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Years Considered
1.4 Currency
1.5 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 19)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Breakdown of Primaries
2.1.3 Secondary and Primary Research
2.1.3.1 Key Industry Insights
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Research Assumptions and Limitations
2.4.1 Assumptions
2.4.2 Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 28)
4 Premium Insights (Page No. – 31)
4.1 Attractive Market Opportunities in Assistive Robotics Market
4.2 Assistive Robotics Market, By Type
4.3 Assistive Robotics Market, By Mobility
4.4 Assistive Robotics Market in APAC, By Application vs Country
4.5 Assistive Robotics Market, By Application
4.6 Assistive Robotics Market, By Country
5 Market Overview (Page No. – 34)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Prevalence of Strokes and Spinal Cord Injuries
5.2.1.2 Rising Insurance Coverage for Medical Exoskeletons and Robotic Surgeries
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Necessity to Abide Various Standards and Certifications, Especially in Medical Industry
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Increase in Funding Worldwide for Research on Assistive Robotics
5.2.3.2 Rise in Geriatric Population Globally
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Lack of Social Awareness About Benefits of Adopting Assistive Robotic Systems
5.2.4.2 Risk of Injuries and Accidents Associated With Assistive Robots
5.3 Value Chain Analysis
6 Assistive Robotics Market, By Mobility (Page No. – 40)
6.1 Introduction
6.2 Stationary
6.2.1 Stationary Assistive Robotic Systems are Mostly Used in Household and Medical Applications
6.3 Mobile
6.3.1 Mobile Assistive Robotic Systems are Majorly Used in Applications Such as Elderly Assistance and Companionship
7 Assistive Robotics Market, By Type (Page No. – 46)
7.1 Introduction
7.2 Physically Assistive Robots
7.2.1 Increasing Cases of Spinal Cord Injuries and the Shifting Focus of Governments on Exoskeletons in the Defense Sector is Likely to Drive the Market for Exoskeleton Robots
7.3 Socially Assistive Robots
7.3.1 Rise in the Elderly Population is Expected to Act as A Key Driving Factor for Growth of Market for Companion Robots
7.3.2 Increasing Applications of Artificial Intelligence is Likely to Be Major Driving Factor Impelling Growth of Public Relation Robots
7.4 Mixed Assistive Robots
7.4.1 Elderly Care Robots are Used to Provide Comprehensive and Cost-Effective Support to Elderly
7.4.2 Surgical Robots Account for A Large Share of Assistive Robotics Market Due to Increasing Number of Laparoscopic Surgeries Globally
7.4.2.1 Laparoscopic Robotic Systems
7.4.2.2 Orthopedic Robotic Systems
7.4.2.3 Neurosurgical Robotic Systems
8 Assistive Robotics Market, By Application (Page No. – 56)
8.1 Introduction
8.2 Surgery Assistance
8.2.1 People are Moving Toward Adoption of Robot-Assisted Surgeries Due to Various Advantages They Offer
8.3 Public Relation
8.3.1 Deployment of Assistive Robots for Public Relation Applications is on Rise and is Expected to Garner Significant Market Share in Coming Years
8.4 Handicap Assistance
8.4.1 With Technological Advancements and Evolution of Artificial Intelligence, Deployment of Assistive Robotic Systems in Healthcare Industry has Become Easy
8.5 Elderly Assistance
8.5.1 Demand for Assistive Robots for Elderly Care Application is Likely to Grow at Substantial Rate, Enhancing Opportunity of Mobility and Promoting Independence
8.6 Industrial
8.6.1 Due to Their Numerous Advantages, Various Manufacturing Companies have Started Adopting Assistive Technologies on Large Scale
8.7 Companionship
8.7.1 With People Across World Living Longer, and Most of Them Staying Alone, Assistive Robots Can Be Deployed as Companions to Help Senior Citizens Stay Mentally and Socially Engaged
8.8 Defense
8.8.1 Use of Exoskeletons has Helped Reduce Metabolic Cost and Helped Soldiers Carry Heavy Armors
8.9 Others
9 Geographic Analysis (Page No. – 83)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 US Held Largest Share of Assistive Robotics Market in North America in 2018
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Canada to Record Highest CAGR in Overall Assistive Robotics Market During Forecast Period
9.2.3 Mexico
9.2.3.1 Mexico to Witness Accelerated Demand for Assistive Robots Due to Rise in Neurological Diseases and Increase in Geriatric Population
9.3 Europe
9.3.1 UK
9.3.1.1 UK Accounted for Largest Share of European Assistive Robotics Market in 2018
9.3.2 Germany
9.3.2.1 Germany to Witness Growing Demand for Assistive Robots Due to Favorable Reimbursement Policies
9.3.3 France
9.3.3.1 French Market to Adopt Assistive Robotic Systems Primarily for Companionship and Defense Applications
9.3.4 Italy
9.3.4.1 Italy to Witness Highest CAGR in European Assistive Robotics Market
9.3.5 Rest of Europe (RoE)
9.3.5.1 Increasing Adoption of Physically Assistive Robots to Improve Quality of Life Will Boost Demand in RoE
9.4 Asia Pacific (APAC)
9.4.1 Japan
9.4.1.1 Japan Held Largest Share of Assistive Robotics Market in APAC in 2018
9.4.2 China
9.4.2.1 Assistive Robotics Market in China to Grow at Highest CAGR in APAC During Forecast Period
9.4.3 South Korea
9.4.3.1 Financial Support of South Korean Government to Develop Surgical Robots Likely to Propel Assistive Robotics Market Growth
9.4.4 Rest of APAC
9.4.4.1 Rise in Adoption of Robots in Healthcare Industry to Fuel Growth of Market in RoAPAC
9.5 Rest of the World
9.5.1 Middle East and Africa
9.5.1.1 Middle East and Africa Held Larger Share of Assistive Robotics Market in RoW
9.5.2 South America
9.5.2.1 South America to Witness Higher CAGR in Assistive Robotics Market During Forecast Period
10 Competitive Landscape (Page No. – 98)
10.1 Overview
10.2 Market Ranking Analysis: Assistive Robotics Market, 2018
10.3 Competitive Leadership Mapping
10.3.1 Visionary Leaders
10.3.2 Dynamic Differentiators
10.3.3 Innovators
10.3.4 Emerging Companies
10.4 Strength of Product Portfolio (25 Players)
10.5 Business Strategy Excellence (25 Players)
10.6 Competitive Situations and Trends
10.6.1 Product Launches
10.6.2 Partnerships, Collaborations and Joint Ventures
10.6.3 Expansions
10.6.4 Contracts and Agreements
11 Company Profiles (Page No. – 108)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
11.1 Key Players
11.1.1 Kinova Robotics
11.1.2 Focal Meditech
11.1.3 Softbank Robotics
11.1.4 Cyberdyne
11.1.5 Intuitive Surgical
11.1.6 EKSO Bionics
11.1.7 Ubtech Robotics
11.1.8 Barrett Technology
11.1.9 Rewalk Robotics
11.1.10 Hyundai
11.2 Other Players
11.2.1 Stryker Corporation
11.2.2 Hocoma
11.2.3 Blue Frog Robotics
11.2.4 Dreamface Technologies
11.2.5 Double Robotics
11.2.6 Fourier Intelligence
11.2.7 CT Asia Robotics
11.2.8 Intuition Robotics
11.2.9 Mojin Robotics
11.2.10 F&P Robotics
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 138)
12.1 Discussion Guide
12.2 Available Customizations
12.3 Related Reports
12.4 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】支援ロボットの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年8月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE 7298
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
支援ロボットの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 多機能キャリブレーターの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、多機能キャリブレーターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、多機能キャリブレーター市場規模、製品別(ベンチトップ式、手持ち式、ポータブル式、デスクトップ式、固定式)分析、用途別(電気計測・キャリブレーション、温度計測・キャリブレーション、圧力計測・キャリブレーション)分析、エンドユーザー別(社内保守、第三者サービスプロバイダー、OEM)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 多機能キャリブレーターの世界市場:市場動向分析 ・ 多機能キャリブレーターの世界市場:競争要因分析 ・ 多機能キャリブレーターの世界市場:製品別(ベンチトップ式、手持ち式、ポータブル式、デスクトップ式、固定式) ・ 多機能キャリブレーターの世界市場:用途別(電気計測・キャリブレーション、温度計測・キャリブレーション、圧力計測・キャリブレーション) ・ 多機能キャリブレーターの世界市場:エンドユーザー別(社内保守、第三者サービスプロバイダー、OEM …
  • 世界のネットワークカメラ市場2015
    本調査レポートでは、世界のネットワークカメラ市場2015について調査・分析し、ネットワークカメラの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 加圧揚水の世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、加圧揚水の世界市場について調査・分析し、加圧揚水の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・加圧揚水の世界市場:市場動向分析 ・加圧揚水の世界市場:競争要因分析 ・加圧揚水の世界市場:サービスタイプ別分析/市場規模 ・加圧揚水の世界市場:リソースタイプ別分析/市場規模 ・加圧揚水の世界市場:井戸タイプ別分析/市場規模 ・加圧揚水の世界市場:地域別分析/市場規模 ・加圧揚水の北米市場規模・分析 ・加圧揚水の欧州市場・分析 ・加圧揚水のアジア市場・分析 ・加圧揚水の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 微小電気機械システム(MEMS)の世界市場:センサー、アクチュエーター
    当調査レポートでは、微小電気機械システム(MEMS)の世界市場について調査・分析し、市場概要、種類別(センサー、およびアクチュエーター)分析、用途別(家電、自動車、産業、航空宇宙、防衛、ヘルスケア、通信、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・微小電気機械システム(MEMS)の世界市場:種類別(センサー、およびアクチュエーター) ・微小電気機械システム(MEMS)の世界市場:用途別(家電、自動車、産業、航空宇宙、防衛、ヘルスケア、通信、その他) ・微小電気機械システム(MEMS)の世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業動向
  • アメリカの疼痛管理デバイス市場動向(~2021)
  • マイクロディスプレイの世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、マイクロディスプレイの世界市場について調査・分析し、マイクロディスプレイの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - マイクロディスプレイの世界市場:市場動向分析 - マイクロディスプレイの世界市場:競争要因分析 - マイクロディスプレイの世界市場:技術別 ・デジタルライ卜プロセシング(DLP) ・反射型液晶パネル(LCOS) ・液晶ディスプレイ(LCD) ・有機LED(OLED) - マイクロディスプレイの世界市場:用途別 ・軍事・防衛・航空宇宙 ・消費材 ・教育 ・工業・企業 ・自動車 ・医療 ・その他 - マイクロディスプレイの世界市場:解像度別 ・640×480以下 ・640×480及び640×360 ・800×600、 800×480及び 854×480 ・1024×768及び1280×1024 ・1920×1080以上 - マイクロディスプレイの世界市場:製品別 ・プロジェクター ・NTEプロジェクター ・その他 - マイクロディスプレイの世界市場:主要地域別分析 - マイクロ …
  • 入浴・シャワー製品のアジア市場:市場規模、成長、予測分析
  • 剥離塗料の世界市場2017-2021:ラベル、テープ、工業、衛生、医療、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、剥離塗料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、剥離塗料の世界市場規模及び予測、用途別分析、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は剥離塗料の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.47%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はEvonik Industries、Dow Corning、Momentive、Shin-Etsu Chemical、Wacker Chemie等です。
  • ギリシャの装具市場見通し
  • 世界の六フッ化リン酸リチウム市場2015
    本調査レポートでは、世界の六フッ化リン酸リチウム市場2015について調査・分析し、六フッ化リン酸リチウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 尿路結石管理機器の世界市場分析:治療別(体外衝撃波砕石術(ESWL)、体内砕石術、経皮的腎結石、他の治療(経過観察、副甲状腺手術))、エンドユーザー別(病院・診療所、外来手術センター)、セグメント予測
    本調査レポートでは、尿路結石管理機器の世界市場について調査・分析し、尿路結石管理機器の世界市場動向、尿路結石管理機器の世界市場規模、市場予測、セグメント別尿路結石管理機器市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 患者用リフティング装置の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、患者用リフティング装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品別(天井型/オバーヘッド型リフト、階段リフト、移動式/床リフト、座位から立位までのリフト、バス&プールリフト、リフトスリング、リフトアクセサリー)分析、エンドユーザー別(病院、在宅医療、介護施設)分析、患者用リフティング装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、患者用リフティング装置の世界市場規模が2019年30億ドルから2024年54億ドルまで年平均12.7%成長すると予測しています。
  • スタンドパウチの世界市場
    当調査レポートでは、スタンドパウチの世界市場について調査・分析し、スタンドパウチの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - スタンドパウチの世界市場:市場動向分析 - スタンドパウチの世界市場:競争要因分析 - スタンドパウチの世界市場:製品別 ・標準的なスタンドパウチ ・レトルト用スタンドパウチ ・無菌スタンドパウチ - スタンドパウチの世界市場:用途別 ・非食品 ・食品&飲料 - スタンドパウチの世界市場:形状別 ・K-Style ・底面が平らなスタンドパウチ ・底面が鋤のような形のもの ・底面が丸いもの ・その他 - スタンドパウチの世界市場:主要地域別分析 - スタンドパウチの北米市場規模(アメリカ市場等) - スタンドパウチのヨーロッパ市場規模 - スタンドパウチのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・スタンドパウチの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 熱処理のインド市場
  • 局所ドラッグデリバリ(局所薬物送達)の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、局所ドラッグデリバリ(局所薬物送達)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品種類別分析、需要先別分析、地域別分析、局所ドラッグデリバリ(局所薬物送達)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • Fc-ガンマ受容体アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるFc-ガンマ受容体アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・Fc-ガンマ受容体アンタゴニストの概要 ・Fc-ガンマ受容体アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のFc-ガンマ受容体アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・Fc-ガンマ受容体アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・Fc-ガンマ受容体アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • タッチパネルコントローラの世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、タッチパネルコントローラの世界市場について調査・分析し、タッチパネルコントローラの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・タッチパネルコントローラの世界市場規模:タッチパネル技術別分析 ・タッチパネルコントローラの世界市場規模:技術別分析 ・タッチパネルコントローラの世界市場規模:用途別分析 ・タッチパネルコントローラの世界市場規模:インターフェース別分析 ・タッチパネルコントローラの世界市場規模:スクリーンサイズ別分析 ・タッチパネルコントローラの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • スイート・スプレッドの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、スイート・スプレッドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スイート・スプレッドの世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の解剖器具市場2016
    本調査レポートでは、世界の解剖器具市場2016について調査・分析し、解剖器具の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のマルチバッテリーエネルギー貯蔵システム市場2019
    本調査レポートでは、世界のマルチバッテリーエネルギー貯蔵システム市場2019について調査・分析し、マルチバッテリーエネルギー貯蔵システムの世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、マルチバッテリーエネルギー貯蔵システムのアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、マルチバッテリーエネルギー貯蔵システムメーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・マルチバッテリーエネルギー貯蔵システムの市場概要 ・マルチバッテリーエネルギー貯蔵システムの上流・下流市場分析 ・マルチバッテリーエネルギー貯蔵システムのアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・マルチバッテリーエネルギー貯蔵システムのアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・マルチバッテリーエネルギー貯蔵システムのアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・マルチバッテリーエネルギー貯蔵システムのアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・マルチバッテリーエネルギ …
  • 世界のスチール・コード市場2015
    本調査レポートでは、世界のスチール・コード市場2015について調査・分析し、スチール・コードの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • クリーンルーム用ケーブルの世界市場
    当調査レポートでは、クリーンルーム用ケーブルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クリーンルーム用ケーブルの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • イギリスの移動補助・運搬機器市場見通し(~2021)
  • 段ボール紙の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、段ボール紙の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、段ボール紙市場規模、製品別(再生品、未使用品)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・段ボール紙の世界市場概要 ・段ボール紙の世界市場環境 ・段ボール紙の世界市場動向 ・段ボール紙の世界市場規模 ・段ボール紙の世界市場:業界構造分析 ・段ボール紙の世界市場:製品別(再生品、未使用品) ・段ボール紙の世界市場:地域別市場規模・分析 ・段ボール紙のアメリカ市場規模・予測 ・段ボール紙のヨーロッパ市場規模・予測 ・段ボール紙のアジア市場規模・予測 ・段ボール紙の主要国分析 ・段ボール紙の世界市場:意思決定フレームワーク ・段ボール紙の世界市場:成長要因、課題 ・段ボール紙の世界市場:競争環境 ・段ボール紙の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 自動車用コンビネーションスイッチの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、自動車用コンビネーションスイッチの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用コンビネーションスイッチの世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は自動車用コンビネーションスイッチの世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.1%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Delphi、HELLA、Valeo、Bosch、Toyodenso等です。
  • リップケア製品の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、リップケア製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、リップケア製品の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ベネズエラの火力発電市場2016:発電能力、生産、投資動向、制度、企業
  • CRISPR技術の世界市場予測(~2023年)
    CRISPR技術の世界市場は、2018年の5億6200万米ドルから2023年には17億1500万米ドルに達し、この期間中25%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、資金調達および個人投資の増加、CRISPR術の採用の拡大などが考えれられます。一方で、代替技術も存在することから、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、CRISPR技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品(酵素、キット、gRNA、ライブラリ、デザインツール)分析、サービス(gRNAデザイン、細胞株エンジニアリング)分析、用途(バイオメディカル、農業)分析、エンドユーザー(製薬・バイオ医薬品企業、学術機関、CRO)分析、CRISPR技術の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 卵代替材料の世界市場ー産業および機会分析ー2016-2026:デンプン、ミルクプロテイン、大豆製品、藻類粉、タンパク質
  • 便座の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、便座の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、便座の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 副腎皮質癌治療薬の世界市場:化学療法、標的療法
    Technavio社の本調査レポートでは、副腎皮質癌治療薬の世界市場について調べ、副腎皮質癌治療薬の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、副腎皮質癌治療薬の市場規模をセグメンテーション別(種類別(化学療法、標的療法)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社は副腎皮質癌治療薬の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・副腎皮質癌治療薬の市場状況 ・副腎皮質癌治療薬の市場規模 ・副腎皮質癌治療薬の市場予測 ・副腎皮質癌治療薬の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:種類別(化学療法、標的療法) ・副腎皮質癌治療薬の顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 世界のカーナリット市場2016
    本調査レポートでは、世界のカーナリット市場2016について調査・分析し、カーナリットの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • インターロイキン-1阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるインターロイキン-1阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・インターロイキン-1阻害剤の概要 ・インターロイキン-1阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のインターロイキン-1阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・インターロイキン-1阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・インターロイキン-1阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ガラクトオリゴ糖(GOS)の世界市場の動向分析:用途別(食品・飲料、栄養補助食品)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東、アフリカ)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、ガラクトオリゴ糖(GOS)の世界市場について調査・分析し、ガラクトオリゴ糖(GOS)の世界市場動向、ガラクトオリゴ糖(GOS)の世界市場規模、市場予測、セグメント別ガラクトオリゴ糖(GOS)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • バイオマス発電の世界市場
    当調査レポートでは、バイオマス発電の世界市場について調査・分析し、バイオマス発電の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • ビデオ監視の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ビデオ監視の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ビデオ監視市場規模、導入形態別(オンプレミス、ハイブリッド)分析、製品別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)分析、エンドユーザー別(公共、商業、住居)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Axis Communications, Bosch Sicherheitssysteme, Dahua Technology, Hangzhou Hikvision Digital Technology, Panasonicなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ビデオ監視の世界市場概要 ・ビデオ監視の世界市場環境 ・ビデオ監視の世界市場動向 ・ビデオ監視の世界市場規模 ・ビデオ監視の世界市場:業界構造分析 ・ビデオ監視の世界市場:導入形態別(オンプレミス、ハイブリッド) ・ビデオ監視の世界市場:製品別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス) ・ビデオ監視の世界市場:エンドユーザー別 …
  • オートバイ用シートヒーターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、オートバイ用シートヒーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、オートバイ用シートヒーターの世界市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ティー(茶)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ティー(茶)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ティー(茶)の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 電気手術装置の世界市場分析・予測
    当調査レポートでは、電気手術装置の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・電気手術装置産業概観 ・アンメットニーズ分析 ・電気手術装置の市場機会分析 ・市場の成長要因および阻害要因 ・競争分析 ・電気手術装置の製品パイプライン分析 ・電気手術装置の治験動向 ・主要企業分析 ・電気手術装置の世界市場規模予測 ・電気手術装置の地域別市場規模予測
  • 世界のラケット・ストリング機械市場2015
    本調査レポートでは、世界のラケット・ストリング機械市場2015について調査・分析し、ラケット・ストリング機械の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 化粧料用顔料の世界市場予測(~2022年):構成(有機、無機)、種類、用途、地域別分析
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、化粧料用顔料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、構成別分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、化粧料用顔料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ホメオパシー療法の世界市場:種類別(植物由来、動物由来、ミネラル由来)、用途別(病院、ホメオパシークリニック)、地域別予測
    本資料は、ホメオパシー療法の世界市場について調べ、ホメオパシー療法の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(植物由来、動物由来、ミネラル由来)分析、用途別(病院、ホメオパシークリニック)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはHahnemann Laboratories Inc. 、Natural Health Supply、Boiron USA、Homelab USA、SBL、Hyland’s Homeopathic、Nelson & Co. Ltd. などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ホメオパシー療法の世界市場概要 ・ホメオパシー療法の世界市場環境 ・ホメオパシー療法の世界市場動向 ・ホメオパシー療法の世界市場規模 ・ホメオパシー療法の世界市場規模:種類別(植物由来、動物由来、ミネラル由来) ・ホメオパシー療法の世界市場規模:用途別(病院、ホメオパシークリニック) ・ホメオパシー療法の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ホメオパシー療法の北米市 …
  • プラスチック射出成形機の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、プラスチック射出成形機の世界市場について調査・分析し、プラスチック射出成形機の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別プラスチック射出成形機シェア、市場規模推移、市場規模予測、プラスチック射出成形機種類別分析(電動型、油圧型、ハイブリッド型)、プラスチック射出成形機用途別分析(自動車、医療業界、飲食料品、消費財、電子・遠距離通信、建設、靴、家電、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・プラスチック射出成形機の市場概観 ・プラスチック射出成形機のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・プラスチック射出成形機のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・プラスチック射出成形機の世界市場規模 ・プラスチック射出成形機の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・プラスチック射出成形機のアメリカ市場規模推移 ・プラスチック射出成形機のカナダ市場規模推移 ・プラスチック射出成形機のメキシコ市場規模推移 ・プラスチック射出成形機のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、 …
  • アルドステロンアンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるアルドステロンアンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アルドステロンアンタゴニストの概要 ・アルドステロンアンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のアルドステロンアンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・アルドステロンアンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・アルドステロンアンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界の完全置換型人工心臓市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、完全置換型人工心臓のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・完全置換型人工心臓の概要 ・完全置換型人工心臓の開発動向:開発段階別分析 ・完全置換型人工心臓の開発動向:セグメント別分析 ・完全置換型人工心臓の開発動向:領域別分析 ・完全置換型人工心臓の開発動向:規制Path別分析 ・完全置換型人工心臓の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別完全置換型人工心臓の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・完全置換型人工心臓の最近動向
  • モータ制御コンタクタの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、モータ制御コンタクタの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モータ制御コンタクタの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • クラウドEDAの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、クラウドEDAの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クラウドEDAの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の駐車場管理市場規模・予測2017-2025:用途別(輸送機器、商業用、政府)、駐車場別(道路上、道路外)、構成要素別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、ソリューション別(アクセスコントロール、セキュリティ・監視、収益管理、注射予約管理、バレット駐車管理)地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の駐車場管理市場について調査・分析し、世界の駐車場管理市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の駐車場管理関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ラグジュアリーカー向けアンビエント照明システムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ラグジュアリーカー向けアンビエント照明システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、ラグジュアリーカー向けアンビエント照明システムの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の1-オクタノール市場2016
    本調査レポートでは、世界の1-オクタノール市場2016について調査・分析し、1-オクタノールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"