"3Dプリンティング建設の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:BC 7316)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"3Dプリンティング建設の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

‘’The 3D printing construction market is projected to register a CAGR of 245.9%, in terms of value, between 2019 and 2024.’’ The 3d printing construction market size is estimated to be USD 3 million in 2019 and is projected to reach USD 1,575 million by 2024, at a CAGR of 245.9% between 2019 and 2024. 3D printing construction is used in different industries, such as building and infrastructure. This innovative method is highly promising and advantageous in the construction industry in terms of cost-effectiveness, construction time, flexibility, design, error reduction, and environmental aspects. The superior features offered by 3D printing construction are enabling its usage in various end-use industries.

‘‘Extrusion construction method accounted for the largest share, in terms of value and volume, of the overall 3D printing construction market.’’
Extrusion construction method dominated the overall 3D printing construction market in 2018. 3D printing construction possesses characteristics such as cost-effectiveness, construction time, flexibility, design, error reduction, and environmental aspects. An extrusion construction method is used in the construction industry and possesses the capability to produce large-scale building components with complex geometrical structures.

‘‘Concrete material type accounted for the largest share, in terms of value and volume, of the 3D printing construction market.’’
Concrete material type dominated the overall 3D printing construction market in 2018. The use of concrete material in the 3D printing construction market offers various advantages such as cost-effectiveness, design flexibility, environmental resistance, extrudability, buildability, flowability, compressive strength, and open time. The concrete material is used while extruding in the 3D printing construction process.

‘‘ The 3D printing construction market in the building end-use sector is expected to register the highest CAGR between 2019 and 2024.’’
The increasing use of 3D printing in the building sector is mainly due to 3D construction printing offers excellent thermal qualities that are strong enough to withstand external factors such as heat. Furthermore, 3D printing construction’s capability to develop complex building geometries, safety, more precision, and less waste has resulted in the development of complex building structures at an affordable rate. This technology helps in creating lightweight components such as walls and panels while maintaining structural integrity, lowering the handling & transportation costs.

‘‘The 3D printing construction market in the APAC is projected to register the highest CAGR, in terms of value and volume, between 2019 and 2024.”
The APAC dominated the global 3D printing construction market. The region has the presence of many manufacturers of 3D printing construction and its products. China accounted for a significant share of the market in APAC and is expected to register substantial growth during the forecast period. The growth of the 3D printing construction market in this region is driven mainly by the growing building and infrastructure end-use sectors.

Breakdown of Profiles of Primary Interviews:

• By Company Type: Tier 1 – 40%, Tier 2 – 33%, and Tier 3 – 27%
• By Designation: C level – 50%, Director level – 20%, and Others – 30%
• By Region: Europe – 50%, North America – 20%, APAC -15%, RoW – 15%
The 3D printing construction market comprises major solution providers such as Yingchuang Building Technique (China), XtreeE (France), Apis Cor (Russia), Monolite UK (UK), CSP s.r.l. (Italy), CyBe Construction (Netherlands), Sika (Switzerland), MX3D (Netherlands), Cazza Construction Technologies (California), and ICON (Texas). The study includes an in-depth competitive analysis of these key players in the 3D printing construction market, with their company profiles, recent developments, and key market strategies.

Research Coverage
The study covers the 3D printing construction market. It aims at estimating the market size and the growth potential of this market across different segments, such as process type, material type, end-use industry, and region. Porter’s Five Forces analysis and the key market dynamics, such as drivers, restraints, challenges, and opportunities, influencing the growth of the 3D printing construction market have been discussed in the report. The report also provides company profiles and competitive benchmarking of major players operating in the market.

Key Benefits of Buying the Report
The report will help the market leaders/new entrants in this market with information on the closest approximations of the revenue numbers of the overall 3D printing construction market and its subsegments. This report will help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to better position their businesses and plan suitable go-to-market strategies. It will also help stakeholders understand the pulse of the market and provide them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"3Dプリンティング建設の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 15)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Regions Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Unit Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 18)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.1.1 Top-Down Approach
2.3 Data Triangulation
2.4 Assumptions
2.5 Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 25)
4 Premium Insights (Page No. – 29)
4.1 Attractive Opportunities in the 3D Printing Construction Market
4.2 3D Printing Construction Market, By Material Type and Region
4.3 3D Printing Construction Market, By End-Use Sector
4.4 3D Printing Construction Market, By Construction Method
4.5 3D Printing Construction Market, By Country
5 Market Overview (Page No. – 32)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Potential for Mass Customization and Enhanced Architectural Flexibility
5.2.1.2 Reduction in Health & Safety Risks and Rate of Accidents
5.2.1.3 Inherently Green Technology
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Capital Investment
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Rise in Demand for New Construction Projects Across Regions
5.2.3.2 Rapid Urbanization
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Increase the Awareness About Automation Techniques in the Construction Industry
5.2.4.2 Smooth Surface Finish
5.2.4.3 Limited Size of the Printers
5.2.4.4 Partially Built Houses
5.3 Porter’s Five Forces Analysis
5.3.1 Threat of Substitutes
5.3.2 Threat of New Entrants
5.3.3 Bargaining Power of Suppliers
5.3.4 Bargaining Power of Buyers
5.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
5.4 Macroeconomic Indicators
5.4.1 Introduction
5.4.2 Rising Population
5.4.3 Increase in Middle-Class Population, 2009–2030
5.4.4 Trends and Forecast of GDP
5.4.5 Contribution of the Construction Industry to the GDP, By Country
6 3D Printing Construction Market, By Material Type (Page No. – 42)
6.1 Introduction
6.2 Concrete
6.2.1 Concrete Material Dominates the 3D Printing Construction Market
6.3 Metal
6.3.1 Metal Provides Higher Mechanical Strength and Cost-Benefit in 3D Printing Construction
6.4 Composite
6.4.1 Composite is the Second-Largest Segment in the 3D Printing Construction Market
6.5 Others
7 3D Printing Construction Market, By Construction Method (Page No. – 49)
7.1 Introduction
7.2 Extrusion
7.2.1 Extrusion is One of the Most Widely Used 3D Printing Construction Methods
7.3 Powder Bonding
7.3.1 Powder Bonding Construction Method is Highly Suitable for Off-Site Process
8 3D Printing Construction Market, By End-Use Sector (Page No. – 55)
8.1 Introduction
8.2 Building
8.2.1 The Ability of 3D Printing Technology to Develop Complex Building Geometries is Driving Its Demand in the Segment
8.3 Infrastructure
8.3.1 Design Flexibility is A Key Feature Driving the Market in the Infrastructure Segment
9 3D Printing Construction Market, By Region (Page No. – 60)
9.1 Introduction
9.2 Europe
9.2.1 Russia
9.2.1.1 Increasing Government’s Focus on the Development of Affordable Housing is Positively Influencing the Market in Russia
9.2.2 France
9.2.2.1 France is One of the Most Dominant Economies in Europe
9.2.3 Denmark
9.2.3.1 Growing Demand for New Residential Construction Activities and Time-Saving Building Solutions are Likely to Drive the Market in Denmark
9.2.4 Spain
9.2.4.1 Increasing Demand for Affordable Houses is Driving the Market in the Building Segment in Spain
9.2.5 Netherlands
9.2.5.1 Increased Private and Government Investments in Various Sectors are Likely to Drive the Market in the Country
9.2.6 Italy
9.2.6.1 Growing Demand for Cost-Effective and Time-Saving Construction Methods is Resulting in the Market Growth in Italy
9.3 RoW
9.3.1 UAE
9.3.1.1 The UAE Represents Vast 3D Printing Technology in the Construction Sector
9.3.2 Saudi Arabia
9.3.2.1 Saudi Arabia is the Largest and Fastest-Growing 3D Printing Construction Market in RoW
9.4 APAC
9.4.1 China
9.4.1.1 China Dominates the 3D Printing Construction Market in the APAC Region
9.4.2 Thailand
9.4.2.1 3D Printing Construction is at the Initial Stage in Thailand
9.5 North America
9.5.1 US
9.5.1.1 Need for Affordable and Safe Housing Drives the 3D Printing Construction Market in the US
9.5.2 El Salvador
9.5.2.1 El Salvador is the Potential 3D Printing Construction Market in the North American Region
9.6 Other Potential Markets
9.6.1 India
9.6.2 Japan
9.6.3 Brazil
9.6.4 Egypt
10 Competitive Landscape (Page No. – 84)
10.1 Introduction
10.1.1 Competitive Leadership Mapping
10.1.1.1 Visionary Leaders
10.1.1.2 Dynamic Differentiators
10.1.1.3 Emerging Companies
10.1.1.4 Innovators
10.1.2 Strength of Product Portfolio
10.1.3 Business Strategy Excellence
10.1.4 Market Ranking
10.2 Competitive Scenario
10.2.1 New Project
10.2.2 Partnership
10.2.3 Expansion
10.2.4 Joint Venture
10.2.5 Agreement
10.2.6 Product Launch
10.2.7 Investment
10.2.8 Contract
11 Company Profiles (Page No. – 98)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
11.1 Yingchuang Building Technique (Winsun)
11.2 Xtreee
11.3 Apis Cor
11.4 Monolite UK (D-Shape)
11.5 Csp S.R.L. (Centro Sviluppo Progetti)
11.6 Cybe Construction
11.7 Sika
11.8 Mx3D
11.9 Contour Crafting
11.10 Icon
11.11 Other Players
11.11.1 Betabram
11.11.2 Rohaco
11.11.3 Imprimere Ag
11.11.4 Beijing Huashang Luhai Technology
11.11.5 Total Kustom
11.11.6 Spetsavia
11.11.7 Lifetec Construction Group Inc
11.11.8 Be More 3D
11.11.9 3D Printhuset
11.11.10 Acciona
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 124)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】3Dプリンティング建設の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年8月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】BC 7316
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】建設
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
3Dプリンティング建設の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 美容レーザーおよびエネルギーデバイスの世界市場:製品別(レーザーリサーフェシングデバイス、ボディコンタリングデバイス、および審美眼科デバイス)、技術別(レーザーベースのテクノロジー、光ベースのテクノロジー、エネルギーベースのテクノロジー)、用途別(脱毛、瘢痕除去、スキンリサーフェシング、スキン若返り、肌の引き締めなど)、エンドユーザー別(複数の専門センター、スタンドアロンセンター、および美容外科センターとクリニック)
    当調査レポートでは、美容レーザーおよびエネルギーデバイスの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、製品別分析、技術別分析、用途別分析、エンドユーザー別分析、地域別分析、企業概要、などを含め、以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・美容レーザーおよびエネルギーデバイスの世界市場:製品別(レーザーリサーフェシングデバイス、ボディコンタリングデバイス、および審美眼科デバイス) ・美容レーザーおよびエネルギーデバイスの世界市場:技術別(レーザーベースのテクノロジー、光ベースのテクノロジー、エネルギーベースのテクノロジー) ・美容レーザーおよびエネルギーデバイスの世界市場:用途別(脱毛、瘢痕除去、スキンリサーフェシング、スキン若返り、肌の引き締めなど) ・美容レーザーおよびエネルギーデバイスの世界市場:エンドユーザー別(複数の専門センター、スタンドアロンセンター、および美容外科センターとクリニック) ・美容レーザーおよびエネルギーデバイスの世界市場:地域別分析 ・企業概要
  • スチレン系樹脂の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、スチレン系樹脂の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、スチレン系樹脂の世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 美容液(セラム)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、美容液(セラム)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、美容液(セラム)の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 不活性ガス発生器システム(IGGS)の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、不活性ガス発生器システム(IGGS)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、不活性ガス発生器システム(IGGS)市場規模、コンポーネント別(海洋用IGGSコンポーネント、工業用IGGSコンポーネント、航空用IGGSコンポーネント)分析、適合別(改造部品、OEM)分析、IGGS種類別(海洋用、航空用、工業用)分析、エンドユーザー別(海洋、航空、軍用機、工業用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 不活性ガス発生器システム(IGGS)の世界市場:市場動向分析 ・ 不活性ガス発生器システム(IGGS)の世界市場:競争要因分析 ・ 不活性ガス発生器システム(IGGS)の世界市場:コンポーネント別(海洋用IGGSコンポーネント、工業用IGGSコンポーネント、航空用IGGSコンポーネント) ・ 不活性ガス発生器システム(IGGS)の世界市場:適合別(改造部品、OEM) ・ 不活性ガス発生器システム(IGGS)の世界市場:IGGS …
  • ココア製品の世界市場:製品種類別(ココア豆、ココアバター、ココアパウダー・ケーキ、ココアペースト・リキュール、チョコレート)、用途別(菓子、食品・飲料、化粧品・医薬品)
    本資料は、ココア製品の世界市場について調べ、ココア製品の世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、製品種類別(ココア豆、ココアバター、ココアパウダー・ケーキ、ココアペースト・リキュール、チョコレート)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ココア製品の世界市場概要 ・ココア製品の世界市場環境 ・ココア製品の世界市場動向 ・ココア製品の世界市場規模 ・ココア製品の世界市場:市場シェア ・ココア製品の世界市場:製品種類別(ココア豆、ココアバター、ココアパウダー・ケーキ、ココアペースト・リキュール、チョコレート) ・ココア製品の世界市場:用途別(菓子、食品・飲料、化粧品・医薬品) ・ココア製品の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ココア製品の北米市場規模・予測 ・ココア製品のアメリカ市場規模・予測 ・ココア製品のヨーロッパ市場規模・予測 ・ココア製品のアジア市場規模・予測 ・ココア製品の日本市場規模・予測 ・ココア製品の中国市場規模・予測 ・関連企業情 …
  • 自動乗客数カウントシステム・情報システムの世界市場2017-2027
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、自動乗客数カウントシステム・情報システムの世界市場について調査・分析し、自動乗客数カウントシステム・情報システムの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・自動乗客数カウントシステム・情報システムの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・自動乗客数カウントシステム・情報システムの世界市場:セグメント別市場分析 ・自動乗客数カウントシステム・情報システムの世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • 多機能ディスプレイの世界市場:プラットフォーム別(陸上、空中、海上)、システム別(電子フライトディスプレイ、ヘッドアップディスプレイ、ヘルメットマウントディスプレイ、ポータブル多機能ディスプレイ)、技術別(LED、LCD・AMLCD、TFT、OLED、シンセティックビジョン(合成の視覚))、サイズ別(5インチ未満、5~10インチ、10~15インチ)、地域別予測
    本資料は、多機能ディスプレイの世界市場について調べ、多機能ディスプレイの世界規模、市場動向、市場環境、プラットフォーム別(陸上、空中、海上)分析、システム別(電子フライトディスプレイ、ヘッドアップディスプレイ、ヘルメットマウントディスプレイ、ポータブル多機能ディスプレイ)分析、技術別(LED、LCD・AMLCD、TFT、OLED、シンセティックビジョン(合成の視覚))分析、サイズ別(5インチ未満、5~10インチ、10~15インチ)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・多機能ディスプレイの世界市場概要 ・多機能ディスプレイの世界市場環境 ・多機能ディスプレイの世界市場動向 ・多機能ディスプレイの世界市場規模 ・多機能ディスプレイの世界市場規模:プラットフォーム別(陸上、空中、海上) ・多機能ディスプレイの世界市場規模:システム別(電子フライトディスプレイ、ヘッドアップディスプレイ、ヘルメットマウントディスプレイ、ポータブル多機能ディスプレイ) …
  • 転移性肝がん(Metastatic Liver Cancer):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における転移性肝がん(Metastatic Liver Cancer)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、転移性肝がん(Metastatic Liver Cancer)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・転移性肝がん(Metastatic Liver Cancer)の概要 ・転移性肝がん(Metastatic Liver Cancer)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の転移性肝がん(Metastatic Liver Cancer)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・転移性肝がん(Metastatic Liver Cancer)治療薬 …
  • サーマルイメージングの世界市場:装置、ソフトウェア、サービス
    当調査レポートでは、サーマルイメージングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、構成要素別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、サーマルイメージングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 脆弱X症候群(Fragile X Syndrome):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における脆弱X症候群(Fragile X Syndrome)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、脆弱X症候群(Fragile X Syndrome)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・脆弱X症候群(Fragile X Syndrome)の概要 ・脆弱X症候群(Fragile X Syndrome)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の脆弱X症候群(Fragile X Syndrome)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・脆弱X症候群(Fragile X Syndrome)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価 …
  • 電気自動車(EV)用トランスミッションの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、電気自動車(EV)用トランスミッションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電気自動車(EV)用トランスミッションの世界市場規模及び予測、ギア種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空機コックピット・ディスプレイ・システム(CDS)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、航空機コックピット・ディスプレイ・システム(CDS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空機コックピット・ディスプレイ・システム(CDS)の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • CTスキャナーの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、CTスキャナーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、CTスキャナー市場規模、デバイスアーキテクチャ別(Oアーム型CTスキャナー、Cアーム型CTスキャナー)分析、用途別(研究、医療、動物医療)分析、種類別(ポータブル型、据置型)分析、技術別(コーンビームCT(CBCT)、低線量CT、中線量CT、高線量CT)分析、エンドユーザー別(動物病院、研究所、病院、外来治療センター、診断センター、学術機関、臨床研究機関(CRO)、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ CTスキャナーの世界市場:市場動向分析 ・ CTスキャナーの世界市場:競争要因分析 ・ CTスキャナーの世界市場:デバイスアーキテクチャ別(Oアーム型CTスキャナー、Cアーム型CTスキャナー) ・ CTスキャナーの世界市場:用途別(研究、医療、動物医療) ・ CTスキャナーの世界市場:種類別(ポータブル型、据置型) ・ CTスキャナーの世界市場:技術別(コー …
  • 世界のガスクロマトグラフィシステム市場2015
    本調査レポートでは、世界のガスクロマトグラフィシステム市場2015について調査・分析し、ガスクロマトグラフィシステムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • エッセンシャルオイルの世界市場分析:製品別(オレンジ、コーンミント、ユーカリ、シトロネラ、ペパーミント、レモン、クローブリーフ、ライム、スピアミント)、用途別(医療、食品・飲料、スパ・リラクゼーション、クリーニング・ホーム)、セグメント予測
    本調査レポートでは、エッセンシャルオイルの世界市場について調査・分析し、エッセンシャルオイルの世界市場動向、エッセンシャルオイルの世界市場規模、市場予測、セグメント別エッセンシャルオイル市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 業務用冷凍装置の世界市場予測(~2025)
  • 生鮮食品輸送の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、生鮮食品輸送の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、生鮮食品輸送市場規模、エンドユーザー別(肉・鶏肉・シーフード、乳製品、青果、ベーカリー製品・菓子)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、C. H. Robinson, DB Schenker, DHL, Kuehne + Nagel, XPO Logisticsなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・生鮮食品輸送の世界市場概要 ・生鮮食品輸送の世界市場環境 ・生鮮食品輸送の世界市場動向 ・生鮮食品輸送の世界市場規模 ・生鮮食品輸送の世界市場:業界構造分析 ・生鮮食品輸送の世界市場:エンドユーザー別(肉・鶏肉・シーフード、乳製品、青果、ベーカリー製品・菓子) ・生鮮食品輸送の世界市場:地域別市場規模・分析 ・生鮮食品輸送の北米市場規模・予測 ・生鮮食品輸送のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・生鮮食品輸送のアジア太平洋市場規模・予測 ・生鮮食品輸送の主要国分析 ・生 …
  • ヘリポート(ヘリコプター発着場)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ヘリポート(ヘリコプター発着場)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヘリポート(ヘリコプター発着場)の世界市場規模及び予測、産業別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 高品質高強度鋼の世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、高品質高強度鋼の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、高品質高強度鋼市場規模、原料種類別(TRIP鋼、マルテンサイト鋼、二相鋼、ホウ素鋼、その他)分析、用途別(サスペンション、車体、バンパー・侵入警報器、その他)分析、グレード別(複合相、変態誘起塑性(TRIP)、その他)分析、エンドユーザー別(建設、自動車、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 高品質高強度鋼の世界市場:市場動向分析 ・ 高品質高強度鋼の世界市場:競争要因分析 ・ 高品質高強度鋼の世界市場:原料種類別(TRIP鋼、マルテンサイト鋼、二相鋼、ホウ素鋼、その他) ・ 高品質高強度鋼の世界市場:用途別(サスペンション、車体、バンパー・侵入警報器、その他) ・ 高品質高強度鋼の世界市場:グレード別(複合相、変態誘起塑性(TRIP)、その他) ・ 高品質高強度鋼の世界市場:エンドユーザー別(建設、自動車、その他) ・ 高品質高強度鋼の世界市場:主要地域 …
  • 先進HVAC(空調)制御の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、先進HVAC(空調)制御の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、先進HVAC(空調)制御の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ブラジルの心臓律動管理装置市場(~2021)
  • 世界の高分子ベース熱伝導材料(TIM)市場2015
    本調査レポートでは、世界の高分子ベース熱伝導材料(TIM)市場2015について調査・分析し、高分子ベース熱伝導材料(TIM)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 産業用PoEの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用PoEの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用PoEの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は産業用PoEの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.54%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Broadcom• Linear Technology• Maxim Integrated• STMicroelectronics• Texas Instruments等です。
  • ケーブル導管装置の世界市場
    当調査レポートでは、ケーブル導管装置の世界市場について調査・分析し、ケーブル導管装置の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 低浸透インクの世界市場予測(~2022年):プロセス(グラビア印刷、フレキソ印刷、オフセット印刷、デジタル印刷)、需要先、地域別分析
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、低浸透インクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、プロセス別分析、用途別分析、地域別分析、低浸透インクの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ウェスタンブロッティング(WB)の世界市場:ウェスタンブロッティング装置、消耗品
    当調査レポートでは、ウェスタンブロッティング(WB)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ウェスタンブロッティング(WB)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • イランの火力発電市場2016:発電能力、生産、投資動向、制度、企業
  • ジオシンセチッククレイライナーの世界市場分析:用途別(封じ込め、排水処理、埋め立て、道路・土木建設)、セグメント予測
    本調査レポートでは、ジオシンセチッククレイライナーの世界市場について調査・分析し、ジオシンセチッククレイライナーの世界市場動向、ジオシンセチッククレイライナーの世界市場規模、市場予測、セグメント別ジオシンセチッククレイライナー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の活性白土市場2016
    本調査レポートでは、世界の活性白土市場2016について調査・分析し、活性白土の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • チェコの心臓血管疾患用装置市場見通し
  • 航空機客室用内装品の世界市場:シート、IFEC、ギャレー機器、客室照明、窓、ラバトリー
    当調査レポートでは、航空機客室用内装品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、フィット別分析、製品種類別分析、航空機種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 化粧品用チューブ・瓶の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、化粧品用チューブ・瓶の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、化粧品用チューブ・瓶の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 触媒担体の世界市場予測(~2023年):セラミックス、活性炭、ゼオライト
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、触媒担体の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、製品種類別(セラミックス、活性炭、ゼオライト)分析、形状・構成別(球、多孔質、リング、押出成形物、ハニカム)分析、最終用途産業別(石油・ガス、化学品製造、自動車)分析、触媒担体の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 災害保険の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、災害保険の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、災害保険の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 鉄鋳物の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、鉄鋳物の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、鉄鋳物の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • Lorain-Medina Rural Electric Cooperative, Inc.:発電所および企業SWOT分析2015
  • 軽度の痛み(Mild Pain):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における軽度の痛み(Mild Pain)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、軽度の痛み(Mild Pain)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・軽度の痛み(Mild Pain)の概要 ・軽度の痛み(Mild Pain)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の軽度の痛み(Mild Pain)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・軽度の痛み(Mild Pain)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・軽度の痛み(M …
  • ハイスループットスクリーニング(HTS)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ハイスループットスクリーニング(HTS)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ハイスループットスクリーニング(HTS)市場規模、エンドユーザー別(医薬品・バイオテクノロジー企業、学術・研究機関、CRO)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Agilent Technologies, Bio-Rad Laboratories, Charles River, Merck KGaA, PerkinElmer, Thermo Fisher Scientificなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ハイスループットスクリーニング(HTS)の世界市場概要 ・ハイスループットスクリーニング(HTS)の世界市場環境 ・ハイスループットスクリーニング(HTS)の世界市場動向 ・ハイスループットスクリーニング(HTS)の世界市場規模 ・ハイスループットスクリーニング(HTS)の世界市場:業界構造分析 ・ハイスループットスクリーニング(HT …
  • 廃棄物由来バイオガスの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、廃棄物由来バイオガスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、廃棄物由来バイオガス市場規模、タイプ別(農業廃棄物、乾式嫌気性消化システム、産業排水、埋立地ガス、中温性嫌気性消化システム、パッシブ嫌気性消化システム、下水、好熱性嫌気性消化システム)分析、用途別(産業、農業、その他)分析、エンドユーザー別(都市電力、輸送用燃料、オンサイト発電)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 廃棄物由来バイオガスの世界市場:市場動向分析 ・ 廃棄物由来バイオガスの世界市場:競争要因分析 ・ 廃棄物由来バイオガスの世界市場:タイプ別(農業廃棄物、乾式嫌気性消化システム、産業排水、埋立地ガス、中温性嫌気性消化システム、パッシブ嫌気性消化システム、下水、好熱性嫌気性消化システム) ・ 廃棄物由来バイオガスの世界市場:用途別(産業、農業、その他) ・ 廃棄物由来バイオガスの世界市場:エンドユーザー別(都市電力、輸送用燃料、オンサイト発電) ・ …
  • 世界の超薄型ディスプレイ (PTD)市場2015
    本調査レポートでは、世界の超薄型ディスプレイ (PTD)市場2015について調査・分析し、超薄型ディスプレイ (PTD) の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 家庭用食品保存容器の米国市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、家庭用食品保存容器の米国市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、家庭用食品保存容器の米国市場規模及び予測、材料別分析、販売チャネル別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は家庭用食品保存容器の米国市場が2017-2021年期間中に年平均5.32%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はNewell Brands、S.C. Johnson and Son、The Clorox Company、Tupperware、World kitchen等です。
  • タッキファイヤー(粘着付与剤樹脂)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、タッキファイヤー(粘着付与剤樹脂)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、タッキファイヤー(粘着付与剤樹脂)の世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はタッキファイヤー(粘着付与剤樹脂)の世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.85%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Arakawa Chemical Industries,• Arkema, • Eastman Chemical, • ExxonMobil, • Kraton等です。
  • ハイドロゲルドレッシングのヨーロッパ市場2020-2024
  • 移動式ロボットの世界市場:製品別(UGV、UAV、AUV)、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サポート・サービス)、用途別(ロジスティクス&倉庫、軍事&防衛、ヘルスケア、国内、エンターテイメント、教育、農業・林業、その他)
    本資料は、移動式ロボットの世界市場について調べ、移動式ロボットの世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、製品別(UGV、UAV、AUV)分析、用途別(ロジスティクス&倉庫、軍事&防衛、ヘルスケア、国内、エンターテイメント、教育、農業・林業、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・移動式ロボットの世界市場概要 ・移動式ロボットの世界市場環境 ・移動式ロボットの世界市場動向 ・移動式ロボットの世界市場規模 ・移動式ロボットの世界市場:市場シェア ・移動式ロボットの世界市場:製品別(UGV、UAV、AUV) ・移動式ロボットの世界市場:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サポート・サービス) ・移動式ロボットの世界市場:用途別(ロジスティクス&倉庫、軍事&防衛、ヘルスケア、国内、エンターテイメント、教育、農業・林業、その他) ・移動式ロボットの世界市場:地域別市場規模・分析 ・移動式ロボットの北米市場規模・予測 ・移動式ロボットの …
  • バイオセンサーの世界市場:製品別(バイオセンサー、圧力センサー、加速度計、イメージセンサー、その他)、センサーの載置別、用途別、地域別予測
    本資料は、バイオセンサーの世界市場について調べ、バイオセンサーの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(バイオセンサー、圧力センサー、加速度計、イメージセンサー、その他)分析、センサーの載置別分析、用途別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・バイオセンサーの世界市場概要 ・バイオセンサーの世界市場環境 ・バイオセンサーの世界市場動向 ・バイオセンサーの世界市場規模 ・バイオセンサーの世界市場規模:製品別(バイオセンサー、圧力センサー、加速度計、イメージセンサー、その他) ・バイオセンサーの世界市場規模:センサーの載置別 ・バイオセンサーの世界市場規模:用途別 ・バイオセンサーの世界市場:地域別市場規模・分析 ・バイオセンサーの北米市場規模・予測 ・バイオセンサーのアメリカ市場規模・予測 ・バイオセンサーのヨーロッパ市場規模・予測 ・バイオセンサーのアジア市場規模・予測 ・バイオセンサーの日本市場規模・予測 ・バイオセンサーの中国市場規模・予測 …
  • アメリカの外傷固定市場動向(~2021)
  • 世界の自動車用コントロールアーム市場2015
    本調査レポートでは、世界の自動車用コントロールアーム市場2015について調査・分析し、自動車用コントロールアームの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • CCR1阻害薬のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるCCR1阻害薬のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・CCR1阻害薬の概要 ・CCR1阻害薬のパイプライン概要 ・企業別開発中のCCR1阻害薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・CCR1阻害薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・CCR1阻害薬開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ジベレリンの世界市場2014-2025:用途別(大麦麦芽化、サトウキビ収量増加、果実生産、種子生産)、地域別
    本調査レポートでは、ジベレリンの世界市場について調査・分析し、ジベレリンの世界市場動向、ジベレリンの世界市場規模、市場予測、セグメント別ジベレリン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 質量分析法(MS)の世界市場予測(~2022年):種類、用途、地域別分析
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、質量分析法(MS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、質量分析法(MS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"