"精密畜産農業(PLF)の世界市場分析及び予測(2019年-2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE 7306)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"精密畜産農業(PLF)の世界市場分析及び予測(2019年-2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Precision livestock farming market anticipated growing at CAGR of 9.2% from 2019 to 2024The precision livestock farming market is estimated to be worth USD 3.0 billion in 2019 and is expected to reach USD 4.6 billion by 2024, at a CAGR of 9.2% from 2019 to 2024. The major drivers for the precision livestock farming market are increasing consolidation of livestock farms, increasing herd size of dairy farms, increasing adoption of livestock farming robots and livestock monitoring devices, and increasing labor cost owing to shortage of skilled labor. Precision livestock farming technology has the potential to transform the livestock sector, making traditional livestock farming activities more efficient and economical. Increasing global demand for dairy products, extended profitability and high yield, and minimum impact on the environment and climate change are fueling the growth of the precision livestock farming market. Also, government initiatives in the form of incentives in many countries are helping livestock farmers to adopt advanced technological tools to improve yield.

The market for livestock identification & tracking technology estimated to grow at highest CAGR during the forecast period
The market for livestock identification & tracking is expected to grow at the highest CAGR between 2019 and 2024. Key factors driving the growth of livestock identification & tracking devices include an increase in average herd size and number of dairy farms around the world, development of sensors which can gather a wide range of information, and demand for cost savings associated with livestock monitoring & management. The utilization of systems for weighing and identifying animals is already pronounced worldwide, and it is anticipated that systems for tracking animals, monitoring basic health-related factors such as body temperature and heart rate, and for assessing body conformation, will witness high growth rate in coming years.

The market for livestock behavior and health monitoring application to grow at the highest CAGR from 2019 to 2024
The precision livestock farming market for livestock behavior and health monitoring application is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period. The high growth in this segment is predominantly driven by the increasing adoption of hardware devices such as sensors, RFID tags & readers, and livestock collars for early detection of disease in livestock, management of the herd, and identification and tracking of livestock.

Precision livestock farming market in APAC to grow at the highest CAGR between 2019 and 2024
The increasing automation of livestock farm in countries such as Australia, Japan, China, and India is a major factor driving the precision livestock farming market in APAC. Population expansion in the region’s developing countries is mounting pressure on the supplies of livestock products to become more efficient and productive, pushing the sales of livestock farming technology upward. Asia Pacific has a large number of cattle and a high population for consuming livestock products. The precision livestock farming market in Asia Pacific is in its initial stages and is expected to grow rapidly till 2024. The markets in India, Australia, China, and Japan collectively account for more than 60% of the Asia Pacific market.

The breakup of primaries conducted during the study is depicted below:
• By Company Type: Tier 1 – 35 %, Tier 2 – 40%, and Tier 3 –25%
• By Designation: C-Level Executives – 57%, Directors – 29%, and Others – 14%
• By Region: Americas– 40%, Europe – 30%, APAC – 20%, and RoW – 10%
Key players operating in the precision livestock farming market are DeLaval (Sweden), GEA Farm Technology (Germany), Lely (Netherlands), Antelliq (France), Dairy Master (Ireland), Afimilk (Israel), BouMatic (US), Fancom B.V. (Netherlands), Fullwood Paco Ltd. (UK), Waikato Milking System (New Zealand), HokoFarm-Group (Netherlands), Trioliet B.V (Netherlands), VDL Agrotech (Netherlands), IceRobotics (UK), HID Global (US), Cainthus (Ireland), Connecterra (Netherlands), MiRobot (Israel), Farm Control (Portugal), Aleis Pty Ltd (Australia), Moocall (Ireland), and Cowlar (US). These players adopt various strategies, such as product developments, mergers, partnerships, collaborations, and expansions, to cater to customer demands.

Research Coverage
This report covers the precision livestock farming market based on offering, technology, application, and region. The market based on offering has been segmented into hardware, software, and services. Based on application, the market has been segmented into milk harvesting, feeding management, behavior monitoring and health management, and others. Based on technology, the market has been classified into milking robots, precision feeding systems, and identification & tracking. Based on the region, the precision livestock farming market has been segmented into the Americas, Europe, APAC, and RoW.

Key Benefits of Buying This Report
• This report includes the market statistics pertaining to offering, application, technology, and region.
• An in-depth value chain analysis has been done to provide deep insight into the precision livestock farming market.
• Major market drivers, restraints, challenges, and opportunities have been detailed in this report.
• Illustrative segmentation, analyses, and forecasts for the market based on offering, application, technology, and region have been conducted to provide an overall view of the precision livestock farming market.
• The report includes an in-depth analysis and ranking of key players.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"精密畜産農業(PLF)の世界市場分析及び予測(2019年-2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 16)
1.1 Study Objectives
1.2 Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Geographical Scope
1.3.3 Years Considered
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 20)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Major Secondary Sources
2.1.1.2 Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Primary Interviews With Experts
2.1.2.2 Breakdown of Primaries
2.1.2.3 Key Data From Primary Sources
2.1.3 Secondary and Primary Research
2.1.3.1 Key Industry Insights
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.1.1 Approach for Capturing Market Size By Bottom-Up Analysis (Demand Side)
2.2.2 Top-Down Approach
2.2.2.1 Approach for Capturing Market Size By Top-Down Analysis (Supply Side)
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
2.4.1 Major Assumptions Considered While Estimating Global Precision Livestock Farming Market
3 Executive Summary (Page No. – 31)
4 Premium Insights (Page No. – 36)
4.1 Attractive Opportunities in Precision Livestock Farming Market
4.2 Market in Europe, By Technology and Country
4.3 Market, By Application
4.4 Market, By Offering
4.5 Geographic Analysis of Market
5 Market Overview (Page No. – 40)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Adoption of IoT and AI in Dairy Farms
5.2.1.2 Increasing Need for Optimization of Dairy Herds
5.2.1.3 Growing Demand for Protein, Food Traceability, and Food Safety
5.2.1.4 Substantial Cost-Saving Associated With Livestock Monitoring Management
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Initial Investment
5.2.2.2 Lack of Technological Awareness Among Dairy Farmers
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Increasing Adoption of Livestock Monitoring Technology in Developing Countries
5.2.3.2 Increasing Number of Dairy Farms
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Stringent Regulations and High Trade Barriers
5.2.4.2 Environmental Concern and Global Warming
6 Industry Trends (Page No. – 47)
6.1 Introduction
6.2 Value Chain Analysis
6.2.1 Major Market Players in Market
6.3 Industry Trends
6.3.1 Advent of AI and Blockchain in Livestock to Influence Market Expansion
6.3.2 Milking Robots and Feeding Robots to Mitigate Labor Shortage
7 Market, By Offering (Page No. – 50)
7.1 Introduction
7.2 Hardware
7.2.1 Robotics Hardware
7.2.1.1 Increasing Herd Size of Dairy Farms and Rising Labor Costs Expected to Propel the Growth of Robotics Hardware Component
7.2.2 RFID Tags & Readers
7.2.2.1 Increasing Adoption of Low Frequency RFID Tags for Identification & Tracking
7.2.3 Sensors
7.2.3.1 Temperature Sensor
7.2.3.2 Accelerometer Sensor
7.2.3.3 Motion Sensor
7.2.3.4 Environmental Humidity Sensor
7.2.3.5 Others
7.2.4 Cameras
7.2.4.1 Increasing Awareness Among Ranchers in Remote Monitoring of Livestock Expected to Propel the Growth of Cameras
7.2.5 GPS
7.2.5.1 Increasing Demand for Livestock Location Tracking is Major Factor Driving the Growth of GPS
7.2.6 Others
7.3 Software
7.3.1 On-Cloud
7.3.1.1 Rising Demand for Software-As-A-Solution (SaaS) Model in Market
7.3.2 On-Premise
7.3.2.1 Various Benefits Associated With on Promise Software to Propel the Adoption of This Segment
7.4 Services
7.4.1 System Integration & Deployment
7.4.2 Managed Service
7.4.3 Maintenance and Support
8 Market, By Technology (Page No. – 67)
8.1 Introduction
8.2 Milking Robots
8.2.1 Single-Stall Unit
8.2.1.1 Increasing Adoption of Single–Stall Milking Unit on Small to Medium Sized Dairy Farms
8.2.2 Multi Stall Unit
8.2.2.1 Increasing Demand for Multi Stall Unit From Dairy Farms With Herd Size 100 to 1,000
8.2.3 Automated Milking Rotary
8.2.3.1 Consolidation of Dairy Farms in Developed Region to Boost the Growth of Automated Milking Rotary
8.3 Precision Feeding Systems
8.3.1 Increasing Adoption of Feeding Robots to Mitigate Labor Shortage Issue Expected to Propel the Market Growth
8.4 Livestock Identification & Tracking
8.4.1 Increasing Adoption of Active RFID Tags on Medium to Large Livestock Farms to Accelerate Demand for Livestock Identigication & Tracking Devices
9 Market, By Application (Page No. – 80)
9.1 Introduction
9.2 Milk Harvesting
9.2.1 Rising Demand for Milking Robots on Dairy Farms to Propel the Growth of Milk Harvesting Application
9.3 Feeding Management
9.3.1 Increasing Awareness Among Dairy Farm Owners for Accurate Diet Formulation
9.4 Livestock Behavior and Health Monitoring
9.4.1 Increasing Interest Among Ranchers and Dairy Farm Owners to Track Heat Detection and Early Detection of Diseases
9.5 Other Applications
10 Geographic Analysis (Page No. – 89)
10.1 Introduction
10.2 Americas
10.2.1 North America
10.2.1.1 US
10.2.1.1.1 The US Accounted for the Largest Share of Market in North America
10.2.1.2 Canada
10.2.1.2.1 High Dairy Farm Operational Cost and Unavailability of Skilled Farmers to Drive Market in Canada
10.2.1.3 Mexico
10.2.1.3.1 Market in Mexico to Witness Highest CAGR in North America
10.2.2 South America
10.2.2.1 Brazil
10.2.2.1.1 Brazil Accounted for the Largest Share of Market in South America
10.2.2.2 Argentina
10.2.2.2.1 Market in Argentina to Witness Highest Growth in South America
10.2.2.3 Rest of South America
10.3 Europe
10.3.1 Germany
10.3.1.1 Germany to Hold Largest Share of Market in Europe During the Forecast Period
10.3.2 Netherland
10.3.2.1 Increasing Herd Size and Rising Labor Cost to Propel Demand for Market in Netherland
10.3.3 UK
10.3.3.1 UK to Witness an Increasing Adoption of Precision Livestock Farming Technologies Between 2019 and 2024
10.3.4 France
10.3.4.1 Increasing Adoption of Precision Livestock Farming Technology to Boost Market Demand in France
10.3.5 Denmark
10.3.5.1 High Adoption of Milking Robots in Denmark
10.3.6 Sweden
10.3.6.1 Higher Adoption of Livestock Technology in Sweden
10.3.7 Rest of Europe
10.4 Asia Pacific
10.4.1 China
10.4.1.1 China Accounted for Largest Market Share in Asia Pacific
10.4.2 Australia & New Zealand
10.4.2.1 Australia & New Zealand Accounted for Second Largest Market Share in Asia Pacific
10.4.3 Japan
10.4.3.1 Aging Workforce and Increasing Government Incentives to Boost Demand for Milking Robots and Feeding Robots in Japan
10.4.4 India
10.4.4.1 Market in India Expected to Witness Stronger Growth Owing to Government Initiatives and Focus on Increasing Dairy Productivity
10.4.5 Rest of Asia Pacific
10.5 Rest of World
10.5.1 Africa
10.5.1.1 Weak Exchange Rate in African Countries and Low-Profit Margins are Major Challenges
10.5.2 Middle East
10.5.2.1 Increasing R&D Investments to Boost Adoption of Automated Milking System and Feeding Robots
10.5.3 Others
11 Competitive Landscape (Page No. – 114)
11.1 Introduction
11.2 Market Ranking Analysis for the Precision Livestock Farming Market, 2018
11.3 Competitive Leadership Mapping, 2018
11.3.1 Visionary Leaders
11.3.2 Dynamic Differentiators
11.3.3 Innovators
11.3.4 Emerging Companies
11.4 Strength of Product Portfolio (25 Players)
11.5 Business Strategies Excellence (25 Players)
11.6 Competitive Situation and Trends
11.6.1 New Product Launches
11.6.2 Agreements, Partnerships, and Contracts
11.6.3 Mergers and Acquisitions
12 Company Profiles (Page No. – 123)
12.1 Key Players
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View, SWOT Analysis)*
12.1.1 Delaval (Subsidiary of Tetra Laval International, S.A.)
12.1.2 Antelliq (Subsidiary of Merck & Co., Inc.)
12.1.3 GEA Farm Technology (GEA Group AG)
12.1.4 Afimilk Ltd.
12.1.5 Boumatic, LLC
12.1.6 Lely International N.V.
12.1.7 Dairymaster
12.1.8 Fancom B.V. (Subsidiary of Ctb International Corp.)
12.1.9 Fullwood Packo. Ltd
12.1.10 Waikato Milking Systems Lp
*Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View, SWOT Analysis Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12.2 Other Players
12.2.1 Hokofarm Group
12.2.2 Trioliet B.V.
12.2.3 VDL Agrotech (VDL Groep)
12.2.4 Icerobotics
12.2.5 HID Global
12.3 Key Innovator
12.3.1 Cainthus
12.3.2 Connecterra
12.3.3 MI Robot Ltd.
12.3.4 Farm Control
12.3.5 Aleis Pty Ltd.
12.3.6 Moocall
12.3.7 Cowlar
13 Appendix (Page No. – 155)
13.1 Insights From Industry Experts
13.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.4 Available Customization
13.5 Related Reports
13.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】精密畜産農業(PLF)の世界市場分析及び予測(2019年-2024年)
【発行日】2019年8月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE 7306
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
精密畜産農業(PLF)の世界市場分析及び予測(2019年-2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界のトラクションインバータ市場2015
    本調査レポートでは、世界のトラクションインバータ市場2015について調査・分析し、トラクションインバータの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用ダイレクトドライブ モータの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用ダイレクトドライブ モータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用ダイレクトドライブ モータの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 軟骨修復・軟骨再生の世界市場予測(~2021):治療法別(軟骨細胞移植、増殖因子技術、組織スキャフォールド、無細胞コンポジット)、用途別、地域別
    当調査レポートでは、軟骨修復・軟骨再生の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、治療法別分析、用途別分析、地域別分析、軟骨修復・軟骨再生の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 手術用縫合糸の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、手術用縫合糸の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別(自動縫合装置)分析、縫合糸別(天然、ナイロン、プロレン、ステンレス鋼、絹)分析、用途別(心血管、婦人科、眼科、整形外科)分析、エンドユーザー別(病院、診療所)分析、手術用縫合糸の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 成人上肢装具の世界市場予測2019-2024
    「成人上肢装具の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、ダイナミック装具、スタティック装具など、用途別には、Hospitals、Clinics、Homecare Settingsなどに区分してまとめた調査レポートです。成人上肢装具のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・成人上肢装具の世界市場概要(サマリー) ・成人上肢装具の企業別販売量・売上 ・成人上肢装具の企業別市場シェア ・成人上肢装具の世界市場規模:種類別(ダイナミック装具、スタティック装具) ・成人上肢装具の世界市場規模:用途別(Hospitals、Clinics、Homecare Settings) ・成人上肢装具の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・成人上肢装具のアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・成人上肢装具の欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど) ・成人上肢装具の中東・アフリカ市場(エジ …
  • 産業用カルーセルの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、産業用カルーセルの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、産業用カルーセル市場規模、製品別(水平、垂直)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・産業用カルーセルの世界市場概要 ・産業用カルーセルの世界市場環境 ・産業用カルーセルの世界市場動向 ・産業用カルーセルの世界市場規模 ・産業用カルーセルの世界市場:業界構造分析 ・産業用カルーセルの世界市場:製品別(水平、垂直) ・産業用カルーセルの世界市場:地域別市場規模・分析 ・産業用カルーセルのアメリカ市場規模・予測 ・産業用カルーセルのヨーロッパ市場規模・予測 ・産業用カルーセルのアジア市場規模・予測 ・産業用カルーセルの主要国分析 ・産業用カルーセルの世界市場:意思決定フレームワーク ・産業用カルーセルの世界市場:成長要因、課題 ・産業用カルーセルの世界市場:競争環境 ・産業用カルーセルの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • Jackson Electric Membership Corporation:発電所および企業SWOT分析2015
  • ディープ・パケット・インスペクション(DPI)及びプロセッシングの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、ディープ・パケット・インスペクション(DPI)及びプロセッシングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、用途別分析、サービス別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 高精度食品温度計の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、高精度食品温度計の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、高精度食品温度計の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 紫外線対策クリームの世界市場予測2019-2024
    「紫外線対策クリームの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、ジェル、ローション、パウダー、その他など、用途別には、Men、Womenなどに区分してまとめた調査レポートです。紫外線対策クリームのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・紫外線対策クリームの世界市場概要(サマリー) ・紫外線対策クリームの企業別販売量・売上 ・紫外線対策クリームの企業別市場シェア ・紫外線対策クリームの世界市場規模:種類別(ジェル、ローション、パウダー、その他) ・紫外線対策クリームの世界市場規模:用途別(Men、Women) ・紫外線対策クリームの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・紫外線対策クリームのアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・紫外線対策クリームの欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど) ・紫外線対策クリームの中東・アフリカ市場(エジプト、南アフリカ、トルコ、GCC諸 …
  • 世界の現場長ドリルらせんぐい市場2019
    本調査レポートでは、世界の現場長ドリルらせんぐい市場2019について調査・分析し、現場長ドリルらせんぐいの世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、現場長ドリルらせんぐいのアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、現場長ドリルらせんぐいメーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・現場長ドリルらせんぐいの市場概要 ・現場長ドリルらせんぐいの上流・下流市場分析 ・現場長ドリルらせんぐいのアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・現場長ドリルらせんぐいのアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・現場長ドリルらせんぐいのアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・現場長ドリルらせんぐいのアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・現場長ドリルらせんぐいの北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・現場長ドリルらせんぐいの北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・現場 …
  • 漂白剤の世界市場予測(~2023年):アゾジカルボンアミド、過酸化水素、アスコルビン酸、過酸化アセトン、二酸化塩素
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、漂白剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類(アゾジカルボンアミド、過酸化水素、アスコルビン酸、過酸化アセトン、二酸化塩素)別分析、形状(粉末、液体)別分析、用途別分析、地域別分析、漂白剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • フライアッシュの世界市場2017-2021:ポートランドセメント、農業、道路建設、耐火れんが、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、フライアッシュの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フライアッシュの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はフライアッシュの世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.03%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はBoral、CEMEX、LafargeHolcim、SCB International、Titan America等です。
  • 臨床化学および免疫診断の世界市場:地域別市場予測、新検査、技術、機器、企業分析
  • イスラエルの整形外科補綴市場見通し
  • クラウド移行サービスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、クラウド移行サービスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、クラウド移行サービス市場規模、導入形態別(パブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウド)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・クラウド移行サービスの世界市場概要 ・クラウド移行サービスの世界市場環境 ・クラウド移行サービスの世界市場動向 ・クラウド移行サービスの世界市場規模 ・クラウド移行サービスの世界市場:業界構造分析 ・クラウド移行サービスの世界市場:導入形態別(パブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウド) ・クラウド移行サービスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・クラウド移行サービスのアメリカ市場規模・予測 ・クラウド移行サービスのヨーロッパ市場規模・予測 ・クラウド移行サービスのアジア市場規模・予測 ・クラウド移行サービスの主要国分析 ・クラウド移行サービスの世界市場:意思決定フレームワーク ・クラウド移 …
  • 世界の硫酸第二鉄市場2015
    本調査レポートでは、世界の硫酸第二鉄市場2015について調査・分析し、硫酸第二鉄の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 保育用ソフトウェアの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、保育用ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、保育用ソフトウェアの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別保育用ソフトウェアシェア、市場規模推移、市場規模予測、保育用ソフトウェア種類別分析(クラウドベース、パソコンインストール、携帯機器インストール)、保育用ソフトウェア用途別分析(保育園、家庭用、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・保育用ソフトウェアの市場概観 ・保育用ソフトウェアのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・保育用ソフトウェアのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・保育用ソフトウェアの世界市場規模 ・保育用ソフトウェアの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・保育用ソフトウェアのアメリカ市場規模推移 ・保育用ソフトウェアのカナダ市場規模推移 ・保育用ソフトウェアのメキシコ市場規模推移 ・保育用ソフトウェアのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・保育用ソフトウェアのドイツ市場規模推移 ・保育用ソフトウ …
  • スマートピルデリバリ・モニタリング・診断の世界市場
  • 産業用安全センサの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用安全センサの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用安全センサの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ウエハレベルパッケージング(WLP)の世界市場:統合タイプ、パッケージング技術、バンピング技術別、産業別、地域別予測
    本資料は、ウエハレベルパッケージング(WLP)の世界市場について調べ、ウエハレベルパッケージング(WLP)の世界規模、市場動向、市場環境、統合タイプ分析、パッケージング技術分析、バンピング技術別分析、産業別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ウエハレベルパッケージング(WLP)の世界市場概要 ・ウエハレベルパッケージング(WLP)の世界市場環境 ・ウエハレベルパッケージング(WLP)の世界市場動向 ・ウエハレベルパッケージング(WLP)の世界市場規模 ・ウエハレベルパッケージング(WLP)の世界市場規模:統合タイプ ・ウエハレベルパッケージング(WLP)の世界市場規模:パッケージング技術 ・ウエハレベルパッケージング(WLP)の世界市場規模:バンピング技術別 ・ウエハレベルパッケージング(WLP)の世界市場規模:産業別 ・ウエハレベルパッケージング(WLP)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ウエハレベルパッケージング(WLP)の北米市場規 …
  • アルコールRTD飲料/高強度プレミックスの世界市場予測
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、アルコールRTD飲料/高強度プレミックスの世界市場について調査・分析し、アルコールRTD飲料/高強度プレミックスの世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • コンクリート補修モルタルの世界市場:PMCモルタル、エポキシモルタル
    当調査レポートでは、コンクリート補修モルタルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、産業別分析、地域別分析、コンクリート補修モルタルの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のプラスチック添加剤市場2015
    本調査レポートでは、世界のプラスチック添加剤市場2015について調査・分析し、プラスチック添加剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ダイレクトキャリア決済プラットフォームの世界市場:コンテンツ別(アプリケーション&ゲーム、ビデオ&オーディオ、その他)、オペレーティングシステム別(アンドロイド、iOS、その他)
    本調査レポートでは、ダイレクトキャリア決済プラットフォームの世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、コンテンツ別(アプリケーション&ゲーム、ビデオ&オーディオ、その他)分析、オペレーティングシステム別(アンドロイド、iOS、その他)分析、地域別分析、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・ダイレクトキャリア決済プラットフォームの世界市場:コンテンツ別(アプリケーション&ゲーム、ビデオ&オーディオ、その他) ・ダイレクトキャリア決済プラットフォームの世界市場:オペレーティングシステム別(アンドロイド、iOS、その他) ・ダイレクトキャリア決済プラットフォームの世界市場:地域別 ・企業概要
  • H3N2感染(H3N2 Infection):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるH3N2感染(H3N2 Infection)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、H3N2感染(H3N2 Infection)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・H3N2感染(H3N2 Infection)の概要 ・H3N2感染(H3N2 Infection)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のH3N2感染(H3N2 Infection)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・H3N2感染(H3N2 Infection)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 …
  • 脂肪肉腫(Liposarcoma):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における脂肪肉腫(Liposarcoma)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、脂肪肉腫(Liposarcoma)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・脂肪肉腫(Liposarcoma)の概要 ・脂肪肉腫(Liposarcoma)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の脂肪肉腫(Liposarcoma)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・脂肪肉腫(Liposarcoma)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・脂 …
  • 航空機用地上走行システムの世界市場
    当調査レポートでは、航空機用地上走行システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空機用地上走行システムの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のジェットミキサー市場2016
    本調査レポートでは、世界のジェットミキサー市場2016について調査・分析し、ジェットミキサーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • D3アゴニスト(作動薬)のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるD3アゴニスト(作動薬)のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・D3アゴニスト(作動薬)の概要 ・D3アゴニスト(作動薬)のパイプライン概要 ・企業別開発中のD3アゴニスト(作動薬) ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・D3アゴニスト(作動薬)の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・D3アゴニスト(作動薬)開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界の手動蘇生器市場2015
    本調査レポートでは、世界の手動蘇生器市場2015について調査・分析し、手動蘇生器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のMRI装置開発動向:医療機器パイプライン分析2015
    当調査レポートでは、MRI装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・MRI装置の概要 ・MRI装置の開発動向:開発段階別分析 ・MRI装置の開発動向:セグメント別分析 ・MRI装置の開発動向:領域別分析 ・MRI装置の開発動向:規制Path別分析 ・MRI装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別MRI装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・MRI装置の最近動向
  • 眼内レンズの世界市場2014-2025:製品別(眼内レンズ、角膜インプラント、緑内障インプラント、眼プロテーゼ)、用途別(緑内障、薬物送達)、最終用途別
    本調査レポートでは、眼内レンズの世界市場について調査・分析し、眼内レンズの世界市場動向、眼内レンズの世界市場規模、市場予測、セグメント別眼内レンズ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 飼料プレミックスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、飼料プレミックスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、飼料プレミックス市場規模、用途別(家禽、反芻動物、豚、水生動物、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・飼料プレミックスの世界市場概要 ・飼料プレミックスの世界市場環境 ・飼料プレミックスの世界市場動向 ・飼料プレミックスの世界市場規模 ・飼料プレミックスの世界市場:業界構造分析 ・飼料プレミックスの世界市場:用途別(家禽、反芻動物、豚、水生動物、その他) ・飼料プレミックスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・飼料プレミックスの北米市場規模・予測 ・飼料プレミックスのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・飼料プレミックスのアジア太平洋市場規模・予測 ・飼料プレミックスの主要国分析 ・飼料プレミックスの世界市場:意思決定フレームワーク ・飼料プレミックスの世界市場:成長要因、課題 ・飼料プレミックスの世界市場:競争環境 ・飼料プレミックスの世界市場 …
  • ファイバーチャネルアダプターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ファイバーチャネルアダプターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ファイバーチャネルアダプターの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はファイバーチャネルアダプターの世界市場が2017-2021年期間中に年平均14.23%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Brocade Communications Systems• Cisco Systems• QLogic• Broadcom等です。
  • 世界のタッチスクリーン式HMI(ヒューマンマシンインターフェース)市場
  • 自動車用内装材の世界市場2014–2025:製品別(本皮、複合材料、プラスチック、メタル、生地(ファブリック))、用途別(ダッシュボード、座席、エアバッグ・シートベルト、ドアパネル・トリム、カーペット・ヘッドライナー)、地域別
    本調査レポートでは、自動車用内装材の世界市場について調査・分析し、自動車用内装材の世界市場動向、自動車用内装材の世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車用内装材市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の充填済みクロマトグラフィーカラム市場2015
    本調査レポートでは、世界の充填済みクロマトグラフィーカラム市場2015について調査・分析し、充填済みクロマトグラフィーカラムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療産業におけるフッ素ポリマーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、医療産業におけるフッ素ポリマーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、医療産業におけるフッ素ポリマーの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 水酸化アルミニウムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、水酸化アルミニウムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、水酸化アルミニウム市場規模、用途別(化学製品、難燃剤、充填剤、制酸剤、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・水酸化アルミニウムの世界市場概要 ・水酸化アルミニウムの世界市場環境 ・水酸化アルミニウムの世界市場動向 ・水酸化アルミニウムの世界市場規模 ・水酸化アルミニウムの世界市場:業界構造分析 ・水酸化アルミニウムの世界市場:用途別(化学製品、難燃剤、充填剤、制酸剤、その他) ・水酸化アルミニウムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・水酸化アルミニウムの北米市場規模・予測 ・水酸化アルミニウムのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・水酸化アルミニウムのアジア太平洋市場規模・予測 ・水酸化アルミニウムの主要国分析 ・水酸化アルミニウムの世界市場:意思決定フレームワーク ・水酸化アルミニウムの世界市場:成長要因、課題 ・水酸化アルミニウムの世界市場 …
  • 世界のシンチレーションカウンター市場
  • 分子診断の世界市場分析:製品別、テストロケーション別(Poc、中央検査室)、技術別(PCR、原位置ハイブリダイゼーション、INAAT、マイクロアレイ、MS、NGS、TMA))、用途別(腫瘍、乳がん、前立腺がん、子宮頸がん、薬理ゲノム学、感染症、MRSA、C。ディフィシル、バンコマイシン耐性腸球菌、カルバペネム耐性、インフルエンザ、RSV、カンジダ、結核、髄膜炎、GITテスト、クラミジア、淋病、HIV、HCV、HBV 、遺伝学、神経学、心臓血管)、セグメント予測
    本調査レポートでは、分子診断の世界市場について調査・分析し、分子診断の世界市場動向、分子診断の世界市場規模、市場予測、セグメント別分子診断市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ニューラルネットワーク用ソフトウェアの世界市場
    当調査レポートでは、ニューラルネットワーク用ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、ニューラルネットワーク用ソフトウェアの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ニューラルネットワーク用ソフトウェアの世界市場:市場動向分析 - ニューラルネットワーク用ソフトウェアの世界市場:競争要因分析 - ニューラルネットワーク用ソフトウェアの世界市場:ソフトウェア別 ・解析用ソフトウェア ・データマイニングとアーカイブ ・最適化用ソフトウェア ・可視化ソフトウェア - ニューラルネットワーク用ソフトウェアの世界市場:サービス別 ・管理サービス ・専門的サービス - ニューラルネットワーク用ソフトウェアの世界市場:用途別 ・財務予測 ・ポートフォリオ管理 ・機械診断 ・詐欺検知 ・プロセスモデリングおよび工場の制御 - ニューラルネットワーク用ソフトウェアの世界市場:エンドユーザー別 ・政府および防衛 ・エネルギーおよび公益事業 ・銀行取引、金融サービス、保険 ・ヘルスケア ・工業生産 ・メディア ・小売および電子 …
  • ドイツの患者診察機器市場見通し(~2021)
  • 圧力センサーの世界市場:製品別、タイプ別、技術別(ピエゾ抵抗式、電磁式、容量式、共振固体式、光学式)、用途別、セグメント予測
    圧力センサーの世界市場は2025年には119億1,120万米ドルに達すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、スマート圧力センサーやワイヤレス圧力センサーに対する需要増加、北米およびヨーロッパの先進国における規制の取り組みなどが考えられます。圧力センサーは、制御および監視用途に広く使用されています。性能、コスト効率、そして信頼性の高いセンサーの需要が高まっており、ベンダーによる研究開発の支出は増加しています。ナノテクノロジーおよびマイクロテクノロジーの急増および進歩により、予測期間中、市場の成長に拍車がかかると期待されています。本調査レポートでは、圧力センサーの世界市場について調査・分析し、圧力センサーの世界市場動向、圧力センサーの世界市場規模、市場予測、セグメント別圧力センサー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • マイクロLED(発光ダイオード)の世界市場:ディスプレイ、照明
    Technavio社の本調査レポートでは、マイクロLED(発光ダイオード)の世界市場について調べ、マイクロLED(発光ダイオード)の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、マイクロLED(発光ダイオード)の市場規模をセグメンテーション別(製品別(ディスプレイ、照明)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はマイクロLED(発光ダイオード)の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均398%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・マイクロLED(発光ダイオード)の市場状況 ・マイクロLED(発光ダイオード)の市場規模 ・マイクロLED(発光ダイオード)の市場予測 ・マイクロLED(発光ダイオード)の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(ディスプレイ、照明) ・マイクロLED(発光ダイオード)の顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動 …
  • スペインの心臓律動管理(CRM)装置市場見通し
  • 硫化水素の世界市場:種類別(純ガス、混合ガス)、用途別(化学品、研究所・分析、その他)、地域別予測
    本資料は、硫化水素の世界市場について調べ、硫化水素の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(純ガス、混合ガス)分析、用途別(化学品、研究所・分析、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはAir Liquide、The Linde Group、Praxair、 Air Products and Chemicals、Sobeji、Messer Group、Matheson Tri-Gasなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・硫化水素の世界市場概要 ・硫化水素の世界市場環境 ・硫化水素の世界市場動向 ・硫化水素の世界市場規模 ・硫化水素の世界市場規模:種類別(純ガス、混合ガス) ・硫化水素の世界市場規模:用途別(化学品、研究所・分析、その他) ・硫化水素の世界市場:地域別市場規模・分析 ・硫化水素の北米市場規模・予測 ・硫化水素のアメリカ市場規模・予測 ・硫化水素のヨーロッパ市場規模・予測 ・硫化水素のアジア市場規模・予測 ・硫化水素の日本市場規模 …
  • 自動車電動化の世界市場見通し2016-2022:電動エアコンコンプレッサ、電動オイルポンプ、電動パワーステアリング(EPS)、電動ターボチャージャー、電動式真空ポンプ
    当調査レポートでは、自動車電動化の世界市場について調査・分析し、自動車電動化の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・自動車電動化の世界市場:市場動向分析 ・自動車電動化の世界市場:競争要因分析 ・自動車電動化の世界市場:製品別分析/市場規模 ・自動車電動化の世界市場:車両種類別分析/市場規模 ・自動車電動化の世界市場:製品販売別分析/市場規模 ・自動車電動化の世界市場:ハイブリッド化度別分析/市場規模 ・自動車電動化の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・自動車電動化の世界市場:地域別分析/市場規模 ・自動車電動化の北米市場規模 ・自動車電動化の欧州市場規模 ・自動車電動化のアジア市場規模 ・自動車電動化の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • ブタジエン及びブタジエン誘導体の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ブタジエン及びブタジエン誘導体の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、ブタジエン及びブタジエン誘導体の世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"