"VAV (可変風量) ボックスの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH 7304)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"VAV (可変風量) ボックスの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The growth in VAV BOX demand is increasing due to the growing construction industry, especially commercial and industrial construction in developing countries due to rapid economic development.”The VAV BOX market size is estimated to be USD 4.7 billion in 2019 and is projected to reach USD 6.4 billion by 2024, at a CAGR of 6.3%. The growth of the global construction industry is expected to boost the HVAC market, which in turn will drive the demand for VAV systems and VAV boxes. According to the Oxford Economics, the construction output will grow by 85% to reach USD 15.5 trillion by 2030 globally, with three countries – China, US, and India accounting for 57% of the global growth of the construction sector. Thus, the expected increase in the market size of HVAC will drive the VAV system’s and VAV box’s market. Furthermore, the increasing need for energy conservation in buildings from the commercial and industrial sector will escalate the demand for energy-efficient and cost-effective heating and cooling solutions, which is another driving factor for the market. However, the presence of substitute technologies and increased preference of refurbished VAV boxes are expected to restrain the growth of the VAV box market globally.

“Single-Duct VAV is the fastest growing segment of VAV BOX.”
Single-duct VAV was the largest as well as the fastest-growing segment of the VAV box market globally in 2018. The huge consumption of single-duct VAV systems in commercial buildings due to its various advantages such as low sound level operation, cost-effectiveness, and efficiency in maintaining the optimum temperature in different climatic condition are the major factors driving the demand for single-duct VAV.

“Commercial building is the largest application of VAV BOX.”
Commercial building is the largest application of VAV box. The increasing spending on public and private infrastructure development will contribute to the growth of the VAV box market. The continuous increase in new construction, including manufacturing and office construction, are the major factors leading to the demand of commercial buildings.

“APAC is the fastest-growing market for VAV BOX.”
APAC is projected to register the highest growth rate during the forecast period owing to the presence of developing markets such as China and Japan as well as emerging economies such as India, South Korea, and Indonesia. APAC is one of the prominent construction markets and is expected to grow at a rapid pace in the coming years, with India expected to become a new global hub for construction in the emerging markets, growing almost twice as fast as China. Therefore, due to the strong growth of the construction industry, the region is expected to have a heavy demand for VAV box during the forecast period.

Extensive primary interviews were conducted in the process of determining and verifying sizes of different types, end-user of the VAV BOX market gathered through secondary research.
The breakdown of primary interviews is given below:
• By Company Type: Tier 1 – 45%, Tier 2 – 22%, and Tier 3 – 33%
• By Designation: C-Level Executives – 50%, Director-Level – 25%, and Others – 25%
• By Region: North America – 50%, Europe – 20%, APAC – 20%, and South America – 10%,
The key companies profiled in this report on the VAV BOX market include Ingersoll Rand PLC (Ireland), Johnson Controls (US), TROX GmbH (Germany), Spectrum Industries (India), United Technologies Corporation (US), Honeywell International Inc. (US), Daikin Industries, Ltd. (Japan), Siemens AG (Germany), Systemair AB (Sweden), Barcol-Air (Switzerland).

Research Coverage
The VAV box market has been segmented based on type, application, and region. This report covers the VAV BOX market and forecasts its market size until 2024. It also provides detailed information on company profiles and competitive strategies adopted by the key players to strengthen their position in the VAV BOX market. The report also provides insights into the drivers and restraints in the VAV BOX market along with opportunities and challenges. The report also includes profiles of top manufacturers in the VAV BOX market.

Reasons to Buy the Report
The report is expected to help market leaders/new entrants in the following ways:
1. This report segments the VAV BOX market and provides the closest approximations of revenue numbers for the overall market and its segments across different verticals and regions.
2. This report is expected to help stakeholders understand the pulse of the VAV BOX market and provide information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities influencing the market growth.
3. This report is expected to help stakeholders obtain an in-depth understanding of the competitive landscape of the VAV BOX market and gain insights to improve the position of their businesses. The competitive landscape section includes detailed information on strategies, such as new product developments, expansions, joint ventures, and mergers & acquisitions.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"VAV (可変風量) ボックスの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 14)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 VAV Box Market Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.3.3 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Unit Considered
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 18)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.3 Data Triangulation
2.3.1 Assumptions for the Study
3 Executive Summary (Page No. – 25)
4 Premium Insights (Page No. – 28)
4.1 Attractive Opportunities in the VAV Box Market
4.2 VAV Box Market, By Region
4.3 VAV Box Market, Developed vs Developing Economies
5 Market Overview (Page No. – 31)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Need for Energy Conservation
5.2.1.2 High Demand for HVAC Systems
5.2.1.3 Increase in Requirement for VAV Boxes Owing to Added Benefits
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Presence of Substitute Technologies
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Increasing Global Construction Activities
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 High Product Cost and Installation Charges
5.3 Supply Chain Analysis
5.4 Component Cost Breakup
5.4.1 Component Definition
5.5 Sales Channels
5.6 New Construction vs Retrofit
5.7 Porter’s Five Forces Analysis
5.7.1 Bargaining Power of Suppliers
5.7.2 Threat of New Entrants
5.7.3 Threat of Substitutes
5.7.4 Bargaining Power of Buyers
5.7.5 Intensity of Competitive Rivalry
5.8 Macroeconomic Indicators
5.9 Trends and Forecast of GDP at Country Level
5.10 Countries Engaging in More Than 60% Green Projects (2018 and 2021)
5.11 Sectors Having Planned Green Activity Over the Next Three Years
5.12 Construction Contribution to GDP
6 VAV Box Market, By Type (Page No. – 45)
6.1 Introduction
6.2 Single Duct VAV Box
6.2.1 Increasingly Compact Offices has Led to High Demand for Single Duct VAV Box
6.3 Fan-Powered VAV Box
6.3.1 Commercial and Industrial Buildings Toto Drive the Market for Fan-Powered VAV Box
6.3.2 Series Flow Terminals
6.3.3 Parallel Flow Terminals
6.4 Dual Duct VAV Box
6.4.1 Growth in Construction of Hospitals to Drive the Demand of Dual Duct VAV Box
6.5 Induction VAV Box
6.5.1 Demand of Induction VAV Box Driven By Its Ability to Induce Warm Air as Per Requirement
7 VAV Box Market, By Application (Page No. – 52)
7.1 Introduction
7.2 Commercial Building
7.2.1 Commercial Buildings Such as Offices, Hospitality, and Retails to Drive the Demand for VAV Box
7.2.2 Office
7.2.3 Warehouse
7.2.4 Hospitality
7.2.5 Retail
7.2.6 Others
7.3 Industrial Building
7.3.1 Increasing Industrial Construction in APAC to Drive the Demand of VAV Box
7.4 Residential Building
7.4.1 High Number of Residential Properties in MEA Drives the Use of VAV Box in Residential Buildings
8 VAV Box Market, By Region (Page No. – 59)
8.1 Introduction
8.2 North America
8.2.1 US
8.2.1.1 Strong Demand for Residential and Non-Residential Construction to Drive the VAV Box Market
8.2.2 Canada
8.2.2.1 Increasing Demand for Green Buildings to Drive the Country’s VAV Box Market
8.2.3 Mexico
8.2.3.1 Increasing Infrastructure Development to Drive the VAV Box Market
8.3 Middle East & Africa
8.3.1 UAE
8.3.1.1 Investment in New Construction Projects to Drive the Demand of VAV Box
8.3.2 Saudi Arabia
8.3.2.1 Growing Residential and Commercial Infrastructure Will Create A Huge Impact on the VAV Box Market
8.3.3 Nigeria
8.3.3.1 Government Efforts on Developing the Country’s Infrastructure Will Lead to the Demand for VAV Box
8.3.4 Rest of Middle East & Africa
8.4 APAC
8.4.1 China
8.4.1.1 Growing HVAC Market to Drive the Demand for VAV Box
8.4.2 Japan
8.4.2.1 Increasing Commercial, Industrial, and Hospitality Construction to Drive the VAV Box Market
8.4.3 India
8.4.3.1 The Rapidly Growing Construction Industry is Expected to Drive VAV Box Demand
8.4.4 South Korea
8.4.4.1 Commercial Building is Estimated to Dominate the VAV Box Market South Korea
8.4.5 Indonesia
8.4.5.1 Infrastructure Initiatives By Indonesian Government to Drive the VAV Box Demand in the Country
8.4.6 Rest of APAC
8.5 Europe
8.5.1 Germany
8.5.1.1 Growing Industrial Construction is Expected to Drive the VAV Box Market
8.5.2 UK
8.5.2.1 The Presence of Strong Commercial Real Estate Will Drive the VAV Box Market
8.5.3 France
8.5.3.1 Growing Construction and Hospitality Industry to Drive the VAV Box Market
8.5.4 Russia
8.5.4.1 Growth of Overall Construction Industry Will Drive the VAV Box Market in the Country
8.5.5 Turkey
8.5.5.1 Growth in the Construction of Office Buildings to Drive the VAV Box Market
8.5.6 Rest of Europe
8.6 South America
8.6.1 Brazil
8.6.1.1 Promotion of Energy Efficient Systems in the Country Will Lead to the Demand of VAV Box and Systems
8.6.2 Argentina
8.6.2.1 Increased Government Intervention and Aid of Imf to Promote the Construction Industry in the Country
8.6.3 Rest of South America
9 Competitive Landscape (Page No. – 98)
9.1 Introduction
9.2 Market Ranking of VAV Box Manufacturers
9.3 Competitive Situation & Trends
9.3.1 Expansion
9.3.2 New Product Development
9.3.3 Merger & Acquisition
9.3.4 Joint Venture
10 Company Profiles (Page No. – 101)
10.1 Ingersoll Rand PLC
10.1.1 Business Overview
10.1.2 Products Offered
10.1.3 SWOT Analysis
10.1.4 MnM View
10.2 Johnson Controls
10.2.1 Business Overview
10.2.2 Products Offered
10.2.3 Recent Developments
10.2.4 SWOT Analysis
10.2.5 MnM View
10.3 TROX GmbH
10.3.1 Business Overview
10.3.2 Products Offered
10.3.3 Recent Developments
10.3.4 SWOT Analysis
10.3.5 MnM View
10.4 Spectrum Industries
10.4.1 Business Overview
10.4.2 Products Offered
10.4.3 SWOT Analysis
10.4.4 MnM View
10.5 United Technologies Corporation
10.5.1 Business Overview
10.5.2 Products Offered
10.5.3 Recent Developments
10.5.4 SWOT Analysis
10.5.5 MnM View
10.6 Honeywell International Inc.
10.6.1 Business Overview
10.6.2 Products Offered
10.6.3 MnM View
10.7 Daikin Industries, Ltd.
10.7.1 Business Overview
10.7.2 Products Offered
10.7.3 Recent Developments
10.7.4 MnM View
10.8 Siemens AG
10.8.1 Business Overview
10.8.2 Products Offered
10.8.3 MnM View
10.9 Systemair AB
10.9.1 Business Overview
10.9.2 Products Offered
10.9.3 MnM View
10.10 Barcol-Air
10.10.1 Business Overview
10.10.2 Products Offered
10.10.3 MnM View
11 Additional Company Profiles (Page No. – 128)
11.1 Halton Group
11.2 Advanced Air (UK) Ltd
11.3 Waterloo Air Products PLC
11.4 Air Master Equipments Emirates LLC
11.5 KAD Airconditioning
11.6 EB Air Control Inc.
11.7 Dynacraft Air Controls
11.8 BES-Tech, Inc.
11.9 Metal Industries Inc.
11.10 Beyond & Brothers Development Co Ltd
11.11 KBE
11.12 Prolon
11.13 Betec Cad
11.14 JCC Cooling
12 Appendix (Page No. – 132)
12.1 Discussion Guide

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】VAV (可変風量) ボックスの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年8月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH 7304
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】部品
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
VAV (可変風量) ボックスの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ロック(錠)の世界市場2017-2021:ドアロック、金庫ロック、家具ロック
    当調査レポートでは、ロック(錠)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ロック(錠)の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 衛星データサービスの世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、衛星データサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、業種別(エネルギー及び電力、エンジニアリング及びインフラストラクチャ、環境、農業、海事、輸送及び物流、保険)分析、サービス別(画像データ、データ分析)分析、エンドユーズ別分析、衛星データサービスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、衛星データサービスの世界市場規模が2019年75億ドルから2025年234億ドルまで年平均21.0%成長すると予測しています。
  • DNAマイクロアレイの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、DNAマイクロアレイの世界市場について調査・分析し、DNAマイクロアレイの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別DNAマイクロアレイシェア、市場規模推移、市場規模予測、DNAマイクロアレイ種類別分析(オリゴヌクレオチドDNAマイクロアレイ(oDNA)、相補的DNAマイクロアレイ(cDNA))、DNAマイクロアレイ用途別分析(遺伝子発現、遺伝子型判定、ゲノム細胞遺伝、その他 )、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・DNAマイクロアレイの市場概観 ・DNAマイクロアレイのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・DNAマイクロアレイのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・DNAマイクロアレイの世界市場規模 ・DNAマイクロアレイの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・DNAマイクロアレイのアメリカ市場規模推移 ・DNAマイクロアレイのカナダ市場規模推移 ・DNAマイクロアレイのメキシコ市場規模推移 ・DNAマイクロアレイのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロ …
  • 5-HT1Aアンタゴニスト(拮抗薬)のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における5-HT1Aアンタゴニスト(拮抗薬)のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・5-HT1Aアンタゴニスト(拮抗薬)の概要 ・5-HT1Aアンタゴニスト(拮抗薬)のパイプライン概要 ・企業別開発中の5-HT1Aアンタゴニスト(拮抗薬) ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・5-HT1Aアンタゴニスト(拮抗薬)の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・5-HT1Aアンタゴニスト(拮抗薬)開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 音楽シンセサイザの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、音楽シンセサイザの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、音楽シンセサイザの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 金属表面処理材の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、金属表面処理材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、金属表面処理材の世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 周波数シンセサイザの世界市場予測(~2022):アナログシンセサイザ、ディジタルシンセサイザ、位相検出器、ループフィルタ、発振器、ミキサー
    当調査レポートでは、周波数シンセサイザの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、構成品別分析、用途別分析、地域別分析、周波数シンセサイザの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 水栽培の世界市場:トマト、レタス、キュウリ、コショウ
  • 鋳造・鍛造ロボットの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、鋳造・鍛造ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、鋳造・鍛造ロボットの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 路面標識用塗料の世界市場:製品別(塗料、溶融式路面標示材、予備成形ポリマーテープ、エポキシ樹脂)、地域別(アジア太平洋、北米、欧州、MEA)
    本調査レポートでは、路面標識用塗料の世界市場について調査・分析し、路面標識用塗料の世界市場動向、路面標識用塗料の世界市場規模、市場予測、セグメント別路面標識用塗料市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 屋内ロケーションの世界市場予測:技術、ソフトウェア、サービス
    当調査レポートでは、屋内ロケーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、構成要素別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、屋内ロケーションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • カラーコンタクトレンズの世界市場
    当調査レポートでは、カラーコンタクトレンズの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、カラーコンタクトレンズの世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • クラウドセキュリティーの世界市場予測&動向分析:会社規模別、ソリューション別(クラウドIAM、クラウド電子メールセキュリティ、クラウドIDS / IPS、クラウドDLP)、展開別、地域別、セグメント予測 -2014-2024
    本調査レポートでは、クラウドセキュリティーの世界市場について調査・分析し、クラウドセキュリティーの世界市場動向、クラウドセキュリティーの世界市場規模、市場予測、セグメント別クラウドセキュリティー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の楽器市場2015
    本調査レポートでは、世界の楽器市場2015について調査・分析し、楽器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療用接着剤の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、医療用接着剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、医療用接着剤市場規模、製品種類別(生物学的接着剤、化学接着剤)分析、天然樹脂タイプ別(フィブリン、コラーゲン、アルブミン、その他)分析、合成/半合成樹脂種類別(ポリウレタン、エポキシ、アクリル、シリコーン、シアノアクリレート、ポリエチレングリコール、その他)分析、用途別(外科、医療機器・装置、歯科、内科、固定テープ、創傷縫合、組織結合、包帯テープ、オストミーシール、ドラッグデリバリーパッチ、その他)分析、技術別(溶剤系、水性、ソリッド・ホットメルト、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 医療用接着剤の世界市場:市場動向分析 ・ 医療用接着剤の世界市場:競争要因分析 ・ 医療用接着剤の世界市場:製品種類別(生物学的接着剤、化学接着剤) ・ 医療用接着剤の世界市場:天然樹脂タイプ別(フィブリン、コラーゲン、アルブミン、その他) ・ 医療用接着剤の世界市場:合成/ …
  • 教育用アプリケーションの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、教育用アプリケーションの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、教育用アプリケーション市場規模、最終用途別(高等教育用、プレK-12用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・教育用アプリケーションの世界市場概要 ・教育用アプリケーションの世界市場環境 ・教育用アプリケーションの世界市場動向 ・教育用アプリケーションの世界市場規模 ・教育用アプリケーションの世界市場:業界構造分析 ・教育用アプリケーションの世界市場:最終用途別(高等教育用、プレK-12用) ・教育用アプリケーションの世界市場:地域別市場規模・分析 ・教育用アプリケーションのアメリカ市場規模・予測 ・教育用アプリケーションのヨーロッパ市場規模・予測 ・教育用アプリケーションのアジア市場規模・予測 ・教育用アプリケーションの主要国分析 ・教育用アプリケーションの世界市場:意思決定フレームワーク ・教育用アプリケーションの世界市場:成長要因、課題 ・教 …
  • 視神経損傷(Optic Nerve Injury):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における視神経損傷(Optic Nerve Injury)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、視神経損傷(Optic Nerve Injury)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・視神経損傷(Optic Nerve Injury)の概要 ・視神経損傷(Optic Nerve Injury)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の視神経損傷(Optic Nerve Injury)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・視神経損傷(Optic Nerve Injury)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与 …
  • 機能性食品・栄養補助食品の世界市場:機能性食品、機能性飲料、サプリメント
    当調査レポートでは、機能性食品・栄養補助食品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、機能性食品・栄養補助食品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の前立腺生検デバイス市場:企業別、地域別、製品種類・用途別分析
  • テロメラーゼ活性体のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるテロメラーゼ活性体のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・テロメラーゼ活性体の概要 ・テロメラーゼ活性体のパイプライン概要 ・企業別開発中のテロメラーゼ活性体 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・テロメラーゼ活性体の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・テロメラーゼ活性体開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • クリティカル通信の世界市場予測(~2023年):ハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク技術、産業、地域別分析
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、クリティカル通信の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、提供方式別分析、ネットワーク技術別分析、需要先別分析、地域別分析、クリティカル通信の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 低温コーティングの世界市場予測(~2021年):粉体塗装、液体塗装
    当調査レポートでは、低温コーティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、塗装タイプ別分析、樹脂タイプ別分析、需要先別分析、地域別分析、低温コーティングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ヨーロッパの発酵用化学薬品市場予測2015-2023
    本調査レポートでは、ヨーロッパの発酵用化学薬品市場について調査・分析し、ヨーロッパの発酵用化学薬品市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要国別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 整形外科用装具および支持具の世界市場
    当調査レポートでは、整形外科用装具および支持具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、整形外科用装具および支持具の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ポリメタクリル酸メチル樹脂(PMMA)の世界市場動向・予測(~2021)
    当調査レポートでは、ポリメタクリル酸メチル樹脂(PMMA)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、形状別分析、用途別分析、地域別分析、ポリメタクリル酸メチル樹脂(PMMA)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 化学的種子処理の世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、化学的種子処理の世界市場について調査・分析し、化学的種子処理の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・化学的種子処理の世界市場:市場動向分析 ・化学的種子処理の世界市場:競争要因分析 ・化学的種子処理の世界市場:用途別分析/市場規模 ・化学的種子処理の世界市場:穀物別分析/市場規模 ・化学的種子処理の世界市場:地域別分析/市場規模 ・化学的種子処理の北米市場規模 ・化学的種子処理の欧州市場規模 ・化学的種子処理のアジア市場規模 ・化学的種子処理の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 輸送産業向けエアコンの世界市場2017-2021:自動車、鉄道、航空機
    当調査レポートでは、輸送産業向けエアコンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、輸送産業向けエアコンの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ソルビトールの世界市場:製品別(液晶、結晶)、用途別(オーラルケア、糖尿病・糖尿病用飲食料品)、最終用途(食品、パーソナルケア)、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、ソルビトールの世界市場について調査・分析し、ソルビトールの世界市場動向、ソルビトールの世界市場規模、市場予測、セグメント別ソルビトール市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 電気泳動システムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、電気泳動システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、電気泳動システム市場規模、技術別(ゲル電気泳動、キャピラリー電気泳動)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Agilent Technologies, Bio-Rad Laboratories, GENERAL ELECTRIC, Lonza, Merck KGaA, Thermo Fisher Scientificなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・電気泳動システムの世界市場概要 ・電気泳動システムの世界市場環境 ・電気泳動システムの世界市場動向 ・電気泳動システムの世界市場規模 ・電気泳動システムの世界市場:業界構造分析 ・電気泳動システムの世界市場:技術別(ゲル電気泳動、キャピラリー電気泳動) ・電気泳動システムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・電気泳動システムの北米市場規模・予測 ・電気泳動システムのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・電気泳動シ …
  • 硝酸カリウムの世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、硝酸カリウムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、硝酸カリウムの世界市場規模及び予測、需要先別分析、原料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)市場:日本の治療薬市場
  • 世界の塩化アンモニウム市場2016
    本調査レポートでは、世界の塩化アンモニウム市場2016について調査・分析し、塩化アンモニウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 患者温度管理装置の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、患者温度管理装置の世界市場について調査・分析し、患者温度管理装置の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別患者温度管理装置シェア、市場規模推移、市場規模予測、患者温度管理装置種類別分析(患者加温システム、患者冷却システム)、患者温度管理装置用途別分析(手術室、ICU、救急処置室、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・患者温度管理装置の市場概観 ・患者温度管理装置のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・患者温度管理装置のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・患者温度管理装置の世界市場規模 ・患者温度管理装置の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・患者温度管理装置のアメリカ市場規模推移 ・患者温度管理装置のカナダ市場規模推移 ・患者温度管理装置のメキシコ市場規模推移 ・患者温度管理装置のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・患者温度管理装置のドイツ市場規模推移 ・患者温度管理装置のイギリス市場規模推移 ・患者温度管理装 …
  • 臭素の世界市場:有機臭素、臭化水素酸、清澄塩水
    当調査レポートでは、臭素の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、誘導体別分析、用途別分析、地域別分析、臭素の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • IoTデータ管理ソリューションの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、IoTデータ管理ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、ソリューション別分析、サービス別分析、導入方式別分析、地域別分析、IoTデータ管理ソリューションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のラテックス手袋市場2016
    本調査レポートでは、世界のラテックス手袋市場2016について調査・分析し、ラテックス手袋の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 超広帯域(UWB)の世界市場予測(~2022):エンドユーザー別(医療、自動車・運輸業、製造業、住宅販売)、用途別(RTLS / WSN、画像処理)、地域別(北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、その他の地域)
    当調査レポートでは、超広帯域(UWB)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、需要先別分析、用途別分析、地域別分析、超広帯域(UWB)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • バッテリー充電ICの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、バッテリー充電ICの世界市場について調査・分析し、バッテリー充電ICの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別バッテリー充電ICシェア、市場規模推移、市場規模予測、バッテリー充電IC種類別分析(リニア電池充電器、スイッチング電池充電器、μModule電池充電器、パルス電池充電器、SMBus/I2C/SPI電池充電器、昇降圧型電池充電器 )、バッテリー充電IC用途別分析(Li-イオン/Li-ポリマー電池、鉛電池、ニッケルカドミウム蓄電池、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・バッテリー充電ICの市場概観 ・バッテリー充電ICのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・バッテリー充電ICのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・バッテリー充電ICの世界市場規模 ・バッテリー充電ICの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・バッテリー充電ICのアメリカ市場規模推移 ・バッテリー充電ICのカナダ市場規模推移 ・バッテリー充電ICのメキシコ市場規模推移 ・バッテリー …
  • バイオバンクの世界市場:製品別(LIMS)、サービス別(コールドチェーン)、生体試料別、バイオバンク別(仮想)、用途別、セグメント予測
    バイオバンクの世界市場は2025年には745億4000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率4.5%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、慢性疾患の治療のために開発された新たな治療法の臨床試験を支援し、容易にするための生体試料採取の必要性の高まりが考えられます。本調査レポートでは、バイオバンクの世界市場について調査・分析し、バイオバンクの世界市場動向、バイオバンクの世界市場規模、市場予測、セグメント別バイオバンク市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ホームエンターテイメントの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ホームエンターテイメントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ホームエンターテイメントの世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はホームエンターテイメントの世界市場が2017-2021年期間中に年平均10.21%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Bose、LG Electronics、Samsung Electronics、Sony、Yamaha等です。
  • 鉛鉱業の世界市場(~2020)
  • 世界の医療用ヒートポンプ市場2016
    本調査レポートでは、世界の医療用ヒートポンプ市場2016について調査・分析し、医療用ヒートポンプの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療用カメラの世界市場予測(~2021年):内視鏡カメラ、手術用顕微鏡カメラ、皮膚科用カメラ、眼科用カメラ、歯科用カメラ
    当調査レポートでは、医療用カメラの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、カメラ種類別分析、センサ別分析、需要先別分析、地域別分析、医療用カメラの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • オートバイ用コネクターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、オートバイ用コネクターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オートバイ用コネクターの世界市場規模及び予測、用途別分析、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はオートバイ用コネクターの世界市場が2017-2021年期間中に年平均(9.57%)成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• TE Connectivity• Yazaki• Delphi Automotive• Sumitomo Electric Wiring Systems• Japan Aviation Electronics Industry等です。
  • イーサネットケーブルの世界市場:銅ケーブル、光ファイバーケーブル
    当調査レポートでは、イーサネットケーブルの世界市場について調査・分析し、市場概要、種類別(銅ケーブル、光ファイバーケーブル)分析、用途別(住宅、工業、商業)分析、ケーブル構造別(シールド付きツイストペア、シールドなしツイストペア)分析、地域別分析、競争状況、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・イーサネットケーブルの世界市場:種類別(銅ケーブル、光ファイバーケーブル) ・イーサネットケーブルの世界市場:用途別(住宅、工業、商業) ・イーサネットケーブルの世界市場:ケーブル構造別(シールド付きツイストペア、シールドなしツイストペア) ・イーサネットケーブルの世界市場:地域別 ・競争状況 ・企業動向
  • ユーザーエンティティ行動分析の世界市場見通し2016-2022:継続的な最適化、実効、データ消失防止、内部脅威、危険な資格証明書
    当調査レポートでは、ユーザーエンティティ行動分析の世界市場について調査・分析し、ユーザーエンティティ行動分析の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・ユーザーエンティティ行動分析の世界市場:市場動向分析 ・ユーザーエンティティ行動分析の世界市場:競争要因分析 ・ユーザーエンティティ行動分析の世界市場:導入種類別分析/市場規模 ・ユーザーエンティティ行動分析の世界市場:種類別分析/市場規模 ・ユーザーエンティティ行動分析の世界市場:需要先別分析/市場規模 ・ユーザーエンティティ行動分析の世界市場:地域別分析/市場規模 ・ユーザーエンティティ行動分析の北米市場規模 ・ユーザーエンティティ行動分析の欧州市場規模 ・ユーザーエンティティ行動分析のアジア市場規模 ・ユーザーエンティティ行動分析の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 永久磁石の世界市場予測(~2021):Nd−Fe−B系磁石、フェライト磁石、サマリウムコバルト磁石、アルニコ磁石
    当調査レポートでは、永久磁石の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、永久磁石の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • チェコのインターベンショナル心臓装置市場見通し
  • 世界の体外診断薬(IVD)市場2019
    本調査レポートでは、世界の体外診断薬(IVD)市場2019について調査・分析し、体外診断薬(IVD)の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、体外診断薬(IVD)のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、体外診断薬(IVD)メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・体外診断薬(IVD)の市場概要 ・体外診断薬(IVD)の上流・下流市場分析 ・体外診断薬(IVD)のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・体外診断薬(IVD)のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・体外診断薬(IVD)のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・体外診断薬(IVD)のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・体外診断薬(IVD)の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・体外診断薬(IVD)の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・体外診断薬(IVD)の北米市 …
  • ワクチンアジュバントの世界市場:粒子状アジュバント、アジュバント・エマルション、病原体、サポニン、組合せアジュバント
    当調査レポートでは、ワクチンアジュバントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品種類別分析、投与経路別分析、疾患種類別分析、用途別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"