"債権回収ソフトウェアの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC 6578)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"債権回収ソフトウェアの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Growing demand for automation and self-service payment models to improve the collection process are expected to drive the growth of the debt collection software marketThe global debt collection software market size is expected to grow from an estimated value of USD 2.9 billion in 2019 to USD 4.6 billion by 2024, at a CAGR of 9.6% during the forecast period. The debt collection software industry is driven by various factors, such as leveraging advanced technologies to automate the collection process and rolling out self-service payment models to speed up the collection process. However, the inadequacy of legacy systems and growing regulations can hinder the growth of the market.

The telecom & utilities segment is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period
With time, several organizations have deployed a mix of technologies, computer systems, and modern debt collection software to manage their increasing subscriber base. Telecom and utilities enterprises are continually moving forward and trying to stay on top of the latest trends and technologies as collecting telecom debts and tracking customers can be very challenging. Today, legal notices no longer pose a threat to debtors, and growing rules & regulations have made the collection process even more complex. Hence, many telecom and utility companies are using mobile technologies and have introduced self-service payment platform to keep track of their customers, follow up on the bill payment, and help them maintain their credibility.

The integration & implementation services segment expected to account for the largest share during the forecast period
Integration & implementation services provide ease to organizations in deploying debt collection software. These services ensure organizations that their applications would be integrated effortlessly with their internal and external systems, and they would get the most out of investments made on IT infrastructure. System integrators help enterprises understand the operational functionalities of their existing systems and establish reliable connectivity between data, people, applications, and devices for the growth of business revenue.

APAC expected to grow at the highest rate during the forecast period
The debt collection software market in APAC is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period, due to the increase in demand for technologically driven debt collection software and services. This software enables an organization to fine-tune the collection process, manage credit risk, and improve debt recovery rate. The APAC region is expected to experience extensive growth opportunities during the forecast period. Australia and New Zealand (ANZ), India, Japan, and China have emerged as undisputed leaders in the debt collection software market.

In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), marketing directors, other innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the debt collection software market.
• By company type: Tier 1 – 38%, Tier 2 – 42%, and Tier 3 – 20%
• By designation: C-level – 40%, Director-level – 35%, and Others – 25%
• By region: North America – 35%, Europe – 40%, APAC – 15%, RoW – 10%
Major vendors offering debt collection software and services across the globe include FIS (US), FICO (US), Experian (Ireland), CGI (Canada), TransUnion (US), Pegasystems (US), Temenos (Switzerland), Intellect Design Arena (India), Nucleus Software (India), Chetu (US), AMEYO (India), Loxon Solutions (Hungary), EXUS (UK), Kuhlekt (Australia), and Katabat (US).
The study includes an in-depth competitive analysis of these key players in the debt collection software market, with their company profiles, recent developments, and key market strategies.

Research coverage
The market study covers the debt collection software market size across segments. It aims at estimating the market size and the growth potential of this market across different segments, namely, component (software and services), deployment type, organization size, user type, and region. The study also includes an in-depth competitive analysis of the key players in the market, along with their company profiles, key observations related to product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key benefits of buying the report
The report will help the market leaders/new entrants in this market with information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall debt collection software market and the subsegments. This report will help stakeholders understand the competitive landscape and gain more insights to position their businesses better and plan suitable go-to-market strategies. The report also helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"債権回収ソフトウェアの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 16)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Regions Covered
1.3.3 Years Considered for the Study
1.4 Currency Considered
1.5 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 20)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakup of Primaries
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Top-Down Approach
2.3.2 Bottom-Up Approach
2.4 Market Forecast
2.5 Assumptions for the Study
2.6 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 27)
4 Premium Insights (Page No. – 29)
4.1 Attractive Market Opportunities in the Debt Collection Software Market
4.2 North America Debt Collection Software Market, By User Type and Country
4.3 Debt Collection Software Market: Major Countries
5 Market Overview (Page No. – 31)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Automation in the Debt Collection Process
5.2.1.2 Outsourcing Debt Recovery to Specialized Debt Collection Agencies
5.2.1.3 Growing Need for Self-Service Payment Models to Speed Up the Collection Process
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Inadequacy of Legacy Systems
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Advanced Technologies to Make the Collection Process Effective and Efficient
5.2.3.2 Exploration of Digital Strategies to Roll Out Collection Services at A Faster Pace
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Enforcement of Debt Collection Regulations Across the Globe
5.3 Industry Trends
5.3.1 Use Case 1: Trustmark
5.3.2 Use Case 2: Arvest
5.3.3 Use Case 3: Scotiabank
5.3.4 Use Case 4: Navy Federal Credit Union
6 Debt Collection Software Market, By Component (Page No. – 37)
6.1 Introduction
6.2 Software
6.2.1 Need to Automate the Collection Process and Recovery of Delinquent Payment Process to Drive the Demand for Debt Collection Software
6.3 Services
6.3.1 Consulting
6.3.1.1 Need of Organizations to Identify the Right Set of Software for Improving Their Collection Process to Drive the Growth of Consulting Services
6.3.2 Integration and Implementation
6.3.2.1 Efficient Deployment of Debt Collection Software Within Organizations’ Systems to Drive the Growth of Integration and Implementation Services
6.3.3 Training and Support
6.3.3.1 Focus of Organizations to Best Utilize the Functional Capabilities of Debt Collection Software to Drive the Growth of Training and Support Services
7 Debt Collection Software Market, By Organization Size (Page No. – 44)
7.1 Introduction
7.2 Large Enterprises
7.2.1 Availability of Advanced Infrastructure and High Economies of Scale Enable Large Enterprises to Leverage the Debt Collection Software
7.3 Small and Medium-Sized Enterprises
7.3.1 Rapid Digitalization and Automation in Collection Process to Drive the Adoption of Debt Collection Software Among Small and Medium-Sized Enterprises
8 Debt Collection Software Market, By Deployment Type (Page No. – 48)
8.1 Introduction
8.2 On-Premises
8.2.1 Growing Concerns Over Data Security and Privacy Issues to Fuel the Adoption of On-Premises Debt Collection Software
8.3 Cloud
8.3.1 Scalability and Cost-Effectiveness to Boost the Adoption of Cloud-Based Debt Collection Software
9 Debt Collection Software Market, By User Type (Page No. – 52)
9.1 Introduction
9.2 Financial Institutions
9.2.1 Debt Collection Software Help Financial Institutions Achieve Operational Efficiency and Simplify the Complex Collection Process
9.3 Collection Agencies
9.3.1 Growing Need to Reduce Risks Associated With Bad Debts to Boost the Adoption of Debt Collection Software By Collection Agencies
9.4 Healthcare
9.4.1 Debt Collection Software to Provide In-House Collection Operations and Manage Health Insurance Claims in Healthcare Organizations
9.5 Government
9.5.1 Government Agencies Leverage Debt Collection Software to Improve the Constituent Services and Delinquent Property Tax Collection
9.6 Telecom and Utilities
9.6.1 Growing Demand to Reduce the Operational Cost to Boost the Growth of Debt Collection Software in the Telecom and Utilities Segment
9.7 Others
10 Debt Collection Software Market, By Region (Page No. – 60)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 United States
10.2.1.1 Growing Need to Enhance Customer Experience and Reduce Operational Costs to Drive the Adoption of Debt Collection Software in the Us
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Need to Maximize Revenue and Tax Returns While Complying With Regulations to Drive the Adoption of Debt Collection Software in Canada
10.3 Europe
10.3.1 United Kingdom
10.3.1.1 Need for Streamlined Workflow and Faster Analysis of Debtor Profile to Boost the Adoption of Debt Collection Software in the Uk
10.3.2 Germany
10.3.2.1 Increasing Digitalization and Automation in Collection Processes to Fuel the Growth of Debt Collection Software Market in Germany
10.3.3 France
10.3.3.1 Increasing Need to Track Debtors and Check the Financial Situation of A Debtor to Drive the Adoption of Debt Collection Software in France
10.3.4 Rest of Europe
10.4 Asia Pacific
10.4.1 Australia and New Zealand
10.4.1.1 Need to Deliver Consistent Customer Service to Drive the Adoption of Debt Collection Software in Anz
10.4.2 Japan
10.4.2.1 Surging Need to Improve Customer Experiences and Reduce Collection Costs to Drive the Growth of Debt Collection Software Market in Japan
10.4.3 China
10.4.3.1 Growing Need to Automate the Collection Process and Personalize User Experience to Boost the Adoption of Debt Collection Software in China
10.4.4 Rest of Asia Pacific
10.5 Middle East and Africa
10.5.1 Kingdom of Saudi Arabia
10.5.1.1 Increasing Number of Enterprises Managing End-To-End Collection Process to Fuel the Demand for Debt Collection Software in Ksa
10.5.2 South Africa
10.5.2.1 Increasing Need to Improve Collection Process to Drive the Growth of the Debt Collection Software Market in South Africa
10.5.3 United Arab Emirates
10.5.3.1 Technological Advancements in Cloud Computing to Fuel the Adoption of Debt Collection Software in UAE
10.5.4 Rest of Middle East and Africa
10.6 Latin America
10.6.1 Brazil
10.6.1.1 Increasing Awareness of Organizations About the Use of Debt Collection Software for Improving Debt Collection Process to Drive the Market Growth in Brazil
10.6.2 Mexico
10.6.2.1 Growing Awareness of the Effectiveness of Faster Debt Recovery Using Debt Collection Software to Drive the Market Growth in Mexico
10.6.3 Rest of Latin America
11 Competitive Landscape (Page No. – 83)
11.1 Introduction
11.2 Competitive Scenario
11.2.1 New Product Launches and Product Enhancements
11.2.2 Business Expansions
11.2.3 Acquisitions
11.2.4 Partnerships and Agreements
11.3 Competitive Leadership Mapping
11.3.1 Visionary Leaders
11.3.2 Dynamic Differentiators
11.3.3 Innovators
11.3.4 Emerging Companies
12 Company Profiles (Page No. – 91)
12.1 Introduction
(Business Overview, Solutions and Services Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
12.2 CGI
12.3 Experian
12.4 FIS
12.5 FICO
12.6 Transunion
12.7 Chetu
12.8 Intellect Design Arena
12.9 Nucleus Software
12.10 Pegasystems
12.11 Temenos
12.12 Loxon Solutions
12.13 Ameyo
12.14 Exus
12.15 Katabat
12.16 Kuhlekt
*Details on Business Overview, Solutions and Services Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 121)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】債権回収ソフトウェアの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年8月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC 6578
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】IT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
債権回収ソフトウェアの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 尿失禁(Urinary Incontinence):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、尿失禁(Urinary Incontinence)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・尿失禁(Urinary Incontinence):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・尿失禁(Urinary Incontinence)のフェーズ3治験薬の状況 ・尿失禁(Urinary Incontinence)治療薬の市場規模(販売予測) ・尿失禁(Urinary Incontinence)の市販医薬品分析  (医薬品名、説明、APIメーカー、承認状況、特許など) ・尿失禁(Urinary Incontinence)のフェーズ3治験薬分析 ・開発中止中の尿失禁(Urinary Incontinence)治療薬剤
  • 野外用アドベンチャーマット(敷きパッド)の世界市場
    当調査レポートでは、野外用アドベンチャーマット(敷きパッド)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、野外用アドベンチャーマット(敷きパッド)の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 防錆塗料の世界市場:溶剤型防錆塗料、水性防錆塗料、粉体防錆塗料
    当調査レポートでは、防錆塗料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、技術別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 米国の能力開発市場2016-2020
    当調査レポートでは、米国の能力開発市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、米国の能力開発市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の骨セメント市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、骨セメントのグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・骨セメントの概要 ・骨セメントの開発動向:開発段階別分析 ・骨セメントの開発動向:セグメント別分析 ・骨セメントの開発動向:領域別分析 ・骨セメントの開発動向:規制Path別分析 ・骨セメントの開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別骨セメントの開発動向(パイプライン製品、進行中の治験) ・骨セメントの最近動向
  • 慢性尋常性乾癬(Chronic Plaque Psoriasis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における慢性尋常性乾癬(Chronic Plaque Psoriasis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、慢性尋常性乾癬(Chronic Plaque Psoriasis)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・慢性尋常性乾癬(Chronic Plaque Psoriasis)の概要 ・慢性尋常性乾癬(Chronic Plaque Psoriasis)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の慢性尋常性乾癬(Chronic Plaque Psoriasis)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・慢性尋常性乾癬(Chronic Plaque P …
  • 自動車用V2Xアンテナの世界市場
    当調査レポートでは、自動車用V2Xアンテナの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用V2Xアンテナの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のカートリッジ形弁市場2016
    本調査レポートでは、世界のカートリッジ形弁市場2016について調査・分析し、カートリッジ形弁の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空機断熱材の世界市場見通し2017-2026
    当調査レポートでは、航空機断熱材の世界市場について調査・分析し、航空機断熱材の世界市場規模、市場動向、セグメント別市場分析、市場環境分析、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・市場環境分析(ポーターのファイブフォース分析) ・航空機断熱材の世界市場規模:材料別分析 ・航空機断熱材の世界市場規模:断熱種類別分析 ・航空機断熱材の世界市場規模:航空機プラットフォーム別分析 ・航空機断熱材の世界市場規模:用途別分析 ・航空機断熱材の世界市場規模:地域別分析 ・主要な市場開発 ・企業プロファイル
  • カナダの麻酔器市場動向(~2021)
  • 軍用機用アビオニクスの世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、軍用機用アビオニクスの世界市場について調査・分析し、軍用機用アビオニクスの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 省エネガラスの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、省エネガラスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、コーティング(ハードコート、ソフトコート)分析、ガラス構成(単層ガラス、二層ガラス、三層ガラス)分析、用途(建築・建設、自動車、ソーラーパネル)分析、省エネガラスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 油圧ボルトテンショナーの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、油圧ボルトテンショナーの世界市場について調査・分析し、油圧ボルトテンショナーの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別油圧ボルトテンショナーシェア、市場規模推移、市場規模予測、油圧ボルトテンショナー種類別分析()、油圧ボルトテンショナー用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・油圧ボルトテンショナーの市場概観 ・油圧ボルトテンショナーのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・油圧ボルトテンショナーのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・油圧ボルトテンショナーの世界市場規模 ・油圧ボルトテンショナーの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・油圧ボルトテンショナーのアメリカ市場規模推移 ・油圧ボルトテンショナーのカナダ市場規模推移 ・油圧ボルトテンショナーのメキシコ市場規模推移 ・油圧ボルトテンショナーのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・油圧ボルトテンショナーのドイツ市場規模推移 ・油圧ボルトテンショナーのイギリス市 …
  • 水陸両用強襲車(AAV)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、水陸両用強襲車(AAV)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、水陸両用強襲車(AAV)の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • UAEのオーソバイオロジクス市場見通し
  • 中国のタブレット用プロセッサ市場2015
    本調査レポートでは、中国のタブレット用プロセッサ市場2015について調査・分析し、タブレット用プロセッサの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • イスラエルの心臓人工弁市場見通し
  • 乳製品ブレンドの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、乳製品ブレンドの世界市場について調査・分析し、乳製品ブレンドの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 乳製品ブレンドの世界市場:市場動向分析 - 乳製品ブレンドの世界市場:競争要因分析 - 乳製品ブレンドの世界市場:種類別 加工助剤としての乳成分 有効成分としての乳成分 乳製/非乳製成分 乳成分混合物 その他の種類 - 乳製品ブレンドの世界市場:形状別 スプレッド 粉末 液体 - 乳製品ブレンドの世界市場:パッケージ別 バッグ 袋 缶 瓶 箱 その他のパッケージ - 乳製品ブレンドの世界市場:用途別 乳幼児調製粉乳 乳製品 チョコレート 飲料品 薬品ラクトース ヨーグルト 菓子類 バター、チーズブレンド 飼料 アイスクリーム パン類 その他の用途 - 乳製品ブレンドの世界市場:主要地域別分析 - 乳製品ブレンドの北米市場規模(アメリカ市場等) - 乳製品ブレンドのヨーロッパ市場規模 - 乳製品ブレンドのアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・乳製品ブレンドの世界市場:主な …
  • 中国のチアメトキサム市場2015
    本調査レポートでは、中国のチアメトキサム市場2015について調査・分析し、チアメトキサムの中国市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車用ポリカーボネート製グレージングの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、自動車用ポリカーボネート製グレージングの世界市場について調査・分析し、自動車用ポリカーボネート製グレージングの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 自動車用ポリカーボネート製グレージングの世界市場:市場動向分析 - 自動車用ポリカーボネート製グレージングの世界市場:競争要因分析 - 自動車用ポリカーボネート製グレージングの世界市場:用途別 ・フロントガラス ・レアウィンドー ・疎水性グレージング ・切り替え型グレージング ・サイドウィンドー ・サンルーフ ・大型フロントガラス ・ヘッドアップディスプレイ ・Backlite ・照明 ・ウィンドーグレージング - 自動車用ポリカーボネート製グレージングの世界市場:車種別 ・乗用車向け ・商用車向け - 自動車用ポリカーボネート製グレージングの世界市場:主要地域別分析 - 自動車用ポリカーボネート製グレージングの北米市場規模(アメリカ市場等) - 自動車用ポリカーボネート製グレージングのヨーロッパ市場規模 - 自動車用ポリカーボネート製グ …
  • 世界の1ナトリウムリン酸塩市場2016
    本調査レポートでは、世界の1ナトリウムリン酸塩市場2016について調査・分析し、1ナトリウムリン酸塩の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • チューナブルダイオードレーザーの世界市場分析:計測別(現場、その他)、産業用途別(電力、石油・ガス、鉱業、金属、医療、化学薬品、肥料、紙・パルプ、セメント)、セグメント予測
    本調査レポートでは、チューナブルダイオードレーザーの世界市場について調査・分析し、チューナブルダイオードレーザーの世界市場動向、チューナブルダイオードレーザーの世界市場規模、市場予測、セグメント別チューナブルダイオードレーザー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 鋸刃の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、鋸刃の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、鋸刃の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • テキスタイルの世界市場分析:原材料別(綿、化学、羊毛、シルク)、製品別(天然繊維、ポリエステル、ナイロン)、用途別(家庭用、技術用、ファッション・衣類)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、テキスタイルの世界市場について調査・分析し、テキスタイルの世界市場動向、テキスタイルの世界市場規模、市場予測、セグメント別テキスタイル市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 血色素尿症(Hemoglobinuria):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における血色素尿症(Hemoglobinuria)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、血色素尿症(Hemoglobinuria)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・血色素尿症(Hemoglobinuria)の概要 ・血色素尿症(Hemoglobinuria)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の血色素尿症(Hemoglobinuria)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・血色素尿症(Hemoglobinuria)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止 …
  • 自動車用打ち抜き装置の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用打ち抜き装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用打ち抜き装置市場規模、最終用途別(自動車OEメーカー、独立系スタンププレス)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・自動車用打ち抜き装置の世界市場概要 ・自動車用打ち抜き装置の世界市場環境 ・自動車用打ち抜き装置の世界市場動向 ・自動車用打ち抜き装置の世界市場規模 ・自動車用打ち抜き装置の世界市場:業界構造分析 ・自動車用打ち抜き装置の世界市場:最終用途別(自動車OEメーカー、独立系スタンププレス) ・自動車用打ち抜き装置の世界市場:地域別市場規模・分析 ・自動車用打ち抜き装置のアメリカ市場規模・予測 ・自動車用打ち抜き装置のヨーロッパ市場規模・予測 ・自動車用打ち抜き装置のアジア市場規模・予測 ・自動車用打ち抜き装置の主要国分析 ・自動車用打ち抜き装置の世界市場:意思決定フレームワーク ・自動車用打ち抜き装置の世界市場:成長要因、課題 ・自動 …
  • オーガニックパーソナルケア用品の世界市場:製品別(スキンケア、ヘアケア、オーラルケア、化粧品)、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、オーガニックパーソナルケア用品の世界市場について調査・分析し、オーガニックパーソナルケア用品の世界市場動向、オーガニックパーソナルケア用品の世界市場規模、市場予測、セグメント別オーガニックパーソナルケア用品市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ニッケル合金の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、ニッケル合金の世界市場について調査・分析し、ニッケル合金の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ニッケル合金の世界市場:市場動向分析 - ニッケル合金の世界市場:競争要因分析 - ニッケル合金の世界市場:エンドユーザー別 ・石油・ガス ・航空宇宙・防衛 ・エネルギー・電力 ・化学 ・電気・電子製品 ・自動車 ・医療 ・その他 - ニッケル合金の世界市場:機能別 ・電子合金 ・高性能合金 ・耐熱合金 ・耐食合金 - ニッケル合金の世界市場:製品別 ・ニッケルーチタン合金 ・ニッケルーアルミニウム合金 ・ニッケルークロム合金 - ニッケル合金の世界市場:主要地域別分析 - ニッケル合金の北米市場規模(アメリカ市場等) - ニッケル合金のヨーロッパ市場規模 - ニッケル合金のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・ニッケル合金の世界市場:主な市場開拓 - 関連企業分析
  • 水平カルーセルの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、水平カルーセルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、水平カルーセルの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • スタンドアップパウチの世界市場予測(~2023年)
    スタンドアップパウチの世界市場は、2018年の201億米ドルから2023年には289億米ドルに達し、この期間中7.5%の年平均成長率で成長すると予測されています。この市場の成長を促す要因として、包装された食品・飲料に対する需要の高まりや費用効果の高いパッケージソリューションの必要性が考えられます。一方で、多層構造体のリサイクルおよび代替品の利用可能性により、市場の成長は抑制されると予測されます。当調査レポートでは、スタンドアップパウチの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類(無菌、標準、レトルト、耐熱)分析、形状(丸底、ロールストック、K型、プラウ・折りたたみ底、平底)分析、クロージャーの種類(トップノッチ、ジッパー、注ぎ口付き)分析、用途分析、スタンドアップパウチの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ルビジウム原子時計の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ルビジウム原子時計の世界市場について調査・分析し、ルビジウム原子時計の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ルビジウム原子時計シェア、市場規模推移、市場規模予測、ルビジウム原子時計種類別分析(周波数:10MHz)、ルビジウム原子時計用途別分析(航空、軍事/航空宇宙、電気通信/放送、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ルビジウム原子時計の市場概観 ・ルビジウム原子時計のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ルビジウム原子時計のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ルビジウム原子時計の世界市場規模 ・ルビジウム原子時計の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ルビジウム原子時計のアメリカ市場規模推移 ・ルビジウム原子時計のカナダ市場規模推移 ・ルビジウム原子時計のメキシコ市場規模推移 ・ルビジウム原子時計のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・ルビジウム原子時計のドイツ市場規模推移 ・ルビジウム原子時計のイギリス市場 …
  • 世界の医療機器用塗料市場2015
    本調査レポートでは、世界の医療機器用塗料市場2015について調査・分析し、医療機器用塗料の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • シリカ(SiO2)鉱石採掘の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、シリカ(SiO2)鉱石採掘の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、シリカ(SiO2)鉱石採掘の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 韓国の頭蓋顎顔面固定(CMF)処置動向(~2021)
  • 業務用台所装置・道具の世界市場2014-2025:製品別(冷蔵庫、料理道具、皿洗い機、その他)、最終用途別、地域別
    本調査レポートでは、業務用台所装置・道具の世界市場について調査・分析し、業務用台所装置・道具の世界市場動向、業務用台所装置・道具の世界市場規模、市場予測、セグメント別業務用台所装置・道具市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • プロバイオティクス(Probiotics)の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、プロバイオティクス(Probiotics)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、用途別分析、原料別分析、形状別分析、需要先別分析、プロバイオティクス(Probiotics)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • コンジローマ(Condyloma):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるコンジローマ(Condyloma)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、コンジローマ(Condyloma)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・コンジローマ(Condyloma)の概要 ・コンジローマ(Condyloma)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中のコンジローマ(Condyloma)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・コンジローマ(Condyloma)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・コ …
  • エレクトロクロミックガラスおよび機器の世界市場
    当調査レポートでは、エレクトロクロミックガラスおよび機器の世界市場について調査・分析し、エレクトロクロミックガラスおよび機器の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - エレクトロクロミックガラスおよび機器の世界市場:市場動向分析 - エレクトロクロミックガラスおよび機器の世界市場:競争要因分析 - エレクトロクロミックガラスと機器の世界市場:材料別 ・ポリマー ・遷移金属酸化物 ・反射性のある水素化物 ・ビオロゲン ・ナノ結晶 ・分子染料 - エレクトロクロミックガラスと機器の世界市場:製品別 ・窓 ・ディスプレイ ・鏡 ・その他 - エレクトロクロミックガラスと機器の世界市場:用途別 ・ヘルスケア ・住居用 ・商業用 ・運送 ・サービス業 ・小売 ・その他 - エレクトロクロミックガラスと機器の世界市場:動作モード別 ・反射 ・透過 - エレクトロクロミックガラスおよび機器の世界市場:主要地域別分析 - エレクトロクロミックガラスおよび機器の北米市場規模(アメリカ市場等) - エレクトロクロミックガラスお …
  • 世界のRFテスト装置市場:RF増幅器、RFアナライザ、RFシンセサイザ、RFフィルタ、RFスイッチ
  • スライド染色装置の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、スライド染色装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別(試薬、機器)分析、技術別(ヘマトキシリン・エオシン、免疫組織化学、in situハイブリダイゼーション、微生物学、特殊染色)分析、エンドユーザー別(病院、製薬、学術機関)分析、スライド染色装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 太陽熱温水器の世界市場:コレクター別(真空管、平板、ガラス張りでない水コレクター)、システム別(熱サイフォン、ポンプ式)、用途別(プール用温水装置、生活用水向け温水装置、大規模生活用水向け温水装置、その他)、地域別予測
    本資料は、太陽熱温水器の世界市場について調べ、太陽熱温水器の世界規模、市場動向、市場環境、コレクター別(真空管、平板、ガラス張りでない水コレクター)分析、システム別(熱サイフォン、ポンプ式)分析、用途別(プール用温水装置、生活用水向け温水装置、大規模生活用水向け温水装置、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・太陽熱温水器の世界市場概要 ・太陽熱温水器の世界市場環境 ・太陽熱温水器の世界市場動向 ・太陽熱温水器の世界市場規模 ・太陽熱温水器の世界市場規模:コレクター別(真空管、平板、ガラス張りでない水コレクター) ・太陽熱温水器の世界市場規模:システム別(熱サイフォン、ポンプ式) ・太陽熱温水器の世界市場規模:用途別(プール用温水装置、生活用水向け温水装置、大規模生活用水向け温水装置、その他) ・太陽熱温水器の世界市場:地域別市場規模・分析 ・太陽熱温水器の北米市場規模・予測 ・太陽熱温水器のアメリカ市場規模・予測 ・太陽熱温水器のヨー …
  • 世界のチオシアン酸アンモニウム市場2016
    本調査レポートでは、世界のチオシアン酸アンモニウム市場2016について調査・分析し、チオシアン酸アンモニウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界主要国における放射性医薬品市場2018-2023
    本調査レポートでは、放射性医薬品の世界市場について調査・分析し、放射性医薬品の世界市場概要、企業別市場シェア、地域別市場規模、種類別市場規模(SPECT(単一光子放射断層撮像法)検査、PET(陽電子放射断層撮像法)検査、その他ラジオアイソトープ検査診断、ラジオアイソトープ治療)、用途別市場規模(腫瘍、循環器疾患、その他)、主要企業分析、北米市場規模、米国市場規模、南米市場規模、欧州市場規模、アジア市場規模、日本国内市場規模、中国市場規模、中東・アフリカ市場規模、コスト(原価)分析、産業構造・戦略・マーケティング・流通業者分析、市場環境分析、放射性医薬品の世界市場予測、地域別市場予測、種類別市場予測、用途別市場予測などの情報をお届け致します。 ・放射性医薬品の世界市場概要 ・放射性医薬品の企業別市場シェア ・放射性医薬品の地域別市場規模 ・放射性医薬品の種類別市場規模(SPECT(単一光子放射断層撮像法)検査、PET(陽電子放射断層撮像法)検査、その他ラジオアイソトープ検査診断、ラジオアイソトープ治療) ・放射性医薬品の用途別市場規模(腫瘍、循環器疾患、その他) ・放射性医薬品の主要企業 …
  • 高速道路向け運転支援の世界市場予測(~2027年)
    当調査レポートでは、高速道路向け運転支援の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、車種別(PC、BEV、HEV、PHEV、FCEV)分析、コンポーネント別(レーダー、カメラ、超音波センサー、ソフトウェアモジュール)分析、自律レベル別(レベル2、レベル3以上)分析、機能別(ACC、LKA、LCA、CAA)分析、高速道路向け運転支援の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、高速道路向け運転支援の世界市場規模が2019年19億ドルから2027年107億ドルまで年平均23.9%成長すると予測しています。
  • 世界の電子テストと測定市場2019
    本調査レポートでは、世界の電子テストと測定市場2019について調査・分析し、電子テストと測定の世界市場規模、市場予測、市場動向、上流市場分析、下流市場分析、電子テストと測定のアジア市場動向、米国市場動向、欧州市場動向、マーケティングチャネル分析、投資可能性分析、電子テストと測定メーカー分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・電子テストと測定の市場概要 ・電子テストと測定の上流・下流市場分析 ・電子テストと測定のアジア市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・電子テストと測定のアジア市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・電子テストと測定のアジア市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業連絡先等) ・電子テストと測定のアジア市場:市場予測(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・電子テストと測定の北米市場:市場分析(製品開発、産業政策、競争環境、市場動向等) ・電子テストと測定の北米市場:市場規模(生産規模、市場シェア、需要、輸出・輸入等) ・電子テストと測定の北米市場:主要メーカー分析(製品、用途、生産量、価格、企業 …
  • 医用デジタル画像システムの世界市場:種類別(X線、MRI、超音波、CT、核画像)、技術別(2D、3D/4D)、地域別、セグメント予測
    本調査レポートでは、医用デジタル画像システムの世界市場について調査・分析し、医用デジタル画像システムの世界市場動向、医用デジタル画像システムの世界市場規模、市場予測、セグメント別医用デジタル画像システム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 小型自動車用安全システムの世界市場予測(~2030)
    ※本調査レポートでは、小型自動車用安全システムの世界市場について調査・分析し、小型自動車用安全システムの世界市場及び主要地域の市場規模、市場予測、最新技術動向、市場シェア、主要企業(メーカー)の概要(戦略、展望を含む)、業界動向、外部環境分析(Pester)等の情報をお届けしています。
  • ナノフォトニクスの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ナノフォトニクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ナノフォトニクスの世界市場規模及び予測、構成要素別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ディーゼル燃料噴射システムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ディーゼル燃料噴射システムの世界市場について調査・分析し、ディーゼル燃料噴射システムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ディーゼル燃料噴射システムシェア、市場規模推移、市場規模予測、ディーゼル燃料噴射システム種類別分析(ポンプ‐ライン‐ノズル噴射システム、 共同噴射システム、その他)、ディーゼル燃料噴射システム用途別分析(自動車、建設・農業機器、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ディーゼル燃料噴射システムの市場概観 ・ディーゼル燃料噴射システムのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・ディーゼル燃料噴射システムのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・ディーゼル燃料噴射システムの世界市場規模 ・ディーゼル燃料噴射システムの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・ディーゼル燃料噴射システムのアメリカ市場規模推移 ・ディーゼル燃料噴射システムのカナダ市場規模推移 ・ディーゼル燃料噴射システムのメキシコ市場規模推移 ・ディーゼル燃料噴射システムのヨー …
  • インテリジェント遠隔端末装置(RTU)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、インテリジェント遠隔端末装置(RTU)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インテリジェント遠隔端末装置(RTU)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"