"可変風量(VAV)装置の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH 4676)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"可変風量(VAV)装置の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Increasing demand from commercial buildings and industrial buildings to drive the overall growth of variable air volume (VAV) systems marketThe variable air volume (VAV) systems market size is expected to grow from USD 11.8 billion in 2019 to USD 16.0 billion by 2024, at a CAGR of 6.3% during the forecast period. The variable air volume (VAV) systems market is driven by various factors, such as high demand from commercial buildings and industrial buildings. The growth of these industries is anticipated to further propel the growth of the market over the forecast period. However, fluctuating raw material prices are likely to hinder the growth of the market.

Single-dut VAV systems to drive the global market during the forecast period
The variable air volume (VAV) systems market has been segmented based on types as single-duct, dual-duct, fan-powered, and induction based. Among these types, the single-duct segment accounted for the largest share of the market in 2018 and is likely to witness significant growth over the forecast period. The growth of single-duct VAV systems is also spurred by the growth of the building & construction industry, especially in APAC. Increasing population, growing urbanization, and shift of manufacturing facilities from North America and Europe to APAC have fueled the growth of building & construction and infrastructure activities. All such attributes are expected to drive the consumption of single-dut VAV systems.

Commercial buildings segment expected to hold the largest market share during the forecast period
Commercial buildings segment expected to hold the largest market share during the forecast period. Commercial buildings application is growing rapidly owing to the rising demand for variable air volume (VAV) systems in the hospitality sector, retail sector, offices, and warehouses. The increasing infrastructure spending is also expected to boost the installations of VAV systems.

North America is expected to record the highest growth rate during the forecast period
North America is expected to have the highest growth rate during the forecast period, due to the increasing usage of VAV systems in various end-use applications such as commercial, residential, and industrial buildings. US, Mexico, and Canada provide enormous opportunities for the Variable air volume (VAV) systems market due to the presence of a large manufacturing sector. On the other hand, Middle East and Africa are projected to hold the second-largest market size during the forecast period.

In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), marketing directors, other innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the variable air volume (VAV) systems marketplace.

• By Company Type – Tier 1: 35%, Tier: 45%, and Tier 3: 20%
• By Designation – C Level: 35%, Managers: 25%, Others : 40%
• By Region – North America: 45%, Europe: 20%, APAC: 30%, RoW: 5%

The variable air volume (VAV) systems market comprises major solution providers, such as Ingersoll Rand (Ireland), Honeywell International Ltd (US), United Technologies Corporation (US), Daikin Industries Ltd. (Japan), Johnson Controls (US), Siemens (Germany), Emerson Electric Co. (US), TROX (Germany), DAIKIN INDUSTRIES, Ltd., (Japan), KMC Controls (US), and Barcol Air Ltd. (Switzerland). The study includes an in-depth competitive analysis of these key players in the variable air volume (VAV) systems market, with their company profiles, recent developments, and key market strategies.

Research Coverage:
The report covers the Variable air volume (VAV) systems market based on type, application, and region. This study aims at estimating the size and future growth potential of the market across various segmentation types. It also includes an in-depth competitive analysis of the key market players, along with their profiles and key growth strategies.

Key Benefits of Buying the Report:
The report will help the market leaders/new entrants in this market with information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall variable air volume (VAV) systems market and the sub-segments. This report will help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to position their businesses better and to plan suitable go-to-market strategies. The report also helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"可変風量(VAV)装置の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 15)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.4 Years Considered for the Study
1.5 Currency
1.6 Limitations
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 19)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Top-Down Approach
2.2.2 Bottom-Up Approach
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.3.1 Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 25)
4 Premium Insights (Page No. – 29)
4.1 Attractive Opportunities in the VAV System Market
4.2 VAV System Market Growth, By Type
4.3 VAV System Market, By Application and Region
4.4 VAV System Market: Major Countries
5 Market Overview (Page No. – 32)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Construction Activities, Globally
5.2.1.2 Increasing Awareness for Reducing Energy Consumption
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Presence of Alternative Technologies
5.2.2.2 Low Awareness About the VAV System
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Newer Modifications in the VAV System
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 High Product and Installation Costs
5.2.5 Porter’s Five Forces Analysis
5.2.5.1 Bargaining Power of Suppliers
5.2.5.2 Threat of New Entrants
5.2.5.3 Threat of Substitutes
5.2.5.4 Bargaining Power of Buyers
5.2.5.5 Intensity of Competitive Rivalry
5.2.6 Macroeconomic Indicators
5.2.6.1 Introduction
5.2.6.2 Trends and Forecast of GDP at Country Level
5.2.6.3 Countries Engaging in More Than 60% Green Projects (2018 and 2021)
5.2.6.4 Sectors Having Planned Green Activity Over the Next Three Years(2020–2022)
5.2.6.5 Growth Rate of Global Manufacturing Output (Quarter I, 2018)
5.2.7 Supply Chain Analysis
5.2.8 Sales Channel and Component Definition
5.2.9 Component Cost Breakup
5.2.9.1 Component Definitions
5.2.10 New Construction vs Retrofit
6 VAV System Market, By Type (Page No. – 48)
6.1 Introduction
6.2 Single-Duct VAV System
6.2.1 The Use of Single-Duct VAV System Ensures Reduced Energy Consumption, Thereby Contributing to the Global Need for Energy Efficiency
6.3 Dual-Duct VAV System
6.3.1 Dual-Duct VAV System is Ideal for Alternative Ventilation and Humidity Control
6.4 Induction VAV System
6.4.1 One of The Most Important Advantages of This VAV System is That It Requires Low Maintenance
6.5 Fan-Powered VAV System
6.5.1 Fan-Powered Series VAV System
6.5.1.1 This Type of VAV System is Suitable for Use in Areas Where Constant Cfm Needs to Be Maintained
6.5.2 Parallel Fan-Powered VAV System
6.5.2.1 Parallel Fan-Powered VAV System Functions at Constant as Well as Variable Temperature Modes
7 VAV System Market, By Application (Page No. – 57)
7.1 Introduction
7.2 Commercial Buildings
7.2.1 Offices
7.2.1.1 The Type of VAV System Used in Office Buildings Varies According to the Size of the Building
7.2.2 Warehouse
7.2.2.1 Roof Top Single Zone Or Single-Duct VAV Systems are Used Commonly in Warehouses
7.2.3 Hospitality
7.2.4 Retail
7.2.4.1 Packaged Roof Top Single Zone Or Single-Duct VAV Systems are Widely Used in the Retail Sector
7.2.5 Others
7.3 Industrial Buildings
7.3.1 The Energy-Efficient and Cost-Effective Nature of the VAV System is Useful in Industrial Buildings
7.4 Residential Buildings
7.4.1 MEA is A Promising Market in the Residential Buildings Segment
8 VAV System Market, By Region (Page No. – 65)
8.1 Introduction
8.2 North America
8.2.1 US
8.2.1.1 Industrial Growth Driving the Installations of VAV Systems
8.2.2 Canada
8.2.2.1 Growing Immigration Rate is Driving the VAV System Installations in Residential, Commercial, and Industrial Applications
8.2.3 Mexico
8.2.3.1 Government Initiatives to Develop Manufacturing Industries are Driving the VAV System Market
8.3 Middle East and Africa (MEA)
8.3.1 UAE
8.3.1.1 Growing Building and Construction Industry Driving the Installations of VAV Systems
8.3.2 Saudi Arabia
8.3.2.1 Growing Immigration Rate is Driving the VAV Systems Installations in Residential, Commercial, and Industrial Applications
8.3.3 Nigeria
8.3.3.1 Government Initiatives to Develop Manufacturing Industries to Drive the VAV System Market
8.3.4 Rest of MEA
8.4 APAC
8.4.1 China
8.4.1.1 Increasing Demand for the Hvac System to Drive the Market
8.4.2 India
8.4.2.1 Growing Construction Industry and Smart City Projects to Drive the Market
8.4.3 Japan
8.4.3.1 Reconstruction Activities and Further Economic Growth to Provide Opportunities for Market Growth
8.4.4 South Korea
8.4.4.1 Upcoming Green City Projects and the Changing Climatic Conditions to Drive the Demand for VAV Systems
8.4.5 Indonesia
8.4.5.1 Growing Infrastructural Development and Upcoming Smart City Projects are Driving the VAV System Market
8.4.6 Rest of APAC
8.5 South America
8.5.1 Brazil
8.5.1.1 Recovery in Construction Activities Driving the Installation of VAV Systems
8.5.2 Argentina
8.5.2.1 Recovering Construction Activities are Expected to Drive the VAV System Market in the Country
8.5.3 Rest of South America
8.6 Europe
8.6.1 Western Europe
8.6.1.1 Germany
8.6.1.1.1 The Increasing Awareness Regarding Energy Consumption to Drive the VAV System Market
8.6.1.2 UK
8.6.1.2.1 The Growth in Construction of Commercial Buildings to Drive the VAV System Market
8.6.1.3 France
8.6.1.3.1 Growing Construction Activities and the Rising Awareness Regarding Energy Efficiency to Drive the Market
8.6.1.4 Rest of Western Europe
8.6.2 Central & Eastern Europe
8.6.2.1 Russia
8.6.2.1.1 Increase in the Construction Activities in the Country to Drive the Market
8.6.2.2 Turkey
8.6.2.2.1 Growing Awareness Regarding Energy Consumption and an Increasing Number of Commercial Buildings to Drive the Market
8.6.2.3 Rest of Eastern and Central Europe
9 Competitive Landscape (Page No. – 113)
9.1 Overview
9.2 Market Ranking Analysis
9.3 Competitive Scenario
9.3.1 Expansion
9.3.2 Acquisition
9.3.3 Agreement & Joint Venture
9.3.4 New Product Launch
10 Company Profiles (Page No. – 117)
10.1 Johnson Controls
10.1.1 Business Overview
10.1.2 Products Offered
10.1.3 Recent Developments
10.1.4 SWOT Analysis
10.1.5 MnM View
10.2 Ingersoll Rand Plc
10.2.1 Business Overview
10.2.2 Products Offered
10.2.3 Recent Developments
10.2.4 SWOT Analysis
10.2.5 MnM View
10.3 DAIKIN INDUSTRIES, Ltd.
10.3.1 Business Overview
10.3.2 Products Offered
10.3.3 Recent Developments
10.3.4 MnM View
10.4 United Technologies Corporation
10.4.1 Business Overview
10.4.2 Products Offered
10.4.3 Recent Developments
10.4.4 SWOT Analysis
10.4.5 MnM View
10.5 Emerson Electric Co.
10.5.1 Business Overview
10.5.2 Products Offered
10.5.3 SWOT Analysis
10.5.4 MnM View
10.6 Honeywell International Inc.
10.6.1 Business Overview
10.6.2 Products Offered
10.6.3 SWOT Analysis
10.6.4 MnM View
10.7 Siemens
10.7.1 Business Overview
10.7.2 Products Offered
10.7.3 SWOT Analysis
10.7.4 MnM View
10.8 TROX GmbH
10.8.1 Business Overview
10.8.2 Products Offered
10.8.3 Recent Developments
10.8.4 MnM View
10.9 KMC Controls
10.9.1 Business Overview
10.9.2 Products Offered
10.9.3 Recent Developments
10.9.4 MnM View
10.10 Barcol-Air
10.10.1 Business Overview
10.10.2 Products Offered
10.10.3 MnM View
10.11 Other Company Profiles
10.11.1 Schneider Electric
10.11.2 Systemair Ab
10.11.3 Kad Airconditioning
10.11.4 Metal Industries Inc.
10.11.5 Spectrum Industries
10.11.6 Dynacraft Air Controls
10.11.7 Halton Group
10.11.8 Advanced Air Limited
10.11.9 Waterloo Air Products Plc
10.11.10 Air Master Equipments Emirates L.L.C.
11 Appendix (Page No. – 151)
11.1 Insights From Industry Experts
11.2 Available Customizations
11.3 Related Reports

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】可変風量(VAV)装置の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年8月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH 4676
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】部品
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
可変風量(VAV)装置の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 神経性無食欲症(Anorexia Nervosa):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における神経性無食欲症(Anorexia Nervosa)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、神経性無食欲症(Anorexia Nervosa)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・神経性無食欲症(Anorexia Nervosa)の概要 ・神経性無食欲症(Anorexia Nervosa)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の神経性無食欲症(Anorexia Nervosa)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・神経性無食欲症(Anorexia Nervosa)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与 …
  • ロシアの装具市場動向(~2021)
  • 韓国のプラスチックパイプ/チューブ/ホース市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • エアハンドリングユニット(AHU)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、エアハンドリングユニット(AHU)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エアハンドリングユニット(AHU)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用スキャナーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用スキャナーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用スキャナーの世界市場規模及び予測、技術別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の架空ケーブル市場2015
    本調査レポートでは、世界の架空ケーブル市場2015について調査・分析し、架空ケーブルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • マイクロカーの世界市場
    当調査レポートでは、マイクロカーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マイクロカーの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 工業用酵素の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、工業用酵素の世界市場について調査・分析し、工業用酵素の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別工業用酵素シェア、市場規模推移、市場規模予測、工業用酵素種類別分析(糖化酵素、アミラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼ、その他)、工業用酵素用途別分析(飲食料品、洗剤、飼料、織物、紙・パルプ、バイオエネルギー、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・工業用酵素の市場概観 ・工業用酵素のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・工業用酵素のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・工業用酵素の世界市場規模 ・工業用酵素の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・工業用酵素のアメリカ市場規模推移 ・工業用酵素のカナダ市場規模推移 ・工業用酵素のメキシコ市場規模推移 ・工業用酵素のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・工業用酵素のドイツ市場規模推移 ・工業用酵素のイギリス市場規模推移 ・工業用酵素のロシア市場規模推移 ・工業用酵素のアジア市場分析( …
  • 食品保存容器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、食品保存容器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、食品保存容器の世界市場規模及び予測、容器形状別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • チルドビーム・システムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、チルドビーム・システムの世界市場について調査・分析し、チルドビーム・システムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別チルドビーム・システムシェア、市場規模推移、市場規模予測、チルドビーム・システム種類別分析(アクティブチルドビーム、パッシブチルドビーム、マルチサービス用チルドビーム)、チルドビーム・システム用途別分析(商業用、医療機関、教育機関、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・チルドビーム・システムの市場概観 ・チルドビーム・システムのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・チルドビーム・システムのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・チルドビーム・システムの世界市場規模 ・チルドビーム・システムの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・チルドビーム・システムのアメリカ市場規模推移 ・チルドビーム・システムのカナダ市場規模推移 ・チルドビーム・システムのメキシコ市場規模推移 ・チルドビーム・システムのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア …
  • 世界の風力発電市場2016
  • ホルモン不応性転移性(去勢抵抗性、アンドロゲン非依存性)前立腺がん:治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、ホルモン不応性転移性(去勢抵抗性、アンドロゲン非依存性)前立腺がん治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ホルモン不応性転移性(去勢抵抗性、アンドロゲン非依存性)前立腺がん:適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・ホルモン不応性転移性(去勢抵抗性、アンドロゲン非依存性)前立腺がんのフェーズ3治験薬の状況 ・ホルモン不応性転移性(去勢抵抗性、アンドロゲン非依存性)前立腺がん治療薬の市場規模(販売予測) ・ホルモン不応性転移性(去勢抵抗性、アンドロゲン非依存性)前立腺がんの市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・ホルモン不応性転移性(去勢抵抗性、アンドロゲン非依存性)前立腺がんのフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中のホルモン不応性転移性(去勢抵抗性、アンドロゲン非依存性)前立腺がん治療薬剤
  • クリーンルーム用照明器具の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、クリーンルーム用照明器具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クリーンルーム用照明器具の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はクリーンルーム用照明器具の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.18%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Crompton、LUG Light Factory、Eaton、Philips Lighting、Terra Universal、Wipro Lighting等です。
  • リークテスタの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、リークテスタの世界市場について調査・分析し、リークテスタの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別リークテスタシェア、市場規模推移、市場規模予測、リークテスタ種類別分析()、リークテスタ用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・リークテスタの市場概観 ・リークテスタのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・リークテスタのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・リークテスタの世界市場規模 ・リークテスタの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・リークテスタのアメリカ市場規模推移 ・リークテスタのカナダ市場規模推移 ・リークテスタのメキシコ市場規模推移 ・リークテスタのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・リークテスタのドイツ市場規模推移 ・リークテスタのイギリス市場規模推移 ・リークテスタのロシア市場規模推移 ・リークテスタのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・リークテスタの日本市場規模推移 ・リ …
  • 頭部および顔面移植の世界市場                        
    当調査レポートでは、頭部および顔面移植の世界市場について調査・分析し、頭部および顔面移植の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 頭部および顔面移植の世界市場:市場動向分析 - 頭部および顔面移植の世界市場:競争要因分析 - 頭部および顔面移植の世界市場:素材別 ・チタン ・ポリメチルメタクリレート ・多孔性ポリエチレン - 頭部および顔面移植の世界市場:移植の種類別 ・顔面移植 ・頭部移植 - 頭部および顔面移植の世界市場:エンドユーザー別 ・特別な専門科のクリニック ・病院 ・ASC - 頭部および顔面移植の世界市場:主要地域別分析 - 頭部および顔面移植の北米市場規模(アメリカ市場等) - 頭部および顔面移植のヨーロッパ市場規模 - 頭部および顔面移植のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・頭部および顔面移植の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • フレーバータバコの世界市場
    当調査レポートでは、フレーバータバコの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フレーバータバコの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の印画紙市場2016
    本調査レポートでは、世界の印画紙市場2016について調査・分析し、印画紙の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のアイスクリーム市場:製品別、流通経路別、地域別
    本調査レポートはアイスクリームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、製品別(インパルス、テイクホーム、アルティサナル)分析、顧客状況、流通経路別(スーパーマーケット&ハイパーマーケット、専門店、独立小売業者、その他)分析、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・アイスクリームの世界市場:製品別(インパルス、テイクホーム、アルティサナル) ・顧客状況 ・アイスクリームの世界市場:流通経路別(スーパーマーケット&ハイパーマーケット、専門店、独立小売業者、その他) ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 世界のMOSFET市場2015
    本調査レポートでは、世界のMOSFET市場2015について調査・分析し、MOSFETの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • デジタルプリント壁紙の世界市場:電子写真、インクジェット
    Technavio社の本調査レポートでは、デジタルプリント壁紙の世界市場について調べ、デジタルプリント壁紙の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、デジタルプリント壁紙の市場規模をセグメンテーション別(技術別(電子写真、インクジェット)、基板別(不織布、ビニール、その他)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社はデジタルプリント壁紙の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均20%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・デジタルプリント壁紙の市場状況 ・デジタルプリント壁紙の市場規模 ・デジタルプリント壁紙の市場予測 ・デジタルプリント壁紙の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:技術別(電子写真、インクジェット) ・市場セグメンテーション:基板別(不織布、ビニール、その他) ・デジタルプリント壁紙の顧客状況 ・主要地域別市場規模:アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動 …
  • 界面活性剤による石油増進回収法(EOR)の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、界面活性剤による石油増進回収法(EOR)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • リポジストロフィー(Lipodystrophy):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるリポジストロフィー(Lipodystrophy)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、リポジストロフィー(Lipodystrophy)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・リポジストロフィー(Lipodystrophy)の概要 ・リポジストロフィー(Lipodystrophy)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のリポジストロフィー(Lipodystrophy)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・リポジストロフィー(Lipodystrophy)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価 …
  • 環境修復の世界市場予測:バイオレメディエーション、ポンプ&化学処理、土壌蒸気抽出法、熱処理、土壌洗浄
    当調査レポートでは、環境修復の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、環境媒体別分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、環境修復の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 矯正歯科用医療機器・消耗品の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、矯正歯科用医療機器・消耗品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、矯正歯科用医療機器・消耗品の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 矯正歯科は、並びが悪い歯・顎のずれを正常な位置に修正する歯科治療です。矯正治療を行うことによって、口腔の衛生が保ちやすくなる結果口腔の健康が向上する上、審美面でも効果があります。Technavio社は矯正歯科用医療機器・消耗品の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.14%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Dentsply Sirona• Danaher• Patterson Companies• Henry Schein• GC Corporation等です。
  • 物流保険の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、物流保険の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、物流保険の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は物流保険の世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.35%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• AGCS• AIG• Aon• AXA• Integrity Transportation Insurance Agency• Liberty Mutual Insurance• Marsh等です。
  • クロロベンゼンの世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、世界のクロロベンゼン市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・クロロベンゼンの世界市場:イントロダクション ・クロロベンゼンの世界市場:市場概観 ・クロロベンゼンの世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・クロロベンゼンの世界市場:セグメント別市場分析 ・クロロベンゼンの世界市場:主要地域別市場分析 ・クロロベンゼンの世界市場:関連企業分析
  • 世界の変性ポリフェニレンエーテル(MPPE)市場2016
    本調査レポートでは、世界の変性ポリフェニレンエーテル(MPPE)市場2016について調査・分析し、変性ポリフェニレンエーテル(MPPE)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ナノクレイの世界市場
    当調査レポートでは、ナノクレイの世界市場について調査・分析し、ナノクレイの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 自動車アクスル(車軸)・プロペラシャフトの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、自動車アクスル(車軸)・プロペラシャフトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、位置別分析、アクスル種類別分析、プロペラシャフト種類別分析、材料別分析、自動車アクスル(車軸)・プロペラシャフトの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • マイクロスピーカーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、マイクロスピーカーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マイクロスピーカーの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • イギリスの油圧マニホールド市場2016-2020
    当調査レポートでは、イギリスの油圧マニホールド市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、イギリスの油圧マニホールド市場規模及び予測、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • セラミックファイバーのアジア太平洋市場
  • 外国為替(FX)の世界市場:通貨スワップ、アウトライト取引、FXスワップ、FXオプション
    当調査レポートでは、外国為替(FX)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、外国為替(FX)の世界市場規模及び予測、取引相手別分析、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • コクサッキーウイルス検査の世界市場:市場機会および成長戦略
  • Eスポーツの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、Eスポーツの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、Eスポーツ市場規模、ジャンル別比較(MOBA、FPS、RTS、その他)分析、収益別(Eスポーツ広告、賞金プール、チケット販売)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Activision Blizzard, Epic Games, Nintendo, Riot Games, Valve, Wargaming.netなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・Eスポーツの世界市場概要 ・Eスポーツの世界市場環境 ・Eスポーツの世界市場動向 ・Eスポーツの世界市場規模 ・Eスポーツの世界市場:業界構造分析 ・Eスポーツの世界市場:ジャンル別比較(MOBA、FPS、RTS、その他) ・Eスポーツの世界市場:収益別(Eスポーツ広告、賞金プール、チケット販売) ・Eスポーツの世界市場:地域別市場規模・分析 ・Eスポーツの北米市場規模・予測 ・Eスポーツのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・ …
  • ポリオールの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、ポリオールの世界市場について調査・分析し、ポリオールの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ポリオールの世界市場:市場動向分析 - ポリオールの世界市場:競争要因分析 - ポリオールの世界市場:製品の種類別 ・ポリエステルポリオール ・ポリエーテルポリオール - ポリオールの世界市場:用途別 ・コーティング ・接着・封止め ・エラストマー ・ポリウレタン ・その他 - ポリオールの世界市場:エンドユーザー別 ・調剤 ・パーソナルケア ・フットウェア ・食品・飲料 ・電気・電子 ・輸送 ・建設 ・自動車 ・その他 - ポリオールの世界市場:主要地域別分析 - ポリオールの北米市場規模(アメリカ市場等) - ポリオールのヨーロッパ市場規模 - ポリオールのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・ポリオールの世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • カーテンウォールの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、カーテンウォールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、カーテンウォールの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はカーテンウォールの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.79%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Apogee Enterprises、Permasteelisa、Schüco International、Yuanda China Holdings、Skanska等です。
  • 女性医療の世界市場予測
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、女性医療の世界市場について調査・分析し、女性医療の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・女性医療の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・女性医療の世界市場:セグメント別市場分析 ・女性医療の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 白内障(Cataract):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における白内障(Cataract)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、白内障(Cataract)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・白内障(Cataract)の概要 ・白内障(Cataract)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の白内障(Cataract)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・白内障(Cataract)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・白内障(Cataract)治療薬開発に取り組んでい …
  • 核医学装置の世界市場分析:製品別(SPECT – ハイブリッドSPECT、スタンドアロンSPECT; ハイブリッドPET; 平面シンチグラフィー)、用途別(腫瘍学、心臓学、神経学、一般イメージング)、エンドユーザー別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、核医学装置の世界市場について調査・分析し、核医学装置の世界市場動向、核医学装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別核医学装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 木材保存剤の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、木材保存剤の世界市場について調査・分析し、木材保存剤の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 木材保存剤の世界市場:市場動向分析 - 木材保存剤の世界市場:競争要因分析 - 木材保存剤の世界市場:製品タイプ別 ・水性保存剤 ・溶剤保存剤 ・油性保存剤 - 木材保存剤の世界市場:用途別 ・工業 ・住宅・商用 - 木材保存剤の世界市場:主要地域別分析 - 木材保存剤の北米市場規模(アメリカ市場等) - 木材保存剤のヨーロッパ市場規模 - 木材保存剤のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・木材保存剤の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 陰イオン界面活性剤の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、陰イオン界面活性剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、陰イオン界面活性剤市場規模、用途別(洗剤、パーソナルケア製品、業務用洗浄剤、食品加工、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・陰イオン界面活性剤の世界市場概要 ・陰イオン界面活性剤の世界市場環境 ・陰イオン界面活性剤の世界市場動向 ・陰イオン界面活性剤の世界市場規模 ・陰イオン界面活性剤の世界市場:業界構造分析 ・陰イオン界面活性剤の世界市場:用途別(洗剤、パーソナルケア製品、業務用洗浄剤、食品加工、その他) ・陰イオン界面活性剤の世界市場:地域別市場規模・分析 ・陰イオン界面活性剤の北米市場規模・予測 ・陰イオン界面活性剤のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・陰イオン界面活性剤のアジア太平洋市場規模・予測 ・陰イオン界面活性剤の主要国分析 ・陰イオン界面活性剤の世界市場:意思決定フレームワーク ・陰イオン界面活性剤の世界市場:成長要因、課題 …
  • 無針注射器の世界市場予測(~2021):製品別(充填可能、プレフィルド)、技術別、ユーザビリティ別、薬剤種類別、注射部位別
    当調査レポートでは、無針注射器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品別分析、技術別分析、ユーザビリティ別分析、薬剤種類別分析、無針注射器の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • エンベデッド・アナリティクスの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、エンベデッド・アナリティクスの世界市場について調査・分析し、エンベデッド・アナリティクスの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・エンベデッド・アナリティクスの世界市場規模:組織サイズ別分析 ・エンベデッド・アナリティクスの世界市場規模:ビジネス用途別分析 ・エンベデッド・アナリティクスの世界市場規模:コンポーネント別分析 ・エンベデッド・アナリティクスの世界市場規模:展開モデル別分析 ・エンベデッド・アナリティクスの世界市場規模:分析ツール別分析 ・エンベデッド・アナリティクスの世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・エンベデッド・アナリティクスの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 自動車窓および外部密封システムの世界市場予測(~2021):部品種類別(ガラスランチャンネル、ルーフモール、外装シール(前面ガラス、フードシール、トランクシール))、車両別(乗用車PC、小型商用車LCV、重型商用車HCV、電気自動車EV)、地域別
    当調査レポートでは、自動車窓および外部密封システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、部品種類別分析、車両別分析、地域別分析、自動車窓および外部密封システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 3Dプリント用プラスチックの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、3Dプリント用プラスチックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、タイプ別(フォトポリマー、ABS、ポリアミド、PLA)分析、形態別(フィラメント、液体・インク、粉体)分析、最終用途産業別(ヘルスケア、航空宇宙・防衛、自動車、電気・電子装置)分析、用途別分析、3Dプリント用プラスチックの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 喘息用スペーサーの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、喘息用スペーサーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、喘息用スペーサー市場規模、流通チャネル別(病院・小売薬局、オンラインストア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・喘息用スペーサーの世界市場概要 ・喘息用スペーサーの世界市場環境 ・喘息用スペーサーの世界市場動向 ・喘息用スペーサーの世界市場規模 ・喘息用スペーサーの世界市場:業界構造分析 ・喘息用スペーサーの世界市場:流通チャネル別(病院・小売薬局、オンラインストア) ・喘息用スペーサーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・喘息用スペーサーの北米市場規模・予測 ・喘息用スペーサーのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・喘息用スペーサーのアジア太平洋市場規模・予測 ・喘息用スペーサーの主要国分析 ・喘息用スペーサーの世界市場:意思決定フレームワーク ・喘息用スペーサーの世界市場:成長要因、課題 ・喘息用スペーサーの世界市場:競争環境 ・喘息用スペーサーの …
  • 経皮的冠動脈形成術(PCI)の世界市場分析・予測
  • 創薬アウトソーシングの世界市場予測2016-2026
    当調査レポートでは、創薬アウトソーシングの世界市場について調査・分析し、創薬アウトソーシングの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 創薬アウトソーシングの概要 3. 創薬アウトソーシングの世界市場およびサービス分野2次市場2016-2026 4. 創薬アウトソーシング市場における主要国市場2015-2026 5. 創薬アウトソーシング市場における主要企業 6. 創薬アウトソーシング市場の定性分析2016-2026 7. 専門家の意見 8. 結論
  • バイオ農薬の北米市場
    本調査レポートでは、バイオ農薬の北米市場について調査・分析し、バイオ農薬の北米市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"