"ロジックアナライザの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE 7302)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"ロジックアナライザの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Logic analyzer market estimated to be worth USD 387 million by 2024” The logic analyzer market is projected to be USD 387 million by 2024. The growth of the market can be attributed to the rising demand for power-efficient and high-performance electronic devices. However, the establishing balance between the necessity of components and cost additions act as a major restraint for the growth of the market. Escalating demand for logic analyzers in the automotive sector and rapid penetration of IoT devices are expected to pose as growth opportunities for the logic analyzer market during the forecast period. However, need to match up with the constantly changing technological landscape acts as a major challenge for the growth of the logic analyzer market.

“2–32 channel count segment accounted for largest share of logic analyzer market in 2019”
The growth of the market for the logic analyzers with 2–32 channel count can be attributed to the high adoption of organic growth strategies by logic analyzer-based device manufacturers for the development of these analyzers. For instance, in January 2018, Rohde & Schwarz has introduced R&S RTC1000, the most compact, low-cost, high-quality oscilloscopes that consist of 8-channel logic analyzers. Moreover, currently, all industry players use 2–32 channel-based logic analyzers to monitor a digital line.

“Logic analyzer market in APAC to grow at highest CAGR during forecast period”
The logic analyzer market in APAC is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period. The speedy growth of the electronics & semiconductor, industrial, and IT & communications sectors in APAC is one of the key factors driving the growth of the logic analyzer market. Moreover, favorable regulatory policies for the approval of new semiconductor technologies and the saturation of the market in developed countries are further intensifying the interest of foreign players in expanding their footprint in APAC.

In the process of determining and verifying sizes of different segments and subsegments of the logic analyzer market gathered through the secondary research, extensive primary interviews were conducted with key industry experts in the logic analyzer market. The break-up of primary participants for the report is as follows:
• By Company Type: Tier 1 – 30%, Tier 2 – 45%, and Tier 3 – 25%
• By Designation: C-Level – 35% and Managers – 65%
• By Region: Americas – 37%, Asia Pacific – 32%, Europe – 25% and Rest of the World – 6%
The report profiles key players in the logic analyzer market with their respective market ranking analysis. Prominent players profiled in this report are Keysight Technologies (US), Fortive (US), Rohde & Schwarz (Germany), National Instruments (US), Yokogawa Electric (Japan), Teledyne (US), Advantest Corporation (Japan), ARM Limited (UK), GAO Tek (Canada), Rigol Technologies (China), Saleae, Inc (US), Good Will Instrument Co., Ltd. (Taiwan), Zeroplus Technology Co., Ltd (Taiwan), Qingdao Hantek Electronic Co., Ltd. (China), NCI Logic Analyzers (US), Scientech Technologies Pvt. Ltd. (India), OWON Technology (China), IKALOGIC (France), Red Pitaya (Europe), and GSAS Micro Systems Pvt Ltd. (India).

Research Coverage:
This research report categorizes the logic analyzer market based on type, channel count, vertical, and region. The report describes major drivers, restraints, challenges, and opportunities pertaining to the logic analyzer market and forecasts the size of the market till 2024.

Key Benefits of Buying Report
The report is expected to help leaders/new entrants in this market in the following ways:
1. This report comprehensively segments the logic analyzer market and provides the closest market size projection for all segments and subsegments across different regions.
2. This report aims at helping the stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on key drivers, restraints, challenges, and opportunities impacting the growth of the market.
3. This report is expected to help stakeholders in obtaining an improved understanding of their competitors and gain insights to enhance the position of their businesses. The competitive landscape section includes detailed information on the competitor ecosystem and strategies such as product launches and developments, partnerships, collaborations, acquisitions, and expansions adopted by leading market players.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"ロジックアナライザの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 15)
1.1 Study Objectives
1.2 Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 18)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primaries
2.2 Logic Analyzer Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Logic Analyzer Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 26)
4 Premium Insights (Page No. – 30)
4.1 Attractive Growth Opportunities in Logic Analyzer Market
4.2 Logic Analyzer Market, By Type and Vertical
4.3 Market, By Country
4.4 Market, By Region
5 Market Overview (Page No. – 32)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Rising Demand for Power-Efficient and High-Performance Electronic Devices
5.2.1.2 Increasing Investment in Electronics R&D
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Establishing Balance Between Necessity of Components and Cost Additions
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Rapid Penetration of IoT Devices
5.2.3.2 Escalating Demand for Logic Analyzers in Automotive Sector
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Matching Up With the Constantly Changing Technologies
6 Logic Analyzer Market, By Type (Page No. – 36)
6.1 Introduction
6.2 Modular Logic Analyzers
6.2.1 Modular Logic Analyzers to Dominate Logic Analyzer Market, in Terms of Size, Owing to High Adoption in High-Speed Digital Systems
6.3 Portable Logic Analyzers
6.3.1 Increasing Demand for Logic Analyzers in Industrial Sector for Validating Performance of Devices Spur Growth of Portable Market
6.4 Pc-Based Logic Analyzers
6.4.1 Pc-Based Logic Analyzers to Dominate Market, in Terms of CAGR, Owing to Projected High Adoption in Automotive and Telecommunications
7 Logic Analyzer Market, By Channel Count (Page No. – 40)
7.1 Introduction
7.2 2–32
7.2.1 Logic Analyzers With 2–32 Channels to Hold Largest Size of Market Owing to High Adoption of Organic Growth Strategies By Logic Analyzer Manufacturers for Development of These Analyzers
7.3 32–80
7.3.1 Increasing Need for Greater Testing and Debugging Performances Spur Growth of Market for Logic Analyzers With 32–80 Channels
7.4 >80
7.4.1 Growing Demand for Technologically Advanced Logic Analyzers Provides Growth Opportunity for Market for Logic Analyzers With >80 Channels
8 Logic Analyzer Market, By Vertical (Page No. – 44)
8.1 Introduction
8.2 Automotive & Transportation
8.2.1 Increasing Adoption of Logic Analyzers in Infotainment Systems Testing to Drive Market for Automotive & Transportation
8.3 Aerospace & Defense
8.3.1 Elevating Adoption of Logic Analyzers in Signal Generators Used for Radar Systems Fuel Logic Analyzer Market for Aerospace & Defense
8.4 IT & Telecommunications
8.4.1 Ongoing Developments and Widespread Demand for Wireless Technologies in IT & Telecommunications Drives Market for This Sector
8.5 Education & Government
8.5.1 Increasing Demand for Digital Signal Testing and Debugging Tools in Various Organizations Spur Growth of Market for Education and Government Sector
8.6 Electronics & Semiconductor
8.6.1 Escalating Demand for Testing Electronic Components and Devices During Manufacturing Propels Growth of Market for Electronics & Semiconductor Sector
8.7 Industrial
8.7.1 Rising Demand for Testing and Measuring Equipment in Industrial Sector Likely Ensure Proper Functioning of Systems and Devices
8.8 Healthcare
8.8.1 Use of Logic Analyzers Enhances Efficiency and Accuracy of Medical Devices
9 Geographic Analysis (Page No. – 68)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 US Leads North American Logic Analyzer Market in Terms of Size
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Increasing Demand for Communication Device Testing and Broadband Services to Boost Market in Canada
9.2.3 Mexico
9.2.3.1 Increasing Demand for Automobile and Electronics Products Contributes Significantly to Market in Mexico
9.3 Europe
9.3.1 Germany
9.3.1.1 Rising Adoption of Digital Technologies in Various Applications Drives Market in Germany
9.3.2 UK
9.3.2.1 Growing Popularity of IoT Applications and Demand for 5G Network Services Spur Market in UK
9.3.3 France
9.3.3.1 Rising Adoption of Logic Analyzer Devices in Industrial and Aerospace & Defense Verticals Propel Growth of Market in France
9.3.4 Rest of Europe (RoE)
9.3.4.1 Strong Presence of Leading Electronics Device Manufacturers Spur Market Growth in RoE
9.4 Asia Pacific
9.4.1 China
9.4.1.1 China is Largest Shareholder in Market in APAC
9.4.2 Japan
9.4.2.1 Consumer Electronics, and Education and Government Sectors are Major Contributors to Market in Japan
9.4.3 India
9.4.3.1 Development of IT & Telecommunications Sector Propels Market Growth in India
9.4.4 Rest of APAC
9.4.4.1 Strong Presence of Semiconductor and Electronics Device Manufacturers Propels Growth of Market in Rest of APAC
9.5 Rest of the World
9.5.1 South America
9.5.1.1 Rising Adoption of Wireless Communication and Network Solutions Spur Market Growth in South America
9.5.2 Middle East and Africa
9.5.2.1 Growing Investments in Communications and Infrastructure Applications to Lead to High Adoption of Logic Analyzer Devices in Middle East and Africa
10 Competitive Landscape (Page No. – 91)
10.1 Introduction
10.2 Logic Analyzer Market Ranking Analysis, 2018
10.3 Competitive Scenario
10.3.1 Product Launches and Developments
10.3.2 Partnerships and Collaborations
10.3.3 Acquisitions and Expansions
10.4 Competitive Leadership Mapping
10.4.1 Visionary Leaders
10.4.2 Innovators
10.4.3 Dynamic Differentiators
10.4.4 Emerging Companies
11 Company Profile (Page No. – 97)
11.1 Key Players
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
11.1.1 Keysight Technologies
11.1.2 Fortive
11.1.3 Rohde & Schwarz
11.1.4 National Instruments
11.1.5 Yokogawa Electric
11.1.6 Teledyne
11.1.7 Advantest Corporation
11.1.8 ARM Limited
11.1.9 GAO Tek
11.1.10 Rigol Technologies
* Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
11.2 Other Key Players
11.2.1 Saleae, Inc
11.2.2 Good Will Instrument Co., Ltd.
11.2.3 Zeroplus Technology Co., Ltd
11.2.4 Qingdao Hantek Electronic Co., Ltd.
11.2.5 NCI Logic Analyzers
11.2.6 Scientech Technologies Pvt Ltd
11.2.7 Owon Technology
11.3 Start-Up Ecosystem
11.3.1 Ikalogic
11.3.2 Red Pitaya
11.3.3 Gsas Micro Systems Pvt Ltd.
12 Appendix (Page No. – 125)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】ロジックアナライザの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年8月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE 7302
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
ロジックアナライザの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 商業用フローリングの世界市場分析:製品別(ソフトカバー、弾力性、非弾力性、シームレス、木材・ラミネート)、用途別、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、商業用フローリングの世界市場について調査・分析し、商業用フローリングの世界市場動向、商業用フローリングの世界市場規模、市場予測、セグメント別商業用フローリング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 小型自動車用センサーの世界市場:技術、動向、予測
    ※本調査レポートでは、小型自動車用センサーの世界市場について調査・分析し、小型自動車用センサーの世界市場及び主要地域の市場規模、市場予測、最新技術動向、主要企業(メーカー)の概要(戦略、展望を含む)、業界動向、外部環境分析(Pester)等の情報をお届けしています。
  • SIサービスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、SIサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、SIサービスの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ファイバー・ブラッグ・グレーティング(FBG)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ファイバー・ブラッグ・グレーティング(FBG)の世界市場について調査・分析し、ファイバー・ブラッグ・グレーティング(FBG)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ファイバー・ブラッグ・グレーティング(FBG)シェア、市場規模推移、市場規模予測、ファイバー・ブラッグ・グレーティング(FBG)種類別分析(ファイバー・ブラッグ・グレーティング・フィルター、ファイバー・ブラッグ・グレーティング・センサー、その他)、ファイバー・ブラッグ・グレーティング(FBG)用途別分析(光通信、航空宇宙用途、エネルギー産業、運送、地質工学・土木工学、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ファイバー・ブラッグ・グレーティング(FBG)の市場概観 ・ファイバー・ブラッグ・グレーティング(FBG)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ファイバー・ブラッグ・グレーティング(FBG)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ファイバー・ブラッグ・グレーティング(FBG)の世界市場規模 ・ …
  • FXRアゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるFXRアゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・FXRアゴニストの概要 ・FXRアゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のFXRアゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・FXRアゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・FXRアゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 消磁システムの世界市場予測(~2023年):消磁、測定、船体消磁
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、消磁システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、ソリューション(消磁、測定、船体消磁)別分析、エンドユーザー(OEM、サービス、アフターマーケット)別分析、船舶タイプ(MCMV、OPV、FAC、潜水艦、フリゲート艦、コルベット艦、駆逐艦、航空母艦、水陸両用車)別分析、消磁システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ナノサテライト・マイクロサテライトの世界市場2014-2025:マス別(ナノサテライト、マイクロサテライト)、用途別、最終用途別、地域別
    本調査レポートでは、ナノサテライト・マイクロサテライトの世界市場について調査・分析し、ナノサテライト・マイクロサテライトの世界市場動向、ナノサテライト・マイクロサテライトの世界市場規模、市場予測、セグメント別ナノサテライト・マイクロサテライト市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のアロプリノール市場2016
    本調査レポートでは、世界のアロプリノール市場2016について調査・分析し、アロプリノールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動灌漑装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動灌漑装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動灌漑装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 結腸鏡検査の世界市場:材料別(生物学的結腸鏡検査、合成結腸鏡検査)、用途別(頚動脈内膜切除、腹部大動脈瘤の開腹外科修復術、冠動脈バイパス手術、その他)、エンドユーザー別(病院・診療所、通院外科診療所)、地域別予測
    本資料は、結腸鏡検査の世界市場について調べ、結腸鏡検査の世界規模、市場動向、市場環境、材料別(生物学的結腸鏡検査、合成結腸鏡検査)分析、用途別(頚動脈内膜切除、腹部大動脈瘤の開腹外科修復術、冠動脈バイパス手術、その他)分析、エンドユーザー別(病院・診療所、通院外科診療所)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・結腸鏡検査の世界市場概要 ・結腸鏡検査の世界市場環境 ・結腸鏡検査の世界市場動向 ・結腸鏡検査の世界市場規模 ・結腸鏡検査の世界市場規模:材料別(生物学的結腸鏡検査、合成結腸鏡検査) ・結腸鏡検査の世界市場規模:用途別(頚動脈内膜切除、腹部大動脈瘤の開腹外科修復術、冠動脈バイパス手術、その他) ・結腸鏡検査の世界市場規模:エンドユーザー別(病院・診療所、通院外科診療所) ・結腸鏡検査の世界市場:地域別市場規模・分析 ・結腸鏡検査の北米市場規模・予測 ・結腸鏡検査のアメリカ市場規模・予測 ・結腸鏡検査のヨーロッパ市場規模・予測 ・結腸鏡検査 …
  • 集成材の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、集成材の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、集成材市場規模、用途別(商業用、住宅用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Boise Cascade, CALVERT COMPANY, Canfor, PFEIFER GROUP, Setra Groupなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・集成材の世界市場概要 ・集成材の世界市場環境 ・集成材の世界市場動向 ・集成材の世界市場規模 ・集成材の世界市場:業界構造分析 ・集成材の世界市場:用途別(商業用、住宅用) ・集成材の世界市場:地域別市場規模・分析 ・集成材の北米市場規模・予測 ・集成材のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・集成材のアジア太平洋市場規模・予測 ・集成材の主要国分析 ・集成材の世界市場:意思決定フレームワーク ・集成材の世界市場:成長要因、課題 ・集成材の世界市場:競争環境 ・集成材の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 肥料用固化防止剤の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、肥料用固化防止剤の世界市場について調査・分析し、肥料用固化防止剤の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別肥料用固化防止剤シェア、市場規模推移、市場規模予測、肥料用固化防止剤種類別分析(固化防止剤パウダー、固化防止剤ペースト、水溶性固化防止剤)、肥料用固化防止剤用途別分析(複合肥料、尿素、カリ肥料、その他 )、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・肥料用固化防止剤の市場概観 ・肥料用固化防止剤のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・肥料用固化防止剤のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・肥料用固化防止剤の世界市場規模 ・肥料用固化防止剤の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・肥料用固化防止剤のアメリカ市場規模推移 ・肥料用固化防止剤のカナダ市場規模推移 ・肥料用固化防止剤のメキシコ市場規模推移 ・肥料用固化防止剤のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・肥料用固化防止剤のドイツ市場規模推移 ・肥料用固化防止剤のイギリス市場規模 …
  • アヘン(オピオイド)依存症(Opium (Opioid) Addiction):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、アヘン(オピオイド)依存症(Opium (Opioid) Addiction)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アヘン(オピオイド)依存症(Opium (Opioid) Addiction):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・アヘン(オピオイド)依存症(Opium (Opioid) Addiction)のフェーズ3治験薬の状況 ・アヘン(オピオイド)依存症(Opium (Opioid) Addiction)治療薬の市場規模(販売予測) ・アヘン(オピオイド)依存症(Opium (Opioid) Addiction)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・アヘン(オピオイド)依存症(Opium (Opioid) Addiction)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のアヘン(オピオイド)依存症(Opium (Opioid) Addiction)治療薬剤
  • スポーツアナリティクスの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、スポーツアナリティクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、アプリケーション別分析、導入形態別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • パワーバンクの世界市場
    当調査レポートでは、パワーバンクの世界市場について調査・分析し、パワーバンクの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 磁界センサの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、磁界センサの世界市場について調査・分析し、磁界センサの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別磁界センサシェア、市場規模推移、市場規模予測、磁界センサ種類別分析(ホール効果型、AMR型、GMR型、その他)、磁界センサ用途別分析(自動車、家電、工業用、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・磁界センサの市場概観 ・磁界センサのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・磁界センサのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・磁界センサの世界市場規模 ・磁界センサの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・磁界センサのアメリカ市場規模推移 ・磁界センサのカナダ市場規模推移 ・磁界センサのメキシコ市場規模推移 ・磁界センサのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・磁界センサのドイツ市場規模推移 ・磁界センサのイギリス市場規模推移 ・磁界センサのロシア市場規模推移 ・磁界センサのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・磁界 …
  • アメリカおよび世界のメタクリル酸グリシジル市場予測
  • バングラデシュのプラスチックシート/プレート/フィルム市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • LTCC基板の世界市場
    当調査レポートでは、LTCC基板の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、LTCC基板の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 小型自動車用素材の世界市場予測(~2030)
    ※本調査レポートでは、小型自動車用素材の世界市場について調査・分析し、小型自動車用素材の世界市場及び主要地域の市場規模、市場予測、最新技術動向、市場シェア、主要企業(メーカー)の概要(戦略、展望を含む)、業界動向、外部環境分析(Pester)等の情報をお届けしています。
  • ベビーフードの米国市場:製品種類別(ベビーフードの準備、ベビーフードの乾燥、シリアル、その他)、流通経路別(ハイパーマーケットとスーパーマーケット、独立した食料品店、専門店、消費者直販、オンラインストア)
  • 世界のタンパク質アッセイ市場規模・予測2017-2025:商品別(試薬、キット、機器)、種類別(色素結合、試験紙、銅イオン)、用途別(創薬&開発、病状診断)、技術別(蛍光ベース、比色分析)、エンドユーザー別(医薬品、臨床ラボ、病院、学術研究機関)地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のタンパク質アッセイ市場について調査・分析し、世界のタンパク質アッセイ市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のタンパク質アッセイ関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 航空機燃料システムの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、航空機燃料システムの世界市場について調査・分析し、航空機燃料システムの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 航空機燃料システムの世界市場:市場動向分析 - 航空機燃料システムの世界市場:競争要因分析 - 航空機燃料システムの世界市場:用途別 商業用 軍用 無人航空機(UAV) - 航空機燃料システムの世界市場:構成要素別 ガス管理モニターシステム ガスフィルター ガスゲージ ガスポンプ ガスバルブ 不活性化システム その他の構成要素 - 航空機燃料システムの世界市場:エンジン種別 ヘリコプターエンジン ジェットエンジン ターボプロペラエンジン UAVエンジン - 航空機燃料システムの世界市場:技術別 燃料噴射 重力供給技術 ポンプ供給技術 - 航空機燃料システムの世界市場:主要地域別分析 - 航空機燃料システムの北米市場規模(アメリカ市場等) - 航空機燃料システムのヨーロッパ市場規模 - 航空機燃料システムのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・航空機燃料システムの …
  • アフリカの石油・ガスパイプライン産業見通し
  • EMVカードの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、EMVカードの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、EMVカードの世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のサブウーファースピーカー市場2015
    本調査レポートでは、世界のサブウーファースピーカー市場2015について調査・分析し、サブウーファースピーカーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のトナーカートリッジ市場2015
    本調査レポートでは、世界のトナーカートリッジ市場2015について調査・分析し、トナーカートリッジの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 中毒(Poisoning):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における中毒(Poisoning)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、中毒(Poisoning)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・中毒(Poisoning)の概要 ・中毒(Poisoning)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の中毒(Poisoning)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・中毒(Poisoning)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・中毒(Poisoning)治療薬開発に取り組んでい …
  • 世界のブロノポール市場2016
    本調査レポートでは、世界のブロノポール市場2016について調査・分析し、ブロノポールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の低容量ポータブル発電機市場2015
    本調査レポートでは、世界の低容量ポータブル発電機市場2015について調査・分析し、低容量ポータブル発電機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートビルにおけるIoTの世界市場
  • チタン延伸材の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、チタン延伸材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、チタン延伸材の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用ハイブリッドトランスミッション装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用ハイブリッドトランスミッション装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用ハイブリッドトランスミッション装置の世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 重症型乾癬(Severe Psoriasis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における重症型乾癬(Severe Psoriasis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、重症型乾癬(Severe Psoriasis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・重症型乾癬(Severe Psoriasis)の概要 ・重症型乾癬(Severe Psoriasis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の重症型乾癬(Severe Psoriasis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・重症型乾癬(Severe Psoriasis)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子 …
  • 脳卒中の診断および治療の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、脳卒中の診断および治療の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、脳卒中の診断および治療市場規模、タイプ別(診断、治療)分析、用途別(出血性脳卒中、虚血性脳卒中分析、用途別(出血性脳卒中、虚血性脳卒中)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 脳卒中の診断および治療の世界市場:市場動向分析 ・ 脳卒中の診断および治療の世界市場:競争要因分析 ・ 脳卒中の診断および治療の世界市場:タイプ別(診断、治療) ・ 脳卒中の診断および治療の世界市場:用途別(出血性脳卒中、虚血性脳卒中 ・ 脳卒中の診断および治療の世界市場:用途別(出血性脳卒中、虚血性脳卒中) ・ 脳卒中の診断および治療の世界市場:主要地域別分析 ・ 脳卒中の診断および治療の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 脳卒中の診断および治療のヨーロッパ市場規模 ・ 脳卒中の診断および治療のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・脳卒中の診断および治療の世界市場:主 …
  • 救急キットの世界市場:種類別(ハンドル付きタイプ、ピギーバックタイプ、HISタイプ)、用途別(救助、訓練、野外活動、その他)、地域別予測
    本資料は、救急キットの世界市場について調べ、救急キットの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(ハンドル付きタイプ、ピギーバックタイプ、HISタイプ)分析、用途別(救助、訓練、野外活動、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはAttucho、Blume、CIRMEDICAL、DHS Emergency、Thomas EMS、ELITEBAGS、Healthcare Logistics、HUM-Gesellschaftfur Homecare and Medizin Technik、Karl Bollmann、ME.BER.、Orient Med-International FZE、Peerless Plasticsなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・救急キットの世界市場概要 ・救急キットの世界市場環境 ・救急キットの世界市場動向 ・救急キットの世界市場規模 ・救急キットの世界市場規模:種類別(ハンドル付きタイプ、ピギーバックタイプ、HISタ …
  • 線路の世界市場2014–2025:種類別(旅客鉄道・貨物列車)、地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、中東、RoW)
    本調査レポートでは、線路の世界市場について調査・分析し、線路の世界市場動向、線路の世界市場規模、市場予測、セグメント別線路市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • シリコンカーバイド(炭化ケイ素)の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、シリコンカーバイド(炭化ケイ素)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、デバイス別分析、ウェハーサイズ別分析、用途別分析、産業別分析、シリコンカーバイド(炭化ケイ素)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 心電計(ECG)の世界市場:安静時心電図装置、歩行型心電図モニタリング装置、ストレスECG試験装置
    Technavio社の本調査レポートでは、心電計(ECG)の世界市場について調べ、心電計(ECG)の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、心電計(ECG)の市場規模をセグメンテーション別(製品別(安静時心電図装置、歩行型心電図モニタリング装置、ストレスECG試験装置)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社は心電計(ECG)の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・心電計(ECG)の市場状況 ・心電計(ECG)の市場規模 ・心電計(ECG)の市場予測 ・心電計(ECG)の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(安静時心電図装置、歩行型心電図モニタリング装置、ストレスECG試験装置) ・心電計(ECG)の顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 世界のコート紙市場2015
    本調査レポートでは、世界のコート紙市場2015について調査・分析し、コート紙の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 韓国の整形外科用骨セメントおよび鋳造材料市場動向(~2021)
  • ポリイソブテニル無水コハク酸(PIBSA)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ポリイソブテニル無水コハク酸(PIBSA)の世界市場について調査・分析し、ポリイソブテニル無水コハク酸(PIBSA)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ポリイソブテニル無水コハク酸(PIBSA)シェア、市場規模推移、市場規模予測、ポリイソブテニル無水コハク酸(PIBSA)種類別分析(熱処理、塩素アルキル化)、ポリイソブテニル無水コハク酸(PIBSA)用途別分析(ポリイソブチレンサクシニミド、乳化剤、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ポリイソブテニル無水コハク酸(PIBSA)の市場概観 ・ポリイソブテニル無水コハク酸(PIBSA)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ポリイソブテニル無水コハク酸(PIBSA)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ポリイソブテニル無水コハク酸(PIBSA)の世界市場規模 ・ポリイソブテニル無水コハク酸(PIBSA)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ポリイソブテニル無水コハク酸(PIBSA)のアメリカ …
  • モータスピンドルの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、モータスピンドルの世界市場について調査・分析し、モータスピンドルの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別モータスピンドルシェア、市場規模推移、市場規模予測、モータスピンドル種類別分析(回転式、空気軸受式、 Liquid Journal、その他)、モータスピンドル用途別分析(PCB産業、家電、機械製造、自動車・航空宇宙、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・モータスピンドルの市場概観 ・モータスピンドルのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・モータスピンドルのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・モータスピンドルの世界市場規模 ・モータスピンドルの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・モータスピンドルのアメリカ市場規模推移 ・モータスピンドルのカナダ市場規模推移 ・モータスピンドルのメキシコ市場規模推移 ・モータスピンドルのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・モータスピンドルのドイツ市場規模推移 ・モータスピンド …
  • 油田用プロセス薬品の世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、油田用プロセス薬品の世界市場について調査・分析し、油田用プロセス薬品の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・油田用プロセス薬品の世界市場:市場動向分析 ・油田用プロセス薬品の世界市場:競争要因分析 ・油田用プロセス薬品の世界市場:種類別分析/市場規模 ・油田用プロセス薬品の世界市場:技術別分析/市場規模 ・油田用プロセス薬品の世界市場:用途別分析/市場規模 ・油田用プロセス薬品の世界市場:製品別分析/市場規模 ・油田用プロセス薬品の世界市場:地域別分析/市場規模 ・油田用プロセス薬品の北米市場規模 ・油田用プロセス薬品の欧州市場規模 ・油田用プロセス薬品のアジア市場規模 ・油田用プロセス薬品の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 自動車用ローンチコントロール装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用ローンチコントロール装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用ローンチコントロール装置の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 葬儀用設備の世界市場分析:製品別(トロリー、冷凍ユニット、剖検用プラットフォームおよび機器、防腐処理用ワークステーション、解剖テーブル、アクセサリー)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、葬儀用設備の世界市場について調査・分析し、葬儀用設備の世界市場動向、葬儀用設備の世界市場規模、市場予測、セグメント別葬儀用設備市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • カジノゲーム装置の世界市場2017-2021:カジノテーブル、スロットマシーン、ゲームチップ、ビデオポーカー機械
    当調査レポートでは、カジノゲーム装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、カジノゲーム装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 双極性障害治療薬の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、双極性障害治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疾患概要、双極性障害治療薬の世界市場規模及び予測、薬剤種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 北アメリカの牧草用機械・飼料用機械市場2016-2020
    当調査レポートでは、北アメリカの牧草用機械・飼料用機械市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、北アメリカの牧草用機械・飼料用機械市場規模及び予測、製品別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • キネシオロジーテープの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、キネシオロジーテープの世界市場について調査・分析し、キネシオロジーテープの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別キネシオロジーテープシェア、市場規模推移、市場規模予測、キネシオロジーテープ種類別分析(ロール型、プレカット型)、キネシオロジーテープ用途別分析(薬局・ドラッグストア、スポーツ用品店、病院・物理療法・カイロプラクティック、オンライン、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・キネシオロジーテープの市場概観 ・キネシオロジーテープのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・キネシオロジーテープのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・キネシオロジーテープの世界市場規模 ・キネシオロジーテープの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・キネシオロジーテープのアメリカ市場規模推移 ・キネシオロジーテープのカナダ市場規模推移 ・キネシオロジーテープのメキシコ市場規模推移 ・キネシオロジーテープのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"