"次亜リン酸ナトリウムの世界市場予測(~2025年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:FB 7311)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"次亜リン酸ナトリウムの世界市場予測(~2025年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“The sodium hypophosphite market is projected to grow at a CAGR of 5.0%, in terms of value.”The global sodium hypophosphite market is estimated to be valued at USD 664 million in 2019 and is likely to reach USD 890 million by 2025, growing at a CAGR of 5.0% during the forecast period. The Asia Pacific region, backed by the development of its electronics and automotive industry, holds high growth prospects for sodium hypophosphite manufacturers in the years to come.
Sodium hypophosphite is the widely used chemical for electroplating application. The automotive and electronics industries utilize the electroless nickel plating application. Countries such as China, Vietnam, Japan, South Korea, Taiwan, and Thailand are expected to be major revenue generators.

“The reducing agent segment in sodium hypophosphite market is estimated to account for the largest share in 2019.”
Based on function, the reducing agent segment is estimated to account for the largest share in the sodium hypophosphite market in 2019. Industrialization has led to an increase in the discharge of waste in water bodies. Sodium hypophosphite acts as a reducing agent and removes metals from industrial waste before being discharged into water bodies. Apart from this, it holds lucrative opportunities in the coming years for its electroless knuckle plating application where it acts as a reducing agent.

“The electrical grade segment in the sodium hypophosphite market is estimated to account for the largest share in 2019.”
Based on grade, the electrical grade segment is estimated to account for the largest share in the sodium hypophosphite in 2019. The electrical grade of sodium hypophosphite involves the application of electroplating. The electrical grade sodium hypophosphite finds use in the electronics and automotive industries. These industries are developing at a high pace in the Asia Pacific countries, especially countries such as China and India.

“The electroplating segment in the sodium hypophosphite market is estimated to account for the largest share in 2019.”
The automotive and electronics industries utilize the electroless nickel plating application. The corrosion resistance property of electroless nickel plating makes it an ideal choice for both the industries. The Asia Pacific region, a hub of export of electronic products, has high growth prospects for sodium hypophosphite manufacturers in the coming years. Key revenue generating countries in the region include China, among the largest producer of electronics at a global level, Vietnam, Japan, South Korea, Taiwan, and Thailand, the hub of production of hard drives, semiconductor, and integrated circuits

“The Asia Pacific sodium hypophosphite market is projected to witness significant growth.”
The Asia Pacific sodium hypophosphite market is projected to account for the largest share by 2025. Countries such as China, India, Japan, and South Korea are expected to be key revenue generators. The booming automotive and electronics industries hold high growth prospects for sodium hypophosphite manufacturers in the coming years in the region. China, a global hub of electronic products, further adds to its demand. The country dominates the export market for sodium hypophosphite owing to the presence of a large number of phosphorus reserves. The region is a key market for sodium hypophosphite due to the development of the industrial sector across all the countries in the region.
Break-up of Primaries:
 By Company Type: Tier 1 – 20 %, Tier 2 – 40%, and Tier 3 – 40%
 By Designation: C-level – 30%, Director-level – 20%, and Others* – 50%
 By Region: Asia Pacific – 10%, Europe – 20%, North America – 60%, and RoW**– 10%,
*Others include sales managers, marketing managers, and product managers.
**RoW includes South America and the Middle East & Africa.

Leading players profiled in this report:
This report includes a study of marketing and development strategies along with the product portfolios of the leading companies in the sodium hypophosphite market. It consists of the profiles of leading companies such as Arkema (France), Solvay S.A. (Belgium), Nippon Chemical Industrial Co., Ltd. (Japan), Sigma-Aldrich (US), Hubei Xingfa Chemicals Group Co., Ltd. (China), Changshu New-Tech Chemicals Co., Ltd. (China), Jiangxi Fuerxin Medicine Chemical Co., Ltd. (China), Jiangsu Kangxiang Industrial Group Co., Ltd. (China), Hubei Lianxing Chemical Co., Ltd. (China), Jiangsu Danai Chemical Co., Ltd. (China), Hubei Sky Lake Chemical Co., Ltd. (China), and Huanggang Quanwang Chemical Co., Ltd. (China).

Research Coverage:
The report segments the sodium hypophosphite meat market based on grade, function, application, and region. In terms of insights, this report has focused on various levels of analyses—competitive landscape, end-use analysis, and company profiles—which together comprise and discuss views on the emerging & high-growth segments of the global sodium hypophosphite high-growth regions, countries, government initiatives, drivers, restraints, opportunities, and challenges.

Reasons to buy this report:
• To get a comprehensive overview of the sodium hypophosphite market.
• To gain wide-ranging information about the top players in this industry, their product portfolios, and key strategies adopted by them.
• To gain insights about the major countries/regions, in which the sodium hypophosphite market is gaining popularity.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"次亜リン酸ナトリウムの世界市場予測(~2025年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 15)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Markets Covered
1.2.2 Geographic Segmentation
1.3 Periodization Considered
1.4 Currency Considered
1.5 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 19)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Breakdown of Primary Interviews
2.1.3 Market Size Estimation
2.2 Market Breakdown and Data Triangulation
2.3 Research Assumptions & Limitations
2.3.1 Assumptions
2.3.2 Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 26)
4 Premium Insights (Page No. – 31)
4.1 Opportunities in this Market
4.2 Sodium Hypophosphite Market: Key Countries
4.3 Market, By Function and Region
4.4 Market, By Application & Region
4.5 Asia Pacific: Sodium Hypophosphite Market, By Function & Country
4.6 Market, By Grade
5 Market Overview (Page No. – 36)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Expansion of the Electronics and Automotive Sectors in the Asia Pacific Region
5.2.1.2 Rise in Demand for Water Treatment in Industrial Applications
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Rise in the Price of Phosphorous Rocks Owing to Scarcity in Supply
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Food Industry: Key Revenue Generator in the Coming Years
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Availability of Alternatives in the Market
5.3 Supply Chain Analysis
6 Sodium Hypophosphite Market, By Function (Page No. – 40)
6.1 Introduction
6.2 Reducing Agents
6.2.1 Rise in Chemical Nickel-Plating and Surface Plating
6.3 Catalysts & Stabilizers
6.3.1 Rise in Investment in Pharmaceutical Applications That Incorporate Sodium Hypophosphite
6.4 Chemical Intermediates
6.4.1 Sodium Hypophosphite is Used as A Raw Material to Produce Other Chemicals
6.5 Others
6.5.1 Government Initiatives Toward the Usage of Sodium Hypophosphite in the Food Industry
7 Sodium Hypophosphite Market, By Grade (Page No. – 47)
7.1 Introduction
7.2 Electrical
7.2.1 Expansion of the Automotive and Electronics Industries in the Asia Pacific Region to Boost Sales of Sodium Hypophosphite
7.3 Industrial
7.3.1 Multifunctionality of Sodium Hypophosphite Across Various Industries Expected to Boost Its Sales
7.4 Others
7.4.1 Food Industry Expected to Be the Key Revenue Generator in the Coming Years
8 Sodium Hypophosphite Market, By Application (Page No. – 53)
8.1 Introduction
8.2 Electroplating
8.2.1 Rise in Demand for Nickel Plating and Surface Plating in End-Use Industries
8.3 Water Treatment
8.3.1 Growth in Awareness for Waste-Water Recycling for Industrial Purpose
8.4 Chemicals & Pharmaceuticals
8.4.1 Increase in Investment and R&D on Environment-Friendly and Durable Pharma Products
8.5 Others
8.5.1 Increase in Government Initiatives to Encourage the Adoption of Shp in Convenience Foods
9 Sodium Hypophosphite Market, By Region (Page No. – 61)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 High Demand for Corrosion-Resistant Products and Growth in Manufacturing and Construction Industries Drive the Market in the US
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Highly Diversified Electronics Industry Drives the Market
9.2.3 Mexico
9.2.3.1 Increase in Investment in the Construction Industry
9.3 Asia Pacific
9.3.1 China
9.3.1.1 Science and Technology Development Contribute to the Growth of Industries
9.3.2 Japan
9.3.2.1 R&D Activities for Various Phosphorus-Based Chemicals
9.3.3 India
9.3.3.1 Improved Infrastructure and Government Initiatives Such as “Make in India” to Contribute to the Market Growth
9.3.4 South Korea
9.3.4.1 The Growing Electronics and Automotive Industries in South Korea to Drive Demand for Sodium Hypophosphite
9.3.5 Rest of Asia Pacific
9.4 Europe
9.4.1 Germany
9.4.1.1 Booming Automotive and Electronics Industries in the Country to Boost Sales of Sodium Hypophosphite
9.4.2 France
9.4.2.1 Demand From the Plastic Industry Holds A Lucrative Opportunity
9.4.3 Italy
9.4.3.1 Demand From the Automotive Industry is Expected to Drive this Market
9.4.4 Spain
9.4.4.1 The Construction Sector is Expected to Offer A Lucrative Opportunity in the Coming Years
9.4.5 Poland
9.4.5.1 Strong GDP Performance Boosting the Industrial Sector
9.4.6 Rest of Europe
9.4.6.1 Demand From the Plastic Industry Holds A Lucrative Opportunity
9.5 RoW
9.5.1 South America
9.5.1.1 Brazil: the Key Revenue Pocket in the Region
9.5.2 Middle East & Africa
9.5.2.1 Development of the Automotive, Electrical & Electronics, and Manufacturing Industries Expected to Create A Lucrative Opportunity
10 Competitive Landscape (Page No. – 99)
10.1 Competitive Leadership Mapping (Overall Market)
10.1.1 Terminology/Nomenclature
10.1.1.1 Visionary Leaders
10.1.1.2 Innovators
10.1.1.3 Dynamic Differentiators
10.1.1.4 Emerging Companies
10.2 Ranking of Key Players, 2018
11 Company Profiles (Page No. – 102)
(Business overview, Products offered, Recent Developments, SWOT analysis, MNM view)*
11.1 Arkema
11.2 Solvay
11.3 Nippon Chemical Industrial Co., Ltd
11.4 Sigma-Aldrich
11.5 Hubei Xingfa Chemicals Group Co., Ltd.
11.6 Changshu New-Tech Chemicals Co., Ltd.
11.7 Jiangxi Fuerxin Medicine Chemical Co., Ltd.
11.8 Jiangsu Kangxiang Industrial Group Co., Ltd.
11.9 Hubei Lianxing Chemical Co., Ltd.
11.10 Jiangsu Dan AI Chemical Co., Ltd.
11.11 Hubei Sky Lake Chemical Co., Ltd.
11.12 Huanggang Quanwang Chemical Co., Ltd.
*Details on Business overview, Products offered, Recent Developments, SWOT analysis, MNM view might not be captured in case of unlisted companies.
12 Appendix (Page No. – 120)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】次亜リン酸ナトリウムの世界市場予測(~2025年)
【発行日】2019年8月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】FB 7311
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】食品
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
次亜リン酸ナトリウムの世界市場予測(~2025年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • BRIC(ブラジル・ロシア・インド・中国)の麻酔器市場
  • 金属産業用ガスの世界市場
    当調査レポートでは、金属産業用ガスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、金属産業用ガスの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • インターロイキン-5阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるインターロイキン-5阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・インターロイキン-5阻害剤の概要 ・インターロイキン-5阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のインターロイキン-5阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・インターロイキン-5阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・インターロイキン-5阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 中口径弾薬の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、中口径弾薬の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、中口径弾薬市場規模、製品別(20mm、25mm、30mm、40mm、その他)分析、種類別(物理的圧縮、化学的抽出)分析、用途別(防衛・軍、警察、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 中口径弾薬の世界市場:市場動向分析 ・ 中口径弾薬の世界市場:競争要因分析 ・ 中口径弾薬の世界市場:製品別(20mm、25mm、30mm、40mm、その他) ・ 中口径弾薬の世界市場:種類別(物理的圧縮、化学的抽出) ・ 中口径弾薬の世界市場:用途別(防衛・軍、警察、その他) ・ 中口径弾薬の世界市場:主要地域別分析 ・ 中口径弾薬の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 中口径弾薬のヨーロッパ市場規模 ・ 中口径弾薬のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・中口径弾薬の世界市場:主な市場開拓 ・ 関連企業分析
  • 自動車用インフォテインメントOSの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用インフォテインメントOSの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用インフォテインメントOSの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 音声認識バイオメトリクスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、音声認識バイオメトリクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、音声認識バイオメトリクスの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のスマートフォン電源管理IC市場:価格別、地域別
    本調査レポートはスマートフォン電源管理ICの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、価格別(高価格帯、中価格帯、低価格帯)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・スマートフォン電源管理ICの世界市場:価格別(高価格帯、中価格帯、低価格帯) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 沈降シリカの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、沈降シリカの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、沈降シリカの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 中国の赤外線式ガスセンサ市場2015
    本調査レポートでは、中国の赤外線式ガスセンサ市場2015について調査・分析し、赤外線式ガスセンサの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ブラジルの心臓人工弁市場見通し(~2021)
  • 再発性多発性骨髄腫(Relapsed Multiple Myeloma):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、再発性多発性骨髄腫(Relapsed Multiple Myeloma)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・再発性多発性骨髄腫(Relapsed Multiple Myeloma):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・再発性多発性骨髄腫(Relapsed Multiple Myeloma)のフェーズ3治験薬の状況 ・再発性多発性骨髄腫(Relapsed Multiple Myeloma)治療薬の市場規模(販売予測) ・再発性多発性骨髄腫(Relapsed Multiple Myeloma)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・再発性多発性骨髄腫(Relapsed Multiple Myeloma)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の再発性多発性骨髄腫(Relapsed Multiple Myeloma)治療薬剤
  • 世界の体外診断薬(IVD)市場2019
    本調査レポートでは、世界の体外診断薬(IVD)市場2019について調査・分析し、体外診断薬(IVD)の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、体外診断薬(IVD)のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、体外診断薬(IVD)メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・体外診断薬(IVD)の市場概要 ・体外診断薬(IVD)の上流・下流市場分析 ・体外診断薬(IVD)のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・体外診断薬(IVD)のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・体外診断薬(IVD)のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・体外診断薬(IVD)のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・体外診断薬(IVD)の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・体外診断薬(IVD)の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・体外診断薬(IVD)の北米市 …
  • モンゴルのプラスチック製包装製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • アイウェア用3Dプリンターの世界市場予測2019-2024
    「アイウェア用3Dプリンターの世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、平台型プリンター、ユニバーサルプリンターなど、用途別には、Prescription Glasses、Sunglasses、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。アイウェア用3Dプリンターのグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・アイウェア用3Dプリンターの世界市場概要(サマリー) ・アイウェア用3Dプリンターの企業別販売量・売上 ・アイウェア用3Dプリンターの企業別市場シェア ・アイウェア用3Dプリンターの世界市場規模:種類別(平台型プリンター、ユニバーサルプリンター) ・アイウェア用3Dプリンターの世界市場規模:用途別(Prescription Glasses、Sunglasses、Others) ・アイウェア用3Dプリンターの米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・アイウェア用3Dプリンターのアジア市場規模(日本、中国、韓国 …
  • 自動車用コネクタの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、自動車用コネクタの世界市場について調査・分析し、自動車用コネクタの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別自動車用コネクタシェア、市場規模推移、市場規模予測、自動車用コネクタ種類別分析(電線対電線用コネクタ、電線対基板用コネクタ、基板対基板用コネクタ)、自動車用コネクタ用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・自動車用コネクタの市場概観 ・自動車用コネクタのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・自動車用コネクタのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・自動車用コネクタの世界市場規模 ・自動車用コネクタの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・自動車用コネクタのアメリカ市場規模推移 ・自動車用コネクタのカナダ市場規模推移 ・自動車用コネクタのメキシコ市場規模推移 ・自動車用コネクタのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・自動車用コネクタのドイツ市場規模推移 ・自動車用コネクタのイギリス市場規模推移 ・自動車用コネクタの …
  • ウェアラブルカメラの世界市場分析
    Grand View Research(米国)が発行した本調査レポートでは、ウェアラブルカメラの世界市場について調査・分析し、ウェアラブルカメラの世界市場動向、ウェアラブルカメラの世界市場規模、市場予測、セグメント別ウェアラブルカメラ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • スマートスタジアムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、スマートスタジアムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スマートスタジアム市場規模、ソフトウェア別(デジタルコンテンツ管理、スタジアムセキュリティ・公共安全、ビルオートメーション、イベント管理、ネットワーク管理、群衆管理)分析、導入別(オンプレミス、ハイブリッド)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Cisco Systems, Hewlett Packard Enterprise, Huawei Technologies, Infosys, NECなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・スマートスタジアムの世界市場概要 ・スマートスタジアムの世界市場環境 ・スマートスタジアムの世界市場動向 ・スマートスタジアムの世界市場規模 ・スマートスタジアムの世界市場:業界構造分析 ・スマートスタジアムの世界市場:ソフトウェア別(デジタルコンテンツ管理、スタジアムセキュリティ・公共安全、ビルオートメーション、イベント管理、ネットワ …
  • 業務用チョコレートの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、業務用チョコレートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、業務用チョコレートの世界市場規模及び予測、用途別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の魚類タンパク質市場2015
    本調査レポートでは、世界の魚類タンパク質市場2015について調査・分析し、魚類タンパク質の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • デジタルポリメラーゼ連鎖反応(PCR)の世界市場予測
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、デジタルポリメラーゼ連鎖反応(PCR)の世界市場について調査・分析し、デジタルポリメラーゼ連鎖反応(PCR)の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • カーダンパーの世界市場
    当調査レポートでは、カーダンパーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、カーダンパーの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 乳製品の世界市場:タイプ(ラクターゼ、キモシン、微生物レンネット、リパーゼ)、用途別(ミルク、チーズ、アイスクリーム・デザート、調整粉乳、ホエー、ヨーグルト)、由来別(植物、動物・微生物)、地域別予測
    本資料は、乳製品の世界市場について調べ、乳製品の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ(ラクターゼ、キモシン、微生物レンネット、リパーゼ)分析、用途別(ミルク、チーズ、アイスクリーム・デザート、調整粉乳、ホエー、ヨーグルト)分析、由来別(植物、動物・微生物)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・乳製品の世界市場概要 ・乳製品の世界市場環境 ・乳製品の世界市場動向 ・乳製品の世界市場規模 ・乳製品の世界市場規模:タイプ(ラクターゼ、キモシン、微生物レンネット、リパーゼ) ・乳製品の世界市場規模:用途別(ミルク、チーズ、アイスクリーム・デザート、調整粉乳、ホエー、ヨーグルト) ・乳製品の世界市場規模:由来別(植物、動物・微生物) ・乳製品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・乳製品の北米市場規模・予測 ・乳製品のアメリカ市場規模・予測 ・乳製品のヨーロッパ市場規模・予測 ・乳製品のアジア市場規模・予測 ・乳製品の日本市場規模・予測 ・乳製品の中国市場 …
  • 静止形無効電力補償装置(SVC)の世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、静止形無効電力補償装置(SVC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、構成要素別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ライフルスコープの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ライフルスコープ の世界市場について調査・分析し、ライフルスコープ の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ライフルスコープ シェア、市場規模推移、市場規模予測、ライフルスコープ 種類別分析()、ライフルスコープ 用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ライフルスコープ の市場概観 ・ライフルスコープ のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ライフルスコープ のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ライフルスコープ の世界市場規模 ・ライフルスコープ の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ライフルスコープ のアメリカ市場規模推移 ・ライフルスコープ のカナダ市場規模推移 ・ライフルスコープ のメキシコ市場規模推移 ・ライフルスコープ のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ライフルスコープ のドイツ市場規模推移 ・ライフルスコープ のイギリス市場規模推移 ・ライフルスコープ のロシア市場規模推移 ・ライフル …
  • PPRパイプの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、PPRパイプの世界市場について調査・分析し、PPRパイプの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別PPRパイプシェア、市場規模推移、市場規模予測、PPRパイプ種類別分析()、PPRパイプ用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・PPRパイプの市場概観 ・PPRパイプのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・PPRパイプのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・PPRパイプの世界市場規模 ・PPRパイプの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・PPRパイプのアメリカ市場規模推移 ・PPRパイプのカナダ市場規模推移 ・PPRパイプのメキシコ市場規模推移 ・PPRパイプのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・PPRパイプのドイツ市場規模推移 ・PPRパイプのイギリス市場規模推移 ・PPRパイプのロシア市場規模推移 ・PPRパイプのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・PPRパイプの日本市場規模推移 ・P …
  • ベルギーの関節鏡検査装置市場見通し
  • 発泡剤の世界市場予測(~2026):製品種類別、発泡体別(ポリウレタン、ポリスチレン、フェノール、ポリオレフィン発泡体)、地域別
    当調査レポートでは、発泡剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、製品種類別分析、発泡体別分析、地域別分析、発泡剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 船舶用燃料噴射装置の世界市場:燃料噴射器、燃料バルブ、燃料ポンプ、電子制御ユニット(ECU)
    当調査レポートでは、船舶用燃料噴射装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、用途別分析、構成品別分析、HP範囲別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 分散型太陽光発電の世界市場2020-2024:種類別、地域別
    「分散型太陽光発電の世界市場2020-2024」は、分散型太陽光発電について市場概要、市場規模、設置タイプ別(商業用、産業用、住宅用、オフグリッド)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・分散型太陽光発電の世界市場:設置タイプ別(商業用、産業用、住宅用、オフグリッド) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 人造黒鉛の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、人造黒鉛の世界市場について調査・分析し、人造黒鉛の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別人造黒鉛シェア、市場規模推移、市場規模予測、人造黒鉛種類別分析()、人造黒鉛用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・人造黒鉛の市場概観 ・人造黒鉛のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・人造黒鉛のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・人造黒鉛の世界市場規模 ・人造黒鉛の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・人造黒鉛のアメリカ市場規模推移 ・人造黒鉛のカナダ市場規模推移 ・人造黒鉛のメキシコ市場規模推移 ・人造黒鉛のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・人造黒鉛のドイツ市場規模推移 ・人造黒鉛のイギリス市場規模推移 ・人造黒鉛のロシア市場規模推移 ・人造黒鉛のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・人造黒鉛の日本市場規模推移 ・人造黒鉛の中国市場規模推移 ・人造黒鉛の韓国市場規模推移 ・人造黒鉛のインド市 …
  • エポキシプライマーの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、エポキシプライマーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、基質別(金属、コンクリート・れんが、繊維ガラス)分析、用途別(建築・建設、自動車、船舶、機械・装置)分析、技術別(油溶性、水溶性)分析、エポキシプライマーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のサンダル市場2015
    本調査レポートでは、世界のサンダル市場2015について調査・分析し、サンダルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 胎児および新生児ケア装置の世界市場:超音波装置、ドプラ血流計、胎児モニター、新生児保温器、保育器、パルスオキシメータ、光線療法装置、黄疸治療機器
    当調査レポートでは、胎児および新生児ケア装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、装置種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 微生物検査/臨床微生物学の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、微生物検査/臨床微生物学の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、用途(製薬、臨床、製造、環境)別分析、疾患(呼吸器疾患、STD、UTI)別分析、製品(機器、分析装置、試薬)別分析、エンドユーザー(病院、診断ラボ、学術機関)別分析、微生物検査/臨床微生物学の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • パラフィンワックスの世界市場分析:用途別(キャンドル、包装、化粧品、ホットメルト、ボードサイジング、ゴム)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中南米、中東、アフリカ)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、パラフィンワックスの世界市場について調査・分析し、パラフィンワックスの世界市場動向、パラフィンワックスの世界市場規模、市場予測、セグメント別パラフィンワックス市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • PAPおよびパラセタモールの世界市場
    当調査レポートでは、PAPおよびパラセタモールの世界市場について調査・分析し、PAPおよびパラセタモールの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界のデジタル風力計市場2016
    本調査レポートでは、世界のデジタル風力計市場2016について調査・分析し、デジタル風力計の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 広域スペクトルケモカイン阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における広域スペクトルケモカイン阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・広域スペクトルケモカイン阻害剤の概要 ・広域スペクトルケモカイン阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の広域スペクトルケモカイン阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・広域スペクトルケモカイン阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・広域スペクトルケモカイン阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • LEDビルボードの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、LEDビルボードの世界市場について調査・分析し、LEDビルボードの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別LEDビルボードシェア、市場規模推移、市場規模予測、LEDビルボード種類別分析(単色ベースカラー、二色ベースカラー、フルカラー)、LEDビルボード用途別分析(室内用、室外用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・LEDビルボードの市場概観 ・LEDビルボードのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・LEDビルボードのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・LEDビルボードの世界市場規模 ・LEDビルボードの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・LEDビルボードのアメリカ市場規模推移 ・LEDビルボードのカナダ市場規模推移 ・LEDビルボードのメキシコ市場規模推移 ・LEDビルボードのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・LEDビルボードのドイツ市場規模推移 ・LEDビルボードのイギリス市場規模推移 ・LEDビルボードのロシ …
  • 玄関用フロアマットの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、玄関用フロアマットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、玄関用フロアマットの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、材料別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • フィットネス・アプリの世界市場
    当調査レポートでは、フィットネス・アプリの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フィットネス・アプリの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ピンチバブルの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ピンチバブルの世界市場について調査・分析し、ピンチバブルの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ピンチバブルシェア、市場規模推移、市場規模予測、ピンチバブル種類別分析()、ピンチバブル用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ピンチバブルの市場概観 ・ピンチバブルのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ピンチバブルのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ピンチバブルの世界市場規模 ・ピンチバブルの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ピンチバブルのアメリカ市場規模推移 ・ピンチバブルのカナダ市場規模推移 ・ピンチバブルのメキシコ市場規模推移 ・ピンチバブルのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ピンチバブルのドイツ市場規模推移 ・ピンチバブルのイギリス市場規模推移 ・ピンチバブルのロシア市場規模推移 ・ピンチバブルのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ピンチバブルの日本市場規模推移 ・ピ …
  • 個別急速冷凍(IQF)の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、個別急速冷凍(IQF)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、装置種類別分析、プロセス段階別分析、技術別分析、製品別分析、個別急速冷凍(IQF)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 次世代エネルギー貯蔵技術(EST)の世界市場展望2016
    当調査レポートでは、次世代エネルギー貯蔵技術(EST)の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 1. 概要 2. 既存および新興のエネルギー貯蔵技術の概要 3. 次世代エネルギー貯蔵技術の促進要因と制約要因 4. 次世代機械的エネルギー貯蔵技術 5. 次世代化学エネルギー貯蔵技術 6. 次世代電気エネルギー貯蔵技術 7. 次世代電気化学エネルギー貯蔵技術 8. 専門家の意見 9. 次世代エネルギー貯蔵市場のPEST分析 10. 既存と新興のエネルギー貯蔵技術の比較分析 11. 新興エネルギー貯蔵技術市場の世界的状況 12. 結論および推奨事項 13. 用語集
  • ペスト菌感染症(Yersinia Pestis Infections):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、ペスト菌感染症(Yersinia Pestis Infections)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ペスト菌感染症(Yersinia Pestis Infections):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・ペスト菌感染症(Yersinia Pestis Infections)のフェーズ3治験薬の状況 ・ペスト菌感染症(Yersinia Pestis Infections)治療薬の市場規模(販売予測) ・ペスト菌感染症(Yersinia Pestis Infections)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・ペスト菌感染症(Yersinia Pestis Infections)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のペスト菌感染症(Yersinia Pestis Infections)治療薬剤
  • 医療用外骨格の世界市場:種類別、地域別
    本レポートは、医療用外骨格の市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、モビリティタイプ別(モバイル外骨格、ステーショナリー外骨格)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・医療用外骨格の世界市場:モビリティタイプ別(モバイル外骨格、ステーショナリー外骨格) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 消化性潰瘍(Peptic Ulcers):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、消化性潰瘍(Peptic Ulcers)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・消化性潰瘍(Peptic Ulcers):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・消化性潰瘍(Peptic Ulcers)のフェーズ3治験薬の状況 ・消化性潰瘍(Peptic Ulcers)治療薬の市場規模(販売予測) ・消化性潰瘍(Peptic Ulcers)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・消化性潰瘍(Peptic Ulcers)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の消化性潰瘍(Peptic Ulcers)治療薬剤
  • 中国のステアリン酸亜鉛市場2015
    本調査レポートでは、中国のステアリン酸亜鉛市場2015について調査・分析し、ステアリン酸亜鉛の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 伸縮性導電材料の世界市場予測(~2022):グラフェン、カーボンナノチューブ、銀、銅
    当調査レポートでは、伸縮性導電材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、導電材料別分析、用途別分析、地域別分析、伸縮性導電材料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 食品照射の世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、食品照射の世界市場について調査・分析し、食品照射の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・食品照射の世界市場:市場動向分析 ・食品照射の世界市場:競争要因分析 ・食品照射の世界市場:技術別分析/市場規模 ・食品照射の世界市場:プロセス別分析/市場規模 ・食品照射の世界市場:地域別分析/市場規模 ・食品照射の北米市場規模 ・食品照射の欧州市場規模 ・食品照射のアジア市場規模 ・食品照射の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"