"BIW(ホワイトボディ)の世界市場予測(~2027年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AT 7313)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"BIW(ホワイトボディ)の世界市場予測(~2027年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Increase in stringent emission standards by reduction of vehicle weight to achieve higher fuel efficiency in various countries are significant factors for the growth of the body in white market globally.”The global body in white market for the automotive industry is estimated to grow from USD 77.0 billion in 2019 to reach USD 90.5 billion by 2027, at a CAGR of 2.0%. Increasing production of passenger cars, electric vehicles, light commercial vehicles and medium & heavy commercial vehicles globally and reduction in the weight of the vehicle to meet the fuel economy and emission standards are expected to boost the market. However, the high cost of manufacturing is likely to restrain the growth of the market.
“Increasing demand for electric vehicles is likely to propel the growth of the body in white market.”
Increase in electric vehicle sales is another driver for the BIW revenue growth, as the vehicles need lightweight solutions in material as well as manufacturing method to achieve higher mileage by the battery. Most of the BIW component manufacturers have introduced new lightweight solutions for its customer, which are in line with electric vehicle safety standards.

“Europe market is expected to register the fastest growth during the forecast period”
Europe is estimated to be the fastest-growing market during the forecast period. Germany is expected to lead the market due to the presence of large automakers and focus on R&D on new technology. The massive sales of electric vehicles in the region coupled with the projected boost in sales due to the presence of supporting regulations towards the manufacture and use of these automobiles is expected to subsequently drive the growth of the market during the forecast period.

“Asia Pacific is expected to be the largest market during the forecast period”
The Asia Pacific region was the largest market for body in white in the world in 2018. This market has witnessed rapid year-on-year growth, even with a slowdown in the production of passenger cars; however, the other vehicle segments have been steadily growing, and there is no adverse impact on the market revenue with the increase in the adoption of lightweight solutions.

China has been the major contributor to the BIW market in the APAC region, with approximately 25 million cars produced every year. It is the largest revenue generator for the market. However, Japan is estimated to be the fastest-growing market with the adoption of strong emission regulations and the purchase of electric vehicles with lightweight solutions, which makes the region the largest revenue market for BIW globally.
In-depth interviews were conducted with CEOs, marketing directors, other innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in this market.
• By Company Type: OEM – 28%, and Tier 1 & 2 Suppliers – 72%
• By Designation: C Level – 50%, Directors Level – 33%, and Others – 17%
• By Region: North America – 25%, Europe – 25%, and Asia Pacific – 50%

The body in white market is led by globally and regionally established players such as Gestamp Automoción (Spain), Voestalpine Group (Austria), Magna (Canada), Benteler International (Austria), CIE Automotive (Spain), Tower International (US), Martinrea International (Canada), Aisin Seiki (Japan), KIRCHHOFF Automotive (Germany), Dura Automotive (US), Thyssenkrupp (Germany) and JBM Auto (India).

Research Coverage:
The market study covers the global body in white market across segments. It aims at estimating the market size and future growth potential of this market across different segments such as vehicle type, construction, manufacturing method, material type, and region. The study also includes an in-depth competitive analysis of the key players in the market, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report:
The report will help the market leaders/new entrants in this market with the information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall body in white market and the subsegments. This report will help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to better position their businesses and plan suitable go-to-market strategies. The report also helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"BIW(ホワイトボディ)の世界市場予測(~2027年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered in the Report
1.4 Currency and Pricing
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
1.7 Assumptions
2 Research Methodology
2.1 Secondary Data
2.1.1 Key Secondary Sources
2.1.2 Key Data From Secondary Sources
2.2 Primary Data
2.2.1 Sampling Techniques & Data Collection Methods
2.2.2 Primary Participants
2.3 Factor Analysis
2.4 Market Size Estimation
2.5 Data Triangulation
2.6 Assumptions
3 Executive Summary
4 Premium Insights
5 Market Overview
5.1 Introduction
5.2 Market Segmentation
5.3 Regulations
5.4 Market Dynamics
5.4.1 Drivers
5.4.2 Restraints
5.4.3 Opportunities
5.4.4 Challenges
6 Industry Trends
6.1 Vehicle Emission Regulations and Safety Standards
6.2 Manufacturing Processes and Materials Used for Biw
6.3 Price Optimization and Standadization
6.4 Porters Five Forces
7 Global Body in White Market, By Vehicle Type
7.1 Passenger Cars
7.2 Light Commercial Vehicles
7.3 Medium & Heavy Commercial Vehicles
7.4 Electric Vehicle (Passenger Cars)
8 Global Body in White Market, By Construction
8.1 Frame Mounted
8.2 Monocoque
9 Global Body in White Market, By Manufacturng Method
9.1 Cold Stamping
9.2 Hot Stamping
9.3 Roll Forming
9.4 Other Methods
10 Global Body in White Market, By Material
10.1 Steel
10.2 Aluminum
10.3 Magnesium
10.4 Cfrp
11 Global Body in White Market, By Region
11.1 Asia
11.2 Europe
11.3 North America
11.4 RoW
12 Competitive Landscape
12.1 Overview
12.2 Competitive Leadership Mapping (Overall Market)
12.2.1 Visionary Leaders
12.2.2 Innovators
12.2.3 Dynamic Differentiators
12.2.4 Emerging Companies
12.3 Strength of Product Portfolio
12.4 Business Strategy Excellence
13 Company Profiles
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, Swot Analysis)
13.1 Gestamp Automoción
13.2 Tower International
13.3 Martinrea International
13.4 Benteler International
13.5 Voestalpine Group
13.6 Cie Automotive
13.7 Magna International
13.8 Aisin Seiki
13.9 KIRCHHOFF Automotive
13.1 JBM Auto
13.11 Thyssenkrupp Group
13.12 Dura Automotive
14 Appendix
14.1 Key Insights From Experts
14.2 Discussion Guide
14.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
14.4 Available Customizations
14.5 Related Reports
14.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】BIW(ホワイトボディ)の世界市場予測(~2027年)
【発行日】2019年8月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】AT 7313
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】自動車
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
BIW(ホワイトボディ)の世界市場予測(~2027年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 間欠式カテーテルの世界市場:製品別(非コーティングカテーテル、コーティングカテーテル)、適応症別(尿失禁、脊髄損傷、一般外科、その他)、カテゴリ別(女性向け、男性向け、子供向け)、エンドユーザー別(病院、通院外科診療所、医療研究センター)
    本資料は、間欠式カテーテルの世界市場について調べ、間欠式カテーテルの世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、製品別(非コーティングカテーテル、コーティングカテーテル)分析、カテゴリ別(女性向け、男性向け、子供向け)分析、エンドユーザー別(病院、通院外科診療所、医療研究センター)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・間欠式カテーテルの世界市場概要 ・間欠式カテーテルの世界市場環境 ・間欠式カテーテルの世界市場動向 ・間欠式カテーテルの世界市場規模 ・間欠式カテーテルの世界市場:市場シェア ・間欠式カテーテルの世界市場:製品別(非コーティングカテーテル、コーティングカテーテル) ・間欠式カテーテルの世界市場:適応症別(尿失禁、脊髄損傷、一般外科、その他) ・間欠式カテーテルの世界市場:カテゴリ別(女性向け、男性向け、子供向け) ・間欠式カテーテルの世界市場:エンドユーザー別(病院、通院外科診療所、医療研究センター) ・間欠式カテーテルの世界市場 …
  • 世界のナイロン糸市場2016
    本調査レポートでは、世界のナイロン糸市場2016について調査・分析し、ナイロン糸の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 全身性強皮症治療薬の世界市場機会分析
    当調査レポートでは、全身性強皮症治療薬の世界市場機会について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・全身性強皮症の概要:病因、病態生理、症状 ・疫学:リスク要因、併存症、グローバル動向、予測方法、疫学的予測結果 ・全身性強皮症治療薬市場の現状:診断、治療概要、臨床診療、主要な医薬品 ・アンメット・ニーズ及び市場機会分析 ・研究開発戦略 ・パイプライン分析 ・パイプラインの価値分析
  • 土木工事の世界市場:サービス別(計画・設計、建設)、用途別(不動産、インフラ)、カスタマー別、セグメント予測
    土木工事の世界市場は2025年には12兆800億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率5.6%で成長すると予測されています。特に中国とインドにおける可処分所得の増加は、中間層人口の急速な拡大と相まって、土木工事市場の成長に拍車をかけています。さらに、多岐にわたる土木工事の技術進歩とさまざまなソフトウェアやソリューションの登場がこの市場の成長を大いに支えています。本調査レポートでは、土木工事の世界市場について調査・分析し、土木工事の世界市場動向、土木工事の世界市場規模、市場予測、セグメント別土木工事市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ポーランドのオーソバイオロジクス市場見通し
  • 焼きセイボリースナックの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、焼きセイボリースナックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、焼きセイボリースナックの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • インターネットセキュリティの世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、インターネットセキュリティの世界市場について調査・分析し、インターネットセキュリティの世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・インターネットセキュリティの世界市場規模:製品別分析 ・インターネットセキュリティの世界市場規模:技術別分析 ・インターネットセキュリティの世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・インターネットセキュリティの世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • アルコールエトキシレートの世界市場分析:脂肪アルコール、ラウリルアルコール、線形アルコール
    Grand View Research(米国)が発行した本調査レポートでは、アルコールエトキシレートの世界市場について調査・分析し、アルコールエトキシレートの世界市場動向、アルコールエトキシレートの世界市場規模、市場予測、セグメント別アルコールエトキシレート市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 航空機避難の世界市場予測2019-2024
    「航空機避難の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、脱出用スライド、いかだ船、救命胴衣、その他など、用途別には、Commercial Aircraft、Military Aircraft、Otherなどに区分してまとめた調査レポートです。航空機避難のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・航空機避難の世界市場概要(サマリー) ・航空機避難の企業別販売量・売上 ・航空機避難の企業別市場シェア ・航空機避難の世界市場規模:種類別(脱出用スライド、いかだ船、救命胴衣、その他) ・航空機避難の世界市場規模:用途別(Commercial Aircraft、Military Aircraft、Other) ・航空機避難の米州市場規模(アメリカ、カナダ、メキシコなど) ・航空機避難のアジア市場規模(日本、中国、韓国、インド、東南アジアなど) ・航空機避難の欧州市場規模(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシアなど) ・航空機避難 …
  • PUソール(フットウェア用ポリウレタン)の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、PUソール(フットウェア用ポリウレタン)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、フットウェアタイプ別(スポーツ、レジャー、作業用・安全靴、スリッパ・サンダル)分析、原材料別(メチレンジフェニルジイソシアネート、トルエンジフェニルジイソシアネート、ポリオール)分析、PUソール(フットウェア用ポリウレタン)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療機器の外注の世界市場分析:用途別(クラスI、クラスII、クラスIII)、サービス別(規制コンサルティング、製品設計と開発、製品テスト、製品実装、製品アップグレード、製品メンテナンス)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、医療機器の外注の世界市場について調査・分析し、医療機器の外注の世界市場動向、医療機器の外注の世界市場規模、市場予測、セグメント別医療機器の外注市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • イスラエルの頭蓋顎顔面固定(CMF)装置市場見通し
  • 地上基盤無線(TETRA)の世界市場: 作動モード別(TMO、DMO)、コンポーネント別、デバイス別(乗物用、携帯用)、用途別、セグメント予測
    本調査レポートでは、地上基盤無線(TETRA)の世界市場について調査・分析し、地上基盤無線(TETRA)の世界市場動向、地上基盤無線(TETRA)の世界市場規模、市場予測、セグメント別地上基盤無線(TETRA)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ネットワーク分析ソリューションの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ネットワーク分析ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ネットワーク分析ソリューションの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • キャンプ用キッチン用品の世界市場:ストーブ、クーラー、調理器具
    当調査レポートでは、キャンプ用キッチン用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、キャンプ用キッチン用品の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ライフサイエンス用装置の世界市場:クロマトグラフィー装置、フローサイトメトリー装置、分光装置、PCR、顕微鏡、イムノアッセイ、遠心分離機、電気泳動装置、NGN、ウエスタンブロッティング
    当調査レポートでは、ライフサイエンス用装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、需要先別分析、用途別分析、地域別分析、ライフサイエンス用装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • オートバイ用エアバッグジャケットの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、オートバイ用エアバッグジャケットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、オートバイ用エアバッグジャケットの世界市場規模及び予測、技術別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の睡眠時無呼吸症候群治療市場動向(~2020)
    ※本調査レポートでは、世界の睡眠時無呼吸症候群治療市場について調査・分析し、市場概要、市場動向、市場展望、世界の睡眠時無呼吸症候群治療市場規模、地域別市場規模、種類別市場規模、用途別市場規模、主要企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 大豆デザートの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、大豆デザートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、大豆デザートの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • アメリカおよび世界のメタクリル酸グリシジル市場予測
  • アメリカのPVC(ポリ塩化ビニル)市場(~2019)
  • 世界の自動車スロットル・ポジション・センサ市場2015
    本調査レポートでは、世界の自動車スロットル・ポジション・センサ市場2015について調査・分析し、自動車スロットル・ポジション・センサの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用ロボットセルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用ロボットセルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、産業用ロボットセルの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 ロボットセルとは、ロボット、制御装置、部品ポジショナーなどの周辺機械、そして安全な環境などを含む一貫したシステムです。ロボットワークセルとも呼ばれています。センサーの小型化及びロボット技術の更なる発展により、将来的にロボットの価格は下がり、産業用ロボット及びサービス用ロボットの売り上げが急増すると見込まれています。Technavio社は産業用ロボットセルの世界市場が2017-2021年期間中に年平均10.35%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• ABB• FANUC• Genesis Systems Group• RobotWorx• Yaskawa Motoman等です。
  • HIVワクチンの世界市場:種類別(急性爪囲炎、慢性爪囲炎、カンジダ性爪囲炎、化膿性爪囲炎)、抗生物質別(ムピロシン軟膏、フシジン酸軟膏、ゲンタマイシン軟膏、ジクロキサシリン、その他)、地域別予測
    本資料は、HIVワクチンの世界市場について調べ、HIVワクチンの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(急性爪囲炎、慢性爪囲炎、カンジダ性爪囲炎、化膿性爪囲炎)分析、抗生物質別(ムピロシン軟膏、フシジン酸軟膏、ゲンタマイシン軟膏、ジクロキサシリン、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはAlphaVax、Antigen Express、Argo Therapeutic、Bionor Pharmaceuticals、Celldex Therapeutics、FIT Biotech、Crucell Pharmaceutical、GeneCure、Genetic Immunity、GenVec、GeoVax Labs、GlaxoSmithKline、Immune Response Biopharma 、Inovio Pharmaceuticals、Novartisなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・HIVワクチンの世界市場概要 ・HIVワクチンの …
  • 商用航空機用シートの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、商用航空機用シートの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、商用航空機用シート市場規模、航空機別(ナローボディ機、ワイドボディ機、リージョナル機)分析、キャビンクラス別(エコノミークラス、プレミアムエコノミークラス、ビジネスクラス、ファーストクラス)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Aviointeriors, Geven, JAMCO, Rockwell Collins (B/E Aerospace), Zodiac Aerospaceなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・商用航空機用シートの世界市場概要 ・商用航空機用シートの世界市場環境 ・商用航空機用シートの世界市場動向 ・商用航空機用シートの世界市場規模 ・商用航空機用シートの世界市場:業界構造分析 ・商用航空機用シートの世界市場:航空機別(ナローボディ機、ワイドボディ機、リージョナル機) ・商用航空機用シートの世界市場:キャビンクラス別(エコノミークラス、プ …
  • インドの教育用ハードウェア市場2016-2020
    当調査レポートでは、インドの教育用ハードウェア市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インドの教育用ハードウェア市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 低親和性ナトリウムフルコース共輸送体阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における低親和性ナトリウムフルコース共輸送体阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・低親和性ナトリウムフルコース共輸送体阻害剤の概要 ・低親和性ナトリウムフルコース共輸送体阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の低親和性ナトリウムフルコース共輸送体阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・低親和性ナトリウムフルコース共輸送体阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・低親和性ナトリウムフルコース共輸送体阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ザンサンガムの世界市場2017-2021:飲食料品、石油・ガス、医薬品、パーソナルケア・化粧品、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ザンサンガムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ザンサンガムの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はザンサンガムの世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.37%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Archer Daniels Midland、Cargill、DuPont、Fufeng Group、Solvay等です。
  • 世界の石油コークス市場2015
    本調査レポートでは、世界の石油コークス市場2015について調査・分析し、石油コークスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 空港照明の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、空港照明の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、空港照明の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は空港照明の世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.27%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、ADB SAFEGATE、atg airports、Avlite Systems、Eaton、General Electric、Philips Lighting、vosla等です。
  • ライセンス商品の世界市場2017-2021:衣服、おもちゃ、アクセサリー、テレビゲーム、室内装飾、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ライセンス商品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ライセンス商品の世界市場規模及び予測、製品別分析、カテゴリー別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はライセンス商品の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.37%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Fanatics、G-III Apparel Group、Hasbro、NBCUniversal Media、The Walt Disney Company、Warner Bros. Consumer Products等です。
  • 低血圧(Hypotension):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における低血圧(Hypotension)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、低血圧(Hypotension)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・低血圧(Hypotension)の概要 ・低血圧(Hypotension)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の低血圧(Hypotension)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・低血圧(Hypotension)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・低血圧(Hyp …
  • 3Dコンクリートプリンティングの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、3Dコンクリートプリンティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、3Dコンクリートプリンティングの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は3Dコンクリートプリンティングの世界市場が2017-2021年期間中に年平均12.17%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• LafargeHolcim, • Sika, • Skanska, • Ying Chuang Construction Technology (Shanghai).等です。
  • ビルディングオートメーションシステム(BAS)の世界市場予測(~2022年):設備管理システム、セキュリティ・アクセス制御システム、防火システム
    当調査レポートでは、ビルディングオートメーションシステム(BAS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、通信技術別分析、提供システム別分析、用途別分析、地域別分析、ビルディングオートメーションシステム(BAS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のレトルトパウチ市場2015
    本調査レポートでは、世界のレトルトパウチ市場2015について調査・分析し、レトルトパウチの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • IAM(アイデンティティ・アクセス管理)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、IAM(アイデンティティ・アクセス管理)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、IAM(アイデンティティ・アクセス管理)市場規模、導入形態別(オンプレミス、クラウド)分析、最終用途別(大企業、政府機関、中小企業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・IAM(アイデンティティ・アクセス管理)の世界市場概要 ・IAM(アイデンティティ・アクセス管理)の世界市場環境 ・IAM(アイデンティティ・アクセス管理)の世界市場動向 ・IAM(アイデンティティ・アクセス管理)の世界市場規模 ・IAM(アイデンティティ・アクセス管理)の世界市場:業界構造分析 ・IAM(アイデンティティ・アクセス管理)の世界市場:導入形態別(オンプレミス、クラウド) ・IAM(アイデンティティ・アクセス管理)の世界市場:最終用途別(大企業、政府機関、中小企業) ・IAM(アイデンティティ・アクセス管理)の世界市場:地域別市場規模・分析 ・IAM …
  • 軍事衛星の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、軍事衛星の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、軍事衛星の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は軍事衛星の世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.95%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Boeing• IAI• Northrop Grumman• Thales Alenia Space• Raytheon等です。
  • 3Dプリンティング用プラスチックの世界市場:フォトポリマー、ABS、PLA、ポリアミド/ナイロン
    当調査レポートでは、3Dプリンティング用プラスチックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、形態別分析、用途別分析、需要先別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の臭化メチル市場2015
    本調査レポートでは、世界の臭化メチル市場2015について調査・分析し、臭化メチルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • セキュリティ・アプライアンスの世界市場:物理セキュリティ、ネットワークセキュリティ
    当調査レポートでは、セキュリティ・アプライアンスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、セキュリティ・アプライアンスの世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 産業用ギヤボックスの世界市場予測(~2023年):プラネタリ、ヘリカル、ベベル、スプール、ワーム
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、産業用ギヤボックスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類(プラネタリ、ヘリカル、ベベル、スプール、ワーム)分析、設計(平行、直交)分析、産業(風力、マテリアルハンドリング、建設、金属・鉱業、セメント・骨材、食品・飲料)分析、産業用ギヤボックスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • クラウドサプライチェーン管理ソリューションの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、クラウドサプライチェーン管理ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、ソリューション別分析、サービス別分析、産業別分析、地域別分析、クラウドサプライチェーン管理ソリューションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 建材一体型太陽光発電(BIPV)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、建材一体型太陽光発電(BIPV)の世界市場について調査・分析し、建材一体型太陽光発電(BIPV)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別建材一体型太陽光発電(BIPV)シェア、市場規模推移、市場規模予測、建材一体型太陽光発電(BIPV)種類別分析(多結晶けい素、単結晶シリコン、薄膜)、建材一体型太陽光発電(BIPV)用途別分析(住居用、商業用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・建材一体型太陽光発電(BIPV)の市場概観 ・建材一体型太陽光発電(BIPV)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・建材一体型太陽光発電(BIPV)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・建材一体型太陽光発電(BIPV)の世界市場規模 ・建材一体型太陽光発電(BIPV)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・建材一体型太陽光発電(BIPV)のアメリカ市場規模推移 ・建材一体型太陽光発電(BIPV)のカナダ市場規模推移 ・建材一体型太陽光発電(BIPV)のメキシコ市場規模推移 …
  • 移行上皮癌(尿路上皮癌):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における移行上皮癌(尿路上皮癌)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、移行上皮癌(尿路上皮癌)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・移行上皮癌(尿路上皮癌)の概要 ・移行上皮癌(尿路上皮癌)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の移行上皮癌(尿路上皮癌)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・移行上皮癌(尿路上皮癌)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・移行上皮癌(尿路上皮癌)治療薬開発に取り組んでいる企業リスト …
  • 試験室情報管理システム(LIMS)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、試験室情報管理システム(LIMS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、試験室情報管理システム(LIMS)の世界市場規模及び予測、導入方式別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 医薬品包装装置の世界市場
    当調査レポートでは、医薬品包装装置の世界市場について調査・分析し、医薬品包装装置の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界のグラフェン電池市場:種類別(リチウムイオングラフェン電池、リチウム硫黄グラフェン電池、グラフェンスーパーキャパシター)、最終用途産業別(家電、自動車、産業、電力)、地域別
    MarketsandMarkets社は、グラフェン電池の世界市場規模が2024年168百万ドルから2030年609百万ドルまで年平均23.9%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界のグラフェン電池市場を広く調査・分析し、市場概要、種類別(リチウムイオングラフェン電池、グラフェンスーパーキャパシタ、リチウム硫黄グラフェン電池、その他)分析、最終用途産業別(自動車、家電、産業、電力、その他)分析、地域分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・世界のグラフェン電池市場:種類別(リチウムイオングラフェン電池、グラフェンスーパーキャパシタ、リチウム硫黄グラフェン電池、その他) ・世界のグラフェン電池市場:最終用途産業別(自動車、家電、産業、電力、その他) ・地域分析 ・競合動向 ・企業概要
  • 教育マーケティングサービスの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、教育マーケティングサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、教育マーケティングサービスの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 機能性食品成分のアジア太平洋市場ー産業および機会分析ー2016-2026
  • 給油装置の世界市場見通し2016-2022:吸引型給油装置、水中型給油装置
    当調査レポートでは、給油装置の世界市場について調査・分析し、給油装置の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・給油装置の世界市場:市場動向分析 ・給油装置の世界市場:競争要因分析 ・給油装置の世界市場:技術別分析/市場規模 ・給油装置の世界市場:デザイン別分析/市場規模 ・給油装置の世界市場:燃料別分析/市場規模 ・給油装置の世界市場:取り付け別分析/市場規模 ・給油装置の世界市場:用途別分析/市場規模 ・給油装置の世界市場:ディスペンサー種類別分析/市場規模 ・給油装置の世界市場:地域別分析/市場規模 ・給油装置の北米市場規模 ・給油装置の欧州市場規模 ・給油装置のアジア市場規模 ・給油装置の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"