"テトラキス (ヒドロキシメチル) ホスホニウムスルファート(THPS)の世界市場予測(~2025年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:AGI 7314)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"テトラキス (ヒドロキシメチル) ホスホニウムスルファート(THPS)の世界市場予測(~2025年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The tetrakis(hydroxymethyl)phosphonium sulfate market is projected to grow at a CAGR of 5.5% from 2019 to 2025 in terms of value. The global tetrakis(hydroxymethyl)phosphonium sulfate market, in terms of value, is estimated to account for nearly USD 202 million in 2019 and projected to grow at a CAGR of 5.5%, to reach approximately USD 279 million by 2025. Factors such as rise in demand for biocides such as THPS are increasingly used in hydraulic fracturing operations based on the condition of the phase that includes factors such as aerobic and anaerobic conditions, temperature, and preference over other toxic biocides are factors that are projected to drive the growth of this market.

The oil & gas segment projected to be the largest segment in the tetrakis(hydroxymethyl)phosphonium sulfate market during the forecast period.
By application, tetrakis(hydroxymethyl)phosphonium sulfate market is segmented into oil & gas, water treatment, leather, textile, and others including paper & paperboard manufacturing; paints, coatings, and emulsion; agriculture; and aquaculture. THPS has preservative properties and provides high-temperature stability and prolonged downhole protection in oilfields, thereby making it a preferred choice in the oil & gas industry. However, it is the biocidal function of THPS, which is encouraging its increasing use in the oil & gas industry. THPS has been the most widely used biocide, followed by glutaraldehyde during oil & gas operations.

The biocides segment to witness the fastest growth during the forecast period.
By function, the tetrakis(hydroxymethyl)phosphonium sulfate market is segmented into biocides, iron sulfide scavenger, flame retardant, and tanning agent. THPS biocides are aqueous solutions that do not contain volatile organic compounds (VOCs). In many cases, after treatment with THPS, the toxicity level of water is low, which would not be toxic for aquatic life. Also, THPS does not bioaccumulate, and therefore, lowers the risks for marine lives. It rapidly breaks down in the environment through hydrolysis, biodegradation, photodegradation, and oxidation.
North America market is estimated to account for the largest market share due to the rapid adoption of advanced technologies for better yielding of crops in the region.

North America is the largest market for tetrakis(hydroxymethyl)phosphonium sulfate across the globe. The increasing demand from several applications—such as water treatment, leather, textile, oil & gas, and others—plays an important role in increasing the need for THPS in the region. THPS have high demand in developed countries, such as the US and Canada, owing to the increasing consumption of leather and leather products. The demand for THPS in this region is driven primarily by the increasing consumption of oil and gas activity levels that are rising in the region and the approval of various major projects, such as LNG Canada (Canada) and PowerNap Deepwater Project (US and Gulf of Mexico).
Break-up of Primaries
 By Company Type: Tier 1 – 45%, Tier 2 – 30%, and Tier 3 – 25%
 By Designation: C-level – 25%, D-level – 40%, and Others* – 35%
 By Region: North America – 20%, Europe – 15%, Asia Pacific – 60%, Rest of the World (RoW)** – 5%
*Others include sales managers, marketing managers, and product managers.
** RoW includes South America and the Middle East & Africa.

Leading players profiled in this report
• Arkema S.A. (France)
• Solvay (Belgium)
• Sigma-Aldrich (Merck KGaA) (Germany)
• DowDuPont (US)
• Hubei Xingfa Chemicals Group Co., Ltd (China)
• Changshu New-Tech Chemicals Co., Ltd. (China)
• Jiangxi Fuerxin Medicine Chemical Co., Ltd. (China)
• Jiangsu Kangxiang Industrial Group Co., Ltd. (China)
• Prasol Chemicals Pvt. Ltd. (India)
• Hubei Lianxing Chemical Co., Ltd. (China)
• Jiangsu Danai Chemical Co., Ltd. (China)
• Finoric LLC (US)
• Compass Chemical (US)

Research Coverage
This report segments the plant genomic market based on function, application, and region. In terms of insights, this research report focuses on various levels of analyses—competitive landscape, end-use analysis, and company profiles—which together comprise and discuss the basic views on the emerging & high-growth segments of the tetrakis(hydroxymethyl)phosphonium sulfate market, the high-growth regions, countries, government initiatives, market disruption, drivers, restraints, opportunities, and challenges.

Reasons to buy this report
• To get a comprehensive overview of the tetrakis(hydroxymethyl)phosphonium sulfate market
• To gain wide-ranging information about the top players in this industry, their product portfolios, and key strategies adopted by them
• To gain insights about the major countries/regions, in which the tetrakis(hydroxymethyl)phosphonium sulfate market is flourishing


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"テトラキス (ヒドロキシメチル) ホスホニウムスルファート(THPS)の世界市場予測(~2025年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 16)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Regional Segmentation
1.4 Periodization Considered
1.5 Currency Considered
1.6 Volume Units Considered
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 21)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Primary Insights
2.1.2.2 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Research Assumptions & Limitations
2.4.1 Assumptions
2.4.2 Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 30)
4 Premium Insights (Page No. – 33)
4.1 Opportunities in the Tetrakis(Hydroxymethyl)Phosphonium Sulfate (THPS) Market
4.2 Tetrakis(Hydroxymethyl)Phosphonium Sulfate (THPS) Market: Key Countries
4.3 Tetrakis(Hydroxymethyl)Phosphonium Sulfate (THPS) Market, By Application (USD Thousand)
4.4 Tetrakis(Hydroxymethyl)Phosphonium Sulfate (THPS) Market, By Function (USD Thousand)
4.5 North America: Tetrakis(Hydroxymethyl)Phosphonium Sulfate (THPS) Market, By Application & Country
5 Market Overview (Page No. – 37)
5.1 Introduction
5.2 Supply Chain Analysis
5.3 Market Dynamics
5.3.1 Drivers
5.3.1.1 Growth of End-Use Segments Such as Oil & Gas and Textile
5.3.1.2 Preference Over Other Toxic Biocides
5.3.1.3 Increase in Application of THPS in Hydraulic Fracturing
5.3.2 Restraints
5.3.2.1 Alternative Technologies are Being Developed to Replace Biocides
5.3.2.2 Increase in Focus on Oxidizing Biocides
5.3.3 Opportunities
5.3.3.1 Product Innovations and Customizations to Meet Growing Consumer Demand
5.3.3.2 Increase in Focus on High-Growth Markets Such as the Middle East & Asia Pacific
5.3.4 Challenges
5.3.4.1 Rise in Price of Raw Materials
5.3.4.2 Health Hazards Associated With Exposure to THPS
6 Tetrakis(Hydroxymethyl)Phosphonium Sulfate (THPS) Market, By Function (Page No. – 43)
6.1 Introduction
6.2 Biocide
6.2.1 THPS is Eco-Friendly and Effective in Both Acidic and Alkaline Media
6.3 Flame Retardant
6.3.1 THPS is Majorly Used as A Flame Retardant in Cotton and Cellulose Blend Fabrics
6.4 Iron Sulfide Scavenger
6.4.1 THPS Changes the Physical Form and Bacterial Content of the Iron Sulfide Deposits
6.5 Tanning Agent
6.5.1 Rise in the Use of THPS as A Substitute for Hazardous Chemical Salts During the Leather Tanning Process to Drive the Market Growth
7 Tetrakis(Hydroxymethyl)Phosphonium Sulfate (THPS) Market, By Application (Page No. – 52)
7.1 Introduction
7.2 Oil & Gas
7.2.1 THPS is Stable at High-Temperatures and Prolongs Downhole Protection in Oilfields
7.3 Water Treatment
7.3.1 THPS has Emerged as A Preferred Biocide in the Cooling Towers of Water Treatment Plants
7.4 Textile
7.4.1 THPS is Used More as A Flame Retardant Than A Leather Tanning Agent in the Textile Industry
7.5 Leather
7.5.1 THPS is Preffered Leather Tanning Agent Over Other Agents
7.6 Others
7.6.1 Increased Applications of THPS Across Industries Due to Its Environment-Friendly Nature
8 Tetrakis(Hydroxymethyl)Phosphonium Sulfate (THPS) Market, By Region (Page No. – 62)
8.1 Introduction
8.2 North America
8.2.1 US
8.2.1.1 High Demand for THPS in Industrial Water Processes and Growing Manufacturing Industries Drive the Market
8.2.2 Canada
8.2.2.1 Highly Diversified Oil & Gas Industry Driving the Market
8.2.3 Mexico
8.2.3.1 Rise in Investments in the Oil & Gas Industry
8.3 Europe
8.3.1 Germany
8.3.1.1 The Growth in the Oil & Gas Industry in the Country to Drive the Sales of THPS in the Market
8.3.2 Italy
8.3.2.1 The Demand for THPS in the Oil & Gas Sector is Projected to Drive the Market in the Country
8.3.3 France
8.3.3.1 The Demand for THPS in the Oil & Gas Industry Offers Lucrative Opportunities for Manufacturers in the Country
8.3.4 Spain
8.3.4.1 The Oil Sector is Projected to Offer Lucrative Opportunities for THPS Manufacturers in the Coming Years
8.3.5 Netherlands
8.3.5.1 The Demand for THPS in the Oil Industry is Projected to Drive the Growth of the Market
8.3.6 Rest of Europe
8.4 Asia Pacific
8.4.1 China
8.4.1.1 The Rising Government Support and Funding in Various Activities Drive the Chinese Tetrakis(Hydroxymethyl)Phosphonium Sulfate (THPS) Market
8.4.2 India
8.4.2.1 Increase in Manufacturing Facilities Propelling the Tetrakis(Hydroxymethyl)Phosphonium Sulfate (THPS) Market in the Country
8.4.3 Japan
8.4.3.1 Increase in the Imports of Leather and Leather Products Enhancing the Growth of the Tetrakis(Hydroxymethyl)Phosphonium Sulfate (THPS) Market in Japan
8.4.4 Australia & New Zealand
8.4.4.1 Australian Chemical Companies Adopting Advanced Technological Methods for Enhancing Water Treatment Applications in the Country
8.4.5 Rest of Asia Pacific
8.5 Rest of the World (RoW)
8.5.1 South America
8.5.1.1 The Increasing Global Demand for Durable Materials in the Leather Industry is A Major Factor Driving the Tetrakis(Hydroxymethyl)Phosphonium Sulfate (THPS) Market in the Region
8.5.2 Middle East & Africa
8.5.2.1 Increasing Demand for Oil & Gas-Related Products is Projected to Drive the Growth of the Tetrakis(Hydroxymethyl)Phosphonium Sulfate (THPS) Market in the Region
9 Competitive Landscape (Page No. – 100)
9.1 Overview
9.2 Competitive Leadership Mapping
9.2.1 Dynamic Differentiators
9.2.2 Innovators
9.2.3 Visionary Leaders
9.2.4 Emerging Companies
9.2.5 New Product Launch
10 Company Profiles (Page No. – 104)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis & MnM View)*
10.1 Arkema S.A.
10.2 Solvay
10.3 Sigma-Aldrich (Merck KGaA)
10.4 Dowdupont
10.5 Hubei Xingfa Chemicals Group Co., Ltd.
10.6 Changshu New-Tech Chemicals Co., Ltd.
10.7 Jiangxi Fuerxin Medicine Chemical Co., Ltd.
10.8 Jiangsu Kangxiang Industrial Group Co., Ltd.
10.9 Prasol Chemicals Pvt. Ltd.
10.10 Hubei Lianxing Chemical Co., Ltd.
10.11 Jiangsu Dan AI Chemical Co., Ltd.
10.12 Finoric LLC
10.13 Compass Chemical
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis & MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
11 Appendix (Page No. – 124)
11.1 Discussion Guide
11.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
11.3 Available Customizations
11.4 Related Reports
11.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】テトラキス (ヒドロキシメチル) ホスホニウムスルファート(THPS)の世界市場予測(~2025年)
【発行日】2019年8月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】AGI 7314
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】農林水産
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
テトラキス (ヒドロキシメチル) ホスホニウムスルファート(THPS)の世界市場予測(~2025年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ウェアラブルカメラの世界市場:タイプ別(ヘッドマウント、ボディマウント、イヤーマウント・スマートグラス)、製品別、地域別予測
    本資料は、ウェアラブルカメラの世界市場について調べ、ウェアラブルカメラの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(ヘッドマウント、ボディマウント、イヤーマウント・スマートグラス)分析、製品別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ウェアラブルカメラの世界市場概要 ・ウェアラブルカメラの世界市場環境 ・ウェアラブルカメラの世界市場動向 ・ウェアラブルカメラの世界市場規模 ・ウェアラブルカメラの世界市場規模:タイプ別(ヘッドマウント、ボディマウント、イヤーマウント・スマートグラス) ・ウェアラブルカメラの世界市場規模:製品別 ・ウェアラブルカメラの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ウェアラブルカメラの北米市場規模・予測 ・ウェアラブルカメラのアメリカ市場規模・予測 ・ウェアラブルカメラのヨーロッパ市場規模・予測 ・ウェアラブルカメラのアジア市場規模・予測 ・ウェアラブルカメラの日本市場規模・予測 ・ウェアラブルカメラの中国市場規模・予測 ・関連企業情 …
  • 世界のタッチスクリーン式HMI(ヒューマンマシンインターフェース)市場
  • 生細胞カプセル化の世界市場予測(~2024年)
    生細胞カプセル化の世界市場は、2018年の2億5,000万米ドルから2024年には3億300万米ドルに達し、この期間中3.2%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、生細胞のカプセル化における技術の進歩、この分野での官民投資の拡大、標的患者数の増加、および疾患管理におけるカプセル化細胞の臨床的役割に関する意識の高まりが考えられます。一方で、高品質の原材料の入手が困難なこと、および代替療法が大幅に採用されていることから、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、生細胞カプセル化の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、技術別(滴下、同軸気流、液体噴流)分析、ポリマー別(アルギン酸、キトサン、シリカ、硫酸セルロース)分析、用途別(プロバイオティクス、移植、ドラッグデリバリー、研究)分析、生細胞カプセル化の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アメリカの関節鏡検査機器市場動向(~2021)
  • カザフスタンの電気コンデンサ市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • セラミックスのASEAN(東南アジア諸国連合)市場
  • 家具物流サービスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、家具物流サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、家具物流サービスの世界市場規模及び予測、サービス別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の有機腐食抑制剤市場:ベンゾトリアゾール、アミン、ホスホン酸塩、アルデヒド
  • アンチセンス及びRNAi治療の世界市場:技術別(siRNA、miRNA)、用途別(腫瘍、心血管、神経変性疾患)、投与経路別、セグメント予測
    本調査レポートでは、アンチセンス及びRNAi治療の世界市場について調査・分析し、アンチセンス及びRNAi治療の世界市場動向、アンチセンス及びRNAi治療の世界市場規模、市場予測、セグメント別アンチセンス及びRNAi治療市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のコマンド及び制御システム市場:用途別(政府および防衛、商業)、ソリューション別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、プラットフォーム別(陸、空中、海上、および宇宙)、設置タイプ別、設置ベース別、地域別
    MarketsandMarkets社は、コマンド及び制御システムの世界市場規模が2019年330億ドルから2025年439億ドルまで年平均4.9%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界のコマンド及び制御システム市場を広く調査・分析し、市場概要、業界トレンド、設置ベース別(固定型コマンドセンター、展開可能なコマンドセンター)分析、用途別(政府&防衛、商業)分析、プラットフォーム別(陸、海上、空中、宇宙)分析、ソリューション別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)分析、設置タイプ別(新規インストール、アップグレード)分析、地域分析、競合動向、企業概要などで取りまとめております。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムインサイト ・市場概要 ・業界トレンド ・世界のコマンド及び制御システム市場:設置ベース別(固定型コマンドセンター、展開可能なコマンドセンター) ・世界のコマンド及び制御システム市場:用途別(政府&防衛、商業) ・世界のコマンド及び制御システム市場:プラットフォーム別(陸、海上、空中、宇宙) ・世界のコマンド及び制御システム市場: …
  • 住宅用太陽エネルギー貯蔵設備の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、住宅用太陽エネルギー貯蔵設備の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、住宅用太陽エネルギー貯蔵設備の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 太陽光発電(PV)システムは、住宅用、商業・工業用、公共用と大きく3つのセグメントに分類できます。住宅用太陽光発電システムは、場所の節約のため通常屋根に設置されます。Technavio社は住宅用太陽エネルギー貯蔵設備の世界市場が2017-2021年期間中に年平均67.82%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• East Penn Manufacturing• LG Chem• Panasonic• redT energy storage• SAMSUNG SDI• Saft• sonnen等です。
  • アジア太平洋のデータセンター用精密空調機市場2017-2021
    当調査レポートでは、アジア太平洋のデータセンター用精密空調機市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アジア太平洋のデータセンター用精密空調機市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療機器用プラスチックの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、医療機器用プラスチックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、医療機器用プラスチックの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 暗号通貨(仮想通貨)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、暗号通貨(仮想通貨)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、暗号通貨(仮想通貨)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ゲーム用ノートパソコンの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ゲーム用ノートパソコンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ゲーム用ノートパソコンの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • BRIC(ブラジル/ロシア/インド/中国)の組織検査/細胞検査市場動向(~2021)
  • デジタルオーディオワークステーション (DAW) の世界市場予測(~2023年)
    当調査レポートでは、デジタルオーディオワークステーション (DAW) の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、タイプ別(レコーディング、エディティング、ミキシング)分析、エンドユーザー別(プロフェッショナル/オーディオエンジニア・ミキサー、エレクトロニクスミュージシャン、ミュージックスタジオ)分析、コンポーネント別分析、導入モデル別分析、デジタルオーディオワークステーション (DAW) の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 婦人科治療薬の世界市場:タイプ別(感染症、妊娠、腫瘍)、セグメント予測
    婦人科治療薬の世界市場は2025年には2,109億米ドルに達し、予測期間中、年平均成長率8.8%で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、効果的な薬の投入、早期診断と治療に関する意識の高まり、そして慢性疾患の有病率が考えられます。本調査レポートでは、婦人科治療薬の世界市場について調査・分析し、婦人科治療薬の世界市場動向、婦人科治療薬の世界市場規模、市場予測、セグメント別婦人科治療薬市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 有機食品・飲料の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、有機食品・飲料の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、有機食品・飲料市場規模、製品別(有機食品、有機飲料)分析、タイプ別(生鮮商品(果物・野菜)、袋詰食料品(果物・野菜)、穀物)分析、消費別(加工済み有機食品、新鮮な有機食品)分析、販売チャネル別(小売、卸売業者・代理店)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 有機食品・飲料の世界市場:市場動向分析 ・ 有機食品・飲料の世界市場:競争要因分析 ・ 有機食品・飲料の世界市場:製品別(有機食品、有機飲料) ・ 有機食品・飲料の世界市場:タイプ別(生鮮商品(果物・野菜)、袋詰食料品(果物・野菜)、穀物) ・ 有機食品・飲料の世界市場:消費別(加工済み有機食品、新鮮な有機食品) ・ 有機食品・飲料の世界市場:販売チャネル別(小売、卸売業者・代理店) ・ 有機食品・飲料の世界市場:主要地域別分析 ・ 有機食品・飲料の北米市場規模(アメリカ市場等) ・ 有機食品・飲料のヨーロッパ市 …
  • 射出成型機の世界市場:プラスチック、ゴム、金属、セラミック
    当調査レポートでは、射出成型機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • クロム鉄鉱の世界市場2019-2023
    クロム鉄鉱は、クロム、マグネシウム、アルミニウム、鉄を含む褐色を帯びた黒色の鉱物であり、その比率は一定ではありません。 スピネルグループに属し、唯一のクロム金属およびクロム化合物が生成される鉱物です。 Technavioのアナリストは、2019年から2023年の間にクロム鉄鉱の世界市場が4.84%のCAGRで成長すると予測しています。 主な分析対象企業は、Chrometco、Eurasian Resources Group、Glencore、International Ferro Metals、Samancor Chrome、YILDIRIM GROUP OF COMPANIESなどです。 当調査レポートでは、クロム鉄鉱の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、クロム鉄鉱市場規模、種類別(冶金、化学製品・鋳物類、耐火物)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・クロム鉄鉱の世界市場概要 ・クロム鉄鉱の世界市場環境 ・クロム鉄鉱の世界市場動 …
  • 翻訳サービスの世界市場
    本資料は、翻訳サービスの世界市場について調べ、翻訳サービスの世界規模、市場動向、市場環境、オペレーション種類別(技術翻訳、機械翻訳)分析、サービス別(文書翻訳サービス、通訳サービス)分析、構成要素別(ハードウェア、ソフトウェア)分析、用途別(商業用、自動車用、IT&通信用、ヘルスケア用、政府用)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはJohnson、Technogym、Sole、Life Fitness、BH、Dyaco、などです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・翻訳サービスの世界市場概要 ・翻訳サービスの世界市場環境 ・翻訳サービスの世界市場動向 ・翻訳サービスの世界市場規模 ・翻訳サービスの世界市場規模:オペレーション種類別(技術翻訳、機械翻訳) ・翻訳サービスの世界市場規模:サービス別(文書翻訳サービス、通訳サービス) ・翻訳サービスの世界市場規模:構成要素別(ハードウェア、ソフトウェア) ・翻訳サービスの世界市場規模:用途別(商業用、自動車用、 …
  • 世界の冠動脈バイパス術デバイス市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、冠動脈バイパス術デバイスのグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・冠動脈バイパス術デバイスの概要 ・冠動脈バイパス術デバイスの開発動向:開発段階別分析 ・冠動脈バイパス術デバイスの開発動向:セグメント別分析 ・冠動脈バイパス術デバイスの開発動向:領域別分析 ・冠動脈バイパス術デバイスの開発動向:規制Path別分析 ・冠動脈バイパス術デバイスの開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別冠動脈バイパス術デバイスの開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・冠動脈バイパス術デバイスの最近動向
  • 鉛酸UPSバッテリの世界市場:種類別(VRLAバッテリ、液式バッテリ、その他)、用途別(オフラインUPS、オンラインUPS)、地域別予測
    本資料は、鉛酸UPSバッテリの世界市場について調べ、鉛酸UPSバッテリの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(VRLAバッテリ、液式バッテリ、その他)分析、用途別(オフラインUPS、オンラインUPS)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーはJohnson Controls、Exide、Enersys、C&D Technologies、Trojan、NorthStar Battery、ACDelcoなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・鉛酸UPSバッテリの世界市場概要 ・鉛酸UPSバッテリの世界市場環境 ・鉛酸UPSバッテリの世界市場動向 ・鉛酸UPSバッテリの世界市場規模 ・鉛酸UPSバッテリの世界市場規模:種類別(VRLAバッテリ、液式バッテリ、その他) ・鉛酸UPSバッテリの世界市場規模:用途別(オフラインUPS、オンラインUPS) ・鉛酸UPSバッテリの世界市場:地域別市場規模・分析 ・鉛酸UPSバッテリの北米市場規模・予測 ・鉛酸UPSバッ …
  • クリーンルーム及び医療用カートの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、クリーンルーム及び医療用カートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クリーンルーム及び医療用カートの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はクリーンルーム及び医療用カートの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.15%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Medline, • Terra Universal,• Advantech, • Ergotron.等です。
  • ヘッジトリマーの世界市場
    当調査レポートでは、ヘッジトリマーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヘッジトリマーの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • RFIDプリンターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、RFIDプリンターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、RFIDプリンターの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はRFIDプリンターの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.91%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Avery Dennison• Honeywell International• Primera Technology• Printronix• SATO America• Zebra Technologies等です。
  • 歯科矯正サービスの中国市場2017-2021:固定型、着脱可能型
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、歯科矯正サービスの中国市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、歯科矯正サービスの中国市場規模及び予測、製品別分析、サービス別分析、市場の成長要因、市場の課題、コスト分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は歯科矯正サービスの中国市場が2017-2021年期間中に年平均16.13%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Arrail Dental、Bybo Dental Group、Q & M Dental Group等です。
  • コイルドチュービングサービスの世界市場
    当調査レポートでは、コイルドチュービングサービスの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・コイルドチュービングサービスの世界市場:サービス別分析/市場規模 ・コイルドチュービングサービスの世界市場:地域別分析/市場規模 ・コイルドチュービングサービスのアメリカ市場規模予測 ・コイルドチュービングサービスのヨーロッパ市場規模予測 ・コイルドチュービングサービスのアジア市場規模予測 ・企業動向 ・企業分析
  • 産業自動化ソフトウェアの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、産業自動化ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、産業自動化ソフトウェアの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 院外感染性肺炎(Community Acquired Pneumonia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における院外感染性肺炎(Community Acquired Pneumonia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、院外感染性肺炎(Community Acquired Pneumonia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・院外感染性肺炎(Community Acquired Pneumonia)の概要 ・院外感染性肺炎(Community Acquired Pneumonia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の院外感染性肺炎(Community Acquired Pneumonia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・院外感染 …
  • 機能性粉末の世界市場予測:調理済み粉末、特殊粉末
    当調査レポートでは、機能性粉末の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、ソース別分析、地域別分析、機能性粉末の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 指紋認証モジュールの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、指紋認証モジュールの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、指紋認証モジュール市場規模、用途別(OE、SD)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・指紋認証モジュールの世界市場概要 ・指紋認証モジュールの世界市場環境 ・指紋認証モジュールの世界市場動向 ・指紋認証モジュールの世界市場規模 ・指紋認証モジュールの世界市場:業界構造分析 ・指紋認証モジュールの世界市場:用途別(OE、SD) ・指紋認証モジュールの世界市場:地域別市場規模・分析 ・指紋認証モジュールのアメリカ市場規模・予測 ・指紋認証モジュールのヨーロッパ市場規模・予測 ・指紋認証モジュールのアジア市場規模・予測 ・指紋認証モジュールの主要国分析 ・指紋認証モジュールの世界市場:意思決定フレームワーク ・指紋認証モジュールの世界市場:成長要因、課題 ・指紋認証モジュールの世界市場:競争環境 ・指紋認証モジュールの世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 中国の防護服市場2015
    本調査レポートでは、中国の防護服市場2015について調査・分析し、防護服の中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用ヘッドアップディスプレイ(HUD)の世界市場予測(~2025年)
    自動車用ヘッドアップディスプレイ(HUD)の世界市場は、2019年の11億米ドルから2025年には43億米ドルに達し、この期間中25.28%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、高度な自動車安全機能に対する需要の増加と自動車の安全性を支える政府規制が考えられます。高度な自動車安全機能や技術は、消費者が車の購入を決定する上での重要な検討事項です。当調査レポートでは、自動車用ヘッドアップディスプレイ(HUD)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、技術(AR-HUD、従来型HUD)分析、HUDタイプ(コンバイナ、フロントガラス)分析、車両クラス(エコノミー、ミッドレンジ、高級車)分析、次元(2D、3D)分析、自動車用ヘッドアップディスプレイ(HUD)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の種もみ市場2016
    本調査レポートでは、世界の種もみ市場2016について調査・分析し、種もみの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • NS3プロテアーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるNS3プロテアーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・NS3プロテアーゼ阻害剤の概要 ・NS3プロテアーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のNS3プロテアーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・NS3プロテアーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・NS3プロテアーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 動物飼料用プロバイオティクスの世界市場予測(~2025年)
    動物飼料用プロバイオティクスの世界市場は、2019年の46億米ドルから2025年には70億米ドルに達し、この期間中7.4%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、動物由来製品の消費の増加、組織化されていない畜産業から組織化された畜産業への移行、病害発生の回避を念頭に置いた動物の健康に対する意識の高まりなどが考えられます。当調査レポートでは、動物飼料用プロバイオティクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、家畜別(家禽、反芻動物、ブタ、養殖水産動植物、ペット)分析、ソース別(バクテリア、酵母・菌類)分析、形態別(乾燥、液体)分析、動物飼料用プロバイオティクスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の有機過酸化物市場2015
    本調査レポートでは、世界の有機過酸化物市場2015について調査・分析し、有機過酸化物の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 鉱山設備の世界市場分析:製品別(鉱山掘削・破砕、粉砕、粉砕・スクリーニング装置、鉱物加工機械、表面鉱山設備)、用途別、セグメント予測、2014 – 2025
    本調査レポートでは、鉱山設備の世界市場について調査・分析し、鉱山設備の世界市場動向、鉱山設備の世界市場規模、市場予測、セグメント別鉱山設備市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ペットフードの北米市場
    本調査レポートでは、ペットフードの北米市場について調査・分析し、ペットフードの北米市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 整形外科外傷デバイスの米国市場
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、整形外科外傷デバイスの米国市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、整形外科外傷デバイスの米国市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、材料別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は整形外科外傷デバイスの米国市場が2017-2021年期間中に年平均3.63%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、DePuy Synthes、Smith & Nephew、Stryker、Zimmer Biomet等です。
  • TVホワイトスペーススペクトルの世界市場見通し2016-2022:ポータブルTVホワイトスペース装置、固定TVホワイトスペース装置
    当調査レポートでは、TVホワイトスペーススペクトルの世界市場について調査・分析し、TVホワイトスペーススペクトルの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・TVホワイトスペーススペクトルの世界市場:市場動向分析 ・TVホワイトスペーススペクトルの世界市場:競争要因分析 ・TVホワイトスペーススペクトルの世界市場:ソフトウェア&サービス別分析/市場規模 ・TVホワイトスペーススペクトルの世界市場:装置別分析/市場規模 ・TVホワイトスペーススペクトルの世界市場:構成要素別分析/市場規模 ・TVホワイトスペーススペクトルの世界市場:需要先別分析/市場規模 ・TVホワイトスペーススペクトルの世界市場:範囲別分析/市場規模 ・TVホワイトスペーススペクトルの世界市場:地域別分析/市場規模 ・TVホワイトスペーススペクトルの北米市場規模 ・TVホワイトスペーススペクトルの欧州市場規模 ・TVホワイトスペーススペクトルのアジア市場規模 ・TVホワイトスペーススペクトルの世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • カナダの末梢血管処置用機器市場見通し(~2021)
  • 世界の手術室キャビネット市場2015
    本調査レポートでは、世界の手術室キャビネット市場2015について調査・分析し、手術室キャビネットの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車向け拡張現実(AR)の世界市場2017-2027
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、自動車向け拡張現実(AR)の世界市場について調査・分析し、自動車向け拡張現実(AR)の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・自動車向け拡張現実(AR)の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・自動車向け拡張現実(AR)の世界市場:セグメント別市場分析 ・自動車向け拡張現実(AR)の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 先進CO2センサーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、先進CO2センサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、先進CO2センサーの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 血流予備比の世界市場:用途別(多血管性、単血管性)、製品別(モニタリングシステム、ガイドワイヤー)、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、血流予備比の世界市場について調査・分析し、血流予備比の世界市場動向、血流予備比の世界市場規模、市場予測、セグメント別血流予備比市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のチップアンテナ市場2016
    本調査レポートでは、世界のチップアンテナ市場2016について調査・分析し、チップアンテナの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ナースコールシステムの世界市場
    当調査レポートでは、ナースコールシステムの世界市場について調査・分析し、ナースコールシステムの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"