"塗料&コーティング剤の世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:CH 3190)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"塗料&コーティング剤の世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

The paints and coatings market is projected to register a CAGR of 5.4%, in terms of value, between 2019 and 2024.The paints and coatings market is projected to grow from USD 153.9 billion in 2019 to USD 199.9 billion by 2024, at a CAGR of 5.4%, between 2019 and 2024. The increasing urban population is a significant factor for the rising demand for building and construction, automotive, packaging. However, stringent government regulations in the paints and coatings industry are hampering the growth of the solventborne coatings market.

The waterborne technology segment is expected to hold the largest share of the overall paints and coatings market during the forecast period.
The waterborne technology segment accounted for the largest share of the overall paints and coatings market in 2018. Waterborne paints and coatings are used majorly in architectural applications and are also used in automotive, general industrial, protective, wood, marine, packaging, coil, and other industries, due to their low toxicity and flammability. The waterborne segment is expected to grow on the backbone of the building and construction industry, which is anticipated to witness good growth, mainly in the developing countries.

The paints and coatings market in the architectural end-use industry is expected to witness the highest CAGR during the forecast period.
Architectural paints & coatings, also known as decorative paints & coatings or building paints, are applied on the interior and exterior walls of all kinds of residential, commercial, industrial, and institutional buildings. Architectural coatings also find application in decorative interiors such as wall paintings, wood flooring, sculptures, and furniture. Increase in environmental awareness has led to innovations in the coating industry to provide affordable quality products, of high quality, possess value-added features, and meet global trends.

APAC paints and coatings market is estimated to register the highest CAGR during the forecast period.
The APAC paints and coatings market is segmented into China, Japan, India, Indonesia, Thailand, and Rest of APAC. The APAC region is a lucrative market for paints and coatings owing to the increasing demand from industrial applications and improving economic conditions. Product innovations, new research and development projects, and increasing demand from various end-use industries have also fueled the demand for paints and coatings in APAC.

In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), marketing directors, other innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in paints and coatings market, and information was gathered from secondary research to determine and verify the market size of several segments and subsegments.

• By Company Type: Tier 1 – 42%, Tier 2 – 25%, and Tier 3 – 33%
• By Designation: C Level – 36%, D Level – 19%, and Others – 45%
• By Region: Europe – 42%, North America – 25%, APAC – 17%, South America- 8%, and the Middle East & Africa – 8%

The key companies profiled in this report are the AkzoNobel N.V. (Netherlands), PPG Industries (US), The Sherwin-Williams Company (US), Nippon Paint Holding Co LTD (Japan), Axalta Coatings System LLC (US).

Research Coverage:
This report provides detailed segmentation of the paints and coatings market based on technology, resin type, application, and region. Technology is divided into waterborne, solventborne, powder, and others. With respect to resin type, the paints and coatings market has been segmented into Acrylic, Alkyd, Epoxy, Polyester, Polyurethane, and others. Based on application, the market has been segmented into Architectural (Residential – New construction,
Remodel and repaint; Non-residential) and Industrial (General Industrial, Protective, Automotive Refinish, Automotive OEM, Industrial Wood, Marine, Coil, Packaging, Aerospace, and Rail). Based on the region, the market has been segmented into the Asia Pacific, Europe, North America, South America, and the Middle East & Africa.

Key Benefits of Buying the Report
From an insight perspective, this research report focuses on various levels of analyses — industry analysis (industry trends), market share analysis of top players, and company profiles, which together comprise and discuss the basic views on the competitive landscape; emerging and high-growth segments of the market; high growth regions; and market drivers, restraints, opportunities, and challenges.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"塗料&コーティング剤の世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Markets Scope
1.3.1 Year Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Package Size
1.6 Limitations
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Industry Insights
2.1.2.2 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Data Triangulation
2.4 Assumptions
3 Executive Summary
4 Premium Insights
4.1 Attractive Market Opportunities
4.2 Paints & Coatings Market, By Application
4.3 Paints & Coatings Market: Developed vs Developing Nations
4.4 APAC: Paints & Coatings Market, By Technology and Country
4.5 Paints & Coatings Market Attractiveness
5 Market Overview
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Green Environmental Regulations
5.2.1.2 Provision of Durable Coatings With Better Performance and Aesthetics
5.2.1.3 Growing Popularity of Elastomeric Coating in Tilt-Up Concrete in Building & Construction
5.2.1.4 Increasing Demand From End-Use Industries
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Difficulty in Obtaining Thin Films in Powder Coating
5.2.2.2 Requirement of More Drying Time for Waterborne Coatings
5.2.2.3 Difficulty in Transportation of Coil Coatings in the Developing Countries
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Increasing Applications of Fluoropolymer in the Building & Construction Industry
5.2.3.2 Attractive Prospects for Powder Coatings in Shipbuilding and Pipeline Industries
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Stringent and Regulatory Policies
5.2.4.2 Environmental Challenges With Respect to Wastewater Discharge
5.3 Porter’s Five Forces Analysis
5.3.1 Threat of New Entrants
5.3.2 Threat of Substitutes
5.3.3 Bargaining Power of Buyers
5.3.4 Bargaining Power of Suppliers
5.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
6 Paints & Coatings Market, By Resin Type
6.1 Introduction
6.2 Acrylic
6.3 Epoxy
6.4 Alkyd
6.5 Polyurethane
6.6 Polyester
6.7 Others
7 Paints & Coatings Market Analysis, By Technology
7.1 Introduction
7.2 Waterborne
7.3 Solventborne
7.4 Powder
7.5 Others
8 Paints & Coatings Market, By Application (Page No. – 61)
8.1 Introduction
8.2 Architectural Application
8.2.1 Residential
8.2.1.1 New Construction
8.2.1.2 Remodel and Repaint
8.2.2 Non-Residential
8.3 Industrial Application
8.3.1 General Industrial
8.3.2 Protective
8.3.3 Automotive Refinish
8.3.4 Automotive OEM
8.3.5 Industrial Wood
8.3.6 Marine
8.3.7 Coil
8.3.8 Packaging
8.3.9 Aerospace
8.3.10 Rail
9 Paints & Coatings Market, By Region
9.1 Introduction
9.2 Asia Pacific (APAC)
9.2.1 China
9.2.2 Japan
9.2.3 India
9.2.4 Indonesia
9.2.5 Thailand
9.2.6 Rest of APAC
9.3 Europe
9.3.1 Germany
9.3.2 Russia
9.3.3 France
9.3.4 UK
9.3.5 Italy
9.3.6 Turkey
9.3.7 Spain
9.3.8 Rest of Europe
9.4 North America
9.4.1 US
9.4.2 Canada
9.4.3 Mexico
9.5 Middle East & Africa
9.5.1 Saudi Arabia
9.5.2 South Africa
9.5.3 Rest of Middle East & Africa
9.6 South America
9.6.1 Brazil
9.6.2 Argentina
9.6.3 Rest of South America
10 Competitive Landscape
10.1 Introduction
10.2 Dive Analysis for Paints & Coatings
10.3 Competitive Benchmarking
10.3.1 Product Offerings
10.3.2 Business Strategy
11 Company Profiles
(Business Overview, Product Offerings & Business Strategies, Key Insights, Recent Developments, MnM View)*
11.1 Akzonobel N.V.
11.2 PPG Industries
11.3 Sherwin-Williams Company
11.4 Axalta Coating System LLC
11.5 Jotun A/S
11.6 Nippon Paint Holdings Co., Ltd.
11.7 Asian Paints Limited
11.8 Kansai Paints Co., Ltd.
11.9 RPM International Inc
11.10 Valspar Corporation
11.11 Tikkurila OYJ
11.12 Hempel A/S
11.13 Berger Paints India Limited
11.14 Shalimar Paints
11.15 S K Kaken Co., Ltd
11.16 Masco Corporation
11.17 Beckers Group
11.18 Dunn-Edwards Corporation
11.19 Tiger Coatings GmbH & Co. Kg
11.20 Sacal Inetrnational Group Ltd.
11.21 Diamond Vogel Paints
11.22 Vista Paints Corporation
11.23 Indigo Paints Pvt Ltd
11.24 Kelly-Moore Paints
11.25 BASF Coatings GmbH
*Details on Business Overview, Product Offerings & Business Strategies, Key Insights, Recent Developments, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 169)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets Subscription Portal
12.3 Introducing RT: Real-Time Market Intelligence
12.4 Available Customizations
12.5 Related Reports
12.6 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】塗料&コーティング剤の世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年8月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】CH 3190
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】部品
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
塗料&コーティング剤の世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 整形外科用ギプスおよび添え木の世界市場
    当調査レポートでは、整形外科用ギプスおよび添え木の世界市場について調査・分析し、整形外科用ギプスおよび添え木の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • コイルドチュービングサービスの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、コイルドチュービングサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、コイルドチュービングサービスの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はコイルドチュービングサービスの世界市場が2017-2021年期間中に年平均4.00%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Archer、Baker Hughes、Halliburton、Schlumberger、Superior Energy Services等です。
  • 果物・野菜ジュースの世界市場2014–2025:製品別(果物ジュース、果物と野菜ミックス、野菜ジュース)、地域別
    本調査レポートでは、果物・野菜ジュースの世界市場について調査・分析し、果物・野菜ジュースの世界市場動向、果物・野菜ジュースの世界市場規模、市場予測、セグメント別果物・野菜ジュース市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 六フッ化硫黄(SF6)の世界市場2018–2025:製品別(電動、UHP、スタンダート)、用途別(パワー・電力、医療、メタル製造、電子機器)
    本調査レポートでは、六フッ化硫黄(SF6)の世界市場について調査・分析し、六フッ化硫黄(SF6)の世界市場動向、六フッ化硫黄(SF6)の世界市場規模、市場予測、セグメント別六フッ化硫黄(SF6)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 自動車用エアレスラジアルタイヤの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用エアレスラジアルタイヤの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用エアレスラジアルタイヤの世界市場規模及び予測、車両種類別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 慢性気管支炎(Chronic Bronchitis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、慢性気管支炎(Chronic Bronchitis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・慢性気管支炎(Chronic Bronchitis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・慢性気管支炎(Chronic Bronchitis)のフェーズ3治験薬の状況 ・慢性気管支炎(Chronic Bronchitis)治療薬の市場規模(販売予測) ・慢性気管支炎(Chronic Bronchitis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・慢性気管支炎(Chronic Bronchitis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の慢性気管支炎(Chronic Bronchitis)治療薬剤
  • MMOゲームの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、MMOゲームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、MMOゲームの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はMMOゲームの世界市場が2017-2021年期間中に年平均7.70%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Activision Blizzard、Electronic Arts、Riot Games、Tencent、Valve Corporation等です。
  • アグリビジネス(農業関連産業)の世界市場:穀物、油料種子、乳製品、家畜
    当調査レポートでは、アグリビジネス(農業関連産業)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、アグリビジネス(農業関連産業)の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • ライフサイエンス業界向け顕微鏡の世界市場
    当調査レポートでは、ライフサイエンス業界向け顕微鏡の世界市場について調査・分析し、ライフサイエンス業界向け顕微鏡の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 世界の特殊目的UAV市場2015
    本調査レポートでは、世界の特殊目的UAV市場2015について調査・分析し、特殊目的UAVの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のサンダル市場2015
    本調査レポートでは、世界のサンダル市場2015について調査・分析し、サンダルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 金属用仕上げ剤の世界市場:製品別(メッキ化学薬品、化成処理剤、化学洗浄剤)、プロセス別、用途別、セグメント予測
    本調査レポートでは、金属用仕上げ剤の世界市場について調査・分析し、金属用仕上げ剤の世界市場動向、金属用仕上げ剤の世界市場規模、市場予測、セグメント別金属用仕上げ剤市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 加工鶏肉のインド市場見通し2022
  • 世界の特殊感圧テープ市場2015
    本調査レポートでは、世界の特殊感圧テープ市場2015について調査・分析し、特殊感圧テープの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、販売・売上分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 商用車用尿素タンクの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、商用車用尿素タンクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、商用車用尿素タンクの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は商用車用尿素タンクの世界市場が2017-2021年期間中に年平均2.34%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Cummins、Elkhart Plastics、Salzburger Aluminium等です。
  • 世界のコネクティッド・ヘルスケア市場予測2014-2020
    本調査レポートでは、世界のコネクティッド・ヘルスケア市場について調査・分析し、世界のコネクティッド・ヘルスケア市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • インテリジェントビルオートメーション技術の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、インテリジェントビルオートメーション技術の世界市場について調査・分析し、インテリジェントビルオートメーション技術の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別インテリジェントビルオートメーション技術シェア、市場規模推移、市場規模予測、インテリジェントビルオートメーション技術種類別分析(セキュリティシステム、人命保護システム、施設管理システム、建物エネルギー管理システム)、インテリジェントビルオートメーション技術用途別分析(家庭用、商業用、工業用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・インテリジェントビルオートメーション技術の市場概観 ・インテリジェントビルオートメーション技術のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・インテリジェントビルオートメーション技術のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・インテリジェントビルオートメーション技術の世界市場規模 ・インテリジェントビルオートメーション技術の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・インテリジェントビルオートメーシ …
  • ラノリンの世界市場分析:用途別(パーソナルケア・化粧品、ベビーケア用品、医薬品、工業用)、セグメント予測
    本調査レポートでは、ラノリンの世界市場について調査・分析し、ラノリンの世界市場動向、ラノリンの世界市場規模、市場予測、セグメント別ラノリン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 細菌性結膜炎(Bacterial Conjunctivitis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、細菌性結膜炎(Bacterial Conjunctivitis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・細菌性結膜炎(Bacterial Conjunctivitis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・細菌性結膜炎(Bacterial Conjunctivitis)のフェーズ3治験薬の状況 ・細菌性結膜炎(Bacterial Conjunctivitis)治療薬の市場規模(販売予測) ・細菌性結膜炎(Bacterial Conjunctivitis)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・細菌性結膜炎(Bacterial Conjunctivitis)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の細菌性結膜炎(Bacterial Conjunctivitis)治療薬剤
  • 自動車用テレマティクスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用テレマティクスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用テレマティクス市場規模、用途別(乗用車、商用車)分析、装備別(組み込み型、テザード型)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用テレマティクスの世界市場概要 ・自動車用テレマティクスの世界市場環境 ・自動車用テレマティクスの世界市場動向 ・自動車用テレマティクスの世界市場規模 ・自動車用テレマティクスの世界市場:業界構造分析 ・自動車用テレマティクスの世界市場:用途別(乗用車、商用車) ・自動車用テレマティクスの世界市場:装備別(組み込み型、テザード型) ・自動車用テレマティクスの世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用テレマティクスのアメリカ市場規模・予測 ・自動車用テレマティクスのヨーロッパ市場規模・予測 ・自動車用テレマティクスのアジア市場規模・予測 ・自動車用テレマティクスの主要国分析 ・自動車用テレマティクスの世界市場:意思 …
  • ソフトウェア・デファインド・ネットワーキング(SDN)の世界市場:ネットワークインフラ、コントローラーソフトウェア、SDNアプリケーション
    当調査レポートでは、ソフトウェア・デファインド・ネットワーキング(SDN)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ソフトウェア・デファインド・ネットワーキング(SDN)の世界市場規模及び予測、構成要素別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 携帯電話アクセサリーのアメリカ市場:ヘッドフォン、スピーカー、バッテリー、パワーバンク、バッテリーケース、充電器、保護ケース、画面保護、スマートウォッチ、フィットネスバンド、メモリーカード、AR&VRヘッドセット
  • 脳腫瘍の診断と治療の世界市場分析:タイプ別(MRI、CTスキャン、組織サンプリング、PET-CTスキャン、脳動脈瘤、腰椎穿刺、分子検査、脳波)、地域別、セグメント予測、2014 – 2025
    本調査レポートでは、脳腫瘍の診断と治療の世界市場について調査・分析し、脳腫瘍の診断と治療の世界市場動向、脳腫瘍の診断と治療の世界市場規模、市場予測、セグメント別脳腫瘍の診断と治療市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 熱成形プラスチックの世界市場分析:製品別、プロセス別、用途別(ヘルスケア、食品包装、電気・電子、自動車、建設、消費財)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、熱成形プラスチックの世界市場について調査・分析し、熱成形プラスチックの世界市場動向、熱成形プラスチックの世界市場規模、市場予測、セグメント別熱成形プラスチック市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ロボット向けシステムインテグレーションの世界市場
    当調査レポートでは、ロボット向けシステムインテグレーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ロボット向けシステムインテグレーションの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • 自動ラストマイルデリバリーの世界市場:用途別(ロジスティクス、ヘルスケア&医薬品、食品&飲料小売、その他)、ソリューション別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、範囲別(短距離(20km))、車両タイプ別(空中配達ドローン、地上配達車両、自動運転トラック&バス)
    本調査レポートでは、自動ラストマイルデリバリーの世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、用途別(ロジスティクス、ヘルスケア&医薬品、食品&飲料小売、その他)分析、ソリューション別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)分析、範囲別(短距離(20km))分析、車両タイプ別(空中配達ドローン、地上配達車両、自動運転トラック&バス)分析、地域別分析、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・自動ラストマイルデリバリーの世界市場:用途別(ロジスティクス、ヘルスケア&医薬品、食品&飲料小売、その他) ・自動ラストマイルデリバリーの世界市場:ソリューション別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス) ・自動ラストマイルデリバリーの世界市場:範囲別(短距離(20km)) ・自動ラストマイルデリバリーの世界市場:車両タイプ別(空中配達ドローン、地上配達車両、自動運転トラック&バス) ・自動ラストマイルデリバリーの世界市場:地域別 ・企業概要
  • 胎児および新生児ケア装置の世界市場:超音波装置、ドプラ血流計、胎児モニター、新生児保温器、保育器、パルスオキシメータ、光線療法装置、黄疸治療機器
    当調査レポートでは、胎児および新生児ケア装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、装置種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • エアブレーキシステムの世界市場:種類別(エアディスクブレーキ、エアドラムブレーキ)、構成要素別(コンプレッサー、ガバナー、タンク、エアドライヤー、フットバルブ、ブレーキチャンバー、スラックアジャスター、その他)、車両種類別(トラック、バス、鉄道車両)
    本調査レポートでは、エアブレーキシステムの世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、種類別(エアディスクブレーキ、エアドラムブレーキ)分析、構成要素別(コンプレッサー、ガバナー、タンク、エアドライヤー、フットバルブ、ブレーキチャンバー、スラックアジャスター、その他)分析、車両種類別(トラック、バス、鉄道車両)分析、地域別分析、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・エアブレーキシステムの世界市場:種類別(エアディスクブレーキ、エアドラムブレーキ) ・エアブレーキシステムの世界市場:構成要素別(コンプレッサー、ガバナー、タンク、エアドライヤー、フットバルブ、ブレーキチャンバー、スラックアジャスター、その他) ・エアブレーキシステムの世界市場:車両種類別(トラック、バス、鉄道車両) ・エアブレーキシステムの世界市場:地域別 ・企業概要
  • 産業用廃水処理サービスの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、産業用廃水処理サービスの世界市場規模が2017年182.2億ドルから2026年352.2億ドルまで年平均7.6%成長すると予測しています。当調査レポートでは、産業用廃水処理サービスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、産業用廃水処理サービス市場規模、サービス種類別(操作・プロセス制御、メンテナンス・修理、構築・インストール、設計・エンジニアリングコンサルティング、その他のサービス種類)分析、種類別(殺生物剤・消毒剤、凝集剤、凝固剤、スケール防止剤、キレート剤)分析、処理別(消毒、テスト、濾過、淡水化)分析、エンドユーザー別(発電、石油ガス、自治体、金属・鉱業、鉄鋼業)分析、用途別(原水処理、水の淡水化、排水処理、ボイラー給水、化学生産)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ 産業用廃水処理サービスの世界市場:市場動向分析 ・ 産業用廃水処理サービスの世界市場:競争要因分析 ・ 産業用廃水処理サービスの …
  • 地理情報システム(GIS)の世界市場2014-2025:構成要素別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、使用方法別、用途別(輸送、農業、建設、採掘、航空)、装置別、地域別
    本調査レポートでは、地理情報システム(GIS)の世界市場について調査・分析し、地理情報システム(GIS)の世界市場動向、地理情報システム(GIS)の世界市場規模、市場予測、セグメント別地理情報システム(GIS)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • InGaAsイメージセンサーの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、InGaAsイメージセンサーの世界市場について調査・分析し、InGaAsイメージセンサーの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別InGaAsイメージセンサーシェア、市場規模推移、市場規模予測、InGaAsイメージセンサー種類別分析()、InGaAsイメージセンサー用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・InGaAsイメージセンサーの市場概観 ・InGaAsイメージセンサーのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・InGaAsイメージセンサーのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・InGaAsイメージセンサーの世界市場規模 ・InGaAsイメージセンサーの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・InGaAsイメージセンサーのアメリカ市場規模推移 ・InGaAsイメージセンサーのカナダ市場規模推移 ・InGaAsイメージセンサーのメキシコ市場規模推移 ・InGaAsイメージセンサーのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) …
  • ペルオキシソーム増殖因子活性化受容体アゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるペルオキシソーム増殖因子活性化受容体アゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ペルオキシソーム増殖因子活性化受容体アゴニストの概要 ・ペルオキシソーム増殖因子活性化受容体アゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のペルオキシソーム増殖因子活性化受容体アゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ペルオキシソーム増殖因子活性化受容体アゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ペルオキシソーム増殖因子活性化受容体アゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 世界のグルーミングドライヤー市場2015
    本調査レポートでは、世界のグルーミングドライヤー市場2015について調査・分析し、グルーミングドライヤーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 農業用ロボットの世界市場予測(~2022年):無人機(UAV)、搾乳ロボット、収穫装置、無人トラクター
    当調査レポートでは、農業用ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、提供商品別分析、用途別分析、地域別分析、農業用ロボットの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ノルウェーの心臓律動管理装置市場見通し
  • マルチクッカーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、マルチクッカーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、マルチクッカー市場規模、ボウル容量別(5〜6クォート、6クオート以上、5クォート未満)分析、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、GLEN DIMPLEX GROUP, Groupe SEB, Instant Brands, Newell Brands, Spectrum Brands, Whirlpool Corporationなどです。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・マルチクッカーの世界市場概要 ・マルチクッカーの世界市場環境 ・マルチクッカーの世界市場動向 ・マルチクッカーの世界市場規模 ・マルチクッカーの世界市場:業界構造分析 ・マルチクッカーの世界市場:ボウル容量別(5〜6クォート、6クオート以上、5クォート未満) ・マルチクッカーの世界市場:流通経路別(オフライン、オンライン) ・マルチクッカーの世界市場:地域別市場規模・分 …
  • 自動車スペアパーツ物流の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、自動車スペアパーツ物流の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車スペアパーツ物流の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の原子炉市場2015
    本調査レポートでは、世界の原子炉市場2015について調査・分析し、原子炉の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 加工デンプンの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、加工デンプンの世界市場について調査・分析し、加工デンプンの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別加工デンプンシェア、市場規模推移、市場規模予測、加工デンプン種類別分析()、加工デンプン用途別分析(飲食料品、製紙・織物、医薬品、飼料、化粧品、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・加工デンプンの市場概観 ・加工デンプンのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・加工デンプンのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・加工デンプンの世界市場規模 ・加工デンプンの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・加工デンプンのアメリカ市場規模推移 ・加工デンプンのカナダ市場規模推移 ・加工デンプンのメキシコ市場規模推移 ・加工デンプンのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・加工デンプンのドイツ市場規模推移 ・加工デンプンのイギリス市場規模推移 ・加工デンプンのロシア市場規模推移 ・加工デンプンのアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南 …
  • ナースコールシステムの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、ナースコールシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(ボタン、統合通信システム、インターコム、モバイルシステム)分析、技術別(有線、無線)分析、用途別(アラーム・通信、ワークフロー最適化、転倒検知器)分析、エンドユーザー別分析、ナースコールシステムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、ナースコールシステムの世界市場規模が2019年16億ドルから2024年25億ドルまで年平均9.2%成長すると予測しています。
  • オンラインビデオプラットフォームの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、オンラインビデオプラットフォームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オンラインビデオプラットフォームの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はオンラインビデオプラットフォームの世界市場が2017-2021年期間中に年平均16.43%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• Brightcove• Comcast Technology Solutions• Kaltura• Ooyala• YouTube等です。
  • 転倒検知システムの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、転倒検知システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、構成品別分析、アルゴリズム別分析、システム別分析、需要先別分析、転倒検知システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 軍用レーダーの世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、軍用レーダーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、バンド別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • エールビールの世界市場:流通経路別、地域別
    本レポートは、エールビールの市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、販売経路別(オントレード、オフトレード)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・エールビールの世界市場:販売経路別(オントレード、オフトレード) ・顧客状況 ・地域別状況 ・意思決定フレームワーク ・市場の要因と課題 ・市場動向 ・企業状況 ・企業分析
  • ボンディングワイヤ・パッケージング材料の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ボンディングワイヤ・パッケージング材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ボンディングワイヤ・パッケージング材料の世界市場規模及び予測、材料別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ドーパミン作動系アンタゴニストのパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるドーパミン作動系アンタゴニストのパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ドーパミン作動系アンタゴニストの概要 ・ドーパミン作動系アンタゴニストのパイプライン概要 ・企業別開発中のドーパミン作動系アンタゴニスト ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ドーパミン作動系アンタゴニストの評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ドーパミン作動系アンタゴニスト開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • スリランカのプラスチック製バスルーム用製品市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • 細胞増殖の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、細胞増殖の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別(試薬、培地、フローサイトメトリー、遠心分離機、バイオリアクター)分析、細胞種類別(ヒト、動物)分析、用途別(再生医療・幹細胞研究、癌・細胞ベース研究)分析、エンドユーザー別(病院、医薬品、バイオテクノロジー)分析、細胞増殖の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 2-メチル-プロペン酸の世界市場予測2019-2024
    「2-メチル-プロペン酸の世界市場」は、地域的には米州、アジア、欧州、中東・アフリカ市場をカバーしており、種類別には、アセトンシアノヒドリン法、イソブチレン酸化法など、用途別には、Ester Synthesis、Coating Field、Adhesive Field、Textile Field、Othersなどに区分してまとめた調査レポートです。2-メチル-プロペン酸のグローバル市場規模、主要地域・主要国別、種類別、用途別の市場予測、主要企業の概要・市場シェア・販売量、市場動向、販売チャネルなどの情報が含まれています。 ・2-メチル-プロペン酸の世界市場概要(サマリー) ・2-メチル-プロペン酸の企業別販売量・売上 ・2-メチル-プロペン酸の企業別市場シェア ・2-メチル-プロペン酸の世界市場規模:種類別(アセトンシアノヒドリン法、イソブチレン酸化法) ・2-メチル-プロペン酸の世界市場規模:用途別(Ester Synthesis、Coating Field、Adhesive Field、Textile Field、Others) ・2-メチル-プロペン酸の米州市場規模(アメリカ、カ …
  • 世界の乳房生検デバイス市場:企業別、地域別、製品種類・用途別分析
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"