"ミクロトームの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:MD 7308)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"ミクロトームの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“High prevalence of cancer, growing demand for digital pathology, and increasing healthcare expenditure are expected to drive the overall growth of the microtomes market”The microtomes market is expected to reach USD 177 million by 2024 from USD 129 million in 2019, at a CAGR of 6.5% during the forecast period. This market is experiencing significant growth due to the growing demand for digital pathology, high prevalence of cancer, and increasing healthcare expenditure. Also, the increasing focus on personalized medicine and the emerging economies are offering growth opportunities for players in the microtomes market. However, a lack of skilled professionals to operate microtomes is expected to restrain the growth of this market during the forecast period.

“Disease diagnosis is expected to dominate the market during the forecast period.”
Based on application, the microtomes market is segmented into disease diagnosis and medical research. Disease diagnosis accounted for the larger market share in 2018, as compared to other segments. Growth in the geriatric population and the increasing incidences of cancer and other chronic diseases are the factors contributing to the larger market share.

“Hospital laboratories to witness the highest growth in microtomes market, by the end-user, in 2018”
Based on end-user, the microtomes market is segmented into clinical laboratories, hospital laboratories, and other end users. The hospital laboratories segment accounted for the largest market share in 2018 as well as the highest CAGR during the forecast period. The large share and the highest growth of the hospital laboratories segment are attributed to the increasing number of patient visits to hospitals, rising number of in-house clinical diagnostic procedures performed in hospitals, growing awareness regarding early diagnosis, and the availability of reimbursements in developed markets for clinical tests performed in hospitals.

“North America to dominate the market during the forecast period”
Geographically, the microtomes market is segmented into North America, Europe, the Asia Pacific, and Rest of the World. In 2018, North America accounted for the largest share of the microtomes market. Growing opportunities for advanced cancer diagnostic testing and screening, the easy accessibility to advanced technologies, favorable reimbursement scenario for anatomic pathology diagnostic tests, increasing healthcare expenditure, and the presence of high-quality infrastructure for hospitals and clinical laboratories in the region are the major factors driving the growth of the microtomes market in North America.

The primary interviews conducted for this report can be categorized as follows:
• By Company Type – Tier 1: 36%, Tier 2: 45%, and Tier 3: 19%
• By Designation – C-level: 33%, D-level: 40%, and Others: 27%
• By Region – North America: 36%, Europe: 28%, Asia Pacific: 19%, Rest of the World: 17%

List of Companies Profiled in the Report
• Thermo Fisher Scientific (US)
• Danaher Corporation (US)
• Diapath S.P.A.
• Sakura Finetek (Japan)
• SLEE Medical GmbH (Germany)
• MEDITE GmbH (Germany)
• Histo-Line Laboratories (Italy)
• Amos Scientific (Australia)
• RMC Boeckeler, Diapath S.p.A. (Italy)
• Jinhua YIDI Medical Appliance (China)

Research Coverage:
This report provides a detailed picture of the global microtomes market. It aims at estimating the size and future growth potential of the market across different segments, such as product, technology, application, end-user, and region. The report also includes an in-depth competitive analysis of the key market players, along with their company profiles, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report:
The report will help market leaders/new entrants by providing them with the closest approximations of the revenue numbers for the overall microtomes market and its subsegments. It will also help stakeholders better understand the competitive landscape and gain more insights to position their business better and make suitable go-to-market strategies. This report will enable stakeholders to understand the pulse of the market and provide them with information on the key market drivers, restraints, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"ミクロトームの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 15)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitation
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 18)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Secondary Source
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.2 Market Size Estimation
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Assumptions for the Study
3 Executive Summary (Page No. – 24)
4 Premium Insights (Page No. – 28)
4.1 Microtomes: Market Overview
4.2 Asia Pacific: Microtomes Market Share, By End User and Country (2019)
4.3 Microtomes Market, By Technology (USD Million)
4.4 Microtomes Market, By Application, 2019 vs. 2024 (USD Million)
4.5 Microtomes Market, By Product, 2019 vs. 2024 (USD Million)
4.6 Geographical Snapshot of the Microtomes Market
5 Market Overview (Page No. – 32)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Market Drivers
5.2.1.1 High Prevalence of Cancer
5.2.1.2 Growing Demand for Digital Pathology
5.2.1.3 Increasing Healthcare Expenditure
5.2.2 Market Restraints
5.2.2.1 Lack of Skilled Professionals
5.2.3 Market Opportunities
5.2.3.1 Growing Focus on Personalized Medicine
5.2.3.2 Emerging Economies
6 Microtomes Market, By Product (Page No. – 37)
6.1 Introduction
6.2 Microtome Instruments
6.2.1 Rotary Microtomes
6.2.1.1 Rotary Microtomes are the Most Common Types of Microtomes Used in Histology Laboratories
6.2.2 Cryostat Microtomes
6.2.2.1 Cryostat Microtomes Provide Immediate Results By Quickly, Reliably, and Safely Cutting Accurate Frozen Sections
6.2.3 Vibrating Microtomes
6.2.3.1 Vibrating Microtomes are Designed to Cut Fresh Tissue Specimens
6.2.4 Other Microtomes
6.3 Microtome Accessories
6.3.1 The Adoption of Disposable Blades has Increased as they Help in Producing High-Quality Sections
7 Microtomes Market, By Application (Page No. – 45)
7.1 Introduction
7.2 Disease Diagnosis
7.2.1 High Prevalence of Cancer to Drive Market Growth
7.3 Medical Research
7.3.1 Increasing Research Activities to Drive the Adoption of Microtomes
8 Microtomes Market, By Technology (Page No. – 49)
8.1 Introduction
8.2 Manual Microtomes
8.2.1 Lower Cost and User Comfort Associated With these Microtomes are Driving their Adoption
8.3 Semi-Automated Microtomes
8.3.1 Semi-Automated Microtomes to Register the Highest Growth Rate During the Forecast Period
8.4 Fully Automated Microtomes
8.4.1 Lack of Clinical Laboratory Technicians and the High Prevalence of Cancer Have Resulted in the Increased Adoption of Fully Automated Microtomes
9 Microtomes Market, By End User (Page No. – 54)
9.1 Introduction
9.2 Hospital Laboratories
9.2.1 Hospital Laboratories Accounted for the Largest Share of the Market, By End User
9.3 Clinical Laboratories
9.3.1 Presence of Robust Infrastructure to Perform Tests in High Volumes is Estimated to Drive Market Growth
9.4 Other End Users
10 Microtomes Market, By Region (Page No. – 59)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 US
10.2.1.1 High Burden of Cancer and Numerous Conferences on Anatomic Pathology to Drive Market Growth
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Availability of Research Funding & Rising Incidence of Cancer to Drive Market Growth
10.3 Europe
10.3.1 Germany
10.3.1.1 Increasing Prevalence of Chronic Diseases and Large-Scale Outsourcing of Clinical Diagnostic Tests By Hospitals to Commercial Service Providers to Support Market Growth
10.3.2 UK
10.3.2.1 Government Initiatives to Drive Market Growth in the UK
10.3.3 France
10.3.3.1 High Prevalence of Cancer to Support Market Growth in France
10.3.4 Italy
10.3.4.1 High Prevalence of Cancer and Increasing Per Capita Healthcare Spending to Support Market Growth in Italy
10.3.5 Spain
10.3.5.1 High Incidence of Chronic Diseases to Drive Market Growth in Spain
10.3.6 Rest of Europe
10.4 Asia Pacific
10.4.1 Japan
10.4.1.1 Presence of A Well-Developed Healthcare System to Support Market Growth in Japan
10.4.2 China
10.4.2.1 Rising Healthcare Expenditure to Drive the Market Growth
10.4.3 India
10.4.3.1 Growing Healthcare Sector in the Country to Drive Market Growth
10.4.4 Rest of Asia Pacific
10.5 Rest of the World
11 Competitive Landscape (Page No. – 96)
11.1 Overview
11.2 Market Share Analysis, 2018
11.3 Competitive Scenario
11.3.1 Partnerships, Agreements, and Collaborations (2016–2019)
11.3.2 Product Launches (2016–2019)
11.3.3 Acquisitions (2016–2019)
11.4 Competitive Leadership Mapping (Overall Market)
11.4.1 Vendor Inclusion Criteria
11.4.2 Vanguards
11.4.3 Innovators
11.4.4 Dynamic Players
11.4.5 Emerging Players
12 Company Profiles (Page No. – 101)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View)*
12.1 Amos Scientific Pty Ltd
12.2 Danaher
12.3 Diapath S.p.A.
12.4 Histo-Line Laboratories
12.5 Jinhua YIDI Medical Appliance Co.,Ltd
12.6 MEDITE GmbH
12.7 RMC Boeckeler
12.8 Sakura Finetek
12.9 SLEE Medical GmbH
12.10 Thermo Fisher Scientific
*Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 116)
13.1 Insights From Industry Experts
13.2 Discussion Guide
13.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.4 Available Customization
13.5 Related Reports
13.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】ミクロトームの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年8月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】MD 7308
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】医療
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
ミクロトームの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 世界のはんだごて市場2015
    本調査レポートでは、世界のはんだごて市場2015について調査・分析し、はんだごての世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 電気集塵装置の世界市場:技術別(乾式、湿式)、用途別(化学、金属、発電、製造、セメント)、セグメント予測
    電気集塵装置の世界市場は2025年には149億7000万米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率3.3%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、消費者意識の高まり、健康的な生活様式への傾き、大気汚染の増加が考えられます。本調査レポートでは、電気集塵装置の世界市場について調査・分析し、電気集塵装置の世界市場動向、電気集塵装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別電気集塵装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 再生医療の世界市場予測(~2021年):細胞治療、組織工学、免疫治療、遺伝子治療
    当調査レポートでは、再生医療の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、治療別分析、製品別分析、用途別分析、地域別分析、再生医療の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 原発性性機能低下症(Primary Hypogonadism):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、原発性性機能低下症(Primary Hypogonadism)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・原発性性機能低下症(Primary Hypogonadism):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・原発性性機能低下症(Primary Hypogonadism)のフェーズ3治験薬の状況 ・原発性性機能低下症(Primary Hypogonadism)治療薬の市場規模(販売予測) ・原発性性機能低下症(Primary Hypogonadism)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・原発性性機能低下症(Primary Hypogonadism)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の原発性性機能低下症(Primary Hypogonadism)治療薬剤
  • ビジネスジェットの世界市場予測(~2030年)
    当調査レポートでは、ビジネスジェットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、航空機種類別(軽量、中型、大型、旅客機)分析、システム別(OEMシステム、アフターマーケットシステム)分析、エンドユーザー別(プライベート、オペレーター)分析、POS別(OEM、アフターマーケット)分析、ビジネスジェットの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ビジネスジェットの世界市場規模が2019年247億ドルから2030年364億ドルまで年平均3.6%成長すると予測しています。
  • 便潜血検査の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、便潜血検査の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、便潜血検査市場規模、最終用途別(病院、診療研究所、臨床診断研究所)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・便潜血検査の世界市場概要 ・便潜血検査の世界市場環境 ・便潜血検査の世界市場動向 ・便潜血検査の世界市場規模 ・便潜血検査の世界市場:業界構造分析 ・便潜血検査の世界市場:最終用途別(病院、診療研究所、臨床診断研究所) ・便潜血検査の世界市場:地域別市場規模・分析 ・便潜血検査のアメリカ市場規模・予測 ・便潜血検査のヨーロッパ市場規模・予測 ・便潜血検査のアジア市場規模・予測 ・便潜血検査の主要国分析 ・便潜血検査の世界市場:意思決定フレームワーク ・便潜血検査の世界市場:成長要因、課題 ・便潜血検査の世界市場:競争環境 ・便潜血検査の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • ハンガリーの整形外科用骨セメントおよび鋳造材料市場見通し
  • イソブチルステアレートの世界市場予測(~2026):金属加工用、パーソナルケア用、産業用
    当調査レポートでは、イソブチルステアレートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別分析、地域別分析、イソブチルステアレートの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 工業用ブラシの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、工業用ブラシの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、工業用ブラシの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 血小板受容体阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における血小板受容体阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・血小板受容体阻害剤の概要 ・血小板受容体阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の血小板受容体阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・血小板受容体阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・血小板受容体阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • キャロブの世界市場
    当調査レポートでは、キャロブの世界市場について調査・分析し、キャロブの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - キャロブの世界市場:市場動向分析 - キャロブの世界市場:競争要因分析 - キャロブの世界市場:流通経路別 ・オンライン ・フィットネスショップ ・健康食品店 ・その他 - キャロブの世界市場:形状別 ・液体 ・固体 - キャロブの世界市場:用途別 ・パン製品 ・スナック ・乳製品 ・食品&飲料 ・シリアル ・その他 - キャロブの世界市場:主要地域別分析 - キャロブの北米市場規模(アメリカ市場等) - キャロブのヨーロッパ市場規模 - キャロブのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・キャロブの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 軟磁性粉末の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、軟磁性粉末の世界市場について調べ、軟磁性粉末の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、軟磁性粉末の市場規模をセグメンテーション別(製品別(電気鋼、冷間圧延ラミネーション鋼、ソフトフェライト、アモルファス鋼、その他)、エンドユーザー別(電気および電子機器、自動車、テレコミュニケーション、その他)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は軟磁性粉末の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均10%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・軟磁性粉末の市場状況 ・軟磁性粉末の市場規模 ・軟磁性粉末の市場予測 ・軟磁性粉末の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(電気鋼、冷間圧延ラミネーション鋼、ソフトフェライト、アモルファス鋼、その他) ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(電気および電子機器、自動車、テレコミュニケーション、その他) ・軟磁性粉末の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワ …
  • 世界のインスリングラルギン市場2015
    本調査レポートでは、世界のインスリングラルギン市場2015について調査・分析し、インスリングラルギンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 医薬品用HPMCの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、医薬品用HPMCの世界市場について調査・分析し、医薬品用HPMCの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別医薬品用HPMCシェア、市場規模推移、市場規模予測、医薬品用HPMC種類別分析(低粘度、中粘度、高粘度)、医薬品用HPMC用途別分析(錠剤コーティング・接着物、野菜カプセル、懸濁剤)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・医薬品用HPMCの市場概観 ・医薬品用HPMCのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・医薬品用HPMCのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・医薬品用HPMCの世界市場規模 ・医薬品用HPMCの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・医薬品用HPMCのアメリカ市場規模推移 ・医薬品用HPMCのカナダ市場規模推移 ・医薬品用HPMCのメキシコ市場規模推移 ・医薬品用HPMCのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・医薬品用HPMCのドイツ市場規模推移 ・医薬品用HPMCのイギリス市場規模推移 ・医薬品用HPM …
  • 自動車用アクチュエーターの世界市場予測(~2022年):ウェストゲート、VGT、スロットル、ブレーキ、EGR、電動シート、グリルシャッター、HVAC、ヘッドランプ、圧電性アクチュエーター
    当調査レポートでは、自動車用アクチュエーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、車両種類別分析、用途別分析、製品別分析、地域別分析、自動車用アクチュエーターの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 幼稚園用家具の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、幼稚園用家具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、幼稚園用家具の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ウェアラブル・フィットネス技術の世界市場:スマートウォッチ、リストバンド、スマート靴、スマートシャツ、ヘッドバンド
    当調査レポートでは、ウェアラブル・フィットネス技術の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、製品別分析、カテゴリー別分析、構成品別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 臨床化学および免疫診断の世界市場:主要企業および新規参入企業分析
  • 航空機シート作動システムの世界市場
    当調査レポートでは、航空機シート作動システムの世界市場について調査・分析し、航空機シート作動システムの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 質量分析法(MS)の世界市場予測(~2022年):種類、用途、地域別分析
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、質量分析法(MS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、質量分析法(MS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 整形外科用軟組織修復の世界市場の規模と予測:手順別(回旋腱板修復、上顆炎、アキレス腱修復、骨盤臓器延伸、臀部腱、十字靭帯修復、股関節鏡検査、上腕二頭筋腱固定)、けがの部位別(膝、肩、ヒップ、小関節)、動向分析、2013-2024
    本調査レポートでは、整形外科用軟組織修復の世界市場について調査・分析し、整形外科用軟組織修復の世界市場動向、整形外科用軟組織修復の世界市場規模、市場予測、セグメント別整形外科用軟組織修復市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 1,3プロパンジオール(PDO)の世界市場分析:用途別(ポリトリメチレンテレフタレート(PTT)、ポリウレタン、パーソナルケア・洗剤)、セグメント予測
    本調査レポートでは、1,3プロパンジオール(PDO)の世界市場について調査・分析し、1,3プロパンジオール(PDO)の世界市場動向、1,3プロパンジオール(PDO)の世界市場規模、市場予測、セグメント別1,3プロパンジオール(PDO)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 温度伝送器および温湿度発信器の世界市場動向・予測(~2022)
    当調査レポートでは、温度伝送器および温湿度発信器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、検知技術別分析、とう載技術別分析、通信プロトコール別分析、産業別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ペノキススラムの世界市場
    当調査レポートでは、ペノキススラムの世界市場について調査・分析し、ペノキススラムの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • セルロース繊維の世界市場2017-2021:衣料品、工業、衛生、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、セルロース繊維の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、セルロース繊維の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はセルロース繊維の世界市場が2017-2021年期間中に年平均9.70%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はFulida Group Holding、Aditya Birla Management、LENZING、Jiangsu Aoyang Technology、TangShan SanYou Chemical Industries等です。
  • グラム陰性菌感染症(Gram-Negative Bacterial Infections):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるグラム陰性菌感染症(Gram-Negative Bacterial Infections)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、グラム陰性菌感染症(Gram-Negative Bacterial Infections)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・グラム陰性菌感染症(Gram-Negative Bacterial Infections)の概要 ・グラム陰性菌感染症(Gram-Negative Bacterial Infections)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のグラム陰性菌感染症(Gram-Negative Bacterial Infections)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed …
  • 航空用プラスチックの世界市場分析:用途別(航空機構造、構成品、客室内装、推進システム、衛星)、エンドユーザー別、セグメント予測 2014-2025
    本調査レポートでは、航空用プラスチックの世界市場について調査・分析し、航空用プラスチックの世界市場動向、航空用プラスチックの世界市場規模、市場予測、セグメント別航空用プラスチック市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 携帯電話アクセサリーのアメリカ市場:ヘッドフォン、スピーカー、バッテリー、パワーバンク、バッテリーケース、充電器、保護ケース、画面保護、スマートウォッチ、フィットネスバンド、メモリーカード、AR&VRヘッドセット
  • 頭蓋内圧(ICP)モニタリングの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、頭蓋内圧(ICP)モニタリングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、頭蓋内圧(ICP)モニタリングの世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 拡声器の世界市場分析:タイプ別(サテライト/サブウーファー、サウンドバー、サブウーファー、インウォール、屋外、マルチメディア)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、MEA)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、拡声器の世界市場について調査・分析し、拡声器の世界市場動向、拡声器の世界市場規模、市場予測、セグメント別拡声器市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ホール効果電流センサの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、ホール効果電流センサの世界市場について調査・分析し、ホール効果電流センサの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・ホール効果電流センサの世界市場規模:技術別分析 ・ホール効果電流センサの世界市場規模:種類別分析 ・ホール効果電流センサの世界市場規模:出力別分析 ・ホール効果電流センサの世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・ホール効果電流センサの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • マスターバッチの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、マスターバッチの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、マスターバッチの世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 世界の補助人工心臓(VAD)市場2015
    本調査レポートでは、世界の補助人工心臓(VAD)市場2015について調査・分析し、補助人工心臓(VAD)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ブルガリアの原子力発電市場2015
  • 航空機用燃料電池の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、航空機用燃料電池の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、航空機用燃料電池の世界市場規模及び予測、車両種類別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 不妊検査・不妊治療の世界市場
    本調査レポートでは、不妊検査・不妊治療の世界市場について調査・分析し、不妊検査・不妊治療の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 視力ケアの北米市場ー産業および機会分析ー2016-2026
  • 台湾の頭蓋顎顔面固定(CMF)装置市場見通し
  • 熱可塑性ポリウレタン(TPU)フィルムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、熱可塑性ポリウレタン(TPU)フィルムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、熱可塑性ポリウレタン(TPU)フィルム市場規模、用途別(自動車、家具、建設、スポーツ・レジャー、エネルギー、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・熱可塑性ポリウレタン(TPU)フィルムの世界市場概要 ・熱可塑性ポリウレタン(TPU)フィルムの世界市場環境 ・熱可塑性ポリウレタン(TPU)フィルムの世界市場動向 ・熱可塑性ポリウレタン(TPU)フィルムの世界市場規模 ・熱可塑性ポリウレタン(TPU)フィルムの世界市場:業界構造分析 ・熱可塑性ポリウレタン(TPU)フィルムの世界市場:用途別(自動車、家具、建設、スポーツ・レジャー、エネルギー、その他) ・熱可塑性ポリウレタン(TPU)フィルムの世界市場:地域別市場規模・分析 ・熱可塑性ポリウレタン(TPU)フィルムのアメリカ市場規模・予測 ・熱可塑性ポリウレタン(TPU)フィル …
  • 双極性障害市場:ヨーロッパ主要国の治療薬市場
  • 構造用鋼の世界市場:用途別(非住宅(産業、商業施設、オフィス、機関)、住宅)、地域別
    本調査レポートでは、構造用鋼の世界市場について調査・分析し、構造用鋼の世界市場動向、構造用鋼の世界市場規模、市場予測、セグメント別構造用鋼市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ABS(アンチロックブレーキングシステム)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ABS(アンチロックブレーキングシステム)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ABS(アンチロックブレーキングシステム)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動料金収受(AFC)の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、自動料金収受(AFC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、用途別分析、サービス別分析、技術別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • オーストリアの頭蓋顎顔面固定(CMF)装置市場見通し
  • 地震探査船の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、地震探査船の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、地震探査船市場規模、製品タイプ別(2D式、3D式、4D式)分析、用途別(深海、浅海)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 地震探査船の世界市場:市場動向分析 ・ 地震探査船の世界市場:競争要因分析 ・ 地震探査船の世界市場:製品タイプ別(2D式、3D式、4D式) ・ 地震探査船の世界市場:用途別(深海、浅海) ・ 地震探査船の世界市場:主要地域別分析 ・ 地震探査船の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 地震探査船のヨーロッパ市場規模 ・ 地震探査船のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・地震探査船の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • ゴルフ用プッシュ&プルカートの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ゴルフ用プッシュ&プルカートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ゴルフ用プッシュ&プルカートの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 中国のチアメトキサム市場2015
    本調査レポートでは、中国のチアメトキサム市場2015について調査・分析し、チアメトキサムの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ヘモグロビン異常症の世界市場規模および予測:タイプ別(アルファサラセミア、ベータサラセミア、鎌状赤血球症、Hb変異体疾患)、治療法別(輸血、鉄キレート療法、骨髄移植、ヒドロキシ尿素)、診断別(血液検査、遺伝子検査、出生前診断、着床前診断、ヘモグロビン電気泳動)、動向分析、2012-2022
    本調査レポートでは、ヘモグロビン異常症の世界市場について調査・分析し、ヘモグロビン異常症の世界市場動向、ヘモグロビン異常症の世界市場規模、市場予測、セグメント別ヘモグロビン異常症市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 産業用スプレーバルブの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用スプレーバルブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用スプレーバルブの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 浮体式生産貯蔵積出設備(FPSO)の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、浮体式生産貯蔵積出設備(FPSO)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(新規ビルド及び変換済み)分析、船体種類別(シングル&ダブル)分析、推進力別(自走式およびTo航式)分析、使用法別(浅水、深海および超深海)分析、浮体式生産貯蔵積出設備(FPSO)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、浮体式生産貯蔵積出設備(FPSO)の世界市場規模が2019年195億ドルから2024年260億ドルまで年平均5.9%成長すると予測しています。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"