"電子ビーム加工の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:SE 7321)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"電子ビーム加工の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

“Electron beam machining market is expected to exhibit significant growth potential between 2019 and 2024”The electron beam machining market is expected to be valued at USD 181 million in 2019 and is likely to grow USD 212 million by 2024, at a CAGR of 3.2% between 2019 and 2024. The growing need for high speed welding, surface finishing, and drilling of materials in various industries, demand for high quality welding of critical components in aerospace & automotive industry, machining of highly reacting materials and dissimilar materials, high speed machining process with less distortion, and need of good surface finish are expected to be the key factors propelling the growth of the electron beam machining market.

“Electron beam welding application to account for the largest share in the global electron beam machining market”
Electron beam welding is a high-tech joining solutions for all the metals even for welding of dissimilar metals, which is the biggest advantage of this technology. Electron beam welding is considered as the cost-effective and precision welding solution for mass production, producing high quality and narrow welds in various industries. The wide range of benefits of electron beam welding results in the highest growth rate from 2019 to 2024.

“Automotive industry is expected to register at the highest CAGR in the global electron beam machining market”
The automotive industry is expected to grow at the highest CAGR in the global electron beam machining market. The increased production of the automobiles and need of processing done on the auto parts need for welding of small to large & critical automobile components such as gear parts, shafts and turbochargers are the factors which are expected to drive the demand for electron beam machining market subsequently.

“Europe contributed the highest market share in electron beam machining market in 2019”
The market in Europe is expected to have the highest market share in 2019 because of the factors such as Europe being the major exporter of electron beam machines to other regions. Increasing demand for EB welding technology in automotive & aerospace industry due to large scale production of automobiles and presence of aircraft manufacturers in the European region, and presence of major players serving all the major electron beam machining applications such as welding, surface treatment & drilling are the factors which are fueling the growth of the market.
In-depth interviews were conducted with C-level executives, managers, and other executives from various key organizations operating in the Electron beam machining market.

By Company Level: Tier 1 – 20%, Tier 2 –35% , Others – 45%
By Designation Level: C – Level – 35%, D – Level – 25%, Others – 40%
By Region: North America – 25%, Europe – 30%, APAC – 30% , RoW – 15%

Major players included in the electron beam machining market are Global Beam Technologies (Germany), Mitsubishi Electric (Japan), and pro-beam (Germany). The other key players in this market include companies such as Cambridge Vacuum Engineering (UK), Sciaky (US), Bodycote (UK), Beijing Zhong Ke Electric Co.Ltd. (China), Sodick (Japan), TETA (Russia), FOCUS GmbH (Germany), Evobeam (Germany), and AVIC (China), among others

Research Coverage:
The research report on the global electron beam machining market covers different segments, namely, application, industry, and geography. The market has been segmented based on application into welding, surface treatment, and drilling. Also, the electron beam machining market has been classified based on industry into automotive, aerospace & defense, and others. The report covers four major geographical regions; North America, Europe, Asia-Pacific (APAC), and Rest of the World (RoW).

Key Benefits of Buying the Report:
Illustrative segmentation, analysis, and forecast for the market based on application, industry, and geography have been conducted to give an overall view of the electron beam machining market.
The major drivers, restraints, opportunities, and challenges for the electron beam machining market have been detailed in this report.
The report includes a detailed competitive landscape along with key players, in-depth analysis, and revenue of key players.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"電子ビーム加工の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 13)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 16)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From the Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data Points From Primary Sources
2.1.2.2 Breakdown of Primaries
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Data Triangulation
2.4 Research Assumptions and Limitations
2.4.1 Assumptions
2.4.2 Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 23)
4 Premium Insights (Page No. – 27)
4.1 Attractive Opportunities in Market
4.2 Market in Welding, By Industry
4.3 Market, By Industry
4.4 Market, By Region
4.5 Europe Market, By Industry & Application
5 Market Overview (Page No. – 30)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Benefits of Electron Beam Welding
5.2.1.2 Demand for Welding in Aerospace and Automotive Industries
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Availability of Alternative Micromachining Technologies
5.2.2.2 Generation of X-Rays During Electron Beam Welding Process
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Cost-Effective Welding for Large Scale Production
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Limitation on the Workpiece Size Due to Vacuum Chamber Size
5.2.4.2 Requirement of Highly Trained Personnel
5.2.4.3 High Capital/Set Up Cost of Electron Beam Machines
5.3 Electron Beam Machining System Components
5.4 Factors Affecting the Electron Beam Machining Performance
6 Analysis of Materials Processed Using Electron Beam Machining (Page No. – 35)
6.1 Introduction
6.2 Stainless Steel
6.2.1 Stainless Steel is Most Widely Used for Electron Beam Machining
6.3 Titanium
6.3.1 Increased Use of Titanium in Aerospace & Defense Industry for Developing Various Aircraft Components
6.4 Nickel
6.4.1 Nickel-Based Alloys Playing A Prominent Role in Power Industry
6.5 Others
6.5.1 Increased Porosity of Copper Due to Its Electron Beam Welding
7 Market, By Application (Page No. – 38)
7.1 Introduction
7.2 Welding
7.2.1 Advantages of Electron Beam Welding
7.3 Drilling
7.3.1 Pulse Modulation Plays an Important Role in Drilling Process
7.4 Surface Treatment
7.4.1 Use of Electron Beam Surface Treatment Technology as A Surface Hardening Tool
8 Market, By Industry (Page No. – 45)
8.1 Introduction
8.2 Automotive
8.2.1 Growth Scope for Turbocharger Welders in Automotive Industry
8.3 Aerospace & Defense
8.3.1 Nadcap Accreditation Ensures Quality of Welders
8.4 Others
8.4.1 Reduced Pressure Electron Beam Welding Enables High-Quality On-Site Welding and Single Pass Thick Section Welding
9 Market, By Geography (Page No. – 54)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 Key Suppliers of Electron Beam Welding Services in the US Market
9.2.2 Rest of North America
9.2.2.1 Growing Need for Electron Beam Welding in Aerospace Industry is Expected to Offer Opportunities for Market in Mexico
9.3 Europe
9.3.1 Germany
9.3.1.1 Germany is One of the Key Markets for Electron Beam Machining for Automotive Industry in Europe
9.3.2 France
9.3.2.1 Presence of Leading Aerospace Companies to Drive Demand for Electron Beam Welding in France
9.3.3 Rest of Europe
9.4 APAC
9.4.1 China
9.4.1.1 Presence of Key Suppliers of Electron Beam Machines in the Country is Driving the Chinese Market
9.4.2 Japan
9.4.2.1 Nuclear Industry is A Prominent Market for Electron Beam Machining in Japan
9.4.3 Rest of APAC
9.5 Rest of the World (RoW)
9.5.1 South America
9.5.1.1 Future Growth Opportunities for Market in Brazil
9.5.2 Middle East & Africa
9.5.2.1 Significant Growth Expected for Market in Middle East
10 Competitive Landscape (Page No. – 68)
10.1 Overview
10.2 Competitive Analysis
10.3 Key Players and Their Offerings
10.4 Competitive Leadership Mapping
10.4.1 Visionary Leaders
10.4.2 Dynamic Differentiators
10.4.3 Innovators
10.4.4 Emerging Companies
11 Company Profiles (Page No. – 72)
11.1 Key Players
(Business Overview, Products Offered, SWOT Analysis, and MnM View)*
11.1.1 Mitsubishi Electric
11.1.2 Global Beam Technologies
11.1.3 Pro-Beam
11.1.4 Cambridge Vacuum Engineering
11.1.5 Sciaky
11.1.6 Bodycote
11.1.7 Beijing Zhong Ke Electric Co. Ltd.
11.1.8 Sodick
11.1.9 Teta
11.1.10 Focus GmbH
11.2 Other Key Players
11.2.1 Evobeam
11.2.2 AVIC
11.3 Key Electron Beam Service Providers
11.3.1 Ravenscourt Engineering
11.3.2 Josch Strahlschweißtechnik GmbH
11.3.3 EB Industries
11.3.4 EBWA Industries
11.3.5 Acceleron Inc.
11.3.6 Creative Instrumentation
11.3.7 Joining Technologies
11.3.8 B.C. Instruments
11.3.9 KFMI
*Details on Business Overview, Products Offered, SWOT Analysis, and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 94)
12.1 Insights of Industry Experts
12.2 Discussion Guide
12.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.4 Available Customizations
12.5 Related Reports
12.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】電子ビーム加工の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年8月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】SE 7321
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】半導体
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
電子ビーム加工の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • ディープラーニングの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、ディープラーニングの世界市場について調査・分析し、ディープラーニングの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ディープラーニングの世界市場:市場動向分析 - ディープラーニングの世界市場:競争要因分析 - ディープラーニングの世界市場:ソリューション別 ・サービス ・ハードウェア ・ソフトウェア - ディープラーニングの世界市場:用途別 ・データマイニング ・画像認識 ・シグナル認識 ・ビデオ監視・診断 ・その他の用途 - ディープラーニングの世界市場:ハードウェアコンポーネント別 ・特定用途向け集積回路(ASIC) ・グラフィック処理ユニット(GPU) ・フィールドプログラマブルゲートアレイ(FPGA) ・中央処理装置(CPU) - ディープラーニングの世界市場: エンドユーザー別 ・オイル・ガスおよびエネルギー ・金融 ・工業 ・医薬 ・航空宇宙・防衛 ・小売り ・メディア・広告 ・自動車 ・IT・テレコミュニケーション ・農業 ・教育 ・その他のエンドユーザー - ディープラーニ …
  • ニッケル水素(Ni-MH)電池の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ニッケル水素(Ni-MH)電池の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ニッケル水素(Ni-MH)電池市場規模、用途別(自動車用、工業用、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ニッケル水素(Ni-MH)電池の世界市場概要 ・ニッケル水素(Ni-MH)電池の世界市場環境 ・ニッケル水素(Ni-MH)電池の世界市場動向 ・ニッケル水素(Ni-MH)電池の世界市場規模 ・ニッケル水素(Ni-MH)電池の世界市場:業界構造分析 ・ニッケル水素(Ni-MH)電池の世界市場:用途別(自動車用、工業用、その他) ・ニッケル水素(Ni-MH)電池の世界市場:地域別市場規模・分析 ・ニッケル水素(Ni-MH)電池のアメリカ市場規模・予測 ・ニッケル水素(Ni-MH)電池のヨーロッパ市場規模・予測 ・ニッケル水素(Ni-MH)電池のアジア市場規模・予測 ・ニッケル水素(Ni-MH)電池の主要国分析 ・ニッケル水素(Ni-M …
  • 商業用冷蔵装置の世界市場分析:タイプ別(FEA、CFD、多体動力学、最適化とシミュレーション)、展開モデル別(オンプレミス、クラウド)、エンドユーザー別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、商業用冷蔵装置の世界市場について調査・分析し、商業用冷蔵装置の世界市場動向、商業用冷蔵装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別商業用冷蔵装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のセメント添加剤市場規模・予測2017-2025:種類別(化学品、ミネラル、・ファイバー別)、機能別(減水、着色剤、染剤、耐化学性・プラスチック化)、地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のセメント添加剤市場について調査・分析し、世界のセメント添加剤市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のセメント添加剤関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 中国の使い捨て病院用品市場見通し(~2021)
  • 近接センサの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、近接センサの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、近接センサの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ブラジルの発電市場2016:市場動向、制度、競争状況
  • チョコレートビールの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、チョコレートビールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、チョコレートビールの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はチョコレートビールの世界市場が2017-2021年期間中に年平均11.58%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、The Boston Beer Company、D.G. Yeungling & Sons 、Anheuser-Busch InBev、New Belgium Brewing Company、Sierra Nevada Brewing等です。
  • 半自律走行車及び自律走行車の世界市場予測:技術、構成品、パワートレイン(従来型車両、ハイブリッド車、電気自動車)
    当調査レポートでは、半自律走行車及び自律走行車の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、技術別分析、構成品別分析、パワートレイン別分析、車両種類別分析、半自律走行車及び自律走行車の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のバイオコハク酸市場規模・予測2017-2025:用途別(産業用、食料、医薬品、・コスメティクス)、地域別(北米、ヨーロッパ、太平洋アジア、ラテンアメリカ、その他の国)
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のバイオコハク酸市場について調査・分析し、世界のバイオコハク酸市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のバイオコハク酸関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ビデオ監視の世界市場:システム(アナログ、IP)、構成品(カメラ、モニター、サーバー、ストレージデバイス、ソフトウェア)、サービス(VSaaS、メンテナンス)、用途、地域別分析
    当調査レポートでは、ビデオ監視の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、システム別分析、構成要素別分析、サービス別分析、用途別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スウェーデンの股関節再建装置市場見通し
  • 世界のコレステロール市場2016
    本調査レポートでは、世界のコレステロール市場2016について調査・分析し、コレステロールの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 農業用潤滑剤の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、農業用潤滑剤の世界市場について調査・分析し、農業用潤滑剤の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・農業用潤滑剤の世界市場規模:製品別分析 ・農業用潤滑剤の世界市場規模:用途別分析 ・農業用潤滑剤の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • 屋外用LED照明の世界市場予測(~2023年)
    当調査レポートでは、屋外用LED照明の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、設置タイプ別分析、用途別分析、提供商品別分析、地域別分析、屋外用LED照明の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の手指消毒剤市場2016
    本調査レポートでは、世界の手指消毒剤市場2016について調査・分析し、手指消毒剤の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自律走行車市場動向
  • 建設機械金融の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、建設機械金融の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、建設機械金融の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • K-12インターナショナルスクールの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、K-12インターナショナルスクールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、K-12インターナショナルスクールの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 繊維芽細胞増殖因子受容2阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における繊維芽細胞増殖因子受容2阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・繊維芽細胞増殖因子受容2阻害剤の概要 ・繊維芽細胞増殖因子受容2阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の繊維芽細胞増殖因子受容2阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・繊維芽細胞増殖因子受容2阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・繊維芽細胞増殖因子受容2阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 栗の世界市場:種類別、地域別
    本レポートは、栗の市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、種類別(アジアの栗種、欧州の栗種、アメリカの栗種)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・栗の世界市場:種類別(アジアの栗種、欧州の栗種、アメリカの栗種) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • 嫌気性接着剤の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、嫌気性接着剤の世界市場について調べ、嫌気性接着剤の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、嫌気性接着剤の市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(産業用、交通手段、電気及び電子機器、その他)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出しました。Technavio社は嫌気性接着剤の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均6%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・嫌気性接着剤の市場状況 ・嫌気性接着剤の市場規模 ・嫌気性接着剤の市場予測 ・嫌気性接着剤の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:エンドユーザー別(産業用、交通手段、電気及び電子機器、その他) ・嫌気性接着剤の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • シランの世界市場:有機シラン、モノシラン、クロロシラン
    当調査レポートでは、シランの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • セルロースエステルの世界市場予測(~2023年):アセチルセルロース、酢酸酪酸セルロース、セルロースアセテートプロピオネート、ニトロセルロース
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、セルロースエステルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別(アセチルセルロース、酢酸酪酸セルロース、セルロースアセテートプロピオネート、ニトロセルロース)分析、用途別(コーティング剤、可塑剤、たばこフィルター、フィルム・テープ、インク)分析、セルロースエステルの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 外壁システムの世界市場予測(~2022年):通気性ウォール、非通気性ウォール、カーテンウォール
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、外壁システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、材料別分析、用途別分析、地域別分析、外壁システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アメリカの股関節置換処置動向(~2021)
  • 摩擦攪拌溶接装置の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、摩擦攪拌溶接装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、摩擦攪拌溶接装置市場規模、エンドユーザー別(自動車、航空宇宙、鉄道、造船、その他)分析、製品(固定型、可搬型)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Colfax, Hitachi High-Technologies, KUKA , Norsk Hydro, Schlumberger などです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・摩擦攪拌溶接装置の世界市場概要 ・摩擦攪拌溶接装置の世界市場環境 ・摩擦攪拌溶接装置の世界市場動向 ・摩擦攪拌溶接装置の世界市場規模 ・摩擦攪拌溶接装置の世界市場:業界構造分析 ・摩擦攪拌溶接装置の世界市場:エンドユーザー別(自動車、航空宇宙、鉄道、造船、その他) ・摩擦攪拌溶接装置の世界市場:製品(固定型、可搬型) ・摩擦攪拌溶接装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・摩擦攪拌溶接装置の北米市場規模・予測 ・摩擦攪拌溶接装置のヨーロッパ・中東・アフ …
  • ミサイル発射システムの世界市場2017-2021:艦艇、地上用車両、航空
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ミサイル発射システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ミサイル発射システムの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はミサイル発射システムの世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.56%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はBAE Systems、Lockheed Martin、Larsen & Toubro (L&T)、Northrop Grumman、Raytheon等です。
  • 電位依存性カルシウムチャンネルアルファ-2/デルタ遮断剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界における電位依存性カルシウムチャンネルアルファ-2/デルタ遮断剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・電位依存性カルシウムチャンネルアルファ-2/デルタ遮断剤の概要 ・電位依存性カルシウムチャンネルアルファ-2/デルタ遮断剤のパイプライン概要 ・企業別開発中の電位依存性カルシウムチャンネルアルファ-2/デルタ遮断剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・電位依存性カルシウムチャンネルアルファ-2/デルタ遮断剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・電位依存性カルシウムチャンネルアルファ-2/デルタ遮断剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界の駐車場管理市場規模・予測2017-2025:用途別(輸送機器、商業用、政府)、駐車場別(道路上、道路外)、構成要素別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、ソリューション別(アクセスコントロール、セキュリティ・監視、収益管理、注射予約管理、バレット駐車管理)地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の駐車場管理市場について調査・分析し、世界の駐車場管理市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の駐車場管理関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • ゴルフクラブの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ゴルフクラブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ゴルフクラブの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 造影剤の世界市場予測(~2022年):ヨード造影剤、ガドリニウム、バリウム、マイクロバブル
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、造影剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、造影剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ギリシャヨーグルトの世界市場2017-2021:プレーン、フレーバー付
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ギリシャヨーグルトの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ギリシャヨーグルトの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はギリシャヨーグルトの世界市場が2017-2021年期間中に年平均8.85%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業はChobani、Dannon、FAGE、General Mills等です。
  • 高性能電動オートバイの世界市場2017-2021:ストリート用、オフロード用
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、高性能電動オートバイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、高性能電動オートバイの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は高性能電動オートバイの世界市場が2017-2021年期間中に年平均41.80%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Energica Motor Company、Lightning Motorcycle、SAROLÉA、Zero Motorcycles等です。
  • オープンデッキ輸送の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、オープンデッキ輸送の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、オープンデッキ輸送市場規模、輸送モード別(道路、海上、鉄道)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、A.P. MOLLER - MAERSK, BNSF Railway, Daseke, Deutsche Bahn, Landstar Systemなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・オープンデッキ輸送の世界市場概要 ・オープンデッキ輸送の世界市場環境 ・オープンデッキ輸送の世界市場動向 ・オープンデッキ輸送の世界市場規模 ・オープンデッキ輸送の世界市場:業界構造分析 ・オープンデッキ輸送の世界市場:輸送モード別(道路、海上、鉄道) ・オープンデッキ輸送の世界市場:地域別市場規模・分析 ・オープンデッキ輸送の北米市場規模・予測 ・オープンデッキ輸送のヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・オープンデッキ輸送のアジア太平洋市場規模・予測 ・オープンデッキ輸送の主要 …
  • 図書館用家具の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、図書館用家具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、図書館用家具の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のスープ市場2015
    本調査レポートでは、世界のスープ市場2015について調査・分析し、スープの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 骨粗鬆症(Osteoporosis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、骨粗鬆症(Osteoporosis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・骨粗鬆症(Osteoporosis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・骨粗鬆症(Osteoporosis)のフェーズ3治験薬の状況 ・骨粗鬆症(Osteoporosis)治療薬の市場規模(販売予測) ・骨粗鬆症(Osteoporosis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・骨粗鬆症(Osteoporosis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の骨粗鬆症(Osteoporosis)治療薬剤
  • 特権ID管理(PIM)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、特権ID管理(PIM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、特権ID管理(PIM)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の空気輸送システム市場規模・予測、2017-2025:オペレーション別(高濃度輸送・低濃度輸送)、技術別(正圧輸送、複合輸送、真空輸送)、業界別、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界の空気輸送システム市場について調査・分析し、世界の空気輸送システム市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界の空気輸送システム関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 医療パッケージングの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、医療パッケージングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、医療パッケージングの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 内視鏡洗浄の世界市場予測(~2022年):高水準消毒薬、検査ストリップ、洗剤、ワイプ、自動式内視鏡洗浄機、内視鏡追跡システム、ブラシ
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、内視鏡洗浄の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析、内視鏡洗浄の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ヨーロッパのスチレンブロック共重合体(SBC)市場予測2017-2023
    本調査レポートでは、ヨーロッパのスチレンブロック共重合体(SBC)市場について調査・分析し、ヨーロッパのスチレンブロック共重合体(SBC)市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要国別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • スキンライトナーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、スキンライトナーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スキンライトナーの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 消費者用ドローンの世界市場:製品別(マルチローター、ナノ、その他)、用途別(プロシューマー、玩具、写真測量)、地域別予測
    本資料は、消費者用ドローンの世界市場について調べ、消費者用ドローンの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(マルチローター、ナノ、その他)分析、用途別(プロシューマー、玩具、写真測量)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。業界の主要なプレイヤーは3D Robotics、Blade、Cheerson、DJI Innovations、Eachine、Hubsan、JJRCなどです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・消費者用ドローンの世界市場概要 ・消費者用ドローンの世界市場環境 ・消費者用ドローンの世界市場動向 ・消費者用ドローンの世界市場規模 ・消費者用ドローンの世界市場規模:製品別(マルチローター、ナノ、その他) ・消費者用ドローンの世界市場規模:用途別(プロシューマー、玩具、写真測量) ・消費者用ドローンの世界市場:地域別市場規模・分析 ・消費者用ドローンの北米市場規模・予測 ・消費者用ドローンのアメリカ市場規模・予測 ・消費者用ドローンのヨーロッパ市場規模・予測 ・消費者用 …
  • 日本の外傷固定市場動向(~2021)
  • 世界の補助人工心臓(VAD)市場2015
    本調査レポートでは、世界の補助人工心臓(VAD)市場2015について調査・分析し、補助人工心臓(VAD)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 一般消費者向けスキンケア機器の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、一般消費者向けスキンケア機器の世界市場について調査・分析し、一般消費者向けスキンケア機器の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別一般消費者向けスキンケア機器シェア、市場規模推移、市場規模予測、一般消費者向けスキンケア機器種類別分析(洗浄用ブラシ、スチーマー、アンチエイジング用機器、ニキビケア機器、脱毛機器(エピレーター、IPL、レーザー))、一般消費者向けスキンケア機器用途別分析(オンライン、店頭)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・一般消費者向けスキンケア機器の市場概観 ・一般消費者向けスキンケア機器のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・一般消費者向けスキンケア機器のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・一般消費者向けスキンケア機器の世界市場規模 ・一般消費者向けスキンケア機器の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・一般消費者向けスキンケア機器のアメリカ市場規模推移 ・一般消費者向けスキンケア機器のカナダ市場規模推移 ・一般消費者向けスキンケア機器 …
  • インテリジェントビルディング自動化技術の世界市場分析:製品別(セキュリティシステム、生命安全システム、施設管理システム、建築エネルギー管理システム)、用途別(住宅、商業、および産業)、セグメント予測
    本調査レポートでは、インテリジェントビルディング自動化技術の世界市場について調査・分析し、インテリジェントビルディング自動化技術の世界市場動向、インテリジェントビルディング自動化技術の世界市場規模、市場予測、セグメント別インテリジェントビルディング自動化技術市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 韓国のオーソバイオロジクス処置動向(~2021)
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"