"自動パーキングシステムの世界市場予測(~2027年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AT 7310)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"自動パーキングシステムの世界市場予測(~2027年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Increasing number of vehicles and scarcity of land coupled with the need for low emission sustainable parking solution to boost the automated parking system market”The automated parking system market is estimated to be USD 1.3 billion in 2019 and is projected to grow at a CAGR of 13.1% during the forecast period (2019–2027) to reach a market size of USD 3.6 billion by 2027. The key advantage of an automated parking system is that it can significantly increase the capacity of the parking garage. High efficiency, maximum utilization of space, and reduced vehicle emission (CO2, NOx, and PM10) are some of the other advantages of an automated parking system. Owing to the above advantages, governments are increasingly investing in the development and construction of municipal and public automated parking garages.

“Fully automated is the fastest-growing segment of the automated parking system market, by automation level.”
The choice of an automated parking system depends on many factors such as the available budget, location of the project, and application. High capacity systems tend to be fully automated, while low-capacity systems and low throughput systems are semi-automated. However, advantages such as more capacity and efficiency, reduced emission, and increased safety & convenience of fully automated parking system are expected to boost the market for fully automated parking system. The payment and reservation of parking space can be done with the help of a mobile-based application. A fully automated parking system can feature palleted as well as a non-palleted system. As the non-palleted system has more efficiency and speed, the demand for this system is expected to grow at a rapid pace.

“Residential segment is projected to be the fastest-growing in the automated parking system market “
The growth of residential buildings can be attributed to rapid urbanization, rising disposable income in emerging countries, government funding for housing projects, low-interest rates on housing loans, and growing demand for high-rise buildings. The demand for luxury residential buildings has also increased. According to Christie’s International Real Estate report, the growth in luxury residential sales was 11% in 2017. The demand for automated parking system is high in luxury residential buildings. The automated parking system can substantially decrease emission and increase the green footprint. As developers continue to focus on reducing emission by offering low emission sustainable homes, the demand for automated parking system is expected to increase in residential buildings.

“Asia Oceania is projected to be the fastest-growing region in the automated parking system market.”
The region comprises more than 40% of the world’s population and has some of the fastest-growing economies. Urbanization is on the rise in several countries across Asia. According to a United Nations database, around 2.5 billion people are expected to move to urban areas from 2018 to 2050, and 90% of urbanization is likely to happen in Asia and Africa. India, China, and Nigeria are expected to account for 35% of the projected growth of global urbanization during the same period. Many cities in Asia Oceania region have already reached their saturation level, and any more infrastructural development is not possible. Hence, instead of focusing on infrastructure development, urban planning authorities are focusing on instrumenting smart solutions to derive real benefits from the existing infrastructure. Various smart city projects have been rolled out in the Asia Oceania region to uplift citizen services. These smart city projects address challenges related to infrastructure, transit, utilities, and connectivity. China, Japan, Singapore, and India are expected to witness high growth rates.

BREAKDOWN OF PRIMARIES
The study contains insights provided by various industry experts, ranging from equipment suppliers to Tier-1 companies and OEMs. The break-up of the primaries is as follows:
• By Company Type: Tier-1–50%, Tier-2–35%, and Tier 3–15%
• By Designation: C level–45%, D level–35%, Others–20%
• By Region: North America–30%, Europe–20%, Asia Oceania–25%, Middle East –15%, RoW–10%

The report provides detailed profiles of the following companies:
 Wohr (Germany)
 Klaus Multiparking (Germany)
 CityLift (US)
 Robotic Parking Systems, Inc. (US)
 Skyline Parking (Switzerland)
 Westfalia Parking (Germany)
 Unitronics (Israel)
 FATA Automation (US)
 Park Plus (US)
 Parkmatic (US)
 EITO&GLOBAL (Japan)
 Automotion Parking Systems (US)

Research Coverage
The automated parking system market has been segmented into automation level, by system type (hardware and software), by end-user type (commercial, residential, and mixed-use), platform type (palleted and non-palleted), by design type (hydraulic and electro-mechanical), by parking level (Less than level 5, level 5-level 10, and more than level 10), and region (Asia Oceania, Europe, Middle East, North America, and Rest of the World). The market has been projected in terms of volume (‘000 parking spaces) and value (USD million/billion).

Reasons to Buy the Report:
This report contains various levels of analysis, including industry analysis, company projects, company profiles, and competitive leadership analysis, which discuss the basic views on the emerging and high-growth segments of the automated parking system market, competitive landscape, high-growth regions, government initiatives, and market dynamics such as drivers, restraints, opportunities, and challenges.
The report enables new entrants/smaller firms as well as established firms to understand the market better and helps them acquire a larger market share. Firms purchasing the report could use any one or a combination of the below-mentioned four strategies (market development, product development/innovation, market diversification, and competitive assessment) to strengthen their position in the market.
The report provides insights with reference to the following points:
 Market Development: The report provides comprehensive information about lucrative emerging markets. The report analyzes the automated parking system market for semi-automated and fully automated automation level across regions.
 Product Development/Innovation: The report offers detailed insights about R&D activities, key company’s projects, upcoming technologies, and new product launches in the automated parking system market across all regions.
 Market Diversification: The report provides detailed information about untapped markets, investments, new products, and recent developments in the automated parking system market.
 Competitive Assessment: The report offers an in-depth assessment of strategies, products, and manufacturing capabilities of leading players in the automated parking system market.
 Vendor DIVE Analysis: The report provides company-level mapping of net sales, growth rate of a company’s net sales, overall regional presence, company’s presence/plans in emerging countries, mapping of inorganic and organic developments, manufacturing plants, company’s presence in the OE and aftermarket segments, product offerings (breadth and depth), new product developments in recent years, and R&D expenditure, among others.
 Company-wise product and business strategy scorecards: The report offers company-level analysis and evaluation of product offering category, including the breadth of offering, product innovation, and market presence and company level analysis and evaluation of business strategies, including company’s reach (based on regional presence), revenue growth, infrastructure and clientele, inorganic growth (on the basis of partnerships, collaborations, and acquisitions), and organic growth (on the basis of geographic expansions and new product developments).


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"自動パーキングシステムの世界市場予測(~2027年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 15)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered in the Study
1.4 Currency & Pricing
1.5 Package Size
1.6 Limitations
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 19)
2.1 Research Data
2.2 Secondary Data
2.2.1 Key Secondary Sources
2.2.2 Key Data From Secondary Sources
2.3 Primary Data
2.3.1 Sampling Techniques & Data Collection Methods
2.3.2 Primary Participants
2.4 Market Size Estimation
2.4.1 Top-Down Approach
2.5 Data Triangulation
2.6 Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 27)
4 Premium Insights (Page No. – 34)
4.1 Attractive Opportunities in the Automated Parking System Market
4.2 Market, By Region
4.3 Market, By Level of Automation
4.4 Market, By End-User Type
4.5 Market, By Platform Type
4.6 Market, By System Type
5 Market Overview (Page No. – 39)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Demand for Green and Sustainable Parking Solutions
5.2.1.2 Hours Spent Searching for Parking in Germany
5.2.1.3 Growth in Infrastructure Due to Rising Urbanization
5.2.1.4 Global Urban vs. Rural Population, 2018–2050 (%)
5.2.2 Restraint
5.2.2.1 High Complexity of the System and Issues With Quality Control
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Initiative of Developing ‘Smart Cities’
5.2.3.2 Increasing Demand From Luxury Residential Buildings
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 High Capital Requirement
6 Industry Trends (Page No. – 45)
6.1 Value Chain Analysis
6.2 Macro Indicator Analysis
6.2.1 Introduction
6.2.2 Macro Indicators Influencing the Automated Parking System Market for Top 3 Countries
6.2.2.1 US
6.2.2.2 Germany
6.2.2.3 China
6.3 Porter’s 5 Forces Analysis
6.4 Ev Charging Points in Automated Parking System
6.5 Case Study: Financial Risk Associated With Market
7 Automated Parking System Market, By Automation Level (Page No. – 53)
7.1 Introduction
7.2 Research Methodology
7.3 Fully Automated
7.3.1 Growing Acceptance of Fully Automated Parking System in Europe to Boost the Market in the Region
7.4 Semi-Automated
7.4.1 Lower Cost Than A Fully Automated Parking System and Higher Efficiency Than Conventional Parking System Would Drive the Market for Semi-Automated Parking System
7.5 Key Industry Insights
8 Automated Parking System Market, By Platform Type (Page No. – 59)
8.1 Introduction
8.2 Research Methodology
8.3 Palleted
8.3.1 Asia Oceania is Projeted to Be the Fastest Growing Market
8.4 Non-Palleted
8.4.1 Europe is Estimated to Be the Largest Market
8.5 Key Industry Insights
9 Automated Parking System Market, By End-User Type (Page No. – 64)
9.1 Introduction
9.2 Research Methodology
9.3 Residential
9.3.1 Growing Number of High-Rise and Luxury Residential Buildings to Drive the Asia Oceania Market
9.4 Commercial
9.4.1 Government Support to Drive the European Market
9.5 Mixed-Use
9.5.1 Growing Number of Mixed-Use Facilities Across the Globe to Drive the Market
9.6 Key Industry Insights
10 Automated Parking System Market, By Design Model Type (Page No. – 70)
10.1 Introduction
10.2 Research Methodology
10.3 Hydraulic
10.4 Electro-Mechanical
10.5 Key Industry Insights
11 Automated Parking System Market, By System Type (Page No. – 73)
11.1 Introduction
11.2 Research Methodology
11.3 Hardware
11.3.1 Europe is Estimated to Lead the Market
11.4 Software
11.4.1 Demand for Parking Management System Safety and Security to Drive the Software Market
11.5 Key Indsutry Insights
12 Automated Parking System Market, By Parking Level (Page No. – 78)
12.1 Introduction
12.2 Research Methodology
12.3 Less Than Level 5
12.4 Level 5–Level 10
12.5 More Than Level 10
12.6 Key Industry Insights
13 Automated Parking System Market, By Structure Type (Page No. – 82)
13.1 Introduction
13.2 AGV System
13.3 Silo System
13.4 Tower System
13.5 Rail Guided Cart (RGC) System
13.6 Puzzle System
13.7 Shuttle System
14 Automated Parking System Market, By Region (Page No. – 84)
14.1 Introduction
14.2 Asia Oceania
14.2.1 China
14.2.2 Japan
14.2.3 India
14.2.4 South Korea
14.3 Europe
14.3.1 Germany
14.3.2 Spain
14.3.3 Switzerland
14.3.4 UK
14.3.5 Norway
14.3.6 The Netherlands
14.3.7 Denmark
14.4 Middle East
14.4.1 Kuwait
14.4.2 Israel
14.4.3 UAE
14.5 North America
14.5.1 US
14.5.2 Mexico
14.5.3 Canada
14.6 RoW
14.6.1 Brazil
14.6.2 South Africa
15 Competitive Landscape (Page No. – 104)
15.1 Overview
15.2 Details of Key Automated Parking Projects
15.3 Competitive Leadership Mapping
15.3.1 Visionary Leaders
15.3.2 Innovators
15.3.3 Dynamic Differentiators
15.3.4 Emerging Companies
15.4 Strength of Product Portfolio
15.5 Business Strategy Excellence
16 Company Profiles (Page No. – 109)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
16.1 Skyline Parking
16.2 Westfalia Parking
16.3 Unitronics Corporation
16.4 Klaus Multiparking Systems
16.5 Robotic Parking Systems, Inc.
16.6 Fata Automation
16.7 Citylift
16.8 Parkplus
16.9 Wohr
16.10 Parkmatic
16.11 Eito&Global Inc.
16.12 Automotion Parking Systems
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
16.13 Other Key Players
16.13.1 Asia Pacific
16.13.1.1 IHI Parking Systems
16.13.1.2 Pari
16.13.1.3 Shandong Tada Auto Parking
16.13.1.4 Simmatec International Corporation
16.13.1.5 Nissei Build Kogyo
16.13.2 North America
16.13.2.1 Romax Parking Solutions
16.13.2.2 Watry Design Inc.
16.13.3 Europe
16.13.3.1 5by2
16.13.3.2 Katopark
16.13.3.3 Swiss-Park
16.13.3.4 Designa
17 Appendix (Page No. – 133)
17.1 Insights of Industry Experts
17.2 Discussion Guide
17.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
17.4 Available Customizations
17.4.1 Additional Company Profiles
17.4.1.1 Business Overview
17.4.1.2 SWOT Analysis
17.4.1.3 Recent Developments
17.4.1.4 MnM View
17.4.2 Detailed Analysis of the Automated Parking System Market, By Technology Type
17.4.3 Country Level Detailed Analysis of the Market
17.5 Related Reports
17.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】自動パーキングシステムの世界市場予測(~2027年)
【発行日】2019年8月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】AT 7310
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】自動車
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
自動パーキングシステムの世界市場予測(~2027年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ピロリ菌検査の世界市場:市場機会および成長戦略
  • 灌流装置の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、灌流装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、装置別分析、技術別分析、地域別分析、灌流装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリオレフィンのアジア市場
    本調査レポートでは、ポリオレフィンのアジア市場について調査・分析し、ポリオレフィンのアジア市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ポリアルファオレフィン(PAO)の世界市場分析:用途別(ギアオイル、エンジンオイル、コンプレッサーオイル、グリース)、セグメント予測
    本調査レポートでは、ポリアルファオレフィン(PAO)の世界市場について調査・分析し、ポリアルファオレフィン(PAO)の世界市場動向、ポリアルファオレフィン(PAO)の世界市場規模、市場予測、セグメント別ポリアルファオレフィン(PAO)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 熱可塑性エラストマー(TPE)の世界市場予測(~2022年):SBC、TPO、TPV、COPE、PEBA
    当調査レポートでは、熱可塑性エラストマー(TPE)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、熱可塑性エラストマー(TPE)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 高度道路交通システム(ITS)の世界市場
    当調査レポートでは、高度道路交通システム(ITS)の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・高度道路交通システム(ITS)の世界市場:製品別分析/市場規模 ・高度道路交通システム(ITS)の世界市場:用途別分析/市場規模 ・高度道路交通システム(ITS)の世界市場:構成品別分析/市場規模 ・高度道路交通システム(ITS)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・高度道路交通システム(ITS)のアメリカ市場規模予測 ・高度道路交通システム(ITS)のヨーロッパ市場規模予測 ・高度道路交通システム(ITS)のアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 動物飼料添加剤の世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、動物飼料添加剤の世界市場について調査・分析し、動物飼料添加剤の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・動物飼料添加剤の世界市場:市場動向分析 ・動物飼料添加剤の世界市場:競争要因分析 ・動物飼料添加剤の世界市場:製品別分析/市場規模 ・動物飼料添加剤の世界市場:家畜別分析/市場規模 ・動物飼料添加剤の世界市場:地域別分析/市場規模 ・動物飼料添加剤の北米市場規模 ・動物飼料添加剤の欧州市場規模 ・動物飼料添加剤のアジア市場規模 ・動物飼料添加剤の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • ストーマ/オストミ—(人工肛門)ケアの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ストーマ/オストミ—(人工肛門)ケアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、システム別分析、形状別分析、需要先別分析、ストーマ/オストミ—(人工肛門)ケアの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 低ナトリウム血症(Hyponatremia):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、低ナトリウム血症(Hyponatremia)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・低ナトリウム血症(Hyponatremia):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・低ナトリウム血症(Hyponatremia)のフェーズ3治験薬の状況 ・低ナトリウム血症(Hyponatremia)治療薬の市場規模(販売予測) ・低ナトリウム血症(Hyponatremia)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・低ナトリウム血症(Hyponatremia)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の低ナトリウム血症(Hyponatremia)治療薬剤
  • 細菌性膣病治療薬の世界市場2017-2021:経口薬、局所薬
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、細菌性膣病治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、細菌性膣病治療薬の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は細菌性膣病治療薬の世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.16%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はBayer、Pfizer、Sanofi、Starpharma Holdings等です。
  • 世界の減圧弁市場2015
    本調査レポートでは、世界の減圧弁市場2015について調査・分析し、減圧弁の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の微生物学的検査分析装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の微生物学的検査分析装置市場2015について調査・分析し、微生物学的検査分析装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 中国のセンサー水栓市場2015
    本調査レポートでは、中国のセンサー水栓市場2015について調査・分析し、センサー水栓の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 歯科用診断・手術装置世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、歯科用診断・手術装置世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、歯科用診断・手術装置世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 腎臓神経除去の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、腎臓神経除去の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、腎臓神経除去の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 硬質プラスチック包装の世界市場予測(~2021年):ボトル・瓶、トレー、おけ型小型容器、カップ
    当調査レポートでは、硬質プラスチック包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、原料別分析、種類別分析、製造方式別分析、用途別分析、硬質プラスチック包装の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の正立顕微鏡市場2015
    本調査レポートでは、世界の正立顕微鏡市場2015について調査・分析し、正立顕微鏡の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • フレキシブルパイプの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、フレキシブルパイプの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、フレキシブルパイプ市場規模、製品別(ジャンパーパイプ、ライザーパイプ、流体移送ライン、フローライン)分析、種類別(シリコーンパイプ、断熱パイプ、メトリックパイプ、その他)分析、材質別(ポリアミド(PA)、ポリフッ化ビニリデン(PVDF)、高密度ポリエチレン(HDPE)、ステンレス鋼、ゴム、その他)分析、用途別(オンショア、オフショア)分析、エンドユーザー別(製造業、水処理、石油・ガス、採鉱、化学・石油製品)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ フレキシブルパイプの世界市場:市場動向分析 ・ フレキシブルパイプの世界市場:競争要因分析 ・ フレキシブルパイプの世界市場:製品別(ジャンパーパイプ、ライザーパイプ、流体移送ライン、フローライン) ・ フレキシブルパイプの世界市場:種類別(シリコーンパイプ、断熱パイプ、メトリックパイプ、その他) ・ フレキシブルパイプ …
  • スペースヒーターの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、スペースヒーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スペースヒーターの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療用セラミックスの世界市場:生体不活性セラミックス、生体活性セラミックス、合成吸収性セラミックス
    当調査レポートでは、医療用セラミックスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、医療用セラミックスの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の腎臓透析装置開発動向:医療機器パイプライン分析2015
    当調査レポートでは、腎臓透析装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・腎臓透析装置の概要 ・腎臓透析装置の開発動向:開発段階別分析 ・腎臓透析装置の開発動向:セグメント別分析 ・腎臓透析装置の開発動向:領域別分析 ・腎臓透析装置の開発動向:規制Path別分析 ・腎臓透析装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別腎臓透析装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・腎臓透析装置の最近動向
  • 若年性黄斑変性症治療の世界市場:種類別(アバンサカプタドペゴルナトリウム、エコチオパートヨウ化物、エミクススタット塩酸塩、FAB-111、その他)、用途別(診療所、病院、在宅医療)、地域別予測
    本資料は、若年性黄斑変性症治療の世界市場について調べ、若年性黄斑変性症治療の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(アバンサカプタドペゴルナトリウム、エコチオパートヨウ化物、エミクススタット塩酸塩、FAB-111、その他)分析、用途別(診療所、病院、在宅医療)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはAcucela Inc、Alkeus Pharmaceuticals Inc、Astellas Pharma Inc、Copernicus Therapeutics Inc、Grupo Ferrer International SA、IRIS Pharma、Sanofiなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・若年性黄斑変性症治療の世界市場概要 ・若年性黄斑変性症治療の世界市場環境 ・若年性黄斑変性症治療の世界市場動向 ・若年性黄斑変性症治療の世界市場規模 ・若年性黄斑変性症治療の世界市場規模:種類別(アバンサカプタドペゴルナトリウム、エコチオパートヨウ化物、 …
  • 特殊油脂の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、特殊油脂の世界市場について調査・分析し、特殊油脂の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別特殊油脂シェア、市場規模推移、市場規模予測、特殊油脂種類別分析(カカオ代用脂、その他)、特殊油脂用途別分析(家庭用、飲食店用、工業用、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・特殊油脂の市場概観 ・特殊油脂のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・特殊油脂のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・特殊油脂の世界市場規模 ・特殊油脂の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・特殊油脂のアメリカ市場規模推移 ・特殊油脂のカナダ市場規模推移 ・特殊油脂のメキシコ市場規模推移 ・特殊油脂のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・特殊油脂のドイツ市場規模推移 ・特殊油脂のイギリス市場規模推移 ・特殊油脂のロシア市場規模推移 ・特殊油脂のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・特殊油脂の日本市場規模推移 ・特殊油脂の中国市場規模推移 …
  • ディスクジョッキー(DJ)コンソールの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ディスクジョッキー(DJ)コンソールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ディスクジョッキー(DJ)コンソールの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・調査手法 ・イントロダクション ・市場の状況 ・製品別市場分類 ・購買基準 ・地域別分析 ・主要国 ・ディシジョンフレームワーク ・成長要因・課題 ・市場動向 ・競争状況 ・付録
  • 短繊維用スピンドルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、短繊維用スピンドルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、短繊維用スピンドルの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の無可塑ポリ塩化ビニル(UPVC)屋根板市場2015
    本調査レポートでは、世界の無可塑ポリ塩化ビニル(UPVC)屋根板市場2015について調査・分析し、無可塑ポリ塩化ビニル(UPVC)屋根板の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • エポキシ樹脂用活性強化剤の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、エポキシ樹脂用活性強化剤の世界市場について調査・分析し、エポキシ樹脂用活性強化剤の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別エポキシ樹脂用活性強化剤シェア、市場規模推移、市場規模予測、エポキシ樹脂用活性強化剤種類別分析(ゴム状エラストマー強化剤、熱可塑性樹脂強化剤、ハイパーブランチポリマー、コア-シェルラテックスポリマー、その他)、エポキシ樹脂用活性強化剤用途別分析(コーティング、接着剤、電子部品、複合材料、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エポキシ樹脂用活性強化剤の市場概観 ・エポキシ樹脂用活性強化剤のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・エポキシ樹脂用活性強化剤のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・エポキシ樹脂用活性強化剤の世界市場規模 ・エポキシ樹脂用活性強化剤の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・エポキシ樹脂用活性強化剤のアメリカ市場規模推移 ・エポキシ樹脂用活性強化剤のカナダ市場規模推移 ・エポキシ樹脂用活性強化剤のメキシコ市場規模 …
  • ベータセクレターゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるベータセクレターゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ベータセクレターゼ阻害剤の概要 ・ベータセクレターゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のベータセクレターゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ベータセクレターゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ベータセクレターゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • オメガ3原料の世界市場
    当調査レポートでは、オメガ3原料の世界市場について調査・分析し、オメガ3原料の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 血圧トランスデューサーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、血圧トランスデューサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、血圧トランスデューサーの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • スリップ剤の世界市場:タイプ別(脂肪酸アミド、ワックス・ポリシロキサン)、キャリア樹脂別(LDPE、LLDPE、HDPE、PP)、用途別(パッケージング、非パッケージング)、地域別予測
    本資料は、スリップ剤の世界市場について調べ、スリップ剤の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(脂肪酸アミド、ワックス・ポリシロキサン)分析、キャリア樹脂別(LDPE、LLDPE、HDPE、PP)分析、用途別(パッケージング、非パッケージング)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・スリップ剤の世界市場概要 ・スリップ剤の世界市場環境 ・スリップ剤の世界市場動向 ・スリップ剤の世界市場規模 ・スリップ剤の世界市場規模:タイプ別(脂肪酸アミド、ワックス・ポリシロキサン) ・スリップ剤の世界市場規模:キャリア樹脂別(LDPE、LLDPE、HDPE、PP) ・スリップ剤の世界市場規模:用途別(パッケージング、非パッケージング) ・スリップ剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・スリップ剤の北米市場規模・予測 ・スリップ剤のアメリカ市場規模・予測 ・スリップ剤のヨーロッパ市場規模・予測 ・スリップ剤のアジア市場規模・予測 ・スリップ剤の日本市場規模・予測 …
  • 大便失禁(Fecal Incontinence):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における大便失禁(Fecal Incontinence)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、大便失禁(Fecal Incontinence)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・大便失禁(Fecal Incontinence)の概要 ・大便失禁(Fecal Incontinence)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の大便失禁(Fecal Incontinence)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・大便失禁(Fecal Incontinence)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価 …
  • 世界の光受信機市場2015
    本調査レポートでは、世界の光受信機市場2015について調査・分析し、光受信機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 患者体温管理の世界市場2020-2024
    「患者体温管理の世界市場2020-2024」は、患者体温管理について市場概要、市場規模、製品別(患者加温装置、患者冷却装置)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・患者体温管理の世界市場:製品別(患者加温装置、患者冷却装置) ・顧客状況 ・地域状況 ・決定フレームワーク ・市場の要因・課題 ・市場トレンド ・企業状況 ・企業分析
  • 建材一体型太陽光発電(BIPV)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、建材一体型太陽光発電(BIPV)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、建材一体型太陽光発電(BIPV)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 口内乾燥対策用製品の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、口内乾燥対策用製品の世界市場について調査・分析し、口内乾燥対策用製品の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別口内乾燥対策用製品シェア、市場規模推移、市場規模予測、口内乾燥対策用製品種類別分析(マウスウォッシュ、スプレー、トローチ、その他)、口内乾燥対策用製品用途別分析(オンライン、スーパーマーケット、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・口内乾燥対策用製品の市場概観 ・口内乾燥対策用製品のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・口内乾燥対策用製品のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・口内乾燥対策用製品の世界市場規模 ・口内乾燥対策用製品の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・口内乾燥対策用製品のアメリカ市場規模推移 ・口内乾燥対策用製品のカナダ市場規模推移 ・口内乾燥対策用製品のメキシコ市場規模推移 ・口内乾燥対策用製品のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・口内乾燥対策用製品のドイツ市場規模推移 ・口内乾燥対策 …
  • アイルランドの心臓律動管理装置市場見通し
  • 頭蓋内圧(ICP)モニタリング装置の世界市場分析:方法別(侵襲的、非侵襲的)、用途別(外傷性脳傷害、脳内出血、髄膜炎、くも膜下出血、その他)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、頭蓋内圧(ICP)モニタリング装置の世界市場について調査・分析し、頭蓋内圧(ICP)モニタリング装置の世界市場動向、頭蓋内圧(ICP)モニタリング装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別頭蓋内圧(ICP)モニタリング装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ディープサイクルバッテリーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ディープサイクルバッテリーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ディープサイクルバッテリーの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のクルミ製品市場2015
    本調査レポートでは、世界のクルミ製品市場2015について調査・分析し、クルミ製品の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • グリーンパッケージングの世界市場
    当調査レポートでは、グリーンパッケージングの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・グリーンパッケージングの世界市場:パッケージ種類別分析/市場規模 ・グリーンパッケージングの世界市場:用途別分析/市場規模 ・グリーンパッケージングの世界市場:地域別分析/市場規模 ・グリーンパッケージングのアメリカ市場規模予測 ・グリーンパッケージングのヨーロッパ市場規模予測 ・グリーンパッケージングのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • ペンニードルの世界市場:種類、長さ、治療、購入、地域別分析
    当調査レポートでは、ペンニードルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、ニードルの長さ別分析、治療別分析、購入別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 磁気探知器の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、磁気探知器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、磁気探知器市場規模、形状因子別(固定、ポータブル)分析、製品種類別(3軸式、3次元式、単軸式)分析、技術別(ベクトル磁力計、スカラー磁力計)分析、用途別(家庭用電化製品、防衛・航空(宇宙含む)、健康状態モニタリング、工業用、自然災害研究・モニタリング、パイプラインモニタリング、エネルギー、測量技師)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 磁気探知器の世界市場:市場動向分析 ・ 磁気探知器の世界市場:競争要因分析 ・ 磁気探知器の世界市場:形状因子別(固定、ポータブル) ・ 磁気探知器の世界市場:製品種類別(3軸式、3次元式、単軸式) ・ 磁気探知器の世界市場:技術別(ベクトル磁力計、スカラー磁力計) ・ 磁気探知器の世界市場:用途別(家庭用電化製品、防衛・航空(宇宙含む)、健康状態モニタリング、工業用、自然災害研究・モニタリング、パイプラインモニタリング、エネルギー、測 …
  • 世界の熱電エネルギーハーベスタ市場2015
    本調査レポートでは、世界の熱電エネルギーハーベスタ市場2015について調査・分析し、熱電エネルギーハーベスタの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 神経調節の世界市場予測・分析(用途別、技術別、地域別、企業別)
  • 肺炎検査の世界市場:市場機会および成長戦略
  • 小型自動車用アクセス・セキュリティの世界市場予測(~2030)
    ※本調査レポートでは、小型自動車用アクセス・セキュリティの世界市場について調査・分析し、小型自動車用アクセス・セキュリティの世界市場及び主要地域の市場規模、市場予測、最新技術動向、市場シェア、主要企業(メーカー)の概要(戦略、展望を含む)、業界動向、外部環境分析(Pester)等の情報をお届けしています。
  • B細胞活性化因子阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるB細胞活性化因子阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・B細胞活性化因子阻害剤の概要 ・B細胞活性化因子阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のB細胞活性化因子阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・B細胞活性化因子阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・B細胞活性化因子阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 緑内障手術装置の世界市場:低侵襲緑内障手術(MIGS)装置、レーザー治療装置、従来型治療装置
    当調査レポートでは、緑内障手術装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、緑内障手術装置市場規模、製品別(低侵襲緑内障手術(MIGS)装置、レーザー治療装置、従来型治療装置)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・緑内障手術装置の世界市場概要 ・緑内障手術装置の世界市場環境 ・緑内障手術装置の世界市場動向 ・緑内障手術装置の世界市場規模 ・緑内障手術装置の世界市場:業界構造分析 ・緑内障手術装置の世界市場:製品別(低侵襲緑内障手術(MIGS)装置、レーザー治療装置、従来型治療装置) ・緑内障手術装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・緑内障手術装置の北米市場規模・予測 ・緑内障手術装置のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・緑内障手術装置のアジア太平洋市場規模・予測 ・緑内障手術装置の主要国分析 ・緑内障手術装置の世界市場:意思決定フレームワーク ・緑内障手術装置の世界市場:成長要因、課題 ・緑内障手術装置の世界市場:競争環境 …
  • 医療及びラボ向け紫外線消毒の世界市場2017-2021 
    当調査レポートでは、医療及びラボ向け紫外線消毒の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、医療及びラボ向け紫外線消毒の世界市場規模及び予測、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"