"浸漬冷却の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH 7299)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"浸漬冷却の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The immersion cooling market is projected to grow at a CAGR of 23.2% from 2019 to 2024, in terms of value.
The immersion cooling market is projected to grow from USD 177 million in 2019 to USD 501 million by 2024, at a CAGR of 23.2% from 2019 to 2024. Increasing server rack density & chip density, new IT use cases, such as harsh edge computing environments, and pressure to reduce energy consumption in data center cooling is expected to drive the immersion cooling market during the forecast period.

The high performance computing segment is projected to lead the immersion cooling market during the forecast period
Based on application, the high performance computing segment led the immersion cooling market in 2018 in terms of value. Growth of this segment can be attributed to the fact that the adoption of High Performance Computing (HPC) is gaining traction as enterprises across various industry verticals focus on scaling-up their complex applications. However, this will increase server rack densities and result in making conventional cooling systems redundant and is expected to lead HPC customers to switch from traditional cooling methods to immersion cooling solutions.

The single-phase type segment is projected to lead the immersion cooling market during the forecast period
Based on type, the single-phase immersion cooling segment is estimated to account for the largest share of the immersion cooling market in 2019. In single-phase immersion cooling, the coolant never changes state, that is, it never boils or freezes and always remains in liquid form. The coolant is pumped to a heat exchanger where heat is transferred to a cooler water circuit. This technique uses open baths, as there is little (or no) risk of the coolant evaporating.

Asia Pacific region is projected to grow the highest CAGR in the immersion cooling market during the forecast period
The Asia Pacific region is projected to grow at the highest CAGR in the immersion cooling market from 2019 to 2024. Increasing use of technologies, such as high-performance computing, artificial intelligence, edge computing, cloud computing, cryptocurrency mining, and enterprise computing, are leading to an increase in server rack and chip density. This has resulted in high demand for energy for data center cooling. The costs and logistics of conventional cooling systems have become more challenging and are forcing data center operators to switch from traditional cooling methods to immersion cooling solutions. The market is projected to grow rapidly in the Asia Pacific region, owing to the increased demand for immersion cooling from cryptocurrency miners in countries, such as China, Japan, India, and South Korea.

Profile break-up of primary participants for the report:
• By Company Type: Tier 1 – 20%, Tier 2 – 55%, and Tier 3 – 25%
• By Designation: C-level Executives – 50%, Directors – 25%, and Others – 25%
• By Region: Asia Pacific – 10%, Europe – 20%, North America – 60%, the Middle East & Africa- 5%, and South America – 5%

Furthermore, as a part of the qualitative analysis of the immersion cooling market, the research provides a comprehensive review of drivers, restraints, opportunities, and challenges influencing the growth of the market across the globe. It also discusses competitive strategies adopted by leading market players, such as Fujitsu Limited (Japan), Green Revolution Cooling Inc. (US), Submer Technologies (Spain), Allied Control Ltd. (Hong Kong), Asperitas (The Netherlands), Midas Green Technologies (US), Iceotope Technologies Limited (UK), DCX – The Liquid Cooling Company (Poland), LiquidCool Solutions (US), DownUnder GeoSolutions Pty Ltd. (Netherlands), ExaScaler Inc. (Japan), and Horizon Computing Solutions (France).

Research Coverage:
The report defines, segments, and projects the size of the immersion cooling market based on application, type, type of cooling fluid, and region. It strategically profiles the key players and comprehensively analyzes their market share and core competencies. It also tracks and analyzes competitive developments, such as expansions, new product developments, partnerships, and collaborations undertaken by them in the market.

Reasons to Buy the Report:
The report is expected to help market leaders/new entrants in the market by providing them the closest approximations of revenue numbers of the immersion cooling market and its segments. This report is also expected to help stakeholders obtain an improved understanding of the competitive landscape of the market, gain insights to improve the positions of their businesses and make suitable go-to-market strategies. It also enables stakeholders to understand the pulse of the market and provides information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"浸漬冷却の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 16)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency Considered
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 20)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 27)
4 4 Premium Insights (Page No. – 32)
4.1 Attractive Opportunities in Immersion Cooling Market
4.2 Immersion Cooling Market, By Region
4.3 Asia Pacific Immersion Cooling Market, By Application and Country
4.4 Immersion Cooling Market, By Major Countries
5 Market Overview (Page No. – 35)
5.1 Introduction
5.2 Market Segmentation
5.3 Market Dynamics
5.3.1 Drivers
5.3.1.1 Increasing Density of Server Racks
5.3.1.2 Increasing Need for Cost-Effective Cooling Solutions
5.3.1.3 Growing Need for Eco-Friendly Data Center Cooling Solutions
5.3.2 Restraints
5.3.2.1 Requirement of Additional and Specialized Infrastructure
5.3.2.2 Lack of Recognition From End Users
5.3.3 Opportunities
5.3.3.1 Adoption in Low-Density Data Centers
5.3.3.2 Development of Cooling Solutions for Deployment in Harsh Environments
5.3.4 Challenges
5.3.4.1 High Investments in Existing Infrastructure
5.4 Porter’s Five Forces Analysis
5.4.1 Bargaining Power of Suppliers
5.4.2 Bargaining Power of Buyers
5.4.3 Threat of Substitutes
5.4.4 Threat of New Entrants
5.4.5 Intensity of Competitive Rivalry
6 Industry Trends (Page No. – 43)
6.1 Evolution
6.2 Technological Trends and Standards
6.2.1 Introduction
6.2.2 Standards and Guidelines for Data Center Cooling
6.2.2.1 American National Standards Institute
6.2.2.2 American Society of Heating, Refrigerating, and Air-Conditioning Engineers
6.2.2.3 Institute for Energy and Transport of the Joint Research Center of the European Commission
6.2.2.4 Distributed Management Task Force
6.2.2.5 Telecommunication Industry Association
6.2.2.6 National Electrical Manufacturers Association
6.2.2.7 Canadian Standards Association Group
6.2.2.8 Underwriters Laboratory
6.2.2.9 Factory Mutual Approved
6.2.2.10 United States Department of Energy
6.2.2.11 United States Environmental Protection Agency
6.2.2.12 Statement on Standards for Attestation Engagements No. 16
6.2.2.13 International Standards Compliance
7 Immersion Cooling Market, By Application (Page No. – 47)
7.1 Introduction
7.2 High Performance Computing
7.2.1 High Performance Computing is the Largest Application Segment
7.3 Edge Computing
7.3.1 Edge Computing Application Segment is Gaining Traction From Oil & Gas, Defense and Telecom Industries
7.4 Artificial Intelligence
7.4.1 Recent Development Such as Autonomous Cars, Video Game, and Speech Recognition is Expected to Drive the Ai Application Segment
7.5 Cryptocurrency Mining
7.5.1 Cryptocurrency Mining Application Segment is Projected to Grow at the Highest Cagr
7.6 Others
8 Immersion Cooling Market, By Type (Page No. – 54)
8.1 Introduction
8.2 Single-Phase Immersion Cooling
8.2.1 Single-Phase Immersion Cooling is the Largest and Fastest Growing Type Segment
8.3 Two-Phase Immersion Cooling
8.3.1 Two Phase Immersion Cooling is Expensive as Compared to Single Phase
9 Immersion Cooling Market, By Cooling Fluid Type (Page No. – 58)
9.1 Introduction
9.2 Mineral Oil
9.2.1 Mineral Oil Cooling Fluid Type Accounted for the Second Highest Share in the Global Immersion Cooling Market
9.3 Fluorocarbon-Based Fluid
9.3.1 Flurocarbon-Based Fluid are Gaining Traction and are Being Used in High-Performance Liquid Cooling Applications
9.4 Synthetic Oil
9.4.1 Synthetic Oil Fluid Type Segment Accounted for A Major Share in the Global Immersion Cooling Market
9.5 Others
10 Immersion Cooling Market, By Region (Page No. – 64)
10.1 Introduction
10.2 Asia Pacific
10.2.1 China
10.2.1.1 China is Fastest Growing Market for Immersion Cooling Globally
10.2.2 India
10.2.2.1 India is the Second Fastest Growing for Immersion Cooling in Asia Pacific Region
10.2.3 Japan
10.2.3.1 Japan Accounted for the Second Highest Share in the Asia Pacific Immersion Cooling Market
10.2.4 South Korea
10.2.4.1 High Demand From the Cryptocurrency Mining and High Performance Computing Application Segment is Expected to Drive the South Korean Immersion Cooling Market
10.2.5 Thailand
10.2.5.1 High Demand From the Cryptocurrency Mining Application Segment is Expected to Drive the Thailand Immersion Cooling Market
10.2.6 Malaysia
10.2.6.1 High Demand for Data Center Services is Expected to Drive the Immersion Cooling Market in Malaysia
10.2.7 Rest of Asia Pacific
10.3 North America
10.3.1 US
10.3.1.1 US Accounted for the Highest Share in the Global Immersion Cooling Market
10.3.2 Canada
10.3.2.1 High Demand From the Cryptocurrency Mining and High Performance Computing Application Segment is Expected to Drive the Canadian Immersion Cooling Market
10.3.3 Mexico
10.3.3.1 High Growth in the Data Center Industry is Expected to Drive the Immersion Cooling Market in Mexico
10.4 Europe
10.4.1 UK
10.4.1.1 UK Dominated the Immersion Cooling Market in the European Region
10.4.2 Germany
10.4.2.1 Germany Accounted for the Second Highest Share in the European Immersion Cooling Market
10.4.3 France
10.4.3.1 France Accounted for the Third Highest Share in European Immersion Cooling Market
10.4.4 Netherlands
10.4.4.1 Rise in the Data Center Market in Netherlands is Expected Drive the Immersion Cooling Market there
10.4.5 Russia
10.4.5.1 High Demand From the Cryptocurrency Mining Application Segment is Expected to Drive the Russian Immersion Cooling Market
10.4.6 Spain
10.4.6.1 High Growth in the Data Center Market in Spain is Expected to Drive the Immersion Cooling Market there.
10.4.7 Rest of Europe
10.5 Middle East & Africa
10.6 South America
11 Competitive Landscape (Page No. – 92)
11.1 Introduction
11.2 Competitive Landscape Mapping
11.2.1 Visionary Leaders
11.2.2 Innovators
11.2.3 Dynamic Differentiators
11.2.4 Emerging Companies
11.3 Competitive Benchmarking
11.3.1 Strength of Product Portfolio
11.3.2 Business Strategy Excellence
11.4 Overview
11.5 Competitive Situations & Trends
11.5.1 Product Launches
11.5.2 Partnerships
11.5.3 Collaborations
11.5.4 Expansions
11.6 Market Share Analysis
12 Company Profile (Page No. – 102)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
12.1 Fujitsu Limited
12.2 Green Revolution Cooling Inc.
12.3 Submer Technologies
12.4 Allied Control Ltd
12.5 Asperitas
12.6 Midas Green Technologies
12.7 Iceotope Technologies Limited
12.8 Liquidcool Solutions, Inc.
12.9 Downunder Geosolutions Pty Ltd
12.10 DCX – the Liquid Cooling Company
12.11 Liqit.Io
12.12 Exascaler Inc.
12.13 Qcooling
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 123)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】浸漬冷却の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年8月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH 7299
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】部品
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
浸漬冷却の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 電気自動車(EV)の世界市場予測(~2030年)
    当調査レポートでは、電気自動車(EV)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、車両別(乗用車・商用車)分析、車両クラス別(中価格帯及び高級車)分析、推進力別(BEV、PHEV、FCEV)分析、EV販売別(OEM /モデル)分析、電気自動車(EV)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、電気自動車(EV)の世界市場規模が2019年3,269,671台から2030年26,951,318台まで年平均21.1%成長すると予測しています。
  • アンジオポイエチン阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるアンジオポイエチン阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アンジオポイエチン阻害剤の概要 ・アンジオポイエチン阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のアンジオポイエチン阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・アンジオポイエチン阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・アンジオポイエチン阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • バイク用フル排気システムのアフターマーケットの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、バイク用フル排気システムのアフターマーケットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、バイク用フル排気システムのアフターマーケットの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はバイク用フル排気システムのアフターマーケットの世界市場が2017-2021年期間中に年平均13.15%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Akrapovic• Yoshimura, • FMF, • Vanes & Hines等です。
  • 中国のマルチメディアチップセット市場2015
    本調査レポートでは、中国のマルチメディアチップセット市場2015について調査・分析し、マルチメディアチップセットの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 衛星サービスの世界市場:消費者サービス、固定衛星サービス、モバイル衛星サービス、リモートセンシング、宇宙飛行管理サービス
    当調査レポートでは、衛星サービスの世界市場について調査・分析し、市場概要、種類別(消費者サービス、固定衛星サービス、モバイル衛星サービス、リモートセンシング、宇宙飛行管理サービス)分析、エンドユーザー産業別(メディア&エンターテインメント、政府、航空、防衛、航空宇宙、小売&エンタープライズ、その他)分析、地域別分析、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・衛星サービスの世界市場:種類別(消費者サービス、固定衛星サービス、モバイル衛星サービス、リモートセンシング、宇宙飛行管理サービス) ・衛星サービスの世界市場:エンドユーザー産業別(メディア&エンターテインメント、政府、航空、防衛、航空宇宙、小売&エンタープライズ、その他) ・衛星サービスの世界市場:地域別 ・企業動向
  • 換気扇風機の世界市場
    当調査レポートでは、換気扇風機の世界市場について調査・分析し、換気扇風機の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • プラスチック廃棄物管理の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、プラスチック廃棄物管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、サービス別(収集、リサイクル)分析、ポリマー種類別(PP、LDPE)分析、ソース別(住宅、商業、産業)分析、エンドユーズ用途別(包装、建築、建設)分析、プラスチック廃棄物管理の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、プラスチック廃棄物管理の世界市場規模が2019年326億ドルから2024年379億ドルまで年平均3.1%成長すると予測しています。
  • 食品用安定剤の世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、食品用安定剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、機能別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ノルウェーの脊椎手術装置市場見通し
  • 穀物および種子洗浄機の世界市場
    当調査レポートでは、穀物および種子洗浄機の世界市場について調査・分析し、穀物および種子洗浄機の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 穀物および種子洗浄機の世界市場:市場動向分析 - 穀物および種子洗浄機の世界市場:競争要因分析 - 穀物および種子洗浄機の世界市場:機械の種類別 ・穀物洗浄機 ・種子洗浄機 - 穀物および種子洗浄機の世界市場:作業別 ・仕分け ・予備洗浄 ・精密な洗浄 - 穀物および種子洗浄機の世界市場:製品の種類別 ・スパイラル式分離器 ・脱ぷ機 ・振動コンベヤー ・空気によるふるい分けを行う洗浄機 ・重力分離装置 ・吸引装置 ・その他 - 穀物および種子洗浄機の世界市場:主要地域別分析 - 穀物および種子洗浄機の北米市場規模(アメリカ市場等) - 穀物および種子洗浄機のヨーロッパ市場規模 - 穀物および種子洗浄機のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・穀物および種子洗浄機の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • スピーカーの世界市場:ポータブル型、家庭用オーディオ型、スマート型
    当調査レポートでは、スピーカーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スピーカー市場規模、技術別(有線、無線)分析、製品別(ポータブル型、家庭用オーディオ型、スマート型)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Amazon, Apple, Bose Corporation, Google, Samsung Electronics, Sonyなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・スピーカーの世界市場概要 ・スピーカーの世界市場環境 ・スピーカーの世界市場動向 ・スピーカーの世界市場規模 ・スピーカーの世界市場:業界構造分析 ・スピーカーの世界市場:技術別(有線、無線) ・スピーカーの世界市場:製品別(ポータブル型、家庭用オーディオ型、スマート型) ・スピーカーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・スピーカーの北米市場規模・予測 ・スピーカーのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・スピーカーのアジア太平洋市場規模・予測 ・スピーカーの主要国分 …
  • 自動車産業におけるDM(デジタルマニュファクチャリング)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車産業におけるDM(デジタルマニュファクチャリング)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車産業におけるDM(デジタルマニュファクチャリング)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ヨーロッパの発酵用化学薬品市場予測2015-2023
    本調査レポートでは、ヨーロッパの発酵用化学薬品市場について調査・分析し、ヨーロッパの発酵用化学薬品市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要国別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 無線周波数(RF)信号発生器の世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、無線周波数(RF)信号発生器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、無線周波数(RF)信号発生器市場規模、用途別(電気通信、航空宇宙・防衛、機械、エレクトロニクス)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・無線周波数(RF)信号発生器の世界市場概要 ・無線周波数(RF)信号発生器の世界市場環境 ・無線周波数(RF)信号発生器の世界市場動向 ・無線周波数(RF)信号発生器の世界市場規模 ・無線周波数(RF)信号発生器の世界市場:業界構造分析 ・無線周波数(RF)信号発生器の世界市場:用途別(電気通信、航空宇宙・防衛、機械、エレクトロニクス) ・無線周波数(RF)信号発生器の世界市場:地域別市場規模・分析 ・無線周波数(RF)信号発生器の北米市場規模・予測 ・無線周波数(RF)信号発生器のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・無線周波数(RF)信号発生器のアジア太平洋市場規模・予測 ・無線周波数(RF)信号発生器の …
  • 太陽光発電の世界市場:薄膜、モノSi&マルチSi
    当調査レポートでは、太陽光発電の世界市場について調査・分析し、市場概要、技術別(薄膜、モノラルSi、マルチSi)分析、システム別(高濃度太陽光発電(HCPV)、低濃度太陽光発電(LCPV))分析、用途別(産業、住宅、商業)分析、地域別分析、競争状況、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・太陽光発電の世界市場:技術別(薄膜、モノラルSi、マルチSi) ・太陽光発電の世界市場:システム別(高濃度太陽光発電(HCPV)、低濃度太陽光発電(LCPV)) ・太陽光発電の世界市場:用途別(産業、住宅、商業) ・太陽光発電の世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業動向
  • 照明塔(ライトタワー)の世界市場予測(~2022年):メタルハライド照明塔、LED照明塔
    当調査レポートでは、照明塔(ライトタワー)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、ライト種類別分析、需要先別分析、燃料種類別分析、地域別分析、照明塔(ライトタワー)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリオレフィンエラストマー(POE)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ポリオレフィンエラストマー(POE)の世界市場について調査・分析し、ポリオレフィンエラストマー(POE)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ポリオレフィンエラストマー(POE)シェア、市場規模推移、市場規模予測、ポリオレフィンエラストマー(POE)種類別分析(噴射グレード、一般グレード、押出グレード)、ポリオレフィンエラストマー(POE)用途別分析(一般用途、ポリマー変性、ワイヤー・ケーブル、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ポリオレフィンエラストマー(POE)の市場概観 ・ポリオレフィンエラストマー(POE)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ポリオレフィンエラストマー(POE)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ポリオレフィンエラストマー(POE)の世界市場規模 ・ポリオレフィンエラストマー(POE)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ポリオレフィンエラストマー(POE)のアメリカ市場規模推移 ・ポリオレフィンエラストマー …
  • プロジェクターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、プロジェクターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プロジェクターの世界市場規模及び予測、種類別分析、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • けい砂粉末の世界市場
    当調査レポートでは、けい砂粉末の世界市場について調査・分析し、けい砂粉末の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 抗菌性添加剤の世界市場:無機(銀、銅、亜鉛)、有機(OBPA、 DCOIT)
    当調査レポートでは、抗菌性添加剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、抗菌性添加剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の建設市場におけるコントラクター(ゼネコン)及び下請業者の重要成功要因
  • こびりつき防止フライパンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、こびりつき防止フライパンの世界市場について調査・分析し、こびりつき防止フライパンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別こびりつき防止フライパンシェア、市場規模推移、市場規模予測、こびりつき防止フライパン種類別分析(PTFE系、セラミック系)、こびりつき防止フライパン用途別分析(商業用、家庭用 )、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・こびりつき防止フライパンの市場概観 ・こびりつき防止フライパンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・こびりつき防止フライパンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・こびりつき防止フライパンの世界市場規模 ・こびりつき防止フライパンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・こびりつき防止フライパンのアメリカ市場規模推移 ・こびりつき防止フライパンのカナダ市場規模推移 ・こびりつき防止フライパンのメキシコ市場規模推移 ・こびりつき防止フライパンのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・こびりつき防 …
  • ドアクローザの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ドアクローザの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ドアクローザの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ヤヌスキナーゼ(JAK)阻害剤の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ヤヌスキナーゼ(JAK)阻害剤の世界市場について調べ、ヤヌスキナーゼ(JAK)阻害剤の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ヤヌスキナーゼ(JAK)阻害剤の市場規模をセグメンテーション別(用途別(自己免疫障害、腫瘍学)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社はヤヌスキナーゼ(JAK)阻害剤の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均18%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・ヤヌスキナーゼ(JAK)阻害剤の市場状況 ・ヤヌスキナーゼ(JAK)阻害剤の市場規模 ・ヤヌスキナーゼ(JAK)阻害剤の市場予測 ・ヤヌスキナーゼ(JAK)阻害剤の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(自己免疫障害、腫瘍学) ・ヤヌスキナーゼ(JAK)阻害剤の顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析 …
  • 世界の医療用撮像レンズ市場2015
    本調査レポートでは、世界の医療用撮像レンズ市場2015について調査・分析し、医療用撮像レンズの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • アメリカの心臓血管補綴装置市場(~2021)
  • 脳健康用サプリメントの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、脳健康用サプリメントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、脳健康用サプリメントの世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • テレビ及びラジオ加入の世界市場:ケーブルテレビ、衛星テレビ、IPテレビ、ラジオ放送、衛星ラジオ、オンラインラジオ
    当調査レポートでは、テレビ及びラジオ加入の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、テレビ及びラジオ加入の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 帯ひもの世界市場分析:製品別(ポリエステル、ナイロン、ポリプロピレン、炭素繊維、パラアラミド合成繊維、UHMWPE)、用途別(自動車および輸送、スポーツ用品、家具、軍用/防衛)、セグメント予測、-2020
    本調査レポートでは、帯ひもの世界市場について調査・分析し、帯ひもの世界市場動向、帯ひもの世界市場規模、市場予測、セグメント別帯ひも市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 宝くじのアメリカ市場2020-2024
  • 自動車用複合材料の世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、自動車用複合材料の世界市場について調査・分析し、自動車用複合材料の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・自動車用複合材料の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・自動車用複合材料の世界市場:セグメント別市場分析 ・自動車用複合材料の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 業務用ドリンクディスペンサーの世界市場
    当調査レポートでは、業務用ドリンクディスペンサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用ドリンクディスペンサーの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • プロバイオティクス(Probiotics)の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、プロバイオティクス(Probiotics)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、用途別分析、原料別分析、形状別分析、需要先別分析、プロバイオティクス(Probiotics)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • チルドビームシステムの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、チルドビームシステムの世界市場について調査・分析し、チルドビームシステムの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - チルドビームシステムの世界市場:市場動向分析 - チルドビームシステムの世界市場:競争要因分析 - チルドビームシステムの世界市場:設計別 ・マルチサービスチルドビーム ・アクティブチルドビーム ・パッシブチルドビーム - チルドビームシステムの世界市場:機能別 ・冷房・暖房 ・冷房のみ - チルドビームシステムの世界市場:用途別 ・医療施設 ・オフィス ・ホテル ・教育機関 ・その他 - チルドビームシステムの世界市場:主要地域別分析 - チルドビームシステムの北米市場規模(アメリカ市場等) - チルドビームシステムのヨーロッパ市場規模 - チルドビームシステムのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・チルドビームシステムの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • モデルマウスの世界市場:近交系マウス、ノックアウト・マウス、ハイブリッド・マウス、非近交系マウス、自然発生突然変異マウス
  • 極低温バイアルの世界市場2020-2024:種類別、地域別
    「極低温バイアルの世界市場2020-2024」は、極低温バイアルについて市場概要、市場規模、種類別(雌ねじ付き低温バイアル、雄ねじ付き低温バイアル)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・極低温バイアルの世界市場:種類別(雌ねじ付き低温バイアル、雄ねじ付き低温バイアル) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 放電加工(EDM)用グラファイトの世界市場:種類別(EDM-1、EDM-3、EDM-200、その他)、用途別(パンチ・ダイセット、極細電極の放電加工、プラスチック射出成形、ねじ切り電極、航空宇宙用金属切削、その他)、地域別予測
    本資料は、放電加工(EDM)用グラファイトの世界市場について調べ、放電加工(EDM)用グラファイトの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(EDM-1、EDM-3、EDM-200、その他)分析、用途別(パンチ・ダイセット、極細電極の放電加工、プラスチック射出成形、ねじ切り電極、航空宇宙用金属切削、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはPoco Graphite、 Tokai Carbon、SGL Group、 Mersen、 GTD Graphit Technologie GmbH、 IBIDEN Fine Graphite Material、 Novotecなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・放電加工(EDM)用グラファイトの世界市場概要 ・放電加工(EDM)用グラファイトの世界市場環境 ・放電加工(EDM)用グラファイトの世界市場動向 ・放電加工(EDM)用グラファイトの世界市場規模 ・放電加工(EDM)用グラファイトの世界市場規模: …
  • オフィス家具の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、オフィス家具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オフィス家具の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はオフィス家具の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.71%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Herman Miller、HNI、KOKUYO、Okamura、Steelcase等です。
  • 泌尿器科レーザー手術装置の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、泌尿器科レーザー手術装置の世界市場について調べ、泌尿器科レーザー手術装置の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、泌尿器科レーザー手術装置の市場規模をセグメンテーション別(製品別(ポータブルレーザー手術装置、テーブルトップレーザー手術装置)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は泌尿器科レーザー手術装置の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均7%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・泌尿器科レーザー手術装置の市場状況 ・泌尿器科レーザー手術装置の市場規模 ・泌尿器科レーザー手術装置の市場予測 ・泌尿器科レーザー手術装置の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(ポータブルレーザー手術装置、テーブルトップレーザー手術装置) ・泌尿器科レーザー手術装置の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • ホットフォイルスタンピングマシンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ホットフォイルスタンピングマシンの世界市場について調査・分析し、ホットフォイルスタンピングマシンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ホットフォイルスタンピングマシンシェア、市場規模推移、市場規模予測、ホットフォイルスタンピングマシン種類別分析()、ホットフォイルスタンピングマシン用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ホットフォイルスタンピングマシンの市場概観 ・ホットフォイルスタンピングマシンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ホットフォイルスタンピングマシンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ホットフォイルスタンピングマシンの世界市場規模 ・ホットフォイルスタンピングマシンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ホットフォイルスタンピングマシンのアメリカ市場規模推移 ・ホットフォイルスタンピングマシンのカナダ市場規模推移 ・ホットフォイルスタンピングマシンのメキシコ市場規模推移 ・ホットフォイルスタンピングマシンのヨーロッパ市 …
  • 業務用清掃サービスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、業務用清掃サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用清掃サービスの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • プリプレグの世界市場分析:タイプ別(カーボン、ガラス、アラミド)、樹脂別(熱硬化性樹脂、熱可塑性樹脂)、製造プロセス別(ホットメルト、溶剤ディップ)、用途別(航空宇宙・防衛、風力エネルギー、スポーツ用品、自動車)、セグメント予測
    本調査レポートでは、プリプレグの世界市場について調査・分析し、プリプレグの世界市場動向、プリプレグの世界市場規模、市場予測、セグメント別プリプレグ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 院外における細菌感染性肺炎:治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における院外における細菌感染性肺炎の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、院外における細菌感染性肺炎治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・院外における細菌感染性肺炎の概要 ・院外における細菌感染性肺炎の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の院外における細菌感染性肺炎治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・院外における細菌感染性肺炎治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・院外における細菌感染性肺炎治療薬開発に取り組んでい …
  • 後部ぶどう膜炎(Posterior Uveitis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における後部ぶどう膜炎(Posterior Uveitis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、後部ぶどう膜炎(Posterior Uveitis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・後部ぶどう膜炎(Posterior Uveitis)の概要 ・後部ぶどう膜炎(Posterior Uveitis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の後部ぶどう膜炎(Posterior Uveitis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・後部ぶどう膜炎(Posterior Uveitis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価 …
  • 中国の骨盤内視鏡市場2015
    本調査レポートでは、中国の骨盤内視鏡市場2015について調査・分析し、骨盤内視鏡の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 水産飼料成分・製品の世界市場
    当調査レポートでは、水産飼料成分・製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、水産飼料成分・製品の世界市場規模及び予測、用途別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 生分解性プラスチックの世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、世界の生分解性プラスチック市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・生分解性プラスチックの世界市場:イントロダクション ・生分解性プラスチックの世界市場:市場概観 ・生分解性プラスチックの世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・生分解性プラスチックの世界市場:セグメント別市場分析 ・生分解性プラスチックの世界市場:主要地域別市場分析 ・生分解性プラスチックの世界市場:関連企業分析
  • ガラス繊維製鋳型の世界市場予測(~2024年)
    ガラス繊維製鋳型の世界市場は、2019年の3億900万米ドルから2024年には4億6,800万米ドルに達し、この期間中8.7%の年平均成長率で成長すると予測されています。ガラス繊維製鋳型は、風力エネルギー、建設・インフラ、自動車・輸送、航空宇宙・防衛、ならびに船舶・海洋などの様々な産業において利用されています。寸法的に正確で、軽量、かつ堅牢性に優れているといった特徴があります。つまり、最終用途産業における使用に適していると言えます。一方で、原材料の高コストは市場の成長を抑制する主な要因の1つとなっています。当調査レポートでは、ガラス繊維製鋳型の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、樹脂タイプ(エポキシ、ビニルエステル、ポリエステル)分析、最終用途産業(風力エネルギー、船舶、航空宇宙・防衛、自動車・輸送、建設・インフラ)分析、ガラス繊維製鋳型の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 商用車向けドライバ状態監視装置の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、商用車向けドライバ状態監視装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、商用車向けドライバ状態監視装置の世界市場規模及び予測、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の気管支鏡市場:製品気管支鏡別(フレキシブル、リジッド、EBUS)、イメージング装置別(モニター、カメラ)、アクセサリ別、作業チャネル直径別(2.8、2.2、3.0)、ユーザビリティ別(再利用可能、使い捨て)、エンドユーザー別(病院、ACS /クリニック)
    MarketsandMarkets社は、気管支鏡の世界市場規模が2019年20億ドルから2024年26億ドルまで年平均5.9%成長すると予測しています。当資料では、世界の気管支鏡市場を統合的に調査・分析し、市場概要、製品別(気管支鏡、イメージングシステム、アクセサリー、その他の気管支鏡検査装置)分析、用途別(気管支治療、気管支診断)分析、有用性別(再利用可能気管支鏡、使い捨て気管支鏡)分析、患者年齢別(成人患者、小児患者/ネオネート)分析、作業チャンネル直径別(2.8 mm、2.2 mm、3.0 mm、その他の作業チャンネル直径)分析、エンドユーザー別(病院、外来手術センター/クリニック)分析、地域別分析、競合環境、企業概要などで構成されております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・業界インサイト ・市場概要 ・世界の気管支鏡市場:製品別(気管支鏡、イメージングシステム、アクセサリー、その他の気管支鏡検査装置) ・世界の気管支鏡市場:用途別(気管支治療、気管支診断) ・世界の気管支鏡市場:有用性別(再利用可能気管支鏡、使い捨て気管支 …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"