"エッジコンピューティングの世界市場予測(~2024年)"調査レポートについて

▼当マーケットレポート(CODE:TC 5693)について詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
"エッジコンピューティングの世界市場予測(~2024年)"レポートについて
*** レポートのサマリー(一部抜粋)***
※このページに掲載されている内容は最新版と異なる場合があります。詳細は販売サイトでご確認ください。

Rising focus of enterprises on increasing speed, ensuring resiliency and security, and eliminating outage issues in minimal time, to drive the growth of edge computing marketMarketsandMarkets projects the global edge computing market to grow from USD 2.8 billion in 2019 to USD 9.0 billion by 2024, at a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 26.5% during the forecast period. The edge computing market is growing rapidly with the growing adoption of Internet of Things (IoT) across industries; rising demand for low-latency processing and real-time, automated decision-making solutions; and the need for surmounting exponentially increasing data volumes and network traffic. However, a reluctance among Small and Medium-sized Enterprises (SMEs) to adopt edge computing solutions owing to initial Capital Expenditure (CAPEX) for infrastructure is projected to limit the growth of the market.

Industrial Internet of Things application segment to grow at the highest CAGR during the forecast period
The implementation of IoT across industries has increased rapidly, which drives companies to implement solutions that could enhance IoT deployments through data processing closer to the source. By infusing edge computing in Industrial Internet of Things (IIoT) processes, companies could achieve an improved network communication and cooperative coordination with the cloud connected to the system. Further, it helps organizations to reduce workloads by facilitating lost-cost, low-power, and high bandwidth networks.

Manufacturing vertical to hold the largest market size during the forecast period
Edge computing facilitates localized processing which helps reduce latency issues and enables smart and intelligent manufacturing through predictive analytics. With the rise in IoT deployment, manufacturing companies have been rapidly adopting edge computing to improve interoperability among IoT devices, reduce unforeseen downtime issues, and improve production efficiency.

Edge computing market in Asia Pacific to grow at the highest CAGR during the forecast period
The high growth of the market in Asia Pacific (APAC) is attributed to the pervasive use of mobile devices, growing data volumes, and increasing assimilation of workload-centric Information Technology (IT) infrastructure in the region with the rising need of businesses to remain globally competitive. Furthermore, the inclination of countries across the region toward emerging technologies, such as cloud computing, IoT, 5G, and Artificial Intelligence (AI), is also expected to fuel the growth of the edge computing market. However, limited technology sophistication among SMEs, privacy issues, and limited technical expertise in advanced technologies remains the biggest hurdle in the edge computing adoption across APAC. Regional technological advances and increasing awareness of edge computing benefits to minimize infrastructure complexities and installation costs opens new avenues for the growth of edge computing market in the region.

Further, in-depth interviews were conducted with the Chief Executive Officers (CEOs), Chief Marketing Officers (CMO), Chief Technology Officers (CTOs), Chief Operating Officers (COOs), Vice Presidents (VPs), Managing Directors (MDs), technology and innovation directors, and related key executives from various key companies and organizations operating in the edge computing market.
 By Company – Tier 1–33%, Tier 2–27%, and Tier 3–40%
 By Designation – C-Level–48%, Director Level–22%, and Others–30%
 By Region – North America–42%, Europe–28%, and APAC–25%, RoW – 5%
The edge computing market comprises major solution providers, such as Cisco (US), HPE (US), Huawei (China), IBM (US), Dell Technologies (US), Nokia (Finland), Litmus Automation (US), FogHorn Systems (US), SixSq (Switzerland), MachineShop (US), Saguna Networks (Israel), Vapor IO (US), ADLINK (Taiwan), Altran (France), and Axellio (US). The study includes an in-depth competitive analysis of these key players in the edge computing market with their company profiles, recent developments, and key market strategies.

Research Coverage
The edge computing market revenue is primarily classified into revenues from hardware, platform, and services. Hardware revenue is associated with hardware offerings, such as local data centers, edge gateways, and edge devices, while platform revenue is associated with edge computing tools and software. Further, services’ revenue is associated with various support and maintenance, consulting and training, and integration services. The market is also segmented on the basis of application, organization size, vertical, and region.

Key benefits of the report
The report would help the market leaders/new entrants in this market with the information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall edge computing market and the subsegments. This report would help stakeholders understand the competitive landscape and gain insights to better position their businesses and plan suitable go-to-market strategies. The report also helps stakeholders understand the pulse of the market and provides them with information on the key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


*** レポートの目次(一部抜粋)***
※当調査資料は調査・発行会社MarketsandMarketsが"エッジコンピューティングの世界市場予測(~2024年)"について調査・分析しました。目次の詳細は販売サイトにお問い合わせください。

1 Introduction (Page No. – 17)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Edge Computing Market Definition
1.3 Market Scope
1.4 Market Segmentation
1.5 Regions Covered
1.6 Years Considered for the Study
1.7 Currency Considered
1.8 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 21)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakup of Primary Profiles
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Edge Computing Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.4 Research Assumptions
2.5 Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 29)
4 Premium Insights (Page No. – 35)
4.1 Attractive Market Opportunities in the Edge Computing Market
4.2 Market By Component
4.3 Market By Application (2019 Vs. 2024)
4.4 Market By Organization Size (2019 Vs. 2024)
4.5 Market By Vertical (2019 Vs. 2024)
4.6 Market Investment Scenario
5 Edge Computing Market Overview and Industry Trends (Page No. – 38)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Growing Adoption of IoT Across Industries
5.2.1.2 Rising Demand for Low-Latency Processing and Real-Time, Automated Decision-Making Solutions
5.2.1.3 Surmounting Exponentially Increasing Data Volumes and Network Traffic
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Intial Capex for Infrastructure
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Emergence of Autonomous Vehicles and Connected Car Infrastructure
5.2.3.2 Lightweight Frameworks and Systems to Enhance Efficiency of Edge Computing Solutions
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Vulnerability Issues With IoT Devices
5.3 Use Cases
5.3.1 Use Case 1: Maximum Asset Utilization By Remotely Monitoring Machines Located in Harsh Environmental Conditions
5.3.2 Use Case 2: Improved Predictive Maintenance Through Consistent Asset Performance Evaluation
5.3.3 Use Case 3: Implementing Core-To Edge Infrastructure for Network Complexity Reduction, Network Outage Elimination, and Patient Care Improvement
5.3.4 Use Case 4: Deploying Edge Data Centers for Improved Content Delivery and Website Latency
5.3.5 Use Case 5: Improved Operation Margins Through Edge Analytics and Real-Time Visualization
5.3.6 Use Case 6: Enhanced Internet Performance and Gaming Consistency With Edge Nodes
5.3.7 Use Case 7: Reducing Road Traffic Accidents Through Real-Time Localized Processing
5.3.8 Use Case 8: Achieving Edge Colocation to Improve Roi and Meet Rising Consumer Demands
6 Edge Computing Market By Component (Page No. – 47)
6.1 Introduction
6.2 Hardware
6.2.1 Decentralizing Computing Processes and Upgrading Existing It Infrastructure to Fuel the Demand of Edge Computing Hardware
6.3 Platform
6.3.1 Controlling, Monitoring, and Connecting Remotely Located Resources to Drive Adoption of Edge Computing Platform
6.4 Services
6.4.1 Controlling It Costs and Achieving Effortless Integration, to Drive the Demand of Services
7 Edge Computing Market By Application (Page No. – 53)
7.1 Introduction
7.2 Smart Cities
7.2.1 Eliminating Network Overloading Risks for Effective Management of Assets and Services to Drive the Adoption of Edge Computing in Smart Cities
7.3 Industrial Internet of Things
7.3.1 Optimizing the Potential of Connected Infrastructure in Industries to Drive Demand of Edge Computing for IIoT
7.4 Remote Monitoring
7.4.1 Limiting Downtime and Extending Operational Lifespan to Boost the Growth of Edge Computing for Remote Monitoring
7.5 Content Delivery
7.5.1 Growing Focus on Enhancing Customer Interactions and Ensuring Timely Delivery to Propel the Demand of Edge Computing for Content Delivery
7.6 Augmented Reality and Virtual Reality
7.6.1 Delivering Immersive Experiences to Improve Customer Satisfaction and Loyalty to Fuel the Adoption of Edge Computing for AR and VR
7.7 Others
8 Edge Computing Market By Organization Size (Page No. – 61)
8.1 Introduction
8.2 Small and Medium-Sized Enterprises
8.2.1 Reducing Data Loss and Downtime to Drive the Demand of Edge Computing in SMES
8.3 Large Enterprises
8.3.1 Rising Need of Large Enterprises to Leverage Voluminous Data Generated Through Various Channels to Boost the Adoption of Edge Computing
9 Edge Computing Market By Vertical (Page No. – 65)
9.1 Introduction
9.2 Manufacturing
9.2.1 Improving Disaster Recovery and Enabling Real-Time Autonomous Decisions at Factory Floors to Fuel the Growth of Edge Computing in the Manufacturing Industry
9.3 Energy and Utilities
9.3.1 Proactively Managing Assets in Remote and Harsh Environmental Conditions to Propel the Demand for Edge Computing Solutions in the Energy and Utilities Industry
9.4 Government and Defense
9.4.1 Meeting Mission Demands and Eliminating Vulnerabilities in Minimal Time to Boost the Market Growth of Edge Computing
9.5 Telecommunications
9.5.1 Harnessing Massive Customer Data and Ensuring Data Security to Boost the Demand for Edge Computing Solutions
9.6 Media and Entertainment
9.6.1 Delivering Enriching Experiences Through Instantaneous Connection to Drive the Demand of Edge Computing Solutions in the Media and Entertainment Industry
9.7 Retail and Consumer Goods
9.7.1 Growing Customer Expectations and Need for Achieving High Customer Success Rates to Drive the Adoption of Edge Computing in the Retail and Consumer Goods Industry
9.8 Transportation and Logistics
9.8.1 Managing Fleets and Freight Transportation and Ensuring Complete Passenger and Driver Safety to Boost the Edge Computing Market in the Industry
9.9 Healthcare and Life Sciences
9.9.1 Creating Data-Driven Personalized Experiences and Treatment Plans to Bolster the Adoption of Edge Computing in the Healthcare and Life Sciences Industry
9.10 Others
10 Edge Computing Market By Region (Page No. – 76)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 United States
10.2.1.1 Increasing Adoption of IoT Devices to Drive the Adoption of Edge Computing in the US
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Imminent Need for Harnessing Rising Data Volume to Propel the Growth of the Edge Computing Market in Canada
10.3 Europe
10.3.1 United Kingdom
10.3.1.1 Increasing Technology Adoption and Various Government Initiatives to Fuel the Growth of the Market in the UK
10.3.2 Germany
10.3.2.1 High-Income Markets and Rising Strategic Partnerships to Fuel the Growth of Edge Computing in Germany
10.3.3 France
10.3.3.1 Increasing Investments By Global Edge Computing Providers to Bolster the Growth of the Edge Computing Market in France
10.3.4 Rest of Europe
10.4 Asia Pacific
10.4.1 China
10.4.1.1 Rapid Technological Advancements and Growing Number of Strategic Partnerships Among Technology Companies to Supplement the Growth of Edge Computing in China
10.4.2 Japan
10.4.2.1 High Investment in Labor-Savvy Technologies to Fuel the Market Growth of Edge Computing in Japan
10.4.3 Australia
10.4.3.1 Identifying New Growth Avenues By Incorporating Technologies in Business Strategies to Bolster the Adoption of Edge Computing in Australia
10.4.4 Rest of Asia Pacific
10.5 Middle East and Africa
10.5.1 Saudi Arabia
10.5.1.1 Increased Inclination of Enterprises Toward Advanced Technologies to Fuel the Growth of the Edge Computing Market in the Saudi Arabia
10.5.2 United Arab Emirates
10.5.2.1 Rising Expansion of Edge Computing Providers in the Country to Add to the Growth of the Market in the UAE
10.5.3 Rest of Middle East and Africa
10.6 Latin America
10.6.1 Brazil
10.6.1.1 Growing Adoption of Cloud-Based Services to Propel the Growth of the Market in Brazil
10.6.2 Mexico
10.6.2.1 Need for Improving the Declining Quality of Broadband to Fuel the Demand for Edge Computing in Mexico
10.6.3 Rest of Latin America
11 Company Profiles (Page No. – 102)
11.1 Introduction
11.2 Cisco
11.2.1 Business Overview
11.2.2 Solutions Offered
11.2.3 Recent Developments
11.2.4 SWOT Analysis
11.2.5 MnM View
11.3 HPE
11.3.1 Business Overview
11.3.2 Solutions Offered
11.3.3 Recent Developments
11.3.4 SWOT Analysis
11.3.5 MnM View
11.4 IBM
11.4.1 Business Overview
11.4.2 Solutions Offered
11.4.3 Recent Developments
11.4.4 SWOT Analysis
11.4.5 MnM View
11.5 Huawei
11.5.1 Business Overview
11.5.2 Solutions Offered
11.5.3 Recent Developments
11.5.4 SWOT Analysis
11.5.5 MnM View
11.6 Dell Technologies
11.6.1 Business Overview
11.6.2 Products Offered
11.6.3 Recent Developments
11.6.4 SWOT Analysis
11.6.5 MnM View
11.7 Nokia
11.7.1 Business Overview
11.7.2 Solutions Offered
11.7.3 Recent Developments
11.7.4 SWOT Analysis
11.7.5 MnM View
11.8 Litmus Automation
11.8.1 Business Overview
11.8.2 Products Offered
11.8.3 Recent Developments
11.8.4 MnM View
11.9 SixSq
11.9.1 Business Overview
11.9.2 Products and Solutions Offered
11.9.3 Recent Developments
11.9.4 MnM View
11.10 FogHorn Systems
11.10.1 Business Overview
11.10.2 Products Offered
11.10.3 Recent Developments
11.10.4 MnM View
11.11 MachineShop
11.11.1 Business Overview
11.11.2 Products Offered
11.11.3 Recent Developments
11.11.4 MnM View
11.12 Saguna Networks
11.12.1 Business Overview
11.12.2 Solutions Offered
11.12.3 Recent Developments
11.12.4 MnM View
11.13 Vapor IO
11.14 ADLINK
11.15 Altran
11.16 Axellio

facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailfacebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

※グローバルマーケットレポート販売概要

【タイトル】エッジコンピューティングの世界市場予測(~2024年)
【発行日】2019年8月30日
【調査会社】MarketsandMarkets
【コード】TC 5693
【対象地域】グローバル
【レポート種類】産業分析レポート
【関連産業】IT
【販売サイト】MarketReport.jp


▼当マーケットレポートについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
エッジコンピューティングの世界市場予測(~2024年)についてお問い合わせ

※おすすめのマーケットレポート(調査資料)

  • 歯科インプラント・歯科補綴の世界市場予測(~2021年):インプラント、クラウン、ブリッジ、義歯、アバットメント、ベニア、インレー、アンレー
    当調査レポートでは、歯科インプラント・歯科補綴の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、種類別分析、材料別分析、需要先別分析、地域別分析、歯科インプラント・歯科補綴の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • AIインフラの世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、AIインフラの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、提供別(ハードウェア、ソフトウェア)分析、技術別(機械学習、ディープラーニング)分析、機能別(トレーニング、推論)分析、展開種類別(オンプレミス、クラウド、ハイブリッド)分析、AIインフラの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、AIインフラの世界市場規模が2019年146億ドルから2025年506億ドルまで年平均23.1%成長すると予測しています。
  • セミカルバジド感受性アミンオキシダーゼ阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるセミカルバジド感受性アミンオキシダーゼ阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・セミカルバジド感受性アミンオキシダーゼ阻害剤の概要 ・セミカルバジド感受性アミンオキシダーゼ阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のセミカルバジド感受性アミンオキシダーゼ阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・セミカルバジド感受性アミンオキシダーゼ阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・セミカルバジド感受性アミンオキシダーゼ阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • ステアリン酸カルシウムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ステアリン酸カルシウムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ステアリン酸カルシウムの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はステアリン酸カルシウムの世界市場が2017-2021年期間中に年平均5.20%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• BELIKE, • FACI, • Sigma-Aldrich, • Mittal Dhatu Rashayan Udyog, • SEOUL FINE CHEMICAL等です。
  • 造影剤注入器の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、造影剤注入器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、造影剤注入器市場規模、製品別(CT用、MRI用、血管造影用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・造影剤注入器の世界市場概要 ・造影剤注入器の世界市場環境 ・造影剤注入器の世界市場動向 ・造影剤注入器の世界市場規模 ・造影剤注入器の世界市場:業界構造分析 ・造影剤注入器の世界市場:製品別(CT用、MRI用、血管造影用) ・造影剤注入器の世界市場:地域別市場規模・分析 ・造影剤注入器のアメリカ市場規模・予測 ・造影剤注入器のヨーロッパ市場規模・予測 ・造影剤注入器のアジア市場規模・予測 ・造影剤注入器の主要国分析 ・造影剤注入器の世界市場:意思決定フレームワーク ・造影剤注入器の世界市場:成長要因、課題 ・造影剤注入器の世界市場:競争環境 ・造影剤注入器の世界市場:関連企業情報(ベンダー分析)
  • 二酸化炭素の回収と貯留(CCS)の世界市場
    当調査レポートでは、二酸化炭素の回収と貯留(CCS)の世界市場について調査・分析し、二酸化炭素の回収と貯留(CCS)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 二酸化炭素の回収と貯留(CCS)の世界市場:市場動向分析 - 二酸化炭素の回収と貯留(CCS)の世界市場:競争要因分析 - 二酸化炭素の回収と貯留(CCS)の世界市場:用途別 ・農業 ・石油増進回収(EOR)プロセス ・工業 - 二酸化炭素の回収と貯留(CCS)の世界市場:エンドユーザー別 ・製造部門 ・発電および石油、ガス部門 ・食品&飲料 ・化学工業 ・石炭およびバイオマス発電所 ・鉄&スチール ・その他 - 二酸化炭素の回収と貯留(CCS)の世界市場:主要地域別分析 - 二酸化炭素の回収と貯留(CCS)の北米市場規模(アメリカ市場等) - 二酸化炭素の回収と貯留(CCS)のヨーロッパ市場規模 - 二酸化炭素の回収と貯留(CCS)のアジア市場規模(日本市場、中国市場、インド市場等) ・二酸化炭素の回収と貯留(CCS)の世界市場:主な市場開拓 - …
  • アンチロックブレーキシステム(ABS)の世界市場見通し2016-2022:コントローラー、ポンプ、バルブ、速度センサー
    当調査レポートでは、アンチロックブレーキシステム(ABS)の世界市場について調査・分析し、アンチロックブレーキシステム(ABS)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・アンチロックブレーキシステム(ABS)の世界市場:市場動向分析 ・アンチロックブレーキシステム(ABS)の世界市場:競争要因分析 ・アンチロックブレーキシステム(ABS)の世界市場:サブシステム種類別分析/市場規模 ・アンチロックブレーキシステム(ABS)の世界市場:車両種類別分析/市場規模 ・アンチロックブレーキシステム(ABS)の世界市場:構成要素別分析/市場規模 ・アンチロックブレーキシステム(ABS)の世界市場:地域別分析/市場規模 ・アンチロックブレーキシステム(ABS)の北米市場規模 ・アンチロックブレーキシステム(ABS)の欧州市場規模 ・アンチロックブレーキシステム(ABS)のアジア市場規模 ・アンチロックブレーキシステム(ABS)の世界市場:主な市場開拓 ・関連企業分析
  • 熱インターフェースユニットの世界市場予測(~2023年):熱交換器、コントローラ、ポンプ、センサ、バルブ
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、熱インターフェースユニットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、構成要素別分析、製品別分析、用途別分析、地域別分析、熱インターフェースユニットの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 子宮頸部異形成(Cervical Dysplasia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における子宮頸部異形成(Cervical Dysplasia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、子宮頸部異形成(Cervical Dysplasia)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・子宮頸部異形成(Cervical Dysplasia)の概要 ・子宮頸部異形成(Cervical Dysplasia)の治療薬パイプライン概要 ・企業別開発中の子宮頸部異形成(Cervical Dysplasia)治療薬 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・前臨床段階の薬剤:比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・子宮頸部異形成(Cervical Dysplasia)治療薬の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治 …
  • 世界の可溶性肥料市場2016
    本調査レポートでは、世界の可溶性肥料市場2016について調査・分析し、可溶性肥料の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • グルコシルセラミド合成酵素阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるグルコシルセラミド合成酵素阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・グルコシルセラミド合成酵素阻害剤の概要 ・グルコシルセラミド合成酵素阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のグルコシルセラミド合成酵素阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・グルコシルセラミド合成酵素阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・グルコシルセラミド合成酵素阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 口腔がん治療法の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、口腔がん治療法の世界市場について調べ、口腔がん治療法の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、口腔がん治療法の市場規模をセグメンテーション別(製品別(標的療法、化学療法)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavio社は口腔がん治療法の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均8%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・口腔がん治療法の市場状況 ・口腔がん治療法の市場規模 ・口腔がん治療法の市場予測 ・口腔がん治療法の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:製品別(標的療法、化学療法) ・口腔がん治療法の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他 ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • アルミニウム導体の世界市場2017-2021:AAC、AAAC、ACSR
    当調査レポートでは、アルミニウム導体の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アルミニウム導体の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • オーガニックスキンケア製品の世界市場:フェイスクリーム、ボディローション
    当調査レポートでは、オーガニックスキンケア製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オーガニックスキンケア製品の世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のバイオバイオメトリック自動車アクセスシステム市場規模・予測2017-2025:認証タイプ別(音声、指紋)、将来技術別(虹彩認識システム)、車種別(電気自動車、乗用車)、地域別
    Bizwit Researchが発行した当調査レポートでは、世界のバイオバイオメトリック自動車アクセスシステム市場について調査・分析し、世界のバイオバイオメトリック自動車アクセスシステム市場規模、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析(アメリカ市場、アジア市場、ヨーロッパ市場など)、市場動向、世界のバイオバイオメトリック自動車アクセスシステム関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 自動車用スモークフィルムの世界市場2014-2025:用途別(窓、フロントガラス)、車両タイプ別(乗用車、軽商用車、大型商用車)
    本調査レポートでは、自動車用スモークフィルムの世界市場について調査・分析し、自動車用スモークフィルムの世界市場動向、自動車用スモークフィルムの世界市場規模、市場予測、セグメント別自動車用スモークフィルム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 米国のスマート教育市場2016-2020
    当調査レポートでは、米国のスマート教育市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、米国のスマート教育市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ベアリングの世界市場
    当調査レポートでは、ベアリングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ベアリングの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 使い捨て防護服の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、使い捨て防護服の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、材料種類別(PE、PP、ポリエステル)分析、用途別(熱、化学、生物/放射線、可視性)分析、エンドユーズ産業別(製造、建設、ヘルスケア/医療)分析、使い捨て防護服の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、使い捨て防護服の世界市場規模が2019年26億万ドルから2024年36億万ドルまで年平均6.5%成長すると予測しています。
  • 世界のtert-ブチルヒドロペルオキシド(TBHP)市場2016
    本調査レポートでは、世界のtert-ブチルヒドロペルオキシド(TBHP)市場2016について調査・分析し、tert-ブチルヒドロペルオキシド(TBHP)の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 非プロトン性溶媒の世界市場2017-2021:石油・ガス、医薬品、塗料・コーティング、電子・電気、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、非プロトン性溶媒の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、非プロトン性溶媒の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は非プロトン性溶媒の世界市場が2017-2021年期間中に年平均3.91%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、BASF、DowDuPont、Eastman Chemical Company、INEOS、Mitsui Chemicals、Shell International等です。
  • マイクロポーラス断熱材の世界市場予測・分析2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、マイクロポーラス断熱材の世界市場について調べ、マイクロポーラス断熱材の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、マイクロポーラス断熱材の市場規模をセグメンテーション別(用途別(産業、エネルギー及び発電、石油及びガス、航空宇宙及び防衛、その他)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はマイクロポーラス断熱材の世界市場規模が2019-2023期間中に年平均5%成長すると予測しています。 ・サマリー ・レポートの範囲 ・マイクロポーラス断熱材の市場状況 ・マイクロポーラス断熱材の市場規模 ・マイクロポーラス断熱材の市場予測 ・マイクロポーラス断熱材の世界環境:ファイブフォース分析 ・市場セグメンテーション:用途別(産業、エネルギー及び発電、石油及びガス、航空宇宙及び防衛、その他) ・マイクロポーラス断熱材の顧客状況 ・主要地域別市場規模:グローバル ・意思決定フレームワーク ・市場動向・成長要因・課題 ・関連企業状況・企業分析  ...
  • 電動スクーターの世界市場分析:製品別(レトロ、起立/自己平衡型、折りたたみ)、電池別(密閉鉛酸、NiMH、リチウムイオン)、電圧別(24V、36V、48V)、セグメント予測、2014 – 2024
    本調査レポートでは、電動スクーターの世界市場について調査・分析し、電動スクーターの世界市場動向、電動スクーターの世界市場規模、市場予測、セグメント別電動スクーター市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • オフショア係留システムの世界市場分析:タイプ別(スプレッド、SPM、ダイナミック・ポジショニング、テンドン)、用途別(TLP、半潜水艦、SPAR、FPSO、ドリル船)、足場別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、オフショア係留システムの世界市場について調査・分析し、オフショア係留システムの世界市場動向、オフショア係留システムの世界市場規模、市場予測、セグメント別オフショア係留システム市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 原発用脱気器の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、原発用脱気器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、原発用脱気器の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 法執行機関向けソフトウェアの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、法執行機関向けソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、コンポーネント別分析、ソリューション別(コンピューター支援ディスパッチ、ケース管理、インシデントレスポンス)分析、サービス別(実装、コンサルティング、トレーニング・サポート)分析、導入タイプ別分析、法執行機関向けソフトウェアの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 仙骨神経刺激療法(SNS)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、仙骨神経刺激療法(SNS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、仙骨神経刺激療法(SNS)の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、医療費償還シナリオ、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のトラック用テレマティクス市場2015
    本調査レポートでは、世界のトラック用テレマティクス市場2015について調査・分析し、トラック用テレマティクスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ヘルスケア人材派遣の世界市場2014-2025:サービス別(トラベルナース、オンコールナース、臨時代替医師、アライドヘルスケア)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、MEA)
    本調査レポートでは、ヘルスケア人材派遣の世界市場について調査・分析し、ヘルスケア人材派遣の世界市場動向、ヘルスケア人材派遣の世界市場規模、市場予測、セグメント別ヘルスケア人材派遣市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 教育分野における3Dプリンティングの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、教育分野における3Dプリンティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、教育分野における3Dプリンティングの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は教育分野における3Dプリンティングの世界市場が2017-2021年期間中に年平均19.46%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、3D Systems、EnvisionTEC、ExOne、Stratasys等です。
  • 家庭用電化製品の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、家庭用電化製品の世界市場について調査・分析し、家庭用電化製品の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別家庭用電化製品シェア、市場規模推移、市場規模予測、家庭用電化製品種類別分析()、家庭用電化製品用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・家庭用電化製品の市場概観 ・家庭用電化製品のメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・家庭用電化製品のメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・家庭用電化製品の世界市場規模 ・家庭用電化製品の北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・家庭用電化製品のアメリカ市場規模推移 ・家庭用電化製品のカナダ市場規模推移 ・家庭用電化製品のメキシコ市場規模推移 ・家庭用電化製品のヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・家庭用電化製品のドイツ市場規模推移 ・家庭用電化製品のイギリス市場規模推移 ・家庭用電化製品のロシア市場規模推移 ・家庭用電化製品のアジア市場分析(日本、中国、韓国、インド、東南アジア等) ・ …
  • 手動モータースタータの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、手動モータースタータの世界市場について調査・分析し、手動モータースタータの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別手動モータースタータシェア、市場規模推移、市場規模予測、手動モータースタータ種類別分析(DC型、AC型)、手動モータースタータ用途別分析(石油・ガス、水・排水処理、工業生産、鉱業、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・手動モータースタータの市場概観 ・手動モータースタータのメーカー概要(事業概要、製品種類、価格、売上、市場シェア等) ・手動モータースタータのメーカー別販売動向、市場シェア、市場集中度、競争動向 ・手動モータースタータの世界市場規模 ・手動モータースタータの北米市場分析(アメリカ、カナダ、メキシコ等) ・手動モータースタータのアメリカ市場規模推移 ・手動モータースタータのカナダ市場規模推移 ・手動モータースタータのメキシコ市場規模推移 ・手動モータースタータのヨーロッパ市場分析(ドイツ、イギリス、ロシア、フランス、イタリア等) ・手動モータースタータのドイツ市場規模推移 ・手 …
  • セラミック膜の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、セラミック膜の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、セラミック膜の世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はセラミック膜の世界市場が2017-2021年期間中に年平均11.51%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は• atech Innovations• Danaher• Hyflux Membranes• TAMI Industries• Veolia等です。
  • 高級ハンドバッグの世界市場2019-2023
    当調査レポートでは、高級ハンドバッグの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、高級ハンドバッグ市場規模、流通経路別(オンライン、オフライン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・高級ハンドバッグの世界市場概要 ・高級ハンドバッグの世界市場環境 ・高級ハンドバッグの世界市場動向 ・高級ハンドバッグの世界市場規模 ・高級ハンドバッグの世界市場:業界構造分析 ・高級ハンドバッグの世界市場:流通経路別(オンライン、オフライン) ・高級ハンドバッグの世界市場:地域別市場規模・分析 ・高級ハンドバッグの北米市場規模・予測 ・高級ハンドバッグのヨーロッパ・中東・アフリカ市場規模・予測 ・高級ハンドバッグのアジア太平洋市場規模・予測 ・高級ハンドバッグの主要国分析 ・高級ハンドバッグの世界市場:意思決定フレームワーク ・高級ハンドバッグの世界市場:成長要因、課題 ・高級ハンドバッグの世界市場:競争環境 ・高級ハンドバッグの世界市場:関連企業情報(ベン …
  • ジヒドプロテイン酸合成酵素阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるジヒドプロテイン酸合成酵素阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ジヒドプロテイン酸合成酵素阻害剤の概要 ・ジヒドプロテイン酸合成酵素阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のジヒドプロテイン酸合成酵素阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・ジヒドプロテイン酸合成酵素阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・ジヒドプロテイン酸合成酵素阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • 医療用ガスの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • 小骨・関節整形外科装置の世界市場2017-2021:再建装置、固定装置
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、小骨・関節整形外科装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、小骨・関節整形外科装置の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は小骨・関節整形外科装置の世界市場が2017-2021年期間中に年平均9.00%成長すると予測しています。当レポート上に記載されている主な企業は、Acumed、Arthrex、DePuy Synthes、Smith & Nephew、Stryker等です。
  • 硫黄肥料の世界市場予測(~2022年):種類、作物、用途、製剤、地域別分析
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、硫黄肥料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、作物別分析、用途別分析、地域別分析、硫黄肥料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 電気自動車(EV)用接着剤の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、電気自動車(EV)用接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、樹脂種類別(エポキシ、ポリウレタン、シリコーン、アクリル)分析、用途別(外装、内装、パワートレイン)分析、フォーム別(液体、フィルム、テープ)分析、基材別(ポリマー、コンポジット、金属)分析、電気自動車(EV)用接着剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、電気自動車(EV)用接着剤の世界市場規模が2019年223百万ドルから2024年2158百万ドルまで年平均57.0%成長すると予測しています。
  • 自動車サイバーセキュリティの世界市場:ネットワーク、エンドポイント、アプリケーション、無線、クラウドセキュリティ
    当調査レポートでは、自動車サイバーセキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、用途別分析、車両種類別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 感染症診断の世界市場2017-2027
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、感染症診断の世界市場について調査・分析し、感染症診断の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・感染症診断の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・感染症診断の世界市場:セグメント別市場分析 ・感染症診断の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • アレルギー性鼻炎治療薬の世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、アレルギー性鼻炎治療薬の世界市場について調査・分析し、アレルギー性鼻炎治療薬の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・アレルギー性鼻炎治療薬の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・アレルギー性鼻炎治療薬の世界市場:セグメント別市場分析 ・アレルギー性鼻炎治療薬の世界市場:地域別市場分析、市場規模予測 ・市場環境分析 ・専門家の見解 ・主要企業分析 ・結論
  • Boone Electric Cooperative:発電所および企業SWOT分析2015
  • CFTR阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるCFTR阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・CFTR阻害剤の概要 ・CFTR阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のCFTR阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・CFTR阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・CFTR阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • オーストラリアのプラスチックシート/プレート/フィルム市場(~2019):市場規模、動向、予測
  • マウスダブルマイニュート2阻害剤のパイプライン・インサイト2016
    本調査レポートでは、世界におけるマウスダブルマイニュート2阻害剤のパイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・マウスダブルマイニュート2阻害剤の概要 ・マウスダブルマイニュート2阻害剤のパイプライン概要 ・企業別開発中のマウスダブルマイニュート2阻害剤 ・後期治験段階の薬剤(Filed & Phase III):比較分析 ・中期治験段階の薬剤(Phase II):比較分析 ・初期治験段階の薬剤(Phase I & IND Filed):比較分析 ・薬剤候補のプロファイル ・マウスダブルマイニュート2阻害剤の評価   - 単剤治療薬別評価   - 併用治療薬別評価   - 投与経路別評価   - 分子種類別評価 ・開発が中止された薬剤リスト ・開発休止中の薬剤リスト ・マウスダブルマイニュート2阻害剤開発に取り組んでいる企業リスト ・図表一覧
  • フローティングLNG(FLNG)の世界市場2016-2026
  • 世界の酢酸ナトリウム市場2016
    本調査レポートでは、世界の酢酸ナトリウム市場2016について調査・分析し、酢酸ナトリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要メーカー分析、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • セルフクリーニング衣類市場
  • LTE・5Gブロードキャストの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、LTE・5Gブロードキャストの世界市場規模が2017年3718.9億ドルから2026年1兆995.0億ドルまで年平均12.8%成長すると予測しています。当調査レポートでは、LTE・5Gブロードキャストの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、LTE・5Gブロードキャスト市場規模、技術別(5Gブロードキャスト、LTE(ロングタームエボリューション)ブロードキャスト)分析、エンドユーザー別(コネクテッドカー、データフィード・通知、緊急警報、電子新聞・電子雑誌、固定LTEのクワッドプレイ)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ エグゼクティブサマリー ・ 序文 ・ LTE・5Gブロードキャストの世界市場:市場動向分析 ・ LTE・5Gブロードキャストの世界市場:競争要因分析 ・ LTE・5Gブロードキャストの世界市場:技術別(5Gブロードキャスト、LTE(ロングタームエボリューション)ブロードキャスト) ・ LTE・5Gブロードキャストの世界市場: …
"当サイトでは、アジア市場、欧州市場、米州市場、中東市場、アフリカ市場など世界市場を対象にした、市場規模、マーケットシェア、市場予測・展望、業界分析、トレンド分析、企業動向、産業分析など多様な種類の市場調査資料をご紹介致します。事業戦略・計画策定、海外進出、競合会社分析、新規事業検討などにご活用頂けます。"