"位置情報サービス(LBS)及びリアルタイム位置情報システム(RTLS)の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC 2371)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"位置情報サービス(LBS)及びリアルタイム位置情報システム(RTLS)の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Various applications of geospatial data to drive the LBS and RTLS market growthMarketsandMarkets projects the Location-Based Services (LBS) and Real-Time Location Systems (RTLS) market to grow from USD 16.0 billion in 2019 to USD 40.0 billion by 2024, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 20.1% from 2019 to 2024. Generally, spatial data represents the location, size and shape of objects present on Earth, such as a buildings, lakes, mountains, or townships. It is considered that spatial data and analysis is extremely essential for companies to understand changing business trends and challenges across regions, which significantly drives market growth. The processing time in decision-making is often long, leading to flawed assumptions, which limits the applicability of information.

The increasing awareness among business executives about the benefits of LBS and RTLS analytics has further bolstered the growth of the market. LBS and RTLS solutions assist business executives in processing vast volumes of spatial data and gathering real-time insights into various business functionalities, which, in turn, helps companies to quickly tackle changing business conditions. For example, in the retail industry, spatial data enables retailers to uncover relationships between stores, products, and customer types—across a range of different parameters or metrics—that affects sales performance.

By component, services segment to account for a higher market share during the forecast period
By component, the services segment is expected to hold a higher market share than the hardware and software segment during the forecast period. The services play a tricky part in the overall LBS and RTLS implementation process, especially for RTLS. Knowing the installation and maintenance details before deploying RTLS solutions plays a crucial role for determining the exact time and cost investment required to install the solution. For instance, some RTLS installations may take months and can affect staff productivity in environments, such as hospitals by creating interference and obstruction in the work place. On the other hand, some solutions such as Wireless Fidelity (Wi-Fi)-based RTLS solutions can be integrated with the existing wireless network infrastructure of the facility and therefore, require a shorter installation time. Other than installation and maintenance services, professional services, such as consulting, Return on Investment (RoI) analysis, and site inspection are also included in the services segment.

By service, deployment and integration segment to hold a larger market size during the forecast period
Among services, the deployment and integration segment is expected to hold larger market size than the application support and maintenance, and consulting and advisory services segment during the forecast period. Deployment and integration services take care of seamless integration of each location-based software and system, regardless of its technology. System integration provides facilities and frameworks for the integration of various platforms with third-party environments. This integration allows applications to run on other platforms and make indoor location-based solutions efficient and quick.

Among regions, Asia Pacific to grow at the highest CAGR during the forecast period
The market in Asia Pacific (APAC) is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period, owing to the massive potential for the applications of LBS and RTLS solutions in sectors, such as government and public utilities, manufacturing, transportation and logistics, and retail. The existence of a large population, developing technology, and high growth in countries, such as China, India, Australia, Japan, Singapore, and Hong Kong are the major contributing factors for the growth of the LBS and RTLS market in the APAC region. Organizations in APAC are focusing on customer interests and preferences. The usage of smartphones and internet is widely used as a major means of connectivity.

In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), marketing directors, innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the LBS and RTLS market.
The breakup of the profiles of the primary participants is given below:
• By Company Type: Tier 1 – 42%, Tier 2 – 26%, and Tier 3 – 32%
• By Designation: C-Level – 40%, Director Level – 35%, and Managers–25%
• By Region: North America – 45%, Europe – 25%, APAC – 20%, and RoW – 10%
The following key LBS and RTLS vendors are profiled in the report:
• Aruba Networks (US)
• Cisco (US)
• Google (US)
• Esri (US)
• IBM (US)
• Microsoft (US)
• Oracle (US)
• TomTom (Netherlands)
• Teldio (Canada)
• HERE (Netherlands)
• Ericsson (Sweden)
• Foursquare (US)
• Navigine (US)
• AiRISTA Flow (US)
• Quuppa (Finland)
• Ubisense (UK)
• Apple (US)
• Qualcomm (US)
• STANLEY Healthcare (US)
• GE Healthcare (US)
• CenTrak (US)
• Spime (US)
• KDDI (Japan)
• NTT Docomo (Japan)
• Zebra Technologies (US)

Research Coverage
The LBS and RTLS market is segmented by component (hardware, software and services), location type (indoor and outdoor), vertical, and region. A detailed analysis of the key industry players has been undertaken to provide insights into their business overviews; services; key strategies; new service and product launches; partnerships, agreements, and collaborations; business expansions; and competitive landscape associated with the LBS and RTLS market.

Reasons to Buy the Report
The report would help the market leaders and new entrants in the following ways:
• It comprehensively segments the LBS and RTLS market and provides the closest approximations of the revenue numbers for the overall market and its subsegments across different regions.
• It would help stakeholders understand the pulse of the market and provide information on the key market drivers, restraints, challenges, and opportunities in the market.
• It would help stakeholders understand their competitors better and gain more insights to enhance their positions in the market. The competitive landscape section includes competitor ecosystem, new service developments, partnerships, and acquisitions.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"位置情報サービス(LBS)及びリアルタイム位置情報システム(RTLS)の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 19)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.3.3 Years Considered for the Study
1.4 Currency Considered
1.5 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 23)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakdown of Primary Profiles
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Top-Down Approach
2.3.2 Bottom-Up Approach
2.4 Market Forecast
2.5 Competitive Leadership Mapping Research Methodology
2.6 Assumptions for the Study
2.7 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 32)
4 Premium Insights (Page No. – 37)
4.1 Attractive Opportunities in Global Location Based Services Market
4.2 LBS and RTLS Market, By Component, 2019
4.3 LBS and RTLS Market, By Software, 2017–2024
4.4 LBS and RTLS Market, By Service, 2019 vs 2024
4.5 LBS and RTLS Market, By Location Type, 2019
4.6 LBS and RTLS Market, By Vertical, 2019 vs 2024
4.7 LBS and RTLS Market: Market Investment Scenario (2019-2024)
5 Location Based Services Market Overview and Industry Trends (Page No. – 41)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Various Applications of Geospatial Data Driving the LBS and RTLS Market Growth
5.2.1.2 Growing Demand for LBS and RTLS for Industry Applications
5.2.1.3 Proliferation of Social Media, Smartphones, and Location-Based Apps Among Consumers
5.2.1.4 Growing Demand for Geomarketing
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Stringent Government Rules and Regulations
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Ble and UWB for Indoor Proximity Services
5.2.3.2 Use of 5G for LBS
5.2.3.3 Opportunities and Applications in Industry 4.0
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Privacy and Security Concerns
5.2.4.2 Designing LBS and RTLS Solutions to Fulfill High Accuracy, Long-Range, and Low-Power Consumption Requirements Simultaneously
5.3 Future Outlook: LBS and RTLS Market
5.4 Value Chain Analysis
5.5 Standards and Regulations
5.5.1 Standardization Bodies
5.5.1.1 Open Geospatial Consortium
5.5.1.2 Internet Engineering Task Force
5.5.1.3 Institute of Electrical and Electronics Engineers
5.5.1.4 World Wide Web Consortium
5.5.2 Standards
5.6 Ecosystem and Key Target Audience
5.6.1 Ecosystem
5.6.2 Target Audience
5.6.2.1 Mobile Network Operators
5.6.2.2 LBS Application Developers
5.6.2.3 Wireless Infrastructure Providers
5.6.2.4 Mobile Content Developers and Aggregators
5.6.2.5 Mobile Commerce and Advertising Companies
5.7 LBS and RTLS Technologies
5.7.1 Satellite, Microwave, and Infrared Remote Sensing
5.7.2 Otdoa and E-Otd
5.7.3 RFID and NFC
5.7.4 Context-Aware Technologies
5.7.5 Wi-Fi/Wlan, UWB, Bt/Ble, Beacons, and A-GPS
5.7.6 Others
5.8 Use Cases of LBS and RTLS
6 Location Based Services Market By Component (Page No. – 60)
6.1 Introduction
6.2 Software
6.2.1 Geocoding and Reverse Geocoding
6.2.1.1 Geocoding and Reverse Geocoding Software Emerging as Major Facilitators of LBS on Digital Maps
6.2.2 Location and Predictive Analytics
6.2.2.1 Location and Predictive Analytics Software Empowering Enterprises to Make Better-Informed Decisions Regarding Their Services
6.2.3 Reporting and Visualization
6.2.3.1 Location-Based Reporting Software Provides Enterprises With A Detailed Understanding of Business Metrics
6.2.4 Database Management and Spatial ETL
6.2.4.1 The Combined Usage of Enterprise Spatial Database Enabling Robust Location Data Management
6.2.5 Risk Analytics and Threat Prevention
6.2.5.1 Rising Threats in the Connected Services Ecosystem Forcing Enterprises to Focus on Risk Analytics and Threat Prevention
6.3 Services
6.3.1 Deployment and Integration
6.3.1.1 Deployment and Integration Services to Offer Significant Revenue Growth Opportunities in APAC
6.3.2 Application Support and Maintenance
6.3.2.1 Growing Demand for LBS and RTLS Software Solutions Fueling the Demand for Application Support and Maintenance Services
6.3.3 Consulting and Advisory
6.3.3.1 Need for Technical Expertise, Especially in Latin America and MEA Regions, Driving the Demand for Consulting and Advisory Services
6.4 Hardware
7 Location Based Services Market By Location Type (Page No. – 73)
7.1 Introduction
7.2 Outdoor
7.2.1 GNSS Penetration in LBS Devices to Be A Key Enabler of Outdoor Positioning
7.3 Indoor
7.3.1 UWB Technology Enabling Precise Indoor Positioning
8 Location Based Services Market By Vertical (Page No. – 77)
8.1 Introduction
8.2 Government and Public Utilities
8.2.1 Surveillance, Emergency Response System, Cybersecurity Intelligence, Intrusion Detection and Prevention, and Asset Management are Key Applications of LBS and RTLS
8.3 Retail
8.3.1 Growing Use for LBS and RTLS Technologies in Retail for Enhancing Customer Engagement on Digital Platforms Via Geomarketing
8.4 Transportation and Logistics
8.4.1 Route Tracking and Monitoring, and Field Asset Monitoring Emerging as Key Applications of LBS and RTLS in Transportation and Logistics Vertical
8.5 Manufacturing
8.5.1 Asset Tracking and Supply Chain Optimization are Keys to the Deployment of LBS and RTLS in Manufacturing
8.6 Healthcare and Life Sciences
8.6.1 Facilities Management and Governance are Important Applications of LBS and RTLS in Healthcare and Life Sciences Vertical
8.7 Media and Entertainment
8.7.1 Audience Analysis and Customer Engagement to Drive the Adoption of LBS and RTLS in Media and Entertainment Vertical
8.8 Others
9 Location Based Services Market By Region (Page No. – 89)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 United States
9.2.1.1 Development of Infrastructure in the US to Drive the Market Growth
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Investments in Smart Cities and Smart Infrastructure to Drive LBS and RTLS in Canada
9.3 Europe
9.3.1 United Kingdom
9.3.1.1 Adoption of Big Data and Analytics Technologies to Drive the Demand for LBS and RTLS Solutions in the UK
9.3.2 Germany
9.3.2.1 Expansion of Smart Infrastructures in Germany to Drive the Growth of LBS and RTLS Market
9.3.3 Rest of Europe
9.4 Asia Pacific
9.4.1 China
9.4.1.1 Popularity of Location-Based Games to Drive the LBS and RTLS Market in China
9.4.2 Japan
9.4.2.1 Use of LBS for Emergency Services to Drive the LBS and RTLS Market in Japan
9.4.3 Rest of Asia Pacific
9.5 Rest of the World
9.5.1 Middle East
9.5.1.1 Government Initiatives for Smart Cities and Summits to Drive the Market Growth in the Middle East
9.5.2 Africa
9.5.2.1 Adoption of Smartphones to Drive the LBS and RTLS Market in Africa
9.5.3 Latin America
9.5.3.1 Increased Number and Use of Connected Devices to Drive the Market in Latin America
10 Competitive Landscape (Page No. – 107)
10.1 Competitive Leadership Mapping
10.1.1 Visionary Leaders
10.1.2 Innovators
10.1.3 Dynamic Differentiators
10.1.4 Emerging Companies
10.2 Strength of Product Portfolio
10.3 Business Strategy Excellence
10.4 Market Ranking for the LBS and RTLS Market, 2019
11 Company Profiles (Page No. – 112)
(Business Overview, Products & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
11.1 Cisco
11.2 Google
11.3 IBM
11.4 Microsoft
11.5 Oracle
11.6 Ericsson
11.7 Qualcomm
11.8 Tomtom
11.9 ESRI
11.10 Zebra Technologies
11.11 Teldio
11.12 Here
11.13 Foursquare
11.14 Navigine
11.15 Airista Flow
11.16 Quuppa
11.17 Ubisense
11.18 Apple
11.19 Stanley Healthcare
11.20 GE Healthcare
11.21 Centrak
11.22 Spime
11.23 Aruba Networks
11.24 KDDI
11.25 NTT Docomo
*Details on Business Overview, Products & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 158)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customization
12.4 Related Reports
12.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】位置情報サービス(LBS)及びリアルタイム位置情報システム(RTLS)の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年8月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC 2371
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】IT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
位置情報サービス(LBS)及びリアルタイム位置情報システム(RTLS)の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ノイズ対策部品の世界市場2017-2021:PCBシールド、ガスケット、EMIフィルタ、積層体/テープ
    当調査レポートでは、ノイズ対策部品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ノイズ対策部品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 回路材料の世界市場:材料クラス別、基板別、導電性材料別、外層別、用途別、地域別予測
    本資料は、回路材料の世界市場について調べ、回路材料の世界規模、市場動向、市場環境、材料クラス別分析、基板別分析、導電性材料別分析、外層別分析、用途別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・回路材料の世界市場概要 ・回路材料の世界市場環境 ・回路材料の世界市場動向 ・回路材料の世界市場規模 ・回路材料の世界市場規模:材料クラス別 ・回路材料の世界市場規模:基板別 ・回路材料の世界市場規模:導電性材料別 ・回路材料の世界市場規模:外層別 ・回路材料の世界市場規模:用途別 ・回路材料の世界市場:地域別市場規模・分析 ・回路材料の北米市場規模・予測 ・回路材料のアメリカ市場規模・予測 ・回路材料のヨーロッパ市場規模・予測 ・回路材料のアジア市場規模・予測 ・回路材料の日本市場規模・予測 ・回路材料の中国市場規模・予測 ・関連企業情報
  • 農業用ハーベスタの世界市場:コンバインハーベスタ、フォーレージハーベスタ
    当調査レポートでは、農業用ハーベスタの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、農業用ハーベスタの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アジアの臨床化学検査市場動向(~2021)
  • ブラジルの血液検査市場動向(~2021)
  • 自動車用位置センサーの世界市場2017-2021:乗用車、商用車
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、自動車用位置センサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用位置センサーの世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は自動車用位置センサーの世界市場が2017-2021年期間中に年平均6.79%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Bosch、Continental、DENSO、Delphi Automotive、HELLA KGaA Hueck & Co、Sensata Technologies等です。
  • 南アフリカのオーソバイオロジクス市場見通し
  • アジア太平洋のバドミントン用品市場2016-2020
    当調査レポートでは、アジア太平洋のバドミントン用品市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、世界のバドミントン用品市場、アジア太平洋のバドミントン用品市場規模及び予測、製品別分析、主要国別分析などの情報をお届けいたします。
  • トロンボキサンシンターゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるトロンボキサンシンターゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・トロンボキサンシンターゼ阻害剤の概要 ・トロンボキサンシンターゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のトロンボキサンシンターゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・トロンボキサンシンターゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・トロンボキサンシンターゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • イソブテンの世界市場の規模と予測:製品別(メチルtert-ブチルエーテル(MTBE)、エチルtert-ブチルエーテル(ETBE))、用途別(自動車、航空宇宙、酸化防止剤、医薬品)、セグメント予測
    本調査レポートでは、イソブテンの世界市場について調査・分析し、イソブテンの世界市場動向、イソブテンの世界市場規模、市場予測、セグメント別イソブテン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のチップアンテナ市場2016
    本調査レポートでは、世界のチップアンテナ市場2016について調査・分析し、チップアンテナの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 汎用プラスチックの世界市場2017-2021:PE用、PP用、PVC用、PET用、PS用、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、汎用プラスチックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、汎用プラスチックの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は汎用プラスチックの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.53%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、BASF、China Petrochemical Corporation、DuPont、Exxon Mobil、LG Chem、LyondellBasell Industries Holdings、SABIC、Sumitomo Chemical、The Dow Chemical Company等です。
  • 患者登録ソフトウェアの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、患者登録ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、ソフトウェア別分析、機能別分析、需要先別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療用カメラの世界市場分析:用途別(内視鏡、眼科、皮膚科、歯科)、技術別(デジタルイメージング、赤外線、光干渉断層撮影、液体レンズ技術)、地域別、セグメント予測、2014 – 2025
    本調査レポートでは、医療用カメラの世界市場について調査・分析し、医療用カメラの世界市場動向、医療用カメラの世界市場規模、市場予測、セグメント別医療用カメラ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動列車制御装置(ATC)の世界市場予測(~2023年)
    自動列車制御装置(ATC)の世界市場は、2018年の22億米ドルから2023年には36億米ドルに達し、この期間中10.3%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、人口増加と超都市化の加速、旅客の利便性を目的とした技術の進歩、そしてスマートシティの新たなトレンドが考えられます。一方で、導入コストが高く運用効率が低いため、市場の成長が抑制される可能性があります。当調査レポートでは、自動列車制御装置(ATC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、自動化(GoA 1、GoA 2、GoA 3、GoA 4)分析、サービス(コンサルティング、統合・導入)分析、列車タイプ(都市鉄道、本線鉄道)分析、自動列車制御装置(ATC)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 高圧直流送電(HVDC)の世界市場:CCC(コンデンサ整流コンバータ)、VSC(電圧源コンバータ)、LCC(ライン整流コンバータ)、UHVDC
    当調査レポートでは、高圧直流送電(HVDC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、構成要素別分析、プロジェクト種類別分析、用途別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 消泡剤の世界市場
    当調査レポートでは、消泡剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、消泡剤の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 先進運転支援システム(ADAS)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、先進運転支援システム(ADAS)の世界市場について調査・分析し、先進運転支援システム(ADAS)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別先進運転支援システム(ADAS)シェア、市場規模推移、市場規模予測、先進運転支援システム(ADAS)種類別分析(アダプティブクルーズコントロール(ACC)、車線逸脱警告(LDW)システム、駐車アシスト、死角検知、その他)、先進運転支援システム(ADAS)用途別分析(乗用車、小型商用車(LCV)、大型商用車(HCV))、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・先進運転支援システム(ADAS)の市場概観 ・先進運転支援システム(ADAS)のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・先進運転支援システム(ADAS)のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・先進運転支援システム(ADAS)の世界市場規模 ・先進運転支援システム(ADAS)の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・先進運転支援システム(ADAS)のアメリカ市場規模推移 ・先進 …
  • ビジネスプロセス管理(BPM)ソリューションの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、ビジネスプロセス管理(BPM)ソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、ソリューション別分析、サービス別分析、企業規模別分析、産業別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療用プラスチックの世界市場分析:用途別(医療機器包装、医療機器、整形外科インプラント包装、整形外科用ソフトグッズ、創傷ケア、歯科インプラント、義歯床材)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、医療用プラスチックの世界市場について調査・分析し、医療用プラスチックの世界市場動向、医療用プラスチックの世界市場規模、市場予測、セグメント別医療用プラスチック市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • フレキシブルエポキシ樹脂の世界市場予測(~2022年):ウレタン変性、ゴム変性、ダイマー酸
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、フレキシブルエポキシ樹脂の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、フレキシブルエポキシ樹脂の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • DNS、DHCP、およびIPAM(DDI)の世界市場の見通し2017-2023
    当調査レポートでは、DNS、DHCP、およびIPAM(DDI)の世界市場について調査・分析し、DNS、DHCP、およびIPAM(DDI)の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・DNS、DHCP、およびIPAM(DDI)の世界市場規模:サービス別分析 ・DNS、DHCP、およびIPAM(DDI)の世界市場規模:展開種類別分析 ・DNS、DHCP、およびIPAM(DDI)の世界市場規模:コンポーネント別分析 ・DNS、DHCP、およびIPAM(DDI)の世界市場規模:ビジョン別分析 ・DNS、DHCP、およびIPAM(DDI)の世界市場規模:用途別分析 ・DNS、DHCP、およびIPAM(DDI)の世界市場規模:組織サイズ別分析 ・DNS、DHCP、およびIPAM(DDI)の世界市場規模:エンドユーザー別分析 ・DNS、DHCP、およびIPAM(DDI)の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファ …
  • 世界の食肉用接着剤市場2015
    本調査レポートでは、世界の食肉用接着剤市場2015について調査・分析し、食肉用接着剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ストリングインバータの世界市場
    当調査レポートでは、ストリングインバータの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ストリングインバータの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • エアボーンテレメトリー(遠隔測定法)の世界市場予測(~2021):ワイヤード、ワイヤレス、レシーバー、トランスミッタ、アンテナ、センサー
    当調査レポートでは、エアボーンテレメトリー(遠隔測定法)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、用途別分析、技術別分析、プラットフォーム別分析、構成要素別分析、エアボーンテレメトリー(遠隔測定法)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 住宅用ケーブルの世界市場:電線、データケーブル
    Technavioが発行した当調査レポートでは、住宅用ケーブルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、住宅用ケーブルの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は住宅用ケーブルの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.25%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Belden、General Cable Technologies、Nexans、NKT group、Polycab、Prysmian Group等です。
  • データセンターラック配電ユニット(PDU)の世界市場分析:製品別(基本配電ユニット、計量配電ユニット、インテリジェント配電ユニット)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、データセンターラック配電ユニット(PDU)の世界市場について調査・分析し、データセンターラック配電ユニット(PDU)の世界市場動向、データセンターラック配電ユニット(PDU)の世界市場規模、市場予測、セグメント別データセンターラック配電ユニット(PDU)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 空カプセルの世界市場予測(~2023年):ゼラチン、非ゼラチン
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、空カプセルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、タイプ別(ゼラチン、非ゼラチン)分析、機能別(徐放性、遅延放出性)分析、用途別(抗生物質、ビタミン、制酸剤)分析、エンドユーザー別(医薬品、栄養補助食品、化粧品)分析、空カプセルの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 乳化剤の世界市場予測(~2021年):バイオ乳化剤、合成乳化剤
    当調査レポートでは、乳化剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、乳化剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • データガバナンスの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、データガバナンスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、構成要素別分析、導入形式別分析、産業別分析、地域別分析、データガバナンスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の自動車用シリンダーライナー市場2016
    本調査レポートでは、世界の自動車用シリンダーライナー市場2016について調査・分析し、自動車用シリンダーライナーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のプラスチック造粒機市場2016
    本調査レポートでは、世界のプラスチック造粒機市場2016について調査・分析し、プラスチック造粒機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • スマートホームM2Mの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、スマートホームM2Mの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートホームM2Mの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • トルクセンサーの世界市場予測(~2024年)
    トルクセンサーの世界市場は、2018年の94億米ドルから2024年には148億米ドルに達し、7.9%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、高性能の高性能自動車に対する需要の増加、トルク測定の重要性の増大、および電動パワーステアリング(EPS)システム用のトルクセンサーに対する需要の増加などが考えれられます。一方で、ハイエンド用途に利用可能なトルクセンサーの信頼性が高くないことから、市場の成長は抑制される可能性があります。当調査レポートでは、トルクセンサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、タイプ(回転トルクセンサー、反作用トルクセンサー)分析、用途(テスト・計測、自動車、工業、航空宇宙・防衛、その他)分析、技術分析、トルクセンサーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 複合材料の世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、世界の複合材料市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・複合材料の世界市場:イントロダクション ・複合材料の世界市場:市場概観 ・複合材料の世界市場:市場動向(促進要因、阻害要因、市場機会) ・複合材料の世界市場:セグメント別市場分析 ・複合材料の世界市場:主要地域別市場分析 ・複合材料の世界市場:関連企業分析
  • 世界のポリプロピレングリコール(PPG)市場2016
    本調査レポートでは、世界のポリプロピレングリコール(PPG)市場2016について調査・分析し、ポリプロピレングリコール(PPG)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 学校用家具の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、学校用家具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、学校用家具の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のRF増幅器市場2016
    本調査レポートでは、世界のRF増幅器市場2016について調査・分析し、RF増幅器の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • HVACの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、HVACの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、HVACの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 金属鋳造の世界市場2015-2019
    当調査レポートでは、金属鋳造の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、金属鋳造の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 車車間・路車間通信(V2X)の世界市場2016-2026
    当調査レポートでは、車車間・路車間通信(V2X)の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. V2X通信市場の概要 3. V2X通信の世界市場予測 2016-2026 4. V2Xの地域別市場予測 2016-2026 5. V2X市場のSWOT分析 2016-2026 6. 専門家の意見 7. V2VおよびV2I市場における主要企業 8. 結論 9. 用語集
  • バイオシミラーの世界市場
  • 芳香物質の世界市場2017-2021:テルペン、ベンゼノイド、じゃこう化学品
    当調査レポートでは、芳香物質の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、芳香物質の世界市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • リグノスルホン酸塩の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、リグノスルホン酸塩の世界市場について調べ、リグノスルホン酸塩の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、リグノスルホン酸塩の市場規模をセグメンテーション別(製品別(リグノスルホン酸ナトリウム、リグニンスルホン酸カルシウム、リグニンスルホン酸マグネシウム、その他)、エンドユーズ別(分散剤、結合剤、リターダー、機能性添加剤)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はリグノスルホン酸塩の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均2%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・リグノスルホン酸塩の市場状況 ・リグノスルホン酸塩の市場規模 ・リグノスルホン酸塩の市場予測 ・リグノスルホン酸塩の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(リグノスルホン酸ナトリウム、リグニンスルホン酸カルシウム、リグニンスルホン酸マグネシウム、その他) ・市場セグメンテーション:エンドユーズ別(分散剤、結合剤、リターダー、機能性添加剤) ・リグノスル …
  • 世界のスチレン系ブロック共重合体(SBC)市場2015
    本調査レポートでは、世界のスチレン系ブロック共重合体(SBC)市場2015について調査・分析し、スチレン系ブロック共重合体(SBC)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • フルーツ缶詰の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、フルーツ缶詰の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、フルーツ缶詰の世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のスチームオーブン市場2015
    本調査レポートでは、世界のスチームオーブン市場2015について調査・分析し、スチームオーブンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 海中ポンプの世界市場
    当調査レポートでは、海中ポンプの世界市場について調査・分析し、海中ポンプの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • ペンタンプラスの世界市場:タイプ別(n-ペンタン、イソペンタン、ネオペンタン)、用途別(輸送燃料、ポリウレタン発泡剤、、化学溶剤、電子洗浄、その他)、地域別予測
    本資料は、ペンタンプラスの世界市場について調べ、ペンタンプラスの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(n-ペンタン、イソペンタン、ネオペンタン)分析、用途別(輸送燃料、ポリウレタン発泡剤、分析、化学溶剤、電子洗浄、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ペンタンプラスの世界市場概要 ・ペンタンプラスの世界市場環境 ・ペンタンプラスの世界市場動向 ・ペンタンプラスの世界市場規模 ・ペンタンプラスの世界市場規模:タイプ別(n-ペンタン、イソペンタン、ネオペンタン) ・ペンタンプラスの世界市場規模:用途別(輸送燃料、ポリウレタン発泡剤、 ・ペンタンプラスの世界市場規模:化学溶剤、電子洗浄、その他) ・ペンタンプラスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・ペンタンプラスの北米市場規模・予測 ・ペンタンプラスのアメリカ市場規模・予測 ・ペンタンプラスのヨーロッパ市場規模・予測 ・ペンタンプラスのアジア市場規模・予測 ・ペンタンプラスの日本市場規模・ …
  • 転移性腎細胞がん(Metastatic Renal Cell Cancer):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における転移性腎細胞がん(Metastatic Renal Cell Cancer)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、転移性腎細胞がん(Metastatic Renal Cell Cancer)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・転移性腎細胞がん(Metastatic Renal Cell Cancer)の概要 ・転移性腎細胞がん(Metastatic Renal Cell Cancer)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の転移性腎細胞がん(Metastatic Renal Cell Cancer)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"