"車両接近通報装置(AVAS)の世界市場予測(~2027年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AT 7301)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"車両接近通報装置(AVAS)の世界市場予測(~2027年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Government mandate for implementation of acoustic vehicle alerting system is significant factors for the growth of the acoustic vehicle alerting system market globally”The acoustic vehicle alerting system market is projected to reach USD 5,615 million by 2027 from an estimated USD 425 million in 2019 considering the installation of AVAS in passenger car and commercial vehicle, at a CAGR of 38.1% during the forecast period. The mandate formulated in European and North American region to enhance pedestrian safety by the installation of acoustic vehicle alerting system is expected to boost the market. However, the standardization of sound emitted by these systems can create a hurdle for its growth.

“Increasing adoption of electric buses and trucks is likely to propel the growth of Acoustic vehicle alerting system in commercial vehicles during the forecast period”
The commercial vehicle segment is expected to be the fastest-growing market. With the increasing adoption of electric buses, particularly in China and India, has contributed to the growth of the electric commercial segment. Several countries are expected to replace their existing fuel-based bus fleet with electric buses. Acoustic vehicle alerting system will be installed in a commercial vehicle as per regulation to ensure the safety of other commuters on the road.

“The increasing trend of replacement of fossil fuel-based public transport fleet with electric buses will drive the growth of electric commercial vehicles during the forecast period”
Additionally, the growth of e-commerce, logistics, and shared mobility will drive the growth of electric commercial vehicles during the forecast period.
Battery electric vehicle (BEV) segment is expected to grow at the highest CAGR rate
According to the mandate formulated by European Union, acoustic vehicle alerting system (AVAS) must be installed on all-electric vehicles such as BEV (battery electric vehicle), PHEV (plug-in hybrid electric vehicle), and FCEV (fuel-cell electric vehicle). AVAS play a significant role in BEVs as these vehicles are powered by battery alone and emit very low noise while driving below 20km/h. BEVs such as Jaguar I-PACE, Nissan Leaf have already installed AVAS to enhance pedestrian safety. Considering the above factors, the BEV segment is expected to grow at the highest CAGR rate.

“The Asia Pacific market is expected to register the fastest growth during the forecast period”
The Asia Pacific acoustic vehicle alerting system market for passenger car market is estimated to be the largest and fastest-growing market. This market has witnessed significant year-on-year growth in the Asia Pacific region. It comprises some of the fastest developing economies in the world, such as China, Japan, and India. The automotive industry in countries such as China, Japan, and South Korea is inclined toward innovation, technology, and development of the advanced electric vehicle. Market experts predict EVs would account for around 50% of the market share in China by 2025. The governments in these countries have recognized the growth potential of electric vehicles and the advantages of using them. Increasing demand for electric vehicles in Asia Pacific is anticipated to boost acoustic vehicle alerting system which would ensure pedestrian safety as the emitted sound would enable commuters to realize the presence of EVs.
In-depth interviews were conducted with CEOs, marketing directors, other innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in this market.
• By Company Type: Tier I – 38%, Tier II – 37%, and Tier OEM – 25%
• By Designation: C Level – 30%, D Level – 50%, and Others – 20%
• By Region: North America – 31%, Europe – 32%, and Asia Pacific – 37%

The acoustic vehicle alerting system comprises major manufacturers such as Daimler (Germany), Delphi (Ireland), HARMAN (US), Mando-Hella Electronics (South Korea) among others.

Research Coverage:
The market study covers the acoustic vehicle alerting system market across segments. It aims at estimating the market size and future growth potential of this market across different segments such as the by propulsion type, vehicle type, electric two-wheeler, sales channel & region. The study also includes an in-depth competitive analysis of the key players in the market, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report:
The report will help the market leaders/new entrants in this market with the information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall acoustic vehicle alerting system market and the sub-segments. This report will help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to better position their businesses and plan suitable go-to-market strategies. The report also helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"車両接近通報装置(AVAS)の世界市場予測(~2027年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction
1.1 Objectives of the Study
1.2 Product Definition
1.3 Acoustic Vehicle Alerting System Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered in the Report
1.4 Currency and Pricing
1.5 Package Size
1.6 Limitation
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology
2.1 Research Data
2.2 Secondary Data
2.2.1 Key Secondary Sources
2.2.2 Key Data From Secondary Sources
2.3 Primary Data
2.3.1 Sampling Techniques & Data Collection Methods
2.3.2 Primary Participants
3 Executive Summary
4 Premium Insights
5 Acoustic Vehicle Alerting System Market Overview
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.2 Restraints
5.2.3 Opportunities
5.2.4 Challenges
6 Industry Trends
6.1 Porter’s 5 Force
6.2 Value Chain Analysis
6.3 Regulatory Overview
7 Avas Market, By Sales Channel
7.1 OEM
7.2 Aftermarket
8 Avas Market, By Propulsion Type
8.1 Introduction
8.2 BEV
8.3 PHEV
8.4 FCEV
9 Avas Market, By Vehice Type
9.1 Introduction
9.2 Passenger Cars
9.3 Commercial Vehicles
10 Avas Market, By Mounting Position Type
10.1 Seperated
10.2 Integrated
11 Avas Market, By Electric Two Wheeler Type
11.1 E-Mopeds/Scooters
11.2 E-Motorcycles
12 Avas Market, By Region
12.1 Introduction
12.2 Asia-Pacific
12.2.1 China
12.2.2 Japan
12.2.3 India
12.2.4 South Korea
12.3 North America
12.3.1 U.S.
12.3.2 Canada
12.4 Europe
12.4.1 Germany
12.4.2 France
12.4.3 U.K
12.4.4 Sweden
12.4.5 Denmark
12.4.6 The Netherlands
12.4.7 Norway
12.4.8 Spain
12.4.9 Austria
12.4.10 Switzerland
13 Competitive Landscapes
13.1 Agreements/Joint Ventures/ Supply Contracts/ Collaborations/ Partnerships & Others
13.2 New Product Launches
13.3 Expansions
13.4 Merger & Acquisitions
13.5 Competitive Leadership Mapping
13.5.1 Dynamic Differentiators
13.5.2 Innovators
13.5.3 Visionary Leaders
13.5.4 Emerging Companies
13.6 Acoustic Vehicle Alerting System Market Ranking, 2018
14 Company Profiles
14.1 Delphi Technologies
14.2 Denso Corporation
14.3 Continental AG
1.4.4 Harman International
14.4 Nissan Motor Company Ltd.
14.5 Tesla Inc.
14.6 Daimler AG
14.7 Volkswagen AG
14.8 Sound Racer
14.9 BMW AG
14.10 Honda Motor Co., Ltd.
14.11 Mando-Hella Electronics Corp.
Other Regional Key Players (Seperate Players for All Regions)
14.12 Aptiv
14.13 Kufatec GmbH & Co. Kg
14.14 Kendrion N.V.
14.15 Brigade Electronics
14.16 Texas Instruments

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】車両接近通報装置(AVAS)の世界市場予測(~2027年)
【発行日】2019年8月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】AT 7301
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】自動車
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
車両接近通報装置(AVAS)の世界市場予測(~2027年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • EEG/ECGバイオメトリクス(生体認証)の世界市場
    当調査レポートでは、EEG/ECGバイオメトリクス(生体認証)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、EEG/ECGバイオメトリクス(生体認証)の世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 防爆電気モーター・アクチュエーターの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、防爆電気モーター・アクチュエーターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、防爆電気モーター・アクチュエーター市場規模、製品別(電気モーター、アクチュエーター)分析、エンドユーザー別(石油・ガス、C&P、M&M、電力、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・防爆電気モーター・アクチュエーターの世界市場概要 ・防爆電気モーター・アクチュエーターの世界市場環境 ・防爆電気モーター・アクチュエーターの世界市場動向 ・防爆電気モーター・アクチュエーターの世界市場規模 ・防爆電気モーター・アクチュエーターの世界市場:業界構造分析 ・防爆電気モーター・アクチュエーターの世界市場:製品別(電気モーター、アクチュエーター) ・防爆電気モーター・アクチュエーターの世界市場:エンドユーザー別(石油・ガス、C&P、M&M、電力、その他) ・防爆電気モーター・アクチュエーターの世界市場:地域別市場規模・分析 ・防爆電気モーター・アク …
  • 航空機健全性モニタリングシステムの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、航空機健全性モニタリングシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空機健全性モニタリングシステムの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 中古車の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、中古車の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、中古車市場規模、製品別(中型車、大型車、コンパクトカー)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・中古車の世界市場概要 ・中古車の世界市場環境 ・中古車の世界市場動向 ・中古車の世界市場規模 ・中古車の世界市場:業界構造分析 ・中古車の世界市場:製品別(中型車、大型車、コンパクトカー) ・中古車の世界市場:地域別市場規模・分析 ・中古車のアメリカ市場規模・予測 ・中古車のヨーロッパ市場規模・予測 ・中古車のアジア市場規模・予測 ・中古車の主要国分析 ・中古車の世界市場:意思決定フレームワーク ・中古車の世界市場:成長要因、課題 ・中古車の世界市場:競争環境 ・中古車の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 航空機グランドハンドリングシステムの世界市場
    当調査レポートでは、航空機グランドハンドリングシステムの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・航空機グランドハンドリングシステムの世界市場:用途別分析/市場規模 ・航空機グランドハンドリングシステムの世界市場:製品別分析/市場規模 ・航空機グランドハンドリングシステムの世界市場:地域別分析/市場規模 ・航空機グランドハンドリングシステムのアメリカ市場規模予測 ・航空機グランドハンドリングシステムのヨーロッパ市場規模予測 ・航空機グランドハンドリングシステムのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 自動車用エレクトロニクスの世界市場:コンポーネント別(ECU、通電デバイス、センサー)、アプリケーション別(安全システム、ADAS、ボディエレクトロニクス)、販売チャネル別、セグメント予測
    本調査レポートでは、自動車用エレクトロニクスの世界市場について調査・分析し、自動車用エレクトロニクスの世界市場動向、自動車用エレクトロニクスの世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車用エレクトロニクス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ガスコンプレッサーの世界市場
    当調査レポートでは、ガスコンプレッサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ガスコンプレッサーの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 高性能フィルムの世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、高性能フィルムの世界市場について調査・分析し、高性能フィルムの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・高性能フィルムの世界市場:市場動向分析 ・高性能フィルムの世界市場:競争要因分析 ・高性能フィルムの世界市場:用途別分析/市場規模 ・高性能フィルムの世界市場:材料別分析/市場規模 ・高性能フィルムの世界市場:フィルムタイプ別分析/市場規模 ・高性能フィルムの世界市場:地域別分析/市場規模 ・高性能フィルムの北米市場規模・分析 ・高性能フィルムの欧州市場・分析 ・高性能フィルムのアジア市場・分析 ・高性能フィルムの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • セルラーM2M付加サービス(VAS)の世界市場
    当調査レポートでは、セルラーM2M付加サービス(VAS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、セルラーM2M付加サービス(VAS)の世界市場規模及び予測、サービス別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 子宮内避妊器具の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、子宮内避妊器具の世界市場について調査・分析し、子宮内避妊器具の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別子宮内避妊器具シェア、市場規模推移、市場規模予測、子宮内避妊器具種類別分析(ホルモン型、銅型)、子宮内避妊器具用途別分析(20歳-24歳用、25歳-34歳用、35歳-44歳用、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・子宮内避妊器具の市場概観 ・子宮内避妊器具のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・子宮内避妊器具のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・子宮内避妊器具の世界市場規模 ・子宮内避妊器具の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・子宮内避妊器具のアメリカ市場規模推移 ・子宮内避妊器具のカナダ市場規模推移 ・子宮内避妊器具のメキシコ市場規模推移 ・子宮内避妊器具のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・子宮内避妊器具のドイツ市場規模推移 ・子宮内避妊器具のイギリス市場規模推移 ・子宮内避妊器具のロシア市場規模推移 ・ …
  • ストレートヘアアイロンの世界市場:プレートタイプ別(セラミック、チタン、トルマリン、その他)、最終用途別(家庭用、商用)、流通経路別(オンライン、オフライン)
    本調査レポートでは、ストレートヘアアイロンの世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、プレートタイプ別(セラミック、チタン、トルマリン、その他)分析、最終用途別(家庭用、商用)分析、流通経路別(オンライン、オフライン)分析、地域別分析、競争状況、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・ストレートヘアアイロンの世界市場:プレートタイプ別(セラミック、チタン、トルマリン、その他) ・ストレートヘアアイロンの世界市場:最終用途別(家庭用、商用) ・ストレートヘアアイロンの世界市場:流通経路別(オンライン、オフライン) ・ストレートヘアアイロンの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業概要
  • メイク落としの北米市場:市場規模、成長、予測分析
  • ナロキソンの世界市場:製品別(スプレー剤、注射剤)、用途別(オピオイドの過剰摂取、オピオイド濫用の防止、その他)、地域別予測
    本資料は、ナロキソンの世界市場について調べ、ナロキソンの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(スプレー剤、注射剤)分析、用途別(オピオイドの過剰摂取、オピオイド濫用の防止、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ナロキソンの世界市場概要 ・ナロキソンの世界市場環境 ・ナロキソンの世界市場動向 ・ナロキソンの世界市場規模 ・ナロキソンの世界市場規模:製品別(スプレー剤、注射剤) ・ナロキソンの世界市場規模:用途別(オピオイドの過剰摂取、オピオイド濫用の防止、その他) ・ナロキソンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ナロキソンの北米市場規模・予測 ・ナロキソンのアメリカ市場規模・予測 ・ナロキソンのヨーロッパ市場規模・予測 ・ナロキソンのアジア市場規模・予測 ・ナロキソンの日本市場規模・予測 ・ナロキソンの中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 触媒コンバーターの世界市場予測(~2021):三元触媒コンバータ、選択接触還元、ディーゼル酸化触媒、リ—ンNOxトラップ触媒
    当調査レポートでは、触媒コンバーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、材料別分析、地域別分析、触媒コンバーターの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 研磨剤の世界市場:天然研磨剤、合成研磨剤、砥石車、紙やすり、被覆砥粒、固定砥粒、超砥粒
    当調査レポートでは、研磨剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、材料別分析、製品別分析、種類別分析、需要先(産業)別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 合成ゴムの世界市場予測(~2022年):SBR、BR、SBC、EPDM、IIR、NBR
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、合成ゴムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、合成ゴムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 液状シリコーンゴムの世界市場予測(~2026年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、液状シリコーンゴムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、液状シリコーンゴムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • クリティカル通信の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、クリティカル通信の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、提供別(ハードウェア、サービス)分析、技術別(陸上移動無線、長期進化)分析、エンドユーズ産業別(公安、交通、ユーティリティ、鉱業)分析、クリティカル通信の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、クリティカル通信の世界市場規模が2019年139億万ドルから2024年198億万ドルまで年平均7.4%成長すると予測しています。
  • シートメンブレンの世界市場
    当調査レポートでは、シートメンブレンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、シートメンブレンの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 調達アウトソーシングサービスの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、調達アウトソーシングサービスの世界市場規模が2017年2兆8567.2億ドルから2026年9兆4376.3億ドルまで年平均14.2%成長すると予測しています。当調査レポートでは、調達アウトソーシングサービスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、調達アウトソーシングサービス市場規模、種類別(コンサルティングサービス、ビジネスプロセスアウトソーシングサービス)分析、エンドユーザー別(消費財・小売、メディア・エンターテイメント、物流、エネルギー・公益事業、建築・建設・不動産)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 調達アウトソーシングサービスの世界市場:市場動向分析 ・ 調達アウトソーシングサービスの世界市場:競争要因分析 ・ 調達アウトソーシングサービスの世界市場:種類別(コンサルティングサービス、ビジネスプロセスアウトソーシングサービス) ・ 調達アウトソーシングサービスの世界市場:エンドユーザー別(消 …
  • 自動車用クラッチアクチュエーターの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、自動車用クラッチアクチュエーターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用クラッチアクチュエーター市場規模、用途別(乗用車、商用車)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用クラッチアクチュエーターの世界市場概要 ・自動車用クラッチアクチュエーターの世界市場環境 ・自動車用クラッチアクチュエーターの世界市場動向 ・自動車用クラッチアクチュエーターの世界市場規模 ・自動車用クラッチアクチュエーターの世界市場:業界構造分析 ・自動車用クラッチアクチュエーターの世界市場:用途別(乗用車、商用車) ・自動車用クラッチアクチュエーターの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用クラッチアクチュエーターの北米市場規模・予測 ・自動車用クラッチアクチュエーターのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・自動車用クラッチアクチュエーターのアジア太平洋市場規模・予測 ・自動車用クラッチアクチュエーターの主要国分析 ・自 …
  • 中国の中圧回路遮断器市場2015
    本調査レポートでは、中国の中圧回路遮断器市場2015について調査・分析し、中圧回路遮断器の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 熱シールドの世界市場:自動車用途、航空機・防衛用途、アルミニウム製、金属製、非金属製
    当調査レポートでは、熱シールドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、需要先別分析、材料種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ビタミンD試験の世界市場分析:試験タイプ別(25-ヒドロキシビタミンD試験; 1,25-ジヒドロキシビタミンD試験)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中南米、MEA)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、ビタミンD試験の世界市場について調査・分析し、ビタミンD試験の世界市場動向、ビタミンD試験の世界市場規模、市場予測、セグメント別ビタミンD試験市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • アルメニアのプラスチック製家庭用品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 塗装ロボットの世界市場:タイプ別(床上設置型、壁面取り付け型、レール上装着型、その他)、用途別(内装塗装、外装塗装)、エンドユーザー別(自動車、航空宇宙、建設、その他)
    本資料は、塗装ロボットの世界市場について調べ、塗装ロボットの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(床上設置型、壁面取り付け型、レール上装着型、その他)分析、エンドユーザー別(自動車、航空宇宙、建設、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・塗装ロボットの世界市場概要 ・塗装ロボットの世界市場環境 ・塗装ロボットの世界市場動向 ・塗装ロボットの世界市場規模 ・塗装ロボットの世界市場:タイプ別(床上設置型、壁面取り付け型、レール上装着型、その他) ・塗装ロボットの世界市場:用途別(内装塗装、外装塗装) ・塗装ロボットの世界市場:エンドユーザー別(自動車、航空宇宙、建設、その他) ・塗装ロボットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・塗装ロボットの北米市場規模・予測 ・塗装ロボットのアメリカ市場規模・予測 ・塗装ロボットのヨーロッパ市場規模・予測 ・塗装ロボットのアジア市場規模・予測 ・塗装ロボットの日本市場規模・予測 ・塗装ロボットの中国市場規 …
  • バイオ農薬の世界市場
    当調査レポートでは、バイオ農薬の世界市場について調査・分析し、バイオ農薬の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 電動自転車の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、電動自転車の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電動自転車の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • エアハンドリングユニット(AHU)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、エアハンドリングユニット(AHU)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エアハンドリングユニット(AHU)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のウォッシャ液市場2016
    本調査レポートでは、世界のウォッシャ液市場2016について調査・分析し、ウォッシャ液の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • キムチの世界市場:製品別、地域別
    本レポートは、キムチの市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、製品別(従来品、オーガニック)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・キムチの世界市場:製品別(従来品、オーガニック) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 採掘トラックの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、採掘トラックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、採掘トラックの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は採掘トラックの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.90%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Caterpillar• Hitachi Construction Machinery• Komatsu• Liebherr• Terex Trucks等です。
  • IAM(アイデンティティ・アクセス管理)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、IAM(アイデンティティ・アクセス管理)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、IAM(アイデンティティ・アクセス管理)市場規模、導入形態別(オンプレミス、クラウド)分析、最終用途別(大企業、政府機関、中小企業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・IAM(アイデンティティ・アクセス管理)の世界市場概要 ・IAM(アイデンティティ・アクセス管理)の世界市場環境 ・IAM(アイデンティティ・アクセス管理)の世界市場動向 ・IAM(アイデンティティ・アクセス管理)の世界市場規模 ・IAM(アイデンティティ・アクセス管理)の世界市場:業界構造分析 ・IAM(アイデンティティ・アクセス管理)の世界市場:導入形態別(オンプレミス、クラウド) ・IAM(アイデンティティ・アクセス管理)の世界市場:最終用途別(大企業、政府機関、中小企業) ・IAM(アイデンティティ・アクセス管理)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・IAM …
  • 造血幹細胞移植(Hematopoietic Stem Cell Transplantation):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における造血幹細胞移植(Hematopoietic Stem Cell Transplantation)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、造血幹細胞移植(Hematopoietic Stem Cell Transplantation)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・造血幹細胞移植(Hematopoietic Stem Cell Transplantation)の概要 ・造血幹細胞移植(Hematopoietic Stem Cell Transplantation)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の造血幹細胞移植(Hematopoietic Stem Cell Transplantation)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phas …
  • トップ10布ファブリックの世界市場予測(~2021):抗菌繊維品、被覆布、耐火、不織布/繊維品、高機能布、ポリマ被覆布、保護布、テフロン布、スマートテキスタイル、工業用繊維品
  • 水産養殖の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、水産養殖の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、水産養殖市場規模、製品別(淡水魚、甲殻類、軟体動物、回遊性魚類、その他)分析、環境別(淡水、海水、汽水)分析、培地別(網生簀、フローティングケージ、池、水田)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・水産養殖の世界市場概要 ・水産養殖の世界市場環境 ・水産養殖の世界市場動向 ・水産養殖の世界市場規模 ・水産養殖の世界市場:業界構造分析 ・水産養殖の世界市場:製品別(淡水魚、甲殻類、軟体動物、回遊性魚類、その他) ・水産養殖の世界市場:環境別(淡水、海水、汽水) ・水産養殖の世界市場:培地別(網生簀、フローティングケージ、池、水田) ・水産養殖の世界市場:地域別市場規模・分析 ・水産養殖のアメリカ市場規模・予測 ・水産養殖のヨーロッパ市場規模・予測 ・水産養殖のアジア市場規模・予測 ・水産養殖の主要国分析 ・水産養殖の世界市場:意思決定フレームワーク ・水産養殖の世界 …
  • フィンランドの脊椎手術装置市場見通し
  • 採鉱装置レンタルの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、採鉱装置レンタルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、採鉱装置レンタルの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のモーターコントロールセンター市場2015
    本調査レポートでは、世界のモーターコントロールセンター市場2015について調査・分析し、モーターコントロールセンターの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • バイオ農薬の世界市場予測(~2023年)
    バイオ農薬の世界市場は、2018年の30億米ドルから2023年には64億米ドルに達し、この期間中15.99%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、総合有害生物管理ソリューションの進歩と農家による有機農法の採用の拡大が考えられます。当調査レポートでは、バイオ農薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類(バイオ殺虫剤、バイオ殺菌剤、バイオ殺線虫剤)分析、原料(微生物、植物エキス、益虫)分析、利用用途分析、形態分析、バイオ農薬の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 北米の石油貯蔵ターミナル市場展望(~2020):貯蔵能力、投資予測、ターミナル現状・計画
  • コエンザイムQ10の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、コエンザイムQ10の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、コエンザイムQ10市場規模、用途別(栄養補助食品、医薬品、化粧品)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、DSM Nutritional Products, Kaneka Corporation, Kyowa Hakko Kirin Group, Nisshin Seifun Group, Otsuka Holdingsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・コエンザイムQ10の世界市場概要 ・コエンザイムQ10の世界市場環境 ・コエンザイムQ10の世界市場動向 ・コエンザイムQ10の世界市場規模 ・コエンザイムQ10の世界市場:業界構造分析 ・コエンザイムQ10の世界市場:用途別(栄養補助食品、医薬品、化粧品) ・コエンザイムQ10の世界市場:地域別市場規模・分析 ・コエンザイムQ10の北米市場規模・予測 ・コエンザイムQ10のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予 …
  • 親水コロイドの世界市場:ゼラチン、キサンタン、カラゲーニン、アルジネート、寒天、ペクチン、グアー、イナゴマメ、アラビアガム、CMC
    当調査レポートでは、親水コロイドの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、機能別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ゼロトラストセキュリティの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、ゼロトラストセキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、ソリューション種類別(データセキュリティ、エンドポイントセキュリティ、APIセキュリティ、セキュリティ分析、セキュリティポリシー管理)分析、展開種類別分析、認証タイプ別分析、組織規模別分析、ゼロトラストセキュリティの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ゼロトラストセキュリティの世界市場規模が2019年156億ドルから2024年386億ドルまで年平均19.9%成長すると予測しています。
  • UV硬化装置の世界市場
    当調査レポートでは、UV硬化装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、UV硬化装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 菓子のアメリカ市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、菓子のアメリカ市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、菓子のアメリカ市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。Technavio社は菓子のアメリカ市場が2017-2021年期間中に年平均1.68%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はHershey、Mars、Mondelēz International、Nestlé、Lindt & Sprüngli等です。
  • 世界の帯状疱疹市場2019
    本調査レポートでは、世界の帯状疱疹市場2019について調査・分析し、帯状疱疹の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、帯状疱疹のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、帯状疱疹メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・帯状疱疹の市場概要 ・帯状疱疹の上流・下流市場分析 ・帯状疱疹のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・帯状疱疹のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・帯状疱疹のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・帯状疱疹のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・帯状疱疹の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・帯状疱疹の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・帯状疱疹の北米市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・帯状疱疹の北米市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・帯状疱疹のヨー …
  • 小型自動車用OEショックアブソーバーの世界市場予測(~2030)
    ※本調査レポートでは、小型自動車用OEショックアブソーバーの世界市場について調査・分析し、小型自動車用OEショックアブソーバーの世界市場及び主要地域の市場規模、市場予測、最新技術動向、市場シェア、主要企業(メーカー)の概要(戦略、展望を含む)、業界動向、外部環境分析(Pester)等の情報をお届けしています。
  • ゾルゲル塗料の世界市場2017-2021
    Technavioが発行した当調査レポートでは、ゾルゲル塗料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ゾルゲル塗料の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はゾルゲル塗料の世界市場が2017-2021年期間中に年平均11.09%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、3M、Akzo Nobel、PPG Industries、SCHOTT、SOCOMORE等です。
  • CBRN(化学、生物、放射性物質、核兵器)防衛の世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、CBRN(化学、生物、放射性物質、核兵器)防衛の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・CBRN(化学、生物、放射性物質、核兵器)防衛の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・CBRN(化学、生物、放射性物質、核兵器)防衛の世界市場:セグメント別市場分析 ・CBRN(化学、生物、放射性物質、核兵器)防衛の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"