"顕微鏡下手術器具の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MD 7296)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"顕微鏡下手術器具の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The microsurgical instruments market is projected to grow at a CAGR of 5.2%.”The microsurgical instruments market is projected to reach USD 2.2 billion by 2024 from USD 1.7 billion in 2019, at a CAGR of 5.2%. The increasing prevalence of chronic diseases, lifestyle disorders, and cancer; benefits of microsurgeries over traditional surgeries; and the increasing number of surgeries among the geriatric population & growing popularity of plastic and reconstructive surgeries are driving the growth of the microsurgical instruments market.

“Ophthalmic microsurgeries segment to witness the highest growth in the microsurgical instruments market during the forecast period.”
On the basis of the type of microsurgery, the microsurgical instruments market is segmented into orthopedic, neurological, ENT, ophthalmic, dental, gynecological & urological, plastic & reconstructive, and other microsurgeries. The ophthalmic microsurgeries segment is expected to witness the highest growth during the forecast period due to the high number of ophthalmic procedures performed across the globe, coupled with the high prevalence of eye diseases, and implementation of favorable initiatives.

“Hospitals are the largest end users of microsurgical instruments.”
On the basis of end user, the microsurgical instruments market is segmented into hospitals, ambulatory surgery centers, and academic & research centers. The hospitals segment accounted for the largest share of the microsurgical instruments market in 2018 as most surgeries involving the use of microsurgical instruments are carried out in hospitals. The increasing availability of cutting-edge instruments in hospitals owing to fewer budgetary constraints, the growing number of surgeries performed in these end-user settings, and increasing reimbursements for inpatient procedures are also key factors contributing to the large share of this end-user segment.

“The Asia Pacific market is expected to witness the highest CAGR during the forecast period.”
The Asia Pacific market is estimated to grow at the highest CAGR during the forecast period majorly due to the rising prevalence of lifestyle disorders, growing geriatric population, increasing investments for the improvement of the healthcare infrastructure, and rising medical tourism.
Breakdown of supply-side primary interviews:
• By Company Type: Tier 1: 45%, Tier 2: 34%, and Tier 3: 21%
• By Designation: C-level: 47%, Director-level: 33%, and Others: 20%
• By Region: North America: 35%, Europe: 32%, APAC: 25%, and the RoW: 8%

The major players operating in the microsurgical instruments market are B. Braun Melsungen AG (Germany), ZEISS International (Germany), Danaher Corporation (US), Beaver-Visitec International (US), Global Surgical Corporation (US), Haag-Streit Surgical (Germany), KLS Martin Group (Germany), Novartis AG (Switzerland), Olympus Corporation (Japan), Scanlan International (US), Stille (Sweden), and Topcon Corporation (Japan)

Research Coverage
This report studies the microsurgical instruments market based on type, microsurgery type, end user, and region. It also covers factors affecting market growth, analyzes various opportunities and challenges in the market, and provides details of the competitive landscape for market leaders. Furthermore, the study analyzes micromarkets with respect to their growth trends and forecasts the size of market segments with respect to key regions—North America, Europe, the Asia Pacific, Latin America, and the Middle East & Africa (and the respective countries in these regions).

Reasons to Buy the Report:
From an insight perspective, this research report focuses on various levels of analysis—market ranking analysis of the top players and their company profiles, which together comprise and discuss basic views on the competitive landscape, emerging segments of the microsurgical instruments market, and high-growth regions and their drivers, restraints, challenges, and opportunities. The report will enrich both established firms as well as new entrants/smaller firms to gauge the pulse of the market, which, in turn, will help firms garner greater market shares.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"顕微鏡下手術器具の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 16)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency Used for the Study
1.5 Market Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 19)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Research
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Research
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.2 Market Estimation Methodology
2.2.1 Revenue-Based Market Estimation
2.2.2 Usage Pattern-Based Market Estimation
2.2.3 Primary Research Validation
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
2.5 Research Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 28)
4 Premium Insights (Page No. – 31)
4.1 Microsurgical Instruments Market Overview
4.2 Microsurgery Instruments Market, By Type, 2019 vs 2024 (USD Million)
4.3 Market Share, By Microsurgery Type, 2019 vs 2024
4.4 Market, By End User, 2019 vs 2024 (USD Million)
4.5 Market: Geographical Snapshot
5 Market Overview (Page No. – 34)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Key Drivers
5.2.1.1 Benefits of Microsurgery Over Traditional Surgery
5.2.1.2 Increasing Number of Surgeries Amongst the Geriatric Population and Growing Popularity of Plastic & Reconstructive Surgeries
5.2.1.3 Increasing Prevalence of Chronic Diseases, Lifestyle Disorders, and Cancer
5.2.2 Key Restraints
5.2.2.1 High Cost of Advanced Surgical/Operating Microscopes
5.2.2.2 Reimbursement Challenges in the Medical Device Industry
5.2.3 Key Opportunities
5.2.3.1 Emerging Markets
5.2.3.2 Advancements in Microsurgical Technology
5.2.3.3 Expanding Application Areas of Surgical/Operating Microscopes During Microsurgery
5.2.4 Key Challenges
5.2.4.1 Lack of Skilled Surgeons to Perform Microsurgical Procedures
5.2.5 Key Trends
5.2.5.1 Customized Surgical Microscopes
5.2.5.2 The Use of Robots for Microsurgery
6 Microsurgical Instruments Market, By Type (Page No. – 41)
6.1 Introduction
6.2 Operating Microscopes
6.2.1 Large Number of Ophthalmic Surgeries Performed Worldwide to Support Market Growth
6.2.2 Operating Microscopes Market Split, By Microsurgery Type
6.2.3 Operating Microscopes Market Split, By End User
6.3 Micro Sutures
6.3.1 Micro Sutures Market Split, By Microsurgery
6.3.2 Micro Sutures Market Split, By End User
6.3.3 Non-Absorbable Micro Sutures
6.3.3.1 Non-Absorbable Sutures have A High Tensile Strength
6.3.4 Absorbable Micro Sutures
6.3.4.1 Low Degree of Tissue Reaction Post Microsurgery—A Key Advantages Driving the Adoption of Absorbable Micro Sutures
6.4 Micro Forceps
6.4.1 Growing Number of Microsurgeries Performed to Propel the Market for Micro Forceps
6.4.2 Micro Forceps Market Split, By Microsurgery Type
6.4.3 Micro Forceps Market Split, By End User
6.5 Microsurgery Needle Holders
6.5.1 Growing Number of Ophthalmic Procedures Performed to Drive the Demand for Microsurgery Needle Holders
6.5.2 Microsurgery Needle Holders Market Split, By Microsurgery Type
6.5.3 Microsurgery Needle Holders Market Split, By End User
6.6 Micro Scissors
6.6.1 One of the Major Advantages of Micro Scissors is That They Can Be Sterilized
6.6.2 Micro Scissors Market Split, By Microsurgery Type
6.6.3 Micro Scissors Market Split, By End User
6.7 Other Microsurgical Instruments
6.7.1 Other Microsurgery Instruments Market Split, By Microsurgery Type
6.7.2 Other Market Split, By End User
7 Microsurgical Instruments Market, By Microsurgery Type (Page No. – 55)
7.1 Introduction
7.2 Plastic & Reconstructive Microsurgeries
7.2.1 Increasing Awareness About Cosmetic Procedures, Coupled With Growing Disposable Incomes, is A Major Factor Driving the Demand for Cosmetic Treatments Via Microsurgeries
7.3 Orthopedic Microsurgeries
7.3.1 Increasing Incidence of Bone Ailments Such as Osteoporosis and Arthritis is A Major Factor Driving the Growth of the Market for Orthopedic Microsurgeries
7.4 Ophthalmic Microsurgeries
7.4.1 Technological Advancements in Ophthalmic Microscopes to Augment Market Growth
7.5 Ent Microsurgeries
7.5.1 Increasing Number of Patients Undergoing Minimally Invasive Ent Surgeries to Propel Market Growth
7.6 Neurological Microsurgeries
7.6.1 Rising Demand for Minimally Invasive Neurosurgical Procedures
7.7 Dental Microsurgeries
7.7.1 High Cost of Dental Surgical Microscopes May Hinder the Growth of This Segment
7.8 Gynecological & Urological Microsurgeries
7.8.1 Reconstructive Microsurgery has Been Associated With Significantly Improved Results in Infertility—A Key Factor Driving Market Growth
7.9 Other Microsurgeries
8 Microsurgery Instruments Market, By End User (Page No. – 64)
8.1 Introduction
8.2 Hospitals
8.2.1 Hospitals are the Largest End Users of Microsurgical Instruments as Most Surgeries Involving the Use of Instruments are Carried Out in Hospitals
8.3 Ambulatory Surgery Centers
8.3.1 Ambulatory Surgery Centers are Cost-Effective Alternatives to Hospitals as Treatment Centers, Which is Increasing the Volume of Surgeries Performed in These End Users
8.4 Academic & Research Centers
8.4.1 Government Support for Academic & Research Institutes to Develop Microsurgical Techniques and Refine Existing Techniques to Drive Market Growth
9 Microsurgical Instruments Market, By Region (Page No. – 69)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 Significant Growth in Plastic Surgery Demand has Contributed to Market Growth in the Us
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Decreasing Fertility Rate to Augment the Demand for Microsurgical Treatment
9.3 Europe
9.3.1 Germany
9.3.1.1 Germany Dominates the European Market
9.3.2 UK
9.3.2.1 Rising Prevalence of Eye Diseases is A Key Market Driver in the UK
9.3.3 France
9.3.3.1 Increasing Medical Tourism in France Will Augment the Market for Microsurgical Procedures
9.3.4 Rest of Europe
9.4 Asia Pacific
9.4.1 Japan
9.4.1.1 Japan Dominates the Market for Microsurgical Instruments in APAC
9.4.2 China
9.4.2.1 Rapid Economic Growth in China has Contributed to Healthcare Access and Demand
9.4.3 India
9.4.3.1 Growing Medical Tourism and Improvements in Healthcare Facilities Will Support Market Growth in India
9.4.4 Rest of Asia Pacific
9.5 Latin America
9.5.1 Brazil
9.5.1.1 Brazil Accounts for 10% of the Cosmetic Surgeries Conducted Globally
9.5.2 Mexico
9.5.2.1 Rising Geriatric Population to Augment for the Demand of Minimally Invasive Surgeries/Microsurgeries
9.5.3 Rest of Latin America
9.6 Middle East & Africa
9.6.1 Infrastructural Improvement Initiatives in the Middle East Will Support Market Growth
10 Competitive Landscape (Page No. – 97)
10.1 Microsurgical Instruments Market Share Analysis, By Top 3 Players (2018)
10.2 Competitive Scenario (2015-2019)
10.3 Competitive Leadership Mapping
10.4 Terminology/Nomenclature
10.4.1 Visionary Leaders
10.4.2 Innovators
10.4.3 Dynamic Differentiators
10.4.4 Emerging Companies
11 Company Profiles (Page No. – 104)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View)*
11.1 B. Braun Melsungen AG
11.2 Beaver-Visitec International, Inc. (BVI)
11.3 ZEISS International
11.4 Global Surgical Corporation
11.5 Haag-Streit Surgical
11.6 Karl Kaps GmbH
11.7 KLS Martin Group
11.8 Danaher
11.9 Microsurgery Instruments Inc
11.10 Mitaka USA Inc.
11.11 Novartis AG
11.12 Olympus Corporation
11.13 Scanlan International
11.14 Stille
11.15 Topcon Corporation
*Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 131)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】顕微鏡下手術器具の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年8月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MD 7296
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
顕微鏡下手術器具の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • スフィンゴシン1-リン酸タイプ1受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるスフィンゴシン1-リン酸タイプ1受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・スフィンゴシン1-リン酸タイプ1受容体アゴニストの概要 ・スフィンゴシン1-リン酸タイプ1受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のスフィンゴシン1-リン酸タイプ1受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・スフィンゴシン1-リン酸タイプ1受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・スフィンゴシン1-リン酸タイプ1受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 深層学習の世界市場2020-2024
    「深層学習の世界市場2020-2024」は、深層学習について市場概要、市場規模、種類別(ソフトウェア、サービス、ハードウェア)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・深層学習の世界市場:種類別(ソフトウェア、サービス、ハードウェア) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • バイアル瓶一次包装の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、バイアル瓶一次包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バイアル瓶一次包装の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 電解質コルチコイド受容体アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における電解質コルチコイド受容体アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・電解質コルチコイド受容体アンタゴニストの概要 ・電解質コルチコイド受容体アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中の電解質コルチコイド受容体アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・電解質コルチコイド受容体アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・電解質コルチコイド受容体アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 屋外用景観照明の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、屋外用景観照明の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、屋外用景観照明市場規模、用途別(地上(ATG)、水中)分析、光源別(従来型、LED)分析、エンドユーザー別(商業ユーザー、住宅ユーザー)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・屋外用景観照明の世界市場概要 ・屋外用景観照明の世界市場環境 ・屋外用景観照明の世界市場動向 ・屋外用景観照明の世界市場規模 ・屋外用景観照明の世界市場:業界構造分析 ・屋外用景観照明の世界市場:用途別(地上(ATG)、水中) ・屋外用景観照明の世界市場:光源別(従来型、LED) ・屋外用景観照明の世界市場:エンドユーザー別(商業ユーザー、住宅ユーザー) ・屋外用景観照明の世界市場:地域別市場規模・分析 ・屋外用景観照明の北米市場規模・予測 ・屋外用景観照明のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・屋外用景観照明のアジア太平洋市場規模・予測 ・屋外用景観照明の主要国分析 ・屋外用景観照 …
  • 自動車用イーサネットの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、自動車用イーサネットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、およびサービス)分析、帯域幅別分析、用途別分析、車種別(乗用車、商用車、農業・オフハイウェイ車両)分析、自動車用イーサネットの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、自動車用イーサネットの世界市場規模が2019年16億ドルから2024年44億ドルまで年平均21.7%成長すると予測しています。
  • 宇宙服の世界市場
    当調査レポートでは、宇宙服の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、宇宙服の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • サスペンションシステムの世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、サスペンションシステムの世界市場について調査・分析し、サスペンションシステムの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・サスペンションシステムの世界市場規模:コンポーネント別分析 ・サスペンションシステムの世界市場規模:制動種類別分析 ・サスペンションシステムの世界市場規模:構造別分析 ・サスペンションシステムの世界市場規模:車両種類別分析 ・サスペンションシステムの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 世界の分子生物学用酵素市場2015
    本調査レポートでは、世界の分子生物学用酵素市場2015について調査・分析し、分子生物学用酵素の世界市場概要、市場規模、市場動向、世界及び中国市場分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の輸液ポンプ市場2015
    本調査レポートでは、世界の輸液ポンプ市場2015について調査・分析し、輸液ポンプの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 合法マリファナ(大麻)の世界市場:タイプ別(医療用、娯楽用)、製品タイプ別(バッズ、オイル、チンキ)、医療用途別(慢性疼痛、精神疾患、がん)、地域別予測
    本資料は、合法マリファナ(大麻)の世界市場について調べ、合法マリファナ(大麻)の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(医療用、娯楽用)分析、製品タイプ別(バッズ、オイル、チンキ)分析、医療用途別(慢性疼痛、精神疾患、がん)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・合法マリファナ(大麻)の世界市場概要 ・合法マリファナ(大麻)の世界市場環境 ・合法マリファナ(大麻)の世界市場動向 ・合法マリファナ(大麻)の世界市場規模 ・合法マリファナ(大麻)の世界市場規模:タイプ別(医療用、娯楽用) ・合法マリファナ(大麻)の世界市場規模:製品タイプ別(バッズ、オイル、チンキ) ・合法マリファナ(大麻)の世界市場規模:医療用途別(慢性疼痛、精神疾患、がん) ・合法マリファナ(大麻)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・合法マリファナ(大麻)の北米市場規模・予測 ・合法マリファナ(大麻)のアメリカ市場規模・予測 ・合法マリファナ(大麻)のヨーロッパ市場規模・予測 …
  • 3Dプリンティングの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、3Dプリンティングの世界市場について調査・分析し、3Dプリンティングの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 3Dプリンティングの世界市場:市場動向分析 - 3Dプリンティングの世界市場:競争要因分析 - 3Dプリンティングの世界市場:技術別 ・光造形法(SL) ・電子ビーム溶解 ・ジェット工法 ・レーザー焼結 ・熱溶解積層法 ・薄膜積層法 ・3Dプリンティング ・その他 - 3Dプリンティングの世界市場:材料別 ・ポリマー ・金属 ・セラミック ・その他 - 3Dプリンティングの世界市場:エンドユーザー別 ・航空・防衛 ・自動車 ・消費財 ・教育・研究 ・行政・防衛 ・医療 ・工業製品 ・食品・料理 ・宝飾品 ・建築・建設 ・プリンテッド・エレクトロニクス ・エネルギー ・その他 - 3Dプリンティングの世界市場:形状別 ・粉体 ・液体 ・単繊維状 - 3Dプリンティングの世界市場:プリンター別 ・産業用プリンター ・デスクトップ3Dプリンター - 3Dプリンティングの世界市場:用途 …
  • 産業用ポータブルキャリブレータ―の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、産業用ポータブルキャリブレータ―の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、産業用ポータブルキャリブレータ―市場規模、製品別(圧力キャリブレーター、温度キャリブレータ―、ループキャリブレーター、多機能キャリブレーター)分析、最終用途別(業界内ユーザー、サードパーティサービスプロバイダ、OEM)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・産業用ポータブルキャリブレータ―の世界市場概要 ・産業用ポータブルキャリブレータ―の世界市場環境 ・産業用ポータブルキャリブレータ―の世界市場動向 ・産業用ポータブルキャリブレータ―の世界市場規模 ・産業用ポータブルキャリブレータ―の世界市場:業界構造分析 ・産業用ポータブルキャリブレータ―の世界市場:製品別(圧力キャリブレーター、温度キャリブレータ―、ループキャリブレーター、多機能キャリブレーター) ・産業用ポータブルキャリブレータ―の世界市場:最終用途別(業界内ユーザー、サードパーテ …
  • 点滴製品包装の世界市場:点滴バック包装、カニューレ包装
    当調査レポートでは、点滴製品包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、点滴製品包装の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 化粧品包装の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、化粧品包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、化粧品包装の世界市場規模及び予測、種類別分析、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • インドの頭蓋顎顔面固定(CMF)処置動向(~2021)
  • 世界の神経診断市場:製品別(診断および画像システム(MRI、超音波)、臨床検査(PCR、NGS)、試薬および消耗品)、疾患病理学別(てんかん、脳卒中)、エンドユーザー別、地域別
    MarketsandMarkets社は、神経診断の世界市場規模が2019年59億ドルから2024年84億ドルまで年平均7.3%成長すると予測しています。当資料では、世界の神経診断市場を統合的に調査・分析し、市場概要、製品別(画像診断システム、臨床診断機器、試薬および消耗品)分析、状態別(神経変性疾患、脳卒中、てんかん、頭痛障害、睡眠障害)分析、エンドユーザー別(病院&外科センター、診断研究所&イメージングセンター、神経センター、アンビキュリーケアセンター、実験研究所&学術研究所)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などで構成されております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界の神経診断市場:製品別(画像診断システム、臨床診断機器、試薬および消耗品) ・世界の神経診断市場:状態別(神経変性疾患、脳卒中、てんかん、頭痛障害、睡眠障害) ・世界の神経診断市場:エンドユーザー別(病院&外科センター、診断研究所&イメージングセンター、神経センター、アンビキュリーケアセンター、実験研究所&学術研究所) ・世界の神経診断市場:地域別 …
  • 世界の吸入器開発動向:医療機器パイプライン分析2015
    当調査レポートでは、吸入器のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・吸入器の概要 ・吸入器の開発動向:開発段階別分析 ・吸入器の開発動向:セグメント別分析 ・吸入器の開発動向:領域別分析 ・吸入器の開発動向:規制Path別分析 ・吸入器の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別吸入器の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・吸入器の最近動向
  • タイの太陽光発電市場2016:発電能力、生産、投資動向、制度、企業
  • 無人交通管理(UTM)の世界市場:種類別、ソリューション別、用途別、構成要素別、地域別予測
    本資料は、無人交通管理(UTM)の世界市場について調べ、無人交通管理(UTM)の世界規模、市場動向、市場環境、種類別分析、ソリューション別分析、用途別分析、構成要素別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、企業別市場シェア(入手可能な場合)、バリューチェーン分析、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・無人交通管理(UTM)の世界市場概要 ・無人交通管理(UTM)の世界市場環境 ・無人交通管理(UTM)の世界市場動向 ・無人交通管理(UTM)の世界市場規模 ・無人交通管理(UTM)の世界市場:企業別市場シェア(入手可能な場合) ・無人交通管理(UTM)の世界市場規模:種類別 ・無人交通管理(UTM)の世界市場規模:ソリューション別 ・無人交通管理(UTM)の世界市場規模:用途別 ・無人交通管理(UTM)の世界市場規模:構成要素別 ・無人交通管理(UTM)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・無人交通管理(UTM)の北米市場規模・予測 ・無人交通管理(UTM)のアメリカ市場規模・予測 ・ …
  • PDMS(ポリジメチルシロキサン)の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、PDMS(ポリジメチルシロキサン)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(LMW、HMW、UHMW)分析、フォーム別(エラストマー、流体、樹脂)分析、エンドユーズ産業別(産業プロセス、建築・建設、家庭・パーソナルケア、電気・電子、輸送、ヘルスケア)分析、PDMS(ポリジメチルシロキサン)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、PDMS(ポリジメチルシロキサン)の世界市場規模が2019年40億ドルから2024年52億ドルまで年平均6.0%成長すると予測しています。
  • カザフスタンの火力発電市場2016
  • インドのファシリティ・マネジメント(FM)サービス市場2016-2020
    当調査レポートでは、インドのファシリティ・マネジメント(FM)サービス市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インドのファシリティ・マネジメント(FM)サービス市場規模及び予測、サービス別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の表面実装技術(SMT)装着装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の表面実装技術(SMT)装着装置市場2015について調査・分析し、表面実装技術(SMT)装着装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の長繊維熱可塑性樹脂(LFT)市場2015
    本調査レポートでは、世界の長繊維熱可塑性樹脂(LFT)市場2015について調査・分析し、長繊維熱可塑性樹脂(LFT)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のオキシ塩化銅市場2015
    本調査レポートでは、世界のオキシ塩化銅市場2015について調査・分析し、オキシ塩化銅の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 携帯型ラベルプリンターの世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、携帯型ラベルプリンターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、携帯型ラベルプリンターの世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • パワーアンプの世界市場予測(~2023年)
    パワーアンプの世界市場は、2018年の214億米ドルから2023年には306億米ドルに達し、この期間中7.4%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、家庭用電化製品の人気の高まり、LTE技術の使用、高品質オーディオに対する需要が考えれられます。一方で、高度に細分化された産業による価格マージンの減少、ひいては利益の低減が要因で、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、パワーアンプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品(オーディオパワーアンプ、RFパワーアンプ)分析、クラス(クラスAB、クラスC、クラスD)分析、技術分析、産業(家電、工業、テレコム、自動車)分析、パワーアンプの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • GEN energija, d.o.o.:発電所および企業SWOT分析2015
  • 飼料用顔料の世界市場:カロテノイド、クルクミン、カラメル、スピルリナ
    当調査レポートでは、飼料用顔料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、カロテノイド原料別分析、家畜別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 半導体ベアダイの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、半導体ベアダイの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、半導体ベアダイ市場規模、用途別(家電、コンピューター、工業、通信、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・半導体ベアダイの世界市場概要 ・半導体ベアダイの世界市場環境 ・半導体ベアダイの世界市場動向 ・半導体ベアダイの世界市場規模 ・半導体ベアダイの世界市場:業界構造分析 ・半導体ベアダイの世界市場:用途別(家電、コンピューター、工業、通信、その他) ・半導体ベアダイの世界市場:地域別市場規模・分析 ・半導体ベアダイのアメリカ市場規模・予測 ・半導体ベアダイのヨーロッパ市場規模・予測 ・半導体ベアダイのアジア市場規模・予測 ・半導体ベアダイの主要国分析 ・半導体ベアダイの世界市場:意思決定フレームワーク ・半導体ベアダイの世界市場:成長要因、課題 ・半導体ベアダイの世界市場:競争環境 ・半導体ベアダイの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 坑井介入 (ウェルインターベンション) の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、坑井介入 (ウェルインターベンション) の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、サービス別分析、用途別分析、地域別分析、坑井介入 (ウェルインターベンション) の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • テレプレゼンス(テレビ会議)の世界市場:装置、ソフトウェア、サービス、没入型、パーソナル型、ホログラフィック、ロボット型テレプレゼンス
    当調査レポートでは、テレプレゼンス(テレビ会議)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、構成要素別分析、システム種類別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • PTFEフィルムの世界市場予測(~2022年):技術、用途、地域別分析
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、PTFEフィルムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、PTFEフィルムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 日本の体外式除細動器市場(~2021)
  • 民間航空機用アビオニクスシステムの世界市場予測・分析2020-2024
    Technavio社の本調査レポートでは、民間航空機用アビオニクスシステムの世界市場について調べ、民間航空機用アビオニクスシステムの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、民間航空機用アビオニクスシステムの市場規模をセグメンテーション別(流通チャンネル別(ラインフィット、アフターマーケット)、用途別(FCS、CN&S、FMS、AHMS)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は民間航空機用アビオニクスシステムの世界市場規模が2020-2024期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・民間航空機用アビオニクスシステムの市場状況 ・民間航空機用アビオニクスシステムの市場規模 ・民間航空機用アビオニクスシステムの市場予測 ・民間航空機用アビオニクスシステムの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:流通チャンネル別(ラインフィット、アフターマーケット) ・市場セグメンテーション:用途別(FCS、CN&S、FMS、AHMS) ・民間航空機用アビオニクスシステ …
  • 生鮮魚介用包装の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、生鮮魚介用包装の世界市場について調査・分析し、生鮮魚介用包装の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別生鮮魚介用包装シェア、市場規模推移、市場規模予測、生鮮魚介用包装種類別分析(剛性包装、柔軟材包装)、生鮮魚介用包装用途別分析(魚、エビ、その他魚介類)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・生鮮魚介用包装の市場概観 ・生鮮魚介用包装のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・生鮮魚介用包装のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・生鮮魚介用包装の世界市場規模 ・生鮮魚介用包装の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・生鮮魚介用包装のアメリカ市場規模推移 ・生鮮魚介用包装のカナダ市場規模推移 ・生鮮魚介用包装のメキシコ市場規模推移 ・生鮮魚介用包装のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・生鮮魚介用包装のドイツ市場規模推移 ・生鮮魚介用包装のイギリス市場規模推移 ・生鮮魚介用包装のロシア市場規模推移 ・生鮮魚介用包装のアジア市場分析(日 …
  • 中国のIoT(モノのインターネット)市場2016-2020
    当調査レポートでは、中国のIoT(モノのインターネット)市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、中国のIoT(モノのインターネット)市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • インドの心臓血管補綴装置市場(~2021)
  • 膠腫(Glioma):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、膠腫(Glioma)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・膠腫(Glioma):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・膠腫(Glioma)のフェーズ3治験薬の状況 ・膠腫(Glioma)治療薬の市場規模(販売予測) ・膠腫(Glioma)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・膠腫(Glioma)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の膠腫(Glioma)治療薬剤
  • ラウリルエーテル硫酸ナトリウム(SLES)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ラウリルエーテル硫酸ナトリウム(SLES)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ラウリルエーテル硫酸ナトリウム(SLES)市場規模、用途別(洗浄剤・クリーナー、パーソナルケア商品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ラウリルエーテル硫酸ナトリウム(SLES)の世界市場概要 ・ラウリルエーテル硫酸ナトリウム(SLES)の世界市場環境 ・ラウリルエーテル硫酸ナトリウム(SLES)の世界市場動向 ・ラウリルエーテル硫酸ナトリウム(SLES)の世界市場規模 ・ラウリルエーテル硫酸ナトリウム(SLES)の世界市場:業界構造分析 ・ラウリルエーテル硫酸ナトリウム(SLES)の世界市場:用途別(洗浄剤・クリーナー、パーソナルケア商品、その他) ・ラウリルエーテル硫酸ナトリウム(SLES)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ラウリルエーテル硫酸ナトリウム(SLES)のアメリカ市場規模・予測 ・ラウリルエーテル硫酸 …
  • 除雪機の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、除雪機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、除雪機の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • エポキシ樹脂のヨーロッパ市場
    本調査レポートでは、エポキシ樹脂のヨーロッパ市場について調査・分析し、エポキシ樹脂のヨーロッパ市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • メイク落としのアジア市場:市場規模、成長、予測分析
  • 通信用電力システムの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、通信用電力システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、通信用電力システムの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 人工知能(AI)認定コースの世界市場2017-2021:ブレンド型学習、オンライン学習
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、人工知能(AI)認定コースの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、人工知能(AI)認定コースの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は人工知能(AI)認定コースの世界市場が2017-2021年期間中に年平均34.15%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はCoursera、edX、EIT、Udacity等です。
  • ドローンサービスの世界市場予測(~2022):産業別、用途別(空中撮影&リモートセンシング、データ収集、分析)、ドローン種類別、サービス期間別、地域別
    当調査レポートでは、ドローンサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、産業別分析、用途別分析、ドローン種類別分析、サービス期間別分析、ドローンサービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 髄膜炎菌ワクチンの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、髄膜炎菌ワクチンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、髄膜炎菌ワクチンの世界市場規模及び予測、構成別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • スリランカの電気コンデンサ市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 工業用酵素の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、工業用酵素の世界市場について調査・分析し、工業用酵素の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別工業用酵素シェア、市場規模推移、市場規模予測、工業用酵素種類別分析(糖化酵素、アミラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼ、その他)、工業用酵素用途別分析(飲食料品、洗剤、飼料、織物、紙・パルプ、バイオエネルギー、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・工業用酵素の市場概観 ・工業用酵素のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・工業用酵素のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・工業用酵素の世界市場規模 ・工業用酵素の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・工業用酵素のアメリカ市場規模推移 ・工業用酵素のカナダ市場規模推移 ・工業用酵素のメキシコ市場規模推移 ・工業用酵素のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・工業用酵素のドイツ市場規模推移 ・工業用酵素のイギリス市場規模推移 ・工業用酵素のロシア市場規模推移 ・工業用酵素のアジア市場分析( …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"