"プラズマ照明の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE 7309)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"プラズマ照明の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Increasing penetration of plasma lighting in horticulture and the growing popularity of indoor farming drives market growthThe plasma lighting market is expected to grow at a CAGR of 4.7% from 2019 to 2024, to reach USD 415 million by 2024 from USD 329 million in 2019. The requirement to carry out indoor farming is expected to increase across the globe, especially in the urban areas in the coming years.
According to the United Nations estimates, nearly 80% of the world’s population is expected to reside in cities and metropolitan areas by 2050. The land available for cultivation is expected to be insufficient to meet the food demand of the urban population. Moreover, the rise in the logistics costs is also likely to contribute to increased prices for fresh vegetables, owing to the growing distance between cities and farms. This, in turn, is likely to contribute to increased demand for indoor farms equipped with plasma lighting in cities, thereby fueling the growth of the plasma lighting market.

Industrial application to dominate in the plasma lighting market during the forecast period
The plasma lighting market, by application, is segmented into roadways, streets, & tunnels; industrial; sports & entertainment; horticulture; and others. Others include fixtures and marine lighting. The plasma lighting market for industrial application is expected to hold a dominant position throughout the forecast period. In industrial settings, safety is a primary concern, and proper and adequate lighting is a key factor to maintain high productivity of workers. The improper application of lighting can result in excessive light, leading to energy wastage. The industrial end-users can save on lighting expenses and conserve energy by using solid-state and other energy-efficient lighting systems such as LEP.

Europe to hold the largest share of plasma lighting market from 2019 to 2024
In terms of market size, Europe is expected to dominate the plasma lighting market during the forecast period and is likely to witness significant growth in the global market during the forecast period. The use of plasma lights for cultivation across the globe, especially, in Europe is leading to the growth of the horticulture segment of the plasma lighting market. The demand for horticulture plasma lighting systems is higher in countries with harsh winters/erratic climatic conditions as these lights enable crops to grow even in the absence of natural light/sunlight.

In the process of determining and verifying the market size for several segments and subsegments gathered through secondary research, extensive primary interviews have been conducted with key officials in the plasma lighting market. Following is the breakup of the profiles of primary participants for the report.
• By Company Type: Tier 1 – 55 %, Tier 2 – 20%, and Tier 3 – 25%
• By Designation: C-Level Executives – 35%, Directors – 25%, and Others – 40%
• By Region: North America – 10%, Europe – 20%, APAC – 40%, and RoW – 30%
The report profiles key players in the plasma lighting market and analyzes their market rankings. Players profiled in this report are LUMA Group (US), Ceravision (UK), Hive Lighting (US), Ka Shui Group (China), Green de Corp. (China), Gavita (Netherlands), FusionLux (US), Griffin & Ray (US), Guangzhou Kaiming Industries (China), BIRNS (US), Ningbo Aishi Electric Equipment (China), Solaronix (Switzerland), RFHIC Corporation (South Korea), FERARF (China), Jofam Sàrl (Switzerland), pinkRF (Netherlands), Ampleon (US), Pure Plasma Lighting (US), LHV Energy (Thailand), and Pandora Green (Italy).

Research Coverage
This report segments the plasma lighting market by application, component, wattage, and geography. The report also describes major drivers, restraints, challenges, and opportunities pertaining to this market, as well as includes the value chain and market ranking analysis.

Reasons to Buy This Report
The report will help leaders/new entrants in the plasma lighting market in the following ways:
1. The report segments the plasma lighting market comprehensively and provides the closest market size estimation for all subsegments across regions.
2. The report will help stakeholders understand the pulse of the market and provide them with information on key drivers, restraints, challenges, and opportunities pertaining to the plasma lighting market.
3. The report will help stakeholders understand their competitors better and gain insights to improve their position in the plasma lighting market. The competitive landscape section describes the competitor ecosystem.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"プラズマ照明の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 13)
1.1 Study Objectives
1.2 Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Geographic Scope
1.3.3 Years Considered
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 16)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Primary Interviews With Experts
2.1.2.2 Key Data From Primary Sources
2.1.2.3 Key Industry Insights
2.1.2.4 Breakdown of Primaries
2.1.3 Secondary and Primary Research
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.1.1 Approach for Capturing Market Size By Bottom-Up Analysis
2.2.2 Top-Down Approach
2.2.2.1 Approach for Capturing Market Size By Top-Down Analysis
2.3 Market Ranking Estimation
2.4 Market Breakdown and Data Triangulation
2.5 Research Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 25)
4 Premium Insights (Page No. – 28)
4.1 Attractive Growth Opportunities in Plasma Lighting Market
4.2 Plasma Lighting Market, By Application
4.3 Europe Plasma Lighting Market, By Country and Application
4.4 Plasma Lighting Market, By Region
5 Market Overview (Page No. – 30)
5.1 Market Dynamics
5.1.1 Drivers
5.1.1.1 Increasing Infrastructure Development Activities in Emerging Economies
5.1.1.2 Growing Number of Indoor Farms Equipped With Plasma Lighting Across the Globe
5.1.1.3 Increasing Demand for Energy-Efficient and Long-Lasting Lights
5.1.2 Restraints
5.1.2.1 High Initial Costs of Superior Quality and Energy-Efficient Plasma Lights
5.1.3 Opportunities
5.1.3.1 Replacement of Traditional Lights With Lep Deep Submergence Lights in Marine Applications
5.1.3.2 Legalization of Marijuana Cultivation in North America Resulting in Increased Number of Greenhouses Equipped With Plasma Lighting
5.1.4 Challenges
5.1.4.1 High Costs Involved in the Replacement of Traditional Lights With Plasma Lights
5.2 Value Chain Analysis
6 Plasma Lighting Market, By Application (Page No. – 34)
6.1 Introduction
6.2 Roadways, Streets, and Tunnels
6.2.1 Increasing Demend for Energy Efficient Lighting is Expected to Propel Plasma Lighting Market in Roadways, Streets, and Tunnels
6.3 Industrial
6.3.1 The Industrial Application Accounted for A Major Share of the Plasma Lighting Market in 2018
6.4 Sports & Entertainment
6.4.1 By Using Plasma Lighting Solutions, Stadium Operators Can Reach an Efficient Operational Level With Least Energy Usage and Reap the Benefits of Reduced Bills.
6.5 Horticulture
6.5.1 The Demand for Horticulture Plasma Lighting Systems is Higher in Countries With Harsh Weather Conditions
6.6 Others
7 Plasma Lighting Components (Page No. – 37)
7.1 Introduction
7.2 Lightron
7.2.1 Lightron is the Most Important Component of Plasma Lighting System
7.3 Waveguide
7.3.1 Waveguide is Used to Direct Microwaves Towards Cavity Resonator
7.4 Cavity Resonator
7.4.1 Cavity Resonator Minimizes External Rf Interference
7.5 Bulb Assembly
7.5.1 A Bulb is Rotated at A Constant Speed to Evenly Distribute the Plasma and Light
8 Plasma Lighting Wattage (300w, 700w, 1,000w) (Page No. – 39)
8.1 Introduction
8.2 300w
8.2.1 Well-Lit Roadways are Preferable to Prevent Accidents
8.3 700w
8.3.1 Increasing Concerns for Saving Energy have Led to the Establishment of Stringent Regulations
8.4 1,000w
8.4.1 Plasma Lighting Systems Make Stadiums More Energy Efficient and Save Money
9 Plasma Lighting Market, By Geography (Page No. – 42)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 US is Projected to Lead North America Plasma Lighting Market From 2019 to 2024
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Promotion of Energy-Efficient Lights is Fueling Growth of Plasma Lighting Market in Canada
9.2.3 Mexico
9.2.3.1 Generation of Renewable Electric Power and Increased Use of Energy-Efficient Lighting is Contributing to Growth of Plasma Lighting Market in Mexico
9.3 Europe
9.3.1 UK
9.3.1.1 Increased Awareness for Energy Conservation is Leading to Growth of Plasma Lighting Market in UK
9.3.2 Germany
9.3.2.1 Rise in Number of Infrastructure Development Projects is Fueling Growth of Plasma Lighting Market in Germany
9.3.3 The Netherlands
9.3.3.1 Increased Use of Plasma Lights in Horticulture Applications is Contributing to Growth of Plasma Lighting Market in the Netherlands
9.3.4 France
9.3.4.1 Emphasis on Reducing Energy Consumption is Leading to Growth of Plasma Lighting Market in France
9.3.5 Italy
9.3.5.1 Increased Focus on Reducing Emissions of Greenhouse Gases is Fueling Growth of Plasma Lighting Market in Italy
9.3.6 Rest of Europe
9.4 Asia Pacific (APAC)
9.4.1 China
9.4.1.1 Increased Investments in Manufacturing Sector are Leading to Growth of Plasma Lighting Market in China
9.4.2 Japan
9.4.2.1 Use of Plasma Lights for Indoor Farming is Contributing to Growth of Plasma Lighting Market in Japan
9.4.3 South Korea
9.4.3.1 Formulation of Stringent Standards for the Development of Energy-Efficient Lights is Contributing to Growth of Plasma Lighting Market in South Korea
9.4.4 Rest of Asia Pacific
10 Competitive Landscape (Page No. – 65)
10.1 Overview
10.2 Market Ranking Analysis
10.3 Competitive Leadership Mapping
10.3.1 Visionary Leaders
10.3.2 Innovators
10.3.3 Dynamic Differentiators
10.3.4 Emerging Companies
10.4 Competitive Situations and Trends
10.4.1 Product Launches
10.4.2 Expansions
11 Company Profiles (Page No. – 69)
11.1 Introduction
11.2 Key Players
(Business Overview, Products/Services Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
11.2.1 Luma Group (Luxim)
11.2.2 Ceravision
11.2.3 Hive Lighting
11.2.4 KA Shui International Holdings
11.2.5 Green De Corp
11.2.6 Gavita
11.2.7 Fusionlux
11.2.8 Griffin & Ray
11.2.9 Guangzhou Kaiming Industries
11.2.10 Birns
* Business Overview, Products/Services Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
11.3 Other Ecosystem Players
11.3.1 Ningbo Aishi Electric Equipment
11.3.2 Solaronix
11.3.3 RFHIC Corporation
11.3.4 Ferarf
11.3.5 Jofam Sàrl
11.4 Start Up Ecosystem Players
11.4.1 Pinkrf
11.4.2 Ampleon
11.4.3 Pure Plasma Lighting
11.4.4 LHV Energy
11.4.5 Pandora Green
12 Appendix (Page No. – 88)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】プラズマ照明の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年8月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE 7309
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
プラズマ照明の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ビッグデータ&ビジネス分析の世界市場:構成要素別(ソフトウェア&サービス)、展開モデル別(オンプレミス&クラウド)、分析ツール別(ダッシュボード&データ可視化、セルフサービスツール、データマイニング&ウェアハウジング、レポート、その他)、用途別(顧客分析、サプライチェーン分析、マーケティング分析、価格分析、空間分析、労働力分析、リスク&信用分析、輸送分析)、産業別(製造、BFSI、ヘルスケア、政府、エネルギー&ユーティリティ、輸送、小売&消費財、IT&通信、教育、その他)
    本調査レポートでは、ビッグデータ&ビジネス分析の世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、構成要素別(ソフトウェア&サービス)分析、展開モデル別(オンプレミス&クラウド)分析、分析ツール別(ダッシュボード&データ可視化、セルフサービスツール、データマイニング&ウェアハウジング、レポート、その他)分析、用途別(顧客分析、サプライチェーン分析、マーケティング分析、価格分析、空間分析、労働力分析、リスク&信用分析、輸送分析)分析、産業別(製造、BFSI、ヘルスケア、政府、エネルギー&ユーティリティ、輸送、小売&消費財、IT&通信、教育、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・ビッグデータ&ビジネス分析の世界市場:構成要素別(ソフトウェア&サービス) ・ビッグデータ&ビジネス分析の世界市場:展開モデル別(オンプレミス&クラウド) ・ビッグデータ&ビジネス分析の世界市場:分析ツール別(ダッシュボード&データ可視化、セルフサービスツール、データマイニング&ウ …
  • バイオマス加熱プラントの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、バイオマス加熱プラントの世界市場について調査・分析し、バイオマス加熱プラントの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別バイオマス加熱プラントシェア、市場規模推移、市場規模予測、バイオマス加熱プラント種類別分析(<5 MW、10-20 MW、その他)、バイオマス加熱プラント用途別分析(発電、熱分配)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・バイオマス加熱プラントの市場概観 ・バイオマス加熱プラントのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・バイオマス加熱プラントのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・バイオマス加熱プラントの世界市場規模 ・バイオマス加熱プラントの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・バイオマス加熱プラントのアメリカ市場規模推移 ・バイオマス加熱プラントのカナダ市場規模推移 ・バイオマス加熱プラントのメキシコ市場規模推移 ・バイオマス加熱プラントのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・バイオマス加熱プラントのドイツ市 …
  • 世界の点眼薬市場規模・予測2017-2025:病気別(ドライアイ、網膜疾患、抗アレルギー/炎症/感染薬、抗緑内障薬)、剤形別(カプセル・タブレット、ゲル、目薬、点眼薬眼用ソリューション)、商品タイプ別(処方薬・ドラッグストア)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の点眼薬市場について調査・分析し、世界の点眼薬市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の点眼薬関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 口腔ケアの世界市場:製品別(マウスウォッシュ・マウスリンス、歯ブラシ、歯磨き粉、義歯用品、歯科用装具)、セグメント予測
    口腔ケアの世界市場は2025年には409億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率5.0%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、眼科口腔衛生と虫歯に関する人々の意識の高まりが考えられます。本調査レポートでは、口腔ケアの世界市場について調査・分析し、口腔ケアの世界市場動向、口腔ケアの世界市場規模、市場予測、セグメント別口腔ケア市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のソーラーポンプ市場2015
    本調査レポートでは、世界のソーラーポンプ市場2015について調査・分析し、ソーラーポンプの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、地域別生産規模分析、販売チャネル分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 半導体製造用ソフトウェアの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、半導体製造用ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、半導体製造用ソフトウェアの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • フランスの末梢血管処置用機器市場見通し(~2021)
  • 熱処理の世界市場2014–2025:材料別(スチール、鋳鉄)、プロセス別、機器別、用途別(自動車、航空宇宙)
    本調査レポートでは、熱処理の世界市場について調査・分析し、熱処理の世界市場動向、熱処理の世界市場規模、市場予測、セグメント別熱処理市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 肝硬変(Liver Cirrhosis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、肝硬変(Liver Cirrhosis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・肝硬変(Liver Cirrhosis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・肝硬変(Liver Cirrhosis)のフェーズ3治験薬の状況 ・肝硬変(Liver Cirrhosis)治療薬の市場規模(販売予測) ・肝硬変(Liver Cirrhosis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・肝硬変(Liver Cirrhosis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の肝硬変(Liver Cirrhosis)治療薬剤
  • 世界のオンライン・オンデマンドホームサービス市場:サービス別、地域別
    本調査レポートはオンライン・オンデマンドホームサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、サービス別(ホームケア及びデザイン、修理及び点検、ヘルス・ウェルネス・美容、その他)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・オンライン・オンデマンドホームサービスの世界市場:サービス別(ホームケア及びデザイン、修理及び点検、ヘルス・ウェルネス・美容、その他) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 新生児インキュベーターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、新生児インキュベーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、新生児インキュベーターの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は新生児インキュベーターの世界市場が2017-2021年期間中に年平均11.94%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Atom Medical• Drägerwerk• GE Healthcare• Natus Medical 等です。
  • オートインジェクター(自動注射器)の世界市場2015-2022
    当調査レポートでは、オートインジェクター(自動注射器)の世界市場について調査・分析し、オートインジェクター(自動注射器)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・オートインジェクター(自動注射器)の世界市場:市場動向分析 ・オートインジェクター(自動注射器)の世界市場:競争要因分析 ・オートインジェクター(自動注射器)の世界市場:装置別分析/市場規模 ・オートインジェクター(自動注射器)の世界市場:製品別分析/市場規模 ・オートインジェクター(自動注射器)の世界市場:治療用途別分析/市場規模 ・オートインジェクター(自動注射器)の世界市場:主要薬剤容器別分析/市場規模 ・オートインジェクター(自動注射器)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・オートインジェクター(自動注射器)の北米市場規模・分析 ・オートインジェクター(自動注射器)の欧州市場・分析 ・オートインジェクター(自動注射器)のアジア市場・分析 ・オートインジェクター(自動注射器)の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 水質監視装置の世界市場予測(~2025年):TOC分析計、pH計、溶存酸素計、伝導度計、濁度計
    当調査レポートでは、水質監視装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、製品種類別分析、用途別分析、地域別分析、水質監視装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • リポタンパクリパーゼ活性因子のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるリポタンパクリパーゼ活性因子のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・リポタンパクリパーゼ活性因子の概要 ・リポタンパクリパーゼ活性因子のパイプライン概要 ・企業別開発中のリポタンパクリパーゼ活性因子 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・リポタンパクリパーゼ活性因子の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・リポタンパクリパーゼ活性因子開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ソーラーポンプの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ソーラーポンプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ソーラーポンプの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アメリカの心臓人工弁市場(~2021)
  • 薬局オートメーションの世界市場予測(~2022年):薬剤分注装置、包装・ラベル装置、計数装置、保管装置
    当調査レポートでは、薬局オートメーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、製品別分析、包装別分析、需要先別分析、地域別分析、薬局オートメーションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動運転車センサーの世界市場
    当調査レポートでは、自動運転車センサーの世界市場について調査・分析し、自動運転車センサーの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 自動運転車センサーの世界市場:市場動向分析 - 自動運転車センサーの世界市場:競争要因分析 - 自動運転車センサーの世界市場:センサーの種類別 ・安全センサー ・圧力センサー ・MEMS(微小電気機械システム)センサー ・磁気センサー ・温度センサー ・慣性センサー ・レベルセンサー ・位置センサー ・酸素センサー ・速度センサー ・NOxセンサー ・その他 - 自動運転車センサーの世界市場:動作原理別 ・圧電性 ・磁気性 ・容量性 ・誘導性 ・光学性 - 自動運転車センサーの世界市場:車両の種類別 ・二輪車 ・バス ・車 ・トラック - 自動運転車センサーの世界市場:用途別 ・乗り物の安全確保 ・燃料噴射および排出 ・シャーシ ・安全&制御 ・エンジン ・パワートレイン ・テレマティックス ・その他 - 自動運転車センサーの世界市場:主要地域別分析 - 自動運転車センサーの北 …
  • 自動出入国管理(ABC)ソリューションの世界市場予測(~2023年):ABC eゲート、ABCキオスク
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、自動出入国管理(ABC)ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、ソリューション別分析、構成要素別分析、用途別分析、地域別分析、自動出入国管理(ABC)ソリューションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 停電管理システム(OMS)の世界市場予測(~2021):組み込み型OMS、スタンドアロン型OMS
    当調査レポートでは、停電管理システム(OMS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、構成要素別分析、需要先別分析、地域別分析、停電管理システム(OMS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 高密度ポリエチレン(HDPE)パイプの世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、高密度ポリエチレン(HDPE)パイプの世界市場について調べ、高密度ポリエチレン(HDPE)パイプの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、高密度ポリエチレン(HDPE)パイプの市場規模をセグメンテーション別(用途別(水供給、農業灌漑、下水道、石油及びガス、その他)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は高密度ポリエチレン(HDPE)パイプの世界市場規模が2019-2023期間中に年平均3%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・高密度ポリエチレン(HDPE)パイプの市場状況 ・高密度ポリエチレン(HDPE)パイプの市場規模 ・高密度ポリエチレン(HDPE)パイプの市場予測 ・高密度ポリエチレン(HDPE)パイプの世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(水供給、農業灌漑、下水道、石油及びガス、その他) ・高密度ポリエチレン(HDPE)パイプの顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市 …
  • メタマテリアル技術の世界市場
    当調査レポートでは、メタマテリアル技術の世界市場について調査・分析し、メタマテリアル技術の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • スマートヘルスケアの世界市場分析:製品別(RFIDカンバンシステム、RFIDスマートキャビネット、電子健康記録/ EHR、遠隔医療、mHealth、スマートピル、スマートシリンジ)、セグメント予測
    本調査レポートでは、スマートヘルスケアの世界市場について調査・分析し、スマートヘルスケアの世界市場動向、スマートヘルスケアの世界市場規模、市場予測、セグメント別スマートヘルスケア市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • IDaaS(サービスとしてのアイデンティティ)の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、IDaaS(サービスとしてのアイデンティティ)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント別(プロビジョニング、シングルサインオン、および高度認証)分析、展開タイプ別分析、組織規模別分析、業種別(BFSI、通信およびIT、ヘルスケア、および公共部門)分析、IDaaS(サービスとしてのアイデンティティ)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、IDaaS(サービスとしてのアイデンティティ)の世界市場規模が2019年25億ドルから2024年65億ドルまで年平均21.1%成長すると予測しています。
  • 世界の栄養補助食品市場2015
    本調査レポートでは、世界の栄養補助食品市場2015について調査・分析し、栄養補助食品の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 血液培養検査の世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、血液培養検査の世界市場について調査・分析し、血液培養検査の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 血液培養検査の世界市場:市場動向分析 - 血液培養検査の世界市場:競争要因分析 - 血液培養検査の世界市場:用途別 ・マイコバクテリア検出 ・菌血症 ・真菌血症 - 血液培養検査の世界市場:技術別 ・プロテオミクス ・培養ベース ・分子 - 血液培養検査の世界市場:手法別 ・自動型 ・従来型/手作業 - 血液培養検査の世界市場:製品別 ・ソフトウェア・サービス ・機器 ・消耗品 - 血液培養検査の世界市場:最終用途別 ・学術研究所 ・病院検査室 ・参考検査室 ・その他 - 血液培養検査の世界市場:主要地域別分析 - 血液培養検査の北米市場規模(アメリカ市場等) - 血液培養検査のヨーロッパ市場規模 - 血液培養検査のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・血液培養検査の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • アメリカのスマートフォン用音声認識市場
    当調査レポートでは、アメリカのスマートフォン用音声認識市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカのスマートフォン用音声認識市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 硫酸の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、硫酸の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、硫酸の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • クラウドCDN(コンテンツデリバリネットワーク)の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、クラウドCDN(コンテンツデリバリネットワーク)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、種類別分析、ソリューション別分析、サービス別分析、産業別分析、クラウドCDN(コンテンツデリバリネットワーク)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • バイオ農薬の日本市場
    本調査レポートでは、バイオ農薬の日本市場について調査・分析し、バイオ農薬の日本市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 粒径分析の世界市場:レーザー回折、DLS(動的光散乱)、撮像(動的、静的)、コールター原理、NTA(ナノ粒子追尾解析)
    当調査レポートでは、粒径分析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 金属加工ロボットの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、金属加工ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、金属加工ロボットの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 建築・建設用シートの世界市場2014-2025:製品別(瀝青、ゴム、金属、高分子)、用途別(床、天井、窓、扉、HVAC)、最終用途別
    本調査レポートでは、建築・建設用シートの世界市場について調査・分析し、建築・建設用シートの世界市場動向、建築・建設用シートの世界市場規模、市場予測、セグメント別建築・建設用シート市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • グアニル酸シクラーゼ共役受容体活性因子のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるグアニル酸シクラーゼ共役受容体活性因子のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・グアニル酸シクラーゼ共役受容体活性因子の概要 ・グアニル酸シクラーゼ共役受容体活性因子のパイプライン概要 ・企業別開発中のグアニル酸シクラーゼ共役受容体活性因子 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・グアニル酸シクラーゼ共役受容体活性因子の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・グアニル酸シクラーゼ共役受容体活性因子開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • フランスの睡眠時無呼吸症診断装置市場動向(~2021)
  • オーストラリアの股関節置換処置動向(~2021)
  • 工業用空気ろ過(エアフィルター)の世界市場:製品タイプ別(集塵機、ミストコレクター、HEPAフィルター、カートリッジコレクター・フィルター、バグハウスフィルター)、最終用途産業別(セメント、食品、金属、電力、医薬品)、地域別予測
    本資料は、工業用空気ろ過(エアフィルター)の世界市場について調べ、工業用空気ろ過(エアフィルター)の世界規模、市場動向、市場環境、製品タイプ別(集塵機、ミストコレクター、HEPAフィルター、カートリッジコレクター・フィルター、バグハウスフィルター)分析、最終用途産業別(セメント、食品、金属、電力、医薬品)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・工業用空気ろ過(エアフィルター)の世界市場概要 ・工業用空気ろ過(エアフィルター)の世界市場環境 ・工業用空気ろ過(エアフィルター)の世界市場動向 ・工業用空気ろ過(エアフィルター)の世界市場規模 ・工業用空気ろ過(エアフィルター)の世界市場規模:製品タイプ別(集塵機、ミストコレクター、HEPAフィルター、カートリッジコレクター・フィルター、バグハウスフィルター) ・工業用空気ろ過(エアフィルター)の世界市場規模:最終用途産業別(セメント、食品、金属、電力、医薬品) ・工業用空気ろ過(エアフィルター)の世 …
  • 四輪駆動(4WD)自動車の世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、四輪駆動(4WD)自動車の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、四輪駆動(4WD)自動車の世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の自動車用デファレンシャルギア市場2016
    本調査レポートでは、世界の自動車用デファレンシャルギア市場2016について調査・分析し、自動車用デファレンシャルギアの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 絶縁体の世界市場
    当調査レポートでは、絶縁体の世界市場について調査・分析し、絶縁体の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • イオン交換樹脂の世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、イオン交換樹脂の世界市場について調査・分析し、イオン交換樹脂の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - イオン交換樹脂の世界市場:市場動向分析 - イオン交換樹脂の世界市場:競争要因分析 - イオン交換樹脂の世界市場:エンドユーザー別 ・化学処理 ・電気・電子 ・食品・飲料 ・工業・金属 ・調剤 ・発電 ・水処理 - イオン交換樹脂の世界市場:種類別 ・吸着剤樹脂 ・アニオン交換樹脂 ・陽イオン交換樹脂 ・キレート樹脂 - イオン交換樹脂の世界市場:用途別 ・汚染除去プロセス ・精製プロセス ・分離プロセス - イオン交換樹脂の世界市場:主要地域別分析 - イオン交換樹脂の北米市場規模(アメリカ市場等) - イオン交換樹脂のヨーロッパ市場規模 - イオン交換樹脂のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・イオン交換樹脂の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 慢性リンパ性白血病(Chronic Lymphocytic Leukemia (CLL)):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、慢性リンパ性白血病(Chronic Lymphocytic Leukemia (CLL))治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・慢性リンパ性白血病(Chronic Lymphocytic Leukemia (CLL)):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・慢性リンパ性白血病(Chronic Lymphocytic Leukemia (CLL))のフェーズ3治験薬の状況 ・慢性リンパ性白血病(Chronic Lymphocytic Leukemia (CLL))治療薬の市場規模(販売予測) ・慢性リンパ性白血病(Chronic Lymphocytic Leukemia (CLL))の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・慢性リンパ性白血病(Chronic Lymphocytic Leukemia (CLL))のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の慢性リンパ性白血病(Chronic …
  • アルコール試験装置の世界市場2016-2020:飲酒検知器(ブレサライザー)、アルコール検知用尿検査装置、アルコール検知用唾液検査装置
    当調査レポートでは、アルコール試験装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アルコール試験装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のコバルト粉市場2016
    本調査レポートでは、世界のコバルト粉市場2016について調査・分析し、コバルト粉の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • クレーンのアジア太平洋市場
  • 商用航空機用アフターマーケット部品の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、商用航空機用アフターマーケット部品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、商用航空機用アフターマーケット部品市場規模、用途別(MRO部品、回転部用部品)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・商用航空機用アフターマーケット部品の世界市場概要 ・商用航空機用アフターマーケット部品の世界市場環境 ・商用航空機用アフターマーケット部品の世界市場動向 ・商用航空機用アフターマーケット部品の世界市場規模 ・商用航空機用アフターマーケット部品の世界市場:業界構造分析 ・商用航空機用アフターマーケット部品の世界市場:用途別(MRO部品、回転部用部品) ・商用航空機用アフターマーケット部品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・商用航空機用アフターマーケット部品のアメリカ市場規模・予測 ・商用航空機用アフターマーケット部品のヨーロッパ市場規模・予測 ・商用航空機用アフターマーケット部品のアジア市場規模・予測 ・商用航空機用アフター …
  • 電気油圧式サーボ弁の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、電気油圧式サーボ弁の世界市場について調査・分析し、電気油圧式サーボ弁の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別電気油圧式サーボ弁シェア、市場規模推移、市場規模予測、電気油圧式サーボ弁種類別分析(ノズルフラッパ弁、ジェット弁、動弁 )、電気油圧式サーボ弁用途別分析(航空宇宙産業、製鋼工業、電力事業、化学産業、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・電気油圧式サーボ弁の市場概観 ・電気油圧式サーボ弁のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・電気油圧式サーボ弁のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・電気油圧式サーボ弁の世界市場規模 ・電気油圧式サーボ弁の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・電気油圧式サーボ弁のアメリカ市場規模推移 ・電気油圧式サーボ弁のカナダ市場規模推移 ・電気油圧式サーボ弁のメキシコ市場規模推移 ・電気油圧式サーボ弁のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・電気油圧式サーボ弁のドイツ市場規模推移 ・電気油圧 …
  • 世界の子宮頸癌診断・検査装置市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、子宮頸癌診断・検査装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・子宮頸癌診断・検査装置の概要 ・子宮頸癌診断・検査装置の開発動向:開発段階別分析 ・子宮頸癌診断・検査装置の開発動向:セグメント別分析 ・子宮頸癌診断・検査装置の開発動向:領域別分析 ・子宮頸癌診断・検査装置の開発動向:規制Path別分析 ・子宮頸癌診断・検査装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別子宮頸癌診断・検査装置の開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・子宮頸癌診断・検査装置の最近動向
  • ポリウレタン添加剤の世界市場予測(~2021年):軟質発泡体、硬質発泡体、接着剤、シーラント、コーティング、エラストマー、バインダー
    当調査レポートでは、ポリウレタン添加剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、ポリウレタン添加剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 培養肉の世界市場予測(~2032年)
    当調査レポートでは、培養肉の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、由来別(家禽、牛肉、魚介類、豚肉、鴨)分析、エンドユーズ別(ナゲット、ハンバーガー、ミートボール、ソーセージ、ホットドッグ)分析、培養肉の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、培養肉の世界市場規模が2025年214百万ドルから2032年593百万ドルまで年平均15.7%成長すると予測しています。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"